イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日のルイとアメ蔵

11月27日(月) 我が家の愛猫ルイとアメ蔵の対照的な寝姿が見られたのでレポートしてみた。


いつも専用ベッドで寝てます 眩しい時は前足で顔を隠します
f0394466_22312069.jpg


暖房されたリビングで伸びきって寝るアメ蔵
f0394466_22323222.jpg


対照的に暖房していない部屋で丸まって眠るルイ 更に寒い時は布団に潜り込んできます
f0394466_22310630.jpg


時々寝返り 猫は基本夜行性!真夜中でもエサ、トイレ、お出かけ等時を選びません(^-^;
f0394466_22321565.jpg

でも、ツンデレで気まぐれなところがかわいいんです(*^_^*)



by ichibunn-go | 2017-11-28 22:55 | ネコ | Trackback | Comments(0)

ラパ蔵(ラパンSS)冬山仕様に

11月26日(日) 愛車のラパ蔵(ラパンSS)も走行距離150000kmを迎えた。これから冬山シーズンに入り雪道を走行することもしばしば。登山と車いじりの趣味二本柱は私にとってどちらも大切な事。互いに相関関係にあり切っても切り離せないものである。
 昨シーズンまで簡易的なスノーカバーをタイヤに被せて一時しのぎで雪道を走っていた。日常生活においてスタッドレスタイヤなど殆ど必要ないが、登山という非日常に車と自らへの負担を減らすため今シーズンは冬タイヤを装着することにした。


150000kmを無事迎えた。次の目標は200000km
f0394466_18133154.jpg


部屋の一部を占める趣味のコーナーのミニカーと新品のタイヤが8本2セット スロットは・・・?
f0394466_18122091.jpg


若い頃の憧れのブランド ”PIRELLI”の ICE ASIMMETRICO 夏タイヤよりパターンがゴツイよね 性能は・・・使ってみてから
f0394466_18051810.jpg


ボディーカラーに合わせた色と洗い易さで選んだ5本スポークのホイール
f0394466_18085224.jpg


装着しました デザインだけ見るとボサイと思ってたホイールだったけど
f0394466_18090312.jpg


ボディーカラーとのコーディネートが思った以上に似合ってる!と、思うのは私だけ?
f0394466_18072640.jpg


前のホイールよりこっちの方がいいかも!男前になったような!?
f0394466_18080700.jpg


今まで履いていたタイヤはきれいに洗って来シーズンまで部屋のインテリアに
f0394466_18073752.jpg


ついでにホットカーシート 雪山から下山後の冷えた体を素早く温めてくれそうです
f0394466_18135005.jpg


1分ほどで暖かくなり、暫くすると熱くなります HIは熱すぎて使えません Loで十分です
f0394466_18140263.jpg


更にフォグランプもLEDに レモンイエローが綺麗ですが、明るさを表すならHID>ハロゲン>>>LED
f0394466_18070582.jpg


これで今シーズンは煩わしいスノーカバーの脱着から解放され思いっきり雪山が楽しめそうだ! 待ってろ!九重連山!英彦山四王寺滝!由布岳!雲仙!ets・・・?



by ichibunn-go | 2017-11-27 19:02 | 車いじり | Trackback | Comments(0)

雲仙に霧氷の華咲く冬が来た!

11月19日(日) 先週は英彦山で紅葉を楽しんだばかり。それから一週間・・・プチ寒波襲来の今日は雲仙で霧氷を楽しむことに!我ながら贅沢な!
 今回は登山を楽しむと言うよりも、今シーズン最初の”華ぼうろ”霧氷を見る!のが目的。今日の気象条件なら必ずついてるはず!自宅から最短時間で霧氷の花咲くであろう!? 妙見尾根に到達できる第二吹越から登山を開始することにした。


ずっと雲に覆われていたけど一瞬!普賢岳と平成新山が顔を見せた! 妙見岳にて
a0206345_14161533.jpg


尾根北西側に霧氷が見られる 後方は国見岳
a0206345_15154092.jpg



7:40 雲でよくわからないけど国見岳の山頂付近が白っぽく見えるのは霧氷?
a0206345_14234326.jpg


7:46 久しぶりに第二吹越から登山開始 
a0206345_14244974.jpg


8:15 霜柱を踏みしめながら汗をかかないペースで貸し切りの登山道を登る
a0206345_14264917.jpg


8:21 吹越分れ 佐世保の自宅から2時間50分(下の道佐賀県経由)で今シーズン初の霧氷に出会った!
a0206345_14300742.jpg


薄っすらついた霧氷を楽しみながら国見岳へ
a0206345_14335831.jpg


a0206345_14342342.jpg


a0206345_14354881.jpg


8:29 国見分れ まだ、誰も来ていない!ここからの霧氷が楽しみ
a0206345_14352362.jpg


山頂まで霧氷を楽しもう
a0206345_14421886.jpg


a0206345_14424586.jpg


a0206345_14430551.jpg


a0206345_14434332.jpg


8:38~8:45 国見岳 一番乗りで霧氷を楽しむことにしょう
a0206345_14445552.jpg


a0206345_14452958.jpg


a0206345_14455282.jpg


a0206345_14462124.jpg


a0206345_14474641.jpg


a0206345_14482939.jpg


a0206345_14485162.jpg


a0206345_14494349.jpg


これこそ”華ぼうろ”って感じ
a0206345_14503038.jpg


a0206345_14514025.jpg


a0206345_14521088.jpg


a0206345_14525451.jpg


a0206345_14563997.jpg


霧氷が成長していく段階かな?
a0206345_14574839.jpg


a0206345_14581168.jpg


a0206345_14585292.jpg


a0206345_14591383.jpg


a0206345_14594130.jpg


8:57 国見分れ 雲が切れそうにないので普賢岳は回避して尾根を戻って妙見岳へ
a0206345_15005395.jpg


a0206345_15022719.jpg


雲の隙間に下界と有明海
a0206345_15024916.jpg


a0206345_15031792.jpg


9:03 吹越分れ 降りはここからだけど妙見岳へ
a0206345_15041166.jpg


a0206345_15044503.jpg


a0206345_15050829.jpg


a0206345_15053184.jpg


妙見岳付近で最低気温-2.5℃を記録 風が強い所では体感温度はかなり低い!まだ寒さに慣れてない為か頬や指先が痛い!
a0206345_15073776.jpg


a0206345_15105564.jpg


a0206345_15111703.jpg


a0206345_15113781.jpg


9:15~9:29 妙見神社
a0206345_15120661.jpg


a0206345_15124658.jpg


a0206345_15132260.jpg


9:37 吹越分れ 
a0206345_15141394.jpg


紅葉が残っていた
a0206345_15180806.jpg


a0206345_15182950.jpg


10:00 第二吹越登山口に到着
a0206345_15213505.jpg


今は見えてるけどこの後すっぽり雲に覆われる
a0206345_15220450.jpg


シーズン最初の霧氷 ちょっと物足りなかったけど冬山シーズンは始まったばかリ。次回に期待して今回は良しとすることにしよう。

歩行距離 5.3km 累積標高 750m 行動時間 2時間14分 歩行時間 1時間53分




by ichibunn-go | 2017-11-19 15:34 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)

2017 裏英彦山の紅葉

11月11日(土) 今年の紅葉登山は今回の裏英彦山が初めて。しかも!一ヶ月以上山から離れていたのは何年ぶり? 可能な限り一日10km程度のウォーキングは欠かさなかったつもりだけれど体力の低下が心配・・・
 先月は台風21号~22号と立て続けに紅葉真っ盛りの週末を襲われ、楽しみにしていた九重の紅葉を見逃してしまった(T_T)
 したがって裏英彦山の紅葉に期待するものは大きい。でも、昨夜の寒冷前線の風雨による落葉が心配・・・


青空に映える鬼の舌の紅葉 
a0206345_11195031.jpg


美しい青空に浮かぶような上宮が印象的
a0206345_11325154.jpg


紅葉も楽しみだったけど、最後のお楽しみの望雲台 
a0206345_10041665.jpg

ルートは、高住神社~薬師峠~ケルンの谷~垂水の壺~籠水峠~鹿の角~鬼の舌~南岳~中岳~北岳~望雲台~高住神社の裏英彦山周回コース
a0206345_10125413.jpg


紅葉燃える高住神社
a0206345_10164692.jpg


9:05 紅葉に期待しながら出発
a0206345_10184254.jpg


9:11 鷹巣山が正面に
a0206345_10200021.jpg


9:14 ゲート通過
a0206345_10203779.jpg


9:22 裏英彦山登山口
a0206345_10212569.jpg


9:39 序盤の急登 落ち葉がシーズン終盤をうかがわせる
a0206345_10221283.jpg


紅葉がちらほら見られる様になってきた
a0206345_10230445.jpg


a0206345_10232867.jpg


ケルンの谷まで紅葉を楽しみながら歩くことにしよう
a0206345_10262477.jpg


a0206345_10272523.jpg


a0206345_10280469.jpg


a0206345_10282100.jpg


a0206345_10284415.jpg


10:27~10:30 ケルンの谷
a0206345_10294001.jpg


a0206345_10300207.jpg


10:37 垂水の壺 滴る水で咽をうるおそう・・・但し自己責任で
a0206345_10313492.jpg


a0206345_10315457.jpg


10:41 晴れてればもっと綺麗なんだろうけどね
a0206345_10331041.jpg


10:53 青空が見えてきた!
a0206345_10342155.jpg


10:55 平均枝を通過 ショウくんお見事
a0206345_10350502.jpg


10:56 人によっては難所の一つ
a0206345_10363172.jpg


見事にスリップダウンのナンちゃん ロープがなければ・・・
a0206345_10370942.jpg


10:58 簡単そうに見えるけど、意外に危険なのが急斜面のトラバース 足を踏み外せば40~50mの滑落間違いなし!
a0206345_10394117.jpg


11:04 崖降りの難所
a0206345_10442801.jpg


11:14 日差しを透かした紅葉~イイネ!
a0206345_10465656.jpg


11:18~11:23 籠水峠 大岩壁を見上げるショウくん
a0206345_10475538.jpg


この上で昼食の予定だが・・・
a0206345_10484332.jpg


途中一緒になった登山者を鹿の角へ案内することに
a0206345_10522760.jpg


11:26 少し戻った所から鹿の角への急登
a0206345_10512026.jpg


11:32 皆さん急登を必死に登ってきます
a0206345_10541052.jpg


11:33 こんな青空と紅葉を見たかった
a0206345_10545783.jpg


a0206345_10551866.jpg


11:36~11:41 鹿の角岩壁上 高所恐怖症の人はここにに立つのは無理!
a0206345_10573843.jpg


ん?風でキャップも中身も飛ばされそう!
a0206345_10593166.jpg


今回唯一の集合写真 ここで昼食などとんでもない!早々に退散
a0206345_11004584.jpg


11:46~12:09 鹿の角
a0206345_11390050.jpg


ふかふかの落ち葉の上でランチタイム
a0206345_11063289.jpg


12:19 小さくてもしっかり紅葉してます
a0206345_11112084.jpg


12:22 青空に紅葉!綺麗だね!
a0206345_11150342.jpg


a0206345_11170621.jpg


12:34 鬼の舌の急登
a0206345_11174766.jpg


目が覚めるような鬼の舌の紅葉
a0206345_11195031.jpg


a0206345_11202153.jpg


a0206345_11204039.jpg


12:46 南岳周回路に登り上がる
a0206345_11222684.jpg


12:54 時計回りに巻いて南岳
a0206345_11234653.jpg


12:56 青空に聳える上宮
a0206345_11262669.jpg


13:05 中岳
a0206345_11423913.jpg


13:07 多くの登山者で賑わってます
a0206345_11440437.jpg


巨大な英彦山山頂標識
a0206345_11450622.jpg


13:15 大岩ゴロゴロの北岳鞍部への降り
a0206345_11475166.jpg


13:18 鞍部の紅葉
a0206345_11491605.jpg


13:28 北岳への登り
a0206345_11501903.jpg


13:35~13:40 北岳
a0206345_11510085.jpg

a0206345_11512258.jpg


一緒になった山ガールと望雲台へ同行することに
a0206345_11531183.jpg


13:54 急な木段
a0206345_11534858.jpg


13:59 溶岩の壁
a0206345_11542917.jpg


14:16 望雲台分岐を右へ
a0206345_11564287.jpg


14:17 望雲台登り口
a0206345_11572866.jpg


滑らない様に気を付けて登ろう
a0206345_11582835.jpg


14:30~14:40 ここを登れば望雲台 左の赤い人はビビッて立てない?
a0206345_12010299.jpg


手前の人は皆が写りやすいようにしゃがんでいるわけではありません!?
a0206345_12042453.jpg


後から見るとワンちゃんも景色を楽しんでます
a0206345_12055481.jpg


正面には鷹巣山
a0206345_12063213.jpg


意を決して立ち上がった手前の人・・・これでは・・・さらし首です・・・
a0206345_12080302.jpg


登りよりも降りの方が難しい
a0206345_12104351.jpg


a0206345_12110844.jpg


a0206345_12113147.jpg


14:48 更に降りは続く
a0206345_12145961.jpg


a0206345_12152240.jpg


a0206345_12154031.jpg


15:10 高住神社に到着 楽しい一日もここで終了です
a0206345_12171780.jpg


 今シーズン最後の紅葉?まあまあ楽しめたと思う。今年の紅葉は始まりが遅く、台風の影響もあって終わりが早かったのでは?
 来年の紅葉に期待しながら凍てつく九重連山、雲仙や英彦山の霧氷、四王寺滝や難所ケ滝等の冬山シーズンに思いをはせる

歩行距離 9km 累積標高 1000m 行動時間 6時間10分




by ichibunn-go | 2017-11-12 10:43 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(2)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31