人気ブログランキング |

イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日のルイとアメ蔵

2月28日(土) 今日は北風が吹いて外は寒い。こんな日のルイは寝てばかり
a0206345_196218.jpg

フカフカで気持ちいいニャ~ン
a0206345_17445755.jpg

見晴らしのいい二階の三角出窓はルイの特等席
a0206345_17464924.jpg

アメ蔵の特等席はここ
a0206345_17494759.jpg

一階の出窓も
a0206345_17521067.jpg

寝ることに飽きたら庭でかくれんぼ 頭隠して尻隠さず
a0206345_17564920.jpg

見~つけた
a0206345_17571712.jpg

寒くなってきたから中に入れて~
a0206345_17553820.jpg

by ichibunn-go | 2015-02-28 19:19 | ネコ | Trackback | Comments(2)

だごしゃん道から頭巾山?~三郡山~前砥石~砥石山~鬼岩

2月15日(日) 久しぶりにy師匠と山を歩く。前回一緒に登ったのは何時だったかな?今年古稀を迎えたそうだが、元気なy師匠に会うのが楽しみ(o^^o)♪
 今回はy師匠の案内で数ある三郡山系の登山道の中でも、マニアックルートの『だごしゃん道』から三段の大滝を見た後、頭巾山に登る。何れにしても初めて聞く名前の道だけに楽しみなことこの上なし。
 昨日、今日の暖かさでは難所ヶ滝はあまり期待出来ないだろうと言うことでパス。

今日のメンバーは、y師匠、猫好きさん、山ちん、イチブンの4名

僅かに雪の残る三郡山山頂
a0206345_8194959.jpg

ルートは、昭和の森~だごしゃん道~頭巾山~三郡山~前砥石山~砥石山~鬼岩~林道~砥石山直登延長コース~昭和の森の周回コース
a0206345_1324791.jpg

まずはルートの確認 でも、だごしゃん道は載ってない
a0206345_8541517.jpg

9:05 ((o(´∀`)o))ワクワクしながら出発
a0206345_85633.jpg

9:19 難所ヶ滝はここを右へ だごしゃん道は左へ
a0206345_904749.jpg

9:21 次の分岐は右へ
a0206345_914990.jpg

9:25 いよいよ、だごしゃん道の沢を登り始める
a0206345_94654.jpg

9:30~9:33 最初にあるナメ滝
a0206345_953942.jpg

a0206345_97569.jpg

9:43 苔むした大岩ゴロゴロの左岸を登り詰めると
a0206345_993483.jpg

9:49 二段になった滝(斜滝)が現れた
a0206345_911927.jpg

9:54 岩壁からつらら もしかしたら難所ヶ滝も幾らか見られたかも?
a0206345_9135596.jpg

沢の左岸には岩壁が続く
a0206345_915898.jpg

9:58 大岩乗り越えながら進む いい感じだね
a0206345_9173596.jpg

10:08 上の方にも水が流れる岩壁が見える。実はこれが大滝とはy師匠も気づかなかった。帰宅後写真を調べたらこれが大滝の下段
a0206345_9195150.jpg

10:10 これが大滝の上段らしいが、水量少なすぎ 中段は見過ごしてしまったようだ
a0206345_9224756.jpg

10:14 目印に従い登るのだが、後々考えたら縦走路に登る道で、頭巾山直登ルートではない
a0206345_9255115.jpg

この後50mほど登った所でy師匠が道間違いに気づき、元の場所まで降ることにした
a0206345_937222.jpg

10:20 降るのを止めて沢側に藪をトラバース 段々と面白くなってきた(((o(*゚▽゚*)o)))
a0206345_9575522.jpg

10:23 同じ場所に出てしまったΣ(゚д゚;) けど楽しくってしょうがない(o^^o)♪
a0206345_9435565.jpg

暫らく考えて沢を詰めることにする 
a0206345_9442085.jpg

10:40 いい感じの滝に出会う y師匠もこの時点で大滝はもっと上流だと考えていたようだ
a0206345_9492267.jpg

10:44 凍った沢 滑らないように注意しよう 後々考えると頭巾山に登る正しいルートだったようだ
a0206345_957447.jpg

10:55 頭巾山に登るのを諦めて右側の尾根を縦走路へ登ることにした 目印は何も無いが登れば縦走路に出ることは分かっているので何の不安も無い ワイルド!ワイルド!
a0206345_1002850.jpg

11:05 登りながら縦走路のヤセ根っこ尾根のあたりに出るのではないかと予想
a0206345_1042244.jpg

11:08 やはりヤセ根っこ尾根のすぐ近くに飛び出した
a0206345_1065554.jpg

11:14~11:18 頭巾山山頂 本当は、山頂標識の左側から登って来る予定だった
a0206345_10101164.jpg

11:28 三郡ハイウェイ レーダードームも近くに見える
a0206345_10124699.jpg

11:34 フェンス際の登山道通行止 う~ん!ここを通れば三郡山に来た!って感じがしてたのに残念
a0206345_10153663.jpg

11:38~12:10 三郡山山頂
a0206345_1017251.jpg

途中道間違いの右往左往があったのでお腹もペコペコ
a0206345_10205195.jpg

宝満山と頭巾山
a0206345_10213683.jpg

猫好きさん
a0206345_10221222.jpg

皆んなで
a0206345_10224883.jpg

出発する頃には更に人が増えました
a0206345_10241048.jpg

いい感じに雪が残っている
a0206345_10294237.jpg

12:20 欅谷Bコース分岐
a0206345_10331555.jpg

12:41 欅谷Aコース分岐
a0206345_10351062.jpg

12:45 内ヶ畑コース分岐
a0206345_1038138.jpg

13:02~13:10 前砥石山
a0206345_10255844.jpg

砥石山は展望がないので景色はここで楽しんでおこう
a0206345_10271320.jpg

13:22~13:28 砥石山 足で雪の上にこれからのルートを書いて説明するy師匠
a0206345_1038443.jpg

13:38 鬼岩から登ってくるご夫婦と出会う 鬼岩からの降りがよく分らないので砥石山まで登り返し、砥石山直登コースを降る。との事だったので、”山旅は道連れ”一緒に降ることにした
a0206345_1046487.jpg

a0206345_10474154.jpg

13:40~13:45 鬼岩に佇む猫好きさん
a0206345_10484351.jpg

断崖絶壁上の笑わせ鬼
a0206345_10514273.jpg

13:54~14:04 鬼岩登山口
a0206345_1053947.jpg

説明好きのy師匠
a0206345_10535316.jpg

14:10 長~い林道歩き 舗装してないだけ良しとするか
a0206345_10571663.jpg

14:21 砥石山直登延長コースの道標 入口は向かい側
a0206345_1104477.jpg

砥石山直登延長コース入口
a0206345_111550.jpg

14:24 いい感じの尾根道です
a0206345_112693.jpg

14:45 作業林道出合い 
a0206345_113651.jpg

14:48 林道出合い
a0206345_1143137.jpg

14:53 本当はここに出てくるはずだった 途中分岐間違い
a0206345_1184210.jpg

15:00 昭和の森の住人さんご夫婦 三郡山系によく登られてるようです 楽しいお話有難うございましたm(_ _)m  また、何処かの山で会いましょう
a0206345_1113439.jpg

15:02 無事、昭和の森に到着
a0206345_11142746.jpg


だごしゃん道は勘違いの道間違い。家に帰るまで大滝は見ていなかった・・・と、思っていたところ、実は見ていた!それが大滝だとは気づかなかっただけ!水量が少なかった為にショボく見えてしまった。のかな?それでもワイルドな登山が出来て逆に面白かったo(^▽^)o

歩行距離 12km  累積標高 1200m  行動時間 5時間57分  歩行時間 4時間42分
by ichibunn-go | 2015-02-16 12:50 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(2)

我が家の家族 ネコちゃんたちの過去~現在

2月12日(木) 過去に我が家にいたネコちゃんたちと、今いるネコちゃんたちを紹介します。現在は雌の涙(るい)推定6才。雄の亜米蔵(あめぞう)8ヶ月の二匹が住んでます(o^^o)♪

快斗(かいと)2006年3月21日生まれ オス7歳 以前から猫を飼いたい思っていたところ、佐世保のタウン誌 ライフ佐世保に掲載されていたのを見つけて、長女と誕生日が同じなので是非うちにください!と速攻でTELした。日本猫と雰囲気が違うのはロシアンブルーのミックスだからです。
a0206345_18153973.jpg

我が家に来た頃の快斗 なんとかわいい 成長したら鼻の先から尻尾の先まで80センチの大猫です
a0206345_18311477.jpg

性格は臆病の一言 特技はお手、お代わり、ちんちんができる!教えたら覚えました(動画を見せられないのが残念!)寒い時にはファンヒーター 一猫占め
a0206345_18364323.jpg

テレビの上もほかほかで気持ちよかにゃん
a0206345_18451395.jpg



華(はな)メス年齢不詳 快斗と同じくライフ佐世保に掲載されていた犬猫譲渡会で一目ぼれ!(保健所で保護されたり、飼い主が飼えなくなった犬猫 華は虐待されていたらしい) 我が家の家族になるまでが大変だった!
まず担当の人二人が猫を飼う環境を調査に来て、一ヶ月間の仮飼い、外には出さない、誓約書を書く等の条件があり、合格しないと譲り受けることができない。
一ヶ月間が過ぎて良い環境だと太鼓判を押されて2007年3月、正式に我が家の一員になった 幸い外には出たがらないので二階の私の部屋で暮してました
a0206345_21534573.jpg

エレガント&ゴージャス この瞳で見つめられたらメロメロです 
a0206345_18564123.jpg

a0206345_19221358.jpg

種類は不明だが長毛種で愛らしい でも!性格は女王様! 猫なのに砂がきらいでトイレはペットシーツです。トイレが済んだ後はニャーニャー鳴いて後始末が済むまで許してくれません。夜中でも起こします。特技はエアー砂かけ、トイレが済んだ後は空中で砂かけ動作をして、シーツを綺麗に畳んでしまいます
a0206345_21552917.jpg

爪とぎの上で行儀よく一休み
a0206345_19225619.jpg



涙(るい)推定6歳 2008年11月9日 どこから来たのかやせ細った子猫が我が家の周りをうろつきだした。網戸にしがみついて一晩中鳴いていた 『この子は我が家を選んできたんだろうから飼うことにしよう』 という事になった
a0206345_2101281.jpg

夏の暑い時は洗面台が気持ちいい 性格はおっちょこちょい よく足を踏み外す 屋根から落ちるところを二回ほど見たことがあります よく足に まとわりついてくる 
特技は猫なら当たり前かもしれないが、これからの季節、トカゲ、バッタ、小鳥、蝶々、ネズミ、ヘビ等色んな物を捕まえて家の中に連れてくる マムシに噛まれたこともあります 
a0206345_2131188.jpg

涙も純粋な日本種ではないようです 足が長くアメリカンショートヘアーのような模様があります 
a0206345_21235676.jpg


廊下は自由に通り抜けられるようにしてあます 扉の向こうに誰かいるのかな?
a0206345_21324532.jpg

な~んだカイトやん! 家に自由に出入りできる扉も別にあります
a0206345_21331930.jpg

昼寝は微妙な距離感
a0206345_20183974.jpg

ルイとカイトは仲良しなのは分かるけど 玄関の前で何やっとんじゃい!
a0206345_21404558.jpg


苦しい時も悲しい時もつらい時もこの子達がいれば癒される。我が家にはなくてはならない立派な家族です。

その後・・・
華 2013年3月25日永眠 我が家に来て6年(年齢不詳) いつも自分の寝床に寝ていたのに死ぬ一週間ほど前から、いつでも触れ合える枕元で寝だした。何でかな~?と思っていたら、眠るように死んでいました。やっぱり虫の知らせだったのかな?その日は偶然にも私の誕生日。華ちゃんと暮らした日々はとても幸せでした。華ちゃんありがとう。 5月26日 華ちゃんの供養の為、一緒に力の限り九重の山々を歩いた

快斗 2014年6月15日 7歳3ヶ月 猫の雄は7歳になると阿蘇の根子岳に『猫修行』に出ると昔から言われてる。しかし、未だ帰らず(T_T)

涙 推定6歳 快斗がいなくなってからションボリとして、家からあまり出なくなった。人と同じように猫にも寂しいという感情があるのだろうか?そろそろ新しい家族を迎えてもいい頃かな?

で、昨年の9月新しい家族が増えましたo(^▽^)o アメリカンショートヘアーミックスの亜米蔵(3ヶ月)です。
a0206345_19163654.jpg

a0206345_1919418.jpg

テレビはなかなか面白いにゃー
a0206345_19215286.jpg

涙と亜米蔵も微妙な距離感
a0206345_20223342.jpg

現在の涙はこんな感じです
a0206345_1941766.jpg

昼寝は天井近くの男子禁制の特等席
a0206345_19443640.jpg

a0206345_20251647.jpg

結構 寝ぞうが悪いかも!
a0206345_19455229.jpg

a0206345_19463425.jpg

a0206345_20314948.jpg

で、現在の亜米蔵は男子禁制のこの場所にはびこるふらちなヤツ!
a0206345_20333046.jpg


いずれにしても皆んな和気合い合いの素晴らしい我が家の家族です(o^^o)♪
by ichibunn-go | 2015-02-12 21:10 | ネコ | Trackback | Comments(0)

四王寺滝? 英彦山 南岳~中岳~北岳

2015年2月7日(土) 先週に引き続き英彦山に登る!と言えばカッコイイけど、本当は難所ヶ滝に行く予定だった。
 昨日Y師匠に三郡山系と難所ヶ滝の様子を訪ねたところ、上の方に白いのは見えるけど、難所ヶ滝は期待できそうにない!とのことだった。 ならば!もう一度英彦山に行ってみよう。
 昨日の朝、ライブカメラでしゃくなげ荘付近を見たら10cm以上積もっていたようだ!が、気温が高いため四王寺滝も期待できないかな・・・でも雪と霧氷?という楽しみがある。
 しかし、今日は午後から雨の予報!一緒に登る予定だったアユママは体調不良で脱落・・・単独でもあるし
飛ばして行くことにしよう。

北岳から南岳~中岳を望む
a0206345_18572355.jpg

一瞬!青空が!
a0206345_21263166.jpg

今日のルートは、別所駐車場~奉幣殿~鬼杉分岐~衣ケ池~南岳分岐~南岳~中岳~北岳~中岳~北西尾根~キャンプ場~九州自然歩道~別所駐車場を急ぎ足で歩く
a0206345_18582053.jpg

駐車場はほぼ満車
a0206345_1921487.jpg

8:53 急いで準備してしゅっぱ~つ!でも、こっちじゃなくて左から
a0206345_19221322.jpg

こっちから行けば参道の石段登らなくていいもんね
a0206345_1924546.jpg

ここから右へ ゆるやかな登りで奉幣殿の裏側に出る
a0206345_19263547.jpg

9:00 石段登るよりはこっちがいい
a0206345_1928334.jpg

9:04 英彦山修験道館
a0206345_19324527.jpg

9:07~9:10 奉幣殿の裏
a0206345_19344063.jpg

登山の安全をお参りして再出発
a0206345_19354032.jpg

右を取ってここからが本番
a0206345_19361691.jpg

9:15 展望所 いい感じに雪が積もってるけど、黄砂かPM2.5の影響なのか、何となく灰色ぽく見えるのは私だけ?
a0206345_19455219.jpg

取りあえず奉幣殿
a0206345_19463125.jpg

9:25 鬼杉分岐を左へ
a0206345_19472733.jpg

9:37 衣ケ池 途中出会った登山者から四王寺滝の情報を得る やっぱり無い・・・そうだ・・・と、いう事で直進して振り返る
a0206345_19513097.jpg

先行者は一人だけ
a0206345_222131.jpg

9:54 南岳分岐 
a0206345_19593269.jpg

9:56 上の分岐
a0206345_2003297.jpg

a0206345_201098.jpg

10:05 材木岩 小規模柱状節理のようだ
a0206345_2044899.jpg

10:12 展望が開けて道標があった 何となく安心するね
a0206345_2082966.jpg

たぶん・・・障子ヶ岳かな?
a0206345_2071359.jpg

10:20 いたるところに鹿のフンと足跡
a0206345_20183433.jpg

10:37 最後の難所
a0206345_20190100.jpg
 
10:43~10:46 南岳 やっと着いた~って感じ 残念ながら霧氷はないね
a0206345_20554660.jpg

a0206345_2056678.jpg

10:48 霧氷?かな?と言うよりも霧氷だった・・・
a0206345_2057628.jpg

10:51 北岳には霧氷があるように見えるけど・・・
a0206345_20595867.jpg

10:56~11:20 中岳 英彦山神宮
a0206345_2105559.jpg

南岳 霧氷のように見えるけど、雪と霧氷の残骸
a0206345_213659.jpg

まだ、登山者は少ないけどベンチは空いてるかな?飛ばして来たから腹減っった
a0206345_2145836.jpg

ここにも霧氷はありません
a0206345_2155488.jpg

11:30 北岳側は雪が深い 踏み跡から外れれば腿のあたりまで沈むこともある
a0206345_21101391.jpg

11:33 北西尾根
a0206345_2111435.jpg

11:36 霧氷の様にも見えるけど、雪が積もって溶けて凍った樹氷かな?
a0206345_21121857.jpg

11:40~11:44 北岳
a0206345_21182268.jpg

a0206345_21213584.jpg

a0206345_21184483.jpg

11:46 一瞬の青空!霧氷じゃなくても綺麗
a0206345_21243766.jpg

a0206345_2124596.jpg

a0206345_21254196.jpg

a0206345_21272653.jpg

12:02 再び中岳 ちょうどお昼で登山者でいっぱい
a0206345_2130411.jpg

12:05 北西尾根 今日は足を止める様な景色は・・・ないし、雪は灰色・・・
a0206345_21305479.jpg

北岳もこんな感じ
a0206345_21314691.jpg

12:23 野鳥観察舎入口分岐 尾根をまっすぐ降る
a0206345_21341410.jpg

12:29 キャンプ場脇を降って
a0206345_21351017.jpg

12:33 あっ!プールが凍ってる
a0206345_21355514.jpg

12:45 九州自然歩道を通って朝登った奉幣殿への道まで帰って来た
a0206345_21365176.jpg

12:48 無事到着 小さな雨が!ポツポツ・・・間に合って良かったε-(´∀`*)ホッ
a0206345_21381344.jpg


今年は昨年に比べて明らかに暖かい。これからの寒波に期待はするものの、今シーズンは四王寺滝も難所ヶ滝も難しいかな?今日は霧氷も無かったし、先週来ていて本当に良かったε-(´∀`*)ホッ

歩行距離 9km  累積標高 1100m  行動時間 3時間55分  歩行時間 3時間21分
by ichibunn-go | 2015-02-07 22:09 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(4)

四王寺滝~霧氷の華咲く英彦山~北西尾根

2015年1月31日(土) 昨年末から年始にかけて寒波が来たものの、その後比較的暖かい日が続き、四王寺滝が完成しそうな寒い日はなかなか続かない。今年は昨年に比べて暖かいようだ。
 1月中旬から2月中旬に期間を限定しての寒波待ちだったのだが、弱いけど、やっと寒波が来た・・・四王寺滝は?正直待ちきれなくなってしまった!と、言ったところ・・・かな!?
 今回の参加者は、アマちゃん、イケちゃんと、初めてご一緒する猫好きさんとイチブンの四名 さてさてどうなることやら・・・

生まれたての瓜坊の如き四王寺滝
a0206345_857113.jpg

北西尾根から見た英彦山神宮
a0206345_10253561.jpg

ルートは、別所駐車場~奉幣殿~鬼杉分岐~衣ケ池~四王寺滝?~南岳~中岳~北西尾根~野鳥観察路~ボッカ道~奉幣殿~別所駐車場
a0206345_7484429.jpg

8:45 別所駐車場に到着
a0206345_7513456.jpg

9:03 期待に胸膨らませシュッパ~ツ!
a0206345_7534961.jpg

9:17 最初の難所 奉幣殿に登る石段
a0206345_7542327.jpg

9:24 奉幣殿まであと少し 頑張れ~!
a0206345_7573627.jpg

9:25~9:29 奉幣殿 お参りして登山の安全をお願いしました
a0206345_759648.jpg

9:30 玉屋神社・鬼杉方面へ
a0206345_834827.jpg

9:36 展望所からお決まりの一枚
a0206345_83116.jpg

9:49 鬼杉分岐 ここから左へ
a0206345_84734.jpg

10:02 杉林の中の階段 流れる水が凍っていて滑りやすい
a0206345_863767.jpg

10:07~10:09 衣ケ池 ここが四王寺滝への登り口
a0206345_810167.jpg

10:13 大岩の横を通る
a0206345_8183192.jpg

10:18 大きな倒木を仲良くよっこらしょ
a0206345_8201772.jpg

10:28 落し物のマフラーがバリバリに凍っている
a0206345_8233224.jpg

10:33 先行者の足跡を追いながら登るのだが、何か変?四王寺滝はこんなに急じゃないはず
a0206345_8264764.jpg

10:38~10:50 あ~っ!やっぱり間違えてた 西側の小滝でした 途中で会った人を含めてここを四王寺滝と勘違いしてる人が結構いるかも? ここは”行者滝”です
a0206345_8322151.jpg

間違えた所まで降って四王寺滝へ登り返す為にアイゼンを装着してると、上の方から”自分の足跡を辿ってトラバースすれば四王寺の滝へ行けるよ”と男性の声が聞こえてきた 
a0206345_8444896.jpg

お助けマンの声に従って東へトラバース
a0206345_8471392.jpg

10:56 崖の下をトラバース この向こうに四王寺滝がある
a0206345_8481644.jpg

10:59~11:09 来たー!四王寺滝 予想はしてたけどストライプのシャーベット四王寺滝
a0206345_8564164.jpg

これから成長するんだね。と、それなりに満足  また、おいでってことさ
a0206345_857113.jpg

a0206345_902158.jpg

a0206345_905472.jpg

a0206345_911754.jpg

急な斜面を南岳へ登りだす
a0206345_955420.jpg

10:13 両手両足総動員の急斜面 
a0206345_98477.jpg

11:17 更に登る
a0206345_991547.jpg

11:25 尾根に登り上がって、ガラリと雰囲気が変わった
a0206345_9145188.jpg

そこには鹿の足跡
a0206345_910917.jpg

11:27 まだまだ急坂は続く 新雪に足を取られて大変だ
a0206345_917655.jpg

11:32 ガスが出てきた 霧氷が成長するかも
a0206345_9201034.jpg

11:40 手を使わなければ登れない こんなフカフカの雪ではアイゼンも効き目なし
a0206345_9293428.jpg

11:45 山頂が近づき霧氷が濃くなってきた
a0206345_9303215.jpg

11:47 尾根には霧氷の華が咲く
a0206345_9321580.jpg

a0206345_9323468.jpg

a0206345_9413072.jpg

11:53~11:59 南岳にとおちゃこ!
a0206345_9425724.jpg

やったー!
a0206345_9434493.jpg

12:01 鞍部への急な降り
a0206345_9512937.jpg

南岳と中岳の鞍部 ここは別世界
a0206345_9484622.jpg

a0206345_9494236.jpg

a0206345_9503150.jpg

a0206345_9524692.jpg

12:09~12:48 中岳にとおちゃこ!
a0206345_9535622.jpg

a0206345_9543142.jpg

避難小屋 ベンチ空いてるかな?
a0206345_9554761.jpg

よかった~ちょうど空きました ホッと一息 昼食にしよう
a0206345_9564139.jpg

英彦山巨大標柱
a0206345_10013100.jpg

a0206345_9591072.jpg

東側の風景
a0206345_1043775.jpg

12:48 降りは北西尾根から
a0206345_1053192.jpg

北西尾根のこの雰囲気いいよね
a0206345_10172758.jpg

a0206345_1018353.jpg

a0206345_10182393.jpg

a0206345_10213124.jpg

a0206345_1021579.jpg

a0206345_10224119.jpg

a0206345_1023296.jpg

北岳も霧氷に染まる
a0206345_10245061.jpg

振り返れば英彦山神社
a0206345_10253561.jpg

a0206345_742521.jpg

a0206345_10271450.jpg

13:02 見晴らしのいい尾根からブナ林に入り久しぶりの風景
a0206345_10433860.jpg

13:28 4差路交差点 左を取って野鳥観察路へ
a0206345_10431772.jpg

13:37 所々に標識があり迷うことはない
a0206345_10492213.jpg

13:39 野鳥観察路入口からボッカ道へ この道を使って荷揚げしたのかな?
a0206345_10494369.jpg

13:41 見上げれば北西尾根に霧氷が見える
a0206345_1051833.jpg

13:44 三人並んで
a0206345_105245100.jpg

13:56 奉幣殿裏に飛び出した 
a0206345_1053388.jpg

13:57~14:03 奉幣殿 無事下山したことを報告しよう
a0206345_10574817.jpg

14:16 九州自然歩道の標識 別所駐車場はすぐそこだね
a0206345_10593751.jpg

14:21 別所駐車場に無事到着
a0206345_11159.jpg

皆さんお疲れ様でした
a0206345_112175.jpg

しゃくなげ荘の温泉で疲れを癒し玄関から出たところ、中岳、南岳が白く輝いている 電柱と電線がジャマ!
a0206345_116032.jpg

a0206345_116523.jpg


残念ながら今回は幻で終わった四王寺滝。来シーズンこそは皆んなに、こんな美しすぎる四王寺滝を見せてあげたいと思う。 2014年2月16日撮影
a0206345_9132884.jpg


歩行距離 8km  累積標高 900m  行動時間 5時間18分  歩行時間 3時間59分
by ichibunn-go | 2015-02-01 10:48 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(6)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28