<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青空に霧氷の花咲く雲仙 国見岳~妙見岳

12月29日(日) 昨日は普賢岳から国見岳、妙見岳と霧氷を求めて歩いた。目的の青空と霧氷には運よく出会うことができたが、霧氷のトンネルをくぐることはなかった。今日は、青空に映える霧氷は勿論のこと、霧氷のトンネルをくぐりたい。自然が相手だけになかなか難しいものがあるのだが・・・

国見岳山頂に 《 はなぼうろ 》 が咲き誇る
a0206345_22435262.jpg

a0206345_21533562.jpg

ルートは第二吹越登山口~吹越分れ~国見分れ~国見岳~国見分れ~妙見神社~妙見岳~妙見駅ギャラリー~妙見神社~吹越分れ~第二吹越登山口のいいところを短時間で回る
a0206345_15164954.jpg

7:42 麓から雲仙の山々を見上げる 平成新山は真っ白だが普賢岳、国見岳はもう一つといったところか・・・
a0206345_22103368.jpg

8:15 第二吹越登山口を出発 ここから国見岳を見上げると昨日より霧氷が着いているようだ
a0206345_22124362.jpg

8:28~8:30 標高1000m付近 汗をかかないようにゆっくり登ってきたが、汗ばんできたのでレイヤードタイムとし、早めにアイゼンを装着
a0206345_22145744.jpg

8:53 標高1250m付近で霧氷が着き始める
a0206345_22175985.jpg

8:57 吹越分れ 国見岳山頂付近がほんのり白く見える
a0206345_22191589.jpg

9:02 国見岳に近づくにつれて霧氷が濃くなる
a0206345_22215725.jpg

9:04 国見分れ 今日は国見岳に登りここから引き返す
a0206345_22233717.jpg

9:05 霧氷のトンネルだ!
a0206345_2227124.jpg

足元には樹氷の残骸
a0206345_2228230.jpg

9:13 霜柱にも霧氷が着いてる
a0206345_2230538.jpg

9:14~9:30 国見岳山頂 昨日より沢山着いてる!
a0206345_2234728.jpg

一面霧氷の花畑が広がる
a0206345_22352788.jpg

a0206345_22371555.jpg

a0206345_2249369.jpg

a0206345_22514913.jpg

霧氷と妙見岳
a0206345_22362559.jpg

霧氷と平成新山
a0206345_22525198.jpg

霧氷というか、花ぼうろには青空がよく似合う
a0206345_22435262.jpg

a0206345_22442169.jpg

a0206345_22451492.jpg

a0206345_22453998.jpg

ちょっと違うか!な・・・
a0206345_22462025.jpg

霧氷と樹氷
a0206345_22534149.jpg

以前から思っていたけど、この温度計は狂っている!いくらなんでもマイナス12度??それはないでしょ!手持ちの温度計ではマイナス5.1度
a0206345_2354224.jpg

9:49 妙見神社 右側から妙見岳へ
a0206345_2324495.jpg

9:50~9:52 妙見岳山頂 あっ!という間に雲が広がり雪が降り出して視界は真っ白
a0206345_2351379.jpg

国見岳も雲の中 しかし霧氷が成長する可能性が出てきた
a0206345_2391619.jpg

この霧氷も昨日より成長している
a0206345_2311361.jpg

9:59~10:32 妙見駅 観光客が寒そうにしている 気温はマイナス3.5度ほど
a0206345_23121665.jpg

妙見駅ギャラリー 昨日に続き今日も早めの昼食 
a0206345_23213342.jpg

10:37 妙見神社 やっぱり青空に映える霧氷は美しい
a0206345_2325977.jpg

10:39~来る時より成長した妙見尾根の霧氷のトンネルをゆっくり歩きながら楽しもう
a0206345_23283999.jpg

a0206345_2329562.jpg

a0206345_23311334.jpg

やっぱり霧氷には青空がよく似合う
a0206345_23323850.jpg

a0206345_23325586.jpg

10:42 妙見尾根から国見岳山頂の霧氷の中に立つ登山者を捉える
a0206345_2334992.jpg

10:44 吹越分れ アイゼンを効かせて滑らないように降ろう
a0206345_23371662.jpg

11:07 第二吹越登山口に無事到着
a0206345_23381545.jpg


昨日、今日と二日続けて青空に霧氷を満喫することができた。故郷の山、雲仙。春夏秋冬いつ来てもそれぞれの季節に違った美しい顔を見せてくれる素晴らしい山である。

歩行距離 5km  累積標高 650m  行動時間 2時間53分  歩行時間 1時間58分
by ichibunn-go | 2013-12-30 23:57 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)

霧氷と青空 普賢岳~国見岳~妙見岳 

12月28日(土) 今年最後の登山(たぶん)は、正月前にカミさんの実家へのお使いついで(か?登山ついでか?)に故郷の山、雲仙の霧氷と青空で締めくくりたい。しかし、霧氷と青空はタイミングがなかなか難しい。青空が見えたかと思えば直後には一面の雲や雪!日が射したかと思えばすぐに溶けてしまうはかない命の霧氷・・・

国見岳の霧氷越しに平成新山、有明海の青、そして念願の青空!贅沢なひと時
a0206345_15484429.jpg

ルートは散々迷ったあげく、仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~鬼人谷~西の風穴~北の風穴~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~国見分れ~国見岳~国見分れ~妙見神社~妙見岳~妙見駅ギャラリー~仁田峠 青空と霧氷に出あえるように雲の流れを見ながらペース配分をしながら歩く
a0206345_1558377.jpg

9:04 仁田峠を出発 妙見岳山頂付近が微かに白く見えるが、11月29日のような一面真っ白な霧氷はないようだ
a0206345_1673619.jpg

9:17~9:20 薊谷 日が射してきた 残念ながら妙見尾根の霧氷は溶けてしまうんじゃないかな・・・ 
a0206345_1695881.jpg

9:33~9:38 紅葉茶屋 
a0206345_16144725.jpg

ここまで来れば登山道はアイスバーン アイゼンを装着しよう
a0206345_16154027.jpg

9:46 西の風穴を通過
a0206345_16175242.jpg

9:53 北の風穴を通過
a0206345_16203659.jpg

9:55~10:00 展望所 少し休んで景色でも楽しもう
a0206345_16214323.jpg

10:07 今日初めての霧氷に出あう
a0206345_16303695.jpg

a0206345_16321737.jpg

10:10~10:15 立岩の峰 おっ!ここの霧氷は良さそうだ!
a0206345_16411710.jpg

a0206345_16383694.jpg

真っ白な霧氷と空と海の青 感動の一瞬
a0206345_16401471.jpg

これから登る普賢岳
a0206345_16492610.jpg

後ほど登る国見岳を望む
a0206345_1646186.jpg

岩の間に多良山系の山々
a0206345_1648887.jpg

10:23 霧氷沢の霧氷ではなく樹氷
a0206345_16544171.jpg

10:29~10:49 普賢岳山頂 やった~!貸切だ!
a0206345_1656412.jpg

ここにあるのは霧氷と
a0206345_190040.jpg

樹氷
a0206345_1791917.jpg

岩も氷結している!
a0206345_17163623.jpg

なんとも、おどろおどろしい感じ
a0206345_17115284.jpg

強風で、とても立っていられないので座って一枚
a0206345_1753999.jpg

高度感あるね 国見岳の右後方には有明海と多良山系 左側には橘湾 山頂左後方には大村湾 ここからは三つの海が一度に見渡せる
a0206345_1934418.jpg

10:48分現在、日射しがあるにもかかわらず気温はマイナス6.8度!
a0206345_1715225.jpg

10:59 紅葉茶屋を通り、鬼人谷口は直進
a0206345_17154760.jpg

11:01 青空に聳える国見岳
a0206345_17254252.jpg

11:06 霧氷が見える 溶けないうちに急いで行こう
a0206345_1729197.jpg

11:07 国見分れ このあたりは溶けてしまってる 残念・・・
a0206345_17263447.jpg

11:09 おおっ!幻想的
a0206345_1729266.jpg

11:14~11:26 国見岳山頂 来てよかった~!!
a0206345_1732299.jpg

青空に霧氷を存分に楽しもう 説明はいらな美しさ
a0206345_17344677.jpg

a0206345_17365775.jpg

a0206345_17373932.jpg

a0206345_17382362.jpg

a0206345_17384575.jpg

a0206345_18555919.jpg

a0206345_17391716.jpg

11:30 国見分れ 右を取って次は妙見岳だ
a0206345_17431234.jpg

11:34 吹越分れを通過 ここからの降りは急で大変なんだな
a0206345_17442775.jpg

11:40 妙見神社 うわ~曇ってきたね 
a0206345_17531034.jpg

11:42~11:44 妙見岳山頂 霧氷はあんまりないね
a0206345_1748428.jpg

おっ!ここにいいのが一本!
a0206345_17491452.jpg

11:49~11:52 駅上の展望所から雲仙の町を見下ろす
a0206345_1872631.jpg

11:56~13:26 妙見駅ギャラリーで昼食とする バッチリ予定通りの時間だね ここに入った瞬間ホッと暖かい
a0206345_1755556.jpg

先着の佐賀から来られた野口さん。毎週土曜日は山に行かれるそうで、なかなかの強兵(つわもの)とお見受けしました。時間が経つのも忘れた楽しいお話有り難うございました。また、どこかの山で会いましょう
a0206345_1844313.jpg

13:44 仁田峠駐車場に到着
a0206345_1891674.jpg


今シーズン初めての美しい青空と霧氷。存分に楽しんだ。今年の最後の登山60回目を飾るにふさわしい、素晴らしい登山だった。
あっ!そうだ、!今日はカミさんの実家に泊まるんだった。ならば、明日もちょこちょこっと登ってから帰ろう。

歩行距離 6.5km  累積標高 700m  行動時間 4時間40分  歩行時間 2時間13分
by ichibunn-go | 2013-12-29 18:17 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)

将冠岳 冬だから藪漕ぎを楽しもう

12月25日(水) 昨日は自宅の北側にある石盛山にウォーキングで登った。今日は南側にある将冠岳に登ってみよう。
低山ではあるが、佐世保の山の中では一番楽しく面白いのは言うまでもない。今日は途中登山道から外れて藪漕ぎを楽しんでみようかな?

将冠岳山頂からの展望は素晴らしい
a0206345_14585442.jpg

ルートは、自宅~吉岡登山口~金比羅神社~中吉越~朝ノ気岳~ヌタ場~藪漕ぎ~鳥越~高筈岳~将冠岳~ヌタ場~藪漕ぎ~旧林道~中吉越~西側のピーク~中吉越~金比羅神社~吉岡登山口~自宅
a0206345_1574181.jpg

8:14 目の前に聳える将冠岳に向けて出発
a0206345_15112631.jpg

8:36 吉岡登山口 ここから急なコンクリート舗装の林道を登る
a0206345_1513471.jpg

8:44 コンクリートの階段を登りきれば金比羅神社
a0206345_15141086.jpg

8:47~8:50 金比羅神社 お参りしていこう なんと!お賽銭に1$札やコインがありました。アメリカ人も来てるんだね 
a0206345_15153052.jpg

心休まるかわいいカエルの道標 
a0206345_15192099.jpg

カメさんもかわいいね のんびり行こうかな
a0206345_15195198.jpg

8:55 ここから楽しいガレ場登り
a0206345_15223043.jpg

9:01 大きな岩を乗り越えながら中吉越に到着
a0206345_15231940.jpg

9:07~9:16 急な尾根道を登りきって朝ノ気岳
a0206345_15253015.jpg

西側の展望が素晴らしい
a0206345_15274465.jpg

a0206345_1528127.jpg

9:18 朝ノ気岳と高筈岳の鞍部にあるヌタ場 左を取り登山道から外れコンパスを使って藪漕ぎで鳥越を目指す
a0206345_15314199.jpg

9:21 ヤブこぎ!ヤブこぎ!楽しいな!が、物凄い藪にぶつかる ここはジャングルか?強行突破か!?いや巻いて行こう
a0206345_15323847.jpg

9:24 登山道?いや!猪の獣道が縦横無尽
a0206345_1537451.jpg

9:27 高筈岳の尾根続きにあるピーク この先が鳥越?
a0206345_15382992.jpg

崖の先端からの展望 野中、皆瀬方面がよく見える
a0206345_15462326.jpg

9:35 鳥越から尾根伝いに登れば高筈岳
a0206345_1552337.jpg

東側の展望がよい
a0206345_155344100.jpg

9:40 玉姫大明神の上が山頂 手前側から岩を直接登る
a0206345_15573598.jpg

9:42~9:55 この岩の上からの眺めは300度で最高!
a0206345_1603961.jpg

平戸の山々もよく見える
a0206345_1605697.jpg

運が良ければ烏帽子岳の右側に遠く雲仙が見えることもある
a0206345_1612091.jpg

残りの60度は三角点後方の岩の上からカバーできる
a0206345_1612347.jpg

ここからは九十九島もよく見える
a0206345_16144417.jpg

10:02 高筈岳から降り、ヌタ場を左へ折れ、杉林の中へ
a0206345_16214218.jpg

10:06 旧林道へ抜け中吉越へショートカット
a0206345_16241210.jpg

10:08 林道を真っすぐ突き抜ければ中吉越のすぐ上の尾根に出る
a0206345_16253891.jpg

10:09 左へ降れば中吉越 そのまま通り過ぎ岩を乗り越え西側のピークへ
a0206345_16262899.jpg

10:14 西側のピーク行き止まり この先は崩壊していて危険
a0206345_16312217.jpg

10:20 中吉越まで戻り岩を乗り越えながらルンルン気分で降る
a0206345_16321437.jpg

10:31 金比羅神社まで戻ってきた 11:03 自宅に到着
a0206345_1634320.jpg


夏場の藪漕ぎは、虫、くもの巣、マムシとの遭遇で絶対イヤ!だな。でも、将冠岳周辺では何度か猪と遭遇したことがあるので要注意!虫やマムシ等との遭遇が減る分、藪漕ぎするなら冬場に限るね。地図とコンパスを使った小冒険もたまにはいいかも!

歩行距離 8km  累積標高 550m  行動時間 2時間49分  歩行時間 2時間24分
by ichibunn-go | 2013-12-26 21:59 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

石盛山ウォーキングトレーニング登山?

12月24日(火) 世間はクリスマス・イヴにうかれる今日今夜かもしれない。が、年末は何かと忙しいわりに運動不足になりがちだ。そこで、自宅の北側にある石盛山にトレーニングがてら登ることにした。登山道はない(たぶん)ので車道を歩く。しか~し、自宅から片道6km、標高差420m、これは九重連山の牧ノ戸峠から久住山までとほぼ同等!(比較する対象が違うような・・・)まあ~汗をかかないようにのんびり歩きましょ。

将冠岳が朝日に映えて美しい
a0206345_18201960.jpg

ルートは自宅~玉依姫神社~ふれあいスポーツ広場~佐世保カントリー倶楽部~石盛山(481m)周辺~自宅の往復
a0206345_1875560.jpg

7:35 自宅を出発
7:46~7:48 玉依姫神社 自宅との標高差は約100m 普段のウォーキングでも立ち寄ります
a0206345_18114725.jpg

御神水は湧き水かな?飲めば確かに美味しいかも
a0206345_18135629.jpg

a0206345_18141790.jpg

8:03 このあたりから見える将冠岳はいいね
a0206345_18181638.jpg

8:10 ふれあいスポーツ広場 さすがに誰もいません
a0206345_18222047.jpg

8:25~ つづら曲がりの急坂が続く 休まないであ・る・け~!
a0206345_1825360.jpg

a0206345_19295384.jpg

8:50~ 石盛山山頂周辺 老巧化のため立ち入り禁止の休憩所やベンチがあります
a0206345_18415897.jpg

この岩が一番高いのかな?
a0206345_18423015.jpg

ちょっと木が邪魔だが佐世保の町を一望
a0206345_18432714.jpg

将冠岳もよく見える
a0206345_1941217.jpg

自宅近くから見える電波塔まで降ってみることにした
a0206345_1854741.jpg

げっ!山頂から50mも降ってしまった!これを登り返すのかぁ・・・
a0206345_18555738.jpg

北側にも四阿と電波塔があり、ゴルフ場が見えますが、ナイスショット!は聞こえません
a0206345_185317.jpg

石盛山には到る所に電波塔があります
a0206345_190224.jpg

9:21 急な降りはブレーキをかけながら!膝に負担が!
a0206345_1965797.jpg

10:15 将冠岳が見える自宅に到着
a0206345_1910976.jpg


のどが渇いたら自動販売機で買えばいいし。持っていったのは小さなみかん4個のほぼ手ぶら。あんまり汗もかかなかったのでよかった。タオルもつかわなかったし。
明日は久しぶりに将冠岳に登ろうかな。

歩行距離 12km  累積標高 500m  行動時間 2時間35分
by ichibunn-go | 2013-12-25 19:32 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

普賢岳~国見岳~妙見岳・・・霧氷は?

12月15日(日) TTI 48定例登山 気温は少々高めのようだが、霧氷の花咲く雲仙に期待を寄せて登る。
今回は、さゆっちゃんの雪山デビューでもあるし、なんとか霧氷を見せてあげたいのだが、果してどうだろうか?
参加者は佐世保から、とっとこさん、さゆっちゃん、カネちゃん、イチブンの4名と、今回はゲストとして長崎からイケちゃんを迎えて5名で雲仙の山々を歩く ひろくんとあゆママは体調不良のため残念ながら参加できず・・・

最後のピーク 妙見岳山頂から平成新山と普賢岳を望む
a0206345_023403.jpg

今回のルートは、第二吹越登山口~吹越分れ~国見分れ~国見岳~国見分れ~鬼人谷口~西の風穴~北の風穴~展望所~立岩の峰~普賢岳~紅葉茶屋~妙見神社~妙見岳~妙見神社~吹越分れ~第2吹越登山口 霧氷を最大限に楽しむコースのはずだが・・・
a0206345_22555898.jpg

9:32 第二吹越登山口 見上げる国見岳には白いものは見えないけど、微かな期待を胸に登山開始
a0206345_230179.jpg

9:44~9:46 10分ほど登ったところで、汗をかかないようにレイヤードタイム
a0206345_2312698.jpg

10:11 このコースは雲仙の登山道の中では急登No1かな?
a0206345_2383120.jpg

10:24~10:33 吹越分れ 稜線は風が吹いて寒いね 一枚羽織ろう 
a0206345_238409.jpg

安全第一でアイゼン装着
a0206345_23113623.jpg

サクサクとざらめ状の雪が心地よい
a0206345_23163199.jpg

10:40 国見分れ ここは左へ 
a0206345_2312465.jpg

10:43 国見岳に取り付く 余裕だね
a0206345_23172468.jpg

10:46 岩壁も余裕だね
a0206345_23192294.jpg

10:49 まだまだ岩場は続く
a0206345_23215994.jpg

10:52~11:00 国見岳山頂
a0206345_23224530.jpg

やっと霧氷が!
a0206345_23245679.jpg

ささやかでかわいい霧氷
a0206345_23252430.jpg

a0206345_23254540.jpg

11:05 岩壁を降る 落ちないようにね
a0206345_23263211.jpg

こんなに急だったっけ?
a0206345_23271291.jpg

11:11 紅葉茶屋への降り 滑りやすい! アイゼンはめてて正解だね
a0206345_23301371.jpg

11:15 つららが!1m以上あるんじゃないかな
a0206345_23324526.jpg

11:17 なんだか雪国っぽいね
a0206345_23351077.jpg

11:21 鬼人谷には大きなつららがところどころにあった
a0206345_2338051.jpg

11:27~11:29 西の風穴 夏は冷風だけど冬は温風だね
a0206345_23403152.jpg

11:42~12:09 北の風穴 風がなく寒くないので景色がいいここで昼食です
a0206345_23441542.jpg

3人そろって大きな口を開けてパクリ!
a0206345_23465114.jpg

12:26~12:31 立岩の峰の前 あっ!水蒸気で霧氷ができてる
a0206345_2350268.jpg

a0206345_23524286.jpg

a0206345_23533225.jpg

ちょっと昔の 若い娘がうっふん
a0206345_2357045.jpg

平成新山登ってみたいな~
a0206345_2357109.jpg

12:36 普賢新道 いい雰囲気だね
a0206345_00031.jpg

12:46 もちょっとで普賢岳
a0206345_045529.jpg

12:48~13:02 普賢岳山頂 やった~!誰もいない 貸切だ~!
a0206345_062233.jpg

a0206345_0182886.jpg

a0206345_0185169.jpg

a0206345_0193658.jpg

13:11 次は妙見岳だ~!
a0206345_0295217.jpg

13:19 紅葉茶屋 
a0206345_0312767.jpg

13:34 妙見尾根の雪道は心地よい
a0206345_034557.jpg

13:49 妙見神社 ここまで無事にこれました
a0206345_0352289.jpg

13:51~13:55 妙見岳山頂 みんな笑ってます なんでかな?
a0206345_0364443.jpg

13:57~14:09 妙見神社 ベンチもあるし休憩しよう
a0206345_0401237.jpg

14:11 いい感じの雪道 日差しもあって気持ちいい
a0206345_0425026.jpg

14:16 吹越分れ ここからは降りの急坂 滑らないように
a0206345_0431612.jpg

14:52 第二吹越登山口に無事到着
a0206345_0462195.jpg


残念ながら真っ白な霧氷に出合うことはなかった・・・でも、条件が良ければ今週末にも再チャレンジしたい。今度こそは冷え込んでくれ~!

歩行距離 8.5km  累積標高 1000m  行動時間 5時間20分  歩行時間 3時間53分

今回ゲストとして参加したイケちゃんは、”TTI 48”の加入条件に見事に合致!新メンバーとして活躍することになった。
by ichibunn-go | 2013-12-16 01:00 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(8)


登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
車いじり
りえちゃん登山記
くじゅう連山
黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山
雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳
三郡縦走 宝満山
英彦山系 四王寺の滝
多良山系 経ヶ岳
大分 熊本 宮崎の山
佐世保周辺の山
ネコ
佐世保スイミングクラブ
その他
未分類

記事ランキング

最新の記事

強風極寒の三俣山チャレンジ!
at 2018-02-12 11:00
2018雲仙 普賢岳 -9...
at 2018-02-04 20:30
2018 四王寺滝と難所ケ滝..
at 2018-01-26 18:31
2018 難所ケ滝と四王寺滝..
at 2018-01-26 17:53
黒髪山往復
at 2018-01-21 14:00
国見山スノートレッキング
at 2018-01-14 17:08
なんて月だ!?
at 2017-12-31 07:13
久々の黒髪山系
at 2017-12-02 20:28
昨日のルイとアメ蔵
at 2017-11-28 22:55
ラパ蔵(ラパンSS)冬山仕様に
at 2017-11-27 19:02
雲仙に霧氷の華咲く冬が来た!
at 2017-11-19 15:34
2017 裏英彦山の紅葉
at 2017-11-12 10:43
ラパンSS フォグランプ取り換え
at 2017-10-29 17:23
今月は愛車リフレッシュ月間 ..
at 2017-10-27 17:44
今日は車いじり ”ekスポー..
at 2017-10-21 18:03
2017 秋の花咲く天山
at 2017-10-01 22:56
2017 天山の花下見
at 2017-09-24 17:08
大船山が初登山 あっぱれ!!..
at 2017-09-04 11:58
島原の精霊流し
at 2017-08-17 10:23
山の日は宝満山から三郡縦走
at 2017-08-12 11:00

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

レイヤードは個人差がある..
by ichibunn-go at 21:48
本日は、厳寒期のレイヤー..
by y弟子 at 20:52
あの悪条件の中最後までよ..
by ichibunn-go at 15:32
昨年の由布岳といい、今回..
by ichibunn-go at 15:19
昨日はありがとうございま..
by りえ at 15:01
昨日はありがとうございま..
by ゆき at 12:43
心配かけて申し訳ありませ..
by ichibunn-go at 22:08
冬山のアップがなかなかさ..
by nan at 22:55
ありがとうございます。早..
by ジャパンアクアテック馬場 at 15:16
コメント有り難うございま..
by ichibunn-go at 22:47

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧