イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:くじゅう連山( 26 )

チャレンジ!強風極寒の三俣山

2月11日(日) 連日寒い日が続くが、昨日は久しぶりに寒さが緩み雨が降った。そしてまた今日から冷え込む予報!それが吉と出るのか凶と出るのか?
 しかも今回は、りえちゃん&ゆうくんの”くじゅう17サミッツ”達成に王手の掛かった最後の一座!三俣山へのチャレンジとなる
メンバーはTTI 48Secondの、りえちゃん&ゆうくんとゆきちゃんとイチブンの4名


立っているのがやっとの強風!-10℃以下の悪条件の中 三俣山西峰に立つ!
a0206345_08390935.jpg



長者原駐車場も満車状態    
a0206345_08433493.jpg



アイゼン装着完了
a0206345_08434066.jpg



8:48 平治号に今日の無事をお願いして出発
a0206345_08434446.jpg



スノボーゴーグル装着のガチャピンゆきちゃん
a0206345_08435098.jpg



8:52 バリバリに凍り付いた道をガシャガシャと
a0206345_08511323.jpg



9:05~9:13 トラブル発生!アイゼンの金具が千切れた!結束バンドで応急処置 
a0206345_08512296.jpg



9:19 ゲートはリンボーで
a0206345_08512780.jpg



9:36 砂防ダムから流れる水が作った氷のゲージツ
a0206345_08514396.jpg



a0206345_08515682.jpg



9:41 諏蛾守越への分岐 
a0206345_09010152.jpg



9:50 雪原を歩く この辺りはまだまだ余裕です
a0206345_09011294.jpg



10:04 鉱山道路出合い
a0206345_09012324.jpg



10:06 霧氷も濃くなってきた
a0206345_09040365.jpg



10:14 雪も深くなってきた
a0206345_09041647.jpg



10:17 諏蛾守越分岐
a0206345_09042793.jpg



10:18 雪が積もってる方が歩きやすいかも
a0206345_09115966.jpg



10:25 後方からの強風で吹雪いてきた
a0206345_09122172.jpg



10:32 標高が上るにつれて周辺の様子が変わってきた
a0206345_09174418.jpg



10:34 更に厳しい感じに
a0206345_09213139.jpg



10:36 一瞬三俣山が見えた!
a0206345_09215703.jpg



珊瑚の様な霧氷
a0206345_09220395.jpg



美しい霧氷
a0206345_09303854.jpg


10:39~10:47 諏蛾守越 水分、行動食を補給しよう
a0206345_09265989.jpg



気温は-9℃ 気圧の低下で高度計は高め表示
a0206345_09270396.jpg



10:48 さあ!登るぞ!待ってろ三俣山!
a0206345_09292086.jpg



11:07 霧氷の華咲く登山道
a0206345_09351198.jpg



山肌も霧氷で染まる
a0206345_09352035.jpg



11:14 三俣山よ!このままでいてくれ~
a0206345_09393975.jpg



11:18 エベレストにでも登った気分
a0206345_09402528.jpg



さらに山頂に向けて
a0206345_09403358.jpg



11:20~11:24 三俣山西峰 悪条件の中くじゅうデビューのゆきちゃん 達成感もひとしお
a0206345_09404900.jpg



その頃.・・・強風に打倒される二人
a0206345_09410022.jpg



気温は-10℃以下 後方から強風が吹き付ける 腕時計の温度計は-9.9℃を示した後計測不能に(T_T)
             
a0206345_09410774.jpg



本峰方面はホワイトアウト
a0206345_09535006.jpg



これ以上進むのは危険と判断!撤退することに
a0206345_09551545.jpg



a0206345_09582616.jpg


登りでは霧氷を楽しむ余裕はなかったけど、下山途中の霧氷は綺麗です
a0206345_09583537.jpg



a0206345_09584433.jpg



11:29 北千里ケ浜を眼下に見ながら
a0206345_10012986.jpg



11:35 見上げれば霧氷原
a0206345_10015629.jpg



11:37 北千里ケ浜を行き交うパーティー
a0206345_10020156.jpg



11:48 吹き溜まりで遊ぶ余裕も出てきた
a0206345_10092990.jpg



11:47~12:23 諏蛾守越 寒い中昼食のカップラーメンは最高!スープも残らず飲み干します
a0206345_10120465.jpg



12:27 正面から強風を受けフードを押さえながら
a0206345_10145842.jpg



気温は-9℃ 気温が上がり?計測可能に
a0206345_10151946.jpg


時折晴れ間は見えるけど寒い事この上なし
a0206345_10151589.jpg



12:36 無風の吹き溜まり 雪まみれになっても遊ばない手はない
a0206345_10193613.jpg



a0206345_10194274.jpg



腿までズッポリ
a0206345_10194832.jpg



12:43 鉱山道路出合い
a0206345_10223132.jpg



a0206345_10224275.jpg



12:50 ここまで降れば余裕です
a0206345_10235114.jpg



a0206345_10235608.jpg



12:55 長者原分岐
a0206345_10241009.jpg



13:13 鉱山道路出合い
a0206345_10241685.jpg



三俣山本峰にはいつ立てるだろうか?
a0206345_10242167.jpg



13:46 長者原に無事到着
a0206345_10243033.jpg



りえちゃんの忠実なしもべ 忠犬ゆうくん
a0206345_10243679.jpg


 冬山の厳しさを改めて実感させてくれた三俣山。この条件下での三俣山本峰制覇はかなり厳しく危険が伴う。私自身昨年に引き続き二連敗(T_T) 西峰で撤退を余儀なくされた。
 りえちゃん&ゆうくんの”くじゅう17サミッツ”はお預けとなったが良い経験をさせられたと思う。次回のチャレンジは、気候の良い時に坊ガツルから南峰ルート御鉢巡りで達成してもらうことにしよう。

歩行距離 10km 累積標高 1000m 行動時間 4時間58分 歩行時間 4時間02分




by ichibunn-go | 2018-02-12 11:00 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(6)

大船山が初登山 あっぱれ!!ビギナー山ガール&山男

9月3日(日) 今回は、”TTI48 Second”にりえちゃんの友人2名を迎えて久しぶりの九重登山となった。
 新メンバーのまゆみちゃん&たっくんは今回初登山でバリバリの初心者!それでも”くじゅう17サミッツ”を目指すりえちゃん&ゆうくんと同じコースを歩いてもらう
 当初、坊がつるから南峰ルートで三俣山を予定していたが、坊がつる到着時点で余りにも日差しが強く、過酷な登山になりそうだったので日陰の中を登る大船山に変更。いずれにしても初登山の初心者を連れて行くようなルートではないが、まゆみちゃん&たっくんのスポーツ経歴を聞き可能と判断!

くじゅう17サミッツ7座目のりえちゃん&ゆうくんと初登山で大船山登頂のまゆみちゃん&たっくん
a0206345_08210359.jpg

結果的にルートは、長者原~雨ケ池越~坊がつる~段原~大船山~段原~北大船山~段原~坊がつる~法華院温泉山荘~北千里ケ浜~スガモリ越~長者原分岐~長者原 登山経験値、スキルアップの目的で先頭はできるだけ初心者に歩いてもらうことにする
a0206345_08334852.jpg


7:21 平治号に挨拶して出発 
a0206345_09054638.jpg


えっ!いきなりオオスズメバチ注意! 先が思いやられる・・・(T_T)
a0206345_09083785.jpg


7:27 タデ原湿原の木道を歩く 正面には目的地?の三俣山が聳える
a0206345_09103705.jpg


7:55~8:00 森の中のベンチで最初の休憩 余裕があれば森林浴を楽しもう
a0206345_09500091.jpg


8:10 同じ名前の木があった!
a0206345_09513532.jpg


8:21~8:29 初心者を最後まで歩き切らせる為には様子を見ながら適時休憩が重要 多すぎても長すぎてもいけない 座り込むのも良くない できるだけ立ったまま休むようにしよう そして、登山経験値を上げるために先頭を歩かせ後ろからアドバイスしてやれば尚よい 人の後ろを歩くだけではスキルアップは期待できない
a0206345_09545099.jpg


8:34 雨ケ池越 ここから坊がつるまで降りになる
a0206345_09555643.jpg


8:46 坊がつるが見えた!テントが沢山あるね
a0206345_09565337.jpg


9:06 吉部分岐
a0206345_09581868.jpg


9:08 いい雰囲気の中を歩く でも、紫外線強い
a0206345_09595923.jpg


南峰登山口 日差しが強く過酷な登山になりそうなので今回は回避
a0206345_10032029.jpg


大船山へ
a0206345_10073459.jpg


9:16~9:24 坊がつる 色んな用を済ませよう
a0206345_10044064.jpg


9:25 大船山登山口 左は平治岳 ここからの登りはまゆみちゃん先頭でスキルアップ!
a0206345_10084778.jpg


9:34 このルート唯一手を使う所
a0206345_10102640.jpg


10:01~10:09 登り始めて35分 休憩して景色を楽しもう
a0206345_10122407.jpg


10:32~10:39 段原 流石に座り込んでしまった 向こうに見える北大船山は後回し
a0206345_11203566.jpg


先ずは、大船山から
a0206345_11222420.jpg


10:49 坊がつるは遥か下方に 既に三俣山より高いかも
a0206345_11245757.jpg


10:58~11:58 大船山山頂に到着 長者原から3時間37分
a0206345_11272886.jpg


雄大な景色を楽しみながら腹ごしらえ
a0206345_11281872.jpg


雲が出てきて阿蘇が見えない
a0206345_11301841.jpg


昼食の後は思い思いに楽しみます 
a0206345_11402739.jpg


”くじゅう17サミッツ” 7座目のりえちゃん&ゆうくん
a0206345_11555461.jpg


初登山が大船山のまゆみちゃん&たっくん
a0206345_12003328.jpg


絶景かな絶景かな
a0206345_11355032.jpg


喜びを表すポーズはコマネチ
a0206345_11364656.jpg


達成感爆発の片足立ち!
a0206345_11430047.jpg



喜び不発のへっぴり腰
a0206345_11453904.jpg


では、手本をお見せしよう 空を飛ぶような気持になれば立てないこともない・・・かも?
a0206345_11473763.jpg


それを見たりえちゃん
a0206345_11501650.jpg


まゆみちゃんも頑張った
a0206345_11495856.jpg


ゆうくん立てずに撃沈
a0206345_11503573.jpg


見下ろす先には御池
a0206345_12082708.jpg


今は緑一色だけど
a0206345_12090179.jpg


来月にはこうなるんだよ 2016年10月21日撮影
a0206345_18555898.jpg


たっぷりと楽しんだ後は北大船山へ
a0206345_12214865.jpg


12:01 この景色に比べれば人間って小さいよね
a0206345_12280272.jpg


余裕で岩場を降る ここまでくれば初心者の域は越えたかも
a0206345_12301907.jpg


12:16 段原を通り過ぎて北大船山への道は藪漕ぎ状態
a0206345_12334147.jpg


12:18~12:25 北大船山 ”くじゅう17サミッツ”に王手の8座目のりえちゃん&ゆうくん
a0206345_12361888.jpg


2座目のまゆみちゃん&たっくん
a0206345_12394447.jpg


合言葉は”山”
a0206345_12421529.jpg


段原へ向けて
a0206345_12441668.jpg


12:29 段原 他の登山者と情報交換
a0206345_12451750.jpg


12:40 転び石ゴロゴロ登山道を坊がつるへ向けて
a0206345_12472997.jpg


13:26~13:32 無事、坊がつるまで降って来た
a0206345_12484609.jpg


13:35 法華院温泉山荘へ向けて
a0206345_12510587.jpg


13:43~13:59 法華院温泉山荘 お決まりの登山靴を履いて大船山を指さす
a0206345_12540630.jpg


巨漢のたっくん ジャストフィットの登山靴に出合う
a0206345_12553090.jpg


休憩した後はスガモリ越へ
a0206345_12581799.jpg


14:16 石ころに乗ってころばないようにしよう
a0206345_12595250.jpg


岩場の急登
a0206345_13005810.jpg


14:23 振り返れば坊がつる
a0206345_13015466.jpg


14:25 大きなザックを担いだ団体さんと出会う 今夜は坊がつるでテン泊だね
a0206345_13032576.jpg


14:29 北千里ケ浜 賽の河原の如き荒涼感がイイネ
a0206345_13041522.jpg


ふかふかの砂が疲れた足に心地よい
a0206345_13064705.jpg


14:35 北千里ケ浜にリエゴジラ?出現!
a0206345_13080318.jpg


14:39 スガモリ越への今日最後の登り 頑張れ~!
a0206345_13095843.jpg


14:46~14:55 スガモリ越で最後の休憩
a0206345_13114059.jpg


大船山があんな遠くに
a0206345_13125464.jpg


次回の三俣山はここから登ろうかな
a0206345_13141425.jpg


15:01 この岩場の降りを走りたくなるのはなぜだろう?
a0206345_13164051.jpg


15:16 熊本地震で崩落した大岩の間は急いで通り抜けよう
a0206345_13175691.jpg


15:21 長者原分岐 この降りは滑りやすい
a0206345_13184725.jpg


15:42 鉱道出合い ここから長者原まで車道歩き
a0206345_13203820.jpg


16:11 無事、下山したことを平治号に報告しよう
a0206345_13222188.jpg


 通常このコースに初心者を連れて行く人はいないだろう。それは・・・最初から無理と決めつけているからに他ならない。確かにリスクはあるかもしれないが、アクシデントにあうのはベテランでも初心者でも同じ事。
 運動も何もしてない人には無理かもしれないが、過去のスポーツ経験、日頃の生活環境、趣味によっては初登山で由布岳御鉢巡りを達成した”ゆきちゃん”の例もある様に不可能ではない。知識や経験の面では劣るにしても、体力的にベテランを越える初心者がいてもおかしくないのでは? 何事もチャレンジする事が大切だと思います。

歩行距離 18km 累積標高 1200m 行動時間 8時間50分 歩行時間 6時間36分





by ichibunn-go | 2017-09-04 11:58 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

2017 九重連山ミヤマキリシマ咲き誇る平治岳~北大船山

6月2日(金) 今年は九重のミヤマキリシマ情報一切を遮断。自らの経験と手持ちの情報だけを頼りに、梅雨入り直前の今日登ることを数ヶ月前から予定していた。果たして当たるのか?外れるのか?

 最近ちょこちょこ一緒に山行し、今回も同行する”y弟子”の紹介をしておこう。彼は心肺機能に大きなハンディキャップがあり、健常者の半分以下の心肺能力しかない。登山をする上では致命的・・・それでも、登山の為に日頃からトレーニングに励む彼の山に対する姿勢は十分リスペクトできるもの。今回、彼の希望に沿ったルートでサポートしながら行動することにしよう。


平治岳のミヤマキリシマ まだ満開ではない
a0206345_09141794.jpg


a0206345_08564085.jpg


a0206345_08570407.jpg

大戸越のミヤマキリシマ
a0206345_08561456.jpg

北大船山のミヤマキリシマ
a0206345_09011166.jpg

ルートは、長者原~雨ケ池越~坊がつる~段原~北大船山~大戸越~平治岳~大戸越~坊がつる~雨ケ池越~長者原
a0206345_11204150.jpg

5:18 何時もの様に平治号に挨拶して出発 三俣山は雲の中・・・先が思いやられる
a0206345_09091272.jpg

5:21 タデ原湿原 目の前にド~ン?と・・・指山
a0206345_09155404.jpg

6:26 雨ケ池越 幻想的でいいんだけど・・・
a0206345_09175676.jpg

7:02 吉部分岐 まだ大船山は雲の中
a0206345_09192994.jpg

7:07 白口岳や中岳の方から青空が広がって来た
a0206345_09222512.jpg

7:11~7:26 坊がつる 暫く休憩
a0206345_09241105.jpg

大船山登山口 y弟子ここから登るのは初めて 休みながらゆっくり登ろう
a0206345_09283118.jpg

8:02 立中山分岐
a0206345_09301165.jpg

8:44~8:47 段原 青空が広がってきた
a0206345_09334753.jpg

が、ミヤマキリシマの花園は広がらず・・・蕾の花園(T_T) 見頃は一週間後かな?
a0206345_09353766.jpg

流石に疲れて座り込むy弟子
a0206345_09375152.jpg

y弟子の体調を考え緑萌える大船山は回避
a0206345_09390079.jpg

楽な北大船山から大戸越へ
a0206345_09394487.jpg

8:53~8:55 北大船山
a0206345_09421178.jpg

咲いてる株もあるけど蕾が多い
a0206345_09432510.jpg

尾根筋も平治岳もピンクが薄いね
a0206345_09450351.jpg

8:59 時にはいい感じのミヤマキリシマ
a0206345_09472420.jpg

9:05 これが満開になったらどんなにいいだろう
a0206345_09483773.jpg

今年は開花が遅すぎ
a0206345_09505217.jpg

ちなみに昨年6月3日の同じ場所 盛ってるネ(*^_^*)
a0206345_223234100.jpg

盛ってません
a0206345_09544299.jpg

9:15 イワカガミは綺麗に咲いていた
a0206345_09554179.jpg


a0206345_09561498.jpg

9:16 平治岳に期待
a0206345_10003087.jpg

9:33 いい感じのミヤマキリシマ発見
a0206345_10032727.jpg

9:40 近づくにつれていい感じに
a0206345_10050278.jpg


a0206345_10051957.jpg


a0206345_10053843.jpg

9:42~9:56 大戸越
a0206345_10062998.jpg


a0206345_10074525.jpg


a0206345_10081209.jpg


a0206345_10163815.jpg

疲れたy弟子を大戸越に待たせて平治岳へ
a0206345_10093308.jpg

ここでクイズです! y弟子はどこでしょうか?
a0206345_10143424.jpg

ここからは暫く時間を忘れてミヤマキリシマを楽しもう
a0206345_10175575.jpg


a0206345_10182687.jpg


a0206345_10191928.jpg


a0206345_10201901.jpg


a0206345_10204047.jpg


a0206345_10205992.jpg

10:12 平治岳南峰から本峰を望む
a0206345_10234284.jpg


a0206345_10250058.jpg

10:19 平治岳
a0206345_10255453.jpg


a0206345_10263765.jpg


a0206345_10265602.jpg


a0206345_10271340.jpg


a0206345_10273881.jpg


a0206345_10275655.jpg


a0206345_10281371.jpg


a0206345_10302824.jpg

10:47~10:49 大戸越 最後に平治岳を見上げて
a0206345_10361893.jpg

坊がつるへ
a0206345_10371713.jpg

11:17 湿地帯
a0206345_10380004.jpg

11:27~11:33 坊がつる
a0206345_10390240.jpg

11:40~11:57 ベンチで昼食
a0206345_10440760.jpg

長者原へ向けて下山開始
a0206345_10453555.jpg


a0206345_10463641.jpg


a0206345_10465247.jpg

12:36 雨ケ池越
a0206345_10474319.jpg

フデリンドウも咲いていた
a0206345_10493641.jpg

振り返れば平治岳 朝とは大違い
a0206345_10504881.jpg

13:35 タデ原湿原 振り返ればド~ンと三俣山
a0206345_10521847.jpg

13:39 平治号に無事下山を報告
a0206345_10535076.jpg
 

 今年は例年より開花が遅れてるのかな? 数ヶ月前から計画し、満を持したつもりが自然の気まぐれには太刀打ちできず、結果は全体的に見て一週間ほど早かった・・・(T_T) でも、十分満足できるレベルにはあったので納得としよう。
 そして・・・ハンディキャップを持つy弟子の行動力は、健常者である私たちに勇気と希望を与え、見習うべき事が多々あるはずだ。

歩行距離 17km 累積標高 1200m 行動時間 8時間21分 歩行時間 7時間25分



by ichibunn-go | 2017-06-03 11:05 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

大船山 氷結した御池に立つ!

3月9日(木) 二週間前にも今シーズン最後の冬山と思いくじゅう連山を訪れた。しかし、可能ならば今シーズン中に冬季未踏の大船山と、氷結した御池に立ちたい!との思いがつのるばかり!
 頃合い良く?強風を伴った寒波の襲来!天気予報によると大船山の風速は15~18mの台風並みの強風と、気温氷点下5~8度の厳しい条件だが、日中の天気は晴れ!スキルアップのためにも登るしかない!

強風渦巻く大船山御池 フードを抑えて踏ん張ってないと飛ばされそう
a0206345_06315947.jpg

ルートは、長者原~雨ケ池越~坊がつる~段原~大船山~御池~段原~北大船山~段原~坊がつる~雨ケ池越~長者原の往復
a0206345_06353023.jpg

長者原 駐車車両も登山者のものかどうかはわからないけど、平日だからこんなものかな?
a0206345_06405927.jpg

7:22 いつもの様に平治号に挨拶して出発!強風のためか積雪はそれでも程ない
a0206345_06443339.jpg

7:24 タデ原湿原 三俣山は見えないけど本当に晴れるんだろうか?
a0206345_06471688.jpg

7:47 休憩所 積雪で踏み跡のない登山道はわかり難い ここまでも何度かロストしそうになった
a0206345_06514607.jpg

8:08~8:13 展望所 ここまで来れば雨ケ池越までもう一息 道を外す心配もない
a0206345_06533985.jpg

見えない
a0206345_06541800.jpg

9:19 雨ケ池越
a0206345_06562352.jpg

8:32 展望所から坊がつる 大船山は雲の中だね
a0206345_06574482.jpg

8:49 吉部分岐
a0206345_06591934.jpg

枯れススキがきれいだね
a0206345_07001836.jpg

8:53 大船山分岐
a0206345_07005855.jpg

8:56~9:15 坊がつる 吹きさらしで時折強風がものすごい音を立てて通り過ぎる 
a0206345_07032251.jpg

大船山登山口 誰も登っていないので踏み跡はない 迷わない様に慎重に登らねば
a0206345_07055776.jpg

9:52 展望所 本当に晴れるのかな? この辺りから薄く霧氷が
a0206345_07091965.jpg

9:56 辺りが段々白くなってきたが、頭上では轟音をたてて風が吹き荒れる
a0206345_07150095.jpg

10:04 樹木の背が低くなり、徐々に風を感じる様になってきた
a0206345_07153157.jpg

霧氷も綺麗になってきたよ
a0206345_07234445.jpg

a0206345_07240719.jpg

10:17~10:21 段原 台風並みの風が吹き荒れ、まともに立ってられない
a0206345_07251832.jpg

10:24 登山道に入ると吹き溜まった雪が深くなってきた
a0206345_07321067.jpg

10:27 目の前に広がるのは白と黒の世界 
a0206345_07332513.jpg

10:36 本日最強の吹き溜まり
a0206345_07344281.jpg

ストックもずっぽりの自然の芸術を崩すのはもったいないのでラッセルを最小限に抑えて
a0206345_07351323.jpg

10:41~11:08 強風吹き荒れる大船山 途中吹きさらしの岩場が一番風が強かった 突風が吹く時には風上に背を向けかがんでやり過ごしながら登って来た
a0206345_07382904.jpg

突風が通り過ぎた合間に 気温はー5.3度 体感温度はー20度以下かも
a0206345_07411388.jpg

御池が幻想的 畔まで降ってみよう
a0206345_07422249.jpg

途中の展望所から 
a0206345_07460626.jpg

残念ながら完全氷結していない 紅葉燃え立つ秋とは違い全てがモノトーンの世界
a0206345_07471644.jpg

a0206345_07474739.jpg

ここは渡れそうだけど・・・
a0206345_07491618.jpg

上空で渦巻いた強風が後方から吹き付ける!意を決して氷上に立つ!これで目標達成!
a0206345_07493142.jpg

霧氷も綺麗です
a0206345_07485370.jpg

a0206345_07482542.jpg

11:23 段原まで戻って来た これまでにない恐怖と緊張から解きほぐされるが、油断大敵 直進して北大船山へ
a0206345_08045878.jpg

11:28~11:31 北大船山
a0206345_08122518.jpg

a0206345_08124274.jpg

とても立ってられない
a0206345_08130924.jpg

11:32 段原 ここからの降りは気を引き締めて 正面に見えるはずの大船山は全く見えず
a0206345_08151014.jpg

11:44 法華院温泉が見える 雪国~って感じで九州じゃないみたい
a0206345_08191037.jpg

12:14~12:44 坊がつる
a0206345_08211159.jpg

避難所を借りて昼食にしよう
a0206345_08214230.jpg

中はきれいに掃除してありますが、泊りは不可です
a0206345_08220007.jpg

三俣山が神々しい
a0206345_08244651.jpg

12:50 ああ~!大船山が!見えた・・・(T_T)
a0206345_08250617.jpg

12:52 吉部分岐
a0206345_08292487.jpg

13:11 展望所から 大船山と坊がつる!次はミヤマキリシマの頃に来るから待っててくれ
a0206345_08303776.jpg

13:20 雨ケ池越
a0206345_08325638.jpg

13:24 雄々しく見える三俣山
a0206345_08351321.jpg

今日初めて水を飲もうとすると、半分ぐらい凍ってる!
a0206345_08363094.jpg

14:02 タデ原湿原 
a0206345_08373218.jpg

星生山も見えてきたね
a0206345_08383889.jpg

三俣山も見えてるけど、指山じゃまです
a0206345_08395337.jpg

14:06 平治号帰ってきたよ(^^♪ 今日も有り難う(*^_^*)
a0206345_08413098.jpg

 如何に九州とは言え、自然と冬山の厳しさを思い知らされた登山だった。踏み跡のない無垢の登山道に最初の足跡を残すのは気持ちいいけど、それなりの責任がある。現に段原付近で出会った登山者は、足跡があったので安心して登って来たと言っていた。間違えれば後から登って来る登山者の多くは、同じ踏み跡をたどって来るだろう。

 段原から大船山までは特に、暴風に立ち向かおうと言う気持ちと、不安と恐怖と緊張でアドレナリン噴き出しまくり(たぶん)で、その後は疲れも何も感じなくなった。でも、今回の登山で壁を一つ乗り越えたような気がすると共に、最高の達成感と高揚感が得られた。

歩行距離 15km 累積標高 1200m 行動時間 6時間44分 歩行時間 5時間14分



by ichibunn-go | 2017-03-10 09:01 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)

三俣山の霧氷と氷結した御池~中岳~天狗ケ城~久住山

2月25日(土) 先週訪れるはずだったくじゅう連山!気温が高めだったため急きょ由布岳御鉢巡りに変更した。そこで、初登山で由布岳御鉢巡りを達成した”スーパー山ガール”が誕生したことは先週のブログで紹介した通り。
 そんなこんなで今日が今シーズン初めてのくじゅう連山!待ち望んでいた寒波が来た!今回の目的は冬季未踏の三俣山と氷結した御池。天気予報では朝からピーカンの晴天だが、山の天気は当てにならないのが普通と思うべき!


第一の目的!氷結した御池にびびりながらも立つ!
a0206345_21012209.jpg

もう一つの目的三俣山の霧氷
a0206345_21561473.jpg

中岳の霧氷も綺麗だった
a0206345_08374842.jpg

天狗ケ城の青空に霧氷
a0206345_14393056.jpg


ルートは、大曲登山口~坑道~スガモリ越~三俣山西峰~スガモリ越~北千里浜~久住分れ~御池~中岳~天狗ケ城~久住分れ~北千里浜~坑道~大曲登山口のやたらと往復の多いコースになってしまった(^-^;
a0206345_21063030.jpg

6:20 長者原からスタートの予定だったが、駐車車両は僅か2台・・・これなら牧ノ戸峠も余裕かも?平治号に挨拶して急いで移動 注:画像では明るいけど実際はもっと暗い
a0206345_21104731.jpg

6:37 登って行くと・・・大曲登山口・・・駐車可能・・・しかも!駐車してるのは1台だけ!更に予定変更してここからスタートすることに 三俣山も真っ白!こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_21150380.jpg

6:43 大曲登山口
a0206345_21171591.jpg

6:50 霜柱の絨毯 これが溶けたらビチャビチャの田んぼ道に!今日も午前中勝負か!?
a0206345_21200627.jpg

6:54~6:59 鉱道出合い あっ!スパッツのゴムが切れてる(T_T) 修復を試みるものの残念・・・ええい!ままよ!
a0206345_21232761.jpg

7:03 長者原分岐 長者原から登るのと比べたら30分は節約できたかな
a0206345_21262267.jpg

三俣山も霧氷で真っ白だね
a0206345_21275852.jpg

7:08 落石帯を急いで通過
a0206345_21431970.jpg

7:10 スガモリ越分岐
a0206345_21443532.jpg

7:20 スガモリ越近くで霧氷が着きだす
a0206345_21463162.jpg

登山道の石もこの通り
a0206345_21473079.jpg

ロープは芸術的かも!
a0206345_21483114.jpg

7:24~7:31 スガモリ越 朝が早かったのでおにぎりでも食べとこう
a0206345_21502557.jpg

ここにも立派な霧氷が 
a0206345_21514150.jpg

待ってろ!三俣山!と、張り切って登り出したものの・・・
a0206345_21523207.jpg

7:45 霧氷!
a0206345_21542248.jpg


a0206345_21585431.jpg



a0206345_21593047.jpg


7:53~8:03 三俣山西峰 強風が吹き荒れる!さぶ~(*´Д`)
a0206345_22183187.jpg

気温は体温の影響を受けながらも-6.7度!? 実際は何度?
a0206345_22052532.jpg

カメラをセットするために手袋外したら、あっという間に指は千切れんばかりに・・・体感温度は-15~20度ぐらいかな?(+o+)
a0206345_22084306.jpg

本峰まで行く予定だったけど、見えなくなったので御池に急ぐ
a0206345_22104932.jpg

8:09 星生山も見えなくなった
a0206345_22215831.jpg

中岳と久住山・・・おまえもか・・・
a0206345_22235086.jpg

8:11 スガモリ越に人が見える
a0206345_07430901.jpg

8:18 これは何と形容したらいいのかな?
a0206345_07451667.jpg

刀?歯ブラシ?
a0206345_07465571.jpg

8:19~8:27 スガモリ越 休んでいた若者としばらく話す
a0206345_07480568.jpg

気温はー4.4度 風が当たらないので暖かく感じてしまう
a0206345_07510099.jpg

霧氷もバリついてるね
a0206345_07535139.jpg

8:30 北千里浜 右を取って久住分れへ
a0206345_07544453.jpg

おおっ!川が凍ってる!子供の頃を思い出してわりながら歩きたい衝動に・・・
a0206345_07562205.jpg


かられる
a0206345_07564716.jpg

8:36 星生山方面 この荒涼感がいい
a0206345_07593976.jpg

8:52 久住分れに日が差してきた ここから先は期待できそう
a0206345_08011514.jpg

8:55 三俣山山頂付近は相変わらず雲の中
a0206345_08022994.jpg

8:58 霧氷が段々と凄くなってきた
a0206345_08034337.jpg


星生崎が見えてきて久住分れまで後すこし
a0206345_08040338.jpg

9:00 久住分れ 道標にも霧氷 高度が上ればもっとついてるかも!
a0206345_08044945.jpg

三俣山は完璧雲の中
a0206345_08062090.jpg

9:02 久住山がゴジラみたいで凄い迫力!
a0206345_08082444.jpg

9:04 中岳分岐 先ずは御池へ
a0206345_08095031.jpg

9:14 やったー!御池凍ってる!
a0206345_08125596.jpg


この辺りは再凍結みたいなので、のればヤバイかな?
a0206345_08135888.jpg

霧氷もきれかです
a0206345_08180506.jpg


a0206345_08184538.jpg


a0206345_08201552.jpg

おっかなびっくり立ってみた
a0206345_08251012.jpg

先週の暖かさで一度溶けて、今週の寒波で再凍結したみたいだね
a0206345_08295370.jpg


a0206345_08313027.jpg

9:34 中岳~天狗ケ城鞍部の霧氷もなかなかです
a0206345_08351028.jpg



a0206345_08365021.jpg


a0206345_08341003.jpg



a0206345_08374842.jpg


a0206345_08385897.jpg


a0206345_08392035.jpg

9:38~9:43 中岳
a0206345_08415532.jpg

自然のなせる技
a0206345_08430486.jpg

気温は相変わらずー4度以下 日差しはあるけど強風でめちゃ寒い
a0206345_08450908.jpg

次は天狗ケ城へ
a0206345_08460307.jpg

登山者のカラフルなウェアーが映えます
a0206345_08474745.jpg

9:48 鞍部の標柱
a0206345_08494209.jpg

こんだけ~
a0206345_08511247.jpg

9:50~10:09 風が当たらず見晴らしのいい場所見~っけ 腹減ったんで何か食べないと
a0206345_08570371.jpg

カップラーメンよ!3分間景色を楽しむがよい
a0206345_08563550.jpg

ラーメン待つ間に振り返れば中岳と大船山
a0206345_09062921.jpg

彼方に三俣山も
a0206345_09080858.jpg

青空に霧氷!これを待っていた!
a0206345_09102746.jpg


a0206345_09104891.jpg

10:12~10:17 天狗ケ城
a0206345_09123041.jpg

御池を見下ろす
a0206345_09131307.jpg

天気は回復したけど、相変わらず風が強い
a0206345_09141728.jpg

降りながら御池を楽しもう
a0206345_09160599.jpg


a0206345_09162510.jpg

10:21 次の目的地 久住山
a0206345_09282387.jpg

10:29 中岳分れ
a0206345_09292135.jpg

10:37~10:41 久住山
a0206345_09303935.jpg

強風でめちゃ寒かです よく見ると鼻水が光ってる(^-^;
a0206345_09323869.jpg

取あえず景色を楽しもう
a0206345_09335002.jpg


a0206345_09341411.jpg

10:48 空池の淵を降る
a0206345_09361868.jpg

10:53 久住分れと星生崎
a0206345_09370783.jpg

11:06 強い日差しを後方から受け汗ばんできた
a0206345_09404572.jpg

一枚脱いで北千里浜へ
a0206345_09413188.jpg

11:18 氷結川
a0206345_09431702.jpg

11:21 スガモリ越分岐
a0206345_09442012.jpg

11:23 すっかり晴れあがって大船山
a0206345_09500394.jpg

中岳~久住山方面も
a0206345_09473191.jpg

11:27~11:31 スガモリ越
a0206345_09502917.jpg

奥にはまだこんなに雪が!
a0206345_09530038.jpg

三俣山も青空に聳えて・・・ちょっと残念 時間を見ると11時31分 12時までに大曲登山口に降ろう!
a0206345_09514897.jpg

11:39 坑道に出る
a0206345_09552099.jpg

11:42 長者原分岐
a0206345_09564149.jpg

11:45 大曲登山口分岐
a0206345_10015526.jpg

11:51 最後の難所? ここを無事通過すれば・・・
a0206345_10025752.jpg

11:52 大曲登山口に無事到着
a0206345_10044345.jpg

振り返れば真っ白な三俣山
a0206345_10055050.jpg

当初の計画とは全く違うコース取りになってしまったが、目的だけは外さずにその都度臨機応変に対応し、無駄は多いが結構楽しめたので良し!としよう(^-^;

歩行距離 13km 累積標高 1100m 行動時間 5時間22分 歩行時間 4時間19分




おまけ
先日、雲仙でイケちゃんから頂いた”長者原温泉郷 半額入浴券” 山恵の湯でありがたく使わせていただきました<m(__)m>
a0206345_10135593.jpg

by ichibunn-go | 2017-02-26 10:21 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

2016 三俣山の紅葉は・・・?

10月29日(土) 先週の大船山の紅葉に続き今日は三俣山に登る。昨日までの雨でぬかるんで滑りやすい登山道は注意が必要だが、終日曇りの予報。今日もガスに邪魔されるのでは?との予感が・・・午後からの方が条件がいいのではないか?そこで!長者原から坊ガツル経由で空模様を見ながら三俣山を時計回りに巻いて、最終的にスガモリ越から登ることにした。
メンバーは、ナンちゃん、ショウくん、y弟子、イチブンの4名

ガスに阻まれながらも、一瞬!雲の切れ間に三俣山北峰の紅葉が見えた!
a0206345_9105086.jpg

ルートは、長者原~雨ケ池越~坊ガツル~法華院温泉山荘~北千里ケ浜~スガモリ越~三俣山西峰~Ⅳ峰~本峰~南峰~スガモリ越~鉱山道路出合い~長者原分岐~長者原で、三俣山を一周する
a0206345_994640.jpg


8:19 天気が良ければ平治号の後ろに三俣山が控えているのだが・・・
a0206345_9135919.jpg

8:22 タデ原湿原の木道を歩く 三俣山は雲の中
a0206345_916876.jpg

9:22 時々見える紅葉が目を楽しませてくれる
a0206345_9195919.jpg

9:30 雨ケ池越 雲が無ければ正面に平治岳が見えるはず
a0206345_9183398.jpg

マツムシソウが咲いていた 癒される~
a0206345_921792.jpg

狂い咲きのミヤマキリシマも
a0206345_9213698.jpg

10:10 樹林帯を抜けると坊ガツルが見えた
a0206345_9231230.jpg

10:13 吉部分岐
a0206345_9234135.jpg

10:18 大船山分岐
a0206345_9253012.jpg

南峰登山口 今日は登らない方が身の為かも
a0206345_9265229.jpg

三俣山も雲の中だしー
a0206345_9293195.jpg

10:22 坊ガツルにはそぐわないオヤジが二人
a0206345_9284335.jpg

10:27 いい感じの紅葉
a0206345_9301718.jpg

10:31~10:46 法華院温泉山荘 歩き始めて2時間ちょっと、今日初めての休憩
a0206345_931229.jpg

指さす先に大船山は見えず・・・残念!
a0206345_9323988.jpg

休憩後のコンクリート急坂のきついこと
a0206345_9372394.jpg

11:07 ゴマドウ岩を右に見ながら
a0206345_93757100.jpg

11:10 振り返ればガスの切れ間に坊ガツル
a0206345_9384539.jpg

11:13 歩きにくい岩場
a0206345_9401686.jpg

11:19 岩場を登り切るとガスに包まれた北千里ケ浜
a0206345_9414341.jpg

11:20~11:25 強風吹き荒れ寒いこと!一枚羽織らねば
a0206345_9434535.jpg

11:30 スガモリ越分岐
a0206345_9444084.jpg

11:37~11:57 スガモリ越 大勢の人が休憩してます
a0206345_9455673.jpg

昼食を食べるものの強風で寒いこと 気温は、9℃ 体感温度は氷点下かも?
a0206345_9481376.jpg

さあ!登るぞ!・・・って三俣山はどこ?
a0206345_9492168.jpg

12:03 一瞬!ガスが途切れて北千里ケ浜
a0206345_95224.jpg

と、思ったらガスに遮られ、オヤジの頭が二つ
a0206345_9534366.jpg

12:16 こんな紅葉でも貴重です
a0206345_9545388.jpg

12:23 西峰には大勢の登山者
a0206345_9571517.jpg

哀愁漂う・・・
a0206345_9574819.jpg

12:25~12:33 三俣山西峰
a0206345_1005391.jpg

或る登山者
a0206345_1011780.jpg

ガスが切れて大展望
a0206345_1035764.jpg

12:53~12:57 三俣山Ⅳ峰 今は南峰も見えてるけど
a0206345_1064671.jpg

本峰も見えてるけど
a0206345_10111637.jpg

13:02~13:07 三俣山本峰 数分の内にガスの中 早々に南峰へ
a0206345_10123838.jpg

13:21~13:37 三俣山南峰 
a0206345_1037341.jpg

ガス晴れた~!今、本峰にいる人はラッキー
a0206345_10195830.jpg

北峰の紅葉が見えたー
a0206345_1023426.jpg

でも、過ぎた感じ・・・
a0206345_10215130.jpg

出来ればこんな感じの紅葉が見たかった・・・(2014年)
a0206345_12254662.jpg

山ガールにカメラを向けられにやけるナンちゃん でも・・・撮っているのは北峰です・・・残念!
a0206345_10284856.jpg

大船山も見えてきた
a0206345_10325297.jpg

そして、右から久住山~天狗ケ城~中岳~ちらっと稲星山~白口岳の17サミッツの山々も見えて雄大な九重連山を満喫
a0206345_10375667.jpg

リンドウも綺麗に咲いてる
a0206345_10422367.jpg

13:58 下山途中振り返ればⅣ峰と青空
a0206345_1041215.jpg

14:16 あれっ?スガモリ越から法華院温泉に降ったはずのお二人が?晴れ間が見えたので急いで引き返してきたそうです
a0206345_10462450.jpg

スガモリ越まで一緒に降ることに
a0206345_10481194.jpg

a0206345_10483343.jpg

a0206345_10484734.jpg

14:34~14:44 スガモリ越 お二人とはここでお別れです
a0206345_1049434.jpg

15:03 鉱山道路出合いの巨大落石
a0206345_10513384.jpg

熊本地震で落ちてきた物だけど、もしもの時避けられるだろうか?
a0206345_10531341.jpg

15:10 三俣山スッキリ
a0206345_10552299.jpg

15:12 長者原分岐 滑りやすいので注意しよう
a0206345_10562135.jpg

15:33 再び鉱山道路出合い
a0206345_1057773.jpg

16:04 長者原 無事下山できたことを平治号に報告
a0206345_10583260.jpg


 今年は三度、くじゅうの紅葉登山に訪れたが、いずれもガスにやられっぱなしで天候に恵まれなかった。が、来年こそはと気持ちは既に来シーズンへ

歩行距離 15km 累積標高 1100m 行動時間 7時間45分 歩行時間 6時間22分
by ichibunn-go | 2016-10-30 11:25 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(5)

紅葉の大船山を見た後は?・・・滝!?

10月21日(金) 大船山の素晴らしい紅葉を見た後は、以前から気になっていた?と、言うよりも、懐かしい”竜門の滝”を訪ねてみることにした。三十数年前、若かりし頃・・・まだ大分自動車道が開通していなかった頃、地図を見ながら一般道を走って何度か訪れた記憶がある。
 そして帰路、210号線を走っていると左側に一瞬見える滝が長年気になっていた。それは”慈恩の滝”と言うらしい。近くに道の駅もできたので寄ってみることにしよう。

大船山の素晴らしい紅葉を見た後は・・・
a0206345_18245627.jpg

夏になれば滝滑りで有名な”竜門の滝”
a0206345_18274044.jpg

三十数年ぶりで懐かしい
a0206345_1828744.jpg

そして・・・長年気になっていた”慈恩の滝” 滝の裏側も通れるらしい?
a0206345_18324599.jpg

橋を渡って正面から見ると?奥にもう一つ・・・二段になっていた!
a0206345_183358100.jpg

近づいて行くと凄い迫力!
a0206345_18352539.jpg

傘をさして更に近づくと風圧と水しぶきが!ビビッて一旦戻り
a0206345_1837234.jpg

意を決して更に近づく 高圧洗浄機で水を吹き付けられているみたい
a0206345_18394180.jpg

ここまで来れば傘をさしていても服はびしょびしょ 真後ろは案外風が来ない・・・?
a0206345_18425042.jpg

無事通り抜けました 裏を通る時は晴れていても傘を忘れないように!
a0206345_18442243.jpg

近くに”道の駅慈恩の滝くす” 滝を見るときはここに駐車しよう
a0206345_18464024.jpg


くじゅう連山に登った後は、温泉もいいけど滝見物もいいかもね もらってきたパンフレットを見ていると、玖珠にはもう一つ”三日月の滝”があるらしい
by ichibunn-go | 2016-10-26 18:54 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)

2016 紅葉燃える大船山

10月21日(金) もう!待ちきれん!今年の九重の紅葉は何をぐずぐずしとるんじゃ(; ・`д・´)!と、言うことで仕事を休んで大船山に登ることにした。天気予報では曇りのち雨の午前中勝負!余裕をもって佐世保を午前2時に出発。長者原に5時前到着、6時出発のため暫く仮眠する・・・気持ちは逸り眠れる訳がないじゃな~い(+_+) 他の車の迷惑にならない様に静かに準備運動をすることに

今日一番の目的 水面に写る紅葉の美しいこと 来て良かった~(^^♪
a0206345_18572593.jpg

晴れてればもっと色鮮やかなんだろうけどね
a0206345_130462.jpg

幻想的・・・
a0206345_18592884.jpg

・・・
a0206345_1923540.jpg

ルートは?雨が降らなければ三俣山にも登る予定だったが、大船山山頂で降雨・・・長者原~坊ガツル~段原~大船山の往復となった
a0206345_18163973.jpg

6:00 暗い中平治号に挨拶し、ヘッドライトを点けて出発
a0206345_1822469.jpg

6:03 タデ原湿原 ススキの間から何か出てきそう・・・でも、雨が降り出す前に高速登山だ!
a0206345_1825858.jpg

6:42 雨ケ池越 池になってるのは滅多に見られない
a0206345_18283117.jpg

7:01 ちょっと目を引く紅葉
a0206345_18301049.jpg

7:10 坊ガツルを目の前に吉部分岐
a0206345_18321629.jpg
 
7:13 ここに帰って来るまで雨が降りません様に
a0206345_1833295.jpg

7:16~7:27 坊ガツル 朝めし食わんと腹減った~
a0206345_1835815.jpg

7:28 大船山(平治岳)登山口 大船山山頂までの目標タイム60分!ガンバレ~!自分
a0206345_18381659.jpg

7:46 立中山分岐
a0206345_1839124.jpg

7:51~7:53 展望が開けて
a0206345_18401631.jpg
 
a0206345_1840443.jpg

雲海が・・・
a0206345_1841412.jpg

8:01 標高が上って雲海が更にいい感じ
a0206345_1843866.jpg

8:06 見下ろせば鉢の窪の紅葉がきれい
a0206345_18442314.jpg

8:09 段原 思ったよりも登山者が少ない
a0206345_1845188.jpg

大船山もいい色になってるね
a0206345_18462226.jpg

阿蘇山が雲海に浮かぶ
a0206345_18471777.jpg

8:12 うわ~これは綺麗な
a0206345_18482814.jpg

8:16 振り返れば、いいね~
a0206345_18493361.jpg

あぁ~由布岳が・・・
a0206345_18515155.jpg

8:23~8:48 大船山 頑張ったー!55分で到着 長者原から2時間23分
a0206345_18535440.jpg

a0206345_18541884.jpg

そして、御池の紅葉は?これなら言葉も説明もいらないでしょう
a0206345_18555898.jpg

a0206345_18565984.jpg

a0206345_18572593.jpg

a0206345_18574561.jpg

a0206345_1859143.jpg

a0206345_18592884.jpg

a0206345_18595842.jpg

a0206345_191468.jpg

a0206345_192912.jpg

a0206345_1923540.jpg

思ったよりも早く雨が降ってきた 水面にも雨の波紋が
a0206345_193583.jpg

レンズにも雨粒が・・・
a0206345_1951449.jpg

撤退です
a0206345_1973364.jpg

8:50 いい感じに紅葉してるね
a0206345_19104662.jpg

8:58 段原 雨で岩は濡れてるけど気を付けながら一気に降ろう
a0206345_19123383.jpg

9:24 登山口 まだパラパラ降ってる
a0206345_1931174.jpg

9:25~9:43 炊事棟で雨宿り 登るか止めるか迷っているご夫婦と紅葉の写真を見ながらしばらく談笑
a0206345_19321055.jpg

9:46 三俣山南峰登山口 登るか?止めるか? 困難は克服するが、危険は避ける!(浜口兄弟の受け売りです^^;)
a0206345_1939383.jpg

9:49 吉部分岐 ここから1時間で長者原に戻れるかな?
a0206345_19421047.jpg

9:56 雨に濡れていい感じ
a0206345_1574747.jpg

10:14~10:16 雨ケ池越
a0206345_19425366.jpg

a0206345_19432371.jpg

三俣山の紅葉
a0206345_1944235.jpg

10:48~10:51 タデ原湿原 出会った登山者と情報交換
a0206345_1947169.jpg

10:55 長者原 平治号に無事下山の挨拶
a0206345_1948859.jpg


 スカッと晴れてれば更に色鮮やかな紅葉ではなかったろうか? でも、今日の天気を考えれば満足満足(^^♪ 来週の三俣山も楽しみ~(^O^)

歩行距離 14km 累積標高 1100m 行動時間 4時間55分 歩行時間 3時間54分
by ichibunn-go | 2016-10-21 19:48 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)

2016 くじゅうの紅葉は?三俣山~久住山~稲星山~中岳~天狗ケ城~星生山~扇ケ鼻

10月7日(金) くじゅうに登りたくてうずうずする今日この頃。紅葉には少し早いけど行ってみるか! 予報では曇りだけど条件さえ良ければ17サミッツ8時間切りにチャレンジしてみよう!明日は雨の予報 チャンスは逃すな!

唯一ガスが晴れて青空が見えた久住山
a0206345_21222969.jpg

星生の窓からこんにちは\(^o^)/
a0206345_23134714.jpg

ルートは結果的に、牧ノ戸峠~大曲登山口~スガモリ越~三俣山西峰~本峰~スガモリ越~北千里浜~久住分れ~久住山~神明水~稲星山~白口谷分れ~中岳~天狗ケ城~久住分れ~星生山~星生分れ~扇ケ鼻分れ~扇ケ鼻~扇ケ鼻分れ~沓掛山~牧ノ戸峠の変則8の字周回となった
a0206345_8214648.jpg


朝焼けの中に由布岳が浮かぶ
a0206345_21323611.jpg

6:00 天気に不安があるものの行けるとこまで行ってみよう
a0206345_21315622.jpg

6:14 牧ノ戸峠と長者原の間に道路工事が2ヶ所 待ち時間長~いよ(^-^;
a0206345_213639.jpg

大曲駐車スペースは道路工事の資材置き場
a0206345_21372068.jpg

6:15 大曲登山口 
a0206345_21375886.jpg

6:23 鉱道出合い この時点では何とか三俣山が見えている
a0206345_21395640.jpg

6:32 熊本地震による落石 急いで通り抜けよう
a0206345_21415518.jpg

6:44 スガモリ越 休まず登る
a0206345_21431244.jpg

a0206345_21434867.jpg

6:59~7:04 三俣山西峰 ここまでは超順調なのだが・・・
a0206345_2145161.jpg

周りを見ると・・・これから目指そうとしていた大船山は雲の中
a0206345_21471347.jpg

それを見てちょっとガッカリ
a0206345_21525944.jpg

中岳~天狗ケ城~久住山も
a0206345_21481573.jpg

そして星生山も・・・取あえず本峰へ
a0206345_21493466.jpg

7:18~7:21 三俣山本峰は思いっきりガスの中
a0206345_21582510.jpg

無理してもいいことないので17サミッツは断念して”くじゅう”を楽しむことに
a0206345_2154673.jpg

西峰への帰り道
a0206345_2213085.jpg

ヤバいです
a0206345_221557.jpg

7:38 北千里浜も見えてきたので次は久住山にでも登ってみるか
a0206345_2232390.jpg

7:47~7:51 スガモリ越 暫く休んで久住山から先のルートを考える
a0206345_2262996.jpg

7:54 北千里浜を右へ
a0206345_227888.jpg

7:56 正面の久住分れもガスの中
a0206345_2281894.jpg

8:13 振り返れば・・・あれれ!三俣山がスッキリ・・・しくったか?
a0206345_22102525.jpg

8:22 久住分れ ガスが晴れだして・・・
a0206345_22112439.jpg

8:32 ショートカットして登る
a0206345_2213184.jpg

8:40~8:42 久住山 スッキリ星生山
a0206345_22153478.jpg

三俣山も
a0206345_22161394.jpg

中岳~天狗ケ城 大船山も
a0206345_2217660.jpg

よ~し!次は稲星山だ!
a0206345_2218062.jpg

8:52 神明水 よっしゃー!稲星見えてるよー!
a0206345_22251818.jpg

9:00 と、思ったら・・・
a0206345_22271715.jpg

9:05~9:24 稲星山 ガスの中・・・じゃん!
a0206345_2229086.jpg

暫く待っていると中岳見えたー!
a0206345_2230563.jpg

9:31 白口谷分岐 急いで下山したもののあっという間にガスの中~正面が中岳
a0206345_22315251.jpg

9:33 ガスの中にもリンドウ
a0206345_22333143.jpg

9:42~9:44 中岳 当然ガスの中岳 な~んも見えません
a0206345_22352271.jpg

9:48 避難小屋分岐 正面にあるはずの天狗ケ城もガスで見えず
a0206345_2237993.jpg

9:52~9:54 天狗ケ城 当然ガスの中
a0206345_22403438.jpg

もう慣れました
a0206345_2241543.jpg

9:59 神秘的な御池
a0206345_22425715.jpg

10:09 久住分れ
a0206345_2244268.jpg

10:10 避難小屋もかすかに
a0206345_22452578.jpg

10:17 星生崎もガスの中
a0206345_22482047.jpg

10:33 強風吹き荒れる星生尾根 ヤバくない?
a0206345_2250068.jpg

10:36~10:42 星生山 強風とガスで怖かった・・・
a0206345_22513572.jpg

一瞬日差しが!チャンスは逃すな!
a0206345_22523874.jpg

10:51 星生分れ
a0206345_22541316.jpg

10:56 扇ケ鼻分れ
a0206345_22545657.jpg

11:02 今日見た唯一の紅葉?
a0206345_22564263.jpg

11:08~11:24 扇ケ鼻 ガスってます
a0206345_22575945.jpg

先着の常連さんと暫く談笑 今年は紅葉が遅くあまり期待できないとか・・・残念
a0206345_2305957.jpg

11:31 扇ケ鼻分れ 12時までに牧ノ戸峠に降れないかな?トレーニングのつもりで走ってみるか!
a0206345_233199.jpg

11:47 沓掛山
a0206345_233582.jpg

11:53 展望所
a0206345_2344057.jpg

三俣山もはっきりしないね
a0206345_2351023.jpg

11:57 牧ノ戸峠に無事到着・・・だけど・・・何となく・・・不完全燃焼 (+_+)
a0206345_236221.jpg


 常連さんの話では、夏場の猛暑で紅葉が遅れているらしい。おまけに台風で落ち葉が多く、あまり期待できないとの事 残念・・・でも機会があればもう一度来てみたいな

歩行距離 19km 累積標高 1700m 行動時間 5時間57分 歩行時間 4時間58分
by ichibunn-go | 2016-10-07 23:19 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)

2016 ミヤマキリシマ咲き誇るくじゅう連山 三俣山~平治岳~北大船山~大船山

2016年6月3日(金) 今年もミヤマキリシマ詣での最終章は九重連山。事前の情報によると今年は花芽も多くシャク蔵は少ないとのこと。しかも例年より開花が早そうだ!おまけに明日明後日は天気が悪そう・・・梅雨入りかもね? ならば!晴れマークの付いた今日行くしかない! 個人的には通行自粛要請の鉱山道路の状況も気になるところ

ミヤマキリシマ咲き誇る平治岳から九重連山を望む
a0206345_2162539.jpg

大戸越のミヤマキリシマ
a0206345_22223456.jpg

見事に復活したね(*^▽^*)
a0206345_22132231.jpg

北大船山のミヤマキリシマも負けてはいない
a0206345_2192692.jpg

大船山を望みながら
a0206345_22332388.jpg

由布岳遠望
a0206345_223540100.jpg

ルートは臨機応変に対応した結果、長者原~鉱山道路~スガモリ越~三俣山西峰~スガモリ越~法華院温泉~坊がつる~大戸越~平治岳~大戸越~北大船山~段原~大船山~段原~北大船山~大戸越~坊がつる~長者原となった
a0206345_20595758.jpg

5:00 長者原に到着 平日だというのに既に満車状態 すると・・・昨日平治岳に登ったはずのY師匠ならぬy弟子から電話が・・・昨日は風が強かったので今日に変更して男池にいます。と、何処かで会えるかな?
a0206345_21134892.jpg
 
5:20 いつもの様に”平治号”に挨拶して出発
a0206345_21173522.jpg

5:42 ここまで車道を歩いて、すがもり越分岐
a0206345_21184692.jpg

5:47 星生山のミヤマキリシマに朝日が差す
a0206345_21203992.jpg

5:49 鉱山道路出合い 山側に注意しながら急いで通り抜けよう 当然、自己責任で
a0206345_21214961.jpg

6:05 熊本地震による巨大な落石 これが通行自粛要請の原因か!
a0206345_2125614.jpg

6:07 すがもり越分岐にも道を塞ぐ様に大岩が!
a0206345_2126780.jpg

6:12 三俣山西峰南面のミヤマキリシマ
a0206345_21285119.jpg

6:19 スガモリ越 今日初めて出会った登山者が二人休憩していた
a0206345_21301861.jpg

計画では西峰~本峰~南峰~坊がつるの予定だが・・・
a0206345_21305814.jpg

6:33 ミヤマキリシマの群落に朝日が当たり出したところ 
a0206345_21371473.jpg

a0206345_21392277.jpg

6:39~6:45 三俣山西峰
a0206345_21394647.jpg
何となく北千里浜を歩きたくなり引き返すことに
a0206345_21405265.jpg

6:54 再びスガモリ越 左を取って北千里浜へ
a0206345_21413691.jpg

6:59 北千里浜 ここも左を取って法華院温泉へ
a0206345_21434898.jpg

左に三俣山を見ながら
a0206345_2146143.jpg

7:16 法華院温泉山荘 平治岳や大船山に登る登山者で賑わってます
a0206345_21465270.jpg

7:21 坊がつる ここに来るとホッとする
a0206345_21474216.jpg

振り返ればドーンと三俣山
a0206345_21493669.jpg

7:26 大船山、平治岳分岐 左を取って平治岳へ
a0206345_21523625.jpg

7:53~7:55 思ったより登山者が少なくサクサク登って大戸越 よかった~ミヤマキリシマ咲いてるよ\(^o^)/
a0206345_21543518.jpg

ちなみに昨年は枯れ野原・・・でした(+o+)
a0206345_7263025.jpg

8:02 大戸越を見下ろす
a0206345_2159163.jpg

8:06 ミヤマキリシマのトンネル 何とか回復したね(*^_^*)
a0206345_2215336.jpg

ちなみに昨年は・・・何もなし((+_+))
a0206345_7322547.jpg

更に一昨年の同じ場所
a0206345_18333552.jpg

いい感じのミヤマキリシマ
a0206345_225490.jpg

a0206345_225293.jpg

ちなみに昨年は・・・でした(T_T)
a0206345_7351841.jpg

a0206345_2264321.jpg

8:20~8:22 平治岳南峰 北峰を眺めているとy弟子と遭遇!
a0206345_22105383.jpg

a0206345_22122911.jpg

8:24 素晴らしい
a0206345_22145824.jpg

8:27~8:30 平治岳 思ったより登山者が少ないかも
a0206345_22155569.jpg

a0206345_2216558.jpg

a0206345_22172673.jpg

a0206345_2218882.jpg

8:37 再び南峰 待たせておいたy弟子と北大船山~大船山へ
a0206345_22195834.jpg

8:59~9:08 大戸越 大勢の登山者で賑わってます 
a0206345_2224532.jpg

9:13 大戸越から少し登った所のオオヤマレンゲの蕾も堅そう
a0206345_22263896.jpg

9:27 足場の悪い登山道を必死に登るy弟子
a0206345_22282146.jpg

9:47 振り返れば平治岳
a0206345_22292894.jpg

a0206345_22295167.jpg

9:54 北大船尾根と平治岳のミヤマキリシマが重なる
a0206345_22314268.jpg

9:56 大船山とミヤマキリシマ
a0206345_223234100.jpg

昨年の同じ場所 花付きも色も悪かった
a0206345_6442490.jpg

10:00 盛ってます
a0206345_22385025.jpg

a0206345_22391832.jpg

a0206345_22422327.jpg

a0206345_22424483.jpg

10:08~10:11 北大船山 雄大な景色を楽しむy弟子
a0206345_2240535.jpg

昨年はここで後姿がカッコいい!と言われたので今年は前から
a0206345_22441114.jpg

10:16 段原 大船山まで登れるやろか?と弱気のy弟子 ゆっくり登れば大丈夫!と励ます
a0206345_22454844.jpg

10:41 もうちょっとだ!頑張れ~!
a0206345_22481380.jpg

10:42~11:02 大船山 y弟子は初登頂
a0206345_2249374.jpg

a0206345_22505014.jpg

a0206345_2252838.jpg

11:16 再び段原 ここから降る予定だったがy弟子から大戸越まで一緒に・・・と泣きが入り、遠回りだけど付き合う事に
a0206345_2255153.jpg

a0206345_22554051.jpg

いいねぇ~(*^▽^*)
a0206345_22585637.jpg

a0206345_22593333.jpg

11:57~12:00 大戸越 ここでy弟子と別れる ここからは自分の時間 y弟子が男池に着くより早く長者原に到着するのが目標
a0206345_2304472.jpg

午前より午後の方がいい色してるね
a0206345_233657.jpg

12:17 大船山分岐 大戸越から走り降って17分
a0206345_2344442.jpg

坊がつる ここから長者原まで1時間で行けるかな?
a0206345_2372861.jpg

12:23 三俣山南峰登山口前
a0206345_2361595.jpg

平治岳の山頂付近がピンクに染まってる
a0206345_2384639.jpg

12:27 吉部分岐 長者原は左へ
a0206345_2395172.jpg

12:48 雨ケ池越
a0206345_23113336.jpg

残念ながら空池です
a0206345_23121410.jpg

13:19 タデ原湿原から見る三俣山
a0206345_23132222.jpg


13:21 平治号今帰ったよ 吉部分岐から54分で到着 すぐy弟子に連絡 まだ着いてない様だ
a0206345_23141098.jpg



平治岳のミヤマキリシマも昨年の惨状からよくここまで回復したものだ。これが自然の素晴らしさかな?来年はもっと期待できるかも!今から楽しみだね

歩行距離 22km 累積標高 2000m 行動時間 8時間01分 歩行時間 7時間13分






by ichibunn-go | 2016-06-03 23:21 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31