人気ブログランキング |

イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳( 47 )

雲仙岳の霧氷 花ぼうろ 妙見岳~国見岳~普賢岳 九千部岳周回

1月29日(日) 今回は先週登るはずだったが、雨天のため延期になっていた3ガクッタイ定例登山の雲仙霧氷花ぼうろ登山だ。週末から気温が高目で霧氷のつき具合が心配だが果たしてどうだろうか?
高速道路の木場PAに予定時間の7時より早い6時半過ぎに集合し一路雲仙に向かう
参加者は隊長、副隊長、師匠、イチブンと少数だがいずれ劣らぬ山の大馬鹿者4名

今日のルートの前半は池ノ原妙見駐車場から仁田峠~妙見岳~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠~池ノ原妙見駐車場を周回する

後半は田代原に移動し、田代原トレイルセンターを発着点に九千部岳北西尾根~九千部岳~九州自然歩道~田代原トレイルセンターを周回する
a0206345_20507100.jpg

8:00 それぞれ準備運動を済ませ装備を整え出発
a0206345_211452.jpg

8:30~8:34 仁田峠に到着 妙見岳を見上げると白っぽく見えるのは霧氷かな?
a0206345_21162844.jpg

8:36 妙見岳登山口 さあ登るぞ~!と気合だけは・・・
a0206345_21172442.jpg

9:00~9:15 妙見岳ロープウェイ駅 うっすらと霧氷がついている 
a0206345_2120324.jpg

妙見岳の霧氷 
a0206345_2123269.jpg

青空に映える霧氷が美しい
a0206345_21235122.jpg

妙見神社と霧氷
a0206345_21241145.jpg

純白の花が咲いたようだ まさに花ぼうろ
a0206345_21244741.jpg

ん~!きれかバイ!霧氷のかけらがダイヤモンドダストのように舞うのも幻想的
a0206345_21253270.jpg

a0206345_2127409.jpg

妙見岳山頂から国見岳へ向かう尾根を望む
a0206345_21281236.jpg

a0206345_21284749.jpg

9:22 霧氷越しに普賢岳と平成新山を望む
a0206345_21311977.jpg

9:34 霧氷越しに国見岳を望む
a0206345_21343260.jpg

9:37 国見岳分岐 安全を考えアイゼンを装着
a0206345_2136379.jpg

9:49 他の登山者と共に国見岳の急斜面を登る
a0206345_21381495.jpg

9:54 大きな霜柱
a0206345_21412224.jpg

9:55~10:00 国見岳山頂 冷たい強風で長くは居られない
a0206345_2143030.jpg

霧氷越しに普賢岳と平成新山を望む
a0206345_21435542.jpg

日差しはあるが気温低すぎで顔が痛い
a0206345_2146423.jpg

10:20 紅葉茶屋まで降ってきた ここから普賢岳への登りが始まる
a0206345_215048.jpg

10:42~11:04 普賢岳山頂 寒さなど物ともしない 山の大馬鹿者4名 
a0206345_21534759.jpg

しかし冷たい強風で顔が痛い 温度計は氷点下6度を指していた
a0206345_21544312.jpg

普賢岳の物凄い花ぼうろ、って言うか霧氷!
a0206345_21553514.jpg

a0206345_2156648.jpg

a0206345_21564439.jpg

a0206345_21573078.jpg

荒々しく成長した花ぼうろ
a0206345_21575927.jpg

a0206345_2213825.jpg

11:20 紅葉茶屋まで降ってきた 団体さんがアイゼンを装着中
a0206345_2221740.jpg

11:38~11:58 薊谷で昼食 寒い時にはあつあつのラーメンがうまかばい!
a0206345_2243582.jpg

12:13 仁田峠より普賢岳と平成新山を望む
a0206345_2212281.jpg

12:36 池ノ原園地に到着 装備を片付け田代原に移動
a0206345_2215842.jpg

13:04 田代原トレイルセンター ザックは持たずに装備は最小限で九千部岳に向けて出発
a0206345_22155456.jpg

13:08 九千部岳登山口 数分登ったところで隊長が体調を崩し(左膝痛)でリタイア!車に戻り留守番することになった
a0206345_22182758.jpg

13:27 山頂まで1000m まだまだやねえ~
a0206345_22221362.jpg

13:41 山頂まで500m もう少しだ~頑張れ~!
a0206345_22231381.jpg

13:53 肩の部分に登りあがって岩稜帯を抜けていく
a0206345_2224967.jpg

14:00~14:14 九千部岳山頂 
a0206345_22272667.jpg

先ほど登った雲仙の山々
a0206345_22283378.jpg

ここからは有明海、橘湾、島原半島のかたちを見ることができる
a0206345_22303760.jpg

山頂で飲むコーヒーの美味しいこと
a0206345_22345479.jpg

14:27 九州自然歩道に突き当たり鳥居をくぐり左に折れ田代原へと降る
a0206345_22384661.jpg

14:53 柵に突き当たり左に折れ出発点の田代原トレイルセンターへ向かう
a0206345_2242794.jpg

14:57 よく整備された木道を歩く
a0206345_22431277.jpg

15:11 田代原トレイルセンターに無事到着
a0206345_22443752.jpg

この後、古湯の湯の里温泉で一日の汗と疲れを流し、その後千々石に降り六兵衛を食べて帰途につきました
a0206345_2251741.jpg


今回は素晴らしい霧氷を見ることができ、何も言うことはない。大満足の山登りだった!

歩行距離 13キロ  行動時間 7時間11分 歩行時間 5時間23分
by ichibunn-go | 2012-01-29 23:17 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(5)

雲仙山系大縦走 吾妻岳~九千部岳~妙見岳~国見岳~普賢岳~野岳~矢岳~高岩山~絹笠山

12月4日(日) 以前から考えていた雲仙大縦走。雲仙周辺の山で一般的に登山されている九座を一日で踏破できないものか?
最北端の吾妻岳から最南端の高岩山まで直線距離で9.2キロ。全行程27キロ以上。山頂は一本の縦走路上にあるのではなく、木の枝葉のごとく点在する。問題は山と山をどうつないでいくかだ。
 当初、絹笠山から入山して高岩山~矢岳~野岳~普賢岳~国見岳~妙見岳~九千部岳~吾妻岳の順番に考えていた。しかし、それでは高い所から低い所へ降っていくイメージがあるので自分的に納得できない。あえてキツイ逆コースで挑むことにする。後半は雲仙の街周辺の山を回るのでエスケープもしやすく、安全が確保できるうえに水の補給もしやすい。以上の理由から田代原を出発点とし、吾妻岳から南下することに決めた。

ルートは田代原から吾妻岳まで往復し、装備を整え九千部岳~妙見岳~国見岳~普賢岳~野岳~矢岳~高岩山~絹笠山とつなぎ、ゴールは原生沼とする。スタート地点とゴール地点の送り迎えはカミさんが担当。
a0206345_22324791.jpg

6:47 準備運動をすませ薄暗い中、ウエストバックだけで田代原トレイルセンター前を吾妻岳にむけて出発
a0206345_20432586.jpg
 
7:10 一座目の吾妻岳山頂 小学5年生の遠足以来42年ぶりだ。
a0206345_2046043.jpg

7:13 下山途中、ご来光を見る。今日はいい一日になりそうだ
a0206345_20485114.jpg

7:29~7:41 田代原に引き返し装備を整え後方の九千部岳へ向けて出発 竹のストックがいいねぇ
a0206345_2055273.jpg

7:44 九千部岳北西尾根登山口 ここからが本番だ
a0206345_205649100.jpg

8:00 山頂まで1000mの道標 8時を知らせる音楽が聞こえてきた
a0206345_20595321.jpg

8:13 山頂まで500mの道標 結構力づけられる
a0206345_2124544.jpg

8:20 肩の部分は大きな岩を巻いたり乗り越えたりすり抜けたり結構面白い
a0206345_2144956.jpg

8:29~8:32 二座目の九千部岳山頂に到着
a0206345_2181618.jpg

8:42 鳥居の向こうは九州自然歩道 左に行けば田代原、右を取って第二吹越に向かうが右膝にわずかな痛みが・・・
a0206345_21123625.jpg

9:00 あまり出合いたくないが車道出合い ここからしばらく車道歩き 竹ストックの音がコツコツと心地よい
a0206345_21141068.jpg

9:07 第二吹越 ここからが今日の最難関  トンネルの右側から妙見尾根へ標高差450mの直登 
a0206345_21182017.jpg

9:23 振り返って九千部岳を見る ほぼ同じ高さのようだ 後方は多良山系
a0206345_21205710.jpg

9:40 尾根に登り上がる まず右を取って妙見岳へ
a0206345_21234036.jpg

9:45 妙見神社 右側から妙見岳山頂へ
a0206345_21254058.jpg

9:47 三座目の妙見岳山頂 正面は国見岳 
a0206345_21264440.jpg

9:56 来た道を引き返し国見岳分岐
a0206345_21284940.jpg

10:02 四座目の国見岳山頂 登ってくる途中ご夫婦が岩壁に難儀されていた
a0206345_21305038.jpg

10:11 山頂から引き返し振り返って見ると先ほどすれ違った2人の登山者が取り付いていた
a0206345_21325646.jpg

10:16 紅葉茶屋を通過 ここから普賢岳の登りだ
a0206345_2134483.jpg

10:30~10:40 五座目の普賢岳山頂 各ポイントで現在位置をカミさんにメールで連絡
a0206345_21355625.jpg

後方は妙見岳
a0206345_21372687.jpg

10:58 紅葉茶屋まで引き返し薊谷を通過
a0206345_2137146.jpg

11:09 ロープウェイ駅を通過し仁田峠駐車場を横切り野岳へ向かう
a0206345_21395959.jpg

11:19 石畳と土の遊歩道を歩いて来て野岳入り口
a0206345_21422950.jpg

11:22 六座目の野岳山頂 ちょう狭いです ここから仁田峠まで引き返す
a0206345_23291237.jpg

11:25~1140 野岳休憩所 基本的に歩きながらの行動食のみだが、時間的に余裕ができたのでここで軽く昼食を摂った
a0206345_21445428.jpg

11:47 野岳尾根展望所 左から高岩山、矢岳、絹笠山を望む まだまだかなりあるねぇ ゴルフ場の向こうから矢岳に登るんだよ
a0206345_21473474.jpg

12:01 池の原園地よりピラミダルな矢岳
a0206345_21553696.jpg

12:14 池の原の石畳の遊歩道から国道を2~3分歩いて矢岳登山口
a0206345_21581112.jpg

12:38 七座目の矢岳山頂 ここにきて右膝の痛みが増してきたようだ。でも残りは二座ゆっくりでも頑張るしかない
a0206345_2213899.jpg

12:56 宝原側の矢岳登山口
a0206345_2234718.jpg

13:07 宝原園地を南下して高岩山参道登山口  
a0206345_2251859.jpg

13:25~13:28 八座目の高岩山山頂 下山してきたグループの女性からCW-Xがかっこいいと言われ。ポリポリ。自分も欲しいけど高くて買えないと嘆いておられた
a0206345_22841100.jpg

みそ五郎どんもあいかわらずだね
a0206345_22134397.jpg

有明海を挟んで天草を望む 今回は塔ノ坂方面へは降らず距離の近い宝原園地に引き返す
a0206345_22151060.jpg

13:40~13:55 宝原園地 先ほど出会った方々と再び遭遇 口之津中学校の同窓生の方々で月に一回ほど集まり山に登られているそうです。中央の髭の仙人のごとき方が恩師の方で、みなさん仲良しでうらやましいかぎりです。みなさんのおかげで膝の痛みはすっかり消えてしまいました。
なお、CW-Xはネットショッピングでかなり安く購入できますよ。
a0206345_2219568.jpg

14:20 宝原園地から2キロ以上を歩いて原生沼
a0206345_22283055.jpg

14:24 いつも白雲の池から登っているので今回は原生沼登山口から往復することにした
a0206345_223141100.jpg

14:44~14:48 最後!九座目の絹笠山山頂
a0206345_22333195.jpg

そこにいたのは有家から来た少女達。姉妹でサッカーをやっているそうです。目指せ『なでしこJAPAN!』
おかあさんと弟さんもあとから登ってこられました。
a0206345_22464731.jpg

彼女らに撮ってもらいました
a0206345_22475436.jpg

15:07 雲仙九座を踏破し、原生沼まで引き返して無事生還
a0206345_22521010.jpg

この後、古湯の『湯の里温泉共同浴場』にはいりました。源泉掛け流し、大人100円とリーズナブル
a0206345_225345.jpg

夕食は子供の頃から大好きだった、ここにこなければ食べられない『六兵衛』久しぶりでうまかった~
a0206345_22573732.jpg


今回は、ストックを忘れてしまうという大失敗!急遽竹でこさえての挑戦でしたが、使ってみるとグリップ部分が少々滑る以外は軽量でなかなかの使いごこち!手放せない一品になった。
また、いろんな出会いがあり、それもまた登山の楽しみの一つ。
日頃のトレーニングの成果も感じることができて大満足の一日だった。

歩行距離 28km  累積標高 2500m  行動時間 8時間20分  歩行時間 7時間18分

ハイドレーションシステムの導入によりこれだけの距離、時間の歩行にもかかわらず、今回持っていった水は1リットル、季節的なものもあるかもしれないが消費した水は僅かに500cc!ペットボトルからの給水では絶対あり得ないと思う。
近いうちにハイドレーションシステムのレポートもやりたいと思います。
by ichibunn-go | 2011-12-04 23:40 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(7)

雲仙山系単独縦走(妙見岳 国見岳 普賢岳 野岳 矢岳 高岩山 絹笠山)

9月10日 急に実家の方に用事ができ、一ヶ月ほど前から考えていた計画を実行するチャンスが思いがけずおとずれた。2月の妙見岳(1333m)国見岳(1347m)普賢岳(1360m)野岳(1142m)の歩行4時間の縦走。先月の矢岳(971m)高岩山(881m)絹笠山(870m)の歩行5時間の縦走。それぞれを別々に回ったのでは何となく物足りなさを感じていた。そこで思いついたのが両方を一日で回る事。台風も通り過ぎ天気はまあまあだが蒸し暑いようだ。
ルートは池ノ原の妙見駐車場を基点に妙見岳、国見岳、普賢岳、野岳を回り、池ノ原で飲料水と行動食を補給、その後、矢岳、高岩山、絹笠山を回る計画で距離は約24キロ、行動時間10~11時間、歩行時間9~10時間の予定だ。
a0206345_12202031.jpg


8:20 夜明けとともにスタートしたかったが、急な思いつきだったために遅くなってしまった。スピードをあげて行けるところまで行こう
a0206345_1740464.jpg

8:42 仁田峠駐車場 時間が早いので駐車車両はロープウェイ関係者のようだ
a0206345_17451233.jpg

9:08 妙見駅に到着 見晴らしもまあまあ天草方面もよく見える
a0206345_17475385.jpg

9:14 妙見神社 冬期とはまったく違う雰囲気
a0206345_17525173.jpg

9:17 妙見神社の右側から3分ほどで錆た方位板がある妙見岳山頂
a0206345_17515956.jpg

9:30 神社まで戻り左側から尾根を進んで国見岳分岐
a0206345_17555963.jpg

眼前にそびえる緑豊かな国見岳
a0206345_20354825.jpg

9:38~9:41 標高差50mを一気に登って国見岳山頂
a0206345_1801117.jpg

気温は18度 風も強く汗をかいた体には寒いぐらい しかし涼しいのは野岳までだった
a0206345_1805417.jpg

紅葉茶屋手前の今も封鎖されている鬼人谷入り口、噴火前は風穴、鳩穴、普賢池、霧氷沢をへて普賢岳に至る事ができたが、今は紅葉茶屋から往復するしかない
a0206345_1891710.jpg

9:55 標高差100mを一気に降って紅葉茶屋
a0206345_184237.jpg

10:16~10:18 普賢岳山頂 標高差150m以上を一気に登りあがる 本日3座目のピークハントだ
a0206345_1910973.jpg

11:00 薊谷をへて仁田峠駐車場 観光客の車も増えてきたようだ 写真の右端が野岳登山口
a0206345_19122649.jpg

11:14 人一人がやっとの狭い野岳山頂のかわいい山頂標識
a0206345_19162199.jpg

野岳からの展望 先ほど登った妙見岳と普賢岳 後方は平成新山
a0206345_1917311.jpg

11:15~11:30 野岳休息所 時間的に余裕が出てきたのでここで昼食
a0206345_19201781.jpg

11:53~12:03 仁田峠に戻り再び池ノ原妙見駐車場 日当たりを考え車の位置を入れ替え、飲料水と行動食を補給して、矢岳に向けて出発 
a0206345_19232125.jpg

雲仙ゴルフ場を挟んで石畳の遊歩道から美しい山容の矢岳を望む
a0206345_1932464.jpg

12:18 遊歩道から車道を3分歩いて矢岳登山口
a0206345_19352066.jpg

12:43~12:45 ゆるやかだと思っていた登山道がやけにきつく蒸し暑い やっとの思いで矢岳山頂
a0206345_19401038.jpg

この景色が見たかった ゴルフ場と左側の車道の間が池ノ原
a0206345_19413937.jpg

12:51 940mの矢岳三角点
a0206345_19435617.jpg

13:11 車道を挟んで宝原ツツジ園入り口
a0206345_1947378.jpg

13:47~13:57 高岩山山頂
a0206345_19495356.jpg

左に矢岳 中央に妙見岳、普賢岳、野岳、平成新山が見える
a0206345_1954381.jpg

麓の南島原、有明海を挟んで天草も見える 中央付近の島は湯島 その昔、天草四郎率いる一揆軍がこの島で話し合いをしたことから別名『談合島』と呼ばれている
a0206345_19561553.jpg

みそ五郎どんも相変わらずだ
a0206345_19551713.jpg

今日は塔の坂の方へ降ってみよう
a0206345_19585927.jpg

14:14 林道高岩線 右をとって白雲ノ池まで約1時間の車道歩き
a0206345_203109.jpg

14:47 小地獄温泉 自動販売機でアクエリアスを1リットル補給
a0206345_2044780.jpg

15:10 鏡のような白雲ノ池
a0206345_207121.jpg

15:32~15:50 絹笠山山頂 運がよければサンセットが見れると思ったが予定よりかなり早く着いてしまった
a0206345_20102392.jpg

東側には雲仙の温泉街 その向こうに左から国見岳、妙見岳、平成新山、野岳、矢岳が見える 今日登った七座の中では標高は一番低いが、展望は一番だ!
a0206345_2011036.jpg

西側には橘湾から長崎半島 この方向に美しい夕日が沈むらしい サンセットヒルの由来だ
a0206345_20185553.jpg

16:15 雲仙の町並み
a0206345_20211219.jpg

16:27 もう少しで池ノ原 この遊歩道が最後のビクトリーロードだ!
a0206345_20235863.jpg

16:45 ゴールの池ノ原 妙見駐車場 出迎える人は誰もいない静かなゴールイン
a0206345_20274968.jpg


今回の目的はピークハント。一日で雲仙七座を制覇することができ自分の可能性も確かめることができた。予定よりも2時間早く回ることができた事も満足のいくものだ。これで黒髪山系往復縦走が見えてきた!

歩行距離 25キロ  行動時間 8時間25分  歩行時間 7時間20分

雲仙山系の最終目標は、普賢岳、国見岳、妙見岳と、野岳、矢岳、高岩山、絹笠山、九千部岳の三峰五岳の八座を一日で単独縦走する事だ!余裕があれば吾妻岳まで登りたい!
by ichibunn-go | 2011-09-11 21:11 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)

矢岳 高岩山 絹笠山 雲仙地獄単独縦走

8月14日 13日と14日の2日間墓参りのため島原に帰省した。14日は天気が崩れそうという予報だったので13日に墓参りなど全ての用事を済ませておいたが、案の定、風雨の音で目が覚めてしまった。今日は山は無理かな・・・とりあえず準備をして雲仙に行ってみるか。
池の原の矢岳駐車場で雨が止むのを待ち、その間に準備運動も済ませ、雨がやんだら矢岳登山口に移動しよう。
今年40回目となる記念登山のルートは、雲仙ゴルフ場前の登山口から矢岳(971m)に登り、宝原園地をへて高岩山(882m)を往復し、小地獄方面へ回って一切経の滝へ下り、白雲の池から絹笠山(879m)へ登り、原生沼、地獄を巡って出発点に戻る。雲仙の町を取り囲む三座を巡り雲仙観光まで楽しむ豪華絢爛の超欲張りルートだが、雨が心配だ。
a0206345_12362726.jpg


7:50 雲仙の山々はすっぽり雲の中だ
a0206345_924660.jpg

8:47 矢岳駐車場で20分ほど雨が止むのを待ち国道沿いの矢岳登山口へ移動し出発 池ノ原から見える矢岳は美しいピラミッドのような形のはずだが?
a0206345_993952.jpg

山頂までよく整備された緩やかな登山道がつづく
a0206345_9123517.jpg

傘をさしても充分登れる登山道
a0206345_1543721.jpg

9:15~9:20 矢岳山頂 なんにも見えません 
a0206345_9145196.jpg

晴れていれば雲仙の山々を一望する事ができただろうな
a0206345_9162114.jpg

9:30 宝原へ降る途中の急坂 ここだけが難所
a0206345_9184749.jpg

9:47 車道へ出て向こう側が宝原園地入り口
a0206345_9215178.jpg

ここのミヤマキリシマも5月頃にはいいですよ
a0206345_1627367.jpg

10:00 広大な園地の中を歩いて行くと 伝説の大男 みそ五郎の足跡岩 60cmぐらいありそうだ 興味のある方は(みそ五郎)を検索してみてください
a0206345_15452246.jpg

10:04 高岩山山頂まで40分の標識 そがんかかるやろうか?
a0206345_9303171.jpg

10:08 高岩神社参道入り口 雨がポツポツ 傘ばささんばかな
a0206345_9321773.jpg

整備された登山道はまともに歩けば逆にきついです
a0206345_1922387.jpg

10:28~10:37 高岩山山頂 25分ぐらいで着いちゃった
a0206345_9335189.jpg

山頂の先に塔ノ坂への分岐 降ってみたいが今日の天気を考えると来た道を戻るべきかな?
a0206345_18423529.jpg

分岐の奥にみそ五郎のお手玉石 雲仙はその昔外国人の避暑地になっていたため、山頂に岩の多い高岩山は別名ロックヒルと呼ばれている
a0206345_18425767.jpg

さらにその奥に高岩神社
a0206345_937155.jpg

神社の横にあるみそ五郎像 南島原の西有家ではみそ五郎祭りも行われている みそ五郎の座っている所が高岩山らしい? 高岩山に座って有明海で顔を洗ったといわれるみそ五郎の身長は 推定2500m以上???
a0206345_939166.jpg

10:58~11:20 宝原園地に下山 ここで昼食
a0206345_9414345.jpg

超豪華?な昼食
a0206345_9435593.jpg

今日のスタイル このあともほとんど傘さし山行でした
a0206345_945046.jpg

11:46 小地獄方面に歩いて行くと一切経入り口
a0206345_9474565.jpg

沢の水が白い 多分小地獄温泉から流れている温泉水なんだな
a0206345_1662686.jpg

11:59 狭い参道を700m下って一切経の滝 滝の水も白い
a0206345_952717.jpg

札ノ原へ登って行くと智恩洞?の標識 この際だから行ってみるか
a0206345_9574863.jpg

途中にあった岩のトンネル
a0206345_9592583.jpg

11:14 トンネルを抜けたら普通の家っぽい智恩洞 
a0206345_15341960.jpg

振り返って見るとトンネルの上はすごい岩だ!
a0206345_15381487.jpg

12:21 来た道を戻り札ノ原の方へ上り詰めて行くと民家の裏側に出た このあと地元の方と本日一度限りの会話をした
a0206345_10124771.jpg

12:40 国道に出て雲仙市街に向かい途中から左に折れ登って行くと白雲の池 ここにはキャンプ場やバンガローがあり、小5の時林間学校でキャンプした思い出がある。その最後に絹笠山に登った 40年ぶりだ
a0206345_10161934.jpg

霧に霞んで神秘的な白雲の池 なんか出てきそう
a0206345_15484910.jpg

池の向かい側にある絹笠山登山口
a0206345_10231227.jpg

40年ぶりに歩く登山道 
a0206345_16492043.jpg

13:02~13:13 緩やかな登山道を登って展望台のある絹笠山山頂 高岩山と同じように夕日の美しい絹笠山は別名サンセットヒルと呼ばれている
a0206345_10242645.jpg

霧でな~んにも見えません
a0206345_10414058.jpg

晴れていればこの景色 残念!
a0206345_10322725.jpg

13:40 雨が降ってきたので傘をさして下山 町のはずれにある原生沼
a0206345_1029436.jpg

ここを巡れば永々たる自然の営みを感じる事ができる かも?
a0206345_1173159.jpg

13:57 温泉街に入って地獄の方へ歩いて行くと足湯だ!気持ちよさそう
a0206345_10345263.jpg

そこからすぐの所に地獄入り口
a0206345_1036228.jpg

遊歩道脇の湯溜まり 手を入れたらちょうどよい湯加減でした
a0206345_1540348.jpg

14:03 邪見地獄
a0206345_10434212.jpg

心当たりのある人がいるのでは?
a0206345_11274420.jpg

14:05 大叫喚地獄 ゴォーゴォーとものすごい音をたてて蒸気が噴出していた
a0206345_10475232.jpg

14:07 矢岳方面への分岐 またまた階段か!
a0206345_1049195.jpg

蒸気に見え隠れするホテル街
a0206345_1050483.jpg

14:24 出発点に到着 雨に降られたが楽しくも長い一人旅も終わり、ちょっと物足りない感じ
a0206345_10525136.jpg



雲仙の山といえば普賢岳周辺の山に目がいくが、今日登った三座は割と楽に登れて晴れていれば眺望は最高のようだ。天気のいい日にルートを見直しもう一度チャレンジしてみたい   

歩行距離 15キロ  行動時間 5時間30分  歩行時間 4時間40分
by ichibunn-go | 2011-08-15 11:34 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(6)

岩屋山

6月4日 今日と明日、長崎県高校総体が行われる。娘が水泳に出場するので競技が行われる長崎へ応援に出かけた。今日は50mのフリーで、自己ベストではあったがぜんぜん惜しくも無く見事に予選敗退!それを見越して(薄情な親たちは)山登りの準備をしておいたので、長崎ではポピュラーな岩屋山に登る事にした。


途中の弁当屋さんから見上げる岩屋山
a0206345_2014513.jpg

岩屋神社の駐車場に駐車しそこで弁当を食べる事にた。
a0206345_2011246.jpg

岩屋山登山口 駐車場以外の所にも沢山の車やバイクが駐車してありました。人気が高い山なんですね
a0206345_21283255.jpg

鳥居をくぐり階段を登った奥から山に入る
a0206345_21341160.jpg

途中にある岩屋山稲荷神社
a0206345_21393036.jpg

八坂神社 いろんな神様がおられます
a0206345_214033100.jpg

いよいよ本格的な登山が始まって谷コースを登る
a0206345_213784.jpg

岩屋山というだけあって岩が多い
a0206345_21471555.jpg

急坂を必死に登る
a0206345_215053100.jpg

山頂間近のロープ場
a0206345_21522769.jpg

50分かかって広い山頂へ
a0206345_21533954.jpg

岩屋山山頂
a0206345_21552742.jpg

ブルーで決めた元山ガール
a0206345_2264791.jpg

写真中央付近に水泳が行われているプールがある
a0206345_21591367.jpg

電波塔があるのが稲佐山 奥は八郎岳あたりかな?
a0206345_2223064.jpg

石塔の向こうにグリーンウォークでおなじみの浜口兄弟の兄さんがおられましたが、友人らしき人とお話中だったので声をかける事は遠慮しました(わずかに足が見える)
a0206345_22113112.jpg

山頂で30分ほど休んで九州自然歩道をくだる かなり急坂
a0206345_22201355.jpg

10分ほどくだって尾根コース分岐
a0206345_22215849.jpg

分岐から先はゆるやかな自然林の
a0206345_22223644.jpg

大木もあります
a0206345_22241747.jpg

合流点 登る時は右から左に行った
a0206345_22253649.jpg

35分で岩屋山登山口
a0206345_2227962.jpg


明日も100mフリーがあるので応援に行きます 一応、がまだせー!
by ichibunn-go | 2011-06-04 22:50 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(1)

田代原から九千部岳

2月19日 今を去ること四十数年前、母校の現:雲仙市立多比良小学校の遠足は四年生になると上級生と共に田代原を目指した。片道12キロ、家からだと13.5キロ、実に往復27キロ!1人の脱落者も出さずに完歩したものだ。昨今の小学校の遠足では到底考えられない。その当時、いつかは登ってみたいと思っていたのが眼前にそびえる九千部岳だ。
先週に引き続き実家の方に用事ができたので日帰りでやってきた。早々に用事をすませ急いで田代原に向かったが、すでに12時を回っていた。
今回で4回目となるが、田代原トレイルセンターを基点に初めて登る北西尾根から山頂を目指し、九州自然歩道を下り田代原を縦断してスタート地点に戻る周回ルートで、与えられた時間はアプローチを含めて3時間しかない。いそガンバらんば!
a0206345_18331797.jpg

12:16 田代原トレイルセンター駐車場
a0206345_20525479.jpg

12:19 車道を3分ほど千々石方面に歩くと西尾根登山口
a0206345_20564628.jpg

12:33 途中の岩場から田代原を眺める 後ろは吾妻岳
a0206345_2184363.jpg

わかりにくいが左側が千々石湾 右側の鉢巻山の向こうが有明海
a0206345_2111416.jpg

12:40 山頂まで1,000mの標柱 かなり険しくなってきた
a0206345_21132338.jpg

12:59 そこから20分ほど登ると500mの標柱 このあたりで下山してくる登山者から山頂付近に積雪有りの情報を得るが、アイゼンは必要なさそうだ
a0206345_21144774.jpg

13:13 さらに15分ほど登ると山頂が見えてきた 誰かいるようだ
a0206345_21201545.jpg

13:21~14:05 そこから10分たらずで山頂 先着のご夫婦と長話をしてしまった!急いで下山せねば
a0206345_2128349.jpg

とんがっているのが平成新山、その右が先週登った国見岳、普賢岳はその向こうで見えない、尾根づたいに妙見岳、右奥が野岳
a0206345_21293524.jpg

14:12 ここから猪走り炸裂!鳥居のむこう側から下りてきた
a0206345_21365362.jpg

鳥居の向かい側にある案内板 右に行けば第2吹越から妙見尾根に至る
a0206345_21395152.jpg

14:40 山頂から走りに走って35分でスタート地点に到着 
a0206345_21404461.jpg


下山後急いで装備をかたずけ、車を飛ばして何とか時間内に実家に帰りついた
思い出に浸る時間も無かったが、今度は吾妻岳も含めてゆっくり登りたいものだ
 
歩行距離 5キロ  行動時間 2時間24分  歩行時間 1時間40分                        
by ichibunn-go | 2011-02-19 22:34 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(1)

妙見岳 国見岳 普賢岳 野岳 冬の雲仙四座単独縦走

2月13日 南島原の伯母の所に行く用事ができたので、前日から出発し用事を済ませ
一晩泊めてもらう雲仙縦走の計画を立てた。久しぶりの雲仙だが今年は寒さが厳しく
霧氷も素晴らしいだろう

8:53 当日は冷え込みが厳しく仁田循環道路も凍結のため終日通行止めだったが、
予定通り池ノ原の野岳駐車場から出発することにした ガスも出ており期待できそう
a0206345_1647589.jpg

9:26 早々にアイゼンを装着し何組かの登山者を追い越しながら仁田峠に到着 一般客のいない静かな仁田峠駐車場 吹きさらしのため積雪はない
a0206345_1650286.jpg

9:30 妙見岳への取り付き 一番乗りかと思ったが先行者がいるようだ
a0206345_16514894.jpg

10:05 雪に閉ざされ静かな妙見神社 左側が縦走路
a0206345_16524876.jpg

妙見尾根の霧氷 このあたりが一番綺麗だった
a0206345_16535668.jpg

10:10 尾根から国見岳を望む 岩場登りが厳しそうだ
a0206345_16555685.jpg

10:20 国見岳分岐 国見岳側は先行者無し 手前が国見岳方面
a0206345_16571123.jpg

10:29 一番乗りで国見岳山頂 むこうは平成新山
a0206345_16584217.jpg

平成新山と普賢岳
a0206345_1659157.jpg

10:53 分岐まで戻り紅葉茶屋まで一気に急降下 むこうは妙見岳
ここからは降りてきた以上の登り返し
a0206345_1725928.jpg

11:15~11:45  ガスに霞む平成新山 ここで昼食
a0206345_1753219.jpg

同じ佐世保からきたグループ 赤いジャケットの山ガールのバースデーパーティーが始まった しかもサプライズだそうです おめでとう    むこうは国見岳
a0206345_1785940.jpg

12:12 登ってきた道を紅葉茶屋まで下り あざみ谷へ 元の普賢神社方面は通行止め
a0206345_17124226.jpg

雲の切れ間から見える天草
a0206345_17134721.jpg

12:30 仁田峠まで戻り反対側の野岳まで足をのばしてみる 左側の山
a0206345_17155659.jpg

13:00 野岳山頂をへて展望岩から野岳を見るが妙見岳はガスの中 左奥は九千部岳
a0206345_17185616.jpg

13:45 単独行ではあったが充分楽しめた 無事池ノ原に到着 後ろは野岳
a0206345_1721161.jpg


妙見岳、国見岳、普賢岳、野岳と縦走したが時間に制約があったため
急ぎ足になってしまった。しかし霧氷と雪山を充分堪能でき満足だった                                                 歩行時間4時間00分

平成新山の下には普賢神社、普賢池、大好きだった鳩穴が埋もれている
そして、忘れもしない平成3年6月3日 もうすぐ、あの大火砕流から20年。犠牲になられた43名の方々のご冥福をお祈りします
by ichibunn-go | 2011-02-13 18:22 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31