イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳( 44 )

雲仙霧氷初登山 国見岳~妙見岳の霧氷と青空

2013年1月2日(水) 今年の初登山はカミさんの実家からスタートする。
起床して二階の窓から雲仙の山を見て見ると雲一つ無い青空。その中に聳える真っ白に染まった平成新山。こりゃ新年から縁起がいいや!初登山から青空に映える霧氷に出会えるなんて!

青空の下 霧氷のトンネルを歩く
a0206345_8334328.jpg

ルートは第二吹き越~吹き越し別れ~国見別れ~国見岳~国見別れ~妙見神社~ロープウェイ駅~吹き越し別れ~第二吹き越へ戻る。時間に制約があるためT字型往復縦走のショートコースとする
a0206345_885972.jpg

8:48 麓から見上げる平成新山は真っ白に染まっている
a0206345_895949.jpg

9:40 第二吹き越登山口 思ったよりも気温が高い 昨年の12月9日にはこのあたりでも霧氷が付いていたのだが・・・
a0206345_8123889.jpg

9:49 雪の上に残る動物の足跡はよく見かけるが、鳥の足跡は初めて見た!カミさんの足跡と比べてもかなり大きい鳥のようだ。その足跡は標高差で100mほど続いていた 鳥と動物(たぬき?)と人間の足跡3種揃い踏み
a0206345_8215535.jpg

10:29 振り返れば霧氷の上に九千部岳が浮かぶ
a0206345_8234375.jpg

10:36 日に照らされた霧氷が美しい
a0206345_826553.jpg

10:41 吹き越し別れ 左を取って国見別れへ向かう ここからが霧氷の本番だ
a0206345_829668.jpg

10:42 これから登る国見岳 
a0206345_8315651.jpg

ほぼ同じ場所から平成新山を望む
a0206345_8354296.jpg

10:51 青空に純白の霧氷が映える
a0206345_83719100.jpg

a0206345_8394271.jpg

10:54 国見分れ 昨年12月9日は強風と低温のため登頂を断念したが今日は穏やかだ
a0206345_84374.jpg

10:57 国見岳に登るにつれ言葉は要らない美しさが広がる
a0206345_846537.jpg

10:58 国見岳の急斜面
a0206345_8481561.jpg

国見岳の急斜面と普賢岳
a0206345_8492633.jpg

10:59 妙見岳と霧氷に染まる妙見尾根西側斜面
a0206345_851546.jpg

11:02 更に高度を上げた地点から
a0206345_922311.jpg

11:04 白い中でカミさんのウェアーはよく目立つ
a0206345_858491.jpg

11:06~11:17 国見岳山頂 日差しがあり気温が高いため雪も霧氷も溶け始めている
a0206345_962381.jpg

a0206345_9102448.jpg

a0206345_911560.jpg

国見岳から平成新山を望む
a0206345_825512.jpg
11:21 橘湾の方から徐々に雲が湧き上がって来るのが見える
a0206345_9134938.jpg

11:25 とうとう妙見岳に雲がかかってきた 平成新山、普賢岳もアッ!という間に雲に隠れて見えなくなった
a0206345_916023.jpg

11:27 しかし雲がかかって気温が下がり風が出れば霧氷が成長する可能性があるのでそこに期待!
a0206345_917460.jpg

11:30 国見別れ あたりはガスで真っ白
a0206345_9193523.jpg

11:38 妙見尾根の霧氷は健在だ
a0206345_9212337.jpg

11:43 ガスは濃くなり粉雪が舞い出す
a0206345_9235420.jpg

11:45 妙見神社 初詣を済ませてロープウェイ駅に向かう
a0206345_9254392.jpg

11:50~12:30 ロープウェイ駅上
a0206345_928252.jpg

四阿で昼食とした
a0206345_9291781.jpg

ロープウェイは休業のようだ
a0206345_930824.jpg

出発する頃には更にガスは濃くなった
a0206345_9312126.jpg

12:35 妙見岳山頂 もう景色は見えません 
a0206345_933655.jpg

12:42 もやった中の霧氷もまた美しい
a0206345_9345436.jpg

12:47 吹き越し別れ 降りは結構急に感じるんだよね
a0206345_938191.jpg

13:17 鳥の足跡はここから始まっていた 奥に巣があるのかな? 
a0206345_939408.jpg

13:22 第二吹き越登山口 ほぼ予定通りの時間に到着 雪もすっかり解けてしまっている
a0206345_9412342.jpg



後半ガスに覆われたのはちょっぴり残念だったが、青空に映える霧氷を見られて大満足の初登山だった。
今日は2時頃から始まる高校サッカーを見るため時間を合わせてショートコースとした。長崎県代表の総科大附属高校を応援するためだ。数年前まで母校の国見高校がこの時期テレビを賑せていたが、率いる監督が小嶺さんとなれば話は別。国見だろうが総科大だろうが関係ない。全国制覇目指して頑張ってもらいたい

歩行距離 5km  累積標高 650m  行動時間 3時間42分  歩行時間 2時間51分
イチブン登山レベル 2   
by ichibunn-go | 2013-01-03 10:03 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)

雲仙岳の霧氷 国見岳~普賢新道~普賢岳~妙見岳縦走

12月09日(日) 待ちに待った雪山シーズン!週間天気予報とにらめっこでアユママの実家に帰省する日を今週末と決める!『雲仙お山の情報館』の霧氷情報では、今週は毎日霧氷確立は95%以上。しかも今日の天気予報は雪!と、なれば今日がベストのはず。しかし、田代原方面から予定登山口の第二吹き越まで積雪のため車が登れないのではないか?それが問題だ。当然、仁田循環道路は通行止めだろうし、池の原まで降ったのでは時間がもったいない。ここからの登山が一番早く妙見尾根に到達し素晴らしい霧氷に会えると言う寸法だ。
昨シーズンは使用する機会がなかったが、スタッドレスタイヤ、チェーンに代わるニューアイテムを装備した愛車のラパン号がどこまで頑張れるかに期待したい

妙見尾根 足跡のない新雪を踏みながら霧氷のトンネルを歩く
a0206345_1456212.jpg

今日のルートは、第二吹越登山口~吹越分れ~国見分れ~(国見岳)~鬼人谷口~西の風穴~北の風穴~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~妙見神社~妙見岳~吹越分れ~第二吹越の霧氷を腹いっぱい楽しむコース
a0206345_15315292.jpg

9:25 第二吹越登山口 『スノーカバー』の装着によりここまで難なく登って来た。車は一台もいない今日の一番乗りだ!念のためにアイゼンを装着して出発
a0206345_23233513.jpg

積雪はそれほどでもないがトンネル上でこの霧氷 今日は期待できるぞ!
a0206345_23272888.jpg

9:43 霧氷のトンネルの下、踏み後の無い登山道を登る
a0206345_23303246.jpg

9:46 雲が切れて霧氷に覆われた山肌が見えた
a0206345_23335951.jpg

9:58 美しすぎる!霧氷が!
a0206345_23353187.jpg

10:08 言葉はいらない美しさ
a0206345_23375037.jpg

10:29 予想はしていたがハイドレーションシステムのチューブがシャーベット状に!気温はマイナス5度以下だろう
a0206345_23393352.jpg

10:36 吹越分れ 尾根上は強風が吹き荒れとうとうチューブは凍結してしまった。以前の経験からマイナス10度ぐらいではないだろうか?
a0206345_2346389.jpg

10:45 手前の木は強風で霧氷が吹き飛ばされている
a0206345_2347395.jpg

10:48 国見分れ 寒すぎ
a0206345_23535099.jpg

10:51~10:56 国見岳を目前にしながらあまりの強風に登頂を断念 風速1mに付き体感温度が1度下がるならば、目を開けられないほどの強風!体感温度はマイナス15度以下たぶん・・・ 顔、二重手袋の指先が痛い
a0206345_2358662.jpg

・・・・・
a0206345_23593776.jpg

登りたい衝動に駆られるがここは我慢
a0206345_025726.jpg

10:59 稜線上に戻ると更に霧氷は濃くなる
a0206345_07945.jpg

11:04 紅葉茶屋への降り 寒いよ~
a0206345_0114287.jpg

10:10 鬼人谷口 ここは左へ
a0206345_014599.jpg

11:20~11:35 西の風穴 たぶん穴の中の方が暖いと思う
a0206345_0171967.jpg

11:52~12:11 北の風穴 比較的風が弱かったのでここで昼食とした
a0206345_0245143.jpg

氷点下で食べるラーメンは格別バイ!でも急いで食べないとすぐ冷めてしまいます
a0206345_0253339.jpg

12:25 ガスが無ければ左側に平成新山が見えるはずなのに・・・雪は強くなるばかり
a0206345_0311558.jpg

12:30 立岩の峰の前で
a0206345_0291458.jpg

12:34 大きな霧氷
a0206345_0331518.jpg

12:41~12:46 霧氷沢 あらゆる物に霧氷が付いてます さすが霧氷沢!
a0206345_0344188.jpg

霧氷沢行き止まり アッ!平成新山が見えてきた!
a0206345_0363042.jpg

12:50 普賢神社 ここまで無事に来れたことに感謝しお賽銭を上げてお参りします
a0206345_0395096.jpg

12:55~13:00 普賢岳山頂 当然誰もいません
a0206345_042534.jpg

山頂標柱にも霧氷が付いている
a0206345_043459.jpg

13:17~13:22 紅葉茶屋 アユママを見ると、白髪そんなにあったっけ?髪の毛にまで霧氷が!
a0206345_0475843.jpg

13:33 妙見尾根への登り返し かなり急です
a0206345_16292933.jpg

13:41 さすがに妙見尾根の霧氷は凄い
a0206345_05426.jpg

13:43 見て見てこの霧氷凄かよ!
a0206345_0555167.jpg

13:50 更に凄い霧氷 でも美しさは?
a0206345_057043.jpg

強風と重量に耐え切れず登山道に落ちていた巨大な霧氷 大きなものは20cmぐらいありそう
a0206345_05820100.jpg

13:57~14:02 妙見神社 数名の登山者が休んでいた
a0206345_103440.jpg

14:06 妙見岳山頂 な~んにも見えません 寒さ満点!
a0206345_121692.jpg

14:11 妙見神社の先の霧氷のトンネル
a0206345_151512.jpg

14:16 来た道を戻って第二吹越分岐 後は降るだけ~!
a0206345_110192.jpg

14:57 無事に登山口まで降ってきた あら~除雪車まで出動してたんだね
a0206345_1172145.jpg
 

こんなに美しくも凄い霧氷を見たのは初めてだ!しかもアユママはまともに霧氷を見たのも初めてとのこと。
今シーズンはまだまだ素晴らしい冬景色が見れそうだ。また、こよ~っと!

歩行距離 8.5km  累積標高 1000m  行動時間 5時間32分  歩行時間 4時間33分    

おまけ 
今回初めて『スノーカバー』を使用する機会み恵まれた?できれば使わない方がいいのだが・・・

こんな感じでネット状になってます 私の車はローダウンしてるのでジャッキアップする必要がありますが、前もってジャッキを準備しておけば左右の取り付け5分程度。ノーマル車高ならジャッキアップしなくても取り付け可能 取り付けと言ってもタイヤに被せるだけですが・・・ 
a0206345_1291629.jpg

これは外しているところですが、取り付けは逆になります 
a0206345_1305199.jpg

この程度の積雪なら滑ることも無くまったく問題ありません 何よりもチェーンに比べて静かで振動しないところがいい
a0206345_1372789.jpg

by ichibunn-go | 2012-12-10 01:51 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(7)

平成新山~普賢新道を歩く

7月22日(日) 例年なら既に梅雨も明けてるはずだが、今年はまだ明けない。
3ガクッタイ定例登山は先月に続き中止となるのか!? 天気予報によると雲仙の降水確率60%!しかし、時間あたりの降水量は僅かに1mm。これならなんとかなるかもしれない。やるっきゃない!と決行を決断し隊員に連絡した。
参加者は、福岡から隊長、副隊長夫妻、師匠、酔っテルさん、の5名と、佐世保からカネちゃん、とっとこさん、サッチーさん、イチブンの4名の総勢9名
a0206345_20291442.jpg

8:40 仁田峠駐車場を出発 この時は雨が降る気配はまだ無い
a0206345_20313968.jpg

9:00~9:03 薊谷で新しくなった案内板見る
a0206345_21174413.jpg

9:21~9:27 紅葉茶屋 そろそろテルさんも酔いがさめたかな?
a0206345_21214164.jpg
 
9:40~9:58 西の風穴 穴の中からひやひやの冷気が
a0206345_2125184.jpg

10:02~10:10 北の風穴 心配していた雨がポツポツ 
a0206345_21265932.jpg

10:12~10:21 北の展望所 雲でな~にも見えません
a0206345_21292569.jpg

10:32 平成新山が顔を出してくれた
a0206345_21324972.jpg

10:36~10:42 立岩の峰 唯一の集合写真
a0206345_21341063.jpg

どうじゃあ~のイチブン
a0206345_21351087.jpg

11:02 秩父宮登山記念碑に登る物好き3名
a0206345_21371175.jpg

その時雲のカーテンが!あっ!と言うまに平成新山を隠してしまった
a0206345_21383317.jpg

11:07~11:44 普賢岳山頂 着いた途端雨が降り出した。すぐ止むだろうと思っていたら激しくなるばかり!
a0206345_2141630.jpg

それでも昼食とした
a0206345_21444524.jpg

その時テルさんのザックカバーに雨をもろともしない虫が!黄色が好きなのか?アルコールの匂いま好きなのか?
a0206345_21473424.jpg

12:02 紅葉茶屋 本来ここから国見岳~妙見岳と縦走する予定だったが、登山道は川のようになり雨も止みそうにないので撤退することにした
a0206345_21495785.jpg

12:17 薊谷付近 登山道は沢と化し、思わず沢降りを楽しんだ
a0206345_21512286.jpg

12:33 雲の切れ間から天草が見える
a0206345_21542137.jpg

12:41 妙見岳は雲の中
a0206345_21573681.jpg


この後、雲仙地獄巡りを楽しみ、新湯温泉(100円)に入浴して解散とした
a0206345_220563.jpg


残念ながら、今年の梅雨最後の雨に祟られた定例登山だったが、次回に期待したい
by ichibunn-go | 2012-07-23 20:37 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)

平成新山~普賢新道から普賢岳~国見岳~妙見岳8の字縦走

7月8日(日) 待ちに待った青空!カミさんの実家に帰省する序でに、数週間前から今日は普賢岳に登り新道を歩くとを決めていた。正に千載一隅の願ってもないチャンス!

青空にそびえる平成新山
a0206345_21593951.jpg

ルートは仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~風穴~立岩の峰~普賢岳~紅葉茶屋~国見岳~妙見岳~仁田峠の8の字縦走
 
a0206345_2265624.jpg

仁田循環道路展望台より平成新山を望む
a0206345_2295230.jpg

有明海を挟み天草を望む 素晴らしい青空だ
a0206345_2211375.jpg

8:55 期待に胸を膨らませ?さあ出発だ! 横のワンチャンも普賢岳山頂に登って来てました
a0206345_22142323.jpg

8:58~9:00 ロープウェー駅から妙見岳を望む
a0206345_22172195.jpg

9:12 薊谷を通過
a0206345_22182229.jpg

9:28~9:30 紅葉茶屋のすぐ先から鳩穴分かれへ 道標も新しくなってます
a0206345_22195831.jpg

二十数年ぶりの鬼人谷へ
a0206345_22203670.jpg

9:37~9:40 西の風穴
a0206345_22225956.jpg

案内板の下に手をかざせば冷たい風が感じられます
a0206345_22225714.jpg

9:54 北の風穴
a0206345_22255064.jpg

a0206345_22261489.jpg

10:00~10:05 北側の展望所 遥か彼方の雲海の上に九重連山の峰々が見える
a0206345_22271057.jpg

すぐそこにも雲海が!
a0206345_2314241.jpg

10:13 新道に入り平成新山が手の届きそうなところに見えてきた
a0206345_22322964.jpg

10:22 このあたりは奇岩、奇峰がたくさんあります
a0206345_22183970.jpg

a0206345_22201564.jpg

10:24 立岩の峰にて 
a0206345_22333079.jpg

10:34 霧氷沢 ここからが一番近いかも! 噴火前はここから普賢池、普賢神社に行くことができた
a0206345_2237298.jpg

10:50~10:53 秩父宮登山記念碑
a0206345_22434881.jpg

10:56~11:23 普賢岳山頂 気温は18度
a0206345_2243448.jpg

天空ラーメン食い  後方右は国見岳
a0206345_22445236.jpg

お腹も満足したので出発だ
a0206345_22482848.jpg

11:38 紅葉茶屋 天気がいいせいかぞくぞくと登山者が登って来る
a0206345_22514397.jpg

11:51 紅葉茶屋から急な登山道を登り国見岳分岐
a0206345_2254267.jpg

11:55 国見岳への急な岩場のロッククライミング
a0206345_22569100.jpg

11:59~12:05 国見岳山頂 気温は普賢岳よりちょっと高目の20度
a0206345_22572492.jpg

a0206345_231180.jpg

12:07 岩場の上部から妙見岳を望む
a0206345_2372728.jpg

12:26~12:33 妙見神社
a0206345_2321352.jpg

12:35 妙見岳山頂 雲が出てきて国見岳、普賢岳、平成新山な~んにも見えなくなりました
a0206345_2325850.jpg

12:40 妙見岳展望台から雲仙の街を望む
a0206345_23101194.jpg
 
13:10 仁田峠に到着
a0206345_23115922.jpg


梅雨とは思えぬ素晴らしい青空 雲海 懐かしい鬼人谷 風穴 奇岩 奇峰 見所いっぱいでもっとゆっくり回ればよかった・・・ でも、イチブン夫婦共々大満足の一日でした

歩行距離 6.5km  行動時間 4時間15分  歩行時間 3時間25分
by ichibunn-go | 2012-07-08 23:34 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(4)

鳴鼓岳~烏帽子岳

6月2日(土) 今日、明日の二日間は長崎県高総体。娘も水泳に出場するのだが、昨年同様予選敗退を予期したイチブン夫婦は当然山登りの準備をして応援に出かけた。結果は予定通りの予選敗退。
登山口に向かう途中小雨模様。昼食を済ませ、途中にあったスポーツ店で買い物をしている間に雨も上がっていた。
昨年は岩屋山に登ったので今年は違う山に登ろうと思う。色々調べた結果、佐世保への帰途上にある時間的にも適当な山は、鳴鼓(なづみ)岳~烏帽子岳ということが分かった。

この案内板のコースタイムはおそらく浜口兄弟仕様か? 一般人には無理な部分がある
a0206345_230277.jpg

ルートは鳴鼓岳公園駐車場~第1展望広場~芝生公園~鳴鼓岳~烏帽子岳を往復する
a0206345_2364967.jpg

14:10 鳴鼓岳公園駐車場を出発
a0206345_2392552.jpg

14:13 いきなりの急登
a0206345_23103137.jpg

14:23 第1展望広場分岐
a0206345_23121767.jpg

14:27~14:29 第1展望広場からの展望
a0206345_2314453.jpg

後方が鳴鼓岳かな?
a0206345_23151246.jpg

14:39 芝生広場分岐
a0206345_23161976.jpg

14:42 芝生広場 展望は無し
a0206345_231705.jpg

14:49 日並分岐 ここは遊歩道側へ 
a0206345_2318289.jpg

14:51 小さな登り降りを繰り返す
a0206345_232130100.jpg

14:58~15:00 鳴鼓岳 山頂標識が無ければ通り過ぎてしまいそうな鈍頂
a0206345_23245217.jpg

a0206345_23252080.jpg

15:11 転げ落ちそうな急坂
a0206345_2326274.jpg

15:13~15:16 どこにでもある烏帽子岳山頂
a0206345_23275788.jpg

ここは元要塞?
a0206345_2329102.jpg

15:55 来た道を戻り鳴鼓岳公園駐車場に到着
a0206345_2331308.jpg

晴れ間も見え出発前よりも景色も良く見えるようになっていた
a0206345_23332761.jpg


明日も長崎に娘の応援に出かける。最後の高総体。悔いの無いように頑張ってもらいたい。

歩行距離 6.5km  行動時間 1時間45分  歩行時間 1時間37分
by ichibunn-go | 2012-06-02 23:47 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(4)

眉山 (七面山~南峰)

4月8日(日) 一昨日は三郡往復縦走(竈門神社~若杉山)に三度目の挑戦をしたが前砥石手前で、右膝、太ももの痛みでそれ以上先に行くことを断念したのだが、幸いに今日は痛みが引いているようだ。
今回はたまたま実家に行く用事があり、以前から登りたいと思っていた眉山に膝の様子見を兼ねて登ってみる事にした。
眉山は七面山、天狗山、南峰の総称で眉山というピークはない。

ネイチャーセンターより平成新山を望む
a0206345_20332055.jpg

ルートは眉山ロード登山口~七面山~南峰~眉山ロード登山口 距離は短いがかなりの急登が予想される
a0206345_1883323.jpg

崩壊した眉山東面 1792年普賢岳の噴火が引き金となって大崩壊をおこした。 特に天狗山は、約3分の1が地すべりを起こして海に落ち、地震と津波を引き起こした。 その被害は対岸の熊本県にも及び、『島原大変肥後迷惑』と言われた。 私の実家の近くにも、この時の津波被害者を葬った『千人墓』があった。
a0206345_1822310.jpg

眉山ロードより平成新山を望む
a0206345_18354616.jpg

9:51 登山口から見えるピラミダルな七面山 急傾斜が予想される 
a0206345_18431616.jpg

9:57 真っ直ぐ行けば南峰かと思ったが行き止まりだった
a0206345_18472438.jpg

10:00 気持ちのいい登山道
a0206345_2125557.jpg

10:06 丸太階段はあるが徐々に傾斜が急になり、膝への負担を考えロープを持って登ることにした
a0206345_1850566.jpg

10:16 所々に道標があるのは有難いが、本当に270m?
a0206345_18551182.jpg

10:22~10:46 傾斜が緩やかになって七面山山頂に着いた 三角点もある
a0206345_18592442.jpg

平成新山を望む 右後方は九千部岳、その右に吾妻岳
a0206345_1903578.jpg

展望はこの方向だけ
a0206345_1935536.jpg

北側に祠があった 御参りだけはしておこう
a0206345_1954955.jpg

眼下には島原市街と島原城
a0206345_1984663.jpg

更に北側の810mピークに行けないか探したところ、やせ尾根があった
a0206345_19103480.jpg

更に北側のピークから東側の崩壊地に降る道がある 少し降ってみよう
a0206345_19131873.jpg

木々の間から九十九島が見える ここから引き返したが傾斜が急で草の根を掴む両手フル動員だった もし、このルートで登降できるなら是非やってみたい
a0206345_19151923.jpg

11:01 両側にきれいに倒れた谷間の倒木
a0206345_2015172.jpg

10:08 分かりにくいが南峰はここから東へ向かう 
a0206345_20191438.jpg

11:25~11:28 南峰山頂
a0206345_20221470.jpg

九十九島は眉山が崩壊して海に流れこんだものだ
a0206345_2024836.jpg

11:42 海の見える遊歩道 行ってみよう
a0206345_20252893.jpg

11:47 海はあまり見えなかったが広場に出た 北へ行けば登山口のはずだが
a0206345_20265861.jpg

11:51 車が見えて無事戻ることができたようだ
a0206345_20281277.jpg

この後平成新山ネイチャーセンターより溶岩ドームを望む
a0206345_20324871.jpg
a0206345_20333938.jpg
a0206345_20335824.jpg


生まれ育った故郷の山。兎角雲仙の山々に目が行き勝ちだが、この眉山もなかなかの物だ。展望はそれほどでもないが島原の街を見下ろす高度感が素晴らしい。次回登る時には藪漕ぎしてでも、天狗山まで足を伸ばしてみたい。今回程度の登山では右膝に異常はみられず安心した。

歩行距離 5キロ  累積標高 550m  行動時間 1時間59分  歩行時間 1時間33分
体力レベル 2
by ichibunn-go | 2012-04-08 21:37 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback(1) | Comments(6)

雲仙 国見岳~普賢岳の霧氷

2月18日(土) カミさんが島原の両親の様子を見に行きたいと言うので、これは願ってもないチャンス!運がよければ雲仙の霧氷が見れるかもしれない。一週間ほど前から天気予報とにらめっこで雲仙の予想最低気温もマイナス6度。こりゃよかバイ!

素晴らしい・・・国見尾根の霧氷
a0206345_237509.jpg

ルートは出発時間が遅いため第二吹越~妙見尾根~国見岳~普賢岳間を往復する超ショートコース
a0206345_2244209.jpg

10:21 カミさんの実家を出発し百花台から雲仙を眺める 雲がかかっているので期待できるぞ!
a0206345_22475049.jpg

10:46 第二吹き越登山口 下山してきた単独の若者から霧氷の情報を聞き、予定通りのコースで行くことを決定し準備を済ませ出発
a0206345_2253921.jpg

11:04 標高1000mを越えたあたりから霧氷が見られるようになってきた。こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_2255952.jpg

11:14 このあたりでこれやったら尾根は凄かやろ!
a0206345_2256560.jpg

11:19 う~ん!言葉が出ない・・・
a0206345_22584943.jpg

11:26 妙見尾根分岐 来て良かった~!
a0206345_2312566.jpg

11:28 ・・・言葉がない・・・
a0206345_2332620.jpg

11:33 国見岳分岐 積雪はそれほどでもないのでアイゼン無しで行ける所まで行ってみよう
a0206345_2364495.jpg

11:42~11:52 国見岳山頂 温度計はマイナス8度を指している
a0206345_2313523.jpg

寒すぎ ニット帽の汗が凍り付いてバリバリ ここでアイゼンを装着して安全第一
a0206345_23133211.jpg

国見岳の霧氷
a0206345_2314218.jpg

a0206345_189113.jpg

a0206345_1810228.jpg

11:55 20センチ以上ある霜柱
a0206345_23201633.jpg

11:57 妙見岳は雲に隠れているが素晴らしい 
a0206345_23213920.jpg

11:58 雲の切れ間から第二吹越登山口がかすかに見える
a0206345_23253699.jpg

12:03 国見岳分岐 左を取って紅葉茶屋に降る
a0206345_1811516.jpg

12:05 雲の切れ間から南島原が見えてきた
a0206345_23313567.jpg

12:11 鬼人谷分岐 柵も新しくなり後は開通を待つばかりかな?
a0206345_23422933.jpg

12:27~12:40 紅葉茶屋をへて普賢岳山頂 ハイドレーションシステムはカチカチに凍結してまったく役に立たず たぶん気温はマイナス10度以下
a0206345_23471197.jpg
 
ここで諫早から来た二人の山ガールと出会う 第二吹越に降ったことがないという事なので帰り道でもあるし同行して案内することにした
a0206345_23494845.jpg

むひょう~って感じ
a0206345_23553031.jpg

a0206345_23582285.jpg

12:58~13:20 紅葉茶屋まで降り他の登山者もいたが空いたスペースで昼食とする
a0206345_17432174.jpg

13:25 急な登山道を妙見尾根に向けて喘ぎながら登る
a0206345_0175440.jpg

13:29 普賢岳の後ろに平成新山
a0206345_18223532.jpg

13:32 霧氷の向こうに妙見岳
a0206345_18241962.jpg

13:34 妙見岳をバックにご満悦です
a0206345_0123829.jpg

a0206345_0143166.jpg

13:39 霧氷の中を歩く
a0206345_0152785.jpg

絵になるねえ~?
a0206345_0194222.jpg

13:41 第二吹き越分岐 一気に450mを降ります
a0206345_021439.jpg

14:16 第二吹き越登山口に到着 山ガール二人は車を駐車している池ノ原まで歩きたいということなのでここで別れて、いつもの湯の里温泉に向かった
a0206345_0233490.jpg

15:25 島原へ向かう途中 雲仙の山を見上げる
a0206345_0302883.jpg


今日は素晴らしい霧氷を見ることができた。個人的には先月見た雲仙の霧氷、青空が見えていれば先週の由布岳より素晴らしいと思う。
山ガールとも出会い充実した楽しい山行となった。昨年から始めたとの事ですが安全に登山するための知識、装備の充実と、これからの成長を期待します。
またハイドレーションシステムの凍結には驚いた。マイナス5度程度までは大丈夫だったが、マイナス8度でシャーベット、それ以下では凍結するのがわかった。厳寒の山では考え物だ。

歩行距離 5キロ  行動時間 3時間55分  歩行時間 3時間07分
体力レベル 2
by ichibunn-go | 2012-02-19 00:46 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)

雲仙岳の霧氷 花ぼうろ 妙見岳~国見岳~普賢岳 九千部岳周回

1月29日(日) 今回は先週登るはずだったが、雨天のため延期になっていた3ガクッタイ定例登山の雲仙霧氷花ぼうろ登山だ。週末から気温が高目で霧氷のつき具合が心配だが果たしてどうだろうか?
高速道路の木場PAに予定時間の7時より早い6時半過ぎに集合し一路雲仙に向かう
参加者は隊長、副隊長、師匠、イチブンと少数だがいずれ劣らぬ山の大馬鹿者4名

今日のルートの前半は池ノ原妙見駐車場から仁田峠~妙見岳~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠~池ノ原妙見駐車場を周回する

後半は田代原に移動し、田代原トレイルセンターを発着点に九千部岳北西尾根~九千部岳~九州自然歩道~田代原トレイルセンターを周回する
a0206345_20507100.jpg

8:00 それぞれ準備運動を済ませ装備を整え出発
a0206345_211452.jpg

8:30~8:34 仁田峠に到着 妙見岳を見上げると白っぽく見えるのは霧氷かな?
a0206345_21162844.jpg

8:36 妙見岳登山口 さあ登るぞ~!と気合だけは・・・
a0206345_21172442.jpg

9:00~9:15 妙見岳ロープウェイ駅 うっすらと霧氷がついている 
a0206345_2120324.jpg

妙見岳の霧氷 
a0206345_2123269.jpg

青空に映える霧氷が美しい
a0206345_21235122.jpg

妙見神社と霧氷
a0206345_21241145.jpg

純白の花が咲いたようだ まさに花ぼうろ
a0206345_21244741.jpg

ん~!きれかバイ!霧氷のかけらがダイヤモンドダストのように舞うのも幻想的
a0206345_21253270.jpg

a0206345_2127409.jpg

妙見岳山頂から国見岳へ向かう尾根を望む
a0206345_21281236.jpg

a0206345_21284749.jpg

9:22 霧氷越しに普賢岳と平成新山を望む
a0206345_21311977.jpg

9:34 霧氷越しに国見岳を望む
a0206345_21343260.jpg

9:37 国見岳分岐 安全を考えアイゼンを装着
a0206345_2136379.jpg

9:49 他の登山者と共に国見岳の急斜面を登る
a0206345_21381495.jpg

9:54 大きな霜柱
a0206345_21412224.jpg

9:55~10:00 国見岳山頂 冷たい強風で長くは居られない
a0206345_2143030.jpg

霧氷越しに普賢岳と平成新山を望む
a0206345_21435542.jpg

日差しはあるが気温低すぎで顔が痛い
a0206345_2146423.jpg

10:20 紅葉茶屋まで降ってきた ここから普賢岳への登りが始まる
a0206345_215048.jpg

10:42~11:04 普賢岳山頂 寒さなど物ともしない 山の大馬鹿者4名 
a0206345_21534759.jpg

しかし冷たい強風で顔が痛い 温度計は氷点下6度を指していた
a0206345_21544312.jpg

普賢岳の物凄い花ぼうろ、って言うか霧氷!
a0206345_21553514.jpg

a0206345_2156648.jpg

a0206345_21564439.jpg

a0206345_21573078.jpg

荒々しく成長した花ぼうろ
a0206345_21575927.jpg

a0206345_2213825.jpg

11:20 紅葉茶屋まで降ってきた 団体さんがアイゼンを装着中
a0206345_2221740.jpg

11:38~11:58 薊谷で昼食 寒い時にはあつあつのラーメンがうまかばい!
a0206345_2243582.jpg

12:13 仁田峠より普賢岳と平成新山を望む
a0206345_2212281.jpg

12:36 池ノ原園地に到着 装備を片付け田代原に移動
a0206345_2215842.jpg

13:04 田代原トレイルセンター ザックは持たずに装備は最小限で九千部岳に向けて出発
a0206345_22155456.jpg

13:08 九千部岳登山口 数分登ったところで隊長が体調を崩し(左膝痛)でリタイア!車に戻り留守番することになった
a0206345_22182758.jpg

13:27 山頂まで1000m まだまだやねえ~
a0206345_22221362.jpg

13:41 山頂まで500m もう少しだ~頑張れ~!
a0206345_22231381.jpg

13:53 肩の部分に登りあがって岩稜帯を抜けていく
a0206345_2224967.jpg

14:00~14:14 九千部岳山頂 
a0206345_22272667.jpg

先ほど登った雲仙の山々
a0206345_22283378.jpg

ここからは有明海、橘湾、島原半島のかたちを見ることができる
a0206345_22303760.jpg

山頂で飲むコーヒーの美味しいこと
a0206345_22345479.jpg

14:27 九州自然歩道に突き当たり鳥居をくぐり左に折れ田代原へと降る
a0206345_22384661.jpg

14:53 柵に突き当たり左に折れ出発点の田代原トレイルセンターへ向かう
a0206345_2242794.jpg

14:57 よく整備された木道を歩く
a0206345_22431277.jpg

15:11 田代原トレイルセンターに無事到着
a0206345_22443752.jpg

この後、古湯の湯の里温泉で一日の汗と疲れを流し、その後千々石に降り六兵衛を食べて帰途につきました
a0206345_2251741.jpg


今回は素晴らしい霧氷を見ることができ、何も言うことはない。大満足の山登りだった!

歩行距離 13キロ  行動時間 7時間11分 歩行時間 5時間23分
by ichibunn-go | 2012-01-29 23:17 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(5)

雲仙山系大縦走 吾妻岳~九千部岳~妙見岳~国見岳~普賢岳~野岳~矢岳~高岩山~絹笠山

12月4日(日) 以前から考えていた雲仙大縦走。雲仙周辺の山で一般的に登山されている九座を一日で踏破できないものか?
最北端の吾妻岳から最南端の高岩山まで直線距離で9.2キロ。全行程27キロ以上。山頂は一本の縦走路上にあるのではなく、木の枝葉のごとく点在する。問題は山と山をどうつないでいくかだ。
 当初、絹笠山から入山して高岩山~矢岳~野岳~普賢岳~国見岳~妙見岳~九千部岳~吾妻岳の順番に考えていた。しかし、それでは高い所から低い所へ降っていくイメージがあるので自分的に納得できない。あえてキツイ逆コースで挑むことにする。後半は雲仙の街周辺の山を回るのでエスケープもしやすく、安全が確保できるうえに水の補給もしやすい。以上の理由から田代原を出発点とし、吾妻岳から南下することに決めた。

ルートは田代原から吾妻岳まで往復し、装備を整え九千部岳~妙見岳~国見岳~普賢岳~野岳~矢岳~高岩山~絹笠山とつなぎ、ゴールは原生沼とする。スタート地点とゴール地点の送り迎えはカミさんが担当。
a0206345_22324791.jpg

6:47 準備運動をすませ薄暗い中、ウエストバックだけで田代原トレイルセンター前を吾妻岳にむけて出発
a0206345_20432586.jpg
 
7:10 一座目の吾妻岳山頂 小学5年生の遠足以来42年ぶりだ。
a0206345_2046043.jpg

7:13 下山途中、ご来光を見る。今日はいい一日になりそうだ
a0206345_20485114.jpg

7:29~7:41 田代原に引き返し装備を整え後方の九千部岳へ向けて出発 竹のストックがいいねぇ
a0206345_2055273.jpg

7:44 九千部岳北西尾根登山口 ここからが本番だ
a0206345_205649100.jpg

8:00 山頂まで1000mの道標 8時を知らせる音楽が聞こえてきた
a0206345_20595321.jpg

8:13 山頂まで500mの道標 結構力づけられる
a0206345_2124544.jpg

8:20 肩の部分は大きな岩を巻いたり乗り越えたりすり抜けたり結構面白い
a0206345_2144956.jpg

8:29~8:32 二座目の九千部岳山頂に到着
a0206345_2181618.jpg

8:42 鳥居の向こうは九州自然歩道 左に行けば田代原、右を取って第二吹越に向かうが右膝にわずかな痛みが・・・
a0206345_21123625.jpg

9:00 あまり出合いたくないが車道出合い ここからしばらく車道歩き 竹ストックの音がコツコツと心地よい
a0206345_21141068.jpg

9:07 第二吹越 ここからが今日の最難関  トンネルの右側から妙見尾根へ標高差450mの直登 
a0206345_21182017.jpg

9:23 振り返って九千部岳を見る ほぼ同じ高さのようだ 後方は多良山系
a0206345_21205710.jpg

9:40 尾根に登り上がる まず右を取って妙見岳へ
a0206345_21234036.jpg

9:45 妙見神社 右側から妙見岳山頂へ
a0206345_21254058.jpg

9:47 三座目の妙見岳山頂 正面は国見岳 
a0206345_21264440.jpg

9:56 来た道を引き返し国見岳分岐
a0206345_21284940.jpg

10:02 四座目の国見岳山頂 登ってくる途中ご夫婦が岩壁に難儀されていた
a0206345_21305038.jpg

10:11 山頂から引き返し振り返って見ると先ほどすれ違った2人の登山者が取り付いていた
a0206345_21325646.jpg

10:16 紅葉茶屋を通過 ここから普賢岳の登りだ
a0206345_2134483.jpg

10:30~10:40 五座目の普賢岳山頂 各ポイントで現在位置をカミさんにメールで連絡
a0206345_21355625.jpg

後方は妙見岳
a0206345_21372687.jpg

10:58 紅葉茶屋まで引き返し薊谷を通過
a0206345_2137146.jpg

11:09 ロープウェイ駅を通過し仁田峠駐車場を横切り野岳へ向かう
a0206345_21395959.jpg

11:19 石畳と土の遊歩道を歩いて来て野岳入り口
a0206345_21422950.jpg

11:22 六座目の野岳山頂 ちょう狭いです ここから仁田峠まで引き返す
a0206345_23291237.jpg

11:25~1140 野岳休憩所 基本的に歩きながらの行動食のみだが、時間的に余裕ができたのでここで軽く昼食を摂った
a0206345_21445428.jpg

11:47 野岳尾根展望所 左から高岩山、矢岳、絹笠山を望む まだまだかなりあるねぇ ゴルフ場の向こうから矢岳に登るんだよ
a0206345_21473474.jpg

12:01 池の原園地よりピラミダルな矢岳
a0206345_21553696.jpg

12:14 池の原の石畳の遊歩道から国道を2~3分歩いて矢岳登山口
a0206345_21581112.jpg

12:38 七座目の矢岳山頂 ここにきて右膝の痛みが増してきたようだ。でも残りは二座ゆっくりでも頑張るしかない
a0206345_2213899.jpg

12:56 宝原側の矢岳登山口
a0206345_2234718.jpg

13:07 宝原園地を南下して高岩山参道登山口  
a0206345_2251859.jpg

13:25~13:28 八座目の高岩山山頂 下山してきたグループの女性からCW-Xがかっこいいと言われ。ポリポリ。自分も欲しいけど高くて買えないと嘆いておられた
a0206345_22841100.jpg

みそ五郎どんもあいかわらずだね
a0206345_22134397.jpg

有明海を挟んで天草を望む 今回は塔ノ坂方面へは降らず距離の近い宝原園地に引き返す
a0206345_22151060.jpg

13:40~13:55 宝原園地 先ほど出会った方々と再び遭遇 口之津中学校の同窓生の方々で月に一回ほど集まり山に登られているそうです。中央の髭の仙人のごとき方が恩師の方で、みなさん仲良しでうらやましいかぎりです。みなさんのおかげで膝の痛みはすっかり消えてしまいました。
なお、CW-Xはネットショッピングでかなり安く購入できますよ。
a0206345_2219568.jpg

14:20 宝原園地から2キロ以上を歩いて原生沼
a0206345_22283055.jpg

14:24 いつも白雲の池から登っているので今回は原生沼登山口から往復することにした
a0206345_223141100.jpg

14:44~14:48 最後!九座目の絹笠山山頂
a0206345_22333195.jpg

そこにいたのは有家から来た少女達。姉妹でサッカーをやっているそうです。目指せ『なでしこJAPAN!』
おかあさんと弟さんもあとから登ってこられました。
a0206345_22464731.jpg

彼女らに撮ってもらいました
a0206345_22475436.jpg

15:07 雲仙九座を踏破し、原生沼まで引き返して無事生還
a0206345_22521010.jpg

この後、古湯の『湯の里温泉共同浴場』にはいりました。源泉掛け流し、大人100円とリーズナブル
a0206345_225345.jpg

夕食は子供の頃から大好きだった、ここにこなければ食べられない『六兵衛』久しぶりでうまかった~
a0206345_22573732.jpg


今回は、ストックを忘れてしまうという大失敗!急遽竹でこさえての挑戦でしたが、使ってみるとグリップ部分が少々滑る以外は軽量でなかなかの使いごこち!手放せない一品になった。
また、いろんな出会いがあり、それもまた登山の楽しみの一つ。
日頃のトレーニングの成果も感じることができて大満足の一日だった。

歩行距離 28km  累積標高 2500m  行動時間 8時間20分  歩行時間 7時間18分

ハイドレーションシステムの導入によりこれだけの距離、時間の歩行にもかかわらず、今回持っていった水は1リットル、季節的なものもあるかもしれないが消費した水は僅かに500cc!ペットボトルからの給水では絶対あり得ないと思う。
近いうちにハイドレーションシステムのレポートもやりたいと思います。
by ichibunn-go | 2011-12-04 23:40 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(7)

雲仙山系単独縦走(妙見岳 国見岳 普賢岳 野岳 矢岳 高岩山 絹笠山)

9月10日 急に実家の方に用事ができ、一ヶ月ほど前から考えていた計画を実行するチャンスが思いがけずおとずれた。2月の妙見岳(1333m)国見岳(1347m)普賢岳(1360m)野岳(1142m)の歩行4時間の縦走。先月の矢岳(971m)高岩山(881m)絹笠山(870m)の歩行5時間の縦走。それぞれを別々に回ったのでは何となく物足りなさを感じていた。そこで思いついたのが両方を一日で回る事。台風も通り過ぎ天気はまあまあだが蒸し暑いようだ。
ルートは池ノ原の妙見駐車場を基点に妙見岳、国見岳、普賢岳、野岳を回り、池ノ原で飲料水と行動食を補給、その後、矢岳、高岩山、絹笠山を回る計画で距離は約24キロ、行動時間10~11時間、歩行時間9~10時間の予定だ。
a0206345_12202031.jpg


8:20 夜明けとともにスタートしたかったが、急な思いつきだったために遅くなってしまった。スピードをあげて行けるところまで行こう
a0206345_1740464.jpg

8:42 仁田峠駐車場 時間が早いので駐車車両はロープウェイ関係者のようだ
a0206345_17451233.jpg

9:08 妙見駅に到着 見晴らしもまあまあ天草方面もよく見える
a0206345_17475385.jpg

9:14 妙見神社 冬期とはまったく違う雰囲気
a0206345_17525173.jpg

9:17 妙見神社の右側から3分ほどで錆た方位板がある妙見岳山頂
a0206345_17515956.jpg

9:30 神社まで戻り左側から尾根を進んで国見岳分岐
a0206345_17555963.jpg

眼前にそびえる緑豊かな国見岳
a0206345_20354825.jpg

9:38~9:41 標高差50mを一気に登って国見岳山頂
a0206345_1801117.jpg

気温は18度 風も強く汗をかいた体には寒いぐらい しかし涼しいのは野岳までだった
a0206345_1805417.jpg

紅葉茶屋手前の今も封鎖されている鬼人谷入り口、噴火前は風穴、鳩穴、普賢池、霧氷沢をへて普賢岳に至る事ができたが、今は紅葉茶屋から往復するしかない
a0206345_1891710.jpg

9:55 標高差100mを一気に降って紅葉茶屋
a0206345_184237.jpg

10:16~10:18 普賢岳山頂 標高差150m以上を一気に登りあがる 本日3座目のピークハントだ
a0206345_1910973.jpg

11:00 薊谷をへて仁田峠駐車場 観光客の車も増えてきたようだ 写真の右端が野岳登山口
a0206345_19122649.jpg

11:14 人一人がやっとの狭い野岳山頂のかわいい山頂標識
a0206345_19162199.jpg

野岳からの展望 先ほど登った妙見岳と普賢岳 後方は平成新山
a0206345_1917311.jpg

11:15~11:30 野岳休息所 時間的に余裕が出てきたのでここで昼食
a0206345_19201781.jpg

11:53~12:03 仁田峠に戻り再び池ノ原妙見駐車場 日当たりを考え車の位置を入れ替え、飲料水と行動食を補給して、矢岳に向けて出発 
a0206345_19232125.jpg

雲仙ゴルフ場を挟んで石畳の遊歩道から美しい山容の矢岳を望む
a0206345_1932464.jpg

12:18 遊歩道から車道を3分歩いて矢岳登山口
a0206345_19352066.jpg

12:43~12:45 ゆるやかだと思っていた登山道がやけにきつく蒸し暑い やっとの思いで矢岳山頂
a0206345_19401038.jpg

この景色が見たかった ゴルフ場と左側の車道の間が池ノ原
a0206345_19413937.jpg

12:51 940mの矢岳三角点
a0206345_19435617.jpg

13:11 車道を挟んで宝原ツツジ園入り口
a0206345_1947378.jpg

13:47~13:57 高岩山山頂
a0206345_19495356.jpg

左に矢岳 中央に妙見岳、普賢岳、野岳、平成新山が見える
a0206345_1954381.jpg

麓の南島原、有明海を挟んで天草も見える 中央付近の島は湯島 その昔、天草四郎率いる一揆軍がこの島で話し合いをしたことから別名『談合島』と呼ばれている
a0206345_19561553.jpg

みそ五郎どんも相変わらずだ
a0206345_19551713.jpg

今日は塔の坂の方へ降ってみよう
a0206345_19585927.jpg

14:14 林道高岩線 右をとって白雲ノ池まで約1時間の車道歩き
a0206345_203109.jpg

14:47 小地獄温泉 自動販売機でアクエリアスを1リットル補給
a0206345_2044780.jpg

15:10 鏡のような白雲ノ池
a0206345_207121.jpg

15:32~15:50 絹笠山山頂 運がよければサンセットが見れると思ったが予定よりかなり早く着いてしまった
a0206345_20102392.jpg

東側には雲仙の温泉街 その向こうに左から国見岳、妙見岳、平成新山、野岳、矢岳が見える 今日登った七座の中では標高は一番低いが、展望は一番だ!
a0206345_2011036.jpg

西側には橘湾から長崎半島 この方向に美しい夕日が沈むらしい サンセットヒルの由来だ
a0206345_20185553.jpg

16:15 雲仙の町並み
a0206345_20211219.jpg

16:27 もう少しで池ノ原 この遊歩道が最後のビクトリーロードだ!
a0206345_20235863.jpg

16:45 ゴールの池ノ原 妙見駐車場 出迎える人は誰もいない静かなゴールイン
a0206345_20274968.jpg


今回の目的はピークハント。一日で雲仙七座を制覇することができ自分の可能性も確かめることができた。予定よりも2時間早く回ることができた事も満足のいくものだ。これで黒髪山系往復縦走が見えてきた!

歩行距離 25キロ  行動時間 8時間25分  歩行時間 7時間20分

雲仙山系の最終目標は、普賢岳、国見岳、妙見岳と、野岳、矢岳、高岩山、絹笠山、九千部岳の三峰五岳の八座を一日で単独縦走する事だ!余裕があれば吾妻岳まで登りたい!
by ichibunn-go | 2011-09-11 21:11 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30