イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:佐世保周辺の山( 79 )

虚空蔵山 タコ足登山

4月15日(日)  西側から見る虚空蔵山は九州のマッターホルンと言われるほど見事な尖塔形をしている。
 しかし、一般的な岩屋登山口から登れば遊歩道的。木場登山口から登る冒険コースはスリルもあって面白い!が、どちらもあっ!と言う間に山頂に着いてしまう。物足りなさを感じた人も多いだろう。
 そこで、より虚空蔵山を楽しむ為のコースとして木場登山口から入山して、鬼ノ岩屋分岐から嬉野側の長野登山口まで降り折り返してくる。
 ファミリーコースを山頂直下まで登り山頂はスルー!犬の墓まで降り、左折して東彼杵の川内登山口で折り返してくる。
 犬の墓まで登り返したら左折して、高見岳への縦走路を車道出合いまで降り南登山口で折り返してくる。再び犬の墓まで登り返したら左折して岩屋登山口まで降り折り返してくる。
 三度犬の墓まで登り返したら、虚空蔵山を目指すのだが、途中”鳥兜”に寄り道。そこから山頂を目指す。
 山頂で展望を楽しんだ後は冒険コースを降り、途中の分岐から西登山口まで往復。冒険コースを木場登山口まで降り、虚空蔵山に関わる殆どの登山道を往復する。歩行軌跡はタコの足みたいで面白い(^^♪
 


兜岩を背にして
a0206345_16503995.jpg


ルートは、木場登山口~ファミリーコース~嬉野長野登山口~鬼ノ岩屋~犬の墓~東彼杵川内登山口~犬の墓~南登山口~犬ノ墓~岩屋登山口~犬の墓~虚空蔵山~冒険コース~西登山口~木場登山口のタコが足を広げた様な登山軌跡となる
a0206345_16560007.jpg

天気のせいもあり私を含めて3台のみ
a0206345_16570520.jpg


水場もちょろちょろ
a0206345_16571033.jpg


9:30 虚空蔵山タコ足登山開始
a0206345_16571867.jpg


昨日の雨で滑りやすい
a0206345_16572615.jpg


9:36 先ずは左を取ってファミリーコースへ
a0206345_16573136.jpg


9:41 この分岐を左へ降り嬉野市長野登山口へ 数メートル歩いた所に鬼ノ岩屋があるけどスルーして帰りに寄ろう
a0206345_16574611.jpg


昨日の雨で登山道に水が流れる
a0206345_16575880.jpg


9:49 途中の祠 お参りして今日の安全を祈願
a0206345_16580218.jpg


9:55 嬉野長野登山口
a0206345_17053636.jpg



10台ぐらい駐車できそう
a0206345_17054075.jpg


10:16~10:18 鬼ノ岩屋
a0206345_17054800.jpg


10:22 ファミリーコースと言え、ハードな所も
a0206345_17055746.jpg


10:26 岩屋登山口分岐
a0206345_17060545.jpg


10:32 犬の墓
a0206345_17062314.jpg


左を取って東彼杵町川内登山口へ
a0206345_17062962.jpg


10:40 鎖のゲートが見えて
a0206345_17064776.jpg


川内登山口 ここまで車で来られそう
a0206345_17065292.jpg


10:54 登り返して犬ノ墓
a0206345_17070208.jpg


10:56 踏み跡の少ない登山道
a0206345_17160405.jpg


10:58 尾根上の大岩
a0206345_17160891.jpg


巻いたり
a0206345_17162076.jpg


11:01 時には乗り越えます
a0206345_17162495.jpg


a0206345_17163273.jpg


11:10~11:14 南登山口 道向かいのガードレール左が
a0206345_17163752.jpg


高見岳登山口
a0206345_17165490.jpg


引き返す前にブラックサンダーでパワーアップ
a0206345_17170199.jpg


11:28 途中にあった道標
a0206345_17225132.jpg
11:32 再び犬の墓 左を取って岩屋登山口へ
a0206345_17235647.jpg


11:37 あっ!シャクナゲが咲いてる
a0206345_17241203.jpg


疲れ癒される・・・けど自生の物だったら更に素晴らしい・・・けど
a0206345_17241661.jpg


a0206345_17242070.jpg


a0206345_17242779.jpg


a0206345_17243197.jpg


a0206345_17243500.jpg


a0206345_17244082.jpg


11:41 悠久の泉 何となく神秘的
a0206345_17244854.jpg


a0206345_17245587.jpg


a0206345_17250714.jpg


a0206345_17254768.jpg


11:44~11:47 岩屋登山口
a0206345_17255497.jpg


さあ!登り返そう!
a0206345_17313679.jpg


これも植栽されたものだけど、蘭の一種かな?
a0206345_17313938.jpg


華には疎いです(T_T)
a0206345_17314338.jpg


11:58 三度犬の墓
a0206345_17315321.jpg


12:01 木々の間から兜岩
a0206345_17324054.jpg


12:05 兜岩分岐
a0206345_17321088.jpg


12:08~12:14 兜岩
a0206345_17334200.jpg


a0206345_17330440.jpg


12:23~12:34 虚空蔵山
a0206345_17340761.jpg


ミツバツツジが綺麗です
a0206345_17341357.jpg

12:35 山頂直下の分岐を左を取って木場新道の冒険コースへ
a0206345_17421595.jpg


冒険コースのヤセ尾根
a0206345_17422736.jpg


a0206345_17424017.jpg


12:41 降って来た岩尾根を振り返る
a0206345_17424629.jpg


12:43 西登山口分岐 正面の岩を左へ巻いて尾根を直進 右へ降れば木場登山口
a0206345_17425133.jpg


12:52 車道が見えて
a0206345_17425653.jpg


西登山口
a0206345_17430077.jpg


駐車スペースあり
a0206345_17490782.jpg


12:55 ギンリョウソウが一輪
a0206345_17491157.jpg


この道は歩く人が少なく踏み跡が薄く非常にわかり難い
a0206345_17492104.jpg


初心者は踏み込まない方がいいかも!
a0206345_17492836.jpg


13:07 木場登山口分岐まで登って来た 後は左へ降るだけ
a0206345_17493276.jpg


13:11 寺屋敷跡
a0206345_17493619.jpg


13:15 最後の難所?
a0206345_17494178.jpg


13:17 ファミリーコース分岐
a0206345_17495735.jpg


13:23 木場登山口まで降って来た
a0206345_17500565.jpg


残っているのはマイカーだけ
a0206345_17501164.jpg


朝は見えなかった九州のマッターホルン
a0206345_17501584.jpg


虚空蔵山に至る六つの登山口を一気に往復する”虚空蔵山スペシャルコース”
これなら満足しない人はいないだろう。是非チャレンジしてみてください(^_-)-☆

歩行距離 10km 累積標高 1300m 行動時間 3時間53分 歩行時間 3時間33分



by ichibunn-go | 2018-04-18 17:59 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

ロングトレイル佐世保43km 烏帽子岳~隠居岳~八天岳~国見山~石盛山周回

3月25日(日) 今日は年に一度の特別な日!地元佐世保の山を思いっきり楽しむことにしよう!
そう言えば最近長距離(20km以上)を歩いていないな~?と、言う事で久しぶりに佐世保周回半分コースを歩くことしにた。果たして今の自分に40km以上を歩き切る力があるのか?ないにしても現時点での力を知ることができる。

佐世保と世知原の境界のみやまの里公園にある大きな急須と湯呑 とても飲みきれんバイ!
a0206345_21423117.jpg



ルートは、自宅~烏帽子岳~満場越~大山口越~隠居岳~宇土越~オサエ越~八天岳~栗ノ木峠~国見山~冬越峠~石盛山を周回する43kmのオリジナルコースだ
a0206345_21420871.jpg



6:39 自宅を出発 いつもなら目の前に見えるはずの烏帽子岳が濃いPM2.5に遮られて見えない
a0206345_21494248.jpg



6:49 山から朝日が昇る 
a0206345_21494857.jpg



7:26 山の田水源地を過ぎ赤城橋から砂防ダム滝を見る
a0206345_21495351.jpg



7:46 田代町で右折して登山口へ
a0206345_21501725.jpg



7:58 烏帽子岳登山口
a0206345_21505996.jpg



8:03 烏帽子岳直登の尾根道に出合う ここは右へ
a0206345_21510981.jpg



このルートは歩く人が少ないのか?藪ってます
a0206345_22012298.jpg



8:16 このルートなら登山気分が楽しめる
a0206345_21511510.jpg



8:21~8:25 滑りやすい急坂を登り切れば烏帽子岳山頂
a0206345_21512102.jpg



自宅から9km 1時間42分で登頂
a0206345_21512600.jpg



晴れてるのに真っ白でな~にも見えない(T_T)
a0206345_21513261.jpg



8:30 風と星の広場
a0206345_21513879.jpg



8:39 森林体験館
a0206345_21514685.jpg



8:47 満場越を通過
a0206345_21515213.jpg



隠居岳まで3.4km頑張ろう!
a0206345_21515911.jpg



8:50 次の道標では隠居岳まで5.0km?どっちが本当?
a0206345_21520562.jpg



8:53 木場山分岐 藪ってないのでこちらから
a0206345_21521170.jpg



以前この道で大きな猪さんと遭遇したことがある
a0206345_21521613.jpg



9:01 猪さんが出そうな雰囲気・・・犬の鳴きまねでアピール
a0206345_21522438.jpg



9:03 あれ?もう車道に出ちゃったよ! 木場山取り付きロスト(T_T)
a0206345_21523088.jpg



9:17 大山口越
a0206345_22111192.jpg



9:23 この道は元々作業道だけど、使われてないので川底状態
a0206345_22212250.jpg




9:31~9:40 隠居岳山頂 14.5km
a0206345_22213833.jpg



徐々に青空が見えてきた
a0206345_22214459.jpg



9:49 宇土越登山口
a0206345_22291468.jpg



a0206345_22294090.jpg



9:55 車道を数分歩いて焼山池登山口
a0206345_22295295.jpg



9:56 以前はうっそうとして暗かったけど伐採されて明るくなった
a0206345_22301065.jpg


焼山池も見える様になった
a0206345_22300390.jpg



10:05 ここは九州自然歩道 気持ちよくトレッキングができる
a0206345_22355051.jpg



10:18~10:23 オサエ越
a0206345_22355886.jpg



オサエ観音 子授け安産の神様です
a0206345_22360820.jpg




休憩していた登山者は郷美谷池へ降って行った
a0206345_22361621.jpg



ここまで18kmを歩いた 足の攣り予防に68番を飲んどこう
a0206345_22362317.jpg



10:45 八天岳 山頂標識が無くなってる
a0206345_22363406.jpg



違法電波監視所があります
a0206345_22433001.jpg



10:58 いつもここから県境尾根に入るんだけど藪っていけない
a0206345_22433930.jpg



少し戻って尾根に進入
a0206345_22434964.jpg



11:09~10:11 栗ノ木峠 水汲みのご夫婦が来ました
a0206345_22435841.jpg



国見山まで九州自然歩道を歩く
a0206345_22440546.jpg



11:15 ここもいい雰囲気です
a0206345_22441151.jpg



11:31 広場に飛び出す ここまで車で来れる
a0206345_22441854.jpg



11:38~11:53 国見山山頂 ここまで23km ほぼ5時間で到着
a0206345_22511683.jpg



歩いて来た烏帽子岳~隠居岳~八天岳の稜線が霞んで見えない
a0206345_22512536.jpg



a0206345_22513304.jpg



12:08 次に世知原の山暖簾を目指そう
a0206345_22513886.jpg



12:21 そーめん流しができそう
a0206345_22514580.jpg



12:23 岩から染み出す小さな滝
a0206345_22515289.jpg



a0206345_22515847.jpg



12:38 砂防ダムから流れる白糸の滝?
a0206345_22520568.jpg




12:42 小塚岳トンネル横に出る
a0206345_23021551.jpg


a0206345_22521236.jpg



12:58 山暖簾 駐車場は満車状態 山暖簾は以前国民宿舎”国見山荘”でした
a0206345_23033442.jpg



13:21 冬越峠まで600m

a0206345_23034383.jpg



13:28 左の脇道を登った所が冬越峠
a0206345_23035502.jpg



13:36 茶畑 若芽が出れば綺麗だろうね
a0206345_23040974.jpg




13:48~13:55 みやまの里公園
a0206345_23042115.jpg



展望台もあります
a0206345_23042880.jpg



道向かいの巨大な急須と湯呑 とても飲みきれんバイ!
a0206345_23043385.jpg



14:00 車道じゃなければいい雰囲気
a0206345_23044284.jpg



14:11 ゴルフ場の下を通る石盛隧道
a0206345_23044870.jpg



14:26 石盛山山頂 公園になってます
a0206345_23152560.jpg



達成感最高! 
a0206345_23153291.jpg



14:40 降りは急なヘアピンカーブの連続
a0206345_23153937.jpg



15:11 1座目の烏帽子岳が見えるようになってきた  15:29 無事自宅に到着
a0206345_23155563.jpg



久々に40kmを超えるロングトレイル 先ずは無事歩き切った事で良しとしよう。
この計画を思い立ったのは二日前だが、できるのか?できないのか?葛藤があったのは確かだ。
でも、勇気を持って実行することにより先へ進めるのではないか?
もう一度、数年前の力をとり戻し今年から来年にかけて勝負の年にしたい

歩行距離 43km 累積標高 3300m 行動時間 8時間50分 歩行時間 8時間36分


尚、佐世保の山ををほぼ全周回する『究極の佐世保大縦走』に興味のある方はこちらへ








by ichibunn-go | 2018-03-27 22:24 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

近くて遠い山 将冠岳~但馬岳~弓張岳

3月11日(日) 目の前に聳える将冠岳 最近登ってないな~と思って調べてみたら、な!な!なんと2014年2月に登った切り・・・(T_T) 目の前にあるのに4年も登ってなかったのか・・・と愕然(゜o゜) 
 朝から登ろうと思ったけど、午前中は”名古屋ウイメンズマラソン”があるので見逃せない! ならば!1ヶ月ぶりの登山でもあるし、体力チェックを兼ねて午後からアクセル全開で登ることにしょう


4年ぶりの将冠岳
a0206345_19082008.jpg


ルートは、自宅~野中駅~北登山口~金比羅神社~中吉越~朝ノ気岳~高筈岳~将冠岳~八天岳~参道登山口~但馬神社~但馬越~但馬岳~但馬越~弓張岳~但馬岳~但馬越~南登山口~将冠岳~高筈岳~朝ノ気岳~金比羅神社~北登山口~野中駅~自宅の野中駅を起点にした変則往復縦走
a0206345_19164543.jpg


12:30 自宅から数分の野中駅付近から将冠岳を見上げる 標高差は約420mほど
a0206345_19344534.jpg



12:53 ここまでは車道を歩いて北登山口 ここからは作業林道
a0206345_19351096.jpg



12:53 金比羅神社登山口
a0206345_19351502.jpg



12:56 金比羅神社 家内安全と登山の安全を祈願
a0206345_19352236.jpg



4年ぶりのカメの道標 
a0206345_19402820.jpg



カエルさんは冬眠から覚めたところ?
a0206345_19403243.jpg



13:03 ここから大きな岩の間を縫いながら登る面白い所
a0206345_19403877.jpg



こんな感じの大岩がゴロゴロ
a0206345_19404433.jpg



13:08 尾根に登り上がって中吉越
a0206345_19405056.jpg



13:13 朝ノ気岳(あさんき岳) 標高400m
a0206345_19462515.jpg



北西側が開けていて愛宕山から国見山方面の眺望がすばらしい
a0206345_19501841.jpg


a0206345_19502200.jpg



13:15 朝ノ気岳と高筈岳の鞍部の猪さんのお風呂?
a0206345_19463094.jpg



13:19 高筈岳 東側の眺望が素晴らしい
a0206345_19463738.jpg


a0206345_19464060.jpg



13:21 このルートの難所?のロープ場
a0206345_19551030.jpg



この岩をよじ登れば将冠岳の最高地点へショートカット
a0206345_19551527.jpg



13:24~13:32 将冠岳北側の岩上
a0206345_20205453.jpg



岩上からの展望はGoo!
a0206345_20212157.jpg



烏帽子岳と隠居岳
a0206345_20211532.jpg



岩の上に立つのはちょっと怖いかも!?
a0206345_20213158.jpg



山頂標識は南側に
a0206345_20221518.jpg



展望を妨げていた木々が伐採してあり九十九島から愛宕山がよく見える様になっている
a0206345_20222282.jpg


a0206345_20222760.jpg



13:40 八天岳 標識は”半分だけ”になってるね(T_T)
a0206345_20320598.jpg



13:44 参道登山口
a0206345_20321176.jpg



13:49 南登山口 右の道を登れば将冠岳
a0206345_20321905.jpg



左側の道をちょっと行った所が但馬神社取り付き
a0206345_20322781.jpg



13:51 ランドタワー的な反射板
a0206345_20323660.jpg


a0206345_20324202.jpg



13:56 登り切った所が但馬神社
a0206345_20324851.jpg



13:58 滑りやすい急坂を降って但馬越
a0206345_20325450.jpg



カーブミラーの左側が但馬岳取り付き
a0206345_20330003.jpg



14:06~14:19 但馬岳 山頂は公園になってます
a0206345_20420589.jpg



ん?女性が休憩中 福岡から別の用事のついでに下見だそうです
a0206345_20421625.jpg



ここも伐採してありいいのか悪いのかちょっと複雑
a0206345_20422262.jpg



弓張岳駐車場からここまでは舗装道なので登山気分を味わってもらう事に
a0206345_20483156.jpg



a0206345_22325961.jpg



14:28 但馬越 車道を右に戻って弓張岳に・・・実はこの車道は九州自然歩道なんです
a0206345_20483672.jpg



14:36 九州自然車道の階段を登ります
a0206345_22330791.jpg



a0206345_20484383.jpg



14:45~14:57 弓張岳
a0206345_20531659.jpg



yuyuさん
a0206345_20533689.jpg



佐世保港を見下ろして
a0206345_20534752.jpg



yuyuさんと烏帽子岳
a0206345_20534256.jpg



駐車場も大型客船の来港にに備えてリフレッシュ!かな?
a0206345_20535994.jpg



15:05 再び但馬岳 戦時中の防塁跡
a0206345_20540701.jpg



15:10 滑りやすい登山道をだだーと降って3度目の但馬越
a0206345_20541502.jpg



15:15 九州自然歩道?の車道を歩いて南登山口 右を取って再び将冠岳へ
a0206345_21042597.jpg



15:34 将官岳山頂下の鳥居
a0206345_21014297.jpg



15:37 将官岳はスルーして高筈岳
a0206345_21015100.jpg



15:41 朝ノ気岳
a0206345_21015693.jpg



15:45 急坂を降って中吉越
a0206345_21020320.jpg



15:56 金比羅神社
a0206345_21021652.jpg



16:02 北登山口
a0206345_21022878.jpg



16:17 野中駅から将冠岳を振り返る
a0206345_21023767.jpg




 久しぶりの登山で明日~明後日は筋肉痛かも?でも、強くなるためにはWelcome筋肉痛!
今後に続きそうな出会いもあったし、疲れたけど楽しい時間を過ごせたと思う

歩行距離 12.5km 累積標高 1300m 行動時間 3時間47分 歩行時間 3時間14分




by ichibunn-go | 2018-03-11 22:39 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(3)

国見山スノートレッキング

1月14日(日) 昨年12月の殆んどをベッドの上で過ごした。体調も回復した年始は行事諸々でやっと今日が初登山!
頃合い良く今シーズン最強の寒波襲来!雪の九重連山や英彦山を考えたが、今の体力では納得のいく登山は出来そうもない・・・
ホームマウンテンの黒髪山も頭に浮かんだが、やはり雪山を歩きたい!できれば新雪を踏みたい!そこで黒髪山より250mほど標高の高い地元の国見山に登ることにした

雪の重みで垂れ下がった枝が登山道を遮る雪のジャングル
f0394466_15264872.jpg


ルートは国見湖畔公園~大日の杉~栗ノ木峠~国見山~栗ノ木峠~廃道~国見湖畔公園・・・このコースなら雪山をそこそこ楽しめるんじゃないかな?
f0394466_15315781.jpg


駐車場登り口は凍結していてノーマルタイヤでは登れず
f0394466_15281119.jpg


8:22 国見湖畔公園駐車場を向こうに見える国見山目指して出発(ここから国見山は見えない)
f0394466_15274697.jpg


8:24 廃道のゲートを通過
f0394466_15443739.jpg


8:34 雪の重みで枝が垂れ下がる
f0394466_15455338.jpg


8:40 大日の杉登山口
f0394466_15471977.jpg


大日の杉
f0394466_15482595.jpg


f0394466_15485414.jpg


ここから先は雪に埋もれた登山道
f0394466_15501117.jpg


8:48 栗ノ木峠下の吹き溜まり 30~40cmほど
f0394466_15512312.jpg


8:50~8:53 栗ノ木峠 汗ばんできたのでレイヤード調整 車で遊びに来る人が結構いるみたい
f0394466_15533306.jpg


ここから九州自然歩道へ 誰も歩いてません様に
f0394466_15540990.jpg


残念一人歩いてる
f0394466_15555270.jpg


左側から雪が吹き付けたんだね
f0394466_15565944.jpg


9:06 やったー!先行者は車道に出たみたい ここから先は新雪一番乗り!
f0394466_15583128.jpg


9:08 雪の重みで木の枝が
f0394466_16004492.jpg


f0394466_16005602.jpg

雪のジャングル
f0394466_16010111.jpg


先行者の小動物は難なく抜けてるけど
f0394466_16012057.jpg


抜けるのに体中雪まみれになった!
f0394466_16010976.jpg


9:15 やっと雪のジャングルを抜けだした
f0394466_16092795.jpg

道標もこの通り
f0394466_16093430.jpg


9:22 ここも車で来た人が結構いるみたい
f0394466_16124876.jpg


山頂までもう一息
f0394466_16125342.jpg


9:27 山頂はこの先
f0394466_16125897.jpg


9:28~9:40 国見山展望台 あれ?塗装されてきれいになってる
f0394466_16130236.jpg


777mの山頂標識
f0394466_16130861.jpg


展望台の上は結構積もってるね
a0206345_19184077.jpg


9:46 トイレ広場 ここから先は雪のジャングルを避けてしばらく車道を歩こう
f0394466_16192945.jpg


風が吹くと雪がドサドサザーっと落ちてくるので油断ならない
f0394466_16194333.jpg


9:55 再び左の登山道へ
f0394466_16194747.jpg


10:06 栗ノ木峠
f0394466_16195345.jpg


降りはゲートから廃道へ
f0394466_16195924.jpg


10:09 中央の黒髪山が三俣山みたい
f0394466_16200780.jpg


10:17 標高550mのこの辺りでもこれぐらい
f0394466_16344488.jpg


10:39 国見湖畔公園に到着 途中でスポーツクラブの小中学生ぐらいの数十人に出会って、どこまで行ったか知らないけど普通の運動靴だったから地獄を見たろううね。しもやけにならなければいいけど(^-^;
f0394466_16345136.jpg


復帰一座目の国見山 九重の踏み固められた登山道をあるくよりも、ふかふかの新雪を歩く方が楽しいし気持ちいい
久しぶりの雪山登山で足が疲れた・・・明日は筋肉痛かも(^-^;

歩行距離 7km 累積標高 500m 行動時間 2時間17分 歩行時間 2時間02分




by ichibunn-go | 2018-01-14 17:08 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

ハマダイコン咲き誇る五蔵大池

5月7日(日) 毎年GWの頃になると吉井町五蔵岳の麓、五蔵大池にハマダイコンが咲き誇る。ハマダイコンといえば通常海の近くや河川敷に咲いているがここは山の中!しかも大昔の火口跡!


地味なハマダイコンもこれだけ一面に咲けば壮観!
a0206345_22271876.jpg


案内板です
a0206345_22282457.jpg

Bコースから遊歩道を歩いて五蔵大池へ
a0206345_22300138.jpg


林を抜けると一面にハマダイコン 
a0206345_22324944.jpg

榎島は池の中央にある火口丘跡 後方の五蔵岳は外輪山
a0206345_22344721.jpg

う~ん 立派なものだ! でも?なぜこんな所にハマダイコンが群生してるのか不思議
a0206345_22374695.jpg


周辺の岩は榎島から噴き出した噴石 そして神秘的なパワースポット
a0206345_22414447.jpg

今は一面ハマダイコンだけど、梅雨から夏にかけては立派な池になります
a0206345_22441439.jpg

五蔵大池のハマダイコンはGWの楽しみの一つです



by ichibunn-go | 2017-05-07 22:49 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

五蔵岳の麓 五蔵大池のハマダイコン

5月1日(日) 先ほど隠居岳に登って来た。時間も早いので五蔵大池にハマダイコンを見に行くことにしよう。昨年のこの時期全く花がなくがっかりだったが、今年はどうだろうか?

遊歩道を降って行くと木々の間に白いものが見えて来た!咲いてる!
a0206345_22372245.jpg

ここは古い火口跡の小さなカルデラ!大きな岩がゴロゴロしてます。
a0206345_22391241.jpg

少しばかりのハマダイコンは地味だけど、これだけ群生すれば壮観
a0206345_2243237.jpg

アキニレの林も梅雨後には水没して幻想的です。今は水がありませんが一応”池”ですから
a0206345_22453923.jpg

ヘビ(マムシ)、イノシシに注意 池を見に来る時には長靴を履くこと
a0206345_22464183.jpg

最後に案内板 現在、人が歩きやすい様に草が刈ってあるのでそこを歩くように!むやみにハマダイコンの群生には入らない様にしよう
a0206345_2252535.jpg


ハマダイコンといえば名の如く、砂浜や海の近くの川の堤防等でよく見かけるが、ここは海から15kmほども離れている。にもかかわらずハマダイコンの群生とはこれ如何に?
by ichibunn-go | 2016-05-02 23:03 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

隠居岳周回

5月1日(日) GW3日目の今日は地元佐世保の代表的な山。隠居岳に登ることにした。一昨日は黒髪山系、昨日は雲仙山系に属する九千部岳に登った。どれも小さな短時間の登山ではあるけど三日連続は足にこたえそう。

日陰の存在ギンリョウソウに、木漏れ日のスポットライトがあたり白く輝き美しい
a0206345_17365392.jpg

ルートは、里美農村公園~隠居岳登山口~隠居岳~大山口越~隠居岳ウォーカーズパーク~展望所~西岳~ツツジ園~展望所~隠居岳~登山口~里美農村公園の初心者でも楽に歩けるコース
a0206345_17352522.jpg

10:35 里美農村公園をスタート グラウンドを横切って登山口へ
a0206345_1894643.jpg

10:38 隠居岳登山口はすぐそこ
a0206345_17395869.jpg

10:40 登り始めてわずかのところに二株のギンリョウソウ
a0206345_1742494.jpg

木漏れ日で白く輝いてます
a0206345_17424413.jpg

10:58~11:05 隠居岳山頂
a0206345_17451597.jpg

一昨日登った黒髪山系
a0206345_1746485.jpg

日差しが強くこのスタイルでも暑い
a0206345_17494225.jpg

11:14 大山口越 車道を左へウォーカーズパークまで1.2km
a0206345_1751438.jpg

11:28 隠居岳ウォーカーズパーク 隠居の森遊歩館
a0206345_1755787.jpg

11:32~11:47 見晴らしのいい展望所
a0206345_1757213.jpg

展望所からはこんな感じで景色が見える
a0206345_17583532.jpg

11:53 西岳から回ることにしよう
a0206345_17592452.jpg

12:00 ツツジ園に入ると盛りを過ぎたヒメミツバツツジが何とか残っていた
a0206345_181639.jpg

a0206345_1812549.jpg

12:04~12:08 展望所 ヒメミツバツツジに代り、赤いヤマツツジが咲く準備を始めてます
a0206345_183749.jpg

a0206345_1835442.jpg

12:19~12:23 再び隠居岳山頂
a0206345_186334.jpg

12:37 隠居岳登山口
a0206345_1882363.jpg

12:39 里美農村公園
a0206345_18113623.jpg


気温はそれほどでもなかったが、日陰はともかく日差しが強く暑かった・・・これからの季節が思いやられそうだ・・・それでも、石楠花やミヤマキリシマの群落は見たいので頑張らなければ!

歩行距離 6.5km 累積標高 500m 行動時間 2時間04分 歩行時間 1時間33分

私のGWは今日で終わり。明日からは通常通りの勤務なので今夜は早く休もう・・・かな?
by ichibunn-go | 2016-05-01 18:48 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

立春 愛宕富士に夕日沈む

2月4日(木) 立春の今日、何時ものウォーキングコースから見える秀麗な愛宕山に空を焦がしながら夕日が沈む。

夕日に照らされながらカラスも家路を急ぐ
a0206345_1824534.jpg

a0206345_1825814.jpg

a0206345_18252876.jpg

a0206345_18254818.jpg

a0206345_1826357.jpg

by ichibunn-go | 2016-02-05 18:29 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

最強超低山”古川山系縦走修行”雨が降る前に

1月17日(日) 今日は昼頃から雨の予報。山間部でも雪になるほどの冷え込みではない。ならば、アプローチが短く雨が降り出す前に登れる山は?
 隣町佐々町の最強超低山”古川山系縦走修行”に久しぶりに行くことにしよう。ここなら午前中に登山口まで帰って来れるはずだ。

早くも皿山公園駐車場の桜が咲き始めていた
a0206345_17463853.jpg

a0206345_17493083.jpg

ルートは、皿山公園駐車場~鎌倉神社登山口~金比羅神社~金比羅岳~古川岳展望台~三尊岳~城辻山~古川岳展望台~真竹谷駐車場分岐~車道出会い~皿山公園駐車場 雨が降る予報の為、帰路は車道に逃げる
a0206345_1756563.jpg

8:43 今にも雨が落ちてきそうな中、皿山公園駐車場を出発 
a0206345_17584478.jpg

鳥居を潜ればいきなり百段以上の石段 
a0206345_181077.jpg

8:46 鎌倉神社 右側に登山口(遊歩道入口)あり、ここから修行の道が始まる。とても遊びでは歩けません
a0206345_183592.jpg

8:49 天を突くような最初の石段 こんな石段が次から次に現れます
a0206345_18123223.jpg

10:52 二つ目の石段 頂上は見えません 標高差は35m、ビルの12階ほどの直登
a0206345_1817578.jpg

9:02~9:05 更に石段を上り詰めれば金比羅神社
a0206345_1824433.jpg

南側には美しい山容の愛宕山
a0206345_18251449.jpg

正面には韮岳と大岳
a0206345_1826468.jpg

9:10 更に石段を登れば
a0206345_1828593.jpg

9:11 標高192mの金比羅岳 山頂標識はありませんがベンチと標柱と左側の木が目印です
a0206345_1829790.jpg

9:22 小さな登り降りを繰り返し、この石段を登れば
a0206345_18324219.jpg

9:22 標高200mの等高線を持つ無名ピーク 金比羅岳と似てます
a0206345_18334549.jpg

9:29 真竹谷駐車場分岐 正面の石段を登れば古川岳展望台
a0206345_1836122.jpg

9:32~9:34 古川岳展望台
a0206345_1840301.jpg

眼下には佐々の街並みが一望 
a0206345_18414019.jpg

9:35 またまた石段 その昔石段を積み上げた人々に思いをはせる
a0206345_1847545.jpg

9:37 登り切ったベンチ正面が三尊岳登り口 カメラの調子が悪くピンボケが多い・・・(T_T)
a0206345_18492076.jpg

9:39 登山らしくなったね
a0206345_18503296.jpg

9:40~9:42 薄暗い三尊岳 220mの等高線を持つ古川山系最高峰
a0206345_18512535.jpg

9:49 来た道を戻り古川登山口分岐
a0206345_18592225.jpg

9:55~9:57 やっと城辻山に着いたー\(^o^)/ 山頂はテレビ中継所のアンテナが林立してます
a0206345_1924877.jpg

その奥にひっそりと あら?雨が降り出した!予報より2時間も早い
a0206345_1941744.jpg

10:10~10:20 来た道を戻り古川岳展望台
a0206345_1971990.jpg

展望台から佐々の町を見下ろします マラソン大会のアナウンスが聞こえてるけど、雨も降り出したことだし寒いだろうな・・・ここの気温は7℃ほどです
a0206345_19103397.jpg

滑らないように下りないと
a0206345_1911674.jpg

10:22 真竹谷駐車場分岐 左へ降り車道へ逃げます
a0206345_19115142.jpg

10:28 車道出会い 雨も本降りになってきたので傘をさします
a0206345_19142584.jpg

10:32 あら?いつの間にか歩道が出来てる 
a0206345_19152872.jpg

10:54 車道をテクテク歩いて皿山公園駐車場
a0206345_1918344.jpg


 標高200m前後の古川山系。ホームマウンテン黒髪山系のミニチュア版って感じかな?しかし、標高の割には登ったり降ったり黒髪山系より更にハード!相当の健脚者でなければ往復縦走は不可能だろう。しかも翌日には筋肉痛のオマケ付き!かも?正に修行の道

歩行距離 6km 累積標高 600m 行動時間 2時間11分 歩行時間 1時間52分

 往復した場合、距離は6km弱となるが、累積標高は1000mにもなる。最強の低山と言われる黒髪山系の代表的な周回コース、黒髪山~青螺山周回でも6km、累積標高850m程度。我と思わん人は往復縦走にチャレンジしてみよう
by ichibunn-go | 2016-01-17 19:36 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

虚空蔵山~高見岳ミニ縦走

5月23日(土) 明日は雲仙にミヤマキリシマを見に行く。行きがけの駄賃?として午後からは雨の予報なので、短時間に登れる虚空蔵山に寄り道することにした。その後、島原まで走り、観光客気分で久しぶりに街を散策する予定。

虚空蔵山 吹き上げる風は思ったよりも冷たい
a0206345_1375225.jpg

ルートは、木場登山口~冒険コース分岐~虚空蔵山~鳥兜~犬の墓~南登山口~高見岳~高見岳登山口~林道~岩屋登山口~犬の墓~家族連れコース~鬼の岩屋~木場登山口
a0206345_1312597.jpg

聳える尖峰に登山意欲を掻き立てられる
a0206345_1359660.jpg

7:48 一番乗りで木場登山口を出発
a0206345_139181.jpg

いきなり急な登りが続いて冒険コース、家族連れコース分岐 当然右の冒険コースを登る
a0206345_13114638.jpg

8:10 この辺りから、岩場と鎖場が始まる
a0206345_13134859.jpg

8:18 家族連れコース出会い 右に登ればすぐ山頂
a0206345_13151076.jpg

8:20~8:44 虚空蔵山
a0206345_1316550.jpg

a0206345_1318962.jpg

遠くに多良山系
a0206345_13184979.jpg

黒髪山系も霞んで見える
a0206345_13191894.jpg

鳥兜を見下ろす
a0206345_13203778.jpg

後ほど登る高見岳
a0206345_13212513.jpg

8:46 岩屋登山口分岐
a0206345_13234190.jpg

8:50~8:55 天を突き刺すような鳥兜
a0206345_13243164.jpg

振り返れば虚空蔵山の尖峰
a0206345_13275897.jpg

9:00 木々の間から槍の穂先の様な鳥兜が見える
a0206345_13264021.jpg

9:03 犬の墓 直進して高見岳まで小さな縦走
a0206345_13285981.jpg

9:20 林道に出て南登山口
a0206345_13304556.jpg

斜向かいが高見岳登山口
a0206345_13343333.jpg

9:24 登山道横は伐採の真っ最中 梅雨で土砂崩れが起きなければいいけど
a0206345_13341064.jpg

9:27 伐採地を過ぎれば自然林に入り、急斜面になってくる
a0206345_13365486.jpg

9:31 ロープは張ってあるけど、滑り落ちそうな急登
a0206345_13383016.jpg

9:35~9:39 高見岳山頂
a0206345_13395394.jpg

9:51 林道まで戻り、ここから岩屋登山口まで歩く
a0206345_13412637.jpg

9:56 木々の間から虚空蔵山が見えた
a0206345_13425816.jpg

10:03~10:07 岩屋登山口 ここからもう一度登り返す
a0206345_13442493.jpg

10:12~10:30 犬の墓 ここは岩屋と川内からの峠、虚空蔵山から高見岳の縦走路との交差点となる
a0206345_13475275.jpg

犬の墓の謂れ 休むのにちょうど良いので昼食とした
a0206345_13495592.jpg

10:59 家族連れコースを降って、木場登山口、長野登山口分岐
a0206345_13512722.jpg

すぐ近くの鬼の岩屋 中は数人泊まれそう
a0206345_13525136.jpg

11:08 途中、何組かとすれ違ったが、思ったよりも車が増えてるかな
a0206345_13543730.jpg

この湧水で顔を洗えば気持ちいいこと
a0206345_13552528.jpg


少し休んで着替えたら島原に向けて出発だ!あらら雨が降ってきたよ(+o+) 
天気予報大当たり

歩行距離 6km 累積標高 800m 行動時間 3時間20分 歩行時間 2時間15分
by ichibunn-go | 2015-05-25 16:30 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31