人気ブログランキング |

イチブン山水記 TTI48

ichibunn.exblog.jp ブログトップ

セピア色の九重連山8座縦走 星生山~天狗ケ城~中岳~白口岳~鳴子山~稲星山~久住山~扇ケ鼻

11月10日(月) 『くじゅう17サミッツをこの日に定め、この一週間ヤキモキしながら天気予報を見てきた。昨日は雨・・・果たして今日は? 天気予報では曇り昼頃から晴れの予報。これならいいかも!
 取りあえず佐世保の自宅を午前2時10分に出発。牧ノ戸峠まで3時間のアプローチ。途中空模様を見ながら行くことにしたが長者原に着いてみると霧・・・霧で何にも見えず・・・仕方ないので一時間ほど仮眠を取り、牧ノ戸峠に着いてみると更に濃い霧が・・・
 牧ノ戸峠6時出発予定を、日の出後の7時頃とし、霧が晴れない場合は、一日『くじゅう17サミッツ』を中止し、ここから鳴子山の間にある星生山~久住山~稲星山~白口岳~鳴子山~中岳~天狗ケ城~扇ケ鼻の8座をのんびりと臨機応変に"楽"しみながら歩くことにした。

セピア色に染まった山並みの真ん中にエメラルドグリーンの御池
a0206345_1020598.jpg

予定では4月17日の『くじゅう17サミッツ』と同じ、牧ノ戸峠~沓掛山~星生分れ~星生山~久住分れ~久住山~中岳分岐~天狗ケ城~中岳~白口谷口~稲星山~稲星越~白口岳~鉾立峠~立中山~大船山~段原~北大船~段原~坊がつる~三俣山南峰登山口~三俣山南峰~本峰~西峰~スガモリ越~大曲登山口~牧ノ戸峠の大周回ルートだが、少しでも危険を感じた場合は安全第一!無理をせずに中止しルートを変更する。
a0206345_9343898.jpg

変更した場合のルートは、牧ノ戸峠~沓掛山~扇ケ鼻分れ~星生分れ~星生山~久住分れ~中岳分れ~天狗ケ城~中岳~白口谷口~稲星越~白口岳~稲星越~鳴子山~稲星越~稲星山~神明水~久住山~中岳分れ~久住分れ~扇ケ鼻分れ~扇ケ鼻~扇ケ鼻分れ~沓掛山~牧ノ戸峠(沓掛山を入れれば9座)を臨機応変縦横に楽しむことにする
a0206345_9334232.jpg


6:58 牧ノ戸峠は霧・・・霧・・・
a0206345_945478.jpg

7:15 行く手は霧に阻まれそうだけど、取りあえず星生山までは『くじゅう17サミッツ』ペースで行くことにしよう
a0206345_9484658.jpg

7:21 展望所 霧がなければ三俣山がド~ンと見えるんだけど・・・な
a0206345_9505352.jpg

7:31 霧にけむる沓掛山
a0206345_9544370.jpg

7:53 扇ケ鼻分れ こりゃ(○゚д゚)ャバィカモ・・・
a0206345_9552476.jpg

7:59 星生分れ 更に(○゚д゚)ャバィカモ・・・星生山はどこ?って感じ
a0206345_95616100.jpg

8:12~8:16 取りあえず星生山 牧ノ戸峠から58分
a0206345_9591694.jpg

硫黄山からの噴煙で硫黄臭い
a0206345_10156.jpg

服もびしょびしょ湿った岩が滑りそう 安全第一『くじゅう17サミッツ』中止を決断 後はのんびり"楽"に行こう
a0206345_1015620.jpg

8:27 星生崎から避難小屋を見下ろす
a0206345_1033216.jpg

8:32~8:34 避難小屋&バイオトイレ
a0206345_107243.jpg

8:43 中岳分れ ここで霧が晴れだしたので久住山は後回しにして天狗ケ城へ向かう
a0206345_1083111.jpg

8:58~9:04 天狗ケ城 おはよう三俣山 霧が晴れてよかった~
a0206345_10132997.jpg

中岳と雲に浮かぶ大船山
a0206345_1015026.jpg

9:12~9:26 中岳 徐々に雲が消えてていく
a0206345_10175897.jpg

途中出会った都城の中ちゃんとここから先は同行することにした
a0206345_10262597.jpg

9:35 白口谷口 おお~いつの間にか立派な標識になっている
a0206345_10414688.jpg

9:43 稲星越 次は白口岳だ
a0206345_10424657.jpg

9:53~10:07 白口岳 雲もすっかりなくなり爽快
a0206345_10485990.jpg

a0206345_10493333.jpg

10:16 稲星越まで引き返し鳴子山へ 右は沢水へ降る
a0206345_10551313.jpg

10:25 鳴子山の登山道が見える
a0206345_1134645.jpg

10:31~10:53 鳴子山 めったに来ることのないここで昼食を摂りながら景色を"楽"しもう
a0206345_1132641.jpg

復路はあの岩の間を登ったり降ったり
a0206345_1110376.jpg

こんな感じの岩
a0206345_11121390.jpg

11:08 稲星越 あれっ?誰かいる 名古屋のO~Twoさんご夫婦 山旅は道連れ 久住山まで同行することにした
a0206345_11102216.jpg

11:14 振り返って鳴子山を見る
a0206345_11111331.jpg

11:22~11:41 荒涼たる稲星山
a0206345_11193374.jpg

雲海が素晴らしい
a0206345_11215551.jpg
a0206345_1122191.jpg

山々は冬に向かってセピア色 天狗ケ城と中岳
a0206345_11235717.jpg

左から久住山、星生山、天狗ケ城
a0206345_11243731.jpg

右手前に白口岳、後方に平治岳、中央に坊がつる、左に三俣山がチラリ
a0206345_11255055.jpg

山旅は道連れ にわかパーティー四人組
a0206345_11301978.jpg

記念になるかな?あっ!ご主人 目つむり(´・ω・`)
a0206345_11353410.jpg

11:50~11:53 久住山と稲星山鞍部の神明水
a0206345_1136026.jpg

ここからの登りは滑りやすいので注意しよう
a0206345_11363564.jpg

久住山はもうすぐ展望を楽しみながら歩こう
a0206345_1139417.jpg

12:18~12:29 久住山 山旅は道連れ・・・名古屋のO~Twoさんご夫婦(右)と都城の中ちゃん(左)
a0206345_1142309.jpg

いい感じです(*´∀`*)
a0206345_11432158.jpg

左から三俣山、天狗ケ城、中岳
a0206345_11452552.jpg

12:38 中岳分れ ここでO~Twoさんご夫婦は天狗ケ城と中岳へ
a0206345_1147263.jpg

12:44 三俣山がド~ンって感じ
a0206345_11481728.jpg

12:47 久住分れ 
a0206345_1149591.jpg

12:49~12:54 避難小屋&バイオトイレで小休止
a0206345_11532418.jpg

阿蘇の山々が涅槃に見える 
a0206345_11553096.jpg

a0206345_11561624.jpg

13:00 青空に聳える星生崎
a0206345_11565029.jpg

13:17 扇ケ鼻分れ さあ!中ちゃん最後のピークだ頑張ろう
a0206345_11565718.jpg

13:25 ここから見る久住山はカッコイイ
a0206345_11583177.jpg

13:30~13:38 扇ケ鼻山頂
a0206345_122553.jpg

あと2mあれば『くじゅう17サミッツ』に入ったのに残念な扇ケ鼻
a0206345_1224347.jpg

なんとなく幻想的
a0206345_1263273.jpg

湧蓋山が美しい 右後方にはギアナ高地の如き万年山
a0206345_1275894.jpg

a0206345_12121448.jpg

13:48 扇ケ鼻分れ 後は降るだけ
a0206345_12131947.jpg

14:09~14:12 沓掛山で小休止
a0206345_12141380.jpg

三俣山と彼方の由布岳がいい感じ
a0206345_12152072.jpg

空気が澄んで由布岳もよく見える
a0206345_12164890.jpg

14:25 無事に牧ノ戸峠に到着
a0206345_12203935.jpg


 自分の体力の限界に挑戦する一日『くじゅう17サミッツ』今回は天候に恵まれなかったけど、次回は来春3月下旬から4月上旬かな?冬の間にもっと体力つけとかなきゃ。まだまだ歳には負けられん!
 今日は思いがけない出会いがあり楽しい一日だった。初めて会った人達と共に歩く山旅もいいもんだな~と改めて思い直した次第で、結果オーライ!かなヾ(*´∀`*)ノ

 そして今回思いついた事がある。それは、くじゅう連山1700m以上で山頂標識のある久住山~星生山~天狗ケ城~中岳~稲星山~白口岳~大船山~北大船山~三俣山本峰~南峰の『くじゅう17サミッツ』10峰に、1600m峰の扇ケ鼻~鳴子山~平治岳~三俣山西峰の『くじゅう16サミッツ』4峰を加え、『くじゅう16~17サミッツ』14峰全山を一日で踏破しよう!というものだが、出来る出来ないは別にして取りあえず計画だけは立ててみよう。かな?

歩行距離 16km  累積標高 1350m  行動時間 7時間10分  歩行時間 5時間19分

名古屋のO~Twoさんご夫婦と都城の中ちゃん、今日はお疲れ様でした。また”楽”しい山旅有難うございましたm(_ _)m   またどこかの山で会えたらいいですね。
by ichibunn-go | 2014-11-11 13:15 | くじゅう連山
line

登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31