3月9日(木) 二週間前にも今シーズン最後の冬山と思いくじゅう連山を訪れた。しかし、可能ならば今シーズン中に冬季未踏の大船山と、氷結した御池に立ちたい!との思いがつのるばかり!
 頃合い良く?強風を伴った寒波の襲来!天気予報によると大船山の風速は15~18mの台風並みの強風と、気温氷点下5~8度の厳しい条件だが、日中の天気は晴れ!スキルアップのためにも登るしかない!

強風渦巻く大船山御池 フードを抑えて踏ん張ってないと飛ばされそう
a0206345_06315947.jpg

ルートは、長者原~雨ケ池越~坊がつる~段原~大船山~御池~段原~北大船山~段原~坊がつる~雨ケ池越~長者原の往復
a0206345_06353023.jpg

長者原 駐車車両も登山者のものかどうかはわからないけど、平日だからこんなものかな?
a0206345_06405927.jpg

7:22 いつもの様に平治号に挨拶して出発!強風のためか積雪はそれでも程ない
a0206345_06443339.jpg

7:24 タデ原湿原 三俣山は見えないけど本当に晴れるんだろうか?
a0206345_06471688.jpg

7:47 休憩所 積雪で踏み跡のない登山道はわかり難い ここまでも何度かロストしそうになった
a0206345_06514607.jpg

8:08~8:13 展望所 ここまで来れば雨ケ池越までもう一息 道を外す心配もない
a0206345_06533985.jpg

見えない
a0206345_06541800.jpg

9:19 雨ケ池越
a0206345_06562352.jpg

8:32 展望所から坊がつる 大船山は雲の中だね
a0206345_06574482.jpg

8:49 吉部分岐
a0206345_06591934.jpg

枯れススキがきれいだね
a0206345_07001836.jpg

8:53 大船山分岐
a0206345_07005855.jpg

8:56~9:15 坊がつる 吹きさらしで時折強風がものすごい音を立てて通り過ぎる 
a0206345_07032251.jpg

大船山登山口 誰も登っていないので踏み跡はない 迷わない様に慎重に登らねば
a0206345_07055776.jpg

9:52 展望所 本当に晴れるのかな? この辺りから薄く霧氷が
a0206345_07091965.jpg

9:56 辺りが段々白くなってきたが、頭上では轟音をたてて風が吹き荒れる
a0206345_07150095.jpg

10:04 樹木の背が低くなり、徐々に風を感じる様になってきた
a0206345_07153157.jpg

霧氷も綺麗になってきたよ
a0206345_07234445.jpg

a0206345_07240719.jpg

10:17~10:21 段原 台風並みの風が吹き荒れ、まともに立ってられない
a0206345_07251832.jpg

10:24 登山道に入ると吹き溜まった雪が深くなってきた
a0206345_07321067.jpg

10:27 目の前に広がるのは白と黒の世界 
a0206345_07332513.jpg

10:36 本日最強の吹き溜まり
a0206345_07344281.jpg

ストックもずっぽりの自然の芸術を崩すのはもったいないのでラッセルを最小限に抑えて
a0206345_07351323.jpg

10:41~11:08 強風吹き荒れる大船山 途中吹きさらしの岩場が一番風が強かった 突風が吹く時には風上に背を向けかがんでやり過ごしながら登って来た
a0206345_07382904.jpg

突風が通り過ぎた合間に 気温はー5.3度 体感温度はー20度以下かも
a0206345_07411388.jpg

御池が幻想的 畔まで降ってみよう
a0206345_07422249.jpg

途中の展望所から 
a0206345_07460626.jpg

残念ながら完全氷結していない 紅葉燃え立つ秋とは違い全てがモノトーンの世界
a0206345_07471644.jpg

a0206345_07474739.jpg

ここは渡れそうだけど・・・
a0206345_07491618.jpg

上空で渦巻いた強風が後方から吹き付ける!意を決して氷上に立つ!これで目標達成!
a0206345_07493142.jpg

霧氷も綺麗です
a0206345_07485370.jpg

a0206345_07482542.jpg

11:23 段原まで戻って来た これまでにない恐怖と緊張から解きほぐされるが、油断大敵 直進して北大船山へ
a0206345_08045878.jpg

11:28~11:31 北大船山
a0206345_08122518.jpg

a0206345_08124274.jpg

とても立ってられない
a0206345_08130924.jpg

11:32 段原 ここからの降りは気を引き締めて 正面に見えるはずの大船山は全く見えず
a0206345_08151014.jpg

11:44 法華院温泉が見える 雪国~って感じで九州じゃないみたい
a0206345_08191037.jpg

12:14~12:44 坊がつる
a0206345_08211159.jpg

避難所を借りて昼食にしよう
a0206345_08214230.jpg

中はきれいに掃除してありますが、泊りは不可です
a0206345_08220007.jpg

三俣山が神々しい
a0206345_08244651.jpg

12:50 ああ~!大船山が!見えた・・・(T_T)
a0206345_08250617.jpg

12:52 吉部分岐
a0206345_08292487.jpg

13:11 展望所から 大船山と坊がつる!次はミヤマキリシマの頃に来るから待っててくれ
a0206345_08303776.jpg

13:20 雨ケ池越
a0206345_08325638.jpg

13:24 雄々しく見える三俣山
a0206345_08351321.jpg

今日初めて水を飲もうとすると、半分ぐらい凍ってる!
a0206345_08363094.jpg

14:02 タデ原湿原 
a0206345_08373218.jpg

星生山も見えてきたね
a0206345_08383889.jpg

三俣山も見えてるけど、指山じゃまです
a0206345_08395337.jpg

14:06 平治号帰ってきたよ(^^♪ 今日も有り難う(*^_^*)
a0206345_08413098.jpg

 如何に九州とは言え、自然と冬山の厳しさを思い知らされた登山だった。踏み跡のない無垢の登山道に最初の足跡を残すのは気持ちいいけど、それなりの責任がある。現に段原付近で出会った登山者は、足跡があったので安心して登って来たと言っていた。間違えれば後から登って来る登山者の多くは、同じ踏み跡をたどって来るだろう。

 段原から大船山までは特に、暴風に立ち向かおうと言う気持ちと、不安と恐怖と緊張でアドレナリン噴き出しまくり(たぶん)で、その後は疲れも何も感じなくなった。でも、今回の登山で壁を一つ乗り越えたような気がすると共に、最高の達成感と高揚感が得られた。

歩行距離 15km 累積標高 1200m 行動時間 6時間44分 歩行時間 5時間14分



# by ichibunn-go | 2017-03-10 09:01 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)

3月4日(土) 多良山系では、そろそろマンサクが咲きだすころではなかろうか?
マンサクを見るだけでは物足りないので、知る人ぞ知る!”経ヶ岳南壁と多良岳北壁”というワイルドなオプションを付けてみた。
その匂いをを嗅ぎつけて集まった参加者は、ナンちゃんと、山友のレイランさん、やすとよさん、もとちゃんとイチブンの5人の山馬鹿!

多良岳座禅岩で景色を楽しむ”もとちゃん”
a0206345_18215280.jpg
ルートは、中山キャンプ場~中山越~経ヶ岳南壁~経ヶ岳~中山越~西岳~西野越~金泉寺(11時着)~役の行者~国見岳~多良権現~多良東峰~多良岳北壁~太良水源地~中山キャンプ場の変則8の字周回?
a0206345_18312760.jpg
7:27 中山キャンプ場を意気揚々出発
a0206345_18342075.jpg
7:35 ここが登山口
a0206345_18354481.jpg
7:40~7:42 林道に出て早くもレイヤードタイム
a0206345_18381944.jpg
再び本格的?な登山道へ
a0206345_18412128.jpg
8:02~8:06 中山越 ちょっと休んだら登るよ
a0206345_18425977.jpg
8:24 ここから知る人ぞ知る経ヶ岳南壁入口
a0206345_18454211.jpg
8:30 崩れやすいガレ場
a0206345_18474917.jpg
8:33 南壁下に到達 いきなりイナバウワー
a0206345_18490449.jpg
8:36 ズルズルの崩れやすいガレ場
a0206345_18531887.jpg
8:39 イナバウワーのし過ぎで多良岳北壁までもつかな?それに五十肩も痛いし(+o+)
a0206345_18551793.jpg
8:42 麓から見える経ヶ岳の岩壁が頭上に
a0206345_18580383.jpg
ど~ん!とね

a0206345_19014839.jpg
8:44 岩壁から離れて登山道へ
a0206345_19060601.jpg
8:49 ツゲ尾上の登山道に出て経ヶ岳へ
a0206345_19083264.jpg
8:56 所々雪が残っていたり、アイスバーンがあったり気を付けながら梯子を上ろう
a0206345_19104031.jpg
9:03 展望所から黒木の里を望む
a0206345_19114429.jpg
9:04~9:17 経ヶ岳山頂にて
a0206345_19150146.jpg
天気予報では曇りだったけど、ご覧のとおり
a0206345_19163282.jpg
a0206345_19165350.jpg
a0206345_19172098.jpg
9:25 ロープ場 一応難所かな?
a0206345_19192050.jpg
9:31 南壁分岐辺りまで降ってきた
a0206345_19215886.jpg
9:47 中山越 降ってきたから休憩しなくてもいいよね
a0206345_19233932.jpg
10:11~11:14 笹ケ岳鞍部 ゲゲッ!マンサク咲いてないし・・・(T_T)
a0206345_19283449.jpg
10:20 キツネノカミソリ頑張ってます! 夏が楽しみだね(^^♪
a0206345_19301070.jpg
10:24 西岳登りで あ・足があがらない・・・
a0206345_19314234.jpg
10:27 木々の間から先ほど歩いた南壁が見える
a0206345_19331417.jpg
10:34~10:37 西岳山頂
a0206345_19342344.jpg
10:46 皆さんご存知の西野越 
a0206345_19354357.jpg
10:53~11:31 金泉寺 ほぼ予定通りに到着
a0206345_19411373.jpg
しばらく暖炉で温まって、外で昼食にしたけど日陰は先週の”くじゅうの昼食”の時より寒く感じた(+_+)
a0206345_19444666.jpg
11:36 役の行者
a0206345_20194493.jpg
11:51~11:56 国見岳から景色を楽しもう
a0206345_20220103.jpg
ここにはマンサクが咲いてました
a0206345_20241735.jpg
a0206345_20254778.jpg
a0206345_20260556.jpg
11:59 石段登れば多良権現
a0206345_20274575.jpg
12:00~12:04 多良権現峰
a0206345_20292019.jpg
ここのマンサクもちょっと咲いてるかも
a0206345_20293799.jpg
12:10 罪人落とし岩 その昔ここから罪人を落とし生きていたら罪が許されたという・・・
a0206345_20320020.jpg
12:17 展望岩 梯子を上るか?それとも・・・
a0206345_20325158.jpg
12:23 座禅岩
a0206345_20342698.jpg
写るだけではなく撮ります
a0206345_20351283.jpg
12:29 鬼の岩屋 初めての人、特に女性は必ずこれをやるという山の掟が・・・う~ん?なにか違うような?
a0206345_20362838.jpg
12:34~12:41 多良東峰
a0206345_20391766.jpg
笑顔満面 これから始まる苦難?楽しみ?を知りません(^-^;
a0206345_20393636.jpg
12:48 急な下りを約100m降る
a0206345_20422546.jpg
12:52 多良北壁分岐 このブログを見たからと言って簡単に行ってはいけません!遭難しますよ!ここに足を踏み込めるのが許されるのは地図が読める人!コンパスが使え、自分の現在地を把握できる人のみ!
a0206345_20433392.jpg
12:55~と言う事で、時間を忘れて多良北壁を存分に楽しもう\(^o^)/
a0206345_20493161.jpg

a0206345_20502359.jpg
a0206345_20513175.jpg
つららの残骸・・・(T_T)
a0206345_20575448.jpg
更に迫力の北壁
a0206345_20590275.jpg
あら?手をついてる人は何してる?
a0206345_20591784.jpg
ヒメシャラの丘 ここで多良北壁半分ぐらい
a0206345_21030593.jpg
ここから先は藪漕ぎ藪漕ぎ楽しいな(^^♪ はっきり言って道はないです(^^♪
a0206345_21042620.jpg
a0206345_21044879.jpg
a0206345_21051274.jpg
a0206345_21054389.jpg
a0206345_21061102.jpg
14:00~14:15 太良川水源地 ここに出てくれば正解です
a0206345_21075436.jpg
ほぼ予定通りでしばらく休憩
a0206345_21102372.jpg
キツネさんも元気いっぱい 0(^O^)0
a0206345_21121577.jpg
14:47 数々の難所を乗り越えて中山キャンプ場に無事とおちゃあ~く!
a0206345_21144934.jpg
 久しぶりに登山道ではない登山道?を歩いてリフレッシュできた思いがした。
 これから暫くは幾つかの自分の目標に向かって時間を使いたい。今回同行してくれたナンちゃん、レイランさん、やすともさん、もとちゃんお疲れさまでした。そして有り難う(*^_^*)

歩行距離 9.5km 累積標高 1100m 行動時間 7時間20分 歩行時間 5時間46分


# by ichibunn-go | 2017-03-04 19:45 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)

2月25日(土) 先週訪れるはずだったくじゅう連山!気温が高めだったため急きょ由布岳御鉢巡りに変更した。そこで、初登山で由布岳御鉢巡りを達成した”スーパー山ガール”が誕生したことは先週のブログで紹介した通り。
 そんなこんなで今日が今シーズン初めてのくじゅう連山!待ち望んでいた寒波が来た!今回の目的は冬季未踏の三俣山と氷結した御池。天気予報では朝からピーカンの晴天だが、山の天気は当てにならないのが普通と思うべき!

第一の目的!氷結した御池にびびりながらも立つ!
a0206345_21012209.jpg
もう一つの目的三俣山の霧氷
a0206345_21561473.jpg
中岳の霧氷も綺麗だった
a0206345_08374842.jpg
天狗ケ城の青空に霧氷
a0206345_14393056.jpg

ルートは、大曲登山口~坑道~スガモリ越~三俣山西峰~スガモリ越~北千里浜~久住分れ~御池~中岳~天狗ケ城~久住分れ~北千里浜~坑道~大曲登山口のやたらと往復の多いコースになってしまった(^-^;
a0206345_21063030.jpg
6:20 長者原からスタートの予定だったが、駐車車両は僅か2台・・・これなら牧ノ戸峠も余裕かも?平治号に挨拶して急いで移動 注:画像では明るいけど実際はもっと暗い
a0206345_21104731.jpg
6:37 登って行くと・・・大曲登山口・・・駐車可能・・・しかも!駐車してるのは1台だけ!更に予定変更してここからスタートすることに 三俣山も真っ白!こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_21150380.jpg
6:43 大曲登山口
a0206345_21171591.jpg
6:50 霜柱の絨毯 これが溶けたらビチャビチャの田んぼ道に!今日も午前中勝負か!?
a0206345_21200627.jpg
6:54~6:59 鉱道出合い あっ!スパッツのゴムが切れてる(T_T) 修復を試みるものの残念・・・ええい!ままよ!
a0206345_21232761.jpg
7:03 長者原分岐 長者原から登るのと比べたら30分は節約できたかな
a0206345_21262267.jpg
三俣山も霧氷で真っ白だね
a0206345_21275852.jpg
7:08 落石帯を急いで通過
a0206345_21431970.jpg
7:10 スガモリ越分岐
a0206345_21443532.jpg
7:20 スガモリ越近くで霧氷が着きだす
a0206345_21463162.jpg
登山道の石もこの通り
a0206345_21473079.jpg
ロープは芸術的かも!
a0206345_21483114.jpg
7:24~7:31 スガモリ越 朝が早かったのでおにぎりでも食べとこう
a0206345_21502557.jpg
ここにも立派な霧氷が 
a0206345_21514150.jpg
待ってろ!三俣山!と、張り切って登り出したものの・・・
a0206345_21523207.jpg
7:45 霧氷!
a0206345_21542248.jpg
a0206345_21585431.jpg
a0206345_21593047.jpg
7:53~8:03 三俣山西峰 強風が吹き荒れる!さぶ~(*´Д`)
a0206345_22183187.jpg
気温は体温の影響を受けながらも-6.7度!? 実際は何度?
a0206345_22052532.jpg
カメラをセットするために手袋外したら、あっという間に指は千切れんばかりに・・・体感温度は-15~20度ぐらいかな?(+o+)
a0206345_22084306.jpg
本峰まで行く予定だったけど、見えなくなったので御池に急ぐ
a0206345_22104932.jpg
8:09 星生山も見えなくなった
a0206345_22215831.jpg
中岳と久住山・・・おまえもか・・・
a0206345_22235086.jpg
8:11 スガモリ越に人が見える
a0206345_07430901.jpg
8:18 これは何と形容したらいいのかな?
a0206345_07451667.jpg
刀?歯ブラシ?
a0206345_07465571.jpg
8:19~8:27 スガモリ越 休んでいた若者としばらく話す
a0206345_07480568.jpg
気温はー4.4度 風が当たらないので暖かく感じてしまう
a0206345_07510099.jpg
霧氷もバリついてるね
a0206345_07535139.jpg
8:30 北千里浜 右を取って久住分れへ
a0206345_07544453.jpg
おおっ!川が凍ってる!子供の頃を思い出してわりながら歩きたい衝動に・・・
a0206345_07562205.jpg
かられる
a0206345_07564716.jpg
8:36 星生山方面 この荒涼感がいい
a0206345_07593976.jpg
8:52 久住分れに日が差してきた ここから先は期待できそう
a0206345_08011514.jpg
8:55 三俣山山頂付近は相変わらず雲の中
a0206345_08022994.jpg
8:58 霧氷が段々と凄くなってきた
a0206345_08034337.jpg
星生崎が見えてきて久住分れまで後すこし
a0206345_08040338.jpg
9:00 久住分れ 道標にも霧氷 高度が上ればもっとついてるかも!
a0206345_08044945.jpg
三俣山は完璧雲の中
a0206345_08062090.jpg
9:02 久住山がゴジラみたいで凄い迫力!
a0206345_08082444.jpg
9:04 中岳分岐 先ずは御池へ
a0206345_08095031.jpg
9:14 やったー!御池凍ってる!
a0206345_08125596.jpg
この辺りは再凍結みたいなので、のればヤバイかな?
a0206345_08135888.jpg
霧氷もきれかです
a0206345_08180506.jpg
a0206345_08184538.jpg
a0206345_08201552.jpg
おっかなびっくり立ってみた
a0206345_08251012.jpg
先週の暖かさで一度溶けて、今週の寒波で再凍結したみたいだね
a0206345_08295370.jpg
a0206345_08313027.jpg
9:34 中岳~天狗ケ城鞍部の霧氷もなかなかです
a0206345_08351028.jpg
a0206345_08365021.jpg
a0206345_08341003.jpg
a0206345_08374842.jpg
a0206345_08385897.jpg
a0206345_08392035.jpg
9:38~9:43 中岳
a0206345_08415532.jpg
自然のなせる技
a0206345_08430486.jpg
気温は相変わらずー4度以下 日差しはあるけど強風でめちゃ寒い
a0206345_08450908.jpg
次は天狗ケ城へ
a0206345_08460307.jpg
登山者のカラフルなウェアーが映えます
a0206345_08474745.jpg
9:48 鞍部の標柱
a0206345_08494209.jpg
こんだけ~
a0206345_08511247.jpg
9:50~10:09 風が当たらず見晴らしのいい場所見~っけ 腹減ったんで何か食べないと
a0206345_08570371.jpg
カップラーメンよ3分間景色を楽しむがよい
a0206345_08563550.jpg
ラーメン待つ間に振り返れば中岳と大船山
a0206345_09062921.jpg
彼方に三俣山も
a0206345_09080858.jpg
青空に霧氷!これを待っていた!
a0206345_09102746.jpg
a0206345_09104891.jpg
10:12~10:17 天狗ケ城
a0206345_09123041.jpg
御池を見下ろす
a0206345_09131307.jpg
天気は回復したけど、相変わらず風が強い
a0206345_09141728.jpg
降りながら御池を楽しもう
a0206345_09160599.jpg
a0206345_09162510.jpg
10:21 次の目的地 久住山
a0206345_09282387.jpg
10:29 中岳分れ
a0206345_09292135.jpg
10:37~10:41 久住山
a0206345_09303935.jpg
強風でめちゃ寒かです よく見ると鼻水が光ってる(^-^;
a0206345_09323869.jpg
取あえず景色を楽しもう
a0206345_09335002.jpg
a0206345_09341411.jpg
10:48 空池の淵を降る
a0206345_09361868.jpg
10:53 久住分れと星生崎
a0206345_09370783.jpg
11:06 強い日差しを後方から受け汗ばんできた
a0206345_09404572.jpg
一枚脱いで北千里浜へ
a0206345_09413188.jpg
11:18 氷結川
a0206345_09431702.jpg
11:21 スガモリ越分岐
a0206345_09442012.jpg
11:23 すっかり晴れあがって大船山
a0206345_09500394.jpg
中岳~久住山方面も
a0206345_09473191.jpg
11:27~11:31 スガモリ越
a0206345_09502917.jpg
奥にはまだこんなに雪が!
a0206345_09530038.jpg
三俣山も青空に聳えて・・・ちょっと残念 時間を見ると11時31分 12時までに大曲登山口に降ろう!
a0206345_09514897.jpg
11:39 坑道に出る
a0206345_09552099.jpg
11:42 長者原分岐
a0206345_09564149.jpg
11:45 大曲登山口分岐
a0206345_10015526.jpg
11:51 最後の難所? ここを無事通過すれば・・・
a0206345_10025752.jpg
11:52 大曲登山口に無事到着
a0206345_10044345.jpg
振り返れば真っ白な三俣山
a0206345_10055050.jpg

当初の計画とは全く違うコース取りになってしまったが、目的だけは外さずにその都度臨機応変に対応し、無駄は多いが結構楽しめたので良し!としよう(^-^;

歩行距離 13km 累積標高 1100m 行動時間 5時間22分 歩行時間 4時間19分



おまけ
先日、雲仙でイケちゃんから頂いた”長者原温泉郷 半額入浴券” 山恵の湯でありがたく使わせていただきました<m(__)m>
a0206345_10135593.jpg

# by ichibunn-go | 2017-02-26 10:21 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)