7月3日(月) 今年も佐世保スイミングクラブ夏期水泳教室の季節がやって来た! 今日が初日で8月26日までの2ヶ月間それぞれの目標に向かって練習する。



昨年も参加した子供達は上手に泳げます
a0206345_21002595.jpg


先ずは準備運動から アキレス腱を伸ばして
a0206345_21054047.jpg


ラジオ体操第いち~
a0206345_21085724.jpg


準備運動が終わったらレベルに合わせたクラスに分かれます
a0206345_21102234.jpg


練習開始 
a0206345_21134491.jpg


a0206345_21140655.jpg


a0206345_21002595.jpg


a0206345_21153342.jpg


今はまだ子供たちは少ないけど、夏に向かって徐々に増えてきて賑やかになります。
今年の目標!25m以上泳げるようになること! みんな頑張れ~\(^o^)/




# by ichibunn-go | 2017-07-03 21:21 | 佐世保スイミングクラブ | Trackback | Comments(0)

7月2日(日) 条件が良ければy弟子のリクエストにより由布岳に登る予定だった・・・けど、梅雨真っ只中そんなにいい条件あるわけないよね ^^;
 そこで、目的地をホームマウンテンの黒髪山系に変更。梅雨時の低山の厳しさを体験することに。


雨雲に覆われた黒髪山山頂にて
a0206345_18325764.jpg


ルートは、竜門ダム駐車場~二俣~鬼ノ岩屋~後ノ平~黒髪山往復となった
a0206345_18360568.jpg


9:00 竜門ダム駐車場をスタート キャンプの人もいるみたいだけど、思ったよりも車多いね
a0206345_18380278.jpg


9:04 かじか橋から滝を見る
a0206345_18430918.jpg


9:09 二俣 昨夜の雨で濡れた岩で滑らない様に気を付けて登らねば
a0206345_18442235.jpg


9:23 鬼ノ岩屋 高温多湿!まとわり付く湿気に悩まされながらここまでの急坂を登ってきた
a0206345_18484484.jpg


9:28 後ノ平 ここまでの登りでウェアーは汗ビッショリ 熱中症に気を付けなければ
a0206345_18504099.jpg


9:36 雨が降り出した!折り畳み傘をさして様子を見ながら登ることに
a0206345_18545530.jpg


9:40 蛇焼山 雨足が強くなってきたけど黒髪山山頂まではあとわずか
a0206345_18572078.jpg


9:46 天童岩手前のヤセ尾根 雨が小降りに
a0206345_18581138.jpg


9:47~9:55 黒髪山 到着と同時に雨が止んだ
a0206345_19290739.jpg

でも、周りを見渡すとご覧の通り
a0206345_19025558.jpg

a0206345_19031789.jpg

雲の間に下界が少し 何時雨が降り出すか分からないので引き返すことに
a0206345_19041256.jpg

9:57 如何にも滑りそうな岩
a0206345_19052163.jpg


10:07 後ノ平 一瞬日が差してスポットライトが!
a0206345_19070006.jpg


10:14 登る時には気づかなかった、石3個を重ねた絶妙のバランスのケルン
a0206345_19091612.jpg


10:22 二俣 ここまで出会った人は4人
a0206345_19112485.jpg


10:31 珍しいカエルを見つけた!写真撮ってる間にやぶ蚊に10ヶ所ぐらいウェアーの上から刺される(T_T) 沢の近くでは止まらない様にしよう 
a0206345_19144666.jpg


10:33 竜門ダム駐車場に到着 晴れたら嬉しい蒸しけど風呂だね ^^;
a0206345_19161949.jpg


 分っちゃいるけど、梅雨真っ只中の低山の厳しいこと!改めて再認識した。登山中、足が攣ったり熱中症になった人もいたんじゃないかな? 後三週間ほどで梅雨もあけるだろうけど、真夏の低山も厳しいんだよね(T_T)


歩行距離 5km 累積標高 450m 行動時間 1時間33分 歩行時間 1時間25分











# by ichibunn-go | 2017-07-02 19:27 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

6月25日(日) 梅雨真っ盛り!雨こそ降ってないものの今日も雲仙の山々は雲の中・・・普賢岳噴火より二十数年。平成新山を間近に望むことのできる平成新山ネイチャーセンターに行ってみることにした。


わずかの間雲が流れて平成新山を見上げることができた!思ったより近い!
a0206345_22404281.jpg

初めて訪れた平成新山ネイチャーセンター
a0206345_22305513.jpg

許可を得て内部を撮影 入場は無料です
a0206345_22322326.jpg

内部の展示物
a0206345_22335588.jpg


a0206345_22353497.jpg


a0206345_22341695.jpg


a0206345_22362207.jpg


a0206345_22364992.jpg


a0206345_22382440.jpg


外に出ると平成新山が雲間に現れた 
a0206345_23001083.jpg

普賢岳から見るよりも荒々しく迫力のある溶岩ドーム
a0206345_22421375.jpg


避難シェルター
a0206345_22561962.jpg

おまけに有明海の満潮
a0206345_22434610.jpg

そして干潮
a0206345_22455490.jpg


堤防に力強く咲いてた花
a0206345_22474160.jpg

海水にも負けないこの花は何だろう?
a0206345_22483512.jpg


決して忘れてはならないが、記憶の中から年々薄れゆく普賢岳噴火災害・・・思い出すためにも時にはここを訪れることも必要かも


# by ichibunn-go | 2017-06-25 23:01 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)