経ケ岳

11月26日 二週間前に多良岳に登った。紅葉の時期だったが季節はずれの黄砂のために今一つ。今月6回目の登山となるが、久しぶりに経ケ岳に登ってみる事にした。9時過ぎに黒木市営駐車場に到着。準備運動をすませ9時20分頃出発。

9:23 黒木登山口 これから大払谷へ向かうがどんな所か妻は知らない 
a0206345_20421743.jpg

9:25 山名はわからないがピラミッドのようだ
a0206345_20441666.jpg

9:27 田んぼと民家の脇をぬけ行く
a0206345_2046899.jpg

10:25 点在する炭焼窯跡や沢を渡り大払谷の急なガレ場を登る
a0206345_21381984.jpg

10:38 傾斜のゆるやかになった所でホッと一息
a0206345_20524610.jpg

11:12 さらに斜度40度以上の500mを登りきってつげ尾にたどりついた もうヘトヘト
a0206345_2183679.jpg

11:32 霜柱を踏みしめ冷たいハシゴを登る
a0206345_214506.jpg

11:38 山頂間近の氷ついた岩場を登る ロープだけがたよりだ
a0206345_2113427.jpg

11:41 スタートから2時間20分かかってやっと山頂だ
a0206345_21211716.jpg

ここにたつのは何年ぶりだろう
a0206345_21232371.jpg

持ってきたブタ汁にご飯をまぜて煮込んだブタ汁おじやがうまかったよ
a0206345_2124226.jpg

有明海をはさんで雲仙岳
a0206345_21263687.jpg

大村湾の長崎空港
a0206345_21274584.jpg

遠くに佐賀平野が見える
a0206345_21284841.jpg

12:40 下山はあとから登ってこられた地元の方が舞岳コースからくだると言われるのでついて行くことにした
a0206345_2149168.jpg

13:20 かわいい舞岳の標識
a0206345_21551448.jpg

仰ぎ見る経ケ岳 あの急斜面をおりてきた
a0206345_21565261.jpg

13:37 展望岩にて
a0206345_21591485.jpg

金泉寺、多良岳に行くにはこの稜線を越えて行かなければならない
a0206345_2225166.jpg



14:25 八丁谷駐車場に到着。黒木市営駐車場までは距離があるので送ってくださるとの事。有難くご好意に甘える事にした。名前も聞かずにわかれましたが、その節は本当に有難うございました。
# by ichibunn-go | 2010-11-26 22:26 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(3)

多良岳

11月12日 平日だが仕事が休みだったので、急遽 多良岳に登る事にした。佐賀県の鹿島を通り太良町から山茶花高原を抜け金泉寺下駐車場を目指した。ここからだと、20分前後で金泉寺に行く事ができる参拝者コース 登山者には手抜きコース メンバーは妻と2人


立派になりすぎてなんとなく違和感のある金泉寺
a0206345_229121.jpg

多良岳分岐 まずは多良権現へ
a0206345_22135939.jpg

多良権現への登り口の石の鳥居と石段
a0206345_22151788.jpg

岩の上部に梵字が刻んである どがんして彫ったとやろか?
a0206345_22163772.jpg

a0206345_22192956.jpg

梵字岩を回り込むクサリ場
a0206345_22221932.jpg

多良権現 昼食中の登山者と話をしたところ大阪の方で日本300名山を回っておられるとの事。凄い!
a0206345_222527.jpg

多良権現の後ろから座禅岩へのくだり
a0206345_22301855.jpg

ここから落ちたらあの世行きやろうね
a0206345_22322342.jpg
  
座禅岩上 座禅をせずに立っている 向こうのポッコリが経ケ岳
a0206345_22335218.jpg

座禅岩から戻り六体地蔵にくだった
a0206345_22511970.jpg

金泉寺山小屋 いつかは泊まってみたかね
a0206345_22392437.jpg


せっかくの紅葉も黄砂のために今いちやったです。残念!
# by ichibunn-go | 2010-11-12 21:53 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(1)

天山

10月30日 心配していた台風も太平洋側にそれて行ったので天山に登ってみようという事になった。まだ、風が強く雲も厚いが天気予報によると雨の心配はなさそうだ。高速を多久ICでおり登山口の七曲峠を目指した。メンバーは妻と娘の3人だ

車を道路脇に駐車し準備をととのえ登りにかかる
a0206345_20595639.jpg

序盤は自然林の中で展望はない
a0206345_2134847.jpg

やがて登山道脇にササが増えてきた
a0206345_2162344.jpg

すると展望がひらけ一気に明るくなった
a0206345_218767.jpg

空はまだ台風の影響で雲の流れは速い
a0206345_2195446.jpg

天山方向の展望
a0206345_21124154.jpg

後ろには彦岳が見えだした
a0206345_21142034.jpg

ゆるやかに登り少しづつ高度をあげていく
a0206345_2117833.jpg

気持ちのいい草原
a0206345_21193712.jpg

遠くに有明海も見えるが空はいかにも台風の周辺部を思わせる
a0206345_2140959.jpg

リンドウや沢山の花が出迎えてくれた
a0206345_2120591.jpg

a0206345_21244933.jpg
a0206345_21255326.jpg

山頂は強風で長くいる事はできなかった
a0206345_2127587.jpg


七曲峠からだと傾斜も全体的にゆるやかで、登山道もしっかりしており初心者でも無理なく登れるものとおもわれる。ルートのほとんで雄大な展望が開けており、それがなによりの魅力である
# by ichibunn-go | 2010-10-30 20:47 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(3)