島原の精霊流し

8月15日(火) 長崎県~島原地方の風物詩。初盆を迎える家々では故人の御霊を精霊船に乗せて西方浄土に流す為、勇壮華麗?に精霊流しを行う。『生きちょる間は辛く苦しかことばかりやったろうけん、死んだ時ぐらい精霊船は賑やかに送り出さにゃんと!』と、子供の頃祖母から聞いた事がある。
 私が子供の頃には、本当に海に流していた。沖を流れる精霊船の提灯のロウソクが燃え尽きるにつれて一つ二つと消えてゆき最後には元の真っ暗な海に戻る。その光景はとても幻想的だったのを覚えている。翌朝海岸に行くと何艘もの精霊船が流れ着いていた。いつの頃からかそれがゴミ問題となり今は海に流す事はなくなったが、精霊船を担ぐ者、送る人の気持ちは今も昔も変わらない。


精霊船は藁と竹と茣蓙で作られ、切子灯篭が隙間なく飾り付けられる この地区では初盆を迎える数家族共同で精霊船を出す 精霊船の名前は極楽丸か、西方丸 今回は極楽丸
a0206345_08150600.jpg


a0206345_09370406.jpg

灯篭は15日まで仏間に供える
a0206345_10375566.jpg

15日の朝にお墓に供え、夕方精霊船に
a0206345_10404047.jpg

四月に亡くなった岳父(義父)の御霊をこの精霊船に乗せて西方浄土の極楽へと流す
a0206345_08164606.jpg

幻想的な事この上なし
a0206345_09374253.jpg

故人を思う人々の気持ちが切子灯篭一つ一つに込められている
a0206345_08233195.jpg


a0206345_09381611.jpg

ナマ~イド、ナマ~イド(南無阿弥陀仏)の掛け声と共に精霊船は町内を練り歩き流し場の公園へと向かう
a0206345_08302605.jpg

練り歩く足元でけたたましい爆竹の音が辺りへ鳴り響く
a0206345_09431774.jpg

これだけの数の切子灯篭を載せた精霊船はかなり重たい
a0206345_08283535.jpg

時にはぐるぐると提灯が千切れんばかりに舞う
a0206345_08405098.jpg


a0206345_09400890.jpg


a0206345_08434523.jpg


a0206345_09462851.jpg

公園には二艘の精霊船が到着していた
a0206345_08451157.jpg


a0206345_09471650.jpg

暫く休憩 消えたロウソクに火をつけ線香を供える
a0206345_08481743.jpg


a0206345_09492115.jpg

担ぎ手達は故人への思いを込めて最後の力を振り絞って激しく舞う
a0206345_08513941.jpg

提灯は千切れそう
a0206345_09552201.jpg


a0206345_08550489.jpg


a0206345_09553816.jpg


a0206345_08572532.jpg


a0206345_10000421.jpg

そして・・・静かに海へと向かう
a0206345_10005440.jpg

故人、送る者全ての思いをのせて静かに海へ
a0206345_09014831.jpg

幻想的に海に浮かぶ精霊船
a0206345_10021061.jpg


a0206345_10023019.jpg

昔はこのまま西方浄土へ流していた
a0206345_10024416.jpg

 以前、私も父と祖母の精霊船を造った事がある。盆の入りの13日からの3日間をかけてそれまでに見聞した知識をフル動員し、設計図も何もない精霊船を母の手伝いを受けながら創り上げていく。仕事の都合で兄、叔父、従兄が応援が来るのは15日になってからで、アドバイスを受けながら補強する。まず浮くこと、激しい動きに耐える為、頑丈に造らなければならない。それでも時折、バキッ!ボキッ!ミシ!ミシッ!と精霊船は悲鳴をあげたものだ。
 これまでに祖母、父、母、兄、叔父の精霊船を担いだ。その時の気持ちは・・・祭りで神輿を担ぐ?のと似たような?但しそれほど神聖なものではないかもしれないが・・・
 『生きちょる間は辛く苦しかことばかりやったろうけん、死んだ時ぐらい精霊船は賑やかに送り出さにゃんと!』の気持ちで賑やかに故人を送りたい。最初は静かに担ごう!と思っていても、担ぎ手みんなが次第にエスカレートしてとり止めのないお祭り騒ぎになってくる。それを楽しんでいたような?気がしないでもない。酔いと、集団心理に任せてアドレナリン噴き出しまくりの魂の叫び!のトランンス状態?だったのかな?
 
 でも、これが本当の精霊船であり、精霊流しの真の姿だとの思いは今も昔も変わらない。




by ichibunn-go | 2017-08-17 10:23 | その他

8月11日(金) 今年で二度目の『山の日』は、y弟子のリクエストにより宝満山~三郡山へ縦走することにした。猛暑の中、過酷な登山が予想されるが、y弟子の体力に合わせて臨機応変に対応することにしよう


宝満山では登頂記念スタンプとバッヂが配られていた
a0206345_08144994.jpg


しっかり頂きました(^-^;
a0206345_08151586.jpg


ルートは、昭和の森~難所ケ滝~仏頂山~宝満山~仏頂山~三郡山~頭巾山~昭和の森の縦走周回となった。
a0206345_08122838.jpg


9:36 昭和の森を出発 y弟子は初めての福岡県の山で張り切ってます
a0206345_08191100.jpg


駐車場も満車状態
a0206345_08195515.jpg


9:49 だごしゃん道分岐を右へ
a0206345_08234546.jpg


10:22 岩ゴロゴロの沢を渡る 雨で岩が濡れて滑りやすいけど、思ったより涼しいかな?
a0206345_08251827.jpg


10:34~10:37 小つらら前で一休み 緑が綺麗で心癒されます
a0206345_08290076.jpg


あるのは知ってたけど初めて見た岩壁のプレート 内容は・・・?
a0206345_08305483.jpg


10:45 難所ケ滝分岐から仏頂山方面に少し登ってみたけど道が不明瞭なので引き返す
a0206345_08355930.jpg


10:57~11:00 難所ケ滝 夏はこんな感じの、水がたらたら流れる岩壁
a0206345_08383907.jpg


これが冬になれば大つららとなる
a0206345_08391913.jpg


迫力満点の難所ケ滝 2017年2月12日撮影 
a0206345_18085099.jpg


イワカガミが咲いてた
a0206345_08402055.jpg


11:21~11:25 縦走路に登り上がって一休み 冷たい風が吹きあがって心地よい 気温は24℃ほど
a0206345_08425949.jpg


11:37 仏頂山
a0206345_10105379.jpg


11:48 宝満山への岩壁登り
a0206345_10132107.jpg


11:50~12:08 宝満山 大勢の登山者で賑わってます
a0206345_10151499.jpg


登頂記念スタンプとバッヂを配布してます
a0206345_10182778.jpg


高所恐怖症のy弟子が積極的に岩に登る たぶん・・・誰かのまねだね
a0206345_10163891.jpg


12:12 宝満山岩壁下
a0206345_10201383.jpg


12:26 引き返して仏頂山
a0206345_10211640.jpg


12:36 難所ケ滝分岐まで戻ってきて縦走路を三郡山へ
a0206345_10225792.jpg


12:58 縦走路の気温は24℃前後と思ったより涼しい
a0206345_10270690.jpg


13:04 頭巾山は一旦スルーして三郡山へ
a0206345_10280899.jpg


13:25~13:39 三郡山 山の日にしては人が少なく居たのは5人ほど
a0206345_10292763.jpg


後から見るとそれなりのy弟子と、前から見てもそれなりのイチブン
a0206345_10343040.jpg


これがなければ福岡方面はいい眺めなんだけどね
a0206345_10383791.jpg


13:59~14:02 頭巾山
a0206345_10451245.jpg


初登頂の人は頭巾を被ろう
a0206345_10460285.jpg


15:06 標高差600m余りを降って車道に飛び出す
a0206345_10474898.jpg


15:11 昭和の森駐車場に戻って来た
a0206345_10484726.jpg



 猛暑の中、暑く苦しい登山を予想していたが、思いのほか気温が低く汗もそれほどかかずにタオルを一度も使うこともなく、水分も殆ど必要としなかった(^^♪ けど、y弟子は汗をかきまくり水分補給しまくりだった!と、付け加えておこう^^;


歩行距離 10km 累積標高 1100m 行動時間 5時間35分 歩行時間 4時間50分



by ichibunn-go | 2017-08-12 11:00 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(0)

8月5日(土) 今年はミヤマキリシマがそうだった様に、オオキツネノカミソリも開花が遅れているようだ。台風5号が近づきつつあるが、ギリギリまで待って猛暑の中、今日登ることにした。

ルートは、中山キャンプ場~太良川水源地(オオキツネノカミソリ群生地)~役の行者~金泉寺~西野越(オオキツネノカミソリ群生地)~金泉寺~太良川水源地~中山キャンプ場のオオキツネノカミソリに的を絞った往復


一番色が綺麗だったのは・・・? なんと!中山キャンプ場のオオキツネノカミソリだった(^-^;
a0206345_14115830.jpg


8:39 中山キャンプ場を出発 しかし・・・車のルーフにスマホを置きっぱなしなのを思い出し引き返す(T_T) 
a0206345_14235772.jpg


8:52 スマホを無事回収 準備運動も済んだことだし、気を取り直して再出発
a0206345_14273212.jpg


9:58 先ほど標高差50mのこの上まで登ってきていたのに・・・残念
a0206345_14220310.jpg


9:07 最初のオオキツネノカミソリ
a0206345_14331556.jpg


9:19~9:25 太良川水源地 汗は出まくりだがここは涼しい
a0206345_14345258.jpg


個人的にはここのキツネさんの方が、西野越キツネさんより好きです
a0206345_14393974.jpg


a0206345_14380239.jpg


a0206345_14384004.jpg


a0206345_14390794.jpg


a0206345_14405110.jpg


a0206345_14412831.jpg


a0206345_14415618.jpg


a0206345_14422454.jpg


a0206345_14424937.jpg


a0206345_14432268.jpg


9:28 登って行くといい感じのキツネさんたち
a0206345_14445214.jpg


9:30 更に登って
a0206345_14454158.jpg


a0206345_14460290.jpg


9:35 役の行者下
a0206345_14465425.jpg


9:37 金泉寺はスルーして西野越へ
a0206345_14503010.jpg


この時期に人がいないのは珍しい金泉寺山小屋
a0206345_15243503.jpg


9:42 西野越 途中で黒木から登って来たy弟子と偶然遭遇!金泉寺で待ち合わせることに
a0206345_14520748.jpg


9:43~9:47 西野越のオオキツネノカミソリ
a0206345_14551569.jpg


過ぎた感じだね
a0206345_14554280.jpg


a0206345_14570268.jpg


a0206345_14580605.jpg


a0206345_14583586.jpg

色薄・・・
a0206345_14590282.jpg


a0206345_14593635.jpg


a0206345_15002495.jpg


9:53~10:07 金泉寺山小屋 y弟子と暫く談笑しながら腹ごしらえ
a0206345_15132655.jpg


手を挙げて黒木へ降るy弟子 後から見ると意外にカッコいい~(^-^; かも?
a0206345_15162429.jpg


10:13 再び太良川水源地のキツネさん
a0206345_15175560.jpg


a0206345_15183428.jpg


a0206345_15193026.jpg


a0206345_15195872.jpg


10:31 中山キャンプ場に無事下山 思ったより短時間で登山終了
a0206345_15222325.jpg


中山キャンプ場のキツネさん
a0206345_15285686.jpg


a0206345_15293472.jpg


a0206345_15300044.jpg


a0206345_15302670.jpg


a0206345_15305036.jpg


 西野越、太良川水源地のオオキツネノカミソリを十分楽しんだが、以外にも一番色が濃く綺麗だったのは中山キャンプ場登山口のキツネさんだった。(たぶん・・・植栽された物だろうけど) 今まで開花が終わり枯れたのしか見たことなかったからね ^^;

歩行距離 5.5km 累積標高 550m 行動時間 1時間39分 歩行時間 1時間16分



by ichibunn-go | 2017-08-05 15:46 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(2)