2月25日(土) 先週訪れるはずだったくじゅう連山!気温が高めだったため急きょ由布岳御鉢巡りに変更した。そこで、初登山で由布岳御鉢巡りを達成した”スーパー山ガール”が誕生したことは先週のブログで紹介した通り。
 そんなこんなで今日が今シーズン初めてのくじゅう連山!待ち望んでいた寒波が来た!今回の目的は冬季未踏の三俣山と氷結した御池。天気予報では朝からピーカンの晴天だが、山の天気は当てにならないのが普通と思うべき!


第一の目的!氷結した御池にびびりながらも立つ!
a0206345_21012209.jpg

もう一つの目的三俣山の霧氷
a0206345_21561473.jpg

中岳の霧氷も綺麗だった
a0206345_08374842.jpg

天狗ケ城の青空に霧氷
a0206345_14393056.jpg


ルートは、大曲登山口~坑道~スガモリ越~三俣山西峰~スガモリ越~北千里浜~久住分れ~御池~中岳~天狗ケ城~久住分れ~北千里浜~坑道~大曲登山口のやたらと往復の多いコースになってしまった(^-^;
a0206345_21063030.jpg

6:20 長者原からスタートの予定だったが、駐車車両は僅か2台・・・これなら牧ノ戸峠も余裕かも?平治号に挨拶して急いで移動 注:画像では明るいけど実際はもっと暗い
a0206345_21104731.jpg

6:37 登って行くと・・・大曲登山口・・・駐車可能・・・しかも!駐車してるのは1台だけ!更に予定変更してここからスタートすることに 三俣山も真っ白!こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_21150380.jpg

6:43 大曲登山口
a0206345_21171591.jpg

6:50 霜柱の絨毯 これが溶けたらビチャビチャの田んぼ道に!今日も午前中勝負か!?
a0206345_21200627.jpg

6:54~6:59 鉱道出合い あっ!スパッツのゴムが切れてる(T_T) 修復を試みるものの残念・・・ええい!ままよ!
a0206345_21232761.jpg

7:03 長者原分岐 長者原から登るのと比べたら30分は節約できたかな
a0206345_21262267.jpg

三俣山も霧氷で真っ白だね
a0206345_21275852.jpg

7:08 落石帯を急いで通過
a0206345_21431970.jpg

7:10 スガモリ越分岐
a0206345_21443532.jpg

7:20 スガモリ越近くで霧氷が着きだす
a0206345_21463162.jpg

登山道の石もこの通り
a0206345_21473079.jpg

ロープは芸術的かも!
a0206345_21483114.jpg

7:24~7:31 スガモリ越 朝が早かったのでおにぎりでも食べとこう
a0206345_21502557.jpg

ここにも立派な霧氷が 
a0206345_21514150.jpg

待ってろ!三俣山!と、張り切って登り出したものの・・・
a0206345_21523207.jpg

7:45 霧氷!
a0206345_21542248.jpg


a0206345_21585431.jpg



a0206345_21593047.jpg


7:53~8:03 三俣山西峰 強風が吹き荒れる!さぶ~(*´Д`)
a0206345_22183187.jpg

気温は体温の影響を受けながらも-6.7度!? 実際は何度?
a0206345_22052532.jpg

カメラをセットするために手袋外したら、あっという間に指は千切れんばかりに・・・体感温度は-15~20度ぐらいかな?(+o+)
a0206345_22084306.jpg

本峰まで行く予定だったけど、見えなくなったので御池に急ぐ
a0206345_22104932.jpg

8:09 星生山も見えなくなった
a0206345_22215831.jpg

中岳と久住山・・・おまえもか・・・
a0206345_22235086.jpg

8:11 スガモリ越に人が見える
a0206345_07430901.jpg

8:18 これは何と形容したらいいのかな?
a0206345_07451667.jpg

刀?歯ブラシ?
a0206345_07465571.jpg

8:19~8:27 スガモリ越 休んでいた若者としばらく話す
a0206345_07480568.jpg

気温はー4.4度 風が当たらないので暖かく感じてしまう
a0206345_07510099.jpg

霧氷もバリついてるね
a0206345_07535139.jpg

8:30 北千里浜 右を取って久住分れへ
a0206345_07544453.jpg

おおっ!川が凍ってる!子供の頃を思い出してわりながら歩きたい衝動に・・・
a0206345_07562205.jpg


かられる
a0206345_07564716.jpg

8:36 星生山方面 この荒涼感がいい
a0206345_07593976.jpg

8:52 久住分れに日が差してきた ここから先は期待できそう
a0206345_08011514.jpg

8:55 三俣山山頂付近は相変わらず雲の中
a0206345_08022994.jpg

8:58 霧氷が段々と凄くなってきた
a0206345_08034337.jpg


星生崎が見えてきて久住分れまで後すこし
a0206345_08040338.jpg

9:00 久住分れ 道標にも霧氷 高度が上ればもっとついてるかも!
a0206345_08044945.jpg

三俣山は完璧雲の中
a0206345_08062090.jpg

9:02 久住山がゴジラみたいで凄い迫力!
a0206345_08082444.jpg

9:04 中岳分岐 先ずは御池へ
a0206345_08095031.jpg

9:14 やったー!御池凍ってる!
a0206345_08125596.jpg


この辺りは再凍結みたいなので、のればヤバイかな?
a0206345_08135888.jpg

霧氷もきれかです
a0206345_08180506.jpg


a0206345_08184538.jpg


a0206345_08201552.jpg

おっかなびっくり立ってみた
a0206345_08251012.jpg

先週の暖かさで一度溶けて、今週の寒波で再凍結したみたいだね
a0206345_08295370.jpg


a0206345_08313027.jpg

9:34 中岳~天狗ケ城鞍部の霧氷もなかなかです
a0206345_08351028.jpg



a0206345_08365021.jpg


a0206345_08341003.jpg



a0206345_08374842.jpg


a0206345_08385897.jpg


a0206345_08392035.jpg

9:38~9:43 中岳
a0206345_08415532.jpg

自然のなせる技
a0206345_08430486.jpg

気温は相変わらずー4度以下 日差しはあるけど強風でめちゃ寒い
a0206345_08450908.jpg

次は天狗ケ城へ
a0206345_08460307.jpg

登山者のカラフルなウェアーが映えます
a0206345_08474745.jpg

9:48 鞍部の標柱
a0206345_08494209.jpg

こんだけ~
a0206345_08511247.jpg

9:50~10:09 風が当たらず見晴らしのいい場所見~っけ 腹減ったんで何か食べないと
a0206345_08570371.jpg

カップラーメンよ!3分間景色を楽しむがよい
a0206345_08563550.jpg

ラーメン待つ間に振り返れば中岳と大船山
a0206345_09062921.jpg

彼方に三俣山も
a0206345_09080858.jpg

青空に霧氷!これを待っていた!
a0206345_09102746.jpg


a0206345_09104891.jpg

10:12~10:17 天狗ケ城
a0206345_09123041.jpg

御池を見下ろす
a0206345_09131307.jpg

天気は回復したけど、相変わらず風が強い
a0206345_09141728.jpg

降りながら御池を楽しもう
a0206345_09160599.jpg


a0206345_09162510.jpg

10:21 次の目的地 久住山
a0206345_09282387.jpg

10:29 中岳分れ
a0206345_09292135.jpg

10:37~10:41 久住山
a0206345_09303935.jpg

強風でめちゃ寒かです よく見ると鼻水が光ってる(^-^;
a0206345_09323869.jpg

取あえず景色を楽しもう
a0206345_09335002.jpg


a0206345_09341411.jpg

10:48 空池の淵を降る
a0206345_09361868.jpg

10:53 久住分れと星生崎
a0206345_09370783.jpg

11:06 強い日差しを後方から受け汗ばんできた
a0206345_09404572.jpg

一枚脱いで北千里浜へ
a0206345_09413188.jpg

11:18 氷結川
a0206345_09431702.jpg

11:21 スガモリ越分岐
a0206345_09442012.jpg

11:23 すっかり晴れあがって大船山
a0206345_09500394.jpg

中岳~久住山方面も
a0206345_09473191.jpg

11:27~11:31 スガモリ越
a0206345_09502917.jpg

奥にはまだこんなに雪が!
a0206345_09530038.jpg

三俣山も青空に聳えて・・・ちょっと残念 時間を見ると11時31分 12時までに大曲登山口に降ろう!
a0206345_09514897.jpg

11:39 坑道に出る
a0206345_09552099.jpg

11:42 長者原分岐
a0206345_09564149.jpg

11:45 大曲登山口分岐
a0206345_10015526.jpg

11:51 最後の難所? ここを無事通過すれば・・・
a0206345_10025752.jpg

11:52 大曲登山口に無事到着
a0206345_10044345.jpg

振り返れば真っ白な三俣山
a0206345_10055050.jpg

当初の計画とは全く違うコース取りになってしまったが、目的だけは外さずにその都度臨機応変に対応し、無駄は多いが結構楽しめたので良し!としよう(^-^;

歩行距離 13km 累積標高 1100m 行動時間 5時間22分 歩行時間 4時間19分




おまけ
先日、雲仙でイケちゃんから頂いた”長者原温泉郷 半額入浴券” 山恵の湯でありがたく使わせていただきました<m(__)m>
a0206345_10135593.jpg

by ichibunn-go | 2017-02-26 10:21 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

2月19日(日) 当初の予定ではくじゅうに登る予定だったが、ここ数日の暖かさと一昨日の雨で雪が溶けてしまっのではないだろうか? この状態なら恐らく・・・行きはよいよい帰りはビチャビチャの田んぼ歩き・・・だろうな?
 そこで、急きょ由布岳御鉢巡りに変更。ここなら岩登りでメンバーのスキルアップも期待できるし泥道も大したことはないはずだ。
 今回のメンバーは、”TTI48 Second”のゆうくん&りえちゃんと、今回初登山のゆきちゃんが由布岳御鉢巡りに挑む!と、イチブンの4名 
 
初登山とは思えない足運びでカニの横ばいをトラバースするゆきちゃん
a0206345_06380918.jpg

由布岳東峰 初登頂のりえちゃん&ゆきちゃん姉妹と眠そうなゆうくん
a0206345_06332469.jpg

安定した足運びでお姉ちゃんの貫禄を見せるりえちゃん 旦那が心配そうに見てるよ
a0206345_07291787.jpg

ルートは、正面登山口~日向岳自然観察路分岐~合野越~マタエ~西峰~御鉢巡り~東峰~マタエ~飯盛ケ城~正面登山口
a0206345_06403245.jpg

8:29 初登山の由布岳に向かって Go!!! We are Fighting Dreamere 高みを目指して(^^♪
a0206345_06494118.jpg

8:31 雲一つない青空!由布岳登山には願ってもない好条件
a0206345_06520363.jpg

8:39~8:42 日向岳自然観察路分岐でレイヤードタイム
a0206345_06535752.jpg

9:03~9:09 合野越 しばらく休憩して一気にマタエまで登るよ
a0206345_06553772.jpg

9:31 展望が開け九重連山が見える やっぱり雪溶けてるね
a0206345_06573913.jpg

10:08 山頂が近づき登山道の傾斜も急になってきた
a0206345_07055482.jpg

10:14~10:20 マタエ 左後方に見える登山者二人 そこは違いますよ
a0206345_07063564.jpg

難所に取りつく前にしばらく景色を楽しもう
a0206345_07090362.jpg

10:23 最初の難所 りえちゃんから挑む、手本を見せてお姉ちゃんの威厳を示そう
a0206345_07103407.jpg

次にゆきちゃん 何の問題もありません
a0206345_07121570.jpg

10:26 蒼空に向かって難所は続く 
a0206345_07134517.jpg

10:27 障子戸が目の前に立ちはだかる
a0206345_07153190.jpg

10:23~10:34 障子戸に取りつく前に景色を楽しもう
a0206345_07171972.jpg


a0206345_07174215.jpg


a0206345_07182387.jpg


湯布院の街並みから九重連山まで手に取るように見えてます
a0206345_07194479.jpg


10:37~ 由布岳登山のハイライト!障子戸にアタック!
a0206345_07204596.jpg


a0206345_07215020.jpg


あ・足が上らない・・・あ・姉の威厳が・・・それを写メるゆきちゃん
a0206345_07222450.jpg


ゆきちゃんからカニの横ばいをトラバース
a0206345_07283731.jpg


次にりえちゃん 
a0206345_07325962.jpg


10:43 西峰に登る最後の難所
a0206345_07342228.jpg


10:47~11:44 幾多の難所を乗り越えて由布岳西峰に初登頂
a0206345_07354253.jpg


達成感でいっぱいです
a0206345_07390227.jpg

見渡す限り雄大な景色を楽しみながらランチタイム
a0206345_07405789.jpg


鶴見岳と別府湾 彼方には四国の山々も見えてました
a0206345_07452448.jpg


英彦山も手に取るように見えます 雲仙の山々も遥か彼方に見えてたよ
a0206345_07461160.jpg


御鉢巡りスタート!雪が残ってるから滑らない様に
a0206345_07474126.jpg


11:51 山頂北側には雪が残っている
a0206345_07485065.jpg


12:00 ここからが後半のハイライト!
a0206345_07503838.jpg


ギザギザ岩を横切ったり
a0206345_08240581.jpg


登ったり
a0206345_08250216.jpg


行づまったり
a0206345_08261030.jpg


降ったり
a0206345_08272299.jpg


余裕だったり
a0206345_08281550.jpg


12:24 更に降って
a0206345_08295848.jpg


折り重なる岩を登り返し
a0206345_08325481.jpg


12:35 雄大な景色に一息
a0206345_08340702.jpg



a0206345_08343426.jpg


12:39~12:49 由布岳東峰 初登頂のゆきちゃん、ゆうくん、りえちゃん
a0206345_08371022.jpg


ここからの展望も素晴らしい
a0206345_08430548.jpg


西峰からの御鉢巡りでスキルアップ間違いなし
a0206345_08435175.jpg


最後にみんなで
a0206345_08373616.jpg


13:00~13:05 マタエ ここで御鉢巡りコンプリート
a0206345_08480828.jpg


征服した東峰を従えて
a0206345_08490291.jpg


13:46~13:55 合野越 水分補給で飯盛ケ城に備えよう
a0206345_08500639.jpg


初登山で由布岳御鉢巡り達成の快挙を成し遂げたゆきちゃんと、お姉ちゃんの面目を(何とか)保ったりえちゃん
a0206345_08575051.jpg


最後のピーク飯盛ケ城へ
a0206345_08592387.jpg


13:57 飯盛ケ城分岐 正面の草壁に挑まん
a0206345_09003595.jpg


14:01 後少し 頑張れ~(^O^)/
a0206345_09024055.jpg


もう一息
a0206345_09042764.jpg


もうちょっと
a0206345_09054672.jpg


14:04~14:14 飯盛ケ城 征服した由布岳を従えて
a0206345_09085589.jpg


寝ころべば日差しが暖かく気持ちいい りえちゃん意識不明
a0206345_09094658.jpg


見下ろせばここからも湯布院の街並みと九重連山が
a0206345_09104273.jpg


14:17 美しい草原の登山道を降る この辺りで膝ガクガクの小鹿のバンビ状態になる人が多いのだが・・・元気ハツラツ(^O^)
a0206345_09121432.jpg


14:34 後は達成感を感じながら歩くだけ
a0206345_09183197.jpg


14:43 由布岳御鉢巡りを終え、無事正面登山口に到着
a0206345_09224984.jpg

 
今回の登山は願ってもない晴天に恵まれたうえに、素晴らしい才能を持った”ルーキー山ガールゆきちゃん”が誕生した!
 由布岳御鉢巡りと言えば、九州でも屈指の上級者コース。初登山で由布岳御鉢巡りを達成したと言う話しは古今東西!老若男女?を通じて聞いたこともなければ見たことも無い!? が・・・ちょっと大袈裟かな? ^^; そこを難なくクリアーしてしまった(・。・;
 初心者を連れてくる方も連れてくる方だが、彼女にはそれなりの下地がある。それは、趣味が”シーバスフィッシング”で荒磯の岩場を歩きなれている事。時には走る事もあるだろう!海と山。全く違う様だが少なからず共通点があるのかも知れない。彼女はそれを見事に証明してくれた。そういった意味合いからビギナーではなくルーキーとした。
 
今回の主役ゆきちゃんには、これからの成長と活躍に期待してTTI 48 ”アマちゃんⅡ”の称号を授けることにしよう。

歩行距離 9km 累積標高 1000m 行動時間 6時間14分 歩行時間 4時間24分 




by ichibunn-go | 2017-02-20 09:48 | りえちゃん登山記 | Trackback | Comments(6)

2月12日(日) 昨年から始めた難所ケ滝と四王寺滝の二大氷瀑を同日に見る!と言う企画。今シーズン最強寒波襲来でチャンス到来!で、この両氷瀑を同じ日に見たい言う人は多いのではないだろうか? ならば!!その夢叶えましよう(^O^)/ 
 今日だけは宝満山も三郡山も英彦山の霧氷も一切関係なし!二大氷瀑に的を絞って行動する!
 難所ケ滝登山口の昭和の森に至る道路はそれ程問題ない。問題は四王寺滝登山口の別所駐車場に至る道路。しゃくなげ荘付近のライブカメラで見る限り、昨日は積雪が深すぎ車高の低い愛車”ラパ蔵”では無理と判断!で、今日決行することにした。
 今日は日曜日でもあり、難所ケ滝に至る登山道は渋滞が予想される。雪がちらつく中、佐世保を5時前に出発 早朝機動力高速登山で渋滞回避!


繊細さで優る四王寺滝は美しい
a0206345_18064762.jpg


迫力満点の難所ケ滝 来たかいありました
a0206345_18085099.jpg


先ずは難所ケ滝 ルートは昭和の森から難所ケ滝への高速ピストン!な、もんで地図は無し

7:07 ノーマルタイヤでは昭和の森一番上の駐車場手前の急坂を登れず・・・この後2台が立往生
a0206345_18124024.jpg


7:15 スノーカバーを装着して昭和の森駐車場 殆どが四駆車だね
a0206345_18160202.jpg


7:25 準備運動は基山PAで済ませてきたので、難所ケ滝まで往復1時間30分の予定で出発 短距離冬山装備でザックの重量は7.5kg 何事もなければザックを下ろすことすらないだろうが、トレーニングのつもりで頑張りましょ 当然アイゼンも6本爪を一応装備
a0206345_18190125.jpg


7:34 難所ケ滝分岐 先週は左を取って”だごしゃん道”へ
a0206345_18203303.jpg


8:00 小つらら 木が邪魔でよく見えない
a0206345_18213234.jpg


手前の木が邪魔でよく見えない
a0206345_18215901.jpg


8:08~8:14 難所ケ滝 着いたよ~(^O^)/
a0206345_18262002.jpg


昨年の方が良かったかな
a0206345_18270879.jpg


a0206345_18282728.jpg


a0206345_18285853.jpg


8:16 ここからの降りはスノートレランを楽しもう 今日の登山靴はアイゼン無くても大丈夫! 後で紹介するね(^^♪ 
a0206345_18303950.jpg


8:36 続々登って来る登山者と挨拶しながら、だごしゃん道分岐まで降って来た 
a0206345_18343918.jpg


8:44 昭和の森駐車場に到着 登り43分 降り30分 スノートレラン楽しかった(^^♪m 急いで装備を解いて降って行くと下の駐車場は満車状態 ゴツイ四駆車がこれ見よがしに数台 何するんだろうね?
a0206345_18390050.jpg


10:34 小石原道の駅前 こんな感じで・・・しゃくなげ荘から先がどんなんかな?
a0206345_18493108.jpg


小石原から降る道はかなり厳しい・・・途中ノーマルタイヤの車が道を塞いでいたけど、よう登って来たな
a0206345_18521592.jpg


ここは急な下りです
a0206345_18541361.jpg


10:57 しゃくなげ荘付近の上り 前を行くベンツのSUVはしゃくなげ荘で力尽きる・・・って言うか目的地?
a0206345_18553185.jpg


11:01 しゃくなげ荘過ぎたら更にてんこ盛り この手前に立ち往生車
a0206345_18573884.jpg


11:19 昭和の森から2時間半、無事別所駐車場に到着 ルートはこちらも、四王寺滝まで高速ピストン 満車状態だったけど、一台出て行って良かった~(´▽`) ホッ 急いで準備して出発
a0206345_18595921.jpg


11:22 過去最高の積雪量かも? 鹿がいないかな~?昨年はこの辺りで会えたので、きょろきょろしながら登ったけど会えず・・・残念
a0206345_19024544.jpg


11:30~11:32 団子と
a0206345_19060363.jpg


板蒲鉾
a0206345_19064721.jpg


11:36 奉幣殿 積もっるね
a0206345_19074511.jpg


11:41 休憩所から奉幣殿 いい感じだね
a0206345_19085725.jpg


11:48 ふっと見上げると・・・青空
a0206345_19101076.jpg


11:50 鬼杉分岐 えっ?四王寺滝入口まで20分?
a0206345_19131061.jpg


11:59 衣ケ池の四王寺滝入口 登りも降りも登山者が多く譲ってもらいながら先を急ぐ
a0206345_19155548.jpg


12:04 雪山~って感じ
a0206345_19171114.jpg


12:21~12:28 四王寺滝 大勢の登山者で賑わってます
a0206345_19185044.jpg


言葉はいらない
a0206345_19374184.jpg


a0206345_19380986.jpg


a0206345_19384508.jpg


a0206345_19391775.jpg


a0206345_19394418.jpg


12:30 他の登山者の迷惑にならなようにスノートレランと行こうか
a0206345_19421506.jpg


12:40 衣ケ池分岐 登って来る登山者が多く待合に時間食いまくり
a0206345_19433426.jpg


衣ケ池って言うかただの水たまりのような?
a0206345_19450018.jpg


13:01 奉幣殿と青空
a0206345_19455486.jpg


13:07 ここにも団子って言うか?たこ焼き・・・かな?
a0206345_19474077.jpg


13:10 別所駐車場に無事到着 (´▽`) ホッ 結局、ザックは一度も下ろさず、時間が短かった為補給も無し
a0206345_19490205.jpg


 今回は個人の好みで四王寺滝の方が良かったかな?  難所ケ滝もうちょっと頑張れ~(^O^)/ただ、後何回寒波が来るかが問題だね(^-^;

難所ケ滝行動時間 1時間19分 四王寺滝行動時間 1時間51分 合わせて3時間10分
それに比べて車の運転時間約8時間・・・割が合わない様な?でも、それが登山だよね(^-^;


登山靴のおまけ 
キャラバンの雪山専用登山靴、完全防水、内側はボア張りで暖かい、靴底は軟らか目のゴムでイボイボが有り滑りにくい。 車で言えば、スタッドレスタイヤってとこかな。今日ぐらいの雪だったらアイスバーンでない限りアイゼン無しでもその気になれば降りでも走れます。(歩行技術の問題もありますが・・・)
a0206345_20282554.jpg


a0206345_20285140.jpg


by ichibunn-go | 2017-02-12 20:30 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(2)

2月4日(土) 今月最初の登山は難所ケ滝と決めていたが、比較的あたたかい日が続いたために絶望的となった(T_T) 
その代替え案として考えていた”だごしゃん道”から三郡縦走周回を実行することに。 
メンバーは、ナンちゃん、ショウくん、イチブンの3名

曇りの予報だったけど、三郡山に着いた頃には青空に
a0206345_06235523.jpg
ルートは、昭和の森~だごしゃん道~大滝~三郡縦走路~頭巾山~三郡山~前砥石山~砥石山~砥石山登山口~昭和の森の三郡縦走周回コース
a0206345_06280673.jpg
9:10 昭和の森を出発
a0206345_06302292.jpg
9:24 難所ケ滝分岐 難所ケ滝は右だけど、だごしゃん道は左へ
a0206345_06315639.jpg
9:26 この分岐は右へ直進
a0206345_06330691.jpg
9:29 沢に出て左岸を登り詰めて行く
a0206345_06343454.jpg
9:35~9:37 なめ滝
a0206345_06364214.jpg
上から見ると小ぶりな滝つぼも
a0206345_06394698.jpg
その上段にも小さななめ滝が
a0206345_06404814.jpg
9:44 団子みたいに積み重なった岩 ”だごしゃん道”の由来かな
a0206345_06440951.jpg
9:50 苔むした岩場が続く 
a0206345_06470147.jpg
9:54 二段の滝
a0206345_06481614.jpg
9:56 小滝が次から次へと現れる 夏は涼しいかもね
a0206345_06493578.jpg
10:00 見上げるほどの大岩
a0206345_06504147.jpg
いい感じの沢が続く
a0206345_06521001.jpg
10:04 大きな岩をよっこらしょ
a0206345_06533646.jpg
10:08 目立たないけど分岐点 右側の崖にもテープの目印があったけど、たぶん難所ケ滝の方へ登る道かな?
a0206345_06573710.jpg
10:20~10:22 大滝 下段
a0206345_07010594.jpg
これが上段かな? 中段は通り過ぎた?
a0206345_07033953.jpg
a0206345_07043751.jpg
10:26 沢と分れて急登
a0206345_07061160.jpg
10:32 急登はまだまだ続く
a0206345_07073625.jpg
10:46 縦走路に飛び出してホッとする
a0206345_07083225.jpg
10:57 頭巾山分岐 スルーするつもりだったけど、ショウくんが未踏とのことなので行くことに
a0206345_07103779.jpg
10:59~11:02 頭巾山 
a0206345_07120127.jpg
初登頂の人は頭巾を被る!と言う山の掟?が タオルがないのでハンカチをのせてます
a0206345_07144240.jpg
見本です(^-^;  山弟子 りえちゃん&ゆうくん
a0206345_214514.jpg
11:12 ここは気持ちいい道だけど、この先に三郡山への最後の登りが
a0206345_07212453.jpg
11:20~11:55 三郡山山頂 続々と登山者が
a0206345_07240840.jpg
雲は多くなっきたけど、遠くは雲仙平成新山
a0206345_07254980.jpg
九重連山
a0206345_07262536.jpg
英彦山もはっきりと
a0206345_07270094.jpg
ここで出会ったご家族 これから本格的に登山を始められるとか 装備充実で安全登山を心がけましょう
a0206345_07302932.jpg
せっかくの眺望が邪魔物だらけで
a0206345_07323470.jpg
12:05 砥石山へ向かう冬枯れの快適な縦走路
a0206345_07334349.jpg
12:23 鼻歌まじりで歩けそうな気持いい道
a0206345_07351044.jpg
12:41 快適な道は続く
a0206345_07355081.jpg
12:48~12:53 前砥石山 手前の登りは結構急坂
a0206345_07380772.jpg
a0206345_07382912.jpg
眺望があるのはここだけ 歩いて来た三郡山を振り返る
a0206345_07393780.jpg
13:07~13:14 砥石山 何度かニセピークに騙されながらやっと着いた
a0206345_07421676.jpg
な~んにも見えないので集合写真
a0206345_07432380.jpg
13:15 下山は直登コースを急降下
a0206345_07442121.jpg
13:30 急降下は最初だけで、落ち葉でフワフワ気持いい登山道
a0206345_07473303.jpg
13:33 砥石山登山口に飛び出す
a0206345_07483360.jpg
a0206345_07492537.jpg
13:36 林道を少し歩いて再び山道へ 反対側に小さな道標があるので見落とさない様に
a0206345_07504211.jpg
13:38 一応、昭和の森への道標 これで安心感倍増です
a0206345_07534919.jpg
13:43 作業林道と平行に
a0206345_07550426.jpg
13:45 小さな切り株道標 左の近道を取ったけど、後々考えると遠いけど右の尾根道が良かったみたい
a0206345_07555689.jpg
13:49 松の落葉で滑りやすい急降下 目印テープはあるけど見落とさないように
a0206345_07590326.jpg
14:01 作業林道へ飛び出す 
a0206345_08001022.jpg
14:05 藪漕ぎ状態で林道を降ると砂防ダムの工事現場に出た
a0206345_08021972.jpg
そして林道へ 右へ降れば昭和の森
a0206345_08034912.jpg
14:13 本当は、この道標のある場所に出たかった
a0206345_08044666.jpg
14:19 林道をテクテク歩いてキャンプ場
a0206345_08060239.jpg
14:22 昭和の森駐車場に到着
a0206345_08071811.jpg

難所ケ滝を見られなかったのは残念だったけど、まだまだチャンスはある。次に手ごろな寒波が来たら、難所ケ滝と四王寺滝を同日に見ることにしよう

歩行距離 11km 累積標高 1200m 行動時間 5時間02分 歩行時間 4時間20分





by ichibunn-go | 2017-02-05 07:15 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(4)