10月29日(土) 先週の大船山の紅葉に続き今日は三俣山に登る。昨日までの雨でぬかるんで滑りやすい登山道は注意が必要だが、終日曇りの予報。今日もガスに邪魔されるのでは?との予感が・・・午後からの方が条件がいいのではないか?そこで!長者原から坊ガツル経由で空模様を見ながら三俣山を時計回りに巻いて、最終的にスガモリ越から登ることにした。
メンバーは、ナンちゃん、ショウくん、y弟子、イチブンの4名

ガスに阻まれながらも、一瞬!雲の切れ間に三俣山北峰の紅葉が見えた!
a0206345_9105086.jpg

ルートは、長者原~雨ケ池越~坊ガツル~法華院温泉山荘~北千里ケ浜~スガモリ越~三俣山西峰~Ⅳ峰~本峰~南峰~スガモリ越~鉱山道路出合い~長者原分岐~長者原で、三俣山を一周する
a0206345_994640.jpg


8:19 天気が良ければ平治号の後ろに三俣山が控えているのだが・・・
a0206345_9135919.jpg

8:22 タデ原湿原の木道を歩く 三俣山は雲の中
a0206345_916876.jpg

9:22 時々見える紅葉が目を楽しませてくれる
a0206345_9195919.jpg

9:30 雨ケ池越 雲が無ければ正面に平治岳が見えるはず
a0206345_9183398.jpg

マツムシソウが咲いていた 癒される~
a0206345_921792.jpg

狂い咲きのミヤマキリシマも
a0206345_9213698.jpg

10:10 樹林帯を抜けると坊ガツルが見えた
a0206345_9231230.jpg

10:13 吉部分岐
a0206345_9234135.jpg

10:18 大船山分岐
a0206345_9253012.jpg

南峰登山口 今日は登らない方が身の為かも
a0206345_9265229.jpg

三俣山も雲の中だしー
a0206345_9293195.jpg

10:22 坊ガツルにはそぐわないオヤジが二人
a0206345_9284335.jpg

10:27 いい感じの紅葉
a0206345_9301718.jpg

10:31~10:46 法華院温泉山荘 歩き始めて2時間ちょっと、今日初めての休憩
a0206345_931229.jpg

指さす先に大船山は見えず・・・残念!
a0206345_9323988.jpg

休憩後のコンクリート急坂のきついこと
a0206345_9372394.jpg

11:07 ゴマドウ岩を右に見ながら
a0206345_93757100.jpg

11:10 振り返ればガスの切れ間に坊ガツル
a0206345_9384539.jpg

11:13 歩きにくい岩場
a0206345_9401686.jpg

11:19 岩場を登り切るとガスに包まれた北千里ケ浜
a0206345_9414341.jpg

11:20~11:25 強風吹き荒れ寒いこと!一枚羽織らねば
a0206345_9434535.jpg

11:30 スガモリ越分岐
a0206345_9444084.jpg

11:37~11:57 スガモリ越 大勢の人が休憩してます
a0206345_9455673.jpg

昼食を食べるものの強風で寒いこと 気温は、9℃ 体感温度は氷点下かも?
a0206345_9481376.jpg

さあ!登るぞ!・・・って三俣山はどこ?
a0206345_9492168.jpg

12:03 一瞬!ガスが途切れて北千里ケ浜
a0206345_95224.jpg

と、思ったらガスに遮られ、オヤジの頭が二つ
a0206345_9534366.jpg

12:16 こんな紅葉でも貴重です
a0206345_9545388.jpg

12:23 西峰には大勢の登山者
a0206345_9571517.jpg

哀愁漂う・・・
a0206345_9574819.jpg

12:25~12:33 三俣山西峰
a0206345_1005391.jpg

或る登山者
a0206345_1011780.jpg

ガスが切れて大展望
a0206345_1035764.jpg

12:53~12:57 三俣山Ⅳ峰 今は南峰も見えてるけど
a0206345_1064671.jpg

本峰も見えてるけど
a0206345_10111637.jpg

13:02~13:07 三俣山本峰 数分の内にガスの中 早々に南峰へ
a0206345_10123838.jpg

13:21~13:37 三俣山南峰 
a0206345_1037341.jpg

ガス晴れた~!今、本峰にいる人はラッキー
a0206345_10195830.jpg

北峰の紅葉が見えたー
a0206345_1023426.jpg

でも、過ぎた感じ・・・
a0206345_10215130.jpg

出来ればこんな感じの紅葉が見たかった・・・(2014年)
a0206345_12254662.jpg

山ガールにカメラを向けられにやけるナンちゃん でも・・・撮っているのは北峰です・・・残念!
a0206345_10284856.jpg

大船山も見えてきた
a0206345_10325297.jpg

そして、右から久住山~天狗ケ城~中岳~ちらっと稲星山~白口岳の17サミッツの山々も見えて雄大な九重連山を満喫
a0206345_10375667.jpg

リンドウも綺麗に咲いてる
a0206345_10422367.jpg

13:58 下山途中振り返ればⅣ峰と青空
a0206345_1041215.jpg

14:16 あれっ?スガモリ越から法華院温泉に降ったはずのお二人が?晴れ間が見えたので急いで引き返してきたそうです
a0206345_10462450.jpg

スガモリ越まで一緒に降ることに
a0206345_10481194.jpg

a0206345_10483343.jpg

a0206345_10484734.jpg

14:34~14:44 スガモリ越 お二人とはここでお別れです
a0206345_1049434.jpg

15:03 鉱山道路出合いの巨大落石
a0206345_10513384.jpg

熊本地震で落ちてきた物だけど、もしもの時避けられるだろうか?
a0206345_10531341.jpg

15:10 三俣山スッキリ
a0206345_10552299.jpg

15:12 長者原分岐 滑りやすいので注意しよう
a0206345_10562135.jpg

15:33 再び鉱山道路出合い
a0206345_1057773.jpg

16:04 長者原 無事下山できたことを平治号に報告
a0206345_10583260.jpg


 今年は三度、くじゅうの紅葉登山に訪れたが、いずれもガスにやられっぱなしで天候に恵まれなかった。が、来年こそはと気持ちは既に来シーズンへ

歩行距離 15km 累積標高 1100m 行動時間 7時間45分 歩行時間 6時間22分
by ichibunn-go | 2016-10-30 11:25 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(5)

10月21日(金) 大船山の素晴らしい紅葉を見た後は、以前から気になっていた?と、言うよりも、懐かしい”竜門の滝”を訪ねてみることにした。三十数年前、若かりし頃・・・まだ大分自動車道が開通していなかった頃、地図を見ながら一般道を走って何度か訪れた記憶がある。
 そして帰路、210号線を走っていると左側に一瞬見える滝が長年気になっていた。それは”慈恩の滝”と言うらしい。近くに道の駅もできたので寄ってみることにしよう。

大船山の素晴らしい紅葉を見た後は・・・
a0206345_18245627.jpg

夏になれば滝滑りで有名な”竜門の滝”
a0206345_18274044.jpg

三十数年ぶりで懐かしい
a0206345_1828744.jpg

そして・・・長年気になっていた”慈恩の滝” 滝の裏側も通れるらしい?
a0206345_18324599.jpg

橋を渡って正面から見ると?奥にもう一つ・・・二段になっていた!
a0206345_183358100.jpg

近づいて行くと凄い迫力!
a0206345_18352539.jpg

傘をさして更に近づくと風圧と水しぶきが!ビビッて一旦戻り
a0206345_1837234.jpg

意を決して更に近づく 高圧洗浄機で水を吹き付けられているみたい
a0206345_18394180.jpg

ここまで来れば傘をさしていても服はびしょびしょ 真後ろは案外風が来ない・・・?
a0206345_18425042.jpg

無事通り抜けました 裏を通る時は晴れていても傘を忘れないように!
a0206345_18442243.jpg

近くに”道の駅慈恩の滝くす” 滝を見るときはここに駐車しよう
a0206345_18464024.jpg


くじゅう連山に登った後は、温泉もいいけど滝見物もいいかもね もらってきたパンフレットを見ていると、玖珠にはもう一つ”三日月の滝”があるらしい
by ichibunn-go | 2016-10-26 18:54 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)

2016 紅葉燃える大船山

10月21日(金) もう!待ちきれん!今年の九重の紅葉は何をぐずぐずしとるんじゃ(; ・`д・´)!と、言うことで仕事を休んで大船山に登ることにした。天気予報では曇りのち雨の午前中勝負!余裕をもって佐世保を午前2時に出発。長者原に5時前到着、6時出発のため暫く仮眠する・・・気持ちは逸り眠れる訳がないじゃな~い(+_+) 他の車の迷惑にならない様に静かに準備運動をすることに

今日一番の目的 水面に写る紅葉の美しいこと 来て良かった~(^^♪
a0206345_18572593.jpg

晴れてればもっと色鮮やかなんだろうけどね
a0206345_130462.jpg

幻想的・・・
a0206345_18592884.jpg

・・・
a0206345_1923540.jpg

ルートは?雨が降らなければ三俣山にも登る予定だったが、大船山山頂で降雨・・・長者原~坊ガツル~段原~大船山の往復となった
a0206345_18163973.jpg

6:00 暗い中平治号に挨拶し、ヘッドライトを点けて出発
a0206345_1822469.jpg

6:03 タデ原湿原 ススキの間から何か出てきそう・・・でも、雨が降り出す前に高速登山だ!
a0206345_1825858.jpg

6:42 雨ケ池越 池になってるのは滅多に見られない
a0206345_18283117.jpg

7:01 ちょっと目を引く紅葉
a0206345_18301049.jpg

7:10 坊ガツルを目の前に吉部分岐
a0206345_18321629.jpg
 
7:13 ここに帰って来るまで雨が降りません様に
a0206345_1833295.jpg

7:16~7:27 坊ガツル 朝めし食わんと腹減った~
a0206345_1835815.jpg

7:28 大船山(平治岳)登山口 大船山山頂までの目標タイム60分!ガンバレ~!自分
a0206345_18381659.jpg

7:46 立中山分岐
a0206345_1839124.jpg

7:51~7:53 展望が開けて
a0206345_18401631.jpg
 
a0206345_1840443.jpg

雲海が・・・
a0206345_1841412.jpg

8:01 標高が上って雲海が更にいい感じ
a0206345_1843866.jpg

8:06 見下ろせば鉢の窪の紅葉がきれい
a0206345_18442314.jpg

8:09 段原 思ったよりも登山者が少ない
a0206345_1845188.jpg

大船山もいい色になってるね
a0206345_18462226.jpg

阿蘇山が雲海に浮かぶ
a0206345_18471777.jpg

8:12 うわ~これは綺麗な
a0206345_18482814.jpg

8:16 振り返れば、いいね~
a0206345_18493361.jpg

あぁ~由布岳が・・・
a0206345_18515155.jpg

8:23~8:48 大船山 頑張ったー!55分で到着 長者原から2時間23分
a0206345_18535440.jpg

a0206345_18541884.jpg

そして、御池の紅葉は?これなら言葉も説明もいらないでしょう
a0206345_18555898.jpg

a0206345_18565984.jpg

a0206345_18572593.jpg

a0206345_18574561.jpg

a0206345_1859143.jpg

a0206345_18592884.jpg

a0206345_18595842.jpg

a0206345_191468.jpg

a0206345_192912.jpg

a0206345_1923540.jpg

思ったよりも早く雨が降ってきた 水面にも雨の波紋が
a0206345_193583.jpg

レンズにも雨粒が・・・
a0206345_1951449.jpg

撤退です
a0206345_1973364.jpg

8:50 いい感じに紅葉してるね
a0206345_19104662.jpg

8:58 段原 雨で岩は濡れてるけど気を付けながら一気に降ろう
a0206345_19123383.jpg

9:24 登山口 まだパラパラ降ってる
a0206345_1931174.jpg

9:25~9:43 炊事棟で雨宿り 登るか止めるか迷っているご夫婦と紅葉の写真を見ながらしばらく談笑
a0206345_19321055.jpg

9:46 三俣山南峰登山口 登るか?止めるか? 困難は克服するが、危険は避ける!(浜口兄弟の受け売りです^^;)
a0206345_1939383.jpg

9:49 吉部分岐 ここから1時間で長者原に戻れるかな?
a0206345_19421047.jpg

9:56 雨に濡れていい感じ
a0206345_1574747.jpg

10:14~10:16 雨ケ池越
a0206345_19425366.jpg

a0206345_19432371.jpg

三俣山の紅葉
a0206345_1944235.jpg

10:48~10:51 タデ原湿原 出会った登山者と情報交換
a0206345_1947169.jpg

10:55 長者原 平治号に無事下山の挨拶
a0206345_1948859.jpg


 スカッと晴れてれば更に色鮮やかな紅葉ではなかったろうか? でも、今日の天気を考えれば満足満足(^^♪ 来週の三俣山も楽しみ~(^O^)

歩行距離 14km 累積標高 1100m 行動時間 4時間55分 歩行時間 3時間54分
by ichibunn-go | 2016-10-21 19:48 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)

10月15日(土) 秋だと言うのに暖かい日が続く。くじゅうにしても、雲仙にしても紅葉が遅れているのは同じようだ。
 今日は家庭の事情により15時までにはアユママの実家に帰らなければならないが、時間の許す限り紅葉間近の雲仙を楽しみながら歩いてみよう

普賢岳山頂は団体さんで大賑わい!例年なら紅葉が始まってるのにね・・・残念
a0206345_17521180.jpg

代りに目を引いたのが紅葉ではなく季節外れのミヤマキリシマ・・・複雑
a0206345_1933785.jpg

ルートは、池ノ原妙見駐車場~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~普賢岳~紅葉茶屋~国見分れ~国見岳~国見分れ~妙見神社~妙見岳~仁田峠~野岳~展望岩~仁田峠~妙見駐車場
a0206345_17513094.jpg

10:45 妙見駐車場 アユママを実家に送り届け、急いで登って来たがこの時間 普通に考えると仁田峠まで車で行った方が早そうに思えるが、ここから仁田峠まで20分以上かかる。ならば!歩いた方が早いかも⁉ この際近いとか遠いとか、楽だとかキツいとか考えない
a0206345_185390.jpg


11:00 急いで準備運動を済ませ出発! 逆算してみると14時頃まで、行動3時間で下山して帰らなければ間に合わない
a0206345_1883335.jpg

11:17 仁田峠 普賢岳まで1時間以内で登る予定 ノンストップで登ろう
a0206345_1895744.jpg

11:19 仁田駅から妙見岳、普賢岳を見上げると紅葉全くなし!
a0206345_18275599.jpg

11:27 薊谷 ここまでは緩やかな登り下り、徐々に登りが急になる
a0206345_18285425.jpg

11:37 紅葉茶屋 ここからが登りの正念場 渋滞に引っかかりませんように
a0206345_18301641.jpg

11:50~12:05 普賢岳 ここまで50分!思ったより早く到着 目標達成 (^^♪  だが、新たに50分切りと言う目標が・・・いつも過去の自分を追いかける
a0206345_18322123.jpg

まったく紅葉してない・・・
a0206345_1836382.jpg

ちなみに、昨年10月18日の同じ場所 紅葉してるね~
a0206345_21474083.jpg

こちらも・・・まったく
a0206345_18403889.jpg

昨年は? これでも紅葉が始まったばかり
a0206345_21461538.jpg

渋滞に巻き込まれない様にこの団体さんが紅葉茶屋あたりまで降った頃に下山しよう
a0206345_18435694.jpg

入れ替わりに登って来た団体さんは幼稚園児と保護者の皆さん 途中追い越さなかった!と言う事は、風穴~立岩の峰経由で登ってきた!と、いうこと・・・だね・・・凄い!
a0206345_18512678.jpg

12:13 紅葉茶屋 ちょうど団体さんの最後尾がここで渋滞に引っかからず よかった(´▽`) ホッ
a0206345_1853177.jpg

12:18 深緑の鬼人谷
a0206345_18571599.jpg

ちなみに昨年10月22日の鬼人谷 き・・・きれい・・・だ!
a0206345_1816280.jpg

ビューティフル鬼人谷!
a0206345_1930384.jpg

しか~し!諦めるのはまだ早い! 普賢岳が噴火を始めた1990年の鬼人谷の紅葉は、11月3日でも美しすぎるほど、美しかった! 『家族と登った山の思いで』より
a0206345_19353284.jpg

12:23 国見分れ しら~っとしてる
a0206345_1945957.jpg

12:28 緑濃い雲仙の山々 紅葉するんやろか?
a0206345_1974833.jpg

12:29~12:33 国見岳 見渡す限り紅葉してないね・・・
a0206345_19102334.jpg

ホントに紅葉するのかな?
a0206345_19112586.jpg

昨年はこんな感じ
a0206345_2046221.jpg

12:38 国見分れ付近にはミヤマキリシマが
a0206345_19123475.jpg

12:46 妙見神社
a0206345_1914750.jpg

12:47~12:49 妙見岳 紅葉はどこだ~?
a0206345_19145991.jpg

どこから見ても一緒だね
a0206345_1916288.jpg

13:00 妙見岳登山口
a0206345_19171296.jpg

13:01~13:05 仁田峠駐車場 暫く休憩して次のルートを考える
a0206345_1918116.jpg

時間的に、野岳~展望岩まで行って来れそう
a0206345_19254889.jpg

13:07~13:09 野岳尾根展望所 眼下には矢岳~絹笠山
a0206345_1928016.jpg

その付近にはミヤマキリシマが!
a0206345_19303552.jpg

a0206345_19324868.jpg

団体さんも下山して来たみたい
a0206345_1938301.jpg

13:15 野岳入口
a0206345_1939181.jpg

13:17~13:21 野岳 山頂標識は無いので野生のカンで
a0206345_19422935.jpg

山頂付近からの展望
a0206345_19435614.jpg

a0206345_19442119.jpg

鳥の真下辺りが展望岩
a0206345_19445783.jpg

13:25~13:29 展望岩 頑張って登ろう 展望岩へは分岐が2ヶ所 右へ右へ
a0206345_19461728.jpg

登れば素晴らしい展望が!左から野岳~妙見岳~普賢岳~平成新山
a0206345_19475925.jpg

右から妙見岳と野岳 後方左に九千部岳
a0206345_19491471.jpg

眼下に高岩山と仁田循環線
a0206345_19494952.jpg

13:36 プチ紅葉とミヤマキリシマとススキ
a0206345_1951250.jpg

13:38 仁田峠駐車場 残り21分 余裕かも
a0206345_19524571.jpg

13:47 妙見駐車場 ここの方が紅葉早いかもね
a0206345_19542390.jpg


 時間に追われながらも紅葉を探しつつの急ぎの登山。どちらかと言えばこんなのが好きかも!
昨年の今頃は既に紅葉が始まっていた。暖かい日が続いたせいか、野岳尾根には10株ほど狂い咲きしたミヤマキリシマがあった。秋と初夏を同時に感じて得した気分!でも、なんか違うな~? 紅葉詣での予定を立て直さねば!

歩行距離 9km 累積標高 950m 行動時間 2時間47分 歩行時間 2時間12分
by ichibunn-go | 2016-10-16 20:06 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)

10月10日(月) 昨日は、井原山~雷山縦走周回に行ったが、楽なコースのため不完全燃焼。先週金曜日の”くじゅう8の字縦走”も不完全燃焼で終わった。
 本日体育の日、完全燃焼するためにホームマウンテンを徘徊することにしたのだが、出発前にトラブル発生!天井に下げている衣類掛けから今日のウェアーを取ろうとすると、重量に耐えかねて全て落下!これから登山するのに縁起でもない・・・(+o+)一旦中止とした・・・が!思ったより早く復旧!1時間遅れで自宅を出発\(^o^)/

途中出会って、天童岩に登るy弟子夫妻
a0206345_18181759.jpg

ルートは結果的に、竜門ダム駐車場~二俣~鬼ノ岩屋~後ノ平~黒髪山(天童岩)~見返り峠~青螺山~青牧峠分岐~国体縦走路~見返り峠分岐~青牧峠~竜門ダム分岐~牧Ⅱ峰(青牧山)~牧ノ山~かじか橋登山口~竜門ダム駐車場の不完全燃焼解消の為変則的なものとなった
a0206345_1873084.jpg

10:05 竜門ダム駐車場に着くと、ほぼ満車状態の中にy弟子の車を発見!どこかで会うかもね!?と、思いながら出発
a0206345_18403898.jpg

10:10 昨日、雨が降ったから滝もいい感じ
a0206345_18422215.jpg

10:15 二俣を、何時もの様に右へ登って鬼ノ岩屋へ
a0206345_18435666.jpg

10:27 鬼ノ岩屋 足が重たい 昨日の疲れが少し残ってるみたい
a0206345_1956046.jpg

10:28 前方に見慣れた体型とウェアーの登山者が!
a0206345_1847735.jpg

10:33 後ノ平 y弟子夫妻でした(*^_^*) 奥様とは初めてなので、黒髪山まで無理やり同行することに
a0206345_18501776.jpg

11:01 天童岩ヤセ尾根
a0206345_18511579.jpg

11:02 難所の鎖場を登る
a0206345_18532442.jpg

a0206345_18534061.jpg

11:03~11:10 黒髪山(天童岩) 青螺山が呼んでいる
a0206345_18551763.jpg

a0206345_195930.jpg

y弟子夫妻とはここで別れて、完全燃焼するため青螺山へ
a0206345_18563397.jpg

11:21 見返り峠 ここからの登りでかなり解消できるはず
a0206345_18591992.jpg

11:48~12:40 青螺山 黒髪山から38分!頑張ったので疲れてますが、博多からの登山者と話が弾み思わず長居 相手して頂き有り難うございましたm(__)m 
a0206345_193583.jpg

伊万里方面が良く見える 降りは来た道をそのまま引き返すことに
a0206345_197847.jpg

12:53 青牧峠分岐まで降った時に気が変わった!ここから青牧峠に行き竜門ダムに降ることに
a0206345_19111351.jpg

13:02 この道、国体縦走路を歩く人は少なく倒木もあり荒れ気味
a0206345_1916183.jpg

a0206345_1917097.jpg

a0206345_1917148.jpg

13:13~13:16 縦走路出合い 一息入れて
a0206345_19182927.jpg

13:18 青牧峠を通過
a0206345_2095936.jpg

13:20 竜門ダム分岐 降ろうか・・・と、立ち止まるが完全燃焼へ向けて牧Ⅱ峰へ
a0206345_20112711.jpg

13:32 牧Ⅱ峰(青牧山)を通過
a0206345_20142381.jpg

13:40~13:43 牧ノ山 もう・・・ヘトヘト 完全燃焼近し
a0206345_20171725.jpg

13:50 急坂を降って展望岩分岐
a0206345_20184766.jpg

14:10 かじか橋登山口 途中、あれっ?と思う所が何ヶ所か
a0206345_20211667.jpg

14:14 車道を歩いていると正面に青螺山 きれいだね~
a0206345_20224448.jpg

14:18 竜門ダム駐車場に無事?到着 完全燃焼・・・?
a0206345_20235674.jpg


歩行距離には不満が残るが、歩行時間はまあ満足 本当に完全燃焼したのかどうか?その答えは・・・明日、筋肉痛になるかどうか?Welcome筋肉痛!^^;

歩行距離 11km 累積標高 1200m 行動時間 4時間13分 歩行時間 3時間07分
by ichibunn-go | 2016-10-10 19:18 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)

10月9日(日) 一昨日は九重連山をささっと歩いて来た。昨日は阿蘇山の爆発的噴火により火山灰が降り注いだに違いない( ;∀;) 昨日行かなくて良かった~(´▽`) ホッ
 で、今日は久しぶりにTTI48 2nd りえちゃん、ゆうくんの二人と井原山~雷山を縦走周回することにした

井原山山頂にて
a0206345_1918219.jpg

ここで出会ったY師匠の故郷、篠栗の某大会社登山部の皆さん Y師匠と知り会いだったりして(^-^;
a0206345_18494515.jpg

ルートは、古場岳登山口~井原山~944mピーク~雷山~古場分岐~布巻林道~布巻登山口~駐車スペース 初心者向きの楽な周回コース
a0206345_18533223.jpg

10:02 車を雷山林道の駐車スペースにおいて出発ダー!
a0206345_1965874.jpg

10:06 井原山登山口 暫くはコンクリート道
a0206345_1974557.jpg

10:09 有名な赤い家
a0206345_198292.jpg

10:15 ここからが登山道 いつも水が流れてる
a0206345_1993057.jpg

10:29 杉林を抜けて林道を横切り鉄塔の横から井原山へ
a0206345_19145365.jpg

10:39 緩やかな笹藪を登る 伐採されてるので歩きやすいね
a0206345_1915287.jpg

10:52~11:04 強風吹き荒れる井原山山頂 
a0206345_2056441.jpg

某大会社登山部の皆さん 疲れてます
a0206345_19191360.jpg

風が強く寒いので早々に雷山へ
a0206345_19222258.jpg

11:08 キトク橋、アンノ滝分岐
a0206345_1925246.jpg

11:20 笹が切ってあるので歩きやすいね
a0206345_19274323.jpg

11:22 洗谷分岐
a0206345_1929216.jpg

11:41 展望が開けたのと同時に強風が吹きつける
a0206345_19314290.jpg

11:48~11:50 944mピーク 来月挙式の二人は幸せいっぱいです\(^o^)/
a0206345_1933296.jpg

が、笹漕の始まり 足元が見えずに歩きにくい これが人生かも?
a0206345_19383221.jpg

11:52 笹原 右から強風が吹き抜ける
a0206345_19361044.jpg

11:58 歩きやすさもあり、りえちゃん飛ばします
a0206345_19403557.jpg

12:05 古場分岐 帰りはここから降ろう
a0206345_19414467.jpg

12:10~12:41 雷山山頂 セルフタイマーをセット 10秒で登らねば!
a0206345_19423820.jpg

りえちゃん かかあ殿下になるね 傍から見ててそう思うのは私だけ?
a0206345_1945528.jpg

テイク1 同じくセルフ10秒で岩に駆け上がる 
a0206345_19503212.jpg

テイク2 あっ!駆け上がったのは、ゆうくんではなく私です
a0206345_1949453.jpg

12:44 古場分岐 出発地点へ
a0206345_19565782.jpg

12:58 杉林の中は道が分かりにくい所があるので、あれっ?と思ったら引き返して確認しよう
a0206345_19592390.jpg

13:07 川だね
a0206345_2003916.jpg

13:09 丸太橋を渡れば布巻林道を右へ
a0206345_20249.jpg

13:18 このゲートはリンボーでしょう・・・が、若者は兎角真っ直ぐ行きたがる!ゲートの脇を通ればいいのにね(=_=)
a0206345_20354097.jpg

13:31 雷山林道をテクテク歩いて駐車スペースに到着
a0206345_2037742.jpg


 このコースは比較的緩やかで手を使う様なところはない。道間違いさえしなければ初心者でも楽に歩けるだろう。ゴールデンウイークの頃にはミツバツツジが咲き誇り、きっと楽しめることだろう。

歩行距離 8.5km 累積標高 600m 行動時間 3時間29分 歩行時間 2時間44分
by ichibunn-go | 2016-10-09 21:03 | りえちゃん登山記 | Trackback | Comments(2)

10月7日(金) くじゅうに登りたくてうずうずする今日この頃。紅葉には少し早いけど行ってみるか! 予報では曇りだけど条件さえ良ければ17サミッツ8時間切りにチャレンジしてみよう!明日は雨の予報 チャンスは逃すな!

唯一ガスが晴れて青空が見えた久住山
a0206345_21222969.jpg

星生の窓からこんにちは\(^o^)/
a0206345_23134714.jpg

ルートは結果的に、牧ノ戸峠~大曲登山口~スガモリ越~三俣山西峰~本峰~スガモリ越~北千里浜~久住分れ~久住山~神明水~稲星山~白口谷分れ~中岳~天狗ケ城~久住分れ~星生山~星生分れ~扇ケ鼻分れ~扇ケ鼻~扇ケ鼻分れ~沓掛山~牧ノ戸峠の変則8の字周回となった
a0206345_8214648.jpg


朝焼けの中に由布岳が浮かぶ
a0206345_21323611.jpg

6:00 天気に不安があるものの行けるとこまで行ってみよう
a0206345_21315622.jpg

6:14 牧ノ戸峠と長者原の間に道路工事が2ヶ所 待ち時間長~いよ(^-^;
a0206345_213639.jpg

大曲駐車スペースは道路工事の資材置き場
a0206345_21372068.jpg

6:15 大曲登山口 
a0206345_21375886.jpg

6:23 鉱道出合い この時点では何とか三俣山が見えている
a0206345_21395640.jpg

6:32 熊本地震による落石 急いで通り抜けよう
a0206345_21415518.jpg

6:44 スガモリ越 休まず登る
a0206345_21431244.jpg

a0206345_21434867.jpg

6:59~7:04 三俣山西峰 ここまでは超順調なのだが・・・
a0206345_2145161.jpg

周りを見ると・・・これから目指そうとしていた大船山は雲の中
a0206345_21471347.jpg

それを見てちょっとガッカリ
a0206345_21525944.jpg

中岳~天狗ケ城~久住山も
a0206345_21481573.jpg

そして星生山も・・・取あえず本峰へ
a0206345_21493466.jpg

7:18~7:21 三俣山本峰は思いっきりガスの中
a0206345_21582510.jpg

無理してもいいことないので17サミッツは断念して”くじゅう”を楽しむことに
a0206345_2154673.jpg

西峰への帰り道
a0206345_2213085.jpg

ヤバいです
a0206345_221557.jpg

7:38 北千里浜も見えてきたので次は久住山にでも登ってみるか
a0206345_2232390.jpg

7:47~7:51 スガモリ越 暫く休んで久住山から先のルートを考える
a0206345_2262996.jpg

7:54 北千里浜を右へ
a0206345_227888.jpg

7:56 正面の久住分れもガスの中
a0206345_2281894.jpg

8:13 振り返れば・・・あれれ!三俣山がスッキリ・・・しくったか?
a0206345_22102525.jpg

8:22 久住分れ ガスが晴れだして・・・
a0206345_22112439.jpg

8:32 ショートカットして登る
a0206345_2213184.jpg

8:40~8:42 久住山 スッキリ星生山
a0206345_22153478.jpg

三俣山も
a0206345_22161394.jpg

中岳~天狗ケ城 大船山も
a0206345_2217660.jpg

よ~し!次は稲星山だ!
a0206345_2218062.jpg

8:52 神明水 よっしゃー!稲星見えてるよー!
a0206345_22251818.jpg

9:00 と、思ったら・・・
a0206345_22271715.jpg

9:05~9:24 稲星山 ガスの中・・・じゃん!
a0206345_2229086.jpg

暫く待っていると中岳見えたー!
a0206345_2230563.jpg

9:31 白口谷分岐 急いで下山したもののあっという間にガスの中~正面が中岳
a0206345_22315251.jpg

9:33 ガスの中にもリンドウ
a0206345_22333143.jpg

9:42~9:44 中岳 当然ガスの中岳 な~んも見えません
a0206345_22352271.jpg

9:48 避難小屋分岐 正面にあるはずの天狗ケ城もガスで見えず
a0206345_2237993.jpg

9:52~9:54 天狗ケ城 当然ガスの中
a0206345_22403438.jpg

もう慣れました
a0206345_2241543.jpg

9:59 神秘的な御池
a0206345_22425715.jpg

10:09 久住分れ
a0206345_2244268.jpg

10:10 避難小屋もかすかに
a0206345_22452578.jpg

10:17 星生崎もガスの中
a0206345_22482047.jpg

10:33 強風吹き荒れる星生尾根 ヤバくない?
a0206345_2250068.jpg

10:36~10:42 星生山 強風とガスで怖かった・・・
a0206345_22513572.jpg

一瞬日差しが!チャンスは逃すな!
a0206345_22523874.jpg

10:51 星生分れ
a0206345_22541316.jpg

10:56 扇ケ鼻分れ
a0206345_22545657.jpg

11:02 今日見た唯一の紅葉?
a0206345_22564263.jpg

11:08~11:24 扇ケ鼻 ガスってます
a0206345_22575945.jpg

先着の常連さんと暫く談笑 今年は紅葉が遅くあまり期待できないとか・・・残念
a0206345_2305957.jpg

11:31 扇ケ鼻分れ 12時までに牧ノ戸峠に降れないかな?トレーニングのつもりで走ってみるか!
a0206345_233199.jpg

11:47 沓掛山
a0206345_233582.jpg

11:53 展望所
a0206345_2344057.jpg

三俣山もはっきりしないね
a0206345_2351023.jpg

11:57 牧ノ戸峠に無事到着・・・だけど・・・何となく・・・不完全燃焼 (+_+)
a0206345_236221.jpg


 常連さんの話では、夏場の猛暑で紅葉が遅れているらしい。おまけに台風で落ち葉が多く、あまり期待できないとの事 残念・・・でも機会があればもう一度来てみたいな

歩行距離 19km 累積標高 1700m 行動時間 5時間57分 歩行時間 4時間58分
by ichibunn-go | 2016-10-07 23:19 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)