7月30日(土) 先週に引き続きオオキツネノカミソリ見物のため多良山系に登る。先週が最盛期ではなかったろうか?と思われるが、まだまだ大丈夫!見どころあるさ!
 今回の参加者は、y弟子とナンちゃんの職場の同僚若手初心者二名にイチブンの総勢五名。最近稀にみる大所帯?です。

盛りは過ぎたものの、もう少し楽しめそうな西野越のオオキツネノカミソリ
a0206345_6244584.jpg

ルートは、中山キャンプ場~太良川水源地~役の行者~国見岳~多良権現~罪人落とし岩~座禅岩~鬼ノ岩屋~前岳(多良東峰)~鬼の門~六体地蔵~役の行者~金泉寺~西野越~西岳~笹南峰~笹ヶ岳~中山越~中山キャンプ場の変則8の字周回コース
a0206345_6303134.jpg

9:03 ナンちゃんを先頭に中山キャンプ場出発
a0206345_633486.jpg

9:24 久々の一列縦隊で徐々に高度を上げて行く 
a0206345_637123.jpg

9:36 今日最初のオオキツネノカミソリ
a0206345_6382032.jpg

9:48~9:52 太良川水源地
a0206345_6391230.jpg

a0206345_6423983.jpg

先週と比べたらへたってる感じは否めない
a0206345_641546.jpg

a0206345_642184.jpg

9:56 高度を上げて行くとまだまだ見頃のものも
a0206345_645440.jpg

a0206345_6453888.jpg

木漏れ日のスポットライトを浴びて幻想的
a0206345_6462130.jpg

10:05 役の行者
a0206345_6511929.jpg

10:08 この石段が結構足にくる
a0206345_6521064.jpg

10:18 梵字岩
a0206345_6532550.jpg

a0206345_6534493.jpg

10:24~10:27 国見岳
a0206345_6543983.jpg

正面に五家原岳
a0206345_6553879.jpg

10:33~10:37 多良権現
a0206345_6564117.jpg

木々の間から経ヶ岳と新しい山頂標識
a0206345_657293.jpg

10:44 罪人落とし岩
a0206345_6591719.jpg

10:52 展望岩
a0206345_701959.jpg

10:55~10:58 座禅岩 ポーズを決めるナンちゃん(実は腰が引けてます)
a0206345_715565.jpg

飛翔感があっていい感じ ナンちゃんの負け
a0206345_745190.jpg

11:00~11:02 鬼ノ岩屋 初めて来た人はこれをやると言う暗黙のルールがある?
a0206345_710186.jpg

余裕だけど、そんなに軽いもんじゃない
a0206345_78582.jpg

11:08~11:13 前岳(多良東峰)
a0206345_7114268.jpg

11:18 鬼ノ岩屋下の分岐を鬼の門に降る
a0206345_7131012.jpg

11:22 鬼の門に登ろうとするナンちゃん はっきり言って無理です
a0206345_7152639.jpg

11:27~11:30 六体地蔵
a0206345_7164331.jpg

11:33 緩やかでいい感じの登山道
a0206345_7184767.jpg

11:42 役の行者 登山者が多いね この分だと金泉寺は・・・
a0206345_7193054.jpg

11:47~12:07 金泉寺 ここで昼食
a0206345_7212378.jpg

時間もいいので休憩の人達でいっぱい この分だと西野越は・・・
a0206345_7233434.jpg

12:15 西野越 渋滞してます
a0206345_7244249.jpg

12:18~12:24 オオキツネノカミソリの群落
a0206345_7254829.jpg

a0206345_726961.jpg

a0206345_7263062.jpg

a0206345_7264978.jpg

a0206345_727518.jpg

a0206345_7272736.jpg

a0206345_7274355.jpg

12:30 西野越まで戻って西岳へ
a0206345_7284174.jpg

12:42~12:44 西岳 若者二名余裕かな?
a0206345_730433.jpg

13:02 笹峠
a0206345_7323084.jpg

ザックをデポして笹南峰と笹ヶ岳往復
a0206345_7334511.jpg

急な崖をよじ登る
a0206345_7351367.jpg

13:09~13:12 マイナー感溢れる笹南峰
a0206345_7362290.jpg

13:15 笹南峰からの降り
a0206345_7381087.jpg

13:18 笹峠まで戻って笹ヶ岳へよじ登る
a0206345_7394118.jpg

13:23~13:30 笹ヶ岳 地味です
a0206345_74135.jpg

あまりの暑さに木陰へ避難
a0206345_742250.jpg

13:35~13:39 笹峠に戻って
a0206345_7442444.jpg

後は中山越~中山キャンプ場へ降るだけ
a0206345_7462695.jpg

14:01~14:06 中山越で小休止
a0206345_7475184.jpg

ここから先は本当に降るだけ
a0206345_7491432.jpg

14:21 ほぼ枯れ沢を渡渉
a0206345_7504347.jpg

14:32 林道に飛び出し中山キャンプ場まであと少し
a0206345_752632.jpg

14:39 中山キャンプ場に無事到着
a0206345_752593.jpg


オオキツネノカミソリの過ぎた感は否めないが、新しい仲間として、若者二人が増えるという大きな収穫があった。これからの彼らの成長に期待する。

歩行距離 8.5km 累積標高 800m 行動時間 5時間36分 歩行時間 4時間25分
by ichibunn-go | 2016-07-31 08:07 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(2)

7月23日(土) 今年もオオキツネノカミソリが咲く暑い季節がやってきた。ならば行かずばなるまい! 但し今日の目標として中山キャンプ場から経ヶ岳までノンストップで1時間以内で登ること!この時期の強敵!マムシは勿論の事!アブの攻撃から逃げ切ること!

太良川水源地のオオキツネノカミソリ
a0206345_1695673.jpg

ルートは中山キャンプ場~中山越~経ヶ岳~中山越~西岳~西野越~金泉寺~役の行者~太良川水源地~中山キャンプ場のオオキツネノカミソリを無駄なく楽しむ周回コース
a0206345_1613534.jpg

8:33 赤い鳥居からではなく林道を右に登って中山越へ
a0206345_16182045.jpg

8:43 二つ目の橋を渡った所が登山口
a0206345_16202853.jpg

8:47 暫く登ると水がちょろちょろ流れる沢を渡る
a0206345_16223814.jpg

8:57 何度か林道を横切り中山越下の広場に飛び出す
a0206345_16235567.jpg

8:59 あっ!と言う間に中山越 大勢の登山者が休憩してたが、休まず経ヶ岳へ
a0206345_16255146.jpg

9:03 平谷越分岐 当然左を取って経ヶ岳へ 顔の周りをブンブンとアブが飛び交う
a0206345_16272457.jpg

9:22~9:41 経ヶ岳山頂 今日の一番乗りかな?誰もいない 中山キャンプ場から49分
a0206345_16283062.jpg

山頂直前で出会った福岡から来山の三名様 楽しいひと時有り難うございました(*^_^*)
a0206345_16304970.jpg

今日のトレランスタイルはアブ対策 何時も上下ともインナー、タイツ仕様で素肌を出さないにも関わらずアブにやられまくり(多良山系での自己最高アブ噛まれ記録7ヶ所)なので、まとわりつくアブを素肌で感じる早期警戒撃退システム?もう一つのアブ対策は体の動きを止めない!動き続けること
a0206345_16393159.jpg

9:55 ささっと降って中山越
a0206345_20574828.jpg

三つのザックが持ち主の帰りを寂しそうに待ってます^^;
a0206345_2059496.jpg

10:12 笹ヶ岳~笹南峰鞍部 標識の左側の笹をかき分ければ笹ヶ岳に登れる
a0206345_2123611.jpg

10:16 登山道脇にオオキツネノカミソリ 
a0206345_2152019.jpg

a0206345_2153739.jpg

10:18 西岳分岐を右へ登る 
a0206345_2182437.jpg

そこにはオオキツネノカミソリの群落
a0206345_21114927.jpg

a0206345_21121292.jpg

10:28 西岳山頂 木々の間に経ヶ岳が見える
a0206345_21132128.jpg

10:31 西野越分岐を右に降る
a0206345_21142558.jpg

10:35 西野越 オオキツネノカミソリ見物の人達が金泉寺方面から続々と
a0206345_211612100.jpg

10:37~10:45 オオキツネノカミソリ群落
a0206345_21174496.jpg

a0206345_2118568.jpg

a0206345_21182677.jpg

a0206345_211852100.jpg

a0206345_21193375.jpg

a0206345_21195774.jpg

a0206345_21202814.jpg

a0206345_21204926.jpg

a0206345_21211045.jpg

a0206345_21213185.jpg

10:51~11:08 金泉寺 アブの攻撃に注意しながら急いで昼食
a0206345_21225694.jpg

なんか工事中だけど、鐘楼かな?
a0206345_21235551.jpg

11:11~11:16 役の行者 多良岳まで行こうと思ったけど団体さんが・・・来週も来る予定なので諦めて中山キャンプ場に降ることにした
a0206345_21271365.jpg

11:18~ 降り出すとオオキツネノカミソリが!
a0206345_21292764.jpg

a0206345_21295347.jpg

a0206345_21301493.jpg

a0206345_21303433.jpg

a0206345_2130585.jpg

11:23~11:26 太良川水源地 結構咲いてる!今年は開花が早いかも!
a0206345_21322798.jpg

a0206345_21325160.jpg

a0206345_2134470.jpg

a0206345_21343989.jpg

a0206345_2135421.jpg

11:47 走れる所は走って中山キャンプ場 オオッ!満車じゃん!
a0206345_213676.jpg


 今年はシャクナゲにしても、ミヤマキリシマにしても、オオキツネノカミソリにしても開花が早かった様な気がするのは私だけ?来週は盛りを過ぎてるかな?
 アブの攻撃は死角に集中する。手は肘側と小指側。足は腿裏とふくらはぎ。耳や唇にぶつかる程群がるアブの攻撃も見事にかわして、西野越のオオキツネノカミソリ撮影で静止ところで膝裏を軽く噛まれた程度で良しとしよう。
 また、行動中の飲料水は、かなり汗をかいたにも関わらず400cc程度に抑えることができたが、飲みたい時には飲んで決して我慢していた訳ではない。
 
歩行距離 8km 累積標高 950m 行動時間 3時間14分 歩行時間 2時間22分
by ichibunn-go | 2016-07-23 16:42 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)

黒髪山往復

7月17日(日) 今月に入って週末は天気に恵まれず初めての登山。体力の確認の為、ホームマウンテンの黒髪山に登ることにした。

梅雨明け間近の黒髪山
a0206345_1913643.jpg

ルートは単純に竜門ダム駐車場~二俣~後ノ平~黒髪山往復 但し、登り45分以内、昼食15分~、降り30分。往復1時間30分に設定 更に昼食時以外は水分補給しないこと スリップダウンしない様に注意すること
a0206345_1647266.jpg

10:40 竜門ダム駐車場を出発
a0206345_19465474.jpg

10:44 昨日の雨で岩が滑りやすい
a0206345_19483163.jpg

10:45 かじか橋
a0206345_19492753.jpg

滝に木漏れ日が差す
a0206345_19512176.jpg

10:50 白い滑床が美しい
a0206345_19531036.jpg

10:51 二俣 右を取って鬼ノ岩屋へ
a0206345_1955199.jpg

11:03 鬼ノ岩屋
a0206345_1956046.jpg

11:07 後ノ平
a0206345_19563552.jpg

11:18 蛇焼山
a0206345_19571156.jpg

11:22 天童岩
a0206345_19574477.jpg

11:23~11:40 黒髪山 ここまで43分 昼食時間は17分摂れる
a0206345_19585882.jpg

a0206345_2017023.jpg

11:51 後ノ平
a0206345_2041849.jpg

12:03 滑りやすい岩に注意しながら二俣
a0206345_2053473.jpg

12:06 雨に後限定の滝
a0206345_2061557.jpg

12:10 30分ジャストで竜門ダム駐車場 沢遊びの親子連れでいっぱい
a0206345_2075288.jpg


目標は達成できた。体力的には問題ないようだ。あとは夏場の持久力かな?

歩行距離 5km 累積標高 500m 行動時間 1時間30分 歩行時間 1時間13分
by ichibunn-go | 2016-07-18 20:16 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

7月10日(日) ”晴遊雨読” 読んで字の通りの意味ならば、晴れた日は外で遊び、雨が降れば家で本を読む。先月は正にそんな感じだった。私にとっては”悠々自適”の極致の様な憧れの生活。
 趣味三本柱とでも言おうか?私には三つの趣味がある。いつもイチブン山水記”で紹介している”登山” それから以前紹介した”車いじり” そして今回紹介する”読書” その中でも読書の趣味歴が一番長い。登山は20代後半から初めて、途中ブランクはあるものの30年ほど。車いじりは18歳で免許取得後40年足らず。
 記憶に残る最初の読書は、保育園児頃に買ってもらった”鉄人28号”の絵本だったと思う。その影響か?SF小説が大好きで小~中~高と図書室や本屋に通った。読書歴はゆうに50年を超え、探していた本を古本屋で見つけた時の嬉しいこと。
 ここ数年は池波正太郎が好きでたまらず、時間があれば読み返している。実は池波正太郎の小説が、もう一つの趣味”登山”に大きな影響を与え、私の登山スタイルまで変えてしまった。

池波正太郎の代表作 テレビドラマでもお馴染みの”鬼平犯科帳”
a0206345_11471351.jpg

これもテレビドラマでお馴染みの”剣客商売” 登場人物の設定が面白く池波正太郎の作品の中では一番好きです 
a0206345_11552883.jpg

”仕掛人・藤枝梅安” 仕掛人と言う言葉はこの作品で初めて使われた この三作が池波正太郎を代表する三作と思いますが、作者の死去により、いずれも残念ながら絶筆となっている
a0206345_11591487.jpg

その他にも歴史上の人物”大石内蔵助”や”堀部安兵衛””近藤勇”等を扱った物が沢山
a0206345_1271118.jpg

そして、私の登山スタイルに大きな影響を与えた”忍者”もの あくまでも物語の中の話だが、戦国時代、男女の忍者の活躍が生き生きと描かれていて、作品に登場する忍者達は現在の様に整備された道路ではなく、また街道や往還の様な道ではなく、忍び道と言われる獣道の様な道なき道を真夜中に明かりもつけずに、野生の感覚を持って一日に40里(160km)を軽く走る 山を走ると言えばトレイルランニングを思い浮かべるが、登山道を走るそれとは全く違う 暗闇での藪漕ぎ縦走かな?
a0206345_1211493.jpg

 作品中に登場する忍者の様にはなれないが、少しでも近づきたいと思い挑戦したのが、”雲仙山系大縦走”であり、”黒髪山系完全往復縦走”だったり、”三郡往復縦走”でもあり、距離的な集大成が、”究極の佐世保大縦走76km”である。
 そして最近挑戦しているのが、”くじゅう17サミッツ”一日踏破。
 最後にどの作品にもよく出てくる大好きな一節がある『人はこの世に生まれて、ただ一つだけはっきりしていることは、日一日と死に向かって生きている』と言うこと。年齢的に無理なところがあるかもしれないけど、体が動く限り、日一日と悔いのない死に向かって挑戦を続けたい。そして今日も池波正太郎を読む。
by ichibunn-go | 2016-07-10 13:25 | その他 | Trackback | Comments(0)