梅雨の晴れ間に虚空蔵山

6月26日(日) 梅雨入り前日の6月3日は九重連山の見事なミヤマキリシマに出会った。11日には雲仙のオオヤマレンゲに出会った。先週も梅雨の晴れ間に黒髪山系に登った。どうやら一週間ごとの梅雨の晴れ間。今週も見事に晴れの予報となり虚空蔵山に登ることにした。が、ゆうくんは残念ながら仕事です^^;

晴れてはいるけど、もや~っとしてます(+_+)
a0206345_18425729.jpg

ルートは、木場登山口~冒険コース~虚空蔵山~鳥兜~犬の墓~南登山口~林道~岩屋登山口~犬の墓~家族コース~鬼の岩屋~木場登山口の変則8の字周回 昨日までの雨で滑りやすく危険と判断した高見岳は回避 虚空蔵山登山では物足りない人が多いだろうからこれぐらい歩いた方がいいかもね
a0206345_1312597.jpg

9:40 木場登山口から一番乗りで虚空蔵山へ 
a0206345_18254794.jpg

9:50 家族コース分岐 当然冒険コースへ
a0206345_18273885.jpg

9:54 湿度たっぷりの大岩の間を抜けて 
a0206345_18284167.jpg

滑らない様に注意しながら梯子を登る
a0206345_18301696.jpg

10:02 寺屋敷跡
a0206345_18313981.jpg

10:08~10:11 西登山口分岐で一休み
a0206345_18330100.jpg

10:12 薄暗い中ここからが登りの本番
a0206345_18344071.jpg

12:16 クサリ場の難所
a0206345_18361323.jpg

10:22 山頂直下の家族コース出合い
a0206345_1838833.jpg

10:25~10:44 虚空蔵山山頂
a0206345_18412059.jpg

う~ん・・・もやってて景色見えない
a0206345_1842082.jpg

自撮り棒も活躍してます(^-^;
a0206345_18425729.jpg

次の目的地の兜岩
a0206345_18464453.jpg

10:47 岩屋登山口へ
a0206345_18523395.jpg

10:49 兜岩分岐を左へ
a0206345_18534164.jpg

10:53~10:56 兜岩 登れれば登ってみたいけど・・・
a0206345_18552211.jpg

11:07~11:10 犬の墓で一休み ここは虚空蔵山、岩屋登山口、川内登山口、南登山口の交差点
a0206345_18565192.jpg

犬に墓の謂れ
a0206345_18584187.jpg

11:24 薄暗い登山道 予報では晴れ!晴れ!晴れ!だったけど・・・
a0206345_1932253.jpg

11:26 縦走路上には所々に大岩が!乗り越える・・・?
a0206345_1954263.jpg

巻きながら進みますが・・・おいおいどこへ行く? 目印は左・・・だ・け・ど
a0206345_1974748.jpg

よかった(´▽`) ホッ 正しいルートに戻りました(^-^; ここを歩き切ればスキルアップ間違いなし
a0206345_1992385.jpg

11:40 南登山口 向かい側のガードレールの端が高見岳登山口 
a0206345_19405827.jpg

11:50~12:21 林道を歩いて岩屋登山口 ここにはトイレもあるし四阿で昼食とした
a0206345_19433156.jpg

岩屋登山口 ここから登り返しだけど・・・整備されすぎていて登山の楽しみは無し
a0206345_1946198.jpg

12:23 悠久の泉 この辺りにはシャクナゲが沢山植栽されてます
a0206345_19471647.jpg

12:37 再び犬の墓 りえちゃんなかなかいいペース
a0206345_19503919.jpg

12:47 家族コース分岐を木場方面へ
a0206345_19534476.jpg

12:52 如何に家族コースとは言え、雨で濡れた岩場は滑りやすいので要注意!
a0206345_19555647.jpg

12:56 嬉野長野登山口分岐
a0206345_1957217.jpg

12:57~13:00 嬉野側へ少し降ると”鬼の岩屋”
a0206345_200939.jpg

岩がすすけているので昔から炭焼きの人達が寝泊まりしてたのかも?ね
a0206345_2032258.jpg

13:05 冒険コース出合い
a0206345_2043286.jpg

13:14 無事に木場登山口まで降って来た
a0206345_2063488.jpg


 梅雨の晴れ間は蒸し暑いのは当たり前だけど、それのもめげず素晴らしいパフォーマンスを見せた登山歴1年のりえちゃんには驚いた^^; 
 この分だと ”くじゅう17サミッツ” 残り三つ。2回目の九重登山で三俣山~北大船山~大船山も一気に行けるかも!

歩行距離 5km 累積標高 650m 行動時間 3時間34分 歩行時間 2時間32分
by ichibunn-go | 2016-06-26 20:35 | りえちゃん登山記 | Trackback | Comments(0)

6月18日(土) 予定のない梅雨の晴れ間はホームマウンテンの黒髪山系に登ることにしよう。特にコースは決めずにポイントポイントで次のルートを考え、臨機応変に行動することにしよう

黒髪山~天童岩
a0206345_17531998.jpg

ルートは、竜門ダム駐車場~二俣~鬼ノ岩屋~後ノ平~黒髪山~見返り峠~黒髪山(途中折り返し)~見返り峠~青螺山~青牧峠~竜門ダム駐車場 臨機応変に対応した結果、周回コースとなった
a0206345_15372336.jpg

9:44 竜門ダム駐車場を出発 車多いね!やっぱ梅雨の晴れ間狙いかな?
a0206345_1805631.jpg

9:50 梅雨とはいえ、今のところ雨量はそれほどでもないので滝ちっちゃ
a0206345_183843.jpg

渡渉点の沢もいい感じ
a0206345_1841935.jpg

9:55 二俣 何時もの様に右を取って鬼の岩屋へ
a0206345_1855221.jpg

10:04 岩も苔むして梅雨を感じます
a0206345_187886.jpg

10:09 鬼の岩屋 数人の登山者が岩屋の中に・・・ゲジゲジと会わなかったかな?
a0206345_1883057.jpg

10:13 後の平 ちょっと後黒髪に寄ろうかな・・・?迷ったけど黒髪山へ
a0206345_18101585.jpg

10:29 天童岩が聳える 登山者多いだろうな?
a0206345_1811754.jpg

10:31~11:00 黒髪山 ところが一人もいない・・・皆んな何処へ行った?じゃあ久しぶりにのんびりするか!
a0206345_18142412.jpg

暫くして次の登山者が登って来た それも岩壁直登の山ガール その前にお兄さんカッコいい!と声をかけてもらったけど、当年取って57歳の立派な山オヤジです(^-^;
a0206345_1821138.jpg

取あえず見返り峠まで降り、トレーニングがてら登り返すことにしようかな
a0206345_1825669.jpg

11:11 見返り峠 ここから黒髪山に登り返す その途中、山頂で出会った山ガール&山ボーイ?さんからクロカミランの咲いてる場所を聞かれて案内する事に 時期的に過ぎてるけど・・・何時もの山旅は道ずれ
a0206345_182924100.jpg

11:47 急な岩場を登った所に・・・
a0206345_18352675.jpg

やったー!まだ残ってたよ\(^o^)/
a0206345_1838046.jpg

残り少ないクロカミラン
a0206345_18381890.jpg

いい時期に来ればこんなに可憐なクロカミランに会えます (5月30日撮影)
a0206345_15593819.jpg

a0206345_15392169.jpg

11:50 更に登ると雄岩雌岩の見える絶景ポイント
a0206345_18442573.jpg

12:28 途中、涼しい木陰で昼食を摂り、急登を登り切って青螺御前手前の縦走路
a0206345_18494113.jpg

12:51 ロープ場 ここの岩は滑りやすいので要注意
a0206345_1851341.jpg

ここを登り切れば青螺山
a0206345_18524656.jpg

12:55~13:03 青螺山 ここで皆さんと別れて竜門ダム駐車場まで一気に降る 目標タイムを30分に設定
a0206345_18552766.jpg

13:16 青牧峠を通過
a0206345_18564352.jpg

13:18 竜門ダム駐車場下降点を左に
a0206345_18574891.jpg

13:34 竜門ダム駐車場に到着 おっしぃー1分遅かったよ(+_+)
a0206345_18585217.jpg


 途中同行させてもらった皆さんのおかげで、クロカミランの開花時期はだいたい5月中旬~6月中旬という事が分かった。来年も見に来てくださいね。同行させていただきとても楽しかったです(*^_^*)
 どこかの山でイチブンを見かけたら声をかけてくださいね(^o^)/

歩行距離 7km 累積標高 850m 行動時間 3時間50分
by ichibunn-go | 2016-06-18 19:25 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

花菖蒲が咲いたよ

6月14日(火) ここは佐世保市の隣町。佐々町の皿山公園菖蒲園。6月も中旬そろそろ花菖蒲が咲いてるんじゃないかな?と思い訪れてみた。

手より大きな花びら
a0206345_21593014.jpg

直売所もあり、小さな道の駅みたいです
a0206345_2146695.jpg

駐車場も広々
a0206345_21463458.jpg

いい雰囲気
a0206345_21473250.jpg

紫陽花も咲き始めたみたい
a0206345_21482675.jpg

おお~!いい感じに咲いてるじゃん!
a0206345_2149564.jpg

いいねぇ~
a0206345_215063.jpg

a0206345_21504712.jpg

a0206345_2151822.jpg

a0206345_21533891.jpg

a0206345_21535741.jpg

色んな花があるのでそれぞれアップで
a0206345_2155172.jpg

a0206345_21565028.jpg

a0206345_2157977.jpg

a0206345_21573112.jpg

a0206345_21574638.jpg

a0206345_215831.jpg

a0206345_21582043.jpg



どちらかと言えば紫陽花よりも花菖蒲が好きです。でも、自然界に咲くはなじゃないのが残念・・・




by ichibunn-go | 2016-06-14 22:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

6月11日(土) 今年も雲仙にオオヤマレンゲが咲く季節になった。ミヤマキリシマの様に咲き誇らず、あくまでもひっそりと森の奥深く咲く『深山蓮華』気品あるその姿、香りは正に『森の貴婦人』『山の女王』の名に相応しい。

美しく花開いた『森の貴婦人』
a0206345_20231323.jpg

ルートは、仁田峠駐車場~薊谷~紅葉茶屋~西の風穴~北の風穴~立岩の峰~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠駐車場のオオヤマレンゲを楽しむ事を前提としたルート

ミヤマキリシマが終わりがらんとした仁田峠駐車場
a0206345_2035189.jpg

9:57 オオヤマレンゲに早く会いたいので最短最速コースでスタート
a0206345_20403776.jpg

10:00 普賢神社にお参りして歩き出す
a0206345_20433854.jpg

10:09 薊谷を通過 バードウォッチングの人はいないようだ
a0206345_20462662.jpg

10:20 紅葉茶屋から鬼人谷口へ
a0206345_2048324.jpg

10:26 西の風穴を通過
a0206345_20495597.jpg

10:34 北の風穴 佐賀大学探検部のメンバーと出会い後になり先になり
a0206345_20524021.jpg

10:37~10:40 いよいよ『森の貴婦人』様とご対面 でも咲いてたのは3輪だけ 他の木には咲いてなかった(T^T)
a0206345_21503580.jpg

a0206345_2058188.jpg

a0206345_20585273.jpg

a0206345_20593846.jpg

a0206345_2101385.jpg
蕾も何個か・・・
a0206345_2121553.jpg

10:42 展望所 
a0206345_2145247.jpg

梅雨だからスカッとしてないけど雨が降ってないだけ良しとするか
a0206345_2153787.jpg

10:50 新道途中から平成新山最接近かな?
a0206345_2194559.jpg

10:57~11:04 立岩の峰 佐賀大学探検部のメンバー 何だか元気ないぞ! ってゆーか・・・緊張してる?
a0206345_21122760.jpg

奇岩越しに国見岳
a0206345_211878.jpg

11:17~11:45 普賢岳山頂
a0206345_21163317.jpg

佐賀大探検部のメンバー 愛知、大阪、岡山、熊本出身だったっけ? ん?もしかして並び順決まってる?
a0206345_21145545.jpg

11:57 紅葉茶屋を通過
a0206345_21191213.jpg

12:08 薊谷を通過
a0206345_21202149.jpg

12:19~12:33 ロープウェー展望台 へたってます
a0206345_2123092.jpg

12:35 仁田峠駐車場にとおちゃこ 探検部のメンバーとはここで別れました
a0206345_21245477.jpg


 探検と言えば私の世代が思い出すのは、♪ゆけ~ゆけ~かわぐちひろし~♪の『川口浩探検隊』ではないだろうか?子供心に本当のような嘘のような可笑しな探検隊だったという記憶がある。
 さて、佐賀大学探検部の諸君!君達はまだ若い。無限の可能性がある。自然を楽しみ、感謝と畏敬の念を決して忘れずにこれからも頑張ってくれ! 佐賀大探検部に興味のある方は➡こちらへ


行動時間 2時間38分 歩行時間 1時間56分

おまけ 
13:31 愛車ラパ蔵も10年目にしてめでたく走行距離130000kmを走破しました\(^o^)/
a0206345_14362149.jpg

by ichibunn-go | 2016-06-11 21:55 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)

2016年6月3日(金) 今年もミヤマキリシマ詣での最終章は九重連山。事前の情報によると今年は花芽も多くシャク蔵は少ないとのこと。しかも例年より開花が早そうだ!おまけに明日明後日は天気が悪そう・・・梅雨入りかもね? ならば!晴れマークの付いた今日行くしかない! 個人的には通行自粛要請の鉱山道路の状況も気になるところ

ミヤマキリシマ咲き誇る平治岳から九重連山を望む
a0206345_2162539.jpg

大戸越のミヤマキリシマ
a0206345_22223456.jpg

見事に復活したね(*^▽^*)
a0206345_22132231.jpg

北大船山のミヤマキリシマも負けてはいない
a0206345_2192692.jpg

大船山を望みながら
a0206345_22332388.jpg

由布岳遠望
a0206345_223540100.jpg

ルートは臨機応変に対応した結果、長者原~鉱山道路~スガモリ越~三俣山西峰~スガモリ越~法華院温泉~坊がつる~大戸越~平治岳~大戸越~北大船山~段原~大船山~段原~北大船山~大戸越~坊がつる~長者原となった
a0206345_20595758.jpg

5:00 長者原に到着 平日だというのに既に満車状態 すると・・・昨日平治岳に登ったはずのY師匠ならぬy弟子から電話が・・・昨日は風が強かったので今日に変更して男池にいます。と、何処かで会えるかな?
a0206345_21134892.jpg
 
5:20 いつもの様に”平治号”に挨拶して出発
a0206345_21173522.jpg

5:42 ここまで車道を歩いて、すがもり越分岐
a0206345_21184692.jpg

5:47 星生山のミヤマキリシマに朝日が差す
a0206345_21203992.jpg

5:49 鉱山道路出合い 山側に注意しながら急いで通り抜けよう 当然、自己責任で
a0206345_21214961.jpg

6:05 熊本地震による巨大な落石 これが通行自粛要請の原因か!
a0206345_2125614.jpg

6:07 すがもり越分岐にも道を塞ぐ様に大岩が!
a0206345_2126780.jpg

6:12 三俣山西峰南面のミヤマキリシマ
a0206345_21285119.jpg

6:19 スガモリ越 今日初めて出会った登山者が二人休憩していた
a0206345_21301861.jpg

計画では西峰~本峰~南峰~坊がつるの予定だが・・・
a0206345_21305814.jpg

6:33 ミヤマキリシマの群落に朝日が当たり出したところ 
a0206345_21371473.jpg

a0206345_21392277.jpg

6:39~6:45 三俣山西峰
a0206345_21394647.jpg
何となく北千里浜を歩きたくなり引き返すことに
a0206345_21405265.jpg

6:54 再びスガモリ越 左を取って北千里浜へ
a0206345_21413691.jpg

6:59 北千里浜 ここも左を取って法華院温泉へ
a0206345_21434898.jpg

左に三俣山を見ながら
a0206345_2146143.jpg

7:16 法華院温泉山荘 平治岳や大船山に登る登山者で賑わってます
a0206345_21465270.jpg

7:21 坊がつる ここに来るとホッとする
a0206345_21474216.jpg

振り返ればドーンと三俣山
a0206345_21493669.jpg

7:26 大船山、平治岳分岐 左を取って平治岳へ
a0206345_21523625.jpg

7:53~7:55 思ったより登山者が少なくサクサク登って大戸越 よかった~ミヤマキリシマ咲いてるよ\(^o^)/
a0206345_21543518.jpg

ちなみに昨年は枯れ野原・・・でした(+o+)
a0206345_7263025.jpg

8:02 大戸越を見下ろす
a0206345_2159163.jpg

8:06 ミヤマキリシマのトンネル 何とか回復したね(*^_^*)
a0206345_2215336.jpg

ちなみに昨年は・・・何もなし((+_+))
a0206345_7322547.jpg

更に一昨年の同じ場所
a0206345_18333552.jpg

いい感じのミヤマキリシマ
a0206345_225490.jpg

a0206345_225293.jpg

ちなみに昨年は・・・でした(T_T)
a0206345_7351841.jpg

a0206345_2264321.jpg

8:20~8:22 平治岳南峰 北峰を眺めているとy弟子と遭遇!
a0206345_22105383.jpg

a0206345_22122911.jpg

8:24 素晴らしい
a0206345_22145824.jpg

8:27~8:30 平治岳 思ったより登山者が少ないかも
a0206345_22155569.jpg

a0206345_2216558.jpg

a0206345_22172673.jpg

a0206345_2218882.jpg

8:37 再び南峰 待たせておいたy弟子と北大船山~大船山へ
a0206345_22195834.jpg

8:59~9:08 大戸越 大勢の登山者で賑わってます 
a0206345_2224532.jpg

9:13 大戸越から少し登った所のオオヤマレンゲの蕾も堅そう
a0206345_22263896.jpg

9:27 足場の悪い登山道を必死に登るy弟子
a0206345_22282146.jpg

9:47 振り返れば平治岳
a0206345_22292894.jpg

a0206345_22295167.jpg

9:54 北大船尾根と平治岳のミヤマキリシマが重なる
a0206345_22314268.jpg

9:56 大船山とミヤマキリシマ
a0206345_223234100.jpg

昨年の同じ場所 花付きも色も悪かった
a0206345_6442490.jpg

10:00 盛ってます
a0206345_22385025.jpg

a0206345_22391832.jpg

a0206345_22422327.jpg

a0206345_22424483.jpg

10:08~10:11 北大船山 雄大な景色を楽しむy弟子
a0206345_2240535.jpg

昨年はここで後姿がカッコいい!と言われたので今年は前から
a0206345_22441114.jpg

10:16 段原 大船山まで登れるやろか?と弱気のy弟子 ゆっくり登れば大丈夫!と励ます
a0206345_22454844.jpg

10:41 もうちょっとだ!頑張れ~!
a0206345_22481380.jpg

10:42~11:02 大船山 y弟子は初登頂
a0206345_2249374.jpg

a0206345_22505014.jpg

a0206345_2252838.jpg

11:16 再び段原 ここから降る予定だったがy弟子から大戸越まで一緒に・・・と泣きが入り、遠回りだけど付き合う事に
a0206345_2255153.jpg

a0206345_22554051.jpg

いいねぇ~(*^▽^*)
a0206345_22585637.jpg

a0206345_22593333.jpg

11:57~12:00 大戸越 ここでy弟子と別れる ここからは自分の時間 y弟子が男池に着くより早く長者原に到着するのが目標
a0206345_2304472.jpg

午前より午後の方がいい色してるね
a0206345_233657.jpg

12:17 大船山分岐 大戸越から走り降って17分
a0206345_2344442.jpg

坊がつる ここから長者原まで1時間で行けるかな?
a0206345_2372861.jpg

12:23 三俣山南峰登山口前
a0206345_2361595.jpg

平治岳の山頂付近がピンクに染まってる
a0206345_2384639.jpg

12:27 吉部分岐 長者原は左へ
a0206345_2395172.jpg

12:48 雨ケ池越
a0206345_23113336.jpg

残念ながら空池です
a0206345_23121410.jpg

13:19 タデ原湿原から見る三俣山
a0206345_23132222.jpg


13:21 平治号今帰ったよ 吉部分岐から54分で到着 すぐy弟子に連絡 まだ着いてない様だ
a0206345_23141098.jpg



平治岳のミヤマキリシマも昨年の惨状からよくここまで回復したものだ。これが自然の素晴らしさかな?来年はもっと期待できるかも!今から楽しみだね

歩行距離 22km 累積標高 2000m 行動時間 8時間01分 歩行時間 7時間13分




by ichibunn-go | 2016-06-03 23:21 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)