1月25日(月) 昨日からの雪は今日も断続的に降り続いている。その雪に喜んだのは子供たちだけではない。我が家の大人たちも例外ではなかった。アユママ、イク、アユの作品を紹介しよう^^;

当直明けの帰宅後2時間かけて作ったイクの力作はピカチュウ ウ~ム・・なかなかのクオリティ
a0206345_19303562.jpg

a0206345_1927211.jpg

その他、左がアユ、右がアユママの作品 一つづつ紹介するほどでもない
a0206345_18283862.jpg

昨日紹介したお向いさんの雪だるま。口が付いて更に完璧に
a0206345_19274746.jpg

お隣さんは掟破りのスノーゴジラ! ウ~ムこれは・・・なかなか
a0206345_19281550.jpg

イチブンの作品?雪山には登るけど雪には触りたくないので25cmほど積もったカーポートの除雪 まさか雪下ろしを経験するとは思わなかった(*_*; 雪の重みでミシミシいってました
a0206345_18394123.jpg

a0206345_1841338.jpg

最後は3作品揃い踏み
a0206345_18464614.jpg


作品の優劣ははっきりしてるけど、いろいろ問題もあるので甲乙つけないことにしよう(^-^;
by ichibunn-go | 2016-01-25 18:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

佐世保は大雪 時々吹雪

1月24日(日) 佐世保は予報通りの大雪。こんなに積もったのは初めてじゃないかな?そこで、アユと近所を歩いてみることにした。

 お向いさんの玄関に大きな雪だるまが!色も形もこんなに綺麗な雪だるまを見たのは初めて!
私たちが作りました\(^o^)/ あっぱれ進呈!
a0206345_1782620.jpg

この急坂を下まで転ばして押し上げたそうです。重たかったろうね(@_@)
a0206345_17102493.jpg

上の道に出てみると、ここは何処?・・・一応佐世保です
a0206345_17113235.jpg

家々の屋根は真っ白 将冠岳も前岳も雪国の山みたい
a0206345_171321.jpg

この雪の中を安全快適に歩くための装備は?当然登山靴にスパッツ 流石にアイゼンはいりません
a0206345_17145924.jpg

と!突然吹雪が!
a0206345_171666.jpg

景色はホワイトアウト!とても目を開けてられない
a0206345_1717146.jpg

a0206345_17182151.jpg

a0206345_1719088.jpg

更に歩いて行くと段々深くなる
a0206345_17201430.jpg

今度の吹雪は強烈!
a0206345_1721640.jpg

山でも滅多に出会わないのに、佐世保でこんな吹雪に出会うなんて!
a0206345_17224344.jpg

a0206345_17214582.jpg

実はこれがやってみたかった!
a0206345_17233087.jpg

吹き溜まりは膝の下まで
a0206345_17241834.jpg

車も埋もれてます
a0206345_17244516.jpg

a0206345_1725037.jpg

気持よさそうな所があったらジャンプ!
a0206345_17321712.jpg

神社の石段も雪に埋もれてます。たぶん明日は何処が石段か分らなくなってるんじゃないのかな?
a0206345_1731835.jpg

道路標識も雪国の標識みたいになってます
a0206345_173331100.jpg

公園も真っ白
a0206345_173508.jpg

立派な板蒲鉾のできあがり
a0206345_17364393.jpg

ここでもジャンプ!気持ちいい!
a0206345_17354384.jpg

芸術性を感じるのは私だけ?
a0206345_17384851.jpg

猫のアメ蔵も初めての雪にパニックです
a0206345_17394859.jpg

どうしていいのか解らずにウロウロするばかり
a0206345_1740342.jpg

a0206345_17401813.jpg

ルイも外に出たものの冷たい雪にとまどってます
a0206345_9314027.jpg


 雪山登山の経験もあるアユだったが、久しぶりの大雪に童心に帰り大いに楽しんだようだ。
 外は今も雪が降っている。明日も降り続くらしい。いったいどれだけ積もるのか?心配でもあり、楽しみでもある。この後登る雪山も楽しみだ。どこの山に登ろうかな?やっぱ九重かな?
by ichibunn-go | 2016-01-24 17:28 | その他 | Trackback | Comments(2)

1月22日(金) 天気予報によると明日夜半から月曜日にかけて10年に一度の大寒波が来るらしい。予定では明日山友を誘い四王寺滝を見に行く予定だった。のだが、誘いが急であったため行きたい気持ちはありながらも仕事や所要の為皆さん撃沈(T_T)
 そこで以前から考えていた二大氷瀑、難所ケ滝と四王寺滝を同日に見れないものか?と言う山馬鹿な計画!大寒波の襲来に備え、急遽前倒しして登山者の少ない平日の今日実行することにした。

思えば3年ぶりの難所ケ滝 見事に成長してます
a0206345_8553.jpg

ガスってるのが残念だけど、いつ見ても美しい四王寺滝
a0206345_8232286.jpg

 計画では5:30自宅を出発~7:30昭和の森到着~8:00出発~9:00難所ケ滝到着~10:00昭和の森帰着~12:00別所駐車場到着~13:30四王寺滝到着~14:30別所駐車場帰着~17:30帰宅(18:00から水泳指導のため) 以上時間にシビアにいかないと達成できない

8:10 途中平日ならではの渋滞に引っかかり予定より40分遅れて到着。着いた時は他に一台だけだったけど準備してる間にズラリと並びました
a0206345_2246243.jpg

8:22 遅れた分は機動力登山で取り返そう さあ!気合を入れて出発だ!
a0206345_225848.jpg

8:55 おろっ?椿とハート ほのぼのとした気持ちになるね
a0206345_2305244.jpg

9:02 小つらら この分なら大つららも期待できるね
a0206345_23181313.jpg

9:10 難所ケ滝直下の登山道 氷の道です アイゼン無しで登って来たけど降りはアイゼン着けよう
a0206345_2353428.jpg

9:11~9:23 久々の難所ケ滝がド~ン! 
a0206345_881919.jpg

写真撮影していた人にモデルをお願いしました 後姿も凛々しいです
a0206345_23113033.jpg

a0206345_23143247.jpg

a0206345_2315538.jpg

a0206345_23161764.jpg

a0206345_23164370.jpg

9:55 急いで降って予定時間に追いついた ここから別所駐車場まで2時間の移動
a0206345_23233369.jpg

12:05 途中雪の為難儀したけどほぼ予定通り別所駐車場到着
a0206345_2330229.jpg

12:11 急いで準備し四王寺滝に向けて出発 時間節約の為参道の階段回避
a0206345_2332769.jpg

12:16 おっ!鹿がこっちを見ている 昼間でも民家の近くにいるんだね
a0206345_23352140.jpg

12:27~12:33 奉幣殿 一応アイゼンを着けて行こう
a0206345_2339729.jpg

できればこの階段登りたくないよね
a0206345_031045.jpg

お参りをして登山の安全をお願いしました
a0206345_23401726.jpg

12:38 奉幣殿の見える休憩所 ガスってるけど四王寺滝綺麗に見えるかな?
a0206345_23421070.jpg

12:44 ふかふかの雪がいい雰囲気
a0206345_2347146.jpg

12:47 鬼杉分岐 四王寺滝入口まで20分 こんな標識を見ると燃えます
a0206345_23474980.jpg

12:58 四王寺滝入口 頑張ったけど半分では行けなかった
a0206345_2350942.jpg

13:18~13:30 四王寺滝 ガスった感じがより荘厳な感じを醸し出し・・・幻想的
a0206345_8112258.jpg

a0206345_2353994.jpg

a0206345_23551510.jpg

a0206345_812276.jpg

a0206345_8124235.jpg

a0206345_23554128.jpg

a0206345_23561259.jpg

a0206345_23564310.jpg

a0206345_0145758.jpg

条件さえ良ければ、こんな美しすぎる四王寺滝が見れたのにね・・・残念 2014年2月撮影
a0206345_9132884.jpg

14:03 奉幣殿 ここから見ると大っきいよね
a0206345_23581179.jpg

14:15 別所駐車場に到着 良かった予定時間に追いついた
a0206345_021440.jpg


 難所ケ滝も四王寺滝も甲乙付けがたい。個人の好みも含めて強いて言うならば、大きさ迫力では難所ケ滝。繊細さ美しさでは四王寺滝・・・やっぱり甲乙付けがたい・・・

5時半頃帰宅 スイミングクラブの練習時間に間に合い、元気な子供たちに無事会えました(^-^;
by ichibunn-go | 2016-01-22 20:51 | 英彦山系 四王寺の滝 | Comments(2)

1月17日(日) 今日は昼頃から雨の予報。山間部でも雪になるほどの冷え込みではない。ならば、アプローチが短く雨が降り出す前に登れる山は?
 隣町佐々町の最強超低山”古川山系縦走修行”に久しぶりに行くことにしよう。ここなら午前中に登山口まで帰って来れるはずだ。

早くも皿山公園駐車場の桜が咲き始めていた
a0206345_17463853.jpg

a0206345_17493083.jpg

ルートは、皿山公園駐車場~鎌倉神社登山口~金比羅神社~金比羅岳~古川岳展望台~三尊岳~城辻山~古川岳展望台~真竹谷駐車場分岐~車道出会い~皿山公園駐車場 雨が降る予報の為、帰路は車道に逃げる
a0206345_1756563.jpg

8:43 今にも雨が落ちてきそうな中、皿山公園駐車場を出発 
a0206345_17584478.jpg

鳥居を潜ればいきなり百段以上の石段 
a0206345_181077.jpg

8:46 鎌倉神社 右側に登山口(遊歩道入口)あり、ここから修行の道が始まる。とても遊びでは歩けません
a0206345_183592.jpg

8:49 天を突くような最初の石段 こんな石段が次から次に現れます
a0206345_18123223.jpg

10:52 二つ目の石段 頂上は見えません 標高差は35m、ビルの12階ほどの直登
a0206345_1817578.jpg

9:02~9:05 更に石段を上り詰めれば金比羅神社
a0206345_1824433.jpg

南側には美しい山容の愛宕山
a0206345_18251449.jpg

正面には韮岳と大岳
a0206345_1826468.jpg

9:10 更に石段を登れば
a0206345_1828593.jpg

9:11 標高192mの金比羅岳 山頂標識はありませんがベンチと標柱と左側の木が目印です
a0206345_1829790.jpg

9:22 小さな登り降りを繰り返し、この石段を登れば
a0206345_18324219.jpg

9:22 標高200mの等高線を持つ無名ピーク 金比羅岳と似てます
a0206345_18334549.jpg

9:29 真竹谷駐車場分岐 正面の石段を登れば古川岳展望台
a0206345_1836122.jpg

9:32~9:34 古川岳展望台
a0206345_1840301.jpg

眼下には佐々の街並みが一望 
a0206345_18414019.jpg

9:35 またまた石段 その昔石段を積み上げた人々に思いをはせる
a0206345_1847545.jpg

9:37 登り切ったベンチ正面が三尊岳登り口 カメラの調子が悪くピンボケが多い・・・(T_T)
a0206345_18492076.jpg

9:39 登山らしくなったね
a0206345_18503296.jpg

9:40~9:42 薄暗い三尊岳 220mの等高線を持つ古川山系最高峰
a0206345_18512535.jpg

9:49 来た道を戻り古川登山口分岐
a0206345_18592225.jpg

9:55~9:57 やっと城辻山に着いたー\(^o^)/ 山頂はテレビ中継所のアンテナが林立してます
a0206345_1924877.jpg

その奥にひっそりと あら?雨が降り出した!予報より2時間も早い
a0206345_1941744.jpg

10:10~10:20 来た道を戻り古川岳展望台
a0206345_1971990.jpg

展望台から佐々の町を見下ろします マラソン大会のアナウンスが聞こえてるけど、雨も降り出したことだし寒いだろうな・・・ここの気温は7℃ほどです
a0206345_19103397.jpg

滑らないように下りないと
a0206345_1911674.jpg

10:22 真竹谷駐車場分岐 左へ降り車道へ逃げます
a0206345_19115142.jpg

10:28 車道出会い 雨も本降りになってきたので傘をさします
a0206345_19142584.jpg

10:32 あら?いつの間にか歩道が出来てる 
a0206345_19152872.jpg

10:54 車道をテクテク歩いて皿山公園駐車場
a0206345_1918344.jpg


 標高200m前後の古川山系。ホームマウンテン黒髪山系のミニチュア版って感じかな?しかし、標高の割には登ったり降ったり黒髪山系より更にハード!相当の健脚者でなければ往復縦走は不可能だろう。しかも翌日には筋肉痛のオマケ付き!かも?正に修行の道

歩行距離 6km 累積標高 600m 行動時間 2時間11分 歩行時間 1時間52分

 往復した場合、距離は6km弱となるが、累積標高は1000mにもなる。最強の低山と言われる黒髪山系の代表的な周回コース、黒髪山~青螺山周回でも6km、累積標高850m程度。我と思わん人は往復縦走にチャレンジしてみよう
by ichibunn-go | 2016-01-17 19:36 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

1月10日(日)今日は佐世保スイミングクラブ第40回耐寒訓練寒中水泳の日だ!今回は波静かな川棚町大崎海水浴場で行う。
 暖冬傾向の中、ほぼ無風、気温8度、水温12度、日差しもありコンディションも上々。
 下は4歳児から70歳代のコーチまで、子供、OB、コーチ総勢40名の参加で行う。


みんな最後まで頑張れ!
a0206345_854670.jpg

a0206345_7385768.jpg

波静かな大崎海水浴場
a0206345_736131.jpg

先ずはランニングと準備運動で体を温めよう
a0206345_7404637.jpg

水温を確かめる様に最初は恐る恐る水に入ります
a0206345_7445433.jpg

でも、一度入ってしまえばこっちのもの!
a0206345_747639.jpg

歓声をあげながらはしゃぐ様に走ります
a0206345_7481981.jpg

a0206345_7491995.jpg

a0206345_7494073.jpg

a0206345_750185.jpg

徐々に深いところへ
a0206345_7502228.jpg

a0206345_7504329.jpg

a0206345_7515226.jpg

a0206345_752971.jpg

a0206345_753214.jpg

a0206345_7533553.jpg

a0206345_754481.jpg

a0206345_7542783.jpg

a0206345_755994.jpg

a0206345_7552964.jpg

a0206345_7554674.jpg

a0206345_814863.jpg

今回最年少のりんたろうくん まるで温泉にでも入っているようです
a0206345_7563766.jpg

a0206345_82889.jpg

a0206345_82454.jpg

a0206345_842653.jpg

a0206345_83862.jpg

みんな最後まで頑張りました!
a0206345_854670.jpg

寒中水泳の後は表彰式です これからもみんなの手本になる様に練習頑張ってください
a0206345_811293.jpg

楽しい昼食会 どんなごちそうがあるかな?
a0206345_893149.jpg

新成人のしのぶちゃん 成人式後、駆けつけてくれました
a0206345_21241121.jpg


今年もみんなに言葉のプレゼントだ!
 練習はきつくて辛いかもしれない。もう、やめてしまいたいと思うことだってあるだろう。時にはわがままを言いたいこともあるだろう。でも、自分が一番辛いんじゃない。もっと、きつくて辛い練習をしている人達がたくさんいるはずだ。 
 今に満足せず、一歩一歩少しずつ進むことが大切。水泳をできる環境を与えてくれるすべての人に感謝しなければいけない。

”どんなに辛い時もありがとう” 自分の周りすべてに感謝を忘れないようにしよう。
by ichibunn-go | 2016-01-11 08:38 | 佐世保スイミングクラブ | Trackback | Comments(0)

霧氷の華咲く英彦山

1月9日(土) 冬山シーズンに入り、雲仙、くじゅう、由布岳に続いて四ヶ所目の霧氷登山は天気予報を検討した結果、今シーズンまだ未踏の英彦山に登ることにした。
 今回は久々にアユママと登ることにしよう。前回アユママと英彦山に来たのは、一昨年”美しく氷結した四王寺滝”を見に来た時以来。しかし、今回程度の寒波では四王寺滝は氷結していないだろうから、以前から連れて行きたかった北西尾根と望雲台を入れた比較的楽なコースを考えてみた。

思わぬサプライズの鹿との遭遇
a0206345_0124691.jpg

霧氷に浮かぶ英彦山神社
a0206345_0195752.jpg

ルートは、野営場駐車場~北西尾根~中岳~南岳~中岳~北岳~望雲台~高住神社~野営場駐車場の周回コース
a0206345_2273539.jpg


9:20 野営場駐車場を出発
a0206345_2213811.jpg

9:24 バンガロー脇の階段から北西尾根に取付きます
a0206345_22151316.jpg

9:41~9:44 観察路交差点でレイヤード調整して北西尾根の急登を登る
a0206345_2218074.jpg

9:56 急登も終わり薄っすら雪の積もった雰囲気のいい登山道
a0206345_22204724.jpg

10:09 薄く霧氷が付きだした 山頂付近は期待できるかも!
a0206345_22221496.jpg

10:15~10:20 北西尾根唯一の難所を越えた所で景色を楽しもう
a0206345_22255334.jpg

a0206345_22261852.jpg

10:25 英彦山神社が見えてきた この雰囲気がいいんだよね
a0206345_22272962.jpg

この辺りの霧氷も素晴らしい
a0206345_22382620.jpg

a0206345_22384334.jpg

10:28 ところがアッ!という間にガスと粉雪で見えなくなった
a0206345_22404310.jpg

10:34~10:47 中岳 思ったよりも早く着いたね
a0206345_22444816.jpg

気温はこんな感じです
a0206345_22452443.jpg

結婚33年目 まだまだ・・・です
a0206345_22471851.jpg

昼食には早いので南岳まで往復して来ます
a0206345_22504367.jpg

10:49 中岳~南岳鞍部に降る辺りもなかなかいい霧氷がついてるね
a0206345_22561588.jpg

a0206345_22584267.jpg

a0206345_2259242.jpg

10:52 鞍部は霧氷のトンネル
a0206345_230917.jpg

南岳山頂手前から左を取って、ぐるりと巻いて反対側から山頂を目指します
a0206345_2323450.jpg

10:57 おおっ!いい霧氷!
a0206345_2344351.jpg

11:09 雪が無ければ何でもないけど一応難所です
a0206345_2375427.jpg

11:11 粉雪舞い幻想的な霧氷
a0206345_2394226.jpg

a0206345_2395839.jpg

11:12~11:15 南岳 
a0206345_23111542.jpg

一昨年来た時、山頂標識は雪に埋もれてました
a0206345_2313537.jpg

11:17 定番だけど、いいねっ!
a0206345_2315795.jpg

10:20 モノクロ写真?違うかも・・・
a0206345_23174266.jpg

a0206345_23191012.jpg

11:25 再び英彦山神社
a0206345_23201380.jpg

11:30~11:55 避難所空いてるかな~?
a0206345_23221912.jpg

運よく席が空いてたので昼食です
a0206345_23231582.jpg

12:16 北岳山頂に近づくにつれて霧氷が濃くなってきた
a0206345_23251454.jpg

a0206345_23254165.jpg

12:18 これは綺麗な霧氷だ!
a0206345_2330496.jpg

12:22 南岳と中岳がやっと見えた!
a0206345_23331587.jpg

12:24 言葉はいらないね
a0206345_23345913.jpg

a0206345_23352555.jpg

a0206345_2336142.jpg

a0206345_2336268.jpg

a0206345_2337429.jpg

12:30~12:42 北岳 
a0206345_2343374.jpg

a0206345_23433097.jpg

a0206345_23453652.jpg

やっと青空が!
a0206345_23442559.jpg

a0206345_23444492.jpg

a0206345_2345475.jpg

13:00 この木段滑りそう
a0206345_23465071.jpg

13:07 溶岩の壁
a0206345_23472813.jpg

13:32 望雲台分岐
a0206345_23485982.jpg

13:34 望雲台への第一関門
a0206345_23501893.jpg

13:38 正面に見える手すりが望雲台
a0206345_23515185.jpg

13:41 第二関門
a0206345_23524470.jpg

13:42 望雲台 足が竦んで立てません
a0206345_2354351.jpg

鷹巣山が正面に見えます
a0206345_23574897.jpg

意を決して下を覗いて見たら・・・
a0206345_22101563.jpg

ぞわ~崖下まで130m だからこそここに連れて来たかったんだよね!
a0206345_23595243.jpg

降りも難所です
a0206345_005358.jpg

14:03 鉾立岩 よく立ってるね
a0206345_012999.jpg

14:11~14:23 高住神社
a0206345_033472.jpg

いい雰囲気です
a0206345_054670.jpg

14:29 参道を野営場駐車場まで歩きます
a0206345_045351.jpg

14:34 杉林が時代を感じさせるね
a0206345_065142.jpg

14:50 スキー場?
a0206345_093579.jpg

14:53~14:56 そこでサプライズ!鹿の群れに遭遇!五頭いるね
a0206345_0105226.jpg

a0206345_0114964.jpg

a0206345_012643.jpg

a0206345_0122649.jpg

a0206345_0124691.jpg

14:59 野営場登山口まで戻って来た
a0206345_0142345.jpg

15:01 無事野営場駐車場までかえって来たね めでたしめでたし
a0206345_016687.jpg


今回は霧氷に加えて至近距離での鹿との遭遇。思わぬサプライズに嬉しいの一言!さてさて今度は何処の山に登ろうかな。

歩行距離 7.5km 累積標高 800m 行動時間 5時間01分 歩行時間 4時間20分 
by ichibunn-go | 2016-01-10 00:37 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

2016年1月3日(日) 初登山は昨年登り納めの雲仙で知り会ったナンちゃんとホームマウンテンの黒髪山系に登ることにした。天気は心配だが山歩きを楽しむ分には影響ない程度。きっと楽しい山歩きができるに違いない。

黒髪山の天童岩にて
a0206345_18411991.jpg

ルートは、有田ダム駐車場~岩尾根~英岩~英山~前黒髪~黒髪山~白川キャンプ場~有田ダム駐車場の年の初めに相応しい、のんびり楽ちんコース
a0206345_18452594.jpg

ふと空を見上げるとバルーンが!初飛行かな?
a0206345_18473734.jpg

蓮華石山をかすめて飛んで行く 気持良かろうね
a0206345_1849218.jpg

更に低空を飛ぶバルーン
a0206345_1849373.jpg

8:57 ナンちゃんは初めての英山。きっとルンルン気分だろうね
a0206345_18543315.jpg

9:06~9:10 展望尾根 気温が高くムシムシするのでレイヤード調整
a0206345_18565558.jpg

9:18 岩尾根分岐 
a0206345_18574358.jpg

9:22 楽しい岩尾根往復 
a0206345_19444844.jpg

先端まで行ったら展望を楽しもう
a0206345_19452080.jpg

展望を楽しんだ後は下まで降って登り返そう
a0206345_19464472.jpg

10:00 下の岩壁は苔が湿って滑りやすいので注意しよう
a0206345_19473375.jpg

a0206345_19514671.jpg

上の岩壁は更に急です
a0206345_1952266.jpg

10:13 尾根に登りあがって英岩へ
a0206345_19533762.jpg

10:14~10:17 展望岩 ここは英岩ではありません
a0206345_19543991.jpg

10:20~10:40 英岩 突然崖の上に飛び出しビックリ!
a0206345_203449.jpg

英岩先端の遭難碑
a0206345_204427.jpg

降れる所までくだってみた
a0206345_205562.jpg

鳥居岩
a0206345_2052370.jpg

10:46~10:48 英山
a0206345_2074597.jpg

山頂裏の展望岩
a0206345_208286.jpg

10:55 気持のいい縦走路です
a0206345_209443.jpg

11:03 な~にんも見えない前黒髪
a0206345_2095361.jpg

11:06 岩尾根 この辺りから天童岩が迫ってきます
a0206345_20103375.jpg

11:11 天童岩が聳え立つ
a0206345_20202772.jpg

11:22 交差点
a0206345_20204145.jpg

11:29~11:31 白山神社 後ろには天童岩が覆い被さる様に聳えてます
a0206345_202242.jpg

11:34~11:36 黒髪神社上宮
a0206345_20225580.jpg

11:38 鎖場
a0206345_20233626.jpg

a0206345_2024277.jpg

11:42 天童岩
a0206345_20261415.jpg

鎖は使わず直登 足が上がらず難儀してます
a0206345_20274214.jpg

11:45~12:10 黒髪山天童岩 ここで昼食としました
a0206345_20284730.jpg

12:14 左を取って交差点へ
a0206345_20313892.jpg

12:22 交差点 右を取って有田ダムへ
a0206345_20312576.jpg

12:43 白川キャンプ場登山口
a0206345_20325110.jpg

a0206345_20332211.jpg

13:05 有田ダム駐車場へ無事到着です
a0206345_20342537.jpg


 白山神社、黒髪神社、共に今年も良い登山ができますようにm(__)mとお願いしてきた。きっと、素晴らしい景色、人々に出会えることだろう。

歩行距離 7km 累積標高 650m 行動時間 4時間08分 歩行時間 3時間10分
by ichibunn-go | 2016-01-04 20:17 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(2)