吾妻岳~九千部岳往復

5月31日(日) 先週に引き続き島原に用事があり、時間を見て雲仙山系の山に登る事にした。天気も回復しそうなので久しぶりに吾妻岳と九千部岳に登ることにしよう。

九千部岳山頂近くの展望岩にて よく見ると後ろを大きな蜂が飛んでいる
a0206345_2241798.jpg

今日のルートは、田代原トレイルセンター~吾妻岳~田代原トレイルセンター~登山口~北西尾根~九千部岳~北西尾根~田代原トレイルセンターの単なる往復登山
a0206345_22395568.jpg

田代原トレイルセンターに着いてみると吾妻岳は雲の中
a0206345_2243537.jpg

九千部岳にも雲がかかる
a0206345_22443069.jpg

マイクロバスは久留米の”みどる山の会”の皆さん。運転手さんの話では第二吹越から降って来るとのこと。多分途中で会うだろうな
a0206345_22475133.jpg

9:40 田代原トレイルセンターを吾妻岳に向けてスタート
a0206345_2248643.jpg

9:44 馬頭観音 畜産の神様かな?
a0206345_2249964.jpg

9:57 赤ハシゴまで来ればもうすぐ山頂
a0206345_22503063.jpg

10:00~10:06 吾妻岳山頂
a0206345_22512651.jpg

山頂先の広場で暫らく休もう
a0206345_22522240.jpg

10:10 いかにも滑りそうな岩場
a0206345_22544728.jpg

10:24 田代原トレイルセンターまで降ってきたら九千部岳もよく見える様になっていた
a0206345_22554834.jpg

10:27 そのまま歩いて九千部岳登山口
a0206345_2258423.jpg

10:31 ここまでは石畳とコンクリート ここから登山らしくなるね
a0206345_225935100.jpg

10:42 白い花びらが登山道いっぱいに落ちている!何の花かな?
a0206345_2312675.jpg

10:43 山頂まで1000m
a0206345_232368.jpg

10:55 山頂まで500m
a0206345_2324684.jpg

11:03 肩まで登り上がると北西尾根のハイライト!岩稜帯が始まる
a0206345_2375726.jpg

a0206345_2395271.jpg

11:06~11:10 明るくなって展望岩
a0206345_23104858.jpg

九千部岳の後方に平成新山~普賢岳~国見岳~妙見岳が並ぶ
a0206345_23161569.jpg

振り返れば木々の間に累々と岩が立ち並ぶ
a0206345_2317990.jpg

11:13 岩場御用達のロープは勿論あります
a0206345_2320983.jpg

11:15~11:56 九千部岳山頂
a0206345_23205737.jpg

ヤマボウシもポツポツ白くなりかけてる
a0206345_23231128.jpg

雲に浮かぶ雲仙岳
a0206345_23241943.jpg

岳道遠望
a0206345_23253089.jpg

雲仙の町遠望
a0206345_2326467.jpg

みどる山の会の皆さん
a0206345_23265771.jpg

11:57~12:00 九千部大明神に寄ってみよう
a0206345_23275889.jpg

山頂直下の洞窟の中に
a0206345_23292992.jpg

中は真っ暗でなんにも見えない 洞窟の奥に九千部大明神祀ってあった
a0206345_2330476.jpg

12:02 滑りやすい岩場を慎重に降る”みどる山の会”の皆さん
a0206345_23341344.jpg

12:28 雨で濡れて滑りやすい登山道を無事に登山口まで降ってきた
a0206345_2332128.jpg

12:31 田代原トレイルセンター
a0206345_23351481.jpg


時間的な制約もあり本当に駆け足の山行だった。でも、九千部岳の北西尾根は長崎県内の山の中では一番面白く、最も好きなルートの一つだ。

歩行距離 6km 累積標高 700m 行動時間 2時間51分 歩行時間 1時間57分
by ichibunn-go | 2015-05-31 23:43 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)

島原 青春の思いで散策

5月23日(土) 午前中、川棚の虚空蔵山に登ってきた。今夜は南島原の叔母宅に一夜の宿を確保。時間に余裕があるので青春を遊んだ町、島原を数十年ぶりに当時(40年前)を思い出しながら観光客気分で散策することにしよう

やはり島原のシンボルは島原城
a0206345_14251635.jpg

途中立ち寄った有明海を分断する堤防道路 正面には明日登る雲仙の山々が連なる
a0206345_14293563.jpg

振り返れば多良山系の山々
a0206345_14302254.jpg

島原文化会館に車を駐車 ここも思い出の場所
a0206345_1431071.jpg

まずは武家屋敷へ 当時を忍ばせる佇まい
a0206345_14331696.jpg

a0206345_1434655.jpg

篠塚邸
a0206345_14362376.jpg

a0206345_1437928.jpg

a0206345_1437333.jpg

a0206345_14375879.jpg

a0206345_14383915.jpg

a0206345_1439890.jpg

山本邸
a0206345_14412333.jpg

a0206345_1440287.jpg

a0206345_14422282.jpg

a0206345_1443480.jpg

a0206345_14432582.jpg

a0206345_14435173.jpg

鳥田邸
a0206345_14444552.jpg

a0206345_14452471.jpg

a0206345_14461354.jpg

a0206345_14463148.jpg

武家屋敷を離れ、お城のお濠端を回る
a0206345_14481184.jpg

a0206345_14482936.jpg

a0206345_1449375.jpg

a0206345_14492612.jpg

a0206345_14495938.jpg

a0206345_14501647.jpg

お城を離れアーケードへ向かう
a0206345_14513841.jpg

入って見てやっぱり・・・シャッター街となって閑散とした雰囲気
a0206345_14533437.jpg

だけど、島原ならではの湧水を利用した取り組みがしっかりと行われている。これを見て回るだけでも楽しい
a0206345_14565564.jpg

a0206345_14573283.jpg

a0206345_1458068.jpg

a0206345_14582130.jpg

a0206345_14591270.jpg

a0206345_14593256.jpg

a0206345_150851.jpg

a0206345_1503084.jpg

a0206345_1515626.jpg

何もかもが懐かしい思いでいっぱいのアーケードだった
a0206345_1521967.jpg

アーケードを離れ清流ながれる音無川沿いを白土湖へ
a0206345_1541319.jpg

白土湖を回る
a0206345_1561256.jpg

a0206345_1564290.jpg

a0206345_157565.jpg

a0206345_157329.jpg

a0206345_158527.jpg

白土湖を離れ涅槃像へ
a0206345_15124327.jpg

アーケードに戻り、当時(40年前)よく遊んだ友人宅を探して見ることにした。借家だったため今は引っ越して居ないが、建物があれば見てみたい。
石畳が敷かれて雰囲気が違うが、この煉瓦塀何となく見覚えがある
a0206345_15194895.jpg

当時と雰囲気がかなり違うが、鯉の泳ぐ側溝のある道を歩いて右側だったと思う
a0206345_15231918.jpg

a0206345_1523583.jpg

a0206345_15245270.jpg

確かこのあたりだったと思うけど・・・残念ながら建物は取り壊され駐車場になっていた
a0206345_15262548.jpg

この近辺にはいたる所で鯉が泳いでいる 雨が降り出し雰囲気を盛り上げてくれる
a0206345_15275966.jpg

a0206345_15283474.jpg

a0206345_1529751.jpg

a0206345_1530098.jpg

アーケードを離れ駅の方へ行ってみよう あれ!この建物見たことあるぞ!
a0206345_16153377.jpg

あー!テレビでよく見る『猪原金物店』だ!こんな所にあったのか?もっと違う所だと思ってた
a0206345_15361670.jpg

コテ絵もいい雰囲気
a0206345_15374416.jpg

この水も美味しかったです
a0206345_15382832.jpg

次は島原駅 島原の雰囲気に合ってます
a0206345_1539493.jpg

駅前通りから島原城 
a0206345_15425052.jpg

お堀に降りて裏から城内へ
a0206345_15443099.jpg

目の前にド~ンと島原城天守閣
a0206345_15511393.jpg

これぐらいの角度がカッコいいかも
a0206345_15514362.jpg

天草四郎と天守閣
a0206345_15521787.jpg

カメラを向けたら決めポーズ!
a0206345_1554423.jpg


思いで散策もそろそろ終わりの時間になった。途中色んな懐かしい思い出が頭をよぎった。懐かしい友の顔も走馬灯の様に蘇った。既に人生の三分の二は生きたと思う。残りの人生を悔いを残さないように、一生懸命生きていくことにしよう
by ichibunn-go | 2015-05-26 17:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

5月23日(土) 明日は雲仙にミヤマキリシマを見に行く。行きがけの駄賃?として午後からは雨の予報なので、短時間に登れる虚空蔵山に寄り道することにした。その後、島原まで走り、観光客気分で久しぶりに街を散策する予定。

虚空蔵山 吹き上げる風は思ったよりも冷たい
a0206345_1375225.jpg

ルートは、木場登山口~冒険コース分岐~虚空蔵山~鳥兜~犬の墓~南登山口~高見岳~高見岳登山口~林道~岩屋登山口~犬の墓~家族連れコース~鬼の岩屋~木場登山口
a0206345_1312597.jpg

聳える尖峰に登山意欲を掻き立てられる
a0206345_1359660.jpg

7:48 一番乗りで木場登山口を出発
a0206345_139181.jpg

いきなり急な登りが続いて冒険コース、家族連れコース分岐 当然右の冒険コースを登る
a0206345_13114638.jpg

8:10 この辺りから、岩場と鎖場が始まる
a0206345_13134859.jpg

8:18 家族連れコース出会い 右に登ればすぐ山頂
a0206345_13151076.jpg

8:20~8:44 虚空蔵山
a0206345_1316550.jpg

a0206345_1318962.jpg

遠くに多良山系
a0206345_13184979.jpg

黒髪山系も霞んで見える
a0206345_13191894.jpg

鳥兜を見下ろす
a0206345_13203778.jpg

後ほど登る高見岳
a0206345_13212513.jpg

8:46 岩屋登山口分岐
a0206345_13234190.jpg

8:50~8:55 天を突き刺すような鳥兜
a0206345_13243164.jpg

振り返れば虚空蔵山の尖峰
a0206345_13275897.jpg

9:00 木々の間から槍の穂先の様な鳥兜が見える
a0206345_13264021.jpg

9:03 犬の墓 直進して高見岳まで小さな縦走
a0206345_13285981.jpg

9:20 林道に出て南登山口
a0206345_13304556.jpg

斜向かいが高見岳登山口
a0206345_13343333.jpg

9:24 登山道横は伐採の真っ最中 梅雨で土砂崩れが起きなければいいけど
a0206345_13341064.jpg

9:27 伐採地を過ぎれば自然林に入り、急斜面になってくる
a0206345_13365486.jpg

9:31 ロープは張ってあるけど、滑り落ちそうな急登
a0206345_13383016.jpg

9:35~9:39 高見岳山頂
a0206345_13395394.jpg

9:51 林道まで戻り、ここから岩屋登山口まで歩く
a0206345_13412637.jpg

9:56 木々の間から虚空蔵山が見えた
a0206345_13425816.jpg

10:03~10:07 岩屋登山口 ここからもう一度登り返す
a0206345_13442493.jpg

10:12~10:30 犬の墓 ここは岩屋と川内からの峠、虚空蔵山から高見岳の縦走路との交差点となる
a0206345_13475275.jpg

犬の墓の謂れ 休むのにちょうど良いので昼食とした
a0206345_13495592.jpg

10:59 家族連れコースを降って、木場登山口、長野登山口分岐
a0206345_13512722.jpg

すぐ近くの鬼の岩屋 中は数人泊まれそう
a0206345_13525136.jpg

11:08 途中、何組かとすれ違ったが、思ったよりも車が増えてるかな
a0206345_13543730.jpg

この湧水で顔を洗えば気持ちいいこと
a0206345_13552528.jpg


少し休んで着替えたら島原に向けて出発だ!あらら雨が降ってきたよ(+o+) 
天気予報大当たり

歩行距離 6km 累積標高 800m 行動時間 3時間20分 歩行時間 2時間15分
by ichibunn-go | 2015-05-25 16:30 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)

5月24日(日) 昨年と同じ5月24日。今年は昨年より開花が早いとの情報。自然の物である以上、1日も違わず咲くことはないだろうが、枯れて見るも無残な姿ということはないだろう。
 先週に続き今日も素敵な出会いがあったので紹介したい。

ミヤマキリシマに包まれて大満足のちはるちゃん
a0206345_2032503.jpg

今日のルートは、池ノ原妙見駐車場~仁田峠~妙見岳~国見分れ~国見岳~国見分れ~鬼人谷口~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠~池ノ原妙見駐車場
a0206345_2071540.jpg

8:27 池ノ原妙見駐車場を出発 思ったよりも車が少ない
a0206345_20353335.jpg

8:47 仁田峠 ここも思ったよりも車が少ない
a0206345_2384660.jpg

8:48 妙見岳登山口
a0206345_20382234.jpg

8:52 前方にミヤマキリシマと見間違える様なウェアーの女性を発見 聞いてみると初心者で心もとないとの事。予定コースもほぼ同じなので、山旅は道連れ同行することにした
a0206345_20425523.jpg

9:08 ロープウェーが登って来た
a0206345_20454972.jpg

先程まで千切れんばかりに手を振ってくれてました
a0206345_20472252.jpg

9:16~9:18 妙見駅 ここまでロープウェーで登ってきた登山者が大勢います
a0206345_20501333.jpg

天草方面のの眺めがとてもいい
a0206345_20512198.jpg

ゴルフ場や雲仙の町も一望のもと
a0206345_20521039.jpg

いい色のミヤマキリシマが!
a0206345_2319193.jpg

9:23~9:25 妙見神社
a0206345_2055369.jpg

9:27 九千部岳、右側に吾妻岳 有明海を挟んで多良山系の山並み
a0206345_20571098.jpg

9:32 この辺りからミヤマキリシマの回廊が始まる うゎ~綺麗
a0206345_2059465.jpg

9:37 ピンクに染まる国見岳が見えてきた
a0206345_211073.jpg

時間を忘れてミヤマキリシマを楽しもう
a0206345_2131331.jpg

a0206345_2133173.jpg

a0206345_2135160.jpg

a0206345_2141080.jpg

9:43 国見分れ ここから左へ
a0206345_2145625.jpg

9:44 ピンクに染まる国見岳
a0206345_216381.jpg

9:48 国見岳の難所を登る
a0206345_2184337.jpg

上から見下ろせばこんな感じ
a0206345_21111513.jpg

9:54~10:00 国見岳山頂
a0206345_21131510.jpg

a0206345_21142765.jpg

絶景かな絶景かな
a0206345_2114469.jpg

右側に阿蘇山、中央右寄りに九重連山 中央後方に由布岳
a0206345_21214144.jpg

笑顔満面のちはるちゃん
a0206345_21211839.jpg

ここからは平成新山と普賢岳の展望が素晴らしい
a0206345_21231718.jpg

10:04 妙見岳の裏の顔は荒々しい
a0206345_21483390.jpg

国見岳の急斜面は慎重に降ろう
a0206345_2312027.jpg

自然が織り成す色合いは何て素晴らしいんだろう
a0206345_2215942.jpg

10:13 国見分れまで戻って来た 今度は紅葉茶屋まで急降下
a0206345_2214437.jpg

10:33 鬼人谷分岐
a0206345_2224255.jpg

12:17 途中で昼食を摂って霧氷沢分岐
a0206345_2230488.jpg

12:19~12:24 霧氷沢 平成新山にかなり近づいた
a0206345_22313168.jpg

12:32~12:45 普賢岳山頂
a0206345_22354172.jpg

登山者結構多いね
a0206345_2236117.jpg

山頂でだっちゅうの!古!
a0206345_22371577.jpg

空気が澄んで展望が素晴らしい
a0206345_22384120.jpg

a0206345_22385886.jpg

a0206345_22392036.jpg

a0206345_2239418.jpg

13:04 紅葉茶屋
a0206345_22404295.jpg

13:40~13:50 仁田峠 平成新山も普賢岳も素晴らしい
a0206345_22435232.jpg

満員のロープウェイもフル稼働
a0206345_22443794.jpg

ミヤマキリシマにも負けぬ笑顔満開のちはるちゃん お疲れ様でした
a0206345_22453280.jpg

13:58 仁田峠から走って降って池ノ原妙見駐車場
a0206345_22465457.jpg


素晴らしい晴天に恵まれたこの日。梅雨入り前最後の登山になったのではないだろうか?
これから九重連山のミヤマキリシマが見頃を迎え、週間天気予報に一喜一憂の日々が始まる

歩行距離 8.5km 累積標高 900m 行動時間 5時間31分 歩行時間 4時間01分
by ichibunn-go | 2015-05-24 22:58 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)

5月17日(日) 大崩山登山は順延としたが、ホームマウンテンの黒髪山系は何時でも待ってくれている。他に予定の無い時はここを歩くだけで晴々とした気持ちになる。そして、色んな出会いがある。今日もそんな出会いがあったので紹介したい。

黒髪山で出会った妖精?ティンカーベル?とフローレンス?(又はムーさん)
a0206345_18485284.jpg

今日のルートは、竜門ダム駐車場~二俣~鬼の岩屋~後ノ平~後黒髪東峰~後黒髪西峰~後黒髪東峰~後ノ平~黒髪山~ここから先は予定変更~西光密寺~雌岩~見返り峠~展望岩~青螺山巻道分岐~見返り峠~西光密寺
a0206345_18355966.jpg

9:33 あ~今日はいい天気だな~ なんで昨日がこんな天気じゃなかったのかなぁ・・・
a0206345_18533979.jpg

9:38 日本百名水の沢もいい感じ
a0206345_18545258.jpg

9:44 二俣 ここまでは沢沿いの道で気持ち良かったけど、ここからが登山本番
a0206345_18562339.jpg

9:56 鬼の岩屋を通過 雨の時は雨宿りするのに丁度良い
a0206345_18574681.jpg

10:01 後ノ平 後黒髪西峰まで行ってくる事にする
a0206345_195831.jpg

10:03 ウロコ岩
a0206345_1952741.jpg

10:07~10:09 後黒髪東峰 
a0206345_1954630.jpg

10:13~10:18 後黒髪西峰 山頂標識の標高は415m?ここの標高は465mです
a0206345_197589.jpg

10:25 ウロコ岩まで戻って蛇焼き山を仰ぎ見る 黒髪山はその向こう
a0206345_19115755.jpg

10:27 後ノ平まで戻って来た
a0206345_19162260.jpg

10:41 天童岩手前のヤセ尾根から 誰かいるね
a0206345_19175552.jpg

10:43~11:30 そこにいたのがフローレンス?(又はムーさん)とティンカーベル?
a0206345_19193168.jpg

のんびりと話をしながら足を撮ってみた
a0206345_19294774.jpg

彼女達は乳待坊から登る予定だったが、道間違いで西光密寺に来てしまった(T_T)らしい・・・雌岩に行きたい!との事なので、黒髪山系の素晴らしさを知ってもらう為にも案内することにした
a0206345_1921334.jpg

続々登山者が登って来たので下山しよう
a0206345_19344795.jpg

a0206345_19351038.jpg

a0206345_19352621.jpg

11:37 鎖場から登って来た。との事なので、道を覚えてもらう為に黒髪尾根から西光密寺に周回することにした
a0206345_19424414.jpg

11:41 道は(゚Д゚≡゚Д゚)ドコドコ? 初心者の彼女達のスキルアップの為に先頭を歩いてもらう
a0206345_19452077.jpg

11:51 交差点 彼女達の出発点 西光密寺に向かう
a0206345_1950183.jpg

11:56 西光密寺
a0206345_19521340.jpg

12:08 見返り峠に降るんだけど、帰りはここを登るんだよね( ̄ー ̄)ニヤリ
a0206345_20204533.jpg

12:22~12:27 雌岩
a0206345_20214591.jpg

a0206345_20221082.jpg

後ろは断崖絶壁
a0206345_20225740.jpg

a0206345_20231583.jpg

a0206345_20233782.jpg

a0206345_20235565.jpg

12:34~12:37 見返り峠 小休止したら、ここからが今日のメインイベント 知る人ぞ知るレアなサプライズルートを案内する
a0206345_20251170.jpg

12:48 岩壁を登る ここを登れば登山の虜になること間違いなし
a0206345_20265335.jpg

a0206345_202722100.jpg

12:50~13:00 でも、そこからは雄岩、雌岩を一望
a0206345_20292682.jpg

a0206345_20295873.jpg

雌岩に団体さん
a0206345_2032376.jpg

黒髪山を仰ぎ見る
a0206345_20351074.jpg

13:05~13:22 青螺山巻道分岐 日向は暑いので日陰で休もう
a0206345_20341141.jpg

13:24 三つ岩の見える鎖場
a0206345_20434198.jpg

13:32 見返り峠 ここから西光密寺分岐まで登り返す
a0206345_20452442.jpg

13:59 西光密寺の近くまで帰って来た
a0206345_20465545.jpg

14:02 西光密寺 帰って来たど~!
a0206345_20475020.jpg

最後に集合写真を一枚
a0206345_2049316.jpg


いや~久々に黒髪山系をのんびり楽しませてもらった。たまには、こんなのもいいかも!ね
西光密寺から竜門ダムまで登山道を走れば40分もあれば楽に帰れるので、ここまで同行したが、竜門ダムまで送る。とのことなので、甘えることにした。道々、有田ダム駐車場等を教えながら帰ることにしよう。
尚、今日のお二人さん。TTI48のサブメンバーとなった。正規メンバーとなれるように頑張ってもらいたい。
また会える時を楽しみにしてるよ(o^^o)♪

歩行距離 7km 累積標高 800m 行動時間 4時間29分 歩行時間 3時間
彼女達の場合
歩行距離 4km 累積標高 400m
by ichibunn-go | 2015-05-17 20:27 | りえちゃん登山記 | Trackback | Comments(6)

5月10日(日) 今週末に予定している大崩山登山。前回登ってから既に3年。前回は登ったと言うよりも、連れて行ってもらった!と、言った方が正解だろう。
 あの壮大な岩峰の山に登ることを何度夢見たかか分らない。しかし、佐世保から大崩山までのアプローチがネックとなり実現できないでいた。が、今回は登山口までのアプローチ、ルート等全てを綿密に調べ上げ、2泊3日の中日に大崩山にアタック予定。その険しい岩峰群を体力的に余裕で登り、思う存分景色を楽しむ。その為のトレーニング。 
だけど台風6号が心配・゜・(ノД`)・゜・

英岩から見える景色は素晴らしい
a0206345_1921379.jpg

ルートは竜門ダム駐車場~かじか橋登山口~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~見返り峠~西光密寺~前黒髪~英山~英岩~白山神社~黒髪山~後ノ平~竜門ダム駐車場 単純に比較はできないが、大崩山予定ルートと歩行距離、累積標高共に数字の上ではほぼ同等となる
a0206345_17555121.jpg


9:03 竜門ダム駐車場を出発 ここから牧ノ山までの目標タイム45分 正面に見えるのは牧Ⅱ峰
a0206345_17583927.jpg

9:10 かじか橋登山口 道標には2km(60分)とある
a0206345_180236.jpg
 
9:28 展望岩分岐を飛ぶ様?に通過
a0206345_1875722.jpg

9:47~10:02 牧ノ山山頂 目標達成だがギリギリ44分
a0206345_1835668.jpg

同時刻に登頂した同じ佐世保から来た登山者 名前聞き忘れました すみませんm(_)m
a0206345_1852337.jpg

10:08 牧Ⅱ峰を通過
a0206345_1865786.jpg
 
10:19 青牧峠を通過
a0206345_18112354.jpg

すぐ近くにギンリョウソウ
a0206345_1895793.jpg

10:31 竜門ダムを見下ろす
a0206345_1812348.jpg

10:38~10:40 青螺山山頂
a0206345_18133311.jpg

これから目指す黒髪山 前黒髪 英山
a0206345_1815377.jpg

10:56 鎖場から三つ岩を見る 新緑が美しい
a0206345_18164894.jpg

10:59 見返り峠 写真を撮ってもいいですか?と声を掛けたところ、ご主人の背筋がピンと伸びた!
a0206345_18233637.jpg

11:08 黒髪山分岐 直進して西光密寺へ
a0206345_182416.jpg

11:12~11:17 西光密寺 トイレはここで済ませよう
a0206345_18274311.jpg

11:19 交差点 有田ダム側で昔山ガールの皆さんが賑やかなこと
a0206345_18292992.jpg

10:24 展望岩から美しい有田ダムを望む
a0206345_1832739.jpg

11:27 振り返れば天童岩が点を刺す
a0206345_18334273.jpg

11:31 岩尾根 緑の中に山ツツジの赤がちらほら
a0206345_18351314.jpg

11:33 前黒髪 山頂標識がくたびれたねぇ
a0206345_18364316.jpg

11:42 英山山頂
a0206345_18375042.jpg

裏の展望岩からの眺めはいいね
a0206345_1838356.jpg

11:45 展望岩 ちょっと手前で団体さんと出会う
a0206345_1839427.jpg

11:48~11:58 英岩 景色を楽しみながらおにぎり二個をササッと食べて引き返そう
a0206345_18413214.jpg

12:22 展望岩で福岡から来た団体さんと再び出会う ここで昼食かな?日向は暑いので日陰へ
a0206345_18474065.jpg

12:38 白山神社 後ろには天童岩が聳え立つ
a0206345_18532321.jpg

12:42 鎖場 子供連れが多く渋滞
a0206345_18543772.jpg

12:46~12:48 黒髪山 天童岩
a0206345_18553756.jpg

a0206345_18555743.jpg

12:58 おおっ!ギンリョウソウの花ざかり!
a0206345_1857243.jpg

13:19 かじかばしから滝を見れば疲れも癒される
a0206345_18584062.jpg

13:24 竜門ダム駐車場 うわ~!車増えたね~!
a0206345_19014100.jpg


備えは万全!願いはただ一つ!台風6号何処かえ行ってくれ~!そして、そして・・・晴れてくれ~O(≧▽≦)O

歩行距離 12km 累積標高 1300m 行動時間 4時間21分 歩行時間 3時間47分
by ichibunn-go | 2015-05-10 19:12 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback(1) | Comments(2)

5月2日(土) 世間ではGWで大賑わいの様相。途中通って来た波佐見町でも陶器市目的の県外ナンバー車を多数見かけた。
 今回はシャクナゲを見ることに焦点を絞って多良山系を歩く。おそらく、黒木から登ったのでは駐車するのも大変だろうし、各ルート団体さんで渋滞気味ではないだろうか?そこで今回は登山としての面白みには欠けるが、駐車が楽で、最短最速最楽で舞岳に行ける中山キャンプ場を発着点とし、山頂がシャクナゲ林の笹ヶ岳の様子も見ることにする。

笹ケ岳山頂のシャクナゲの蕾
a0206345_8185630.jpg

今年は裏年だろうか?数少ない舞岳のシャクナゲ
a0206345_7123080.jpg

ルートは、中山キャンプ場~中山越~舞岳~中山越~笹ヶ岳~笹南峰~役の行者~多良権現峰~前岳~役の行者~太良川源流~中山キャンプ場の比較的フラットなコースとなる。
a0206345_734382.jpg

9:35 予定より30分ほど遅れて中山キャンプ場を出発 流石にGW駐車場は満車状態
a0206345_7192041.jpg

9:43 登山口 ここまでのコンクリート道は照りつけるお日様が暑いこと
a0206345_7243043.jpg

日陰の登山道には爽やかな風が吹き抜ける
a0206345_7294196.jpg

9:49 一旦林道に出る
a0206345_7305155.jpg

林道の向かい側が再び登山口
a0206345_7322713.jpg

9:58 いい雰囲気の登山道 涼しい風が吹き抜ける
a0206345_7334946.jpg

10:12 緩やかな登山道をトコトコ歩いてアッという間に中山越
a0206345_7363100.jpg

10:14 舞岳分岐 緩やかに登って行く
a0206345_7373978.jpg

10:20 舞岳へのトラバース 落ち葉で滑りやすいので注意しよう
a0206345_73936100.jpg

あちらこちらにギンリョウソウが顔を出す
a0206345_7412240.jpg

a0206345_7414453.jpg

10:28 木々の間から経ケ岳 出会った人から、イチブンさん?いつもブログ見てます!と声をかけられ嬉しかった
a0206345_954255.jpg

10:33 20名ほどの団体さんと出会う
a0206345_7464078.jpg

この辺りからシャクナゲが見られるようになってきた
a0206345_7481148.jpg

10:36 舞岳西側の巻道を通り反対側から登り返すことにする
a0206345_7511395.jpg

10:41 展望岩 ここで引き返す
a0206345_752388.jpg

辺にはシャクナゲの蕾
a0206345_753181.jpg

僅かに咲いたシャクナゲとミツバツツジ
a0206345_754254.jpg

10:47~10:52 舞岳 木々が伸びて展望がなくなってしまった。でも、これが自然
a0206345_7574749.jpg

舞岳周辺のシャクナゲ
a0206345_810684.jpg

a0206345_8104912.jpg

a0206345_811982.jpg

a0206345_8113156.jpg

a0206345_812269.jpg

a0206345_8122067.jpg

11:09 中山越まで引き返して、そのまま直進
a0206345_813522.jpg

11:32 笹峠 左側の笹ヶ岳に登って昼食にしよう
a0206345_14183196.jpg

11:33 笹ケ岳取り付き
a0206345_8151989.jpg

11:37~12:14 笹ヶ岳 山頂には蕾が数個
a0206345_8171831.jpg

a0206345_938835.jpg

笹ヶ岳山頂にはシャクナゲが群生している。しかし花が咲いているのは数本だけ
a0206345_93958100.jpg

a0206345_823769.jpg

a0206345_8243633.jpg

a0206345_8275380.jpg

ここのシャクナゲが満開になったら凄いだろうね。そんな会話をしながら昼食タイム
a0206345_827131.jpg

12:22 笹南峰の急登 木の根、枝につかまりながら登る
a0206345_8345425.jpg

12:24~12:35 笹南峰 シャクナゲあるかな?
a0206345_8395291.jpg

辺りを探すとありました!
a0206345_8412783.jpg

a0206345_8415227.jpg

a0206345_8422547.jpg

a0206345_8424714.jpg

12:41 笹峠まで戻って縦走路を金泉寺方面へ
a0206345_14171462.jpg

13:04 金泉寺上の西岳出合い
a0206345_9304810.jpg

13:07 中山キャンプ場分岐
a0206345_8453150.jpg

役の行者
a0206345_8461848.jpg

13:23~13:28 多良権現
a0206345_8471972.jpg

13:33 罪人落とし岩
a0206345_8484085.jpg

13:35 多良岳には大岩が沢山 これがまた面白い
a0206345_8512013.jpg

a0206345_8515694.jpg

梯子がなくても問題なし
a0206345_8523194.jpg

a0206345_8525446.jpg

この岩の上からの展望 有明海を挟んで雲仙が見える
a0206345_8545556.jpg

13:44 鬼の岩屋 おりゃ~と持ち上げよう
a0206345_8561810.jpg

13:53~13:58 前岳山頂
a0206345_8575298.jpg

シャクナゲは無いがミツバツツジは結構咲いてる
a0206345_90162.jpg

14:24 ツバキの絨毯
a0206345_8584314.jpg

14:26 役の行者下から中山キャンプ場へ
a0206345_913411.jpg

14:33~14:38 太良川水源地 湧水が冷たくて美味しい
a0206345_923797.jpg

15:13 中山キャンプ場に無事到着
a0206345_983258.jpg


途中出会った常連らしき人も、今年は裏年かな?花が少ない・・・と言っていた。確かに満足のいく花の量ではなかった。なんとなく不完全燃焼・・・やはりあの山に行くしかないのか・・・

歩行距離 9km 累積標高 900m 行動時間 5時間38分 歩行時間 4時間30分
by ichibunn-go | 2015-05-03 09:29 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback(1) | Comments(1)