マンサク咲き誇る多良岳

3月20日(金) 二週間前に多良岳に登った時には、国見岳の辺りに幾らか咲いてただけで蕾が多かった。それから二週間、過ぎてるのもあるかもしれないが、まだまだ見頃は続いていると思う。ならば、登るっきゃないね!

やったね!多良権現の手前は満開じゃん!
a0206345_22415218.jpg

a0206345_21572580.jpg

a0206345_2217061.jpg

ルートは、八丁谷駐車場~八丁谷登山口~西野越~金泉寺~国見岳~多良権現~笹ケ岳下~中山越~ウナギテ沢~八丁谷登山口~八丁谷駐車場 マンサクを楽しむのが目的なので経ケ岳等ピークは目指さない
a0206345_2294138.jpg

9:39 八丁谷駐車場を出発 平日の為駐車車両は7台のみ
a0206345_22164068.jpg

9:55 八丁谷登山口 ここから登るのは久しぶり
a0206345_22193632.jpg

10:12 昨日まで雨が降っていたので水量も多い
a0206345_22205315.jpg

10:15 水汲み場
a0206345_22215047.jpg

キツネさんのお子ちゃまも元気いっぱい
a0206345_22224272.jpg

10:32 西野越下のキツネさん群生地
a0206345_22273314.jpg

10:35 西野越
a0206345_22275293.jpg

10:39~10:46 金泉寺 平日だけど管理人さんがいました
a0206345_22283573.jpg

10:49 役の行者 単独の時は念入りに登山の安全をお願いします
a0206345_22304063.jpg

11:00~ 国見岳周辺のマンサク 彼方に雲仙が浮かぶ
a0206345_22391689.jpg

a0206345_22395861.jpg

a0206345_22402558.jpg

a0206345_22415218.jpg

雲仙の下に有明海も見えてきた
a0206345_2243856.jpg

11:10 多良権現手前のマンサク
a0206345_22453999.jpg

a0206345_2246324.jpg

a0206345_22462386.jpg

11:12~11:28 多良権現
a0206345_22492682.jpg

マンサクを見ながら昼食を、と、思ったけど今いち
a0206345_22503059.jpg

11:44 役の行者下から西岳方面へ
a0206345_22524965.jpg

11:46 右を取って縦走路へ
a0206345_22542079.jpg

11:58 振り返れば国見岳のマンサクが見える
a0206345_22553090.jpg

12:06~12:09 笹ケ岳下のマンサク
a0206345_22571777.jpg

a0206345_22574087.jpg

a0206345_22575936.jpg

a0206345_225963.jpg

12:20 中山越 昨日までの雨で増水してるかもしれないけどウナギテ沢へ
a0206345_22594457.jpg

12:29 渡渉後振り返れば結構増水してるね 多良山系の中では結構好きな所
a0206345_2312027.jpg

12:31 ここにもキツネさんのお子ちゃま
a0206345_2351735.jpg

12:34 雨の後にはこんな楽しみ 滝が沢山
a0206345_2364012.jpg

a0206345_2375061.jpg

12:40 でも、左岸から右岸へ、右岸から左岸へ渡渉が大変
a0206345_23142799.jpg

a0206345_23144962.jpg

12:42 ウナギテ沢で一番見事な滝
a0206345_23163359.jpg

12:46 何回渡渉したか分らない?
a0206345_23175273.jpg

12:53 また渡渉
a0206345_2318336.jpg

12:57 12:40 八丁谷登山口 ここからの林道歩きが今いち
a0206345_23192615.jpg

13:09 八丁谷駐車場 駐車場は一応満車
a0206345_2322159.jpg


満開のマンサクに出会えて満足満足!ウナギテ沢の滝にも満足満足!急ぎ足で回ったけれども、今年の花の一番目。十分目的は達成したと思う。これからの花の季節。どんな花に出会えるかな?楽しみ楽しみ(o^^o)♪

歩行距離 9km  累積標高 900m  行動時間 3時間30分  歩行時間 3時間
by ichibunn-go | 2015-03-20 23:39 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)

3月11日(水) 今シーズンの冬山登山は気持ちの上で終わっていた・・・ところが思いもよらぬ寒波到来!願ってもないチャンス!これを逃す手は無い!週間天気予報を見る限り、今日11日がベストと判断!仕事を休んででも登るべし!その価値あり!
 しかし、何処の山に登ろうか?九重山?英彦山?由布岳?・・・迷った挙句・・・シーズン最後はやっぱり故郷の山、雲仙の霧氷しかないだろう

青空をバックに霧氷上に聳える平成新山 普賢岳山頂にて
a0206345_20495191.jpg

シーズンの最後は青空に霧氷で有終の美を飾ることができた
a0206345_18203679.jpg

霧氷沢の霧氷は素晴らしい
a0206345_18212027.jpg

ルートは仁田峠駐車場~妙見神社~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠駐車場 西の風穴から先は、落石で立ち入り禁止の為、紅葉茶屋~普賢岳~霧氷沢を往復する
a0206345_18255731.jpg

8:48 妙見岳は霧氷で白く染まる これは期待できるぞ!
a0206345_18293016.jpg

8:50 まずは妙見岳から 先行者の足跡は三名ほど
a0206345_1830663.jpg

9:00 雲仙の町並みと別所ダムが美しい
a0206345_18312596.jpg

9:03 標高1150m付近から霧氷が着きだした 
a0206345_18331958.jpg

標高1200mを越えたこの辺は霧氷の花園
a0206345_18335236.jpg

9:06 見下ろせば霧氷で真っ白
a0206345_18345259.jpg

9:09~9:11 妙見駅 辺は霧氷の華が咲く
a0206345_18355378.jpg

気温はマイナス3.5℃
a0206345_18361560.jpg

9:12 霧氷越しに見る雲仙の町並みと別所ダムも美しい
a0206345_1842956.jpg

9:15 妙見神社
a0206345_1844265.jpg

9:19 尾根の西斜面は霧氷に染まる
a0206345_19295124.jpg

9:20 東側には普賢岳と平成新山
a0206345_19371265.jpg

9:21 妙見尾根の霧氷のトンネル
a0206345_19365266.jpg

9:23 九千部岳と吾妻岳も見えてきた
a0206345_19382779.jpg

9:24 振り返れば妙見岳も白く染まる
a0206345_19404219.jpg

9:25 吹越分れ
a0206345_1941383.jpg

9:31 霧氷の上に国見岳が聳える
a0206345_1942452.jpg

振り返れば妙見岳
a0206345_1951267.jpg

部分的に霧氷が濃い所がある 風の通り道なんだろうね
a0206345_19525532.jpg

9:32 国見分れ 先行者の足跡は直進している!ならば国見岳一番乗り確定!
a0206345_19533234.jpg

9:33 国見岳が目前に迫る
a0206345_19551752.jpg

平成新山はまだ雲に隠れている 早く顔を見せてくれないかな~
a0206345_19571672.jpg

9:35 妙見尾根の後方に妙見岳
a0206345_19594146.jpg

9:37 更に高度を上げた所から
a0206345_2012980.jpg

9:41~9:48 国見岳山頂 満天青空でないのが残念
a0206345_2023195.jpg

a0206345_2033220.jpg

a0206345_204263.jpg

a0206345_204215.jpg

a0206345_2044558.jpg

a0206345_2051277.jpg

a0206345_2055276.jpg

a0206345_2062910.jpg

a0206345_2065996.jpg

a0206345_2072888.jpg

a0206345_2075418.jpg

気温は、マイナス2.7℃ この標柱の温度計は、なんと!マイナス10℃を指していた。7℃以上の大狂い
a0206345_203796.jpg

9:52 降りながら見る妙見岳
a0206345_2093739.jpg

雲が流れて霧氷が濃くなった
a0206345_20103744.jpg

9:55 国見分れ 次は普賢岳だ
a0206345_2012528.jpg

9:56 もう少しで平成新山の雲が取れそう
a0206345_20142275.jpg

10:02 鬼人谷口 『落石の為西の風穴の先は立ち入り禁止』の表示
a0206345_20151898.jpg

10:03 紅葉茶屋 足あとは無い 先行者は何処行った?この分なら普賢岳も一番乗りかな?
a0206345_20202374.jpg

10:14 待望の青空に霧氷
a0206345_20215029.jpg

a0206345_20222113.jpg

10:17 普賢神社
a0206345_2023815.jpg

10:18 だんだんと青空が見えてきた
a0206345_20242337.jpg

この霧氷もいいね
a0206345_20263930.jpg

10:19 普賢岳山頂 一番乗りだー!
a0206345_20281473.jpg

a0206345_20284984.jpg

a0206345_20291249.jpg

a0206345_20294834.jpg

a0206345_2030123.jpg

10:28 青空もう少し頑張ってくれ!
a0206345_20363447.jpg

10:28 霧氷沢分岐
a0206345_20373355.jpg

10:34~10:39 全てが凍りつく霧氷沢 何時来ても他所より寒い
a0206345_20382657.jpg

a0206345_20385324.jpg

a0206345_20392018.jpg

a0206345_20395641.jpg

10:49 霧氷原の上に平成新山
a0206345_20422793.jpg

秩父宮様登山記念碑
a0206345_20455945.jpg

10:51 徐々に青空が広がる
a0206345_20465373.jpg

a0206345_20484074.jpg

10:52~11:13 再び普賢岳山頂 やったー青空ダー!
a0206345_20495191.jpg

最初に来た時の気温はマイナス3.6℃だったけど、現在の気温は2.3℃
a0206345_20504696.jpg

a0206345_20511428.jpg

a0206345_20535671.jpg

a0206345_2052357.jpg

11:15 青空になったのはいいけど、急激に気温があがり霧氷が溶けだした
a0206345_20545063.jpg

11:23 紅葉茶屋 さすがに平日登って来る人は少ない
a0206345_2102790.jpg

11:42 仁田展望台 妙見岳も普賢岳にも霧氷が見えなくなった
a0206345_2112480.jpg

11:44 仁田峠駐車場
a0206345_2131147.jpg

妙見岳の霧氷もすっかり消えてしまった
a0206345_2133474.jpg


 時期的なものを考えると、今シーズンの最後を飾るに相応しい見事な霧氷だった。思ったよりも積雪が少なかったのはちょっぴり残念だったかな。
 今までこれほど写真を撮ったことはない。なんと!300枚近く撮っていた。その中から写真を選ぶのが難しいこと。できれば全部載せたいけど、そうもいかないので”これだけ”と、いっても相当多いかな?
 今シーズンの冬山は、昨年12月6日の”霧氷の華咲く雲仙 白銀に染まる普賢岳~国見岳~妙見岳”に始まり、今回の雲仙霧氷登山で有終の美を飾ることができた。これから始まる花の季節にも期待したい。

歩行距離 5.5km 累積標高 650m 行動時間 2時間58分 歩行時間 2時間26分

 四年前の今日、東日本大震災があった。テレビの画面から流れる映像が現実なのか?信じられない思いで見ていた。地震、津波で家をなくした人々、その後に続く原発事故で故郷に住むことすらできなくなった人達、今尚、避難生活をつづけているている多くの人々 その思いはどんなものなのか?
 不幸にも亡くなられた方々、今尚、行方不明の方々のご冥福を心からお祈り致します。
 
by ichibunn-go | 2015-03-11 22:06 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(4)

多良岳北壁とマンサク

3月7日(土) 多良山系にマンサクが咲く頃になった。例年なら見頃をむかえる頃なのだが、今年は少し遅れているとの情報・・・だが、マンサクを見た後はメインディッシュの多良北壁直下のワイルドトラバース。時期的に氷瀑とまではいかないが、それなりの氷柱(つらら)が見られるのではないだろうか?

今回の参加者は、イケちゃん、アユママ、イチブンの3名

多良北壁のつらら
a0206345_17594613.jpg

多良北壁直下の氷のモニュメント
a0206345_17463733.jpg

国見岳のマンサクはぼちぼち
a0206345_18324257.jpg

ルートは、金泉寺下駐車場~役の行者~国見岳~多良権現~前岳~多良北壁~太良川源流~役の行者~金泉寺下駐車場の最短、短時間で多良岳を思いっきり楽しむ
a0206345_188473.jpg

9:20 車はまだ少ない 全部で5台ほど
a0206345_18192951.jpg

9:27 金泉寺下駐車場を出発 マンサク咲いてるかな~?
a0206345_18182019.jpg

9:35 オオキツネノカミソリのお子ちゃま達も芽吹いている
a0206345_1822555.jpg

9:45 林道から多良岳へ
a0206345_1823539.jpg

9:48 役の行者の石段
a0206345_18253091.jpg

a0206345_18255460.jpg

a0206345_18261844.jpg

10:00 尾根に到着 まずは左の国見岳へ
a0206345_18342994.jpg

10:02~10:04 国見岳のマンサク
a0206345_1831169.jpg

10:08~10:13 多良権現 あれ~マンサク咲いてないね・・・
a0206345_2052296.jpg

10:20 罪人落とし岩から下をのぞく ここから落とされて生きていたら罪が許されたらしい? 無理やろ!
a0206345_20123843.jpg

10:28 ここは座禅岩ではありません
a0206345_2013464.jpg

10:30 ここが座禅岩
a0206345_20154240.jpg

10:35 鬼の岩屋 おりゃ~とイケちゃん あまりのパワーにカメラもビビッてピンボケです
a0206345_20174367.jpg

10:39~10:47 前岳(多良東峰)
a0206345_20205645.jpg

ここから一気に150mほど降る
a0206345_2022379.jpg

10:57 多良北壁分岐 目印のケルンから左へ ここから先は初心者、体力のない人、コンパス、地図が読めない人は進入禁止 あくまでも自己責任で
a0206345_20273558.jpg

11:00 多良北壁直下を落石に注意しながら進む
a0206345_20301773.jpg

登ったり
a0206345_20304753.jpg

降ったり
a0206345_20315057.jpg

最初のつらら
a0206345_20492863.jpg

次のつらら
a0206345_20482565.jpg

見上げた所には
a0206345_20511923.jpg

つらら
a0206345_20515972.jpg

次から次に
a0206345_2053179.jpg

a0206345_20535622.jpg

落差のあるつらら 
a0206345_2034812.jpg

a0206345_20573071.jpg

近づく時は落つららに注意
a0206345_20593041.jpg

下から見ると 
a0206345_2115032.jpg

11:34 北壁一番の見所
a0206345_2182188.jpg

その下には氷の芸術
a0206345_2192628.jpg

a0206345_21151895.jpg

つららの残骸と雫の成せる自然の技
a0206345_2112378.jpg

a0206345_2124309.jpg

a0206345_21141158.jpg

a0206345_21154488.jpg

11:40 これぞ北壁
a0206345_21184245.jpg

a0206345_211951.jpg

12:00~ 危険なトラバース 踏み跡はあるものの道はあってないようなもの!
a0206345_21345490.jpg

a0206345_2139330.jpg

12:17~ 踏み跡もなくなり標高830mを維持しながら岩を乗り越え藪を漕いで太良川源流を目指す
a0206345_21454229.jpg

ここには正規ルート等存在しない あるのは自然のみ
a0206345_2146450.jpg

12:29~ 大岩の乗り越え、藪漕ぎに難儀する
a0206345_2146571.jpg

a0206345_21504742.jpg

a0206345_21511189.jpg

12:38 中山キャンプ場からの登山道が見えてきた、出た所は太良川源流の少し上 標高830m地点
a0206345_21524984.jpg

12:40~13:10 太良川源流まで降る 高度計では標高800m 思っていたよりも30m低かった・・・
a0206345_21564363.jpg

北壁の途中で昼食と思ったが寒くて回避 ここまで我慢したがやっぱり寒い!でも空きっ腹には敵わない
a0206345_2157266.jpg

ここにもキツネさんのお子ちゃまが、夏に楽しませてくれるかな?
a0206345_2231995.jpg

13:19 役の行者下
a0206345_2234743.jpg

13:38 金泉寺下駐車場に無事到着
a0206345_2272147.jpg


 残念ながらマンサクはあまり咲いてなかった・・・しかし、それにも増して多良北壁のつららロード!難所ケ滝四王寺滝には及ばないまでも数で圧倒!真冬に来れば更に素晴らしい小氷瀑が見られるのではないだろうか?しかし、危険が伴うことは言うまでもない。
 当初の計画では、今回のルートに加え、金泉寺から西野越~西岳~笹南~笹ケ岳鞍部(マンサク)~金泉寺上~金泉寺下駐車場の予定だったが、イケちゃん、アユママ共に、多良北壁の緊張疲れと、つららに大満足した結果今回のショートコースとなった。
 本当のところは足や体の疲れ等ではなく、最初から最後までの途切れない喋り疲れだと思う。

歩行距離 4.5km  累積標高 550m  行動時間 4時間11分
by ichibunn-go | 2015-03-08 17:55 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(2)