6月29日(日) 二ヶ月ぶりの黒髪山系。単独登山は4月18日の『九重連山 1700m峰 10ピークハント! 星生山~久住山~中岳~稲星山~大船山~三俣山』以来。秋頃もう一度チャレンジし、同じルートで9時間突破を目指す。それにもう一つ。福岡県の竈門神社~宝満山~三郡山~前砥石~砥石山~鬼岩谷山~若杉山往復縦走で6時間突破(現在の記録は6時間22分)を試みる予定。
 年齢的にこれ以上体力が伸びることは考えにくい。如何に今の体力を維持していくか?その指針となるのがホームマウンテンの黒髪山系の今日のコースを攻めること。気象条件、路面状況等、梅雨時は滑りやすく、発汗量も多く熱中症になる可能性が高いため、ギリギリのところで攻めることにしよう。

黒髪山 天童岩より青螺山、雄岩、雌岩を望む
a0206345_14524578.jpg

ルートは、竜門ダム駐車場~かじか橋登山口~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~見返り峠~黒髪山~後ノ平~二股~竜門ダム駐車場の周回コース。ここを右回り、左回りに関らず3時間以内で歩くことが目標。また、牧ノ山、青螺山、黒髪山以外では休憩は取らない事とする。
a0206345_152263.jpg

9:29 竜門ダム駐車場を出発 駐車場はほぼ満車状態 大勢の登山者が準備をしている
a0206345_1511542.jpg

9:37 かじか橋登山口 ここまでの車道歩きが丁度良い足慣らしとなる
a0206345_1512469.jpg

9:54 展望岩分岐 ここからの尾根が急なんだよね
a0206345_15233613.jpg

10:00 最近ロープが設置され登りやすくなったと思う けどこのロープは使わない
a0206345_15262726.jpg

10:13 岩壁 ここを登れば山頂まであと少し さすがにここのロープは安全のために利用しよう
a0206345_15284198.jpg

10:16~10:19 牧ノ山山頂 竜門ダムから47分、かじか橋から39分。滑りやすい路面状況を考えれば結構いいペースだ
a0206345_15382939.jpg

10:28 牧Ⅱ峰 写真だけ取ってスルー
a0206345_15441550.jpg

10:30 梅雨時の苔むした岩は特に滑りやすいので要注意!
a0206345_15463782.jpg

10:38 青牧峠 手前の竜門ダムからの合流点では、ほぼ同時刻に出発したグループが休んでいた
a0206345_15461573.jpg

10:50 いつもの岩壁
a0206345_155045100.jpg

竜門ダムと駐車場が見える
a0206345_15513336.jpg

10:58~11:02 青螺山山頂 余裕ぶってるけど結構ヘロヘロ 竜門ダムから1時間29分
a0206345_15525049.jpg

次は黒髪山だ!
a0206345_15554675.jpg

11:21 三つ岩が見える鎖場 結構好きなロケーション
a0206345_1555960.jpg

11:24 見返り峠 青螺山からの急な岩場でロープを持っているにもかかわらず滑って転倒・・・左膝横を打って (T~T;。)イターッ!! ゲゲー血が滲んでいる!
a0206345_15594886.jpg

11:38 黒髪山名物のクサリ場 ステップが有るので以前から比べると登りやすい
a0206345_1611683.jpg

11:42 天童岩 
a0206345_1621163.jpg

11:43~11:46 黒髪山山頂 竜門ダムから2時間14分
a0206345_1672043.jpg

歩いてきた牧ノ山、牧Ⅱ峰、青螺山が見える
a0206345_1674633.jpg

11:58 後ノ平 蛇焼山からの降りで右太腿がつりそうになった!急いで”塩分チャージ”何とか持ち直す
a0206345_16134947.jpg

12:01 鬼の岩屋
a0206345_16194187.jpg

12:10 二股 ここまで来れば、後はただ歩くだけ
a0206345_16201524.jpg

12:15 何となく身も心も癒される
a0206345_1621116.jpg

12:18 竜門ダム駐車場に無事?到着 うわーマジ満車
a0206345_16371649.jpg

涼しい川のそばで昼食にしよう
a0206345_1639230.jpg

今日は和風です。これに冷えたノンアルコールビールでもあると最高なんだけどね
a0206345_16415843.jpg

川遊びが楽しそう
a0206345_16421674.jpg


 やはり梅雨時のハードな登山は過酷だ。熱中症になる可能性が大きい。実際、太腿がつりそうになった。素早いケアーで事なきをえたものの、常にその可能性はある。それに滑りやすい。梅雨時は全体的に路面が湿っており、苔むした岩、木の根、落ち葉さえも滑りやすい。今日は5回ほど滑って手をついたり尻餅ついたりした。結果的には悪条件の中、目標の3時間突破することができたが、それ以上かかるようだと”九重連山 1700m峰 10ピークハント!”9時間突破や、三郡往復縦走6時間突破などとても覚束ない。
 家に帰って体重を計ったところ、昼食、水分補給を十分したにも関らず、1.5kg減少していた。

歩行距離 9km  累積標高 1100m  行動時間 2時間49分  歩行時間 2時間39分  
by ichibunn-go | 2014-06-29 17:21 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

 6月15日(日) つい二週間ほど前まで雲仙ではミヤマキリシマが咲き誇っていた。華やかなミヤマキリシマに代わり、森の中にひっそりと咲くオオヤマレンゲ。
 『幻の花』『森の貴婦人』『山の女王』何年か前に祖母山で会った福岡の人曰く『博多の高級クラブのホステスさんの香り』(行ったことがないので分らない)等、いろんな言葉に例えられるオオヤマレンゲ。漢字で書くと『大山蓮華』字の如く大きな山、標高の高い山に咲くからかな?
 又は『深山霧島』ミヤマキリシマに対して、人里離れた山奥に咲くためか『深山蓮華』ミヤマレンゲとも言うらしい。個人的には『深山蓮華』と呼んだ方がふさわしいような気がする。
 また蓮華とは?初めてオオヤマレンゲの名前を聞いた時、恥ずかしながら春に畑や田んぼに咲くレンゲ草を想像してしまった。中華料理の蓮華に花びらの色や形が似てるからだろうか?と、個人的には思っている。

大きく花開いたオオヤマレンゲ『深山蓮華』まさに『森の貴婦人』
a0206345_21452769.jpg

ルートは、池の原妙見駐車場~仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~西の風穴~北の風穴~深山蓮華~立岩ノ峰~普賢岳~紅葉茶屋~仁田峠~池の原妙見駐車場 深山蓮華オオヤマレンゲに会うのが目的のため、国見岳、妙見岳には登らない。
a0206345_20425952.jpg

10:09 池の原妙見駐車場 ミヤマキリシマの頃は満車状態だったが、5~6台ほどが駐車しているのみ。
a0206345_20561886.jpg

10:19 さあー深山蓮華に会いに行こう
a0206345_20453386.jpg

なんか臭い!登山道脇に咲いたこの花のようだ・・・
a0206345_20464189.jpg

この花はいい香り
a0206345_20521981.jpg

木苺のような?食べてみたけど、(`A´)マズー!!ペッ!!
a0206345_20495617.jpg

これはなんだ?葉っぱの下に花?
a0206345_20483629.jpg

10:51~10:57 仁田峠 あら?車少ないね・・・ここまで乗ってきてもよかったかな?
a0206345_214390.jpg

ヤマボウシも白く咲いている
a0206345_222764.jpg

11:02 登山道には小さなイモ虫?尺取虫?がたくさんバンジージャンプしている。 それにしても、このクモの巣みたいのは何だ?
a0206345_2174418.jpg

11:14 薊谷 色んな小鳥のさえずりが聞こえる
a0206345_2194726.jpg

バードウォッチングの人達がいました
a0206345_21121424.jpg

11:29 紅葉茶屋 鬼人谷からまずは深山蓮華に会いに行こう
a0206345_21141133.jpg

11:36 西の風穴 汗をかいた体に心地よい
a0206345_21154019.jpg

11:45~12:22 北の風穴 うわ~涼しい~吹き出してる風の温度は、な!なんと5℃!
a0206345_21203551.jpg

中に雪が残っているよ。と、そこにいた人が教えてくれました。どうりで冷たいはずだ。でも、普賢岳噴火前、鳩穴には真夏でも氷があったことを思えば、そう不思議でもないかな
a0206345_21232558.jpg

ザックをデポして一番近くの深山蓮華に会いに行こう。昼食はその後 あっ!蕾しかない!
a0206345_21263619.jpg

よかった~二輪咲いてた!
a0206345_21342127.jpg

a0206345_21273545.jpg

a0206345_21365685.jpg

a0206345_21312195.jpg

二本目の深山蓮華は蕾だけ・・・残念
a0206345_21405313.jpg

三本目の深山蓮華には二輪 雲仙の深山蓮華は本当に『幻の花』だね
a0206345_2143365.jpg

a0206345_21443098.jpg

a0206345_21452769.jpg

a0206345_2035409.jpg

ん?虫が『博多の高級クラブのホステスさんの香り』を楽しんでいる
a0206345_1817895.jpg

12:43 立岩ノ峰 平成新山を見ながら通過
a0206345_21513640.jpg

12:45 霧氷沢のあたりの岩
a0206345_21532532.jpg

12:57~13:03 普賢岳山頂
a0206345_2154537.jpg

薊谷から吹き上げる風で帽子が飛ばされそう
a0206345_21563010.jpg

名残を惜しむかのようにミヤマキリシマが残っていた
a0206345_2244393.jpg

緑の中の白い点々はヤマボウシ
a0206345_2234231.jpg

13:17~13:23 紅葉茶屋 一休みしてから降ろう
a0206345_21574875.jpg

13:46 今日も楽しい山歩き有難うございましたm(_ _)m
a0206345_21591977.jpg

13:53~13:56 仁田峠駐車場 ガラガラだね
a0206345_221025.jpg

14:16 池の原妙見駐車場に無事到着
a0206345_2264693.jpg

駐車場のヤマボウシ
a0206345_227584.jpg

公園のヤマツツジ
a0206345_2285435.jpg

アザミの密を吸う蝶
a0206345_2295345.jpg


 雲仙の大山蓮華(オオヤマレンゲ)は普賢岳の噴火で一旦は絶滅したが、その後地中に埋もれていた種子が発芽したものらしい。今ある大山蓮華は樹齢15年程度の若木なのだろうか?これからの成長が楽しみだ。
 厳しい自然の淘汰から復活し、普賢新道が開通するまでの十数年間、人知れずひっそりと成長してきた雲仙の大山蓮華(オオヤマレンゲ)は、正に『幻の花』『森の貴婦人』『山の女王』と呼ぶに相応しいと思う。
 そう言った意味も含めて雲仙に咲く大山蓮華(オオヤマレンゲ)のことを、敢えて『深山蓮華』( ミヤマレンゲ)と呼びたい。

歩行距離 7.5km  累積標高 650m  行動時間 3時間57分  歩行時間 2時間59分
by ichibunn-go | 2014-06-15 22:32 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(6)

6月6日(金) TTI48 2班定例登山 6月に入ると同時に梅雨入り Σ(゚д゚;) これには参った・・・この時期の土日はミヤマキリシマ観賞の登山者で大渋滞が予想されるため予定のルートを消化出来ない可能性がある。そのため年間登山予定作成時から平日のこの日と決めていた。心配なのは天気のみ。しかし、その点今年は良きにつけ悪しきにつけ非常に運がいいのであまり心配していない。

メンバーは、アマちゃん、アユママ、イチブンの3名。参加を予定していたヒーロー君は休暇が取れずに残念・・・尚、予定通り大船山と北大船山を踏破すればアユママは『くじゅう17サミッツ』達成となる

2016年6月3日 平治岳~北大船山ミヤマキリシマ最新情報!はこちらへ

北大船山のミヤマキリシマ 素晴らしい!
a0206345_17261641.jpg

a0206345_194996.jpg

 ルートは、長者原~雨ヶ池越~坊がつる~大戸越~平治岳~大戸越~北大船山~段原~大船山~段原~坊がつる~法華院温泉~北千里浜~すがもり越~長者原分岐~長者原の変則8の字周回 
 当初の予定では、坊がつるからの復路は往路をそのまま帰るつもりだったが、帰りは違う道を通りたい!と、言うアマちゃんの希望で法華院温泉~すがもり越経由で帰ることにした。しかし、体力的難易度はかなり上がってしまう!通常一泊二日でのんびり楽しむルートだが、並みのペースで歩いていたのでは明るいうちには帰りつけない・・・かも?かなりハードな大縦走となるはず。アマちゃんとアユママの体力と足が心配だ。
a0206345_17462961.jpg

7:19 長者原を出発 雲でな~んにも見えません
a0206345_17502868.jpg

a0206345_17505782.jpg

7:21 タデ原湿原 三俣山は(゚Д゚≡゚Д゚)ドコドコ?
a0206345_17541050.jpg

8:17 雨ヶ池近くになるとミヤマキリシマがちらほら見られるようになってきた
a0206345_17562473.jpg

8:19 雨ヶ池越 この雰囲気もたまにはいいかも
a0206345_17572096.jpg

8:53 坊がつる口 あっ!晴れてきた!
a0206345_17584165.jpg

三俣山がド~ン!今日の貴重な一枚
a0206345_189374.jpg

9:05~9:15 坊がつる ここまで一気に歩いて来た 少し休もう
a0206345_1882745.jpg

さあ!出発だ ここからが登山本番頑張ろう
a0206345_1810247.jpg

9:12 平治岳、大船山分岐 田んぼ道を通って大戸越へ
a0206345_18122685.jpg

9:59~10:04 大戸越 大勢の人で賑わってます
a0206345_18314061.jpg

ザックはデポして手ぶらで登ろう 前を見れば渋滞の予感
a0206345_18324852.jpg

10:09 渋滞気味でなかなか前に進めない
a0206345_18385096.jpg

10:15 トンネルだ~トンネルだ~嬉しいな~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
a0206345_18333552.jpg

10:22 ミヤマキリシマの花園
a0206345_18381528.jpg

なんだか幻想的
a0206345_18491626.jpg

10:25 ミヤマキリシマの生垣 この時期だけ家にも欲しい 
a0206345_18393511.jpg

10:30 雲がなければなあ~
a0206345_18421558.jpg

10:33~10:41 平治岳山頂 素晴らしいミヤマキリシマに大満足
a0206345_18493861.jpg

山頂付近のミヤマキリシマ
a0206345_18501598.jpg

a0206345_18504214.jpg

a0206345_18511853.jpg

10:45 下山は降り専用路から
a0206345_18525450.jpg

素晴らしい
a0206345_18515974.jpg

10:51 おっ!白いミヤマキリシマ?
a0206345_1855172.jpg

11:04~11:30 大戸越 ここで昼食にしよう だけど雨が・・・
a0206345_18573779.jpg

12:05 北大船の北側はまだまだ蕾が多い 一週間後には満開だろうね
a0206345_18595158.jpg

12:07 美しいミヤマキリシマの花の回廊が始まった
a0206345_194996.jpg

a0206345_1934033.jpg

a0206345_1974138.jpg

a0206345_198843.jpg

a0206345_1982748.jpg

12:18~12:21 北大船山山頂
a0206345_083568.jpg

12:26 段原 北大船の雲が・・・もうちょっと左へ行って
a0206345_1914178.jpg

12:43 大船山も雲の中
a0206345_19155946.jpg

12:46~12:58 大船山山頂
a0206345_1924818.jpg

3回の九重登山で1700m峰10峰踏破のアユママ。登山雑誌『のぼろ』に九重連山1700m峰全てに登った人を『くじゅう17サミッター』と呼ぼうと載っていた。その仲間入り。
a0206345_19251017.jpg

雲で見えない三俣山の方向を見る高い所大好きなアマちゃん。三俣山を踏破すれば『くじゅう17サミッター』の仲間入り 
a0206345_19274449.jpg

お・・・泳いでみたい・・・かも
a0206345_18535950.jpg

急な岩場は気を付けて降ろう
a0206345_19441682.jpg

13:14 段原 北大船がやっと見えた
a0206345_19355410.jpg

坊がつるまで一気に降ろう
a0206345_1936339.jpg

13:49 お約束の田んぼ道でおっとっと
a0206345_19373926.jpg

14:06 坊がつる ここまで降ればホッとする
a0206345_19384385.jpg

テントが増えてるかな?
a0206345_19471521.jpg

14:08~14:25 炊事棟で一休み 冷たい水は美味しいし顔を洗えば気持ちいい
a0206345_1941873.jpg

14:37~14:43 法華院温泉 デカイ登山靴でどうじゃあ~
a0206345_19462680.jpg

見上げても見えるのは雲ばかり
a0206345_19483485.jpg

このコンクリート道の登りが結構きついんだよね
a0206345_1949166.jpg

14:55 こっちの岩場の方が楽かも 
a0206345_19515136.jpg

14:58 三俣山南壁ゴマドウ岩の荒々しさがいい その昔修験者の修行の場であったらしい
a0206345_1953137.jpg

15:00 振り返れば坊がつるが遥か下方に見える
a0206345_19551093.jpg

15:01 あっ!上に団体さんが降って来るのが見える
a0206345_19575276.jpg

15:03 団体さんと無事すれ違う 聞けば40人とのこと 今夜は法華院泊まりかな? 
a0206345_19562485.jpg

15:07 北千里浜 賽の河原の如き荒涼感がたまらない 霧も雰囲気を盛り上げている
a0206345_19591246.jpg

15:20~15:25 すがもり越 愛の鐘を♫鳴らすのはあなた~♫
a0206345_2023427.jpg

15:39 採石道分岐 しばらくはコンクリート道
a0206345_2051732.jpg

15:46 長者原分岐 ここからの降りは結構滑りやすいかも
a0206345_2065255.jpg

16:04 後はこのコンクリート道を長者原まで歩くだけ 本当は歩きたくない
a0206345_207352.jpg

16:19 初めて行動時間9時間突破のお二人さん
a0206345_2093295.jpg

16:31 長者原 無事到着を平治号に報告しよう
a0206345_2011329.jpg


 天気はちょっと残念(またおいでってことさ)だったけど、素晴らしいミヤマキリシマを観賞することができた。平治岳も良かったけど、個人的には満開の北大船山を見てみたい。来年は一週間遅らせてみようかな。
 また、アマちゃんとアユママが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。前走者に道を譲ってもらうことはあっても、後続者に道を譲ることは一度も無く、かなりのハイペースで歩ききった。並みの体力では10時間かかっても到底歩ききることは出来ないはず。それでもお喋りが絶えなかったのは余裕があったからかな?
 アユママに至っては3回の九重登山で1700m峰10峰(久住山、星生山、天狗ヶ城、中岳、稲星山、白口岳、大船山、北大船山、三俣山は個人的に本峰と南峰は別と考えたい)踏破!登山雑誌『のぼろ』で提唱していた『くじゅう17サミッター』に名乗りを挙げた。アマちゃんは三俣山を残すのみとなった。『紅葉の頃』に是非達成してもらいたい。

歩行距離 22km 累積標高 1400m 行動時間 9時間12分 歩行時間 7時間40分


山には深山霧島。海には珊瑚の華が咲く。海と言えばダイビングショップ ”アクアフェイス”

by ichibunn-go | 2014-06-07 20:38 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)