5月24日(土) 今日はミヤマキリシマ咲き誇る故郷の山雲仙に登る。天気も上々。いい感じだ。きっとピンクの絨毯が出迎えてくれるだろう。ただ心配なのは天気よりも、ミヤマキリシマ見物の登山者での大渋滞かな?

妙見尾根のピンク、普賢岳の緑、平成新山の茶色、自然の色彩が素晴らしい
a0206345_9104084.jpg

妙見尾根の花の回廊を歩く
a0206345_865839.jpg

ルートは、池ノ原妙見駐車場~仁田峠~妙見神社~妙見岳~国見分れ~国見岳~国見分れ~鳩穴分れ~西の風穴~北の風穴~展望所~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~妙見尾根~妙見神社~妙見駅~仁田峠~池ノ原妙見駐車場。通常は紅葉茶屋から薊谷へ降るが、ミヤマキリシマを思いっきり楽しむために妙見尾根に登り返すことにする
a0206345_7165215.jpg

池ノ原妙見駐車場はほぼ満車状態 長時間駐車する登山者のマナーとして、ミヤマキリシマや紅葉の時季の休日は一般観光客の迷惑にならないように仁田峠からは登らないようにしよう
a0206345_7312856.jpg

9:19 池ノ原妙見駐車場を出発 
a0206345_7315950.jpg

9:46~9:54 仁田峠 駐車場は満車 ミヤマキリシマも満開
a0206345_7405773.jpg

a0206345_7445188.jpg

9:55 ミヤマキリシマ咲き誇る中を登山開始
a0206345_742319.jpg

a0206345_7463338.jpg

少し登った所で振り返って見た
a0206345_7481142.jpg

10:10 ロープウェイ駅付近から見下ろす
a0206345_750075.jpg

ミヤマキリシマの咲く範囲に違和感を感じるのは私だけ?九重の平治岳にも似たような所があるけど・・・
a0206345_7502861.jpg

登山道脇の美しいミヤマキリシマ
a0206345_753522.jpg

10:17 妙見神社 このあたりから団体さんと出会いだす
a0206345_7543530.jpg

10:19~10:22 妙見岳山頂 
a0206345_756615.jpg

国見岳方面は雲が掛かってよく見えない
a0206345_7575024.jpg

10:31 吹越分れ このあたりから妙見尾根の花の回廊も素晴らしくなる
a0206345_85452.jpg

a0206345_853274.jpg

a0206345_855265.jpg

10:36 日差しがあればもっと綺麗なんだろうけどな・・・
a0206345_8122846.jpg

10:39 国見分れから国見岳へ
a0206345_8145098.jpg

10:41 雲仙唯一の難所?
a0206345_8165894.jpg

10:44~10:49 国見岳山頂 沢山の登山者で賑わってるので、早々に退散
a0206345_8193335.jpg

先ほど登った妙見岳 雲がどこかに行ってくれないかなァ・・・
a0206345_8202155.jpg

10:52 次々に登山者が登ってくる
a0206345_8231964.jpg

10:56 国見岳に登る登山者が見える
a0206345_8241029.jpg

11:06 鬼人谷口から左を取って西の風穴へ
a0206345_828937.jpg

11:14 西の風穴 沢山の登山者で大渋滞 ここでやっと前に出ることができた
a0206345_8304630.jpg

11:24 北の風穴 ここで昼食と思っていたけど、ここにも団体さんが!
a0206345_8311984.jpg

11:26~11:28 展望所 ここも例に漏れず・・・ならば立岩の峰で昼食を
a0206345_833434.jpg

11:35 立岩ノ峰付近 あっ!\(◎o◎)/!ここにも団体さんが!取りあえず先へ進もう
a0206345_8362596.jpg

11:42~11:44 霧氷沢 ヒカゲツツジは?少し遅かったようだ。残念!ここで昼食と思ったけど寒すぎ
a0206345_8374085.jpg

11:50~12:25 秩父宮登山記念碑 ここでやっと昼食
a0206345_8415983.jpg

おお~カップラーメンが膨らんでる
a0206345_8425265.jpg

溶岩ドームにも、ど根性ミヤマキリシマがちらほら
a0206345_8502528.jpg

12:31~12:36 普賢岳山頂 山頂下もここも登山者でいっぱい
a0206345_8445457.jpg

a0206345_8472065.jpg

妙見尾根 もう一度復路で歩こう
a0206345_851172.jpg

国見岳 この角度から見ると傾斜が急だね
a0206345_8513524.jpg

12:47 紅葉茶屋 薊谷へ降らず右を取ってもう一度妙見尾根に登り返す 
a0206345_8521283.jpg

13:00 妙見尾根からの展望 晴れ間が見えて午前中よりミヤマキリシマの色が冴えて見える 
a0206345_934914.jpg

a0206345_941250.jpg

a0206345_941656.jpg

普賢岳山頂をズームアップ 沢山の登山者が見える
a0206345_9274950.jpg

ミヤマキリシマを楽しみながらのんびり歩こう
a0206345_97519.jpg

a0206345_983514.jpg

a0206345_99893.jpg

a0206345_992978.jpg

a0206345_995512.jpg

a0206345_9502762.jpg

13:24 妙見神社 ここまでの安全のお礼と、これからの安全をお願いした
a0206345_9162319.jpg

13:29~13:37 ロープウェイ駅 このあたりのミヤマキリシマも綺麗
a0206345_9241073.jpg

a0206345_930433.jpg

a0206345_931485.jpg

展望所周辺にもミヤマキリシマが咲く
a0206345_9301732.jpg

13:52 このあたりのミヤマキリシマは密度が濃いかな
a0206345_9345553.jpg

a0206345_936294.jpg

13:56 仁田峠 ミヤマキリシマの群落はここまで、もう一度振り返って見る
a0206345_9375946.jpg

14:14 池ノ原園地 ピラミダルな矢岳を正面に見ながら歩くこの辺はちょっと過ぎたかな?
a0206345_9414468.jpg

14:16 池ノ原妙見駐車場 ( ´ー`)フゥー...無事到着
a0206345_9435414.jpg

14:26 池ノ原矢岳駐車場から妙見岳をズームアップ
a0206345_9474715.jpg


通常はしない妙見尾根往復。午前と午後、往路と復路。晴れか曇りか、違った景色と色彩を見ることができ、十分満足の行く雲仙ミヤマキリシマ登山だった。
 二週間後の6月初旬。今度は九重連山、平治岳~北大船~大船山のミヤマキリシマ登山だ。更に素晴らしいミヤマキリシマに期待しよう。

歩行距離 8km 累積標高 950m 行動時間 4時間57分 歩行時間 3時間49分
by ichibunn-go | 2014-05-25 10:16 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)

5月10日(土) TTI 48 5月定例登山 英彦山系の山でも綺麗なシャクナゲが咲きそろう頃。岳減鬼山から石楠花ノ頭では毎年登山道を包むように色濃い花をつける。年によって花の咲き方に差はあるようだが、人が植えたシャクナゲより自然の中に咲いたシャクナゲの方が美しいと思う。
今月は皆さん何かと忙しいようで参加者は、イケちゃん、アユママ、イチブンの3名。ちょっと寂しいかも・・・ね(´・ω・`)ガッカリ…

登山道は美しいシャクナゲに包まれる
a0206345_6483531.jpg

a0206345_945932.jpg

a0206345_96589.jpg

ルートは、英彦山大権現~渡渉点~黒岩山分岐~大南林道~岳減鬼峠~岳減鬼岳~岳減鬼山~岳減鬼峠~上塚山分岐~石楠花ノ頭~最低鞍部~大南林道出合い~英彦山大権現を周回する
a0206345_10181662.jpg

9:30 英彦山大権現を出発
a0206345_703716.jpg

9:36 沢沿いに出たところを渡渉して対岸へ
a0206345_744029.jpg

9:57~10:00 黒岩山分岐 緩やかな杉林の中を歩く
a0206345_763691.jpg

10:14~10:18 大南林道出合い 岳減鬼山登山口
a0206345_79463.jpg

林道脇に藤の花が咲いていた
a0206345_7105814.jpg

10:27 案内板に従って進もう
a0206345_7115656.jpg

10:42 岳減鬼峠が近づくにつれて新緑が目にしみる
a0206345_7152247.jpg

10:44~10:48 岳減鬼峠 右を取って岳減鬼山まで往復
a0206345_722221.jpg

10:57 今日初めてのシャクナゲに出会ったもののまだ蕾だ
a0206345_7293739.jpg

10:59 最初の岩場
a0206345_7263186.jpg

11:00 展望岩 
a0206345_730493.jpg

恐る恐る下を覗いて見る あっ!下の方にシャクナゲが咲いてる
a0206345_733383.jpg

11:03 ぼちぼちシャクナゲが見られるようになってきた 
a0206345_735265.jpg

a0206345_7382282.jpg

a0206345_7373419.jpg

11:10 ロープ場 岩がもろくて崩れやすい
a0206345_7394545.jpg

11:15 このコース一番の難所かも
a0206345_74231.jpg

難所を越えればシャクナゲが!
a0206345_7441745.jpg

11:22 岳減鬼岳 岳減鬼山ではありません
a0206345_7465816.jpg

そこに咲くシャクナゲ
a0206345_753221.jpg

a0206345_7564386.jpg

11:28 岳減鬼山は目の前
a0206345_758211.jpg

シャクナゲとミツバツツジのコラボレーション
a0206345_803110.jpg

11:34~12:04 岳減鬼山 山頂は暑くもなく寒くもなく昼食には丁度よかった
a0206345_8145753.jpg

この伐採跡 見晴らしはいいけど、何だかな~って感じ
a0206345_8184696.jpg

往路とは違った感じにシャクナゲが見える
a0206345_8222426.jpg

a0206345_8224491.jpg

12:23 難所のロープ場を降る
a0206345_8233878.jpg

12:32 往路では気づかなかったシャクナゲ
a0206345_8261962.jpg

a0206345_8263722.jpg

12:47 岳減鬼峠 ここまでもけっこう楽しめたが、ここからもまた楽しみ
a0206345_8293344.jpg

12:59 998mピーク
a0206345_8334274.jpg

ここには花はないけど緑がきれいです
a0206345_8344082.jpg

13:05 いよいよシャクナゲのトンネル本番
a0206345_837585.jpg

a0206345_8381780.jpg

a0206345_839182.jpg

a0206345_8395123.jpg

a0206345_842813.jpg

a0206345_8424982.jpg

a0206345_8433334.jpg

a0206345_843553.jpg

13:21 垂直岩壁の難所
a0206345_8444350.jpg

a0206345_848104.jpg

13:27~13:34 上塚山分岐
a0206345_8474629.jpg

このあたりはミツバツツジが花ざかり
a0206345_8513663.jpg

a0206345_852241.jpg

a0206345_8525311.jpg

このあたりから更にシャクナゲのトンネル大本番
a0206345_856668.jpg

a0206345_8563018.jpg

a0206345_857143.jpg

a0206345_902717.jpg

a0206345_953159.jpg

13:45 岩尾根を登る
a0206345_97620.jpg

13:52~13:56 石楠花ノ頭 山頂標識がないので知らない間に通り過ぎてしまいそう
a0206345_991193.jpg

14:15 猫ノ丸尾が見える
a0206345_995326.jpg

14:16~14:23 最低鞍部 ここからエスケープルートを林道へ向けて降る
a0206345_9121337.jpg

14:43 かなり荒れている いたる所に倒木が!
a0206345_9132114.jpg

14:58~15:01 大南林道出合い
a0206345_915356.jpg

15:29 渡渉地点まで戻ってきた
a0206345_9181323.jpg

15:30~15:42 駐車場はすぐそこだけど英彦山大権現で一休み
a0206345_9205021.jpg

15:44 ぼちぼち歩いて駐車場に到着
a0206345_9235711.jpg


綺麗なシャクナゲだけではなく、岳減鬼山までの往復の行程も、岩場の登り降りでスリルもあり結構楽しめたと思う。この季節、秋の紅葉の時期には度々訪れたい山の一つだ。

歩行距離 10km  累積標高 800m  行動時間 6時間14分  歩行時間 5時間
by ichibunn-go | 2014-05-11 09:32 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

5月3日(土) 世間はGWらしいが我が家の家族にはあまり関係ない。この期間は何処に行っても渋滞と沢山の人でうんざり・・・それはメジャーな山でも同じ事。こんな時は思いっきりマイナーな山に行くべし!
そこで思いついたのが、以前からカミさんを連れていきたいと思っていた、佐賀県大町町の聖岳から赤鬼の頭の展望台がある武雄市、多久市境の鬼ノ鼻山に登ることにした。

鬼ノ鼻山の赤鬼展望台 展望は360度
a0206345_1834288.jpg

ルートは、聖岳登山口~聖岳~三角点~福寿山~三角点峰~鬼ノ鼻山~憩いの森公園~鬼ノ鼻山~福寿山~三角点~車道出合~不動寺池~聖岳登山口間の軽目の往復縦走
a0206345_5495931.jpg

11:41 聖岳登山口 山頂まで、たったの792段!頑張れ~!
a0206345_193119.jpg

11:46 あと550段!このあたりから傾斜が急になる
a0206345_19103876.jpg

11:53 あと100段!もう少し!
a0206345_19113482.jpg

11:54~12:01 聖岳山頂展望台
a0206345_19131057.jpg

六角川の湾曲が素晴らしい
a0206345_19194343.jpg

弁財天の前からの方が眺め( ・∀・) イイネ!
a0206345_19142478.jpg

弁財天の内部 きれいに清掃してあります
a0206345_1920419.jpg

12:07 車道出合い 西側のコンクリート道を降れば車道に出合う 反対側が登山道入口
a0206345_19261918.jpg

12:21 464.4mの三角点
a0206345_19283924.jpg

12:32~12:34 福寿山弁財天 この山域では最高の480mの等高線を持つが、森の中で展望がないのが残念・・・
a0206345_19333166.jpg

12:39~12:42 展望が開け、鬼ノ鼻山が見えたたところで休憩 日本昔ばなし的なこの雰囲気が大好きです
a0206345_19403314.jpg

12:49 ここを登りきれば素晴らしい展望が!
a0206345_19465242.jpg

a0206345_2005374.jpg

12:51 鬼のピーク おっ!ベンチがある
a0206345_19474125.jpg

鬼三匹
a0206345_1950126.jpg

天気が良すぎて暑いけど、素晴らしい景色をおかずに昼食にしよう
a0206345_1952027.jpg

13:24 三角点ピーク こっちの方が見晴らし良かったかも
a0206345_19565564.jpg

12:29~13:39 鬼ノ鼻山山頂 凛々しい赤鬼の後頭部 
a0206345_202984.jpg

a0206345_202387.jpg

ここからの展望は360度
a0206345_2033340.jpg

天山
a0206345_207029.jpg

作礼山と天山
a0206345_2082985.jpg

八幡岳、女山
a0206345_209298.jpg

武雄市方面
a0206345_2010519.jpg

白石町、有明海方面
a0206345_20175783.jpg

13:45~13:52 鬼の鼻山憩いの森公園
a0206345_20202084.jpg

14:03~14:05 再び鬼ノ鼻山 
a0206345_20284984.jpg

鬼の頭クライミングにチャレンジ!でも登れません・・・残念
a0206345_20222035.jpg

ここからは来た道を戻ろう
a0206345_2024032.jpg

14:10 三角点ピーク
a0206345_20245371.jpg

14:21 福寿山を通過
a0206345_20263695.jpg

14:26 木漏れ日の森の中は涼しくて気持ちいい
a0206345_20295636.jpg

14:36 車道出合い 聖岳には行かず車道を歩くことにした
a0206345_20311335.jpg

14:43 不動寺池 水が濁ってるね
a0206345_20315334.jpg

14:45 公園もきれいに手入れがしてあり、ツツジが綺麗です
a0206345_20335930.jpg

14:52 車道を15分ほど歩いて出発点の登山口に到着
a0206345_203636100.jpg


素晴らしい天気に恵まれ、気持ちいい山歩きができた。聞こえてくるのはウグイスの鳴き声や風のざわめき。
GWの喧騒から離れ爽やかな自然を満喫した。大渋滞の九重やメジャーな山に行くよりよっぽどましかも!?
また、初心者でも比較的楽に往復縦走が楽しめるのではないだろうか?

歩行距離 6.5km  累積標高 500m  行動時間 3時間11分  歩行時間 2時間13分
by ichibunn-go | 2014-05-03 20:49 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)