4月26日(土) TTI 48定例登山のはずが参加者がおらず、ゲストで来てくれた若者たちとのトレーニング的な登山になった。まあ~それは、それで良しとしよう。

参加してくれたのは、やまちん、おくぼっち、カミーの若手3名とイチブンの総勢4名 なんか寂しくな~い?

ひたすら登ればそのうち山頂に着く、と思う・・・確かに! しかし、山頂までの標高差は300m
a0206345_7263777.jpg

ルートは、竜門ダム駐車場~かじかばし登山口~下の展望岩~上の展望岩~牧ノ山~笑い坂~越ノ峠~弁財天登山口~弁財天~腰岳~越ノ峠~笑い坂~牧ノ山~牧Ⅱ峰~竜門分岐~竜門ダム駐車場の黒髪山系では比較的マイナーなルートを歩く。しかし内容的には結構ハードかも?
a0206345_7355971.jpg

8:45 竜門ダム駐車場を出発し車道を10分歩いて、かじかばしの向こうが登山口
a0206345_740264.jpg

9:24~9:32 下の展望岩
a0206345_7432414.jpg

次に目指すは稜線上にとんがって見える上の展望岩 ここからの標高差は200m
a0206345_747240.jpg

9:56~10:01 上の展望岩
a0206345_7482942.jpg

緑がきれいになってきたね~
a0206345_7491675.jpg

10:05 ここを登りきれば山頂まであと少し
a0206345_751167.jpg

10:08~10:19 牧ノ山山頂
a0206345_7522217.jpg

10:34 鎖につかまりながら『笑い坂』の長~い鎖場を笑いながら?降ろう
a0206345_754115.jpg

10:52 越ノ峠 ここから弁財天登山口まで車道歩き
a0206345_7573357.jpg

11:15 弁財天登山口 腰岳山頂までの標高差は120m
a0206345_7592441.jpg

11:26 弁財天
a0206345_8261920.jpg

11:29~12:00 腰岳山頂 待ちに待った昼飯だ~!
a0206345_8283141.jpg

ここからは伊万里方面の展望が良い
a0206345_8315229.jpg

予定では彼方に見える青螺山まで行くつもり・・・だが
a0206345_831887.jpg

12:18 この水結構イケます。顔を洗えば気持ち(・∀・)イイ!!
a0206345_8331541.jpg

12:24 越ノ峠 牧ノ山までの標高差は280m
a0206345_8384775.jpg

12:47 笑えれば、笑いながら登ろう『笑い坂』
a0206345_8381981.jpg

いい感じの縦走路
a0206345_8514056.jpg

13:09~13:16 牧ノ山で一休み
a0206345_8424630.jpg

13:27~13:31 牧Ⅱ峰 やまちん撃沈か?
a0206345_8441742.jpg

13:41 竜門ダム分岐 早く温泉に入りたいと若者たちが弱音はく 青螺山を諦め竜門ダムへエスケープ
a0206345_852010.jpg

13:57 自然たっぷりでいい感じです
a0206345_8562876.jpg

14:00 大きな岩屋 大勢泊まれそう
a0206345_8565787.jpg

14:08~14:10 キャンプ場上の沢 顔を洗えば気持ちいい
a0206345_91257.jpg

14:13 竜門ダム駐車場に無事到着 足はガクガクだけど気分は爽快?
a0206345_93184.jpg


  さあ~て明日あたりは足コリコリで腰イタタ・・・じゃないのかな?まあ~これでなんともなければ上等かも ( ̄ー ̄)ニヤリ

歩行距離 11.5km  累積標高 1150m  行動時間 5時間28分  歩行時間 4時間20分
by ichibunn-go | 2014-04-27 09:32 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

2014年4月17日(木) 一年前に思いついた計画を実行する時がきた。年齢的にもイケ!イケ!Goー!Goー!?の55歳。何か自分の記憶と記録に残るようなことをやってみたかった。それが『九重連山 1700m峰 10ピークスハント トレッキング!星生山~久住山~天狗ケ城~中岳~稲星山~白口岳~大船山~北大船~三俣山南峰~本峰大周回』山頂標識のある1700m峰10峰を巡り、一日でくじゅう17サミッツを達成する”TTI 48”を代表してのチャレンジだ。
 
 当初、今週末の土曜日に実行する予定だったが天気予報ではイマイチ。しかも今夜は雨の予報。仮に土曜日が晴れたとしても、既に登山道は雨で濡れて滑りやすい状態になっており、思い通りの歩行ができないのではないか?高速歩行と安全第一を考えるなら、ここ数日間晴天が続いた今日こそがベストコンディションといえるだろう。

 実行するにあたって決めたルールがある。行動は当日一日限り。前泊、当日泊はしない。午前0時から24時までの間に全てを完了して帰宅する。極力同じ道は通らない。トレイルランナーではないので走らない。歩くのみ。
 予定では行程と所要時間を考え、午前2時30分に佐世保の自宅を出発。3時間のアプローチで牧ノ戸峠着。準備を済ませ午前6時に登山開始。全行程9時間突破を目指す。というもの、でっきるかな~?


蒼穹に立つ 第1峰の星生山にて 
a0206345_12381964.jpg

おお~!三俣山からのご来光!今日一日安全で楽しい登山ができますように 沓掛山にて
a0206345_12285634.jpg

ルートは、牧ノ戸峠~沓掛山~星生分れ~星生山~久住分れ~久住山~中岳分岐~天狗ケ城~中岳~白口谷口~稲星山~稲星越~白口岳~鉾立峠~立中山~大船山~段原~北大船~段原~坊がつる~三俣山南峰登山口~三俣山南峰~本峰~西峰~スガモリ越~大曲登山口~牧ノ戸峠の九重連山の美味しい所を丸ごと楽しむ超豪華な大周回だ!
a0206345_12281650.jpg

5:42 早めに到着 予定の6時より早めの出発 待ってろ九重連山 オヤジパワー全開で行くぞ!
a0206345_1214576.jpg

5:48 展望所 東の空が!運が良ければご来光が見られるだろう
a0206345_12194634.jpg

5:58~6:00 沓掛山 日の出はもうすぐ 彼方に由布岳が浮かぶ
a0206345_12221755.jpg

ドンピシャのタイミングで三俣山からのご来光 今日はいい日になりそうだ
a0206345_12321984.jpg

6:27 星生分れ 星生ちゃんすぐ行くよ
a0206345_12343717.jpg

6:38~6:43 第1峰の星生山 蒼穹に立つ ここまで56分
a0206345_12381964.jpg

三俣ちゃん最後に行くから待っててね
a0206345_1241777.jpg

久住ちゃんすぐ行くよ~! カワ(・∀・)イイ!! 天狗ちゃんと中ちゃん、稲星ちゃんも待っててね~(*´∀`*)
a0206345_1246322.jpg

6:55 星生崎のあたりから避難小屋を見下ろす
a0206345_13124034.jpg

7:00 久住分れを通過 このあたりから斜度が増してくる ぐるりと左から回り込んで久住山へ
a0206345_773212.jpg

7:15~7:23 第2峰の久住山 ここまで1時間33分 星生山から32分
a0206345_1250194.jpg

祖母、傾の山々が朝靄に浮かぶ
a0206345_1253875.jpg

阿蘇山も( ・∀・) イイネ!
a0206345_12551511.jpg

星生山、久住山、また来る時までさらば!
a0206345_1312765.jpg

7:28 中岳分岐 天狗ちゃんすぐ行くよ 久住山からここまでの往復は目を瞑ろう
a0206345_1305066.jpg

7:39~7:42 第3峰の天狗ケ城 ここまで1時間57分 久住山から19分
a0206345_1312289.jpg

御池を見下ろす ほんの一月前まで氷結してたんだよね
a0206345_13135444.jpg

次峰の中岳と稲星山
a0206345_1316837.jpg

7:45 天狗ケ城を振り返って見る なんかカッコイイ
a0206345_13224070.jpg

7:49~7:52 第4峰の九州本土最高峰の中岳 ここまで2時間07分 天狗ケ城から7分 要所々々で現在地を本部(自宅)のアユママに連絡 目指すは安全第一と目標達成
a0206345_1321154.jpg

久住山と彼方に阿蘇山
a0206345_13242416.jpg

後ほど登る大船くん 左後方には平治岳と由布岳
a0206345_13252581.jpg

次峰の稲星山 彼方に祖母、傾の山々
a0206345_13261742.jpg

8:04 白口谷口 一見なだらかそうに見える稲星山
a0206345_13281089.jpg

8:13~8:18 第5峰の稲星山 ここまで2時間31分 中岳から21分
a0206345_1330819.jpg

個人的には草木も生えぬ稲星山の荒涼感が結構好きかも・・・
a0206345_13372921.jpg

次峰の白口さんと、その次の大船くん
a0206345_13394778.jpg

8:23 稲星越 正面は穏やかな顔の白口さん
a0206345_13443311.jpg

8:32~8:46 第6峰の白口岳 ここまで2時間50分 稲星山から14分 ここまでほぼ予定通りで九重連山余裕で独り占め!全体の三分の一ぐらいは来たかな~?
a0206345_13524376.jpg

次峰の大船山 ここまでは爽快で快適なトレッキングができたが、鉾立峠に降りだした途端、空気が変わった!
a0206345_1353510.jpg

9:05~9:07 鉾立峠 湿った空気が体にまとわりついて暑い!ここまで殆ど出なかった汗が吹き出した。正面は立中山 ここからの標高差は100mほど
a0206345_13561078.jpg

振り返れば白口岳の険しい裏の顔が青空に聳える
a0206345_1357271.jpg

9:16~9:35 通り道の立中山 とにかく暑いが日陰はない・・・それでもカップラーメンと稲荷寿司で腹拵えだけはしとこう 後方には左から白口岳、中岳、天狗ケ城
a0206345_1402468.jpg

9:38 鉢窪分岐 『極力同じ道は通らない』のルールに従って鉢窪経由で登る。一旦100mほど降って大船山との標高差は420mほど
a0206345_1431182.jpg

9:49 木が斜めに倒れてる!なんでだろう?踏まれるから?
a0206345_1445786.jpg

10:28~10:30 暑い中よたよたと登ってやっと展望が開け、久しぶりに景色を見てε-(´∀`*)ホッとした 中央の草地が鉢窪かな?ザックを見ると先週洗ったばかりのショルダー部分に塩分が白く浮いている!
a0206345_1446884.jpg

展望岩のすぐ後ろが、くたみ分れからの南西尾根コース。後は尾根伝いに登るだけ
a0206345_1443742.jpg

10:44~11:00 第7峰の大船山 ここまで5時間02分 白口岳から1時間52分 立中山から1時間09分 やっと全体の半分を過ぎたところかな?とにかく暑い!この時季に標高1700m以上でこの蒸し暑さは何なんだ?まだ暑さになれていない身体にはこたえる。日陰もないし・・・それとも歳か?
a0206345_16591322.jpg

暫く雄大な景色を楽しんで体を休めよう 左側にはここまで歩いてきた星生山、久住山、天狗ケ城、中岳、稲星山、白口岳の6峰。右側にはこれから登る三俣山が見える
a0206345_15131413.jpg

左に北大船 右に米窪 後方に平治岳
a0206345_15133586.jpg

ここまで歩いてきた、星生山、久住山、天狗ケ城、中岳、稲星山、白口岳、立中山
a0206345_15141386.jpg

御池も波静かにたたずむ
a0206345_14591685.jpg

a0206345_15154355.jpg

11:09 段原 真っ直ぐ進んで北大船は目の前 ここから北大船までの往復は無かったことにしよう
a0206345_1515835.jpg

11:13~11:17 第8峰の北大船 ここまで5時間31分 大船山から13分
a0206345_1522248.jpg

ここからは三俣山がはっきりと三俣に見えて素晴らしい
a0206345_15233097.jpg

11:19 折り返して段原 右を取って坊がつるへ さらば大船山
a0206345_15243059.jpg

11:34 立中山分岐 ふらっと行きそうになってしまった・・・熱中症一歩手前か?
a0206345_15251716.jpg

11:52~12:18 坊がつる 炊事棟で頭を冷やしたら気持ちいいこと。坊がつるにいた人達との、今日は暑いですね。との語らいで幾らか気分も楽になった。でも三俣山が残っている・・・もう9時間突破なんかどうでもよくなった・・・完走を目指して頑張るのみ!登る前に坊がつるを散策して気分転換しよう・・・それにしても日射しが暑い・・・
a0206345_15311728.jpg

12:23 看板や道標の向い側が三俣山南峰登山口 トレッキングポールを収納して両手両足総動員に備えるものの、標高差520mの急登を今の状態で登りきれるか? 
a0206345_1537093.jpg

12:38 まだあるぞ?まだ登り始めたばかり もうちょっと上につけた方がいいかも
a0206345_15393697.jpg

13:13~13:15 野焼きで真っ黒な坊がつるを眼下に望む
a0206345_15403553.jpg

13:27 この景色結構好きです。高度計で標高をカウントダウン!1740mまであと少し!
a0206345_15413277.jpg

13:30~13:36 第9峰の三俣山南峰 山頂標識が見えた時の安堵感 過去最高かも!残るは向こうに見える本峰のみ
a0206345_15515791.jpg

ここまで7時間48分 北大船から2時間17分 登山口から四つんばいで這い上がるようにして1時間07分 思ったよりも早かった!
a0206345_15483820.jpg
 

13:45~13:50 第10峰の三俣山本峰 ここまで8時間03分 南峰から9分 ついに (((o(*゚▽゚*)o))) やったど~!
a0206345_15573277.jpg

北峰と大鍋
a0206345_1558682.jpg

南峰と大船山 空を見れば今にも雨が落ちてきそう・・・
a0206345_160158.jpg

14:01~14:09 通り道の三俣山西峰 ここで登山初心者の石ちゃんと出会う。実は坊がつるで話をした人達から、もし石ちゃんと出会ったら手助けしてくれるように頼まれてたんですよ。自分の記録よりもこっちが大事。後は長者原分岐までエスコートしよう。それにしても初心者一人で長者原からここまで来るとは立派なものだ
a0206345_1672633.jpg

14:29 すがもり越 石ちゃんは足が辛そうだけど・・・大丈夫かな?
a0206345_1694381.jpg

15:00 長者原分岐で石ちゃんと別れて大曲分岐
a0206345_16105358.jpg

15:08 大曲登山口 後は牧ノ戸峠まで車道を2km余り、標高差100mを歩くだけ
a0206345_1613610.jpg

15:33 牧ノ戸峠 遂にやったぞ~!九重連山 1700m峰 10ピークスハント トレッキング『くじゅう17サミッツ』達成だー!到着と同時に雨が降り出した。ラッキー!あっ!石ちゃん雨が降り出す前に長者原に着いたかな?
a0206345_1617756.jpg

アッ!と驚く為五郎 Σ(゚д゚lll) 何ということ!? お気に入りのCW-Xスタビライクスが破れてる!経済的大損害・・・よく見ると足はスリ傷だらけじゃないか!
a0206345_16463890.jpg


 白口岳までは爽快で快適なトレッキングができた。ところが北側になるはずの大船山や坊がつる周辺のなんと暑い事!これには参った・・・やはり雨が降り出す前に湿った暖かい空気が流れ込んだのかな?まだ今の時期は暑さに体が慣れていないというのもあるだろうし、年齢的なものもあるのかな・・・
 残念ながら目標としていた行動時間9時間突破はできなかった。原因として後半の急激な気温上昇に対応できず、休憩時間を長く取らざる得なかった。歩行時間は想定していた7時間30分に近いタイムで歩くことができた。この点は十分満足のいくものだ。その代償として服も体もボロボロになったのには泣けてきた(T▽T)
 もう一つの隠れた原因として行動中の写真撮影。今回はなんと150枚以上も撮影していた。この写真撮影によるロスタイムも馬鹿にできないと思う。が、それだけ九重は魅力的なのかな?次回は少し控えることにしよう。
 気象条件さえ良ければ今回のルートで『くじゅう17サミッツ』9時間突破は可能!更に逆回りなら9時間突破しやすい!という確信が持てたのも収穫だった。 そして、ホームマウンテンとする標高400m~600m余りの黒髪山系を征する者は、九重連山さえも征することが可能と確信した。 
 後はゆっくり温泉で体を癒して佐世保に帰ることにしよう。尚、自宅に帰り着いたのは午後8時半頃だった。

歩行距離 22km 累積標高 2200m 行動時間 9時間51分 歩行時間 7時間41分

後日談として
 破けたCW-Xをワコールお客様センターに無料修理を依頼。発送して調べてもらったところ『九重連山 1700m峰 10ピークスハント トレッキング!星生山~久住山~天狗ケ城~中岳~稲星山~白口岳~大船山~北大船~三俣山南峰~本峰大周回』の激闘を物語るかの如く、破けや、穴が十数カ所箇所あったそうだ。それでも修復可能との事なので修理をお願いした。
 流石は世界のヽ(*´∀`)ノ『ワコール!』感謝に堪えない。今回使用したCW-Xとは別に、もう二着購入することにしよう。
更に後日談として
 修理に出していたCW-Xが帰ってきました!素晴らしい!同じ生地を裏に当てて、伸縮するように丁寧に縫製してあります。この他にも気づかなかった数箇所を修理してありました。感動です!
 何となく使用するのが勿体無いような気がします。早速、別にレボリューションと、エキスパートを購入しました。ワコールさん有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます m(_ _)m

修復によって箔が付いた『ワコールCW-Xスタビライクス』
a0206345_1019509.jpg

by ichibunn-go | 2014-04-18 17:07 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

4月12日(土) いよいよ来週に迫った九重連山1700m峰10ピークス踏破(牧ノ戸峠~星生山~久住山~天狗ケ城~中岳~稲星山~白口岳~大船山~北大船~三俣山南峰~本峰~大曲~牧ノ戸峠)に向けての最終トレーニング。極力短時間で踏破するために、今日もホームマウンテンとする黒髪山系の厳しいところをスピード重視でハードに攻める。ザックの重量も本番を想定して、飲料水2.5リットルと食料合わせて6kg程度に調整した。
天気予報では午後から雨が降りそう。従って午前中に終了できるようなコースを回ることにしよう。

登山道脇のミツバツツジに心和む 見返り峠から青螺山側に少し登った所
a0206345_822315.jpg

ルートは竜門ダム駐車場~二俣~後ノ平~黒髪山~見返り峠~青螺山~青牧峠~牧Ⅱ峰~牧ノ山~かじか橋登山口~竜門ダム駐車場の標準6~7時間のコースを周回する
a0206345_8294284.jpg

9:00 午前中に終了できるようにこの時間に出発 牧Ⅱ峰も霞みぎみ
a0206345_8331545.jpg

9:11 二俣を通過 右を取って後ノ平へ ここから徐々に登りが急になってくる
a0206345_8354197.jpg

9:24 鬼ノ岩屋を通過 湿度が高く汗が噴き出す
a0206345_8362690.jpg

9:27 鬼ノ岩屋から3分で後ノ平を通過
a0206345_837329.jpg

9:42 天童岩に先着の登山者がいるようだ
a0206345_8394514.jpg

ヤセ尾根脇のミツバツツジ
a0206345_841382.jpg

9:43~9:45 黒髪山山頂 数名の登山者が休んでいた ここまで43分
a0206345_8422245.jpg

これから向かう青螺山
a0206345_8433061.jpg

9:57 見返り峠を通過
a0206345_8442866.jpg

10:00~10:02 登山道脇のミツバツツジに疲れも癒やされる
a0206345_8461762.jpg

a0206345_8465679.jpg

10:12 最近ロープを設置した所が増えてきた。これなら急登の青螺山も安心だね
a0206345_8492893.jpg

10:27~10:34 青螺山山頂 左の靴ひもが緩み気味、締め直そう ここまで1時間27分
a0206345_8533626.jpg

先ほど登った黒髪山 区間タイムは42分
a0206345_8552662.jpg

10:45 青牧峠を通過 青螺山を過ぎてから誰一人会わない
a0206345_857376.jpg

11:00~11:03 牧Ⅱ峰 青螺山からの区間タイムは26分
a0206345_8595273.jpg

11:10~11:13 牧ノ山山頂 帽子のつばから汗が滴り落ちる ここまで2時間10分
a0206345_95792.jpg

11:34 かじか橋登山口まで降ってきた
a0206345_952895.jpg

11:41 竜門ダム駐車場に到着 スタートから2時間41分 疲れはあるものの3時間程度にスピードを落とせばもう一周は回れそう。今回消費した水はハイドレーションシステムの使用もあり500cc程度に抑えることができた
a0206345_936292.jpg


週間天気予報を見ると金曜日あたりから崩れそう・・・後にズレてくれないかな(;´д`)
目標タイムは9時間突破!そして最後の三俣山は、九重でも最急登と言われる坊がつるから南峰登山道を登ること。
更に、個人的ルールとして行動開始、自宅を出発するのは当日午前0時を過ぎてから、全てを済ませ24時以内に帰宅すること。但し往復6時間の運転は安全運転。前泊、当日の泊まりはしないものとする。

歩行距離 9km  累積標高 1100m  行動時間 2時間41分  歩行時間 2時間20分
by ichibunn-go | 2014-04-13 10:21 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

4月6日(日) 本来なら昨日行う予定だった牧ノ山~青螺山~黒髪山周回トレーニング。ところが終日雨 ・・・(´;ω;`) ならば今日やるきゃない!
天気予報では、晴れはするものの風が強く気温が低い寒の戻りだとか。取りあえずトレーニングには良いコンディション。汗もあまりかかないですむかも。飲料水も1.5リットルもあれば十分だろう

今日が『黒髪山びらき』だとは知らなかったけど、トレーニングの無事を祈って参加しよう
a0206345_1824243.jpg

ルートは竜門ダム駐車場~かじか橋登山口~広瀬登山口~林道3km~越ノ峠~長~いクサリ場『笑い坂』~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~見返り峠~黒髪山~後ノ平~二股~竜門ダム駐車場を、無理やり周回コースにして周回する
a0206345_18102679.jpg

竜門ダム駐車場に到着すると満車状態!なんで?と思ったら『黒髪山びらき』が、厳かに行われていた。
a0206345_1816049.jpg

9:30 出発時振り返ってみると、駐車場はこんな感じ
a0206345_18192881.jpg

9:38 かじか橋登山口 橋の向こう側は牧ノ山登山口
a0206345_1823548.jpg

その少し先が広瀬に抜ける登山口となる
a0206345_18242570.jpg

9:48~9:46 龍門磁石採掘場跡
a0206345_18254865.jpg

300年以上に渡り、深さ40m以上露天掘りされたそうだ
a0206345_1827971.jpg

9:50 展望岩の標識を発見 行ってみよう
a0206345_18323518.jpg

9:51~9:53 この方向から竜門ダムを見たのは初めて
a0206345_18342256.jpg

ミツバツツジがもう咲いている
a0206345_18363713.jpg

10:00~10:05 280mピークで一休み
a0206345_18365695.jpg

10:07 おっ!ギンリョウソウ! カワイイ~( *♛ ェ ♛)?
a0206345_18425591.jpg

キモイ~( ;⊙´◞౪◟`⊙)? どっちぃ~?
a0206345_18431164.jpg

10:09 所々に九州自然歩道を示す道標はあるものの、歩く人が少ないためか荒れており、間違えそうな所も何箇所かあった
a0206345_18494883.jpg

10:20 広瀬登山口 ここから越ノ峠まで3kmで標高差200m強の林道歩き
a0206345_1845150.jpg

10:36 鍋島藩牧場跡
a0206345_18524627.jpg

10:58~11:10 越ノ峠 右側が駐車場 左に登れば腰岳
a0206345_18541814.jpg

駐車場で一人寂しくラーメンを食べていた伊万里の咲きっ太君 これから登山を始めるとかで、道具を揃えるのがこれからの課題 今日は牧ノ山まで登ってきたそうだ オツカレチャ━━━━( ´∀`)━━━━ン!!!!
a0206345_18581575.jpg

11:11 牧ノ山登山口 かわいい標識が目印
a0206345_1904690.jpg

11:26 長~いクサリ場の始まり ここを『笑い坂』と言うけど苦笑いするしかないね
a0206345_1933278.jpg

11:32 長~いクサリ場を登りきった!測ってみたら標高差は70m
a0206345_1974391.jpg

更にその上には古いクサリ場 最上部まで標高差は40m
a0206345_1995976.jpg

11:44~12:01 牧ノ山山頂 思ったより:(;゙゚'ω゚'):サムィーけど、カップラーメンといなり寿司を速攻で食ったらやっと落ち着いた
a0206345_19203146.jpg

12:11 牧Ⅱ峰を休まず通過
a0206345_1931555.jpg

12:21 青牧峠は休まず走って通過
a0206345_19322545.jpg

12:35 黒髪山系の険しさを象徴する岩壁
a0206345_19334145.jpg

眼下に竜門ダムと駐車場 右側には牧Ⅱ峰 後方には隠居岳から八天岳~国見山の連なりが見える 
a0206345_19343342.jpg

12:44~12:56 青螺山山頂
a0206345_19363012.jpg

福岡県の甘木から来られた、まだまだ若い者には負けられんバイ!と元気な皆さん
a0206345_19384874.jpg

伊万里方面の展望が良い
a0206345_19433645.jpg

13:12 展望が開け三つ岩が見える 結構好きなロケーション
a0206345_19425019.jpg

13:13~13:17 しばしミツバツツジを愛でる
a0206345_19444111.jpg

a0206345_19452226.jpg

癒される~
a0206345_19454177.jpg

13:19~13:22 見返り峠 少し休もう
a0206345_19481140.jpg

13:24~13:30 雄岩雌岩
a0206345_19521880.jpg

雄岩
a0206345_1953290.jpg

雌岩
a0206345_1954151.jpg

天童岩
a0206345_19574922.jpg

13:44~13:50 黒髪山山頂
a0206345_195634100.jpg

青螺山と雄岩雌岩
a0206345_19593982.jpg

14:03 鬼の岩屋 ここまでは結構走れる所があるけど、ここからの降りはガレ場が続くのであんまり走れない
a0206345_206413.jpg

14:11 二股 後はクールダウンを兼ねてのんびり歩こう
a0206345_2055018.jpg

14:19 無事に竜門ダム駐車場に到着 消費した飲料水はカップラーメンを含めて1リットルほどだった
a0206345_2035290.jpg


やっぱり黒髪山系は手強い。標高こそ500m~600m程度だけど、はっきり言って今日のコースは、九重連山の牧ノ戸峠から星生山~久住山~稲星山~白口岳~中岳~天狗ケ城~扇ケ鼻を回るのより個人的にはきつかった・・・かも!? まあ久々にいいトレーニングができたかな(*´∀`*)

歩行距離 13.5km  累積標高 1250m  行動時間 4時間49分  歩行時間 3時間29分
by ichibunn-go | 2014-04-06 21:15 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)