3月22日(土) 今日は職場の若者とその友人を連れて黒髪山系を歩く。聞いてみると二人共今年30歳とのこと。
そもそも登山を始めるきっかけとなったのが、結婚後なかなか子供ができなかったこと。山に登り自然にふれれば何かが変わるんじゃないだろうか?結局、長女が生まれたのは結婚後七年目。その娘も今年24歳になった。30歳になる息子がいてもおかしくないわけだ。その息子のような年齢の二人と山を歩く。楽しみだね~(o^^o)♪
参加者は、やまちん、おくぼっち、イチブンの凸凹三人組で黒髪山系を駆け回る

昨年10月20日にも出会った黒髪少年自然の家から登ってきた元気いっぱいの子供たち
a0206345_105715100.jpg

有田ダム駐車場の桜も咲き始めている
a0206345_9361571.jpg

ルートは、有田ダム駐車場~シダ尾根~三角点~岩壁~英岩~英山~前黒髪~西光密寺~黒髪山~後ノ平~後黒髪~マイセンの森~有田ダム駐車場を途中ミッション(走る、階段を駆け上がる等)を入れながら周回する
a0206345_9312294.jpg

9:00 集合時間になっても二人が来ない!もしや!?と思い連絡してみると、案の定、白川キャンプ場に行っていたΣ(゚д゚;)
9:16 無事合流して出発
a0206345_9384472.jpg

9:24 展望尾根 うわ~こんなとこ始めて来た~とやや感激
a0206345_9401548.jpg

9:38 岩尾根 両サイドが切れ落ちている 落ちるなよ~
a0206345_9415573.jpg

9:42 登れば当然降る
a0206345_946979.jpg

9:53 シダ尾根 背丈ほどもあるシダをシダ漕ぎしながら進む 服は引っかかってボロボロになるかも!
a0206345_9445646.jpg

10:01~10:13 三角点は木の下 ここで折り返してシダ尾根往復
a0206345_9483891.jpg

10:28 岩山登りは面白かバイ!
a0206345_9504940.jpg

10:30 どうやらこの二人は、やせたおネェ~(尾根)が好きらしい
a0206345_9542686.jpg

10:50~10:55 小休止を入れて岩壁に取り付く
a0206345_9594915.jpg

a0206345_1002176.jpg

10:58~11:03 オオ~よか眺め
a0206345_10327100.jpg

休んだら登れ~!
a0206345_1043360.jpg

11:10~11:15 尾根に登り上がりヘタれるやまちん
a0206345_1085372.jpg

11:15 遭難碑 自分の遭難碑が立たないように注意しよう
a0206345_10103144.jpg

11:19~11:42 英岩 腹減った~ということで、有田の町並みを見下ろしながら昼食にしよう
a0206345_10131590.jpg

a0206345_10134435.jpg

11:50~11:55 ミッション発動 英山を探せ 残念・・・通り過ぎるかと思ったら見つけられてしまった
a0206345_10195675.jpg

東側の展望岩からも眺めよかね
a0206345_1021830.jpg

12:02 前黒髪まで快適なおネェ~(尾根)歩き
a0206345_10234265.jpg

12:08 次のミッションは前黒髪を探せ 縦走路をまっすぐ行くかと思ったら左側に登る道を見つけられてしまった・・・残念
a0206345_10254788.jpg

12:14 ん?あやしい(;一_一)
a0206345_10313935.jpg

12:29 交差点 丸太階段は駆け上がる等ミッションをこなしながら現在地を確認して次のミッションは西光密寺まで全力疾走
a0206345_1035796.jpg

12:31~12:40 西光密寺 黒髪山はこっちですか~?そうですよ~!
a0206345_10381373.jpg

12:46~13:00 天童岩下は黒髪少年自然の家から登ってきた子供たちで大渋滞 その中には、昨年ここで出会ったことを覚えていてくれた子もいた 左側の女の子 おじさん嬉しかったよ~(´∀`*)お母さんによろしくね~
a0206345_10444898.jpg

落ちらんように登らんばよう
a0206345_11412068.jpg

a0206345_11414499.jpg

13:07~13:20 黒髪山山頂でみんな元気だ~!
a0206345_1054512.jpg

a0206345_919973.jpg

13:32 後ノ平 蛇焼山からここまで走り降ってきた 次は後黒髪へ登れ!
a0206345_11125931.jpg

13:39~13:44 後黒髪 へたり込むやまちん ここからの降りは黒髪山系の中では最も難しい。初心者だけでは絶対降らないように!
a0206345_11121780.jpg

14:05 分り難い急な登山道を降って永尾観音堂 ここまで来ればもう安心
a0206345_111576.jpg

14:15 マイセンの森 20年前に比べると寂れた感じが否めない
a0206345_11182544.jpg

14:21 神秘的な色合いの湖水をたたえる有田ダム 後方上部には天童岩が望める
a0206345_11232462.jpg

14:33 湖畔の道をてくてく歩いて有田ダム駐車場に到着
a0206345_1125974.jpg


まだまだ若い二人との山行。楽しかったねぇ。これから鍛えていけばいいトレイルランナー?になりそうだ。また一緒に行こうぜ!
黒髪少年自然の家のイベントで登って来た子供たち。二度あることは三度ある!おじさんのことを忘れないでくれ。またここで会おう。

歩行距離 9.5km  累積標高 800m  行動時間 5時間17分  歩行時間 3時間38分
by ichibunn-go | 2014-03-23 12:06 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

3月8日(土) 今日はTTI 48 1班定例登山日。二週間前の2班の雪山登山を見た1班のメンバーから、是非とも雪山登山がしたいとの希望があり、残雪の九重連山を歩くことにした。しかし、先週は比較的気温が高かったため、如何に九重とはいえ、どれくらい雪が残っているかが心配・・・
また、二週間前には雪に埋もれてそこが池だと知らなければ、どこが池だか分からなかった氷結した御池も楽しみ

今回の参加者は、長崎からイケちゃん、佐世保からカネちゃん、イチブンの3名。とっとこさんは残念ながら参加できず・・・

初登頂の稲星山からの雄大な景色を楽しむイケちゃん  大船山と手前に白口岳
a0206345_10524794.jpg

氷結した御池を滑って転ばないように恐る恐る渡るイケちゃん
a0206345_8583016.jpg

ルートは、牧ノ戸峠~沓掛山~扇ヶ鼻分れ~西千里ヶ浜~久住分れ~久住山~神明水~稲星山~稲星越~白口岳~稲星越~白口谷口~池ノ小屋~御池~久住分れ~西千里ヶ浜~牧ノ戸峠 
a0206345_953164.jpg

牧ノ戸峠駐車場はほぼ満車 設置された温度計はー7℃を表示している
a0206345_985833.jpg

8:08 さあ!残雪の九重連山へ向けてスタート
a0206345_910424.jpg

8:13 日の当たらない登山道には雪が残る
a0206345_9123611.jpg

8:17 展望所にはほとんど雪がない
a0206345_9164175.jpg

8:31~8:36 沓掛山 いい天気だねぇ
a0206345_9175880.jpg

牧ノ戸峠や展望所は遥か下方
a0206345_9223023.jpg

霧氷がちらほら
a0206345_924966.jpg

8:58 青空に映える霧氷
a0206345_9253310.jpg

9:00 残雪の登山道
a0206345_9265634.jpg

9:08 標高が上がるにつれて霧氷も濃くなる
a0206345_9273633.jpg

9:15 霧氷と残雪の登山道がここち良い
a0206345_9313414.jpg

9:17~9:21 気温はー5℃ほどだが、風がなく日差しが暖かい
a0206345_936990.jpg

扇ヶ鼻方面は霧氷に染まる
a0206345_938159.jpg

9:28 阿蘇の山々が見えてきた
a0206345_9412970.jpg

9:34 西千里ヶ浜 久住山がグッと近づいてきた。雪はカチカチに凍りついてズッポリはとても無理
a0206345_944346.jpg

9:44 久住山と霧氷
a0206345_9475271.jpg

9:45 避難小屋 今はカチコチに凍りついてるけど、帰る頃には田んぼだろうな
a0206345_9484317.jpg

9:48 久住分れを通過 雪がな~い
a0206345_9555391.jpg

9:53 ぐるりと見渡せば久住山と阿蘇
a0206345_1012026.jpg

振り返って星生山と硫黄山
a0206345_1032451.jpg

三俣山と硫黄山
a0206345_1023530.jpg

天狗ヶ城と中岳の頭がチラリ
a0206345_1045246.jpg

10:00 登山道をショートカットして誰も歩いていない雪渓を登る
a0206345_1063138.jpg

a0206345_1065998.jpg

a0206345_1073089.jpg

a0206345_1075754.jpg

10:17~10:30 久住山山頂 素晴らしい展望を楽しもう 
a0206345_10161164.jpg

祖母、傾山系の山々が見える。野焼きの煙がちょっと邪魔かな
a0206345_10221218.jpg

瀬の本高原から続く阿蘇の山々も雄大だ
a0206345_10235752.jpg

三俣山と天狗ヶ城 その間に双耳峰の由布岳
a0206345_10271515.jpg

九重連山1700m級5峰が並ぶ 左から天狗ヶ城、中岳、大船山、白口岳、稲星山
a0206345_10331729.jpg

10:37 次は稲星山 神明水まで降ろう
a0206345_10353165.jpg

10:40 急な雪渓を降る 滑落しないように注意しよう
a0206345_10372477.jpg

10:42 フ~ッと一息
a0206345_10382149.jpg

10:47~10:51 神明水分岐 右側の岩の下の方が神明水
a0206345_10394090.jpg

大自然の中にただ一人って感じ
a0206345_10435059.jpg

振り返れば久住山は霧氷で真っ白
a0206345_10453537.jpg

ここを登りきれば稲星山
a0206345_1048470.jpg

11:07~11:40 稲星山山頂 思ったより風がなく暖かい。ここで昼食にしよう
a0206345_10503970.jpg

ド~ンと天狗ヶ城と中岳 後方に三俣山がチラリ
a0206345_214235.jpg

なだらかな尾根を東へ稲星越へと降る
a0206345_10541794.jpg

11:46 樹氷がキラキラと美しい
a0206345_10553120.jpg

11:52 稲星越 頂き付近が白い白口岳へ
a0206345_10562071.jpg

12:07~12:24 白口岳山頂 ここでイケちゃんは『くじゅう17サミッツ』達成!
a0206345_10582628.jpg

大船山も間近に見える
a0206345_1104583.jpg

三俣山と坊がつる
a0206345_1124321.jpg

12:35~12:40 稲星越 
a0206345_1126335.jpg

少し暑くなってきたのでレイヤード調整して出発
a0206345_11272037.jpg

12:52 白口谷口 中岳に登ろうか池の小屋に行こうか?
a0206345_11295686.jpg

13:01 池の小屋に向けて雪渓を登ることにした
a0206345_11305557.jpg

13:03~13:06 池の小屋
a0206345_11315214.jpg

氷結した御池が見えてきた
a0206345_11332188.jpg

13:08~13:24 氷結した御池
a0206345_11345426.jpg

お~とっと!滑る滑る~!
a0206345_1135561.jpg

滑って転ばないように注意しながら・・・足に力が入る~!
a0206345_11391936.jpg

a0206345_11535412.jpg

13:28 歩け~歩け~私は元気・・・?
a0206345_11463673.jpg

13:40 避難小屋 思った通り田んぼ状態 周りを歩こう
a0206345_11504523.jpg

13:44 久住山 ( ・∀・) イイネ!
a0206345_11512057.jpg

14:02 樹氷にに霧氷がついてる
a0206345_1231149.jpg

13:50 西千里ヶ浜 (´▽`)ヨカッタ~雪溶けてなかった~
a0206345_12103078.jpg

14:23 ここはお約束の田んぼ歩き
a0206345_12639.jpg

14:50 沓掛山のマンサク 黄色い花びらが少しだけ顔を覗かせている
a0206345_1282224.jpg

14:59 カネちゃん滑って転ぶ
a0206345_12112355.jpg

15:08 牧ノ戸峠に到着 計ったように出発から7時間
a0206345_12125411.jpg


通常の登山では牧ノ戸峠から登るのは、星生山経由で久住山か、天狗ヶ城経由で中岳あたりまでだろう。稲星山や、特に白口岳までは最短距離でも片道5km以上の道のり。復路のことを考えるとそれなりの体力が必要だ。
今回はイケちゃんが稲星山~白口岳未踏頂とのことだったので、残雪を楽しみながら久住山~稲星山~白口岳まで足を伸ばすことにしたのだが、正直イケちゃんの体力が心配だった。しかし、二案考えていたルートのハードな方を歩き通してくれた。今度はもっとハードなルートに挑戦してもらおう・・・かな(笑)
ただ、ふかふかズッポリの雪がなかったのが、ちょっぴり残念だった

歩行距離 12.5km  累積標高 950m  行動時間 7時間  歩行時間 5時間19分
by ichibunn-go | 2014-03-09 13:12 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)