2014年2月22日(土) 今日はTTI 48 第2班の登山日だが、先週は雪の英彦山に登り美しき四王寺の滝』を楽しんできた。
 雪山を歩きたいと言う若手メンバーの強い希望により 九重連山に挑戦してもらい二週続けての雪山登山となる。ライブカメラで九重の山々、道路状況を見ると先週降った雪がまだまだ天こ盛り。これならばいいかも!
 問題となるのは山に登ることよりも、当然凍結積雪があるだろうから登山口までのアプローチができるかどうか?が問題!スタッドレスタイヤを装着している訳でもなし、タイヤチェーンを持っている訳でもなし、その代わりにスノーカバーを所持ているものの、何度か雲仙で使用したことはあるが性能については正直半信半疑。 それでもスノーカバーを信じて牧ノ戸峠まで3時間のアプローチだ!

今回の参加者は、アマちゃん、ヒーローくん、アユママ、イチブンの4名

久住山東面 斜度45度近い急な雪面を直登する”TTI 48” アマちゃんとアユママ 『世界の果てまでイッテQ登山部』イモトに負けるな!後方は中岳 あの急斜面を雪まみれになりながら降り、稲星山を経てここまで来た
a0206345_10252472.jpg

美しく聳える久住山 
a0206345_10531620.jpg

稲星山の美しい風紋
a0206345_1013897.jpg

真っ白に染まる三俣山
a0206345_152595.jpg

ルートは牧ノ戸峠登山口~沓掛山~久住分れ~御池~中岳~稲星山~久住山~久住分れ~牧ノ戸峠登山口
a0206345_7333921.jpg

牧ノ戸峠駐車場はこんな状態 奥の方はとても入れない 到着と同時にスタックした3台の車を押し出した。その中には最近テレビコマーシャルでよく見かける雪の中を颯爽と走り抜ける白いワゴン車と同形の4WDもいた。人助けとはいえ30分ほどのロスは痛い(´・ω・`)
a0206345_7541175.jpg

スノーカバーこいつはなかなかのスグレモノ 九酔渓手前でチェーンやベルトの取り付けに手間取る数台の車を尻目に僅か3~5分程度で取り付け完了! 颯爽とスタートし九酔渓十三曲がりの急坂凍結路も全く問題なし。この程度の積雪なら全く問題なし。何よりも静かで振動しないところがいい。取り外しは1分程度と超簡単。耐久性?この際問題じゃないでしょ!
a0206345_86937.jpg

8:48 登山口からアイゼンを装着して出発
a0206345_8155897.jpg

8:56~9:00 展望所 レイヤードタイム
a0206345_8175882.jpg

9:12~9:14 沓掛山 吹き溜まりは腿までズッポリ
a0206345_821844.jpg

地熱発電所から吹き上がる蒸気。湧蓋山の姿も秀麗でが美しい
a0206345_1516433.jpg

9:28~9:31 日差しが強く無風で暑いので再びレイヤードタイム
a0206345_8283068.jpg

9:41 蒼空には太陽が輝く 別世界へ来たようだ
a0206345_8244313.jpg

9:49~9:54 扇ケ鼻分れ 青空に聳える星生山をバックに一休み
a0206345_8322275.jpg

10:00 西千里ケ浜を歩く いよいよ久住山が見えてきた
a0206345_8362974.jpg

風紋が美しい
a0206345_8381155.jpg

10:11 久住山 ピラミッドようでカッコいい!
a0206345_8482023.jpg

10:14~10:16 避難所 この時期バイオトイレは使用不可
a0206345_8411172.jpg

10:19 雲の上に阿蘇高岳と噴煙が見える
a0206345_1562450.jpg

10:20 久住分れ 正面には天狗ケ城 
a0206345_849858.jpg

10:24 凄く高い所に来た感じ
a0206345_8521041.jpg

10:32 すり鉢状の空池 落ちたら上がれるやろうか?
a0206345_8552693.jpg

10:34~11:15 凍結した御池 雪に埋もれてどこが?池?
a0206345_857247.jpg

でも キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じ・・・かな?
a0206345_8594741.jpg

池の上を歩いてみよう 後ろには天狗ケ城
a0206345_903023.jpg

日差しもあり無風で暖かい。と、言っても氷点下!でも、ここで昼食にしよう
a0206345_933994.jpg

池を渡り切って正面に見える中岳を目指す
a0206345_1584593.jpg

美しい雪原 右に平治岳、左に三俣山の頭が見えている
a0206345_1512833.jpg

11:22 中岳は目の前だ 積雪は浅いようだが踏み跡から外れれば膝まで沈んでしまう
a0206345_994185.jpg

11:28~11:33 中岳山頂 九州最高峰は気持ち(・∀・)イイ!!
a0206345_9115899.jpg

後方は大船山 右手前に白口岳
a0206345_913815.jpg

さあ次は稲星山をやっつけよう
a0206345_9231413.jpg

11:34 山頂東側の展望岩から中岳を見る 彼方に湧蓋山
a0206345_9181099.jpg

雄大なる九重かな・・・左から久住山、扇ケ鼻、天狗ケ城、中央に御池
a0206345_9245568.jpg

11:36 白口谷口への降りは本日最高の雪の深さ 足を取られ雪との格闘だ! 時には胸のあたりまでズッポリ!今こそラッセル!ラッセル!
a0206345_9281923.jpg

11:47 ハマった~!抜けられない~!スノーシューがヽ(●´ε`●)ノ ホスィ
a0206345_9304837.jpg

11:52 あっ!コケた\(◎o◎)/!
a0206345_9313777.jpg

11:53~12:00 白口谷口 道標が逆さまになっている。降る途中出会った若者は久住山と中岳を間違えていた。ルートを聞いてみると、牧ノ戸峠~天狗ケ城~中岳~稲星山と歩いて久住山に回る予定だとか。それが中岳に登って来ている??久住山は向こうだよ!と教えてやると、『マジすか?』を連発していた。ここまで来る力があるならガスが出てる訳でもなし、こんなに天気がいいのに普通間違えないやろ。地図もコンパスも持ってない?持ってても読めない使えない?自分がどっちから来たのかすらわからない?基本的に方向音痴?登山には向いてないかも!そのうち遭難するよ。正面は白口岳
a0206345_9381147.jpg

12:07 稲星山への登り 足跡は二つ 先週からここまで来たのは二人だけ?って言うか、さっき出会った若者が往復した足跡?
山頂付近が光っているのは凍ってるのかな?ならば表面の雪が溶けて積雪は薄くなって締まってるはず! 
a0206345_9393694.jpg

12:19 深い雪に足を取られながら山頂まであと少し 予想通り山頂に近づくにつれて積雪は薄くなる。 後方には中岳 その右下には坊がつるが見える 
a0206345_9414930.jpg

12:20~12:34 稲星山山頂 南側から強風が吹き上げニット帽が飛ばされそう
a0206345_9474369.jpg

天気晴朗なれど風強し
a0206345_9492826.jpg

先週の大雪以来ここから景色を見たのは二人だけ?我々が3番目?ならば雄大なる雪景色をお見せしよう     左から久住山、星生山
a0206345_10112464.jpg

左から星生山、後方に湧蓋山、天狗ヶ城、中岳、右後方に三俣山南峰がちらり
a0206345_10115960.jpg

中央に白口岳、後方左に平治岳、北大船山、大船山と連なる
a0206345_10123250.jpg

美しき風紋
a0206345_1013897.jpg

次は久住山だ
a0206345_10143973.jpg

12:47 雪の落とし穴に見事にハマりなかなか抜け出せずにもがくヒロくん
a0206345_10162334.jpg

12:51~13:05 久住山と稲星山の鞍部。神明水で一休み 
a0206345_10191394.jpg

さあ出発! 次は久住山をやっつけよう
a0206345_1020054.jpg

13:17 えっさ!ほいさ!雪の急坂登れや登れ
a0206345_10282124.jpg

キックステップで足場を確保!滑落注意!
a0206345_10252472.jpg

13:28~13:38 久住山山頂
a0206345_10303513.jpg

・・・言葉はいらない・・・ 三俣山と天狗ヶ城
a0206345_10445587.jpg

左から天狗ヶ城、中岳、後方に大船山、右に白口岳、稲星山 五つの1700m峰が並んで見える
a0206345_10363595.jpg

13:41 雄大な景色を楽しみながら久住山からの降りにかかる
a0206345_1058202.jpg

13:47 正面に星生山
a0206345_1181585.jpg

右には三俣山
a0206345_1102523.jpg

13:53~13:58 避難所 しばし休憩
a0206345_1110376.jpg

14:01 蒼穹に聳える星生崎
a0206345_1111468.jpg

14:10 西千里ケ浜 景色を楽しみながらのんびり歩こう
a0206345_11122711.jpg

14:56 展望所まで帰ってきた 牧ノ戸峠までもう少し
a0206345_11152527.jpg

15:03 牧ノ戸峠登山口 帰ってきたど~!
a0206345_11164868.jpg


 素晴らしい雪山登山だった。中岳まではしっかり踏み固められておりなんの苦労もなく歩けた。しかし中岳から先の降りは胸のあたりまで落ち込んだり、つんのめったり、大変な雪中行軍となった。正直なところメンバーの体力の低下も考え、池の小屋へのエスケープも頭をよぎった。が、稲星山への足跡2本、見る限り積雪はそれほどでもなさそうだ。よし!行こう。思った通り踏み込んでも腿のあたりまで、山頂に近づくにつれて締まって歩きやすくなった。稲星山から鞍部への降りも結構大変だったが、何度も転んだり、つんのめったり、みんなよく頑張ったし、より楽しんだ。
 久住山への登りは比較的踏み固められており、急傾斜だが特に苦労することはなかった。久住山から牧ノ戸峠までは、しっかり道ができており、雪が無い時期より凹凸が少なく楽で歩きやすい。
いずれにしても素晴らしい天気と、これほどの積雪の雪山を経験したのは初めてで、いい経験ができたと思う。
来シーズンは1班のメンバーにも是非経験してもらいたい。

歩行距離 11km  累積標高 850m  行動時間 6時間15分  歩行時間 4時間25分

雪山もいいけど、海もいいよね(o^^o)♪ 海に潜りたくなったらダイビングショップアクアフェイス”まで
by ichibunn-go | 2014-02-23 21:43 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(4)

 2月16日(日) 本来なら昨日はTTI 48第1班の2月定例登山で『由布岳』に登る予定だった。しかし強烈な低気圧の接近により強風大雪の予報、来月に延期を余儀なくされた。
 翌日は低気圧も東方に去り風はあるものの晴れ間の出る予報となった。急ぎメンバーに連絡するものの皆さん既に予定が入り参加できないとのこと。
 ならば久しぶりに一人で登ってみるか。しかし待てよ!この分なら由布岳まで行かなくても、英彦山あたりで雪山に出会えるのではないだろうか?そうだ!『幻の滝』と言われる『四王寺滝』に行ってみよう。
 急ぎ四王寺滝の状況、駐車場まで至る道路状況、登山ルートを調べ、久しぶりにカミさんと二人で登ることにした。

2017年難所ケ滝&四王寺滝最新情報
     ⇩

見事に氷結した美しき四王寺滝 常連さんの話では今シーズン最高との事
a0206345_9163224.jpg
美しすぎる・・・
a0206345_9132884.jpg

英彦山の霧氷も見事としか言い様がない
a0206345_9531634.jpg

ルートは別所駐車場~奉幣殿~衣ケ池~四王寺滝~南岳~中岳~表参道~行者堂~奉幣殿~別所駐車場
a0206345_9262499.jpg

8:55 別所駐車場 車道は除雪してあったけど駐車場は結構な積雪 ワクワクしながら出発だ!
a0206345_8455497.jpg

9:10 奉幣殿に登る石段も雪で埋まっている
a0206345_848272.jpg

9:17~9:25 奉幣殿休憩所 ここでアイゼン装着
a0206345_8491071.jpg

お参りをして再び石段を登る
a0206345_8505257.jpg

9:26 石段を登り切った所の分岐を玉屋神社、鬼杉方面へ
a0206345_8524087.jpg

9:32 展望が開け奉幣殿が見える
a0206345_8545313.jpg

9:44 この分岐は左を取って鬼杉方面へ
a0206345_901829.jpg

10:00 衣ケ池 池って言うほどでもないかな?
a0206345_925695.jpg

池の手前が四王寺滝への登り口
a0206345_93583.jpg

10:19 雪は深いが踏み跡がしっかりしているので間違えることはない。けど、一番最初に来たら迷うだろうな・・・
a0206345_1153052.jpg

10:24~10:42 四王寺滝 話し声が聞こえてきて、やったー見えてキタ━(゚∀゚)━!
a0206345_912526.jpg

個人的には『難所ケ滝』より繊細で美しいと思う
a0206345_9132884.jpg

a0206345_9163224.jpg

a0206345_10505782.jpg

a0206345_917118.jpg

a0206345_9141162.jpg

滝の右側から急な登山道を南岳へ登る
a0206345_9231429.jpg

10:54 木の根を掴みながら必死に登る。掴まる木がなかったら登れないかも!?
a0206345_930249.jpg

11:00 やっと稜線に出て、ガラリと雰囲気が変わった
a0206345_9382370.jpg

踏み跡から一歩外れれば腿までズッポリ
a0206345_9335724.jpg

11:03 ここはいい雰囲気
a0206345_9424258.jpg

11:14 深い雪に足を取られながら急斜面を必死に登る
a0206345_9435546.jpg

11:21~11:26 南岳山頂 ふ~って感じ
a0206345_9462280.jpg

三角点も雪に埋もれている
a0206345_9474365.jpg

11:27 樹氷、霧氷の間に中岳の英彦山神社見えてきた
a0206345_9531634.jpg

a0206345_1031813.jpg

11:30~ 南岳と中岳の鞍部 ここは別世界
a0206345_107060.jpg

a0206345_1074862.jpg

a0206345_1081644.jpg

a0206345_1010294.jpg

振り返って南岳を見る
a0206345_10112697.jpg

11:38~12:27 中岳山頂 英彦山神社
a0206345_10124455.jpg

a0206345_10163379.jpg

吹きだまりはズッポリ
a0206345_10153749.jpg

巨大な山頂標識 誰も踏んでいないため、そこまで行くことが憚られたので手前からパチリ
a0206345_10324753.jpg

休憩所が空いていたので昼食としたが外の方が暖かかったかも
a0206345_10343371.jpg

昼食後、北岳が見えるところまで行ってみよう
a0206345_10415797.jpg

自然が作り出した巨大なモニュメント
a0206345_10451992.jpg

a0206345_1056067.jpg

北岳が見えた!いい雰囲気
a0206345_10455743.jpg

引き返して表参道を奉幣殿へ降る
a0206345_10552535.jpg

12:29 荒涼とした雰囲気 何とも言えないね
a0206345_114099.jpg

12:30 霧氷のトンネル
a0206345_1154267.jpg

12:34 登山道から外れ景色を楽しもう
a0206345_1164236.jpg

これからラッセルを楽しむつもりが・・・
a0206345_1113876.jpg

あ・足が抜けない・・・
a0206345_11202195.jpg

ふ~!やっと抜けた~!あとには巨大な穴が・・・
a0206345_11241890.jpg

12:39~12:46 行者堂 ムスビ神社? ムスビとは縁結びのことかな?
a0206345_11254372.jpg

a0206345_11263687.jpg

水場 飲んだら温かかった
a0206345_11281590.jpg

12:50 表面が凍りついた木
a0206345_1131377.jpg

13:28 奉幣殿まで降ってきた
a0206345_11325715.jpg

13:33 まだアイゼンは外さない方がいいかも
a0206345_1136752.jpg

13:50 別所駐車場に無事到着
a0206345_1137768.jpg


 今回は急な思いつきで英彦山に登ることにしたのだが、ジャストタイミングで四王寺滝はなんとも言えない美しさだった。思いのほか深い雪山歩きも楽しかった。TTI 48のメンバーにも四王寺滝は見てもらたいし、雪山歩きも経験してもらいたい。九州の冬山はタイミング、チャンスを逃さずこちらが自然に合せることが大切かな。

歩行距離 7.5km 累積標高 800m 行動時間 4時間55分 歩行時間 3時間23分

 今日(17日)の情報として、昨日午後から気温が上がったため、あれほど美しかった氷瀑の上半分は崩落していたそうだ (´・ω・`)ガッカリ… そう言った意味でも『幻の滝』なんですね・・・

 今回感じたことは、キンキンに凍り付いた真っ白な氷瀑よりも、溶けだした氷瀑の方が透明感があってより美しいのでは?ということ。 今年の運を使い果たしたかも・・・TTI 48 の皆さんゴメンなさいm(_ _)m
 来週はTTI 48 2班定例登山で九重連山雪山登山に挑む!

雪山もいいけど、海もいいよね(o^^o)♪ 海に潜りたくなったらダイビングショップアクアフェイス”まで
by ichibunn-go | 2014-02-17 12:04 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback(2) | Comments(4)

2月1日(土) 今週は真冬とは思えぬ暖かすぎる日が続く。本来ならばTTI 48 1月度定例登山、宝満山~難所ケ滝~三郡山縦走の先週からの順延日だった。しかし、暑い!これでは、難所ケ滝の氷瀑が存在するわけがない。
それでも氷と雪があるところは、やはり九重山かな?代わりに考えたのが御池の氷結湖渡り(溶けていて渡れるか疑問)だったけど、参加予定のひろくんが急遽仕事のため参加できず ウ~ンO(≧▽≦)O・・・それならば遠出はやめて思いっきり地元の山に登ろう。

参加者は、アマちゃん、アユママ、イチブンの三名。急なことで他のメンバーに声を掛けることもできず・・・

将冠岳山頂 三角点はここ
a0206345_10532924.jpg

この岩上が将冠岳最高地点
a0206345_9472544.jpg

ルートは以前から考えていた、吉岡登山口~金比羅神社~西のピーク(朝ノ気岳から見て)~中吉越~朝ノ気岳~ヌタ場~東のピーク(朝ノ気岳から見て)~高筈岳~将冠岳~八天岳~中通登山口~九州自然歩道~南登山口(但馬神社取り付き)~但馬神社~但馬越~但馬岳~弓張岳~九州自然歩道~南登山口~旧林道~中吉越~金比羅神社~吉岡登山口 極力同じ道は通らず、将冠岳周辺の全てのピークを歩く
a0206345_9593421.jpg

9:32 吉岡登山口に駐車しボチボチ出発
a0206345_1045651.jpg

9:44 この階段を登れば金比羅神社
a0206345_107919.jpg

9:47~9:49 金比羅神社 お参りして安全を祈ります
a0206345_1081510.jpg

9:58 ガレ場取り付き
a0206345_10104583.jpg

10:05 西のピークを目指す為、登山道を外れ中吉越より西側に登る
a0206345_10123174.jpg

10:10 西のピーク 先端は断崖絶壁 木を掻き分ければ中里方面が見える
a0206345_10151614.jpg

10:16 尾根を戻り中吉越
a0206345_1017225.jpg

10:23~10:27 朝ノ気岳 白くもやっていて残念!
a0206345_1019022.jpg

10:29 朝ノ気岳と高筈岳の鞍部のヌタ場 直進すれば高筈岳だが、東寄りに進路を取り藪漕ぎしながら、東のピークを目指す(当然登山道はない。コンパスが頼り)
a0206345_10245461.jpg

10:32 パンケーキの様なきのこを発見
a0206345_1027147.jpg

10:36 背を屈めたり、倒木を乗り越えたりしながら藪を進む
a0206345_1030518.jpg

10:42~10:46 東のピークも断崖絶壁 木の間から皆瀬方面が見える
a0206345_10354662.jpg

これは誰の仕業 たぶん猪かな?
a0206345_10361531.jpg

旧陸軍の石柱
a0206345_1037910.jpg

10:55~10:59 高筈岳 佐世保の町並みも見えるけど真っ白
a0206345_10404066.jpg

11:04 将冠岳北側の岩を登り直接山頂を目指す
a0206345_10425521.jpg

11:07~11:49 将冠岳山頂の岩に立つ
a0206345_10444048.jpg

ここまで歩いてきたピーク 左が西のピーク、右が朝ノ気岳
a0206345_10475594.jpg

左が高筈岳、中央が東のピーク 右後方は前岳
a0206345_10482166.jpg

日差しも暖かく、昼食でお腹もいっぱい。満足満足
a0206345_10532924.jpg

12:01 八天岳 展望があればねぇ・・・
a0206345_10594294.jpg

12:08 中通登山口 ここから南登山口まで車道を歩く(実はこの車道は九州自然歩道)
a0206345_1153553.jpg

12:16 南登山口の向い側にある但馬神社取り付き
a0206345_1172527.jpg

12:26~12:29 但馬神社 その昔暗殺された遠藤但馬守を祀ってある
a0206345_1191522.jpg

12:33 但馬越 カーブミラーの左が但馬岳登山口
a0206345_1111383.jpg

12:42~12:58 但馬岳 山頂は公園になっている
a0206345_11195586.jpg

13:00~13:21 弓張岳 ここが一番高い所 白い標柱には人類の平和を祈る言葉が4ヶ国語で書いてある
a0206345_11213442.jpg

弓張岳展望台
a0206345_1128311.jpg

天気はいいけど展望は・・・
a0206345_11311028.jpg

テレビ撮影があってたけど、この着ぐるみの名前が思い出せず(後でわかった名前はワンワンらしい)
a0206345_11331232.jpg

13:25 駐車場の先から横尾町方面に降る
a0206345_11342897.jpg

13:30 九州自然歩道の車道を南登山口まで歩く
a0206345_114197.jpg

13:49 南登山口から将冠岳途中まで登る 左側の赤テープと黄テープが但馬神社取り付き
a0206345_11404662.jpg

14:04 分り難いが分岐を左へ取り、将冠岳西側の水平歩道へ
a0206345_11463529.jpg

14:07 ここを歩く人は殆どいないだろう 荒れ放題で藪漕ぎ状態
a0206345_11504746.jpg

a0206345_11523643.jpg

14:18 左ヘアピンカーブをそのまま直進すれば中吉越のすぐ上に出る
a0206345_11545181.jpg

14:20 中吉越から降りにかかる 滑らないように注意しよう
a0206345_1158524.jpg

14:34 ここまで無事にカエル かな?
a0206345_11594728.jpg

14:35~14:54 金比羅神社 まだ雨は降りそうにないので、のんびりコーヒーブレイク
a0206345_1212263.jpg

15:04 帰ってきたど~!
a0206345_123298.jpg


将冠岳を麓から見上げれば、周辺に幾つかのコブやピークが見える。その全てを歩いた。西のピーク~朝ノ気岳~東のピーク~高筈岳~将冠岳~八天岳~但馬神社~但馬岳~弓張岳。数えてみれば九つのピークを歩いている。面白いコース設定ができたなぁ~と、満足満足

歩行距離 10km  累積標高 850m  行動時間 5時間32分  歩行時間 3時間43分
by ichibunn-go | 2014-02-02 12:34 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)