5月26日(日) 5月最後の日曜日。おそらく梅雨入り前の最後の日曜日になるだろう。
入梅前に済ませておきたいことがある。2ケ月前に突然死んでしまった愛猫のはなちゃんの供養ために九重連山を共に歩く。
自分なりに考えて、ありきたりの登山では供養にならないのではないか?山伏や修験者がそうであるように、今持てる自分の力の全てを注いで九重の山々をはなちゃんと共に駆け回る。そして、九州本土最高峰の中岳ではなちゃんの魂を天国へ解き放つ。

当初9時就寝、3時起床、4時出発の予定だったが2時過ぎに目が覚めてしまった。しばらくまどろんだもののとても眠れそうにない。仕方ないので起き上がり準備を済ませ2時40分に佐世保を出発。まずは牧ノ戸峠まで約3時間のアプローチ。

今回の最大の目的はこの場所にはなちゃんと共に登り、手を合わせて冥福を祈ること
a0206345_1812585.jpg

今回のルートは、牧ノ戸峠~星生山~天狗ヶ城~中岳~(白口岳 あまりにも濃いガスのため回避)~稲星山~久住山~扇ヶ鼻~牧ノ戸峠~黒岩山(白口岳に登れなかった代わり)~牧ノ戸峠を、今持てる力の全てを注いで歩く
a0206345_18411194.jpg


予定通り5時35分頃牧ノ戸峠に到着 既に駐車場は満車状態 早く出てきて大正解
a0206345_18373180.jpg

5:53 九重連山待ってろよ!気合を入れて出発だ!
a0206345_20533572.jpg

6:38 星生分れ、左を取って、いざ星生山へ
a0206345_1842755.jpg

6:44 この荒々しさこそが星生山 すぐ行くぞ!
a0206345_20561753.jpg

6:50~7:00 星生山山頂 牧ノ戸峠から57分で到達
a0206345_18544725.jpg

はなちゃんと一緒に ものすごい強風で三脚のカメラが倒れてしまう
a0206345_1849327.jpg

この時点では久住山も天狗ヶ城も稲星山に中岳も幽かに見えてたんだけどな・・・
a0206345_18554090.jpg

三俣山も見えてるんだよね
a0206345_1901291.jpg

7:13 星生崎から避難小屋を見下ろす
a0206345_1915545.jpg

7:27 中岳分岐 天狗ヶ城も中岳もガスで見えない 
a0206345_1933418.jpg

7:28 ガスの切れ間に空池
a0206345_7205945.jpg

7:38 ガスが流れて一瞬御池が見えた
a0206345_1961082.jpg

7:40~7:42 天狗ヶ城 相変わらずの強風で三脚を立てるのに一苦労 
a0206345_1971787.jpg

7:50~8:01 中岳山頂 今回の最大目的 はなちゃんと共にここに来ること 牧ノ戸峠から1時間57分
a0206345_1911146.jpg

はなちゃんの遺影に手を合わせ冥福を祈った
a0206345_7232554.jpg
 
8:09~8:20 白口岳方面のガスが薄くなるのをしばらく待ったがぜんぜん駄目!遭難しては元も子もないので今回は回避しよう
a0206345_19162093.jpg

8:25 ガスが流れて稲星山の山頂標識が見える
a0206345_19181445.jpg

8:31~8:45 稲星山山頂 ここまではほとんど貸切の山旅が楽しめた 牧ノ戸峠から2時間38分
a0206345_192185.jpg

岩陰のお釈迦様?とはなちゃん
a0206345_19235947.jpg

8:53 稲星山と久住山の鞍部 視界は20m程度
a0206345_19252035.jpg

9:08~9:15 久住山山頂 強風で土ぼこりが舞い口の中までザラザラ さすがに久住山、こんな悪条件でも登山者は多いね 牧ノ戸峠出発から3時間15分
a0206345_192795.jpg

9:27 避難小屋もガスで見えない
a0206345_19292318.jpg

9:31 霧に霞む星生崎
a0206345_19481732.jpg

9:36 西千里浜まで来るとガスは途切れた
a0206345_1940829.jpg

9:44 扇ヶ鼻分れ
a0206345_19423210.jpg

9:57~10:04 扇ヶ鼻山頂 やっとガスがなくなった 牧ノ戸峠から4時間04分 
a0206345_1945181.jpg

瀬ノ本高原もよく見える
a0206345_19475645.jpg

ミヤマキリシマもぼちぼち
a0206345_19491375.jpg

全体的にはまだまだ
a0206345_19504244.jpg

10:28 沓掛山の見えるあたり 道幅が広く他の登山者の迷惑にならない所は走って登り降りで何百人の登山者を追い越したかわからない
a0206345_7193222.jpg

10:38 牧ノ戸峠を見下ろす 車増えたね
a0206345_1952620.jpg

10:39 次は黒岩山だ!待ってろ!すぐ行くぞ!
a0206345_2134331.jpg

10:45~10:50 牧ノ戸峠 最後の黒岩山に向けて小休止 出発から4時間52分
a0206345_19553115.jpg

11:11 標高が低いところはほぼ満開
a0206345_19561536.jpg

11:15~11:40 黒岩山山頂 出発から5時間18分
a0206345_2022788.jpg

はなちゃん 今日、最後のピークだよ
a0206345_19565099.jpg

地元大分の皆さんと一緒に 楽しいお話有り難うございました また何処かの山で会いましょう
a0206345_1958286.jpg

勝手に撮ってすみません
a0206345_2024051.jpg

涌蓋山がよく見える
a0206345_204646.jpg

泉水山もよくみえる
a0206345_1931409.jpg

でも、三俣山は雲の中
a0206345_19335092.jpg

11:43 いい感じ
a0206345_19304719.jpg

11:57 牧ノ戸峠 三度無事にこの地を踏む 出発から6時間04分 
a0206345_20878.jpg

15:25 無事自宅に帰り着く

今持てる力の限り九重の山々を歩いた。特に最後の黒岩山はきつかった。苦しくて何度も止めようと思った。
苦しい時ははなちゃんの事を思った。すると力がよみがえってくる。きっと、背中のはなちゃんが後押ししてくれたんだね。
下山後、両足の太ももから指先まで激しい痛みに襲われた、こむら返り?これまでどんなに激しい登山をしても足がつったことなどなかった。初めての経験。原因に心当たりはあるのだが、自分の持てる力の全てを使い果たしたと結果と解釈したい。これで供養もできただろう・・・はなちゃんよ安らかに眠れ・・・

歩行距離 16km  累積標高 1250m  行動時間 6時間04分  歩行時間 4時間32分
by ichibunn-go | 2013-05-26 20:41 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(0)

白岳と白岳高原で遊ぼう

5月25日(土) 今週末が入梅前の最後の晴れ間だろう。今日はメンバーの岩登り技術の向上を図るために、白岳の岩場でトレーニングしてもらおうかな。ついでにアスレチックも楽しんでもらおう

今日のメンバーは、ゆかりこさん、さゆさん&ひろくん夫妻、イチブン夫婦の5名

みんなで白岳高原をバックに なかなかの高度感です
a0206345_16141633.jpg

ルートは白岳高原駐車場~白岳池周回~冒険の広場~白岳神社~岩場~白岳~白岳神社~白岳高原駐車場の3kmにも満たないショートコースだが岩登りだけはしっかり楽しもう
a0206345_162512.jpg


10:00 先ずは白岳池を周回してみよう ヤギさんも草を食べてるよ
a0206345_1629623.jpg

10:05 池の中央の浮き橋を渡って対岸へ アメンボや大きなウシガエルが!
a0206345_16311250.jpg

10:09 芝生広場は黄色いタンポポのお花畑になっている
a0206345_16322949.jpg

10:11 菖蒲園には黄色い菖蒲が、他の色は無いのかな
a0206345_1635189.jpg

10:14~10:16 遊歩道脇にはめずらしい木苺が
a0206345_16361564.jpg

野苺より甘くておいしいね
a0206345_16365353.jpg

10:20 池の畔はいろんな虫や植物でいっぱい
a0206345_1641737.jpg

10:25 池を挟んで白岳を見上げる(ほどでもないか・・・)
a0206345_16445566.jpg

10:27 再び橋を渡る 大きなウシガエルのおたまじゃくしが浮いたり沈んだり
a0206345_16454527.jpg

10:30~10:48 童心に返ってアスレチックで遊んでいこう
a0206345_164857100.jpg

わ~い!気持ちいい~!
a0206345_1650675.jpg

落ちないように気をつけて
a0206345_16505815.jpg

私にはこれがお似合い?
a0206345_16514849.jpg

大丈夫かなぁ?
a0206345_16541096.jpg

バランスいいでしょ!
a0206345_1654633.jpg

おっ!もしかしてサル?
a0206345_16564232.jpg

11:00 白岳登山口の鳥居
a0206345_1658431.jpg

11:03 不揃いの石段は上りにくいね
a0206345_1702680.jpg

11:05 白岳神社 お参りしていこう
a0206345_1712327.jpg

11:13 三点確保で慌てずに
a0206345_1723369.jpg

11:16 気持ちいい~!
a0206345_1741399.jpg

11:20 みんな最高の気分!
a0206345_176320.jpg

11:24 思い思いに登ったり、降ったり 岩登りって面白~い!
a0206345_1785681.jpg

11:35~12:27 山で食べれば何でも美味しいね 
a0206345_17112026.jpg

a0206345_17125435.jpg

12:27 いい眺め
a0206345_17135675.jpg

12:36~12:38 白岳山頂
a0206345_17145786.jpg

12:52 白岳を周回してきて、再び白岳神社
a0206345_17163025.jpg

12:58 白岳高原駐車場に無事到着
a0206345_17174118.jpg


歩行距離や行動時間は短かったけど、とっても楽しいハイキングだった。これからは少しずつレベルアップして、10km以上のロングコースにもチャレンジしてもらおうかな

歩行距離 2.6km 累積標高 140m  行動時間 2時間58分  歩行時間 1時間44分
by ichibunn-go | 2013-05-25 17:34 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(2)

5月18日(土) 今回は初めて平戸の山に登る。今までも何度か平戸の山に登りたいとは思ったことはあったが、アプローチが長い割りに登山時間が短いこともあり、佐世保からでもなかなか足が進まなかった。ただ登るだけなら、佐志岳、屏風岳、安満岳等とセットで登ればいいのだろうが、今回はのんびりと景色を楽しみたいので志々伎山のみに登ることにする

志々伎山山頂からは雄大な五島灘が見える
a0206345_103912.jpg

志々伎山案内板 九州百名山とは知らなかった
a0206345_10294724.jpg

ルートは、阿弥陀寺前駐車スペース~志自伎山神社~志々伎山の往復 駐車場は志自伎神社と付近にも広い駐車場あるが、余りにも歩行時間が短くなるため、あえて阿弥陀寺前から登ることにした
a0206345_934592.jpg

阿弥陀寺前の駐車スペースから登山意欲を掻き立てる志々伎山の尖峰を見る
a0206345_9243589.jpg

10:56 阿弥陀寺前から志自伎神社の参道を歩きだす
a0206345_9364855.jpg

11:04 苔むした岩盤は一枚岩のようだ
a0206345_9395844.jpg

11:09 この石段を登れば志自伎神社かな?
a0206345_941473.jpg

11:11 志自伎神社 ここから右へ道路を進めば登山口がある
a0206345_1028251.jpg

11:13 志々伎山への登山口
a0206345_9464846.jpg

11:20 最初のロープ場 この後もロープ場が度々現れる
a0206345_9502133.jpg

11:24 腰掛け岩
a0206345_951135.jpg

11:26 展望が開け山頂が見えた
a0206345_9551578.jpg

11:34 古い道標 指差す左手が妙にリアル
a0206345_9561740.jpg

11:39 草履置場
a0206345_9582182.jpg

11:44~12:36 志々伎山 展望が開け素晴らしい景色が見えてきた
a0206345_1064856.jpg

志々伎湾を挟んで左側には屏風岳
a0206345_1085217.jpg

a0206345_10103013.jpg

山頂の祠
a0206345_1011921.jpg

祠の横から見える景色
a0206345_10122755.jpg

はなちゃんと一緒に
a0206345_10131986.jpg

展望最高!天にも昇る気分
a0206345_1665519.jpg

この景色を見ながら食べる昼食も最高
a0206345_10183360.jpg

13:09 来た道を戻り出発点の鳥居をくぐる
a0206345_10283847.jpg


以前Y師匠が言っていたが、長崎県の山の好い所は、殆んどの山の山頂から海が見える。これは素晴らしいことだ!と。確かにそうだ。この志々伎山はその代表格の一つではないだろうか!

歩行距離 3.5km  累積標高 400m  行動時間 2時間15分  歩行時間 1時間22分
by ichibunn-go | 2013-05-19 10:38 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(2)

5月11日(土) 先週は多良山系、舞岳の見事なシャクナゲを見に行った。
今日は、Y師匠からのお誘いもあり英彦山系のシャクナゲを見に行くことにした。どちらが見事か2週続けてのシャクナゲを思いっきり楽しむ登山だ。
メンバーは、Y師匠、てるさん、イチブン夫婦の4名

石楠花の頭付近の見事なシャクナゲ
a0206345_10565218.jpg

前日の雨に濡れて色鮮やかな石楠花
a0206345_10292311.jpg

今回のルートは、英彦山大権現~障子ヶ岳~草木ヶ峠~岳減鬼山登山口~岳減鬼峠~石楠花ノ頭~猫ノ丸尾~籠水峠~鬼杉~鬼杉入口~玉屋神社入口~英彦山大権現の周回コース
注)地図上 英彦山大権現から障子ヶ岳尾根までは、あくまでも個人の感覚で、必ずしも正確ではありません
a0206345_932407.jpg


9:18 英彦山大権現を出発 
a0206345_9411384.jpg

9:19 道標は無いが、すぐ先の分岐を右へ降る 
a0206345_9434429.jpg

9:24 丸太橋から落ちないように沢を渡ろう
a0206345_9455069.jpg

9:52 もの凄い急斜面の植林帯の中をジグザグに登る 林業の人たちはチェーンソー担いで登んだろうね
a0206345_9461641.jpg

10:00 北側眼下にしゃくなげ荘が見える
a0206345_9485623.jpg

10:15 1時間かかってやっと尾根に登り上がった
a0206345_952667.jpg

10:20 障子ヶ岳まで快適な尾根歩き
a0206345_9534486.jpg

10:29~10:33 障子ヶ岳山頂
a0206345_9552641.jpg

はなちゃんと一緒に
a0206345_9554882.jpg

10:39 今日始めてのシャクナゲに出合う
a0206345_9591121.jpg

a0206345_9595299.jpg

10:51 草木ヶ峠の障子ヶ岳登山口 ここから岳減鬼山登山口まで林道歩き
a0206345_1063221.jpg

11:10~11:17 岳減鬼山登山口 出発から2時間 行動食を摂ろう
a0206345_1010598.jpg

11:25 岳減鬼山分岐 右へ登ろう
a0206345_10133016.jpg

11:40 岳減鬼峠付近の美しい緑
a0206345_10143458.jpg

11:42~11:45 岳減鬼峠 左を取って福岡県と大分県堺の尾根を石楠花ノ頭へ
a0206345_10175425.jpg

11:58 期待通りの石楠花尾根が始まる
a0206345_10241544.jpg

a0206345_10245952.jpg

a0206345_10263199.jpg

a0206345_10265865.jpg

a0206345_102727100.jpg

a0206345_10281148.jpg

a0206345_10322124.jpg

a0206345_10315343.jpg

12:22 このコース唯一の難所を通過
a0206345_10371788.jpg

これもいいな~!
a0206345_10402854.jpg

12:32~12:52 上塚山分岐 腹へった~昼飯にしよう
a0206345_10405330.jpg

この後も素晴らしいシャクナゲ尾根が続く
a0206345_10441789.jpg

a0206345_1045377.jpg

a0206345_10475629.jpg

a0206345_10482193.jpg

a0206345_1049212.jpg

a0206345_1050302.jpg

a0206345_1051797.jpg

13:07 岩尾根を登る
a0206345_10585977.jpg

13:13 石楠花の頭を通過 なんにもありません
a0206345_1112489.jpg

でも、このシャクナゲは美しい
a0206345_11348.jpg

a0206345_1132453.jpg

13:18 まだミツバツツジも咲いていた
a0206345_114781.jpg

13:31 石楠花ノ頭と猫の丸尾の最低鞍部 左を取れば大南林道への最短コース
a0206345_1171757.jpg

13:40 猫ノ丸尾がよく見える
a0206345_1182046.jpg

13:48~13:53 猫ノ丸尾の手前のピーク 地図を見るとここから薬師峠までは、福岡県と大分県の県境が設定してない まさに裏英彦山
a0206345_11104820.jpg

13:59~14:06 猫ノ丸尾山頂 はなちゃんと一緒に
a0206345_1113596.jpg

はなちゃんの尻尾は真っすぐで先が曲がっていた
a0206345_11151192.jpg

14:17~14:35 籠水峠 鹿ノ角の大岩壁を見ながらコーヒーを楽しんだ
a0206345_11175123.jpg

a0206345_1118981.jpg

14:55 南岳分岐を通過
a0206345_11201335.jpg

15:03~15:09 鬼杉 樹齢1200年!大きいね!
a0206345_1120650.jpg

a0206345_11203623.jpg

15:20 鬼杉入り口
a0206345_11224068.jpg

15:40 玉屋神社入り口の黒岩山分岐
a0206345_11264692.jpg

15:47 林道をてくてく歩いて英彦山大権現に無事到着
a0206345_1125181.jpg


毎年来ているY師匠の話によると、花の咲いていない木もあり昨年よりはいいけどまだまだらしい。何年か続けて来れば必ず当たり年に当たるだろう。それまでは毎年訪れたい山域であることは言うまでもない
残念ながら多良山系舞岳は負けました・・・判定イチブン

歩行距離 11.5km  累積標高 1000m  行動時間 6時間29分  歩行時間 5時間19分
by ichibunn-go | 2013-05-11 23:54 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

5月5日(日) いよいよ舞岳のシャクナゲ尾根を登る日がやってきた。天気は快晴申し分なし!カメラも2台準備した。見事に咲き誇るシャクナゲをバシバシ撮るぞ!と、思ったところが、黒木まで来たところでカメラを忘れたのに気づいた・・・なんという大失敗!暗~い気持ちになってしまった・・・取りに帰るわけにもいかないし・・・
こうなりゃケータイで撮るしかないか!ということで今日はケータイ画像です

舞岳の見事なシャクナゲ
a0206345_18224615.jpg

ルートは八丁谷駐車場~舞岳~経ケ岳南壁~つげ尾上~経ケ岳~平谷越~舞岳~駐車場のちょっと変わったルートを辿る
a0206345_18303111.jpg


8:53 八丁谷駐車場を出発し 9:00 舞岳登山口
a0206345_18554044.jpg

9:36 今日初めてのシャクナゲに出合う
a0206345_191031.jpg
 
9:40 上の岩場を登る
a0206345_18583634.jpg

9:43 ミツバツツジと出合う
a0206345_191350.jpg

9:51 展望岩から景色 いい眺めだね
a0206345_1931535.jpg

9:54 このあたりからシャクナゲロードが始まった
a0206345_1945315.jpg

a0206345_195453.jpg

a0206345_197556.jpg
a0206345_1963359.jpg

a0206345_1972128.jpg

a0206345_1974394.jpg

10:13 舞岳のシャクナゲとミツバツツジとはなちゃん
a0206345_1994424.jpg

10:20 舞岳から少し登った展望所から経ケ岳を見る あの岩壁の下を右から左へ横切るんだ
a0206345_1911453.jpg

10:32 縦走路出合い 舞岳へ降る新しい道標が設置されていた 
a0206345_1914920.jpg

10:39 経ケ岳南壁分岐 
a0206345_19172770.jpg

10:47 経ケ岳南壁に出合う
a0206345_19191940.jpg

10:49 おっと危ない!常に滑落の危険あり!ここで滑れば50m以上一直線!
a0206345_19205238.jpg

10:52 岩壁を見上げる
a0206345_1921686.jpg

10:53 また見上げる
a0206345_19215921.jpg

10:55 更に見上げる 多良岳北壁より凄いかも!
a0206345_19234146.jpg

11:07 南壁下をトラバースし、つげ尾の上あたりで縦走路に出合う
a0206345_19273768.jpg

11:15 ミツバツツジとはなちゃんと
a0206345_19293478.jpg

11:26~11:33 経ケ岳山頂 はなちゃんと一緒に
a0206345_19292783.jpg

11:54 平谷越 たくさんの登山者で騒がしかったので静かな場所を探すために通過
a0206345_1933311.jpg

12:04~12:40 昼食タイム 画像なし 昼食を食べていると、経ケ岳山頂でケータイのシャッターを押してくれた家族の皆さんが同じ場所で休憩。舞岳はシャクナゲが綺麗ですよ。と話しをところ、中山越から降る予定を変更し舞岳経由で一緒に降ることになった

12:52 中山越へ向けて快適に歩を進める
a0206345_1952648.jpg

13:17 中山越手前で舞岳方面に鋭角に右折し、再び舞岳の美しいシャクナゲに出合う
a0206345_19565836.jpg

13:36 シャクナゲとMさんご一家
a0206345_195829.jpg

a0206345_19583012.jpg

14:39 八丁谷駐車場に無事到着。以前、地元大村の人に舞岳ルートを教えてもらったうえに、ここから歩くのは大変だからと親切に黒木駐車場まで同乗させてもらったことがあった。Mさんたちも同じ大村の方だし、その時受けた親切を少しでも返したいと思い、全員は乗れないので運転する娘さんを黒木駐車場まで乗せることにした
また、どこかの山で会えたらいいですね

経ケ岳南壁は多良岳北壁より迫力があり面白かった。でも危険がいっぱい!いつ滑落してもおかしくない。初心者、体力、技術に自信のない人は絶対に足を踏み入れてはいけないところだ

歩行距離 6.5km  累積標高 850m  行動時間 5時間46分  歩行時間 4時間57分
by ichibunn-go | 2013-05-05 20:32 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(2)

5月4日(土) ゴールデンウィーク真っ盛りの今回は、アマちゃん&ヒロくんを迎えての山行となる
最強の超低山古川山系だがゆっくり歩けばなんとかなるだろう
下山後、五蔵大池に移動し満開のハマダイコンを楽しむ

今回の参加者は、とっとこさん、サッチーさん、アマちゃん&ヒロくん 何れも古川山系初挑戦の4名とイチブンの総勢5名

古川岳の岩壁の上に立つ アマちゃん&ヒロくん
a0206345_16394469.jpg

ルートは、皿山公園駐車場~鎌倉神社~金比羅神社~金比羅岳~古川岳展望台~三尊岳~城ノ辻山~古川岳展望台~真竹谷駐車場~皿山公園駐車場の縦走周回コース
a0206345_16453377.jpg

9:50 皿山公園駐車場を出発し登山口となる鎌倉神社の鳥居をくぐる
a0206345_16475147.jpg

9:54 鎌倉神社の右側が登山道
a0206345_1650689.jpg

9:58 いよいよ古川岳名物の天にも届かんばかりの石段がはじまる
a0206345_16532124.jpg

a0206345_17520100.jpg

10:00 あちこちにギンリョウソウ
a0206345_1728372.jpg

10:15~10:20 金比羅神社 
a0206345_16565194.jpg

眼下には清峰高校 野球部が練習しているのが見える
a0206345_16573987.jpg

10:25 一旦降り再び登る その繰り返し
a0206345_1724018.jpg

10:28~10:31 金比羅岳 疲れたねぇ~
a0206345_170132.jpg

10:53 降って登れば展望台
a0206345_176168.jpg

展望台への最後の登り
a0206345_1774338.jpg

10:56~12:06 古川岳展望台の到着 うわ~凄~い ちょっと早いけど昼食にしよう
a0206345_17113111.jpg

素晴らしい展望 眼下には佐々の町並み
a0206345_1713628.jpg

それぞれ岩壁の上に立ってみた
a0206345_17191967.jpg

腰が逃げてるとっとこさん
a0206345_17201741.jpg

うわ~!アマちゃんギリギリ!
a0206345_17213539.jpg

こちらも逃げ腰のサッチーさん
a0206345_1722180.jpg

12:18 従走路から一旦外れて古川山系最高峰の『三尊岳』
a0206345_17311818.jpg

12:23 三尊岳下の岩壁
a0206345_1736443.jpg

12:38~12:53 城ノ辻山 ここで折り返し 
a0206345_17371781.jpg

城ノ辻山からの展望
a0206345_17374737.jpg

13:17~13:32 再び古川岳展望台 はなちゃんも一緒に
a0206345_17405066.jpg

13:35 真竹谷駐車場 ここから登れば271段
a0206345_17415121.jpg

14:07 ワイワイガヤガヤとおしゃべりしながら皿山公園駐車場に無事到着
a0206345_174251100.jpg


最強の超低山古川山系!ゆっくり行動したとはいえ、何名かは明日以降筋肉痛だろうな!?

歩行距離 6km  累積標高 550m  行動時間 4時間17分  歩行時間 2時間29分

ここからは五蔵大池のハマダイコン

五蔵カルデラ内を歩いて行くと 咲いてるかな~?
a0206345_1885496.jpg

うわ~咲いてる~凄~い!と、走り出すアマちゃん
a0206345_1892450.jpg

ハマダイコンと戯れる
a0206345_18104250.jpg

a0206345_18122285.jpg

a0206345_18134743.jpg

ラブラブのアマちゃん&ヒロくん
a0206345_18162590.jpg

火口丘の榎島の中は物凄いパワースポットの予感
a0206345_18192692.jpg


満開のハマダイコンに大感激の皆さん。古川山系共々満足してくれただろう。きっとここは、知られざるパワースポットに違いない
梅雨になり、雨水が溜ってカルデラ湖となった五蔵大池を見るのも楽しみだ!
by ichibunn-go | 2013-05-04 18:40 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)