11月25日(日) 以前から考えていた『古川山系往復縦走&全登山道往復踏破』古川岳に関わる全登山道を往復踏破する計画だ。
鎌倉神社から伸びる縦走路を基本とし、小春登山口、古川登山口、志方登山口、駐車場登山口(登山口名は便宜上勝手に付けたものです)全て一旦車道まで降り、縦走路まで登り返し、城辻山で折返す。自らの体力と精神力が試される

古川岳展望台からの素晴らしい眺望
a0206345_17184217.jpg

ルートは皿山公園駐車場~鎌倉神社~小春登山口分岐~小春登山口~縦走路~金比羅神社~金比羅岳~古川岳展望台~古川岳分岐~古川岳(仮称)~縦走路~古川登山口分岐~古川登山口~縦走路~阿弥陀如来分岐~阿弥陀如来~縦走路~志方登山口分岐~志方登山口~縦走路~城辻山(鳥居城跡)~古川岳展望台~駐車場分岐~駐車場登山口~縦走路~金比羅岳~金比羅神社~鎌倉神社~皿山公園駐車場の複雑怪奇なルートを巡る
a0206345_17584772.jpg

9:08 皿山公園駐車場を出発 標高は低いが超難関コースなのでいつもより休憩を多めに取りゆっくり行こう
a0206345_1816967.jpg

サクラが咲いてる!たしか去年も咲いてなかったかな?
a0206345_18175288.jpg

9:10 鎌倉神社登山口
a0206345_18194944.jpg

9:18 ここから先はこんな感じの石段がテンコ盛りだぜ~い!
a0206345_18214229.jpg

9:24 小春登山口分岐 左を取って標高差140mを降る 今までの登りは何だったんだろうね?
a0206345_18241458.jpg

9:34 杉林の中をジグザグに降って小春登山口 背を屈めないと通れない国道沿いの小さな鳥居
a0206345_18255293.jpg

9:47 縦走路に登り上がり左を取る
a0206345_18272928.jpg

9:50~9:56 金比羅神社 景色でも楽しんでいくか
a0206345_18302349.jpg

眼下には清峰高校
a0206345_1831384.jpg

10:03~10:08 金比羅岳山頂 先は長いので休んでいこうか ここから先は高度計も150m~200mを行ったり来たり忙しくなるぞ!
a0206345_18323972.jpg

10:19 地図上210mのピーク なんとなく金比羅岳に似てるね 名前が無いので付けようか。古川岳と金毘羅岳の間にあるので、『古金岳』ふるきんだけ?とか
a0206345_18345448.jpg

10:26~10:32 立派な古川岳展望台
a0206345_18374639.jpg

ここからの眺めは最高だね
a0206345_18383418.jpg

一枚写っとこうか
a0206345_18394355.jpg

10:37 ベンチの正面が220mピーク取り付き
a0206345_1842063.jpg

10:42 藪を登って220mピーク 古川山系では唯一220mの等高線を持つここを『古川岳』と呼んでもいいのではないだろうか?個人的にはここを『古川岳』と呼びたい 後日ここは『三尊岳』ということがわかった
a0206345_18461173.jpg

10:49 古川登山口分岐 左を取って標高差150mを降る
a0206345_18484857.jpg

11:00 古川登山口 車道から見る登山口と後方にそびえる先ほど登った古川岳 正しくは『三尊岳』
a0206345_18501587.jpg

11:03 公園と民家の間を抜けてここが取り付き
a0206345_18521046.jpg

11:08 石段の間にツワブキの花が
a0206345_1855669.jpg

11:12 標高差150mを一気に登って縦走路
a0206345_1853282.jpg

11:17 阿弥陀如来分岐 左へ100m
a0206345_18562548.jpg

11:19 尾根の突端に静かに佇む阿弥陀如来様 (木が邪魔で景色が見えんぞ~!)
a0206345_18584420.jpg

11:22 縦走路に戻って志方登山口分岐 右を取って標高差100mを降る
a0206345_1902584.jpg

11:30 志方登山口 城辻山までの標高差は140m一気に行くぞ~!
a0206345_1924399.jpg

11:43~11:45 城辻山山頂(鳥居城跡) テレビ電波塔の奥に静かに佇む祠 木が無ければ360度の大展望のはず さあ!残すは復路のみだ
a0206345_1953974.jpg

11:56 古川岳 『三尊岳』の岩壁
a0206345_199413.jpg

12:02~12:26 再び古川岳展望台 予定通りの時間で昼食とする やっぱ寒い時はラーメンが最高だね
a0206345_19115246.jpg

12:27 駐車場分岐 あっ!まだ駐車場登山口が残っていた!左へ降らんば!
a0206345_19135526.jpg

12:29 真竹谷駐車場登山口 何々展望所までたったの271段
a0206345_1915626.jpg

12:32 縦走路に戻って左を見れば・・・実はここからが復路の正念場
a0206345_19181110.jpg

12:52~12:56 金比羅岳山頂 ベンチに座って疲れた・・・
a0206345_19202247.jpg

13:04~13:20 金比羅神社 一人の男性が休んでいた 見るとかなり疲れている様子 色んな話をして、体力に自信が無いならここで引き返した方が良いとアドバイスして別れた(ここから先は行くも地獄、帰るも地獄)大袈裟かな・・・
a0206345_20304968.jpg

13:33 皿山公園駐車場 何かイベントでもあってるのかな?でも・・・さっきの金比羅神社の男性が心配になり様子を見に戻ることにする
a0206345_20243481.jpg


ここから先はおまけ 記録外
13:48~14:03 金毘羅神社のすぐ先の石段を登って来る姿を見て一安心 再び話が弾んだ
a0206345_20341193.jpg

14:22 皿山公園まで一緒に歩いて、古川岳展望台駐車場への行き方を教えて別れた
結構サクラが咲いてるんだよね
a0206345_20391486.jpg


実に大変な山行だった。僅か200m前後の山の往復縦走で累積標高が1000mを超えるなんて!こんなコースを思いついた自分が恨めしい・・・でも、いいトレーニングになったと思う

歩行距離 9.5km  累積標高 1150m  行動時間 4時間25分  歩行時間 3時間22分     

後日談として、今年初めて三日間の筋肉痛!祖母、傾、大崩、九重、三郡往復縦走、黒髪山系往復縦走等、如何なる山行においても筋肉痛になどなったことがない・・・やはりここは特別!最強(最恐)の超低山!古川山系だ!
by ichibunn-go | 2012-11-25 19:21 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(3)

御橋観音の紅葉と牧ノ岳

11月24日(土) 昨日、今朝方と天気がすぐれず、なかなか家を出ることができなかった・・・
吉井町の牧ノ岳に登りたいと思い、昨日から色々調べたところ、御橋観音からも登れることがわかった。集めた資料を基に登山経路を引いたところ、歩行距離約6km、累積標高400m足らずという事がわかった。これなら3時間もあれば行けそうだ。

御橋観音の紅葉
a0206345_16582642.jpg

ルートはポットホール公園駐車場~御橋観音~牧ノ岳自然公園遊歩道~直谷林道口~279.1ピーク~牧ノ岳~279.1ピーク~直谷林道口~牧ノ岳自然歩道~稚児神社~ながめ岩~熊野神社~ポットホール公園駐車場を歩く
a0206345_19124811.jpg

11:58 ポットホール公園駐車場を出発し観音橋を渡る
a0206345_19144060.jpg

橋の上からミニ渓谷を見る
a0206345_19155085.jpg

12:04 ふれあい広場に登るお洒落な階段
a0206345_19173191.jpg

12:06 御橋観音寺へ登る石段 やっぱこっちの階段がいいねぇ
a0206345_19191090.jpg

12:10 昔はここで滝に打たれたのかな?夏は気持ちよさそう
a0206345_19223777.jpg

12:13~12:20 御橋観音寺 紅葉が出迎えてくれた
a0206345_1924387.jpg

おっ!凄い紅葉!
a0206345_19262174.jpg

どひゃ~こりゃ凄い!
a0206345_19271037.jpg

a0206345_19285670.jpg

うぅ~むぅ・・・石橋と紅葉のコラボレーション 何とも言えない美しさ
a0206345_20291274.jpg

12:23 何?水流の化石? 
a0206345_19322253.jpg

a0206345_1934114.jpg

12:25 これも凄い!きれいだ・・・
a0206345_19361228.jpg

12:26 牧ノ岳自然公園遊歩道に入り おっ!変わった階段
a0206345_19364979.jpg

a0206345_1937166.jpg

a0206345_19374172.jpg

a0206345_19381512.jpg

ここはアスレチックか?
a0206345_19384255.jpg

12:33 尾根にある分岐 ここは直谷林道口に向かう
a0206345_1940942.jpg

12:40 直谷林道口に出る ここは左へ  後で思えば正面が取り付きのようだが、すぐ上にはガードレールが見えていた
a0206345_19475755.jpg

12:42 おっ!交差点だ!ここは右だな
a0206345_1949217.jpg

12:58 279・1ピークの取り付きを見つけられないまま林道終点まで来て藪の中に石の祠が・・・なんか気持ち悪・・・完璧に道間違い(地図上ブルーの部分 地図には載っていない林道)
a0206345_19525440.jpg

13:14 右側に注意しながら来た道を戻り、ここは怪しい こりゃ~見落とすな!左の木にわずかに黄色いテープが!30分以上もロスしてしまった!しかし、ここから登る人はいないのか完全な藪漕ぎ 
a0206345_1954920.jpg

13:26 藪を抜けると三角点と周辺にテレビ送信所が!
a0206345_1959792.jpg

a0206345_19593420.jpg

ここからは目印もあり間違えることはない
a0206345_2002894.jpg

13:32~13:36 牧ノ岳山頂(たぶん) ある資料によると山頂には石の祠があると写真付きで書いてあったが、それは何処か別の所ではないのだろうか?何故なら山頂標識は無いが石積、標柱がある。三角点からの方向、距離。高度計も300mを指している。尾根もここから北に向きを変えている。以上の理由からここが山頂と確信する
a0206345_2022543.jpg

13:41 来た道を戻り三角点から右を取る
a0206345_20121714.jpg

13:43 林道に飛び出し左を見ると、これは何?
a0206345_20133119.jpg

地滑り防止?こんな所に?
a0206345_2014563.jpg

水の音が聞こえるのでのぞいて見ると・・・深い!落ちたら大変バイ!
a0206345_20212241.jpg

13:52 展望が開けて直谷方面が見える
a0206345_20242121.jpg

14:11 直谷林道口から来た道を戻りここは直進
a0206345_20314264.jpg

14:20 ちょっと寄り道して稚児神社
a0206345_2033983.jpg

やや展望が開ける
a0206345_20341019.jpg

14:24~14:26 ながめ岩からの展望
a0206345_20352068.jpg

14:33 熊野神社 山道もここまで
a0206345_20364189.jpg

14:40 ポットホール公園 ここは岩場歩きのトレーニングになるな
a0206345_20445550.jpg

これがポットホール
a0206345_20391513.jpg

14:50 取り付きを見逃すという失敗もあったが、何とか無事に帰り着く
a0206345_205108.jpg


距離、歩行時間が短かった割には結構満足のいく山行だった。近い内にみんなを連れてもう一度こよう

歩行距離 8km(含む道間違い)  累積標高 400m  行動時間 2時間52分  歩行時間 2時間40分
登山レベル 2              
by ichibunn-go | 2012-11-24 20:51 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(1)

11月10日(土) 今日は3ガクッタイ佐世保支部に新人さんを迎えての登山だ。まさ&ゆかりこさんご夫婦。ご主人のまささんは高校時代山岳部に所属されていて、社会人になっても続けられていたそうで経験は充分だが、十数年のブランクにより体力が心配とのこと。奥様のゆかりこさんは片道1時間程度の単発登山をご主人と3回ほど経験しているもののまったくの初心者。
しか~し!3ガクッタイ佐世保支部は初心者だからと言って甘いコースは歩かせない。ゆかりこさんの経験値、登山基準値を一気に引き上げるべく、ベテランでも二の足を踏む?と思われるハードなコースを歩く

参加者は、とっとこさん、まさ&ゆかりこさんご夫婦、イチブンの四名

竜門ダム駐車場周辺の木々も色づき始める
a0206345_19511762.jpg

ルートは、竜門ダム駐車場~牧ノ山かじか橋登山口~下の展望岩~上の展望岩~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~青螺御前~見返り峠~二股~竜門ダム駐車場 を時計回りに周回する
a0206345_20295669.jpg

8:32 まさ&ゆかりこさんご夫婦とは初めてお会いするので自己紹介を済ませて竜門ダム駐車場を出発
a0206345_20342364.jpg

8:42 かじか橋登山口
a0206345_20402562.jpg

9:09~9:15 さすがに疲れて座り込むゆかりこさん 
a0206345_20471062.jpg

9:24~9:32 下の展望岩 後ろからのぞくとっとこさんは既にベテランの風格
a0206345_20501132.jpg

おっかなびっくりのゆかりこさんと、余裕のとっとこさんはサポート役だ
a0206345_20505415.jpg

ひっそりと咲いていた白い山茶花?
a0206345_20524883.jpg

10:05 急な登りの連続
a0206345_20541440.jpg

10:05~10:08 上の展望岩から竜門ダムを見下ろす
a0206345_205795.jpg

暫し景色を楽しむ
a0206345_20553930.jpg

10:16 この岩場を登り切れば牧ノ山はすぐそこだ 
a0206345_2059628.jpg

10:20~10:30 牧ノ山山頂 ここまでの累積標高560m
a0206345_210176.jpg

10:44~10:48 牧Ⅱ峰 これで2峰踏破 とっとこさんは余裕の表情 
a0206345_2125713.jpg

11:20 青牧峠 休まずに通過
a0206345_215851.jpg

11:37 ここから先は険しいロープ場の連続
a0206345_217194.jpg

11:48 眼下にダムと駐車場が見える
a0206345_219126.jpg

12:02~12:42 青螺山山頂 ここで昼食としたがかなり寒かった
a0206345_21101111.jpg

13:47~13:52 見返り峠 結構沢山の登山者がいるようです
a0206345_21114421.jpg

14:24~14:45 二股下の沢でパンくずを投げて魚の餌付け
a0206345_2114066.jpg

すると、大きな声でガイドをする聞き覚えのある声が!サッチーさん御一行様三名を仲間に入れての餌付け
a0206345_21165747.jpg

水温が下がっているせいか、魚たちの動きはあまり良くない
a0206345_21181784.jpg

それでも水の中は大騒ぎ
a0206345_21185987.jpg

14:53 かじか橋を渡る
a0206345_21211086.jpg

15:06 ゆかりこさんにとっては長~い縦走周回を終えて無事到着
a0206345_21264029.jpg


本来、初心者を歩かせるコースではないのだろうが、気持ちがあれば歩き通せることをゆかりこさんは見事に証明してくれた。より安全に登山するために体力の強化、スキルアップは勿論。登山靴、ザック、ウェアー等装備の充実はこれからだが、立派な山ガールになってもらいたいものだ

歩行距離 7.5km  累積標高 860m  行動時間 6時間34分  歩行時間 5時間
登山レベル 3     
by ichibunn-go | 2012-11-10 21:48 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)

11月3日(土) 素晴らしい晴天!山に行くには又と無いチャンス!当初、九重の平治岳~大船山か、由布岳に行く予定だったのだが、思い出したようにカミさん曰く、『今日は夕方から町内の班長会があるとやった!』ふにゃふにゃふにゃ・・・
仕方なく時間に間に合う近場で済ませることにした。近場で面白い山と言えば黒髪山系!これっきゃ無い!

有田ダム上にそびえる、蛇焼山と天童岩
a0206345_7342237.jpg


ルートは、有田ダム駐車場~マイセンの森~後黒髪東峰~後の平~黒髪山~西光密寺~前黒髪~英山~英岩~有田ダム駐車場の黒髪山系南部を、後から前へ?時計回りに周回する
そう言えばグリーンウォーク43号に、白川キャンプ場~マイセンの森~後黒髪~黒髪山~白川キャンプ場の周回コースが載っていて、歩行距離6.5kmって書いてあったけど、実際は5kmもないと思う
a0206345_1517277.jpg


10:16 有田ダム駐車場を出発
a0206345_7452910.jpg

10:21 岩越橋から見える後黒髪 
a0206345_7473344.jpg

10:30 観音橋の手前を右折した奥がマイセンの森
a0206345_7595921.jpg

10:33 マイセンの森 後黒髪への案内板は無いので、左側の側溝を渡り真っすぐ伸びた道を進む
a0206345_893084.jpg

10:50~10:52 永尾観音堂 訪れる人は殆んど居ないようだようだ
a0206345_8114788.jpg

観音堂の向こう側へトラバース
a0206345_8123748.jpg

11:00 木の根、木の枝を掴みながら荒れ放題の登山道を登る
a0206345_8164697.jpg

11:05 開けた岩場からの展望 有田ダムの上に蓮花石山、その右に虚空蔵山
a0206345_8191081.jpg

11:41 この岩を登れば山頂はすぐそこ 岩が濡れている時は左右どちらでもよいが、左に巻いた方がベターかも
a0206345_8233794.jpg

11:42~11:50 後黒髪東峰山頂 さすがのカミさんも珍しく座り込んでしまった それ程厳しい登りだったという事か? 
a0206345_8272444.jpg

11:52 うろこ岩 正面には蛇焼山が見える
a0206345_8323922.jpg

11:57 後の平 左に行けば竜門ダム 右を取って黒髪山へ 
a0206345_8342351.jpg

12:15 天童岩 鎖を使わず直接登る
a0206345_1021191.jpg

12:17~12:25 黒髪山山頂 ここで昼食と思ったが、次から次へと団体が登って来るので早々に退散し、西光密寺へ降ることにした
a0206345_8414814.jpg

12:36~13:10 西光密寺 木漏れ日の中で食べる昼食はうまい
a0206345_8452614.jpg

13:12 天童岩南側の交差点は左を取って前黒髪へ
a0206345_8472271.jpg

13:20 開けた岩場から有田ダムを見下ろす
a0206345_8514072.jpg

13:30 この岩尾根を登り切れば前黒髪(本城岳)はそぐそこ
a0206345_8543925.jpg

11:35 前黒髪(本城岳)山頂 木に囲まれた鈍頂故展望は無い 
a0206345_944513.jpg

13:50~13:55 英山(はなぶさやま) 綺麗な山頂標識が設置してあったけど、残念ながら正しい標高は450m
a0206345_98495.jpg

13:58 遭難碑だとか?ここから落ちた人でもいるのかな?
a0206345_9132895.jpg

14:05~14:30 英岩(はなぶさいわ) 有田の町を見下ろしながらコーヒータイム
a0206345_9145265.jpg

有田の大イチョウ 回りの建物と比べると大きさがよく分かる
a0206345_9172613.jpg

14:45 上の岩場を慎重に降る
a0206345_9193977.jpg

14:49 下の岩場 ロープも新しくなりこれなら安心だ
a0206345_9215041.jpg

15:04 振り返って英岩を見上げる 
a0206345_9252066.jpg

15:24 手摺りのある岩尾根
a0206345_9274461.jpg

15:32 名残惜しいが駐車場に到着
a0206345_9305231.jpg


後黒髪に初めて登るカミさん曰く、『中途半端な登りより、木の根、木の枝、草の根を掴みながら登る方が面白い』と!
目印の赤テープ、黄色テープ、白い布等はあるものの、それでも分かり難い登山道。 山に登った~!と言う気持ちにさせてくれる。ただし初心者だけでは登らない方がいいかもしれない。特に降りはやめておこう。

今回の周回コースは、序盤に急登、終盤に急降下があり、カミさんお勧めのお気に入りのコースになったようだ。逆回りも面白いかもしれない。
この後、黒髪の森温泉に浸かり、肌はつるつるすべすべ気持ちよかった~!

歩行距離 8km  累積標高 800m  行動時間 5時間16分  歩行時間 3時間54分  
登山レベル 3   
by ichibunn-go | 2012-11-04 09:37 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)