10月28日(日) 今日は思わず天気が良くなりラッキー!何も予定してなかったので黒髪山系にトレーニングに行ってみるか。昨日の雨で濡れて滑りやすいだろうから気を付けて行こう。しかし、トレーニングなので極力休憩は取らない

天童岩の向こうに青螺山 右側に雄岩、雌岩が見える
a0206345_2075768.jpg


ルートは硬く考えず臨機応変に変えて行こう
基本的には竜門ダム~二股~後ノ平~後黒髪東峰~マイセンの森~白川キャンプ場~黒髪山~見返り峠~青螺山~青牧峠~竜門ダムと周回する予定だった
a0206345_19135986.jpg


10:00 青空も見えてきたし、いつもの竜門ダム駐車場をゆっくりと出発だ
a0206345_19155551.jpg

10:05 かじか橋から見える滝 気温は高くないが湿度が高く体に纏わり付いてくる
a0206345_19192690.jpg

なんだか幻想的
a0206345_19213990.jpg

10:13 二股 右を取って後ノ平へ
a0206345_19212425.jpg

10:28 鬼の岩屋
a0206345_1922149.jpg

10:32 後ノ平 鋭角に右を取って後黒髪へ
a0206345_19244618.jpg

10:34 ウロコ岩
a0206345_19254695.jpg

10:39~10:42 後黒髪東峰 
a0206345_19272813.jpg

東峰の山頂は小さなピーク ここから有田ダムへ南下する
a0206345_1928321.jpg

11:12 あらら・・・岩壁に出てしまった どうやら完全に道を間違えたようだが向こうへトラバースしてみよう 
a0206345_19304580.jpg

11:14 藪を少し降るとまた岩壁 また反対側へトラバースして藪を降る 南へ進めば必ず有田ダムの周回道路に出るはずなので急がず慌てず、楽しもう! この岩壁をルートに入れたら面白いだろうな~!
a0206345_1932271.jpg

11:24 更に藪漕ぎしながら降って行くと枯れ沢に出た 地図とコンパスで進行方向を確認 これを辿って行けば必ず道路に出るはずだ
a0206345_19391252.jpg

11:28 ビンゴ!砂防ダムの向こうに車道が見える マイセンの森より300mほど西側に出てしまった・・・
a0206345_194026100.jpg

11:33 かんのん橋を渡った所がマイセンの森入り口
a0206345_1944259.jpg

やっぱ有田ダムはきれかねぇ~! 正面の岩壁のあたりを右往左往したんやろうね・・・どこで間違えたか確認するために白川キャンプ場から黒髪山に登る予定を変更して、トレーニングでもあるし、より急峻な標高差360mの後黒髪に登り返すことにした
a0206345_19465868.jpg

11:46 永尾観音堂の前を通って岩をトラバースする
a0206345_1953913.jpg

12:07~12:22 トレースは全体的に薄い、所々に赤テープや白い布があり降りよりは分かりやすいが、間違い踏み後がいたる所にあるので要注意!
少し開けた場所に出て、アッ!ここだ!見覚えがある!上方から見ると左下方にある白布を見落とし尾根を真っすぐ降ってしまったようだ  高度計では標高350m地点
a0206345_19582476.jpg
 
時間も丁度いいのでここで昼食とした
a0206345_19591510.jpg

12:34 残り100m余りを登って再び後黒髪東峰
a0206345_20159100.jpg

12:40 再び後ノ平 右を取り黒髪山へ
a0206345_2043114.jpg

12:58~13:00 黒髪山 若者達が憩っていた
a0206345_2071319.jpg

13:18 見返り峠 休まずに通過
a0206345_20115321.jpg

13:35 青螺御前 山頂標識が無い 風でどこかに飛んで行ったのかな?
a0206345_2013396.jpg

13:50~13:55 青螺山山頂 ゆっくり登ったつもりだったけど見返り峠から32分で登ってしまった!さすがトレーニング!
a0206345_20163166.jpg

14:15 青牧峠を過ぎて竜門ダム分岐 左を取って降るのみ
a0206345_2018176.jpg

14:42 竜門ダム駐車場に無事到着
a0206345_2021156.jpg


途中でコース逸脱というトラブルはあったが、間違えなければ見られない景色が見れて逆に面白かった
マイセンの森から後黒髪東峰はなかなかの登りで、黒髪山系の特徴である急激な登りはしっかりと感じられ、いいトレーニングになったと思う。
マイセンの森から後黒髪のルートは分かりにくく、黒髪山系の中では最も難易度が高いルートではないだろうか!?

歩行距離 8.5km  累積標高 1200m  行動時間 4時間42分  歩行時間 4時間17分
登山体力レベル 3     
by ichibunn-go | 2012-10-28 20:40 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)

10月27日(土) 今日はあいにくの天気で山に登るのは控えよう。その代わり山ではなく海に行くことにした。
護衛艦が見学できるとの情報を得て、3ガクッタイのメンバーから見学希望者を募ったところ、福岡から隊長とy師匠が来佐することになった。


a0206345_21454141.jpg



a0206345_21523543.jpg



a0206345_21461833.jpg


3連装短魚雷発射管
a0206345_21582057.jpg

76mm単装速射砲
a0206345_2231023.jpg

a0206345_22102416.jpg

アスロックランチャー
a0206345_2242352.jpg

隣に停泊する護衛艦『いそゆき』
a0206345_2252879.jpg

担当自衛官より説明を受けるy師匠
a0206345_227332.jpg

艦橋も案内してもらったが訳の分からない装置やメーターがいっぱい・・・
a0206345_22134745.jpg

20mm機関砲/CIWS 1分間に3500発 発射できるそうだ
a0206345_22155779.jpg

海を挟んで赤崎岳を望む
a0206345_22194653.jpg

後部ヘリ甲板
a0206345_22223120.jpg

結構広いね~!
a0206345_22234585.jpg

対空ミサイル(短SAM)装置
a0206345_2225076.jpg

a0206345_22265192.jpg

静かに停泊する 157 『さわぎり』  132 『あさゆき』  127 『いそゆき』
a0206345_22325060.jpg


この後、海上自衛隊資料館『セイルタワー』を見学。弓張岳、石岳展望台より佐世保港、九十九島を展望して大満足の隊長とy師匠とイチブンでした。

案内いただいた自衛官のNさん有り難うございました。私達が安心して登山ができるのも皆さんがいるからです。
国を守る誇りを胸にこれからも頑張って下さい。
by ichibunn-go | 2012-10-27 22:44 | その他 | Trackback | Comments(1)

九重連山 紅葉の三俣山

10月21日(日) 今回の3ガクッタイ定例登山は、九重連山の三俣山だ。この時期は素晴らしい紅葉が見られるだろう
佐世保を早朝4時に出発、福岡組との合流地点の甘木ICに向かった。ところが高速道路に入った途端、電光掲示板には『東脊振~久留米間 事故のため通行止』の表示。東脊振で高速を下り、福岡組に連絡。すると福岡組も筑紫野から通行止めとのこと。いきなり黄色信号点灯か!?
鳥栖まで一般道を走り、ロスタイムも最小限に抑え、無事、甘木ICで合流し一路登山口の長者原に向かった。
今回の参加者は福岡から隊長、副隊長、y師匠、てるさん、佐世保からイチブン夫婦の3ガクッタイの精鋭?6名

北峰へ紅葉の中を登る 疲れなど感じる暇はない
a0206345_10173166.jpg

ドウダンツツジが一面朱に染める
a0206345_8464139.jpg


ルートは、長者原~雨ヶ池~坊ガツル~坊ガツルルート~南峰~北峰~本峰~Ⅳ峰~西峰~スガモリ越~長者原の三俣山登山では一番厳しいのではないかと思われるコースを周回する
a0206345_17201398.jpg


7:28 途中、高速道路の通行止めというトラブルはあったがほぼ予定通りに出発 
a0206345_9164129.jpg

7:36 眩しい朝日に照らされながら湿原の木道を三俣山目指して歩く
a0206345_9181482.jpg

8:18 北側より三俣山を見上げる 素晴らしい紅葉が期待できそうだ
a0206345_91927100.jpg

8:39 雨ヶ池 展望が開けて正面に平治岳、大船山が見えてきた 
a0206345_9222071.jpg

9:22~9:33 坊ガツル これからの急登に備えて暫し休憩
a0206345_9264050.jpg

9:34 分かりにくいが坊ガツルルート登山口 中央の石に黄色のテープが貼ってあります このルートから三俣山に登る人はあまりいないようだ
a0206345_9275665.jpg

9:58~10:04 登り始めて25分 展望が開け眼下にテント場が見えてきた
a0206345_9313536.jpg

大船山にも数人の登山者が見える(今回は光学30倍ズームのカメラを使用)
a0206345_936349.jpg

10:28 急な登山道を必死!に登る隊長
a0206345_9381417.jpg

10:48 モノトーン的な星生山、久住山と、彩り鮮やかな三俣山の対比が面白い
a0206345_9391062.jpg

10:55~11:40 南峰に到着 笑顔満面のイチブン夫婦
a0206345_94782.jpg

皆さん達成感でいっぱいです が、まだまだこれからですよ!
a0206345_1062417.jpg

登山者でいっぱいの山頂で昼食
a0206345_9482255.jpg

本峰にもたくさんの登山者(30倍ズームで撮影)
a0206345_950153.jpg

朱に染まる北峰
a0206345_1093971.jpg

12:11 南峰を振り返る
a0206345_1012659.jpg

色鮮やかな小鍋
a0206345_1014236.jpg

北峰南面の紅葉
a0206345_10164044.jpg

12:21 北峰へ紅葉の中を登る 疲れなど感じる暇はない
a0206345_10173166.jpg

12:30~12:35 北峰 展望は360度
a0206345_10203749.jpg

北峰より大鍋を見下ろす
a0206345_10211865.jpg

a0206345_2116381.jpg

12:42 北峰と本峰の鞍部から北峰を見上げる
a0206345_10234171.jpg

12:51 本峰斜面から大鍋を見下ろす 正面は平治岳
a0206345_10252469.jpg

12:53 本峰側から見た北峰
a0206345_1029544.jpg

12:55~13:05 本峰 皆さん大満足です
a0206345_10351175.jpg

九重連山も一望
a0206345_21184890.jpg

沢山の登山者
a0206345_21201170.jpg

勿論イチブン夫婦も大満足
a0206345_10361987.jpg

13:10~13:25 Ⅳ峰でピース
a0206345_10393351.jpg

Ⅳ峰のイチブン
a0206345_111311.jpg

13:35~13:48 西峰 蒼穹に映える?二人 シャッターを押してくれた若者に二人合わせて100歳以上と言ったら驚いていた
a0206345_1042738.jpg

大船山を後ろに従えるイチブン
a0206345_10434177.jpg

13:49 なんだかいい雰囲気
a0206345_10554365.jpg

13:51 スガモリ越へ降下開始
a0206345_10561560.jpg

14:00~14:05 スガモリ越 
a0206345_1123749.jpg

年配者が多い とは言っても今日の3ガクッタイの平均年齢58歳
a0206345_10521297.jpg

14:33 感無量の思いで三俣山を仰ぎ見る
a0206345_1142093.jpg

15:08 長者原に到着すると救急車が待機していた 聞いてみると、三俣山で事故があったとの事 ヘリコプターの音が聞こえるので三俣山を見上げると、北峰と本峰の鞍部にレスキュー隊員が降下するところだ!明日は我が身と思い、大した怪我でないことを祈った
a0206345_116137.jpg


素晴らしい紅葉と青空と展望だった・・・それ以外の言葉は出ない

歩行距離 12.5km  累積標高1100m  行動時間 7時間40分  歩行時間 5時間50分
    
by ichibunn-go | 2012-10-21 23:55 | くじゅう連山 | Trackback | Comments(2)

家庭菜園

10月20日(土) 家庭菜園を作ることを思い立ち、先週から庭の片隅に畳三畳ほどの小さな畑を作る作業をしていた。長年ほったらかしにしていた庭は野原状態で、草の根、木の根で、クワ、鋸、スコップのフル稼働で正に開拓、開墾!山登りよりきつかったです。

a0206345_13423192.jpg

植えたのは、グリーンボール
a0206345_13271457.jpg

白菜
a0206345_13274984.jpg

レタス
a0206345_13283476.jpg

サニーレタス
a0206345_1329372.jpg

ブロッコリー
a0206345_13293813.jpg

カリフラワー
a0206345_13301284.jpg

空きスペースにビオラ等
a0206345_13312286.jpg

正に猫の額ほど 愛猫のルイちゃんも喜んでいるかな?現状では畑を踏み荒らす害獣です
a0206345_13341110.jpg

立派な?家庭菜園のできあがり
a0206345_13394852.jpg

by ichibunn-go | 2012-10-20 18:57 | その他 | Trackback | Comments(0)

10月13日(土) 久しぶりにカミさんと黒髪山系の山々を歩くことにした。近頃めきめきと力を付けてきたカミさん。その力試しといったところか!
コース的にはかなりハードだと思うが、カミさんの今の脚力を持ってすれば踏破可能だろう 

黒髪山の天童岩
a0206345_20253556.jpg

ルートは9月2日と同じく、竜門ダム駐車場~かじか橋登山口~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~見返り峠~黒髪山~後の平~二股~竜門ダム駐車場のカミさんにとっては結構ハードな周回コース
a0206345_20302628.jpg

9:15 登山口のかじか橋へ向けてダムの周回道路を歩く
a0206345_20325383.jpg

9:26 牧ノ山かじか橋登山口 一旦沢沿いへ降って登り始める
a0206345_20331455.jpg

10:00 展望岩分岐 ひたすら登れば、そのうち山頂に着く、と思う・・・確かに!
このあたりから登りが更に急になる が、まずは左へ降って下の展望岩へ
a0206345_20354031.jpg

10:03~10:10 下の展望岩 左から隠居岳、八天岳、国見山までゆるやかな稜線を望む
a0206345_20393157.jpg

へっぴり腰で岩の上に立つ
a0206345_2043186.jpg

10:38 上の展望岩
a0206345_2045287.jpg

10:47 この岩壁を登れば山頂まであと少し
a0206345_20474957.jpg

苦労しているカミさんを脇から追い越し上から撮影
a0206345_2050371.jpg

10:51~10:56 牧ノ山山頂 残念ながら展望はありません
a0206345_2053482.jpg

11:11 牧Ⅱ峰 牧ノ山からは何度か登り降りを繰り返す
a0206345_20555081.jpg

11:36 青牧峠 休まずに行くぞ~!
a0206345_20574157.jpg

11:48 ロープ場をぐいぐい登って行く
a0206345_20585561.jpg

11:51 岩登り、ロープ登りが面白いとのたまう
a0206345_210376.jpg

11:55 開けた岩壁から景色を楽しむ
a0206345_2131523.jpg

遥か下方に竜門ダムと駐車場が見える
a0206345_2134260.jpg

12:06~12:47 青螺山山頂 時間も好くここで昼食とする
a0206345_215468.jpg

伊万里の町並みを見下ろす 色付き始めた木々も見えてきた
a0206345_217830.jpg

これから向かう黒髪山(手前) 後方は前黒髪~英山
a0206345_21101492.jpg

13:07 青螺御前
a0206345_2111596.jpg

13:20 岩尾根のクサリ場 後方には後黒髪と三岩
a0206345_2113331.jpg

13:25 見返り峠
a0206345_2114165.jpg

13:28 雌岩展望所
a0206345_21145923.jpg

13:44 黒髪山名物のクサリ場
a0206345_21162972.jpg

13:49~13:56 黒髪山山頂でバンザイ!
a0206345_21172543.jpg

天気がいいせいか登山者が結構多いです
a0206345_2118306.jpg

14:17 鬼の岩屋
a0206345_2120674.jpg

14:40~14:55 黒髪山に登った時のお楽しみの餌付け
a0206345_21221797.jpg

こんなに沢山の魚たち でも冬になれば冬眠するのか一匹もいなくなります
a0206345_21225190.jpg

手を入れればつついてきます
a0206345_2123101.jpg

15:07 黒髪山系を体いっぱい楽しんで無事到着
a0206345_21265834.jpg


低山ながら見所、楽しみ、魅力いっぱいの黒髪山系 しかしハードさは天下一品 それがまた、たまらなく楽しい これからも何度も何度も足を運びたい 

歩行距離 9km  累積標高 1100m  行動時間 5時間52分  歩行時間 4時間38分  
 
by ichibunn-go | 2012-10-13 21:49 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(7)

将冠岳

10月8日(月) 一昨日は虚空蔵山、昨日は経ヶ岳、今日の午前中は、佐世保市市民体育祭水泳競技のチーム召集に行って来た。一生懸命に泳ぐ幼稚園児、小学生の姿を見るにつけ、こりゃあ~じっとしとられんバイ!久しぶりに将冠岳に登ってみるか!

自宅付近から見える将冠岳
a0206345_17342216.jpg

ルートは自宅~吉岡町~朝ノ気岳~高筈岳~将冠岳~南登山口~但馬神社~但馬越~中里町~自宅と周回する
a0206345_17513746.jpg

12:15 自宅を出発し、吉岡町の住宅街を抜けて視界いっぱいに緑が広がってくると
12:35 下の登山口 ここから急な林道を10分ほど登る
a0206345_20454113.jpg

12:43 上の登山口 ここまで車で登ってこれます 
a0206345_20463562.jpg

12:46 コンクリートの階段を登り詰めた所にある金毘羅神社 裏側に登山口を示すかわいいカエルの道標がある
a0206345_17564510.jpg

12:53 登山道を数分登り、古い林道を歩いて行くと、将冠岳を示す道標があり、大きな岩が積み重なるガレ場を登る
a0206345_1841095.jpg

13:01 中吉越 道標に従い急な尾根道だが朝ノ気岳まで頑張って登ろう
a0206345_1864758.jpg

13:08 朝ノ気岳(400m) 眺望は西側180度 
a0206345_18175472.jpg

中央に愛宕山、後方には平戸島
a0206345_18184154.jpg

13:15 高筈岳(420m)
a0206345_20584654.jpg

烏帽子岳方面がよく見える
a0206345_20592253.jpg

13:20~13:50 将冠岳山頂 山頂手前で珍しく10人ほどのグループに出会った

そして新しい出会い・・・山手町からこられたそうです・・・すみません名前を忘れました。登山を始めて間もないとかで、登山ガイド本を片手に山に登る。まるで昔の自分の姿を見ているようでした
分県ガイドに従い弓張岳に車を止めて、九州自然歩道の車道を歩いてこられたそうなので、帰りは南登山道を降り但馬神社をへて、但馬越までを案内することにした
a0206345_1843349.jpg

山頂標識の裏の方にある岩に登れば360度の素晴らしい眺望
a0206345_18453880.jpg

a0206345_18463122.jpg

14:16 南登山口 赤テープを貼った杉の間が但馬神社取り付き
a0206345_2164960.jpg

14:29 但馬神社
a0206345_217323.jpg

14:39 但馬越 おりこうさんのワンちゃんの名前は、なんと!3(サン)ちゃん!なんだか、3ガクッタイに似てるなあ~!
a0206345_1902323.jpg

ここでみなさんと別れて、中里町へと降る
a0206345_2058241.jpg

14:58 途中にあった九十九島景観高筈股のぞき所 
a0206345_1941688.jpg

股からのぞけば当然逆さまです
a0206345_218362.jpg

15:04 道路沿いの凄い崖
a0206345_21102573.jpg


久々の3日連続登山。たまにはいいもんだ。新たな出合いもあり充実した山歩きだった。
日に日に涼しくなり、体も動かしやすくなってきたので、そろそろ長距離登山をしたくなってきたぞ~!
もうちょっとトレーニング量を増やすとするか!

歩行距離 12km  累積標高 600m  行動時間 3時間30分  歩行時間 約3時間
登山体力レベル 2    
by ichibunn-go | 2012-10-08 19:07 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(6)

経ヶ岳~金泉寺周回

10月7日(日) 昨日は虚空蔵山に登った。今日は経ヶ岳に登る。カネちゃんにとっては初めての二日連続の登山で、体力と足がもつか少々心配だが、トレーニングの積もりで気楽にゆっくり登ってもらうことにしょう。

駐車場からそびえ立つ経ヶ岳を見上げる
a0206345_17475643.jpg

ルートは八丁谷駐車場~大払谷~つげ尾~経ヶ岳~中山越~金泉寺~西野越~八丁谷駐車場のありふれたコース
a0206345_17554734.jpg

7:50 まだ車は3台のみ
a0206345_17572411.jpg

8:58 休憩後、足も軽やか?にガレ場を登るカネちゃん 2週間前に登った八方ヶ岳に比べるとかなりハードだ!
a0206345_17591046.jpg

9:19~9:29 つげ尾で休憩後、経ヶ岳を目指す
a0206345_18309.jpg

9:44 このハシゴを登れば山頂は遠くない
a0206345_1851894.jpg

9:50~10:11 カネちゃんにとっては初めての経ヶ岳山頂
a0206345_1863772.jpg

10:38 休まずに中山越を通過
a0206345_1894760.jpg

11:04 笹ヶ岳分岐 GPSで現在地を確認する (本当は疲れて座り込んでます)
a0206345_18102466.jpg

11:34~12:50 金泉寺 ゆっくりと昼食を摂りました
a0206345_18134491.jpg

13:41 八丁谷登山口 綺麗に清掃され新しい案内板も立ってます
a0206345_18154875.jpg

13:57 駐車場に到着 流石に満車です
a0206345_18174081.jpg


昨日の疲れが少々残っていたようだが、最後まで歩き通したカネちゃん。以前に比べると見違えるように強くなったと思う。もっとトレーニングを積んでハードなコースにチャレンジしようぜ!

歩行距離 8km  累積標高 970m  行動時間 6時間7分  歩行時間 約4時間
登山体力レベル 3   
by ichibunn-go | 2012-10-07 18:40 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(0)

虚空蔵山

10月6日(土) そう言えば随分、虚空蔵山には登ってないな!調べてみると昨年は一度も登っていない。
歩行距離、時間も短く、標高差も少ないので、久しぶりに家族(アユ)も誘って登ってみよう

参加者は、カネちゃんとイチブン親子の4名

登山欲をそそられる長崎のマッターホルン
a0206345_17573585.jpg


ルートは、木場登山口~冒険コース~虚空蔵山~鳥兜~犬の墓~岩屋登山口~林道~西登山口~冒険コース~木場登山口
a0206345_1834757.jpg


10:00 駐車スペースには思ったより沢山の車が!
a0206345_1872519.jpg

10:10 準備を整え出発だ!
a0206345_188813.jpg

10:19 家族コースと冒険コース分岐 当然 右を取って冒険コースへ
a0206345_18105433.jpg

10:23 狭い岩の間を抜けて階段を登る
a0206345_1812663.jpg

10:25 落ち葉で滑りやすい!気をつけて!
a0206345_18165318.jpg

10:39 往路でもう一度登ってくることになる西登山口分岐 ここからは左を取り尾根を登る
a0206345_18193242.jpg

10:42 岩の多い急な尾根を登る
a0206345_1821073.jpg

10:45 ここからは長いクサリ場 山ガールパワー全開だ!
a0206345_18235777.jpg

高い段差に苦労するアユ
a0206345_18244681.jpg

10:58~11:48 虚空蔵山山頂のイチブン一家
a0206345_1962282.jpg

目の前に広がる大村湾の雄大な景色を眺めながら昼食を頂く
a0206345_1974965.jpg

南東側には多良山系の山々 明日カネちゃんと登る予定
a0206345_191064.jpg

北東側中央には武雄の御船山が山水画のように見える
a0206345_19151840.jpg

北側には黒髪山系の山々
a0206345_19175088.jpg

東側には鹿島市から有明海が広がる
a0206345_19192648.jpg

11:56 鳥兜分岐 当初、家族コースから木場登山口へ降る予定だったが、歩き足りない面々は鳥兜に行き、犬の墓から岩屋登山口へ降り、林道を歩いて木場登山口へ周回することにした
a0206345_19495521.jpg

12:00~12:15 鳥兜に登ろうとするカネちゃん しかし、木々の向こうは切れ落ちており鳥兜に行けない・・・
a0206345_1955468.jpg

私も右の方に降りてみたが木が邪魔で底が見えない・・・
a0206345_19585775.jpg

振り返れば虚空蔵山の岩峰が見える
a0206345_2015681.jpg

諦めて帰ることにしたが、鳥兜の左側にクサリらしき物が見える
a0206345_2035941.jpg

12:25 犬の墓 ここは岩屋登山口、川内登山口、高見岳へと続く交差点
a0206345_2075036.jpg

12:40~12:45 岩屋登山口のすぐ上にある悠久の泉
a0206345_2010475.jpg

12:47 岩屋登山口 ここからは林道歩きだ
a0206345_2011477.jpg

13:02 林道から見える虚空蔵山
a0206345_2014835.jpg

13:04 つたにぶら下るアユ
a0206345_20171356.jpg

13:13~13:15 西登山口
a0206345_2018115.jpg

物足りないイチブンは、ここから冒険コース出合いまで登り、木場登山口へ降ることにした。他の3人はそのまま林道を歩く
a0206345_20212085.jpg

13:25 一人になり今日初めてのアクセル全開で、距離400m、標高差120mを10分で登り冒険コースに出合う
a0206345_2028696.jpg

13:36 林道組に10分遅れて無事木場登山口に到着
a0206345_20293462.jpg


虚空蔵山には6ヶ所の登山口があるが、どの登山口から登っても1時間前後で登れてしまう。何となく物足りなさを感じないでもない。
そこで、ふっ!と思いついたことがある。虚空蔵山を中心に6ヶ所の登山口までを1日で踏破する!
何となく面白そう

歩行距離 4.2km  累積標高 480m  行動時間 3時間26分  歩行時間 2時間12分
登山体力レベル 2    
by ichibunn-go | 2012-10-06 19:22 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)