3月25日(日) 今日は奇しくも私の53回目も誕生日 何か思い出に残るような歩きをしたい
一昨日の金曜日に天気が良ければ、ある計画を実行する予定だったのだが、残念ながら雨で延期するしかなかった それでも誕生日の今日はトレーニングを兼ねて、ある程度の距離を歩きたい。
テーマは山と海 目指すはいつもonly one

ルートは自宅~吉岡登山口~朝ノ気岳~高筈岳~将冠岳~但馬岳~弓張岳~赤崎岳~石岳~鹿子前~弓張岳~自宅の普通は考えない34キロの中距離コース
a0206345_184622100.jpg

8:00 自宅を出発  この写真はトレーニング中に十文野町付近から将冠岳を撮ったもので、双耳峰にコブ数個 右耳が朝ノ気岳、左耳が将冠岳、矢筈岳は前にかさなって見えません 右のコブは中吉越から尾根を右に進んだ所にある名も無きピーク 将冠岳の左下のコブには行ったことがありません 左後方のコブが八天岳です。
a0206345_18491100.jpg

8:35~8:40 金比羅神社 お参りしてこの先の安全をお願いした
a0206345_19451763.jpg

8:46 カエルとカメの標識を過ぎ林道から岩のガレ場を登る ここからが面白いんだよね
a0206345_19475334.jpg

8:53 中吉越 ここから尾根を左に登る
a0206345_19505880.jpg

8:59 朝ノ気岳 どなたかが道標や山頂標識の整備をされたようですね ご苦労様です
a0206345_1953693.jpg

相浦の愛宕山もきれいに見えます 
a0206345_19544382.jpg

9:06 高筈岳を通過 
a0206345_19563554.jpg

9:12~9:17 将冠岳山頂
a0206345_19575913.jpg

後方にある大きな岩 この岩が本当の山頂
a0206345_1959186.jpg

岩の上からの眺め 右のこんもりしたピークが高筈岳 左の三角のピークが朝ノ気岳
a0206345_2004230.jpg

9:34 南登山口向かい側の但馬神社登山口 目印の赤テープが貼ってありますね
a0206345_2044436.jpg

9:43 但馬神社 お参りして通過
a0206345_2062177.jpg

9:52~9:56 但馬岳山頂 公園になってます
a0206345_208840.jpg

a0206345_21381516.jpg

10:06~10:12 弓張岳山頂 いや~素晴らしい眺めだ 
a0206345_20121253.jpg

a0206345_20133778.jpg

10:25 ここから鵜渡越町へ降る
a0206345_201711100.jpg

10:48 SSKの向こうに赤崎岳が見えてきた
a0206345_2020206.jpg

11:23 愛宕神社登山口
a0206345_20272662.jpg

11:40~11:57 赤崎岳山頂 ここで昼食 なんと食パン二枚だけです これで充分 あとは行動食のチョコレートとキャンディーがあるさ~!
a0206345_20305354.jpg

今日は九十九島が美しい
a0206345_20351736.jpg

岩の上でどうだ~!逆光じゃん!
a0206345_20372965.jpg

12:00 東側の展望台から 米最新鋭原潜ノース・カロライナ
a0206345_20433630.jpg

12:18 石岳動植物園森きらら 駐車場は満車です
a0206345_20455877.jpg

12:27 石岳展望所 言葉は要らないでしょう
a0206345_2048344.jpg

後方には平戸島が広がる
a0206345_2049355.jpg

遠方には五島列島が見える
a0206345_20494790.jpg

12:44 船越展望所 やっぱ高い所から見た方がいいかな?
a0206345_20515763.jpg

12:56 鹿子前海水浴場 風がなければ泳ぎたい気分
a0206345_20531845.jpg

13:06 パールクイーンと海王
a0206345_2056044.jpg

13:49 日野町から車道を登り往路で通った弓張の丘ホテル下の分岐 右折して市内方面へ降り途中から中腹の九州自然歩道を横尾町へ向けて歩く
a0206345_20595585.jpg

14:14 但馬越まで戻ってきた
a0206345_2141461.jpg

14:25 参道登山口 鳥居の色が妙に鮮やか
a0206345_2151967.jpg

15:08 初めて通る横尾町の道は山道よりも難しかったが、なんとか国道まで降ることができた 
a0206345_2193552.jpg

15:30 無事我が家に到着 見慣れたいつもの将冠岳
a0206345_21113256.jpg


強風に悩まされた一日だったが、晴天に恵まれ山と海の素晴らしい景色を充分楽しむことができた 思ったよりも長距離になってしまったのだが、明日に疲れは残るかもしれないがとてもここちよい疲れだ。でも今週末の天気が心配だなあ・・・

歩行距離 34キロ  累積標高 1700m  行動時間 7時間30分  歩行時間 6時間57分
体力レベル 6
by ichibunn-go | 2012-03-25 21:56 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(5)

3月20日(火) この前の土日は天気が思わしくなく、延期していた多良岳にマンサクを見に登ることにした。しかし、カミさんは昼近くまで仕事があり午前中の出発は無理かもしれないので、25分ほどで金泉寺に着くことができる金泉寺下駐車場から登ることにした。佐世保からだとアプローチに2時間近くかかるけど、まあ、いいかっ!

咲き誇る多良岳のマンサク
a0206345_21233275.jpg

ルートは時間も少ないので金泉寺下駐車場~金泉寺分岐~国見岳~多良権現峰~金泉寺~金泉寺下駐車場の単純ショートコース
a0206345_23231216.jpg

13:25 金泉寺下駐車場に到着
a0206345_2111753.jpg

13:40 準備が整い多良岳に向けてしゅぱ~つ! 怪しいニセ山ガール
a0206345_216752.jpg

13:51 ガレ場と化した登山道を登って行く 山ガールとニセ山ガール
a0206345_2175189.jpg

14:00 金泉寺分岐 先に多良岳に登ることにする
a0206345_2195568.jpg

14:04 役の行者にお参りして崩れかけた階段を登る
a0206345_21111213.jpg

14:18 梵字岩を見上げる ほら~あそこさ~!なんて書いてあるっちゃろ~ね?
a0206345_21125962.jpg

14:21 梵字岩上のクサリ場 こわ~いと山ガ~ル 黒髪山の天童岩よりましやろもん!
a0206345_21143857.jpg

14:26 国見岳のマンサク 良かった~咲いとったー!
a0206345_21155556.jpg

二週間前はつぼみやったもんね~!
a0206345_21163195.jpg

14:35~15:10 多良権現峰のマンサク
a0206345_21191539.jpg

ここで経ヶ岳を見ながら遅~い昼食です
a0206345_21211768.jpg

ここのマンサクもいいね
a0206345_21233275.jpg

a0206345_2124968.jpg

a0206345_21244278.jpg

記念写真を撮って金泉寺に向けてしゅっぱ~つ!
a0206345_2128196.jpg

この階段降る時は結構こわいね
a0206345_2393415.jpg

15:20 降りがこわ~い!と山ガ~ル
a0206345_2130242.jpg

15:34 役の行者から一旦西岳方向に登り金泉寺に降ることにした
a0206345_21325359.jpg

15:44~16:00 時間が遅いので私達以外の登山者は二人だけしかいませんでした
a0206345_21382699.jpg

a0206345_2137392.jpg

16:25 金泉寺下駐車場に到着
a0206345_21401846.jpg


なんとか天気にも恵まれ、前回より沢山開花したマンサクを見ることができて十分満足できた。単独登山は自由気ままでいいが。家族とのんびり登るのも楽しいものだ。と思う今日この頃である。

歩行距離 2.5キロ  行動時間 2時間45分  歩行時間 1時間54分
by ichibunn-go | 2012-03-20 22:03 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)

3月11日(日) 一年前の今日 東北地方を襲った大地震と大津波!更に追い討ちをかけるように福島第一原発の事故。家族を亡くし、家を失い、全てをなくして着の身着のまま絶望の中で避難した人達がいただろう。その中には大変な距離を歩いて避難した人もいたのだはないか?その人々の苦しみを少しでも理解したい。どんなにきつくても苦しくても思いを込めて歩ききる!

ルートは野中町の自宅を出発~戸尾町~山祗登山口~烏帽子岳~大山口越~隠居岳~宇土口橋~オサイ峠~八天岳~栗ノ木峠~国見山までを往復する
a0206345_18553115.jpg

7:00 将冠岳を正面に見ながら家を出発
a0206345_1858298.jpg

8:01 先週の火事で焼け落ちた戸尾市場 全国ニュースでも流れてました
a0206345_1933434.jpg

8:23 山祗登山口 ここからが本番だ 先は長い ゆっくり登ろう 
a0206345_1961682.jpg

9:00 烏帽子岳山頂 スタートから2時間 写真を撮って通過 黄砂かな?な~んも見えません
a0206345_198146.jpg

9:05~9:11 風と星の広場 後方は烏帽子岳
a0206345_199698.jpg

9:27 烏帽子スポーツの里を通り過ぎ満場越
a0206345_1911831.jpg

9:37~9:42 木場山展望台
a0206345_19122578.jpg

草刈をしていた人達の中に知り合いがいました ご苦労様です
a0206345_19133711.jpg

10:00 大山口越を通過 ここから先はイノシシ避けにラジオのスイッチオン
a0206345_1915186.jpg

10:11~10:13 隠居岳山頂 スタートから3時間11分 風が強すぎて帽子が飛ばされそう
a0206345_19164727.jpg

10:23 宇土口橋の隠居岳登山口
a0206345_19183719.jpg

10:29 焼山池登山口 
a0206345_19194878.jpg

10:40 いつ歩いても気持ちよかばい
a0206345_19213489.jpg

10:52 オサイ観音を通過 お参りだけはしていこう
a0206345_19223698.jpg

11:14 八天岳を通過 スタートから4時間14分 少しでも景色の見えればよかばってんねぇ
a0206345_19242052.jpg

11:27 オッ!ふきのとうじゃない?でも今日の目的は山菜狩りじゃあ~りません
a0206345_19263372.jpg

11:35 栗ノ木峠 ここでも水汲みに来ていた職場の人と会いました 
a0206345_19282237.jpg

11:43 この登山道もいつ歩いても気持ちいいよね
a0206345_20173599.jpg

11:58~12:02 国見山山頂 スタートから4時間58分 ここまで26キロをほぼ5時間で踏破 残り半分5時間頑張ろう
a0206345_20195031.jpg

12:19 栗ノ木峠 さすがに水汲みは終わったようですね
a0206345_2023452.jpg

12:45~12:51 八天岳山頂 スタートから5時間45分 ザックを下ろしてパンでも食べるか
a0206345_2025677.jpg

13:08 オサイ観音を通過
a0206345_2026142.jpg

13:36 隠居岳登山口 ここからが復路最大の難所だな 疲れもあるしゆっくり登ろう
a0206345_2027712.jpg

13:53 この岩場を登れば山頂はすぐそこだ
a0206345_2030315.jpg

13:56 隠居岳山頂 スタートから6時間56分 休まずに通過
a0206345_2031341.jpg

14:05 大山口越を通過
a0206345_20322771.jpg

14:24 木場山展望台 草刈は終わったようですね 綺麗になりました
a0206345_20344833.jpg

14:41 烏帽子スポーツの里 お客さんも増えたみたいだ この後、午後2時46分 1分間の黙祷をもって亡くなられた方々のご冥福をお祈りしました
a0206345_20381127.jpg

15:05~15:12 烏帽子岳山頂 スタートから8時間05分 黄砂も消えて見晴らしが良くなったようだ 九十九島も見えている
a0206345_20402715.jpg

直線距離で9キロの国見山も見える 真ん中の台形の山
a0206345_20433567.jpg

15:24  山祗登山口に向けて降って行く この登山道もいいよね
a0206345_20451535.jpg

15:38 山祗登山口 ここから家まで9キロ足らず頑張ろう
a0206345_20461036.jpg

17:07 スタートから10時間07分 我が家に無事到着 愛猫のルイが出迎えてくれました
a0206345_20491210.jpg

疲れた足にスリスリ かわいいもんです
a0206345_2049534.jpg


今回歩いた52キロ 被災された方々の事を思うとまだまだ足りないのかもしれない。でも今の自分にできる精一杯の思い。これから復興が進み被災された方々が一日でも早く故郷に戻れる日が来ることを切に願います。

歩行距離 52キロ  累積標高 2200メートル  行動時間 10時間07分  歩行時間 9時間41分
体力レベル 7
by ichibunn-go | 2012-03-11 21:19 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(6)

仰烏帽子山の福寿草

3月4日(日) 今月の3ガクッタイ定例登山は熊本県の仰烏帽子山に福寿草観賞登山。咲いてるかなあ?
昨夜は目覚ましを4時10分にセットして就寝した。今朝目が覚めたのは4時9分その直後アラームが鳴った!オイの体内時計はなんちゅう正確さやろか!今日はきっとよか一日になるバイ!
スタパタと準備をして4時40分に集合地点の基山PAに向けて出発した。しかし、霧雨が降っている。
6時40分に皆さんと合流し一路、仰烏帽子山、椎葉登山口に向かった。熊本あたりで霧雨も止み、晴れ間こそ見えないがこりゃあよかバイ!
参加者は副隊長、y師匠、てるさん、イチブンの山の大馬鹿たれ4名 隊長は体調が悪く残念ながら参加できないとの事

小さく可憐な福寿草
a0206345_19293811.jpg

ルートは椎葉登山口~仏石分岐~仰烏帽子山~福寿草群生地~仏石~椎葉登山口
a0206345_18515051.jpg

9:00 椎葉登山口に到着 広島ナンバーのバスがいる 遠くから来るんですねぇ
a0206345_2143326.jpg

9:15 各自準備をすませ出発だー!
a0206345_21453510.jpg

登山口のすぐ上にある案内板 (のけぼしやま)かと思ったら(のけえぼしやま)らしい
a0206345_21462343.jpg

9:35 牛の鼻ぐり岩 雨でぬれとるけん潜る気せんばい
a0206345_21474625.jpg

9:40 雰囲気のいいガレ場を登りつめて行く
a0206345_19342299.jpg

9:50~9:53 仏石分岐 まづ左をとって仰烏帽子山に登ることになった 帰りは右側の仏石から降りてくる
a0206345_2151027.jpg

10:26 縦走路に登り上がる 途中に展望台があったっけ?
a0206345_21542554.jpg

10:37 雰囲気のいい縦走路
a0206345_21555767.jpg

10:43~10:46 仰烏帽子山山頂 風が強く帽子が飛ばされそう
a0206345_21573343.jpg

ん~なかなかよか男ばい!
a0206345_2158294.jpg

先着の広島、山口の方にお願いしてシャッターを押してもらいましたが景色はぜんぜん見えません
a0206345_21581750.jpg

11:12 不思議な形をした木 シェー
a0206345_2202333.jpg

11:27~11:59 各登山口の分岐で昼食とする
a0206345_2221442.jpg

 まづ第一登山口側の福寿草の群生地へ降る
a0206345_2254454.jpg

12:07~12:22 殆んどが蕾で僅かに咲いていた 思ったよりも小さい花だった
a0206345_2294466.jpg

a0206345_19323179.jpg

a0206345_1928045.jpg

12:36~12:40 再び分岐まで戻ると広島、山口から来た団体さんは昼食のようだ
a0206345_2211507.jpg

12:47~13:00 仏石 登ると危険!の注意書きがあったが登りたい衝動に駆られる・・・
a0206345_2213290.jpg

その周辺にも福寿草の群生が!
a0206345_22141460.jpg

a0206345_22144749.jpg

a0206345_19293811.jpg

仏石にしがみつく副隊長 カエルかいな?
a0206345_22164527.jpg

13:07~13:12 仏石下の岩に登ってみる
a0206345_22192854.jpg

今日 初めて見えた景色
a0206345_22204459.jpg

13:18 直径2メートルほどのドリーネ 深さは5メートルぐらい 落ちたらあがりきらんばい!
a0206345_2223033.jpg

13:31 仏石分岐まで戻ってきた
a0206345_22250100.jpg

13:54 椎葉登山口に無事到着
a0206345_22262110.jpg


最後まで雨が降らずに良かった。天気予報が見事に当たったようだ。この後予報どおり雨が降り出しラッキーだった。
目的だった福寿草の開花が例年より少し遅いようで来週あたりはかなり咲いているかもしれない。昨日登った多良岳のマンサクも例年より遅れているようで、今年は寒かったということだろうな。

歩行距離 6キロ  行動時間 4時間39分  歩行時間 3時間24分
by ichibunn-go | 2012-03-04 22:49 | 大分 熊本 宮崎の山 | Trackback | Comments(4)

多良岳のマンサク

3月3日(土) 今日は朝から快晴で家に居るのはもったいない。そうだ!多良岳のマンサクが咲いている頃だから見に行こう。急な思い立ちだったため家を出るのは9時になってしまった。10時40分頃八丁谷第二駐車場に着いたのだが、満車だったため第一駐車場まで登ってみたがクサリで閉鎖されていた。横の駐車スペースに駐車していた車が運よく一台出て行き何とか駐車することができた。


見ごろには少し早いようだ
a0206345_2054719.jpg

ルートは八丁谷から金泉寺~国見岳~多良権現~前岳~六体地蔵~金泉寺~八丁谷の単純な往復コース
a0206345_20355787.jpg

10:58 ぼちぼち準備を進めて、やっと出発
a0206345_20373938.jpg

閉鎖された駐車場 なんでやろ?
a0206345_2039856.jpg

11:18 八丁谷登山口
a0206345_2040294.jpg

11:44 水汲み場上の沢と化したガレ場を登る
a0206345_2041465.jpg

12:11 西野越下のオオキツネノカミソリ 夏になったら楽しませてくださいね
a0206345_20433220.jpg

12:23~13:07 西野越をへて金泉寺に到着
a0206345_2046323.jpg

五家原岳の見える展望所で昼食とした
a0206345_2048663.jpg

13:12 役の行者手前の権現坂の石段を登って一応手を合わせた
a0206345_20492374.jpg

13:34 梵字岩を見上げて何て書いてあると?分かんね~!
a0206345_20512932.jpg

13:30 国見岳でやっとマンサクに会うことができた
a0206345_2054719.jpg

完全に開花した花は一輪もない・・・まだしばらく先のようだ
a0206345_20542989.jpg

13:4~13:45 多良権現社 誰もいません
a0206345_20585196.jpg

13:48 多良権現社からの急なくだりをロープを頼りに必死に降る
a0206345_2112241.jpg

13:50 罪人落としの岩 恐る恐るへっぴり腰で下を覗いてみるニセ山ガール その昔ここから落とされて助かれば罪が許されたそうだ 無理やろ!
a0206345_2135381.jpg

14:00 展望岩へのハシゴを登れば見晴らし最高!
a0206345_2154867.jpg

14:04 座禅岩 風も強く怖くてこれ以上先へ行けない 立つことすらできない まるでカニだね
a0206345_2164246.jpg

14:10 鬼の岩屋を支えているつもり
a0206345_2191026.jpg

14:15 前岳山頂 三角点はこちらにあります
a0206345_2110285.jpg

14:35 戻って六体地蔵への降り
a0206345_21105471.jpg

13:39 六体地蔵
a0206345_21122048.jpg

15:00~15:05 金泉寺で一休み
a0206345_21133750.jpg

15:18 西野越下付近から経ヶ岳を見上げる
a0206345_21152463.jpg

15:34 水汲み場を通過
a0206345_21161162.jpg

15:55 八丁谷登山口を通過
a0206345_21174777.jpg

16:07 無事出発点に到着
a0206345_21193358.jpg


今回の目的だった開花したマンサクは残念ながら見ることができなかった。もう一度数週間後に登ってみよう

歩行距離 9キロ  行動時間 5時間09分  歩行時間 4時間20分
by ichibunn-go | 2012-03-03 21:30 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)