家族と登った山の思い出

2012年2月26日(日) 昨日は雨、今日はまあまあの天気だったが今年に入って毎週のように山に登っていたので東京マラソンでも見ながらゆっくりと休養することにしよう。
そこでアルバムを開いて家族と登った山を思い出してみるこたにした。
 そもそも私達夫婦が登山を始めたきっかけは今から25年ほど前の事。結婚して3年経っても子供ができない・・・山に登って自然の中に入れば何かが変わるかもしれない!それが始まりだった。

ガイドブックを買い夫婦で初めて登った山が黒髪山だった。わずか500m余りの標高でありながら360度の素晴らしい眺望!もっと高い山に登ってみたい。感動と達成感が疲れを上回れば当然のごとくそう思うだろう。

その当時参考にしたガイドブック 今でも時々開いて見ます
a0206345_22411817.jpg

 しかしあくまでも初心者登山。遠くは霧島あたりまで出かけたが運動靴とジャージで装備も何もあったもんじゃない。吹雪の普賢岳で遭難しそうになったこともある。今考えると恐ろしい!
 そこで、登山の初歩を学ぶために買ったのが、その当時愛読していたBE-PALのバックパッキング入門。この本により初歩の技術と知識を習得し、最低限の装備を整えることができた 
a0206345_22453682.jpg

1989年5月27日 今は噴火によって埋もれてしまった美しき新燃岳の火口湖
a0206345_13155212.jpg

1990年9月9日 登山を始めて4年 結婚7年目にして待望の長女が誕生、首が据わるのを待って5ヶ月半で黒髪山へ初登山となった 雄岩と雌岩の見える展望所
a0206345_18244232.jpg

若くて初々しいカミさん 今で言う 山ガールですねぇ
a0206345_18263362.jpg

こんな感じで登りました。ベビーキャリアが指定席で泣くこともぐずることもありませんでした。この当時 日本ではトレッキング用のベビーキャリアはまだ普及しておらず、仕方なくタウン用を流用するしかなかった。これが肩に食い込んで痛いこと・・・
a0206345_18274683.jpg

黒髪山山頂でミルクを飲む 誰も経験した事ないかも
a0206345_18301280.jpg

a0206345_183041100.jpg

1990年9月22日 隠居岳山頂 生後6ヶ月で2度目の登山です
a0206345_18324881.jpg

貸切の山頂でお昼です あの頃君は若かった~~
a0206345_18331946.jpg

この日もご機嫌でした
a0206345_18363947.jpg

1990年10月13日 いよいよ久住山にチャレンジです 沓掛山山頂 今日もご機嫌です
a0206345_18402175.jpg

ここはどのあたりかなぁ?すっかり指定席です
a0206345_1843226.jpg

久住わかれ 寝てますねぇ でもこの日は山の人気者でした
a0206345_18453157.jpg

急激に霧が出てきたので、昼食を食べて勇気ある撤退をすることにした
a0206345_18475389.jpg

1990年11月3日 雲仙紅葉登山 この日は仁田登山道路が大渋滞で、10時半頃着く予定が12時になってしまったため妙見岳のみに登ることにした 妙見尾根から紅葉茶屋に降るあたりかな
a0206345_18525035.jpg

写真の色があせて黄ばんで折角の山ガールも紅葉も台無しです
a0206345_18535739.jpg

紅葉茶屋へ降る途中 この紅葉の素晴らしいこと だけど寝てます
a0206345_19353284.jpg

紅葉茶屋と薊谷の中間あたり 娘の体重も日増しに重くなって、このあたりが限界かな しかもお尻の下には水が2リットル入ってます
a0206345_1936516.jpg

無事に仁田峠まで戻って来ました この2週間後の11月17日、普賢岳が噴火を始め入山禁止になりました
a0206345_19465412.jpg

1998年5月23日 次女も生まれ実に8年ぶり 《この間にも登ったはずだが残念ながら写真、記録、記憶がない》 の家族登山で黒髪山に登りました 二股の下の沢で休憩 石のしたには何かいるかな~?
a0206345_20464810.jpg

次女が疲れた時だけおんぶしました
a0206345_20501726.jpg

黒髪山山頂 長女が8歳 次女が1歳6ヶ月
a0206345_2013963.jpg

2003年12月頃 平成新山を見るために家族4人でにこやかに普賢岳に登る とても寒い日でした
a0206345_20174916.jpg

紅葉茶屋から普賢岳への登り 霜柱の立った登山道を余裕で登ります
a0206345_20195546.jpg

平成新山を後ろに従える
a0206345_20221583.jpg

a0206345_20295265.jpg

a0206345_20222991.jpg

2004年2月頃 地獄の超低山 古川岳に登る 階段を登るか! 
a0206345_203482.jpg

降るか!の繰り返しで帰りは車道を通って帰りました
a0206345_2035929.jpg

2004年4月頃 黒髪山に登る 次女も成長して天童岩のクサリ場も梯子もへっちゃらです
a0206345_20374534.jpg

娘たちも逞しくなりました
a0206345_20385380.jpg

a0206345_20391141.jpg


現在、長女は社会人で忙しい毎日。次女は高校生で山ガールに成りつつあり、これからが楽しみです。
いつの日か家族が増えて、家族みんなで山に登れる日を待ち遠しく思う今日この頃です。
by ichibunn-go | 2012-02-26 21:18 | その他 | Trackback | Comments(6)

国見山

2月20日(月) 今日は仕事が休みだったこともあり地元の国見山に登ることにした。先週末山間部では雪が降っていたようなので、積雪が期待できるだろう。今シーズン最後の雪山になるかもしれない。
以前から気になっていた国見山山頂から世知原、西有田方面へ降る道も歩いてみたいと思う。


雪に埋もれた一等三角点
a0206345_20325965.jpg
ルートは国見湖畔公園~栗ノ木峠~国見山~世知原、西有田分岐~世知原方面~世知原、西有田分岐~西有田登山口~国見湖畔公園
a0206345_22102583.jpg

9:40 国見湖畔公園を出発 積雪は充分期待できそうだ
a0206345_196088.jpg

9:42~9:47 旧国道 現在は廃道になっている 凍結して滑って歩きにくいので早くもアイゼン装着 
a0206345_1981149.jpg

10:00 登山口の上にある大日の杉 若杉山の大和杉に比べると赤ん坊だね
a0206345_19141263.jpg

10:07 誰も歩いていない雪の上に小動物の足跡 何やろ? 
a0206345_19161431.jpg

10:10 栗ノ木峠 車で登ってきた人がいるようだ 
a0206345_191897.jpg

10:15 誰も歩いていない新雪を歩くのは気持ちいい あるのは小動物の足跡だけ
a0206345_19214410.jpg

10:26 動物の足跡すらない気持ちのいい自然林
a0206345_202849100.jpg

10:43~10:50 国見山山頂展望台
a0206345_20321174.jpg

やっぱ雪山は気持ちよかばい!
a0206345_20335636.jpg

南東側、中央右上に虚空蔵山、その左上には多良山系の山々が広がる
a0206345_20352594.jpg

北側には伊万里湾
a0206345_20404159.jpg

南西側には弓張岳から将冠岳、その右には愛宕山
a0206345_20414886.jpg

10:52 気になっていた世知原、西有田分岐 ここから先は初めてなので慎重にいこう
a0206345_2046516.jpg

10:58 誰も歩いていない雪道は実に気持ちいい
a0206345_20471526.jpg

11:02 錆びてわかり難いが世知原と西有田の分岐だろう まず左側の世知原方面に行ってみよう ここからは先は地図とコンパスを使いながら行かないとわかりにくそうだ
a0206345_20503411.jpg

11:13 林道に出合い現在地を確認 この先も林道になっていてチェーンで止めてあるが車の轍はあるようだ
a0206345_20534174.jpg

11:19 地図とコンパスが示す方向は轍のある方のようだ、数分歩いた所で行き止まりになってしまったが、左側に山道があったのでそこを行ってみることにした
a0206345_2105825.jpg

11:27 数分で林道に出て更に数分歩いてみたが現在位置が確認できないので諦めて引き返すことにした 
a0206345_21161613.jpg

11:59 分岐まで戻ってきた あるのは自分の足跡だけ 今度は左を取って西有田へ降る 
a0206345_21115029.jpg

12:04 いる筈のない先行者の足跡 かなり大きな猪がいるようだ 
a0206345_21175933.jpg

12:07 雪で道が分かり難い 赤テープを頼りに降ることにしよう
a0206345_21253216.jpg

12:13 道標があった 間違いなく九州自然歩道
a0206345_21213341.jpg

12:24 林道に出合い反対側に赤テープがあったのでそのまま進んでトラバース地点
a0206345_21375491.jpg

12:35 植林帯を抜けて旧国道出合い すぐ先には現国道もあるが静かな旧道を歩くことにする
a0206345_21422235.jpg

12:41 黒髪山系 英山から腰岳までが見渡せる 
a0206345_21451769.jpg

13:12 国見湖畔公園に到着 昼飯でも食べて帰ることにするか
a0206345_21475082.jpg


世知原へ行く道が分からなくなったのは残念だが、後日もう一度歩いてみることにしよう。西有田に降る道は思いのほか急で積雪のため分かりにくく何度も滑落の危険を感じた所があった。でも、終わってみれば時間は短かったものの充分満足できるものだった

歩行距離 12キロ  行動時間 3時間32分  歩行時間 3時間25分
体力レベル 2
by ichibunn-go | 2012-02-21 22:12 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(4)

2月18日(土) カミさんが島原の両親の様子を見に行きたいと言うので、これは願ってもないチャンス!運がよければ雲仙の霧氷が見れるかもしれない。一週間ほど前から天気予報とにらめっこで雲仙の予想最低気温もマイナス6度。こりゃよかバイ!

素晴らしい・・・国見尾根の霧氷
a0206345_237509.jpg

ルートは出発時間が遅いため第二吹越~妙見尾根~国見岳~普賢岳間を往復する超ショートコース
a0206345_2244209.jpg

10:21 カミさんの実家を出発し百花台から雲仙を眺める 雲がかかっているので期待できるぞ!
a0206345_22475049.jpg

10:46 第二吹き越登山口 下山してきた単独の若者から霧氷の情報を聞き、予定通りのコースで行くことを決定し準備を済ませ出発
a0206345_2253921.jpg

11:04 標高1000mを越えたあたりから霧氷が見られるようになってきた。こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_2255952.jpg

11:14 このあたりでこれやったら尾根は凄かやろ!
a0206345_2256560.jpg

11:19 う~ん!言葉が出ない・・・
a0206345_22584943.jpg

11:26 妙見尾根分岐 来て良かった~!
a0206345_2312566.jpg

11:28 ・・・言葉がない・・・
a0206345_2332620.jpg

11:33 国見岳分岐 積雪はそれほどでもないのでアイゼン無しで行ける所まで行ってみよう
a0206345_2364495.jpg

11:42~11:52 国見岳山頂 温度計はマイナス8度を指している
a0206345_2313523.jpg

寒すぎ ニット帽の汗が凍り付いてバリバリ ここでアイゼンを装着して安全第一
a0206345_23133211.jpg

国見岳の霧氷
a0206345_2314218.jpg

a0206345_189113.jpg

a0206345_1810228.jpg

11:55 20センチ以上ある霜柱
a0206345_23201633.jpg

11:57 妙見岳は雲に隠れているが素晴らしい 
a0206345_23213920.jpg

11:58 雲の切れ間から第二吹越登山口がかすかに見える
a0206345_23253699.jpg

12:03 国見岳分岐 左を取って紅葉茶屋に降る
a0206345_1811516.jpg

12:05 雲の切れ間から南島原が見えてきた
a0206345_23313567.jpg

12:11 鬼人谷分岐 柵も新しくなり後は開通を待つばかりかな?
a0206345_23422933.jpg

12:27~12:40 紅葉茶屋をへて普賢岳山頂 ハイドレーションシステムはカチカチに凍結してまったく役に立たず たぶん気温はマイナス10度以下
a0206345_23471197.jpg
 
ここで諫早から来た二人の山ガールと出会う 第二吹越に降ったことがないという事なので帰り道でもあるし同行して案内することにした
a0206345_23494845.jpg

むひょう~って感じ
a0206345_23553031.jpg

a0206345_23582285.jpg

12:58~13:20 紅葉茶屋まで降り他の登山者もいたが空いたスペースで昼食とする
a0206345_17432174.jpg

13:25 急な登山道を妙見尾根に向けて喘ぎながら登る
a0206345_0175440.jpg

13:29 普賢岳の後ろに平成新山
a0206345_18223532.jpg

13:32 霧氷の向こうに妙見岳
a0206345_18241962.jpg

13:34 妙見岳をバックにご満悦です
a0206345_0123829.jpg

a0206345_0143166.jpg

13:39 霧氷の中を歩く
a0206345_0152785.jpg

絵になるねえ~?
a0206345_0194222.jpg

13:41 第二吹き越分岐 一気に450mを降ります
a0206345_021439.jpg

14:16 第二吹き越登山口に到着 山ガール二人は車を駐車している池ノ原まで歩きたいということなのでここで別れて、いつもの湯の里温泉に向かった
a0206345_0233490.jpg

15:25 島原へ向かう途中 雲仙の山を見上げる
a0206345_0302883.jpg


今日は素晴らしい霧氷を見ることができた。個人的には先月見た雲仙の霧氷、青空が見えていれば先週の由布岳より素晴らしいと思う。
山ガールとも出会い充実した楽しい山行となった。昨年から始めたとの事ですが安全に登山するための知識、装備の充実と、これからの成長を期待します。
またハイドレーションシステムの凍結には驚いた。マイナス5度程度までは大丈夫だったが、マイナス8度でシャーベット、それ以下では凍結するのがわかった。厳寒の山では考え物だ。

歩行距離 5キロ  行動時間 3時間55分  歩行時間 3時間07分
体力レベル 2
by ichibunn-go | 2012-02-19 00:46 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)

2月11日(土) 今回は先月の3ガクッタイ定例登山から2週間しかたっていないが、諸事情により昨年6月に登るはずだったが雨のため中止になっていた由布岳(私の希望)に登ることになった。天気予報では晴れマーク!
どんな景色が見えるのか期待に胸を膨らませ5時40分に佐世保を出発。いつものように、武雄のめん勝でうどんと稲荷寿司を食べ、一路集合場所の基山PAに向かった。

今日の参加者は、隊長、副隊長夫妻、y師匠、てるさん、イチブンの山の大馬鹿野郎5名と山ガール?1名

上部は真っ白 こりゃあ期待できるばい!
a0206345_0204949.jpg

ルートは正面登山口~合野越~マタエ~由布岳西峰~お鉢めぐり~由布岳東峰~マタエ~合野越~飯盛ヶ城~正面登山口
a0206345_22391210.jpg

9:04 登山口に到着し由布岳を見上げる
a0206345_0183234.jpg

9:22 準備運動を済ませ、装備を整え、いざ出発
a0206345_020471.jpg

9:38 日向岳と東登山口方面との分岐の案内板
a0206345_0231176.jpg

10:03 合野越を通過 普通の登山者はここで休むらしいが3ガクッタイは普通じゃなかけん休みません
a0206345_0252176.jpg

10:31 これは霧氷・・・凄い
a0206345_0275875.jpg

10:41 松の木にびっしりと着いた霧氷
a0206345_0292253.jpg

11:05 ここは何処?まるで別世界
a0206345_0303290.jpg

11:13~11:30 マタエに到着 ここでアイゼンを装着
a0206345_0324065.jpg

東峰に登る登山者
a0206345_18574314.jpg

さあ!西峰へ向けて出発だ!
a0206345_17512244.jpg

11:34 隊長を先頭に障子戸に挑む
a0206345_192313.jpg

11:38 障子戸の岩壁に悪戦苦闘!でもないか
a0206345_0372418.jpg

11:45 障子戸を登り東峰を望む 九州の山かいな?
a0206345_0381484.jpg

11:50~12:23 今日の一番乗りで由布岳西峰に到着
a0206345_127497.jpg

360度の大展望 空を飛んでいるみたいだ
a0206345_0404634.jpg

5人の大馬鹿野郎と山ガール?1名
a0206345_041928.jpg

風もなく温かいのでここで昼食とする
a0206345_043667.jpg

昼食を食べていると単独の女性が登ってきた。今回が5年の月日をかけて由布岳100回目の登頂とのこと。しかも昨年は100回以上山に登られたとか。私の64回はどこかに飛んで行きました・・・横断幕を見ると三郡往復縦走の時、y師匠が作ってくれた横断幕を思い出しますねえ
a0206345_043392.jpg

剣ヶ峰と鶴見岳 素晴らしい
a0206345_22164741.jpg

山頂から東峰を望む  
a0206345_058386.jpg

九重の山々も一望
a0206345_0583171.jpg

12:23 樹氷と霧氷の中をお鉢巡りに出発
a0206345_0552042.jpg

12:32 樹氷のモンスター この直後y師匠が5メートルほど登山道を滑り落ちた!雪まみれになっただけで何事も無かったのでホッとした。まさに弘法も筆の誤り
a0206345_0562383.jpg

12:48 ほぼ垂直の岩場を降る
a0206345_18473287.jpg

12:53 樹氷に霧氷がついたモンスター
a0206345_22321284.jpg

12:55 しばし西峰を望む
a0206345_11118.jpg

13:05 雪まみれになりながら剣ヶ峰に到着
a0206345_141097.jpg

13:08 鶴見岳と高崎山
a0206345_152370.jpg

13:10 東峰はもうすぐだ
a0206345_161710.jpg

13:23~13:45 東峰に到着 まさに空の上
a0206345_183481.jpg

山頂で飲むコーヒーは最高ですね でも、なんでこがん所に灰皿のあると?
a0206345_16385924.jpg

13:48~14:00 マタエ ここでアイゼンを外す 大勢の登山者が休んでます
a0206345_110881.jpg

14:43~14:51 合野越 いち早くベンチに座る隊長
a0206345_114434.jpg

14:53 飯盛ヶ城登山部隊と下山部隊に別れ鞍部の西登山口分岐
a0206345_1154369.jpg

14:58~15:01 飯盛ヶ城山頂
a0206345_117474.jpg

15:02 ジグザグの登山道
a0206345_1183949.jpg

15:10 振り返って飯盛ヶ城を見上げる 
a0206345_1191768.jpg

15:20 下山部隊の3人 遅いよ~
a0206345_1211319.jpg

15:21 無事登山口に到着
a0206345_1222655.jpg


雲仙の霧氷の繊細な美しさとは違い、樹氷の迫力ある美しさ。まさに自然の成せる冬の芸術。天気にも恵まれ大満足の一日でした。

歩行距離 8.5キロ  累積標高 1000m  行動時間 5時間59分  歩行時間 4時間24分
体力レベル 3     
by ichibunn-go | 2012-02-12 01:40 | 大分 熊本 宮崎の山 | Trackback | Comments(6)

2月4日(土) 先週もカミさんと二人で難所ヶ滝の氷瀑を見に行ったのだが、その写真を見た娘が自分も見てみたいと言うので、娘を連れて2週続けて登ることにした。
 一昨日からの雪で高速道路も軒並み通行止めだったため、果たして今日行けるかどうか心配していたのだが、昨晩あたりから規制解除がされ始め、今朝は規制が全て解除されていたので予定通り出発することができた。はたして、氷瀑は成長したのか?積雪は増えたのか?楽しみだ。

初めての難所ケ滝に大満足のアユと2回目カミさん
a0206345_203706.jpg

先週は難所ヶ滝を見て宝満山まで往復したので、今日のルートは昭和の森を出発~難所ヶ滝~三郡山~頭巾山~昭和の森に戻ってくることにした
a0206345_20112858.jpg

10:05 9時40分頃到着したのだが、下の駐車場はすでに満車だったので上の駐車場に登った所、丁度1台出て行き運よく駐車することができた。ラッキー!準備運動を済ませ装備を整え、いざ!しゅっぱ~つ!
a0206345_20194125.jpg

10:18 林道から分かれて沢へ降る
a0206345_20222119.jpg

10:22 道標の上の手袋は先週カミさんが落とした物で、濡れてもおらずまたまたラッキー!拾ってくれた人、ありがとう!
a0206345_20234336.jpg

11:03 早めにアイゼンを装着し沢を渡り岩場を登る このあたりから降ってくる人が増えてきた
a0206345_20274819.jpg

11:09 渋滞が始まりなかなか先へ進めない 降ってくる人から、山ガールかわいいー!確かに一人は山ガールですけど・・・妙に目立っていたようだ
a0206345_203182.jpg

11:26~11:40 難所ヶ滝に到着 先週よりは成長してます 
a0206345_203706.jpg

滝も人も迫力です
a0206345_22455092.jpg

登山者でいっぱいです 殆んどの人はここから引き返すみたいですね
a0206345_20394848.jpg

昨年に比べると・・・ですねぇ・・・だけど自然の芸術は素晴らしい!
a0206345_2040610.jpg

家族3人でパチリ!
a0206345_21343455.jpg

11:54 静かになった登山道を縦走路目指して登ります
a0206345_21371048.jpg

12:14~12:28 先週と同じ所で昼食 やっぱり温かい物がお腹に入ると落ち着きますね それに雪の中で食べると美味しいこと
a0206345_21402282.jpg

12:31 縦走路出合い 先週はここから宝満山に行ったけど、今日は三郡山を目指します このあたりから粉雪が舞い始める 確か昨年は雪だるまの頭の上あたりまで積もってなかったっけ?
a0206345_21433620.jpg

12:43 ヤセ尾根通過中 落ちるなよ~!
a0206345_21444969.jpg

12:52 粉雪に煙る三郡ハイウェイ 雪と戯れ寄り道しながら登っていきます
a0206345_2238974.jpg

幻想的かも?
a0206345_1829281.jpg

13:06 え~!こがん所ばとおらんばと~!と言いながらフェンス際を通過
a0206345_21504346.jpg

13:10~13:20 三郡山山頂 気温はマイナス2度 だけど風がないのであんまり寒くありません
a0206345_21515673.jpg

寝転んではしゃぐ山ガール
a0206345_21535084.jpg

結構登山者がいます
a0206345_20305064.jpg

吹き溜まりに足を突っ込んではしゃぐ山ガールとニセ山ガール
a0206345_21561423.jpg

13:28 除雪された雪の塊に足を取られ転んでしまったニセ山ガール 大笑い!
a0206345_18305865.jpg

13:48~13:53 頭巾山山頂
a0206345_2212163.jpg

ここで出会った方々 糸島からこられたそうです しかも、この中の一人の方は最近佐世保にこられたとの事!偶然ですね~!
a0206345_2244182.jpg

13:59 頭巾山から少し降ったところ
a0206345_20152563.jpg

15:30 頭巾山からの長~い下りを降って車道に出合い振り返れば三郡山が見える
a0206345_18211740.jpg

15:40 キャンプ場の水道でアイゼンを洗い、とぼとぼ歩いて駐車場に無事到着
a0206345_221154.jpg


今日は家族と一緒に雪と戯れながら、のんびりと楽しい登山をすることができた。たまにはこんな登山もいいもんだ。また家族を誘ってどこかの山に登ることにしよう

歩行距離 7.5キロ  累積標高 750m  行動時間 5時間35分  歩行時間 4時間52分
体力レベル 2
by ichibunn-go | 2012-02-04 22:38 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(6)