八天岳トレーニング

11月27日(日) 先週、三郡往復縦走を達成した。、6時間48分。時間的には十分満足のいくものだった。
しかしサポートを引き受けてくれたY師匠から道々聞いた若い頃の話。『宝満山まで35分で登っていた!』『竃門神社から三郡山まで1時間半?で往復した事がある!』『篠栗の自宅から竃門神社まで3時間で行った事がある!』云々。耳を疑ったがその実力の片鱗をこの目で見てしまった!
しょうけ越から鬼岩谷山の途中までY師匠が登ってきてくれていた。合流してからの降り、『先に行って補給の準備をしますから』と言って横から抜き去り、あっ!という間に見えなくなってしまった!鬼岩谷山からしょうけ越までの私のタイムが14分ですよ!トレラン並みに早いと思いますけど・・・
さらに宝満山頂まで迎えに『ゆっくり1時間!』ゆっくりですよ!(当日の私のタイムが55分)で登ってきてくれたY師匠。宝満山からの下山タイムが34分。かなり早いと思いますけど、楽々余裕でいつでも抜けますよ状態でついて来るY師匠!あなたはいったい!?限界はどこですか?このコースだったら今でも6時間30分は切るんじゃないですか?もしかしたら6時間も・・・  6時間48分も霞んで見えなくなってきた・・・・・・

浜口兄弟を目標にしてきたけれど、これからは『Y師匠』あなたを目標にさせていただきます!

そこで今年中にもう一度、三郡往復縦走に挑戦することにした。登山スタイルの変更はやむ終えない。目指すスタイルは 『ノルディックトレイルランニング。モドキ』 登山とノルディックウォーキングとトレイルランニングを自分なりに組み合わせたものだ。
日ごろのトレーニングにランニングも取り入れた。今日はその実地検証で、隠居岳の北側にある焼山池横の登山口~(2キロ)オサイ峠~(1.7キロ)八天岳の間を数往復の予定だ。

8:50 焼山池に到着 今回は装備の変更をした ザックは最小限の10リッター シューズはトレラン用
 ザックの中には水1リットル、おにぎり2個、みかん4個 行動食のチョコレート、飴玉数個 カメラ その他緊急用品
a0206345_18132018.jpg

9:15 オサイ峠登山口 ここからオサイ峠まで2往復し3往復目から八天岳に向かう 猪さん出てこないで 
a0206345_18494394.jpg

9:21 三郡山にも負けぬアカガシの素晴らしい縦走路
a0206345_18525531.jpg

9:32 どうですか?トレランするには持って来いでしょ!2本目からランを入れよう 
a0206345_185446100.jpg

9:35 このコース唯一展望が開けた所 左側のこんもりした所が国見山、正面が伊万里、右側が腰岳
a0206345_18572026.jpg

9:41~9:44 オサイ峠のオサイ観音
a0206345_1901395.jpg

10:54 オサイ峠の由来 子供がなかなかできなかった私たちは、子授け安産の御利益があると聞きたびたび訪れました。それから登山を始めるようになり、ここが私たちの原点の地です
a0206345_191299.jpg

11:04 登山口まで2往復が終わり八天岳に向かいます。このコース一番の急登。砥石山の登りと同じぐらいかな 
a0206345_19124561.jpg

11:53 2往復目 三郡ハイウェイ並みの広々とした縦走路
a0206345_1944955.jpg

11:57 展望のない2回目の八天岳山頂
a0206345_19193545.jpg

13:26 八天岳まで3往復終了して登山口まで往復して最後のオサイ峠
a0206345_19233918.jpg

13:35 最後は郷美谷池経由で降ろう この竹林なかなか雰囲気いいなあ
a0206345_19271262.jpg

13:41~13:46 郷美谷池と隠居岳
a0206345_19294566.jpg

13:56 車道を1キロほど歩いて焼山池と隠居岳
a0206345_19354026.jpg

13:58 出発点の登山口に到着
a0206345_19382367.jpg



今日は走りたくなった所を走ってみた。なかなか気持ちのいいものだ。しかし、足にかかる負担は結構あるようだ。まだまだ日頃のランニングが必要だな。特に降りを鍛える必要がある。
これはトレイルランニングのためのトレーニングではなく、あくまでも登山のためのトレーニングのつもりです。

行動中に飲食した物 おにぎり1個、水0.4リットル、みかん1個、チョコレート、飴少々

歩走行距離 26.3キロ  行動時間 4時間44分  歩走行時間 4時間28分

これだけの距離があっても累積標高はわずかに750メートル!トレランやるには持って来いかも!?
by ichibunn-go | 2011-11-27 20:47 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(4)

11月17日 今週末はまたしても天気が崩れそう。19日に決行する予定だったが思い切って休暇をとり、三郡往復縦走にチャレンジしてみるか!それだけの価値はある!

この往復縦走を思いついたのは、九州、山口の山を題材にした登山雑誌グリーンウォークのバックナンバー24号(カミさんが知人から最近もらってきた)に出ている浜口兄弟の『素晴らしきかな三郡縦走路!』を読んでからだ。
実は浜口兄弟とは一度出会ったことがある。それはまだ私が浜口兄弟をよく知らなかった頃(グリーンウォークは読んでいたがあまりにも現実離れしていて興味がなかった)、大村の郡岳に登った時の事、降ってくる妙な格好(失礼)をしたおじさん二人。挨拶をしてすれ違ったが、どこかで見たことあるなあ?これが第一印象だった。他の登山者によると南登山口から山頂まで5往復のトレーニング中との事。その当時は信じられなかった!
後日グリーンウォークを見ていると、アッ!こん人達やん!!それまで決まった登山スタイルを持たなかった私は『これだ!』これこそが自分が探していた登山スタイルだ!と思った。それからトレーニングを続けついにこの日がやってきた。

今日のルートは竈門神社~宝満山~三郡山~前砥石~砥石山~鬼岩谷山~しょうけ越~若杉山を往復する。本来登山はタイムを競うものではないのだろうが今回だけは別!目指すは浜口兄弟の6時間53分。
今回は篠栗3ガクッタイの全面バックアップでの挑戦です。
a0206345_1713429.jpg

7:00 佐世保を4時半頃出発し武雄でセルフのうどん屋『めん勝』でうどんと稲荷寿司2個を食べ『勝』を入れて6時過ぎに竈門神社に到着、準備をすませウォーミングアップをして時間まで付近を散策、y師匠に予定どおり出発のメールを送り、お参りしていよいよスタート 
a0206345_20321583.jpg

7:17 はやる気持ちを抑え序盤はゆっくりを心がけ一の鳥居を通過
a0206345_20385237.jpg

7:26 水場を通過 そろそろペースを上げてもいい頃かな?
a0206345_20403471.jpg

7:37 二週間前は雨でぜんぜん見えなかったけど福岡市内一望だね
a0206345_20424434.jpg

7:39 待ってました百段ガンギ 1分ジャストでクリアー
a0206345_20451142.jpg

7:55~8:00 スタートから55分 ノンストップで宝満山頂に到着 お参りしてこの先の安全を祈願
a0206345_2048321.jpg

8:06 仏頂山を通過 木漏れ日が清々しい
a0206345_20495323.jpg

8:16 気持ちのいい縦走路 ホームグラウンドの黒髪山系にはこんな所はないもんなぁ
a0206345_2051618.jpg

8:34~8:40 スタートから1時間34分 誰もいない三郡山頂  みかんなどを食べて栄養補給 しばし景色を楽しむ
a0206345_20542522.jpg

a0206345_20545429.jpg

a0206345_20554433.jpg

9:13~9:18 前砥石山に到着 休んでいた登山者からトレランで竈門神社から若杉山まで3時間半で行く人がいると聞く(内心、走って3時間半?失礼ながら遅っ!と思う)オイは歩いて3時間半で行ってやるバイ!がぜん闘志がわいて来た。さらにスピードを上げていこう!
a0206345_2155684.jpg

9:25 スタートから2時間25分 砥石山を通過 山頂手前の急登も隠居岳トレーニングの成果で難なくクリアー 
a0206345_219445.jpg

9:28 砥石山からちょっと降った縦走路 こりゃ気持ちのよかばい!走りたくもなるよね!でもオイはトレイルランナーじゃなかけん高速ウォーキングで行くバイ!
a0206345_21114261.jpg

9:34 鬼岩谷山を通過 5分ほど降ったところまでy師匠が迎えに登ってきてくれていた 補給の準備をするからと言って走って降るy師匠 あっ!という間に見えなくなってしまった! そのスピードだったら6時間以内で往復するっちゃなかですか?
a0206345_21131361.jpg

9:48~9:56 スタートから2時間48分 しょうけ越に到着 y師匠がプラカードを作ってきていた ちょっと恥ずかしかです 差し入れの飲み物とお菓子で栄養補給 
a0206345_21163070.jpg

サポート役のy師匠(実際疲れ知らずのバケモノです)
a0206345_2127770.jpg

10:19 若杉ケ鼻 しょうけ越から少し登ったところで男女5~6人のパーティーとすれ違う『どこからですか?』と聞かれたので『竈門から若杉往復です』と言うと驚いていた 歩いてきた山並みがよく見える もう一度あそこを歩くのかぁ 
a0206345_2129134.jpg

10:22~10:30 スタートから3時間22分 若杉山山頂 トレランより歩いた方が早いやん!トンボ帰りでもよかったのだが10:30まで時間調整 
a0206345_21362331.jpg

10:49 再びショウケ越 ここからの登りが正念場だ!
a0206345_2139123.jpg

11:18 鬼岩谷山を通過 ここまでの登りは黒髪山系になれた私には普通の登り坂
a0206345_21401454.jpg

11:31 砥石山を通過 左足の付け根あたりに違和感が、しかしペースを落とすわけにはいかない ここからの降りで若杉山の登りですれ違った5~6人のパーティーを追い越す 『もう行って来たとですか?』『3時間25分ぐらいで行って来ました』と言うと皆さん『えっえぇ~!』と驚いていた 
a0206345_21421849.jpg

11:40~11:43 スタートから4時間40分 前砥石山 しばし足を止めてストレッチ 
a0206345_21452649.jpg

12:00~12:05 往路で会ったお嬢さん?山ガール二人と再会!左の方がちょっとだけよとズボンの裾を捲り上げると同じCW-X仲間でした。仲良しのお二人羨ましいですね
a0206345_21494528.jpg

12:30~12:40 スタートから5時間30分 三郡山山頂  雲が多くなってきたが景色を楽しみながらおにぎりを食べて栄養補給 12時48分 y師匠より宝満山頂で待つ!のメールが届く
a0206345_21522347.jpg

13:05 仏頂山を通過 どうも左の親指にまめができたようだ。右足の小指もおかしい? だけどy師匠が待つ宝満山まであと少し頑張ろう 
a0206345_21542536.jpg

13:11 ここを登れば宝満山頂だ
a0206345_21564384.jpg

13:13~13:14 スタートから6時間13分 宝満山山頂に到着  若杉山が見える。あそこまで行ってきたのかぁ・・・y師匠からまだ2時までに竈門神社に着けますよ!と聞いた途端それまでの疲れはどこかにふっ飛んでいった!さあこれから高速下山だ!
a0206345_13455990.jpg

13:24 百段ガンギすらかけ降り登山者を次々に追い越して行く 
a0206345_2245539.jpg

13:48 スタートから6時間48分 竈門神社に無事帰り着く 感無量!
a0206345_13423117.jpg

y師匠が作ってきてくれた『三郡往復縦走達成』の横断幕
a0206345_1344986.jpg
 
y師匠(66歳)サポート有難うございました イチブン(52歳)頑張りました
a0206345_1030198.jpg


憧れだった三郡往復縦走。ボロボロになりながらも達成することができた。二週間前の篠栗3ガクッタイの協力により行われた雨に降られながらの三郡下見縦走。実は傘をさしていたために踏路がよくわからない所があり、道間違いの不安もあった。ましてや復路は初体験だったが、道間違いもなくスムーズに往復することができた。しかも!目標としていた浜口兄弟の6時間53分を5分短縮する6時間48分を達成することができた。ルートを熟知すればまだまだ短縮の余地がある。またいつか挑戦してみたいものだ。

素晴らしき三郡縦走路よ!ありがとう!またいつか会おう!

歩行距離 26km  累積標高 2100m
往路 行動時間 3時間22分   歩行時間 2時間58分
復路 行動時間 3時間18分   歩行時間 2時間58分
   総行動時間 6時間48分 総歩行時間 5時間56分 

体力レベル 6    

12月13日 再度、三郡往復縦走に挑戦し総行動時間 6時間22分を達成しました
by ichibunn-go | 2011-11-17 22:51 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(6)

11月13日 いよいよ三郡往復縦走の日が近づいてきた。天気など条件が揃えば11月19日決行の予定だが週末はまたまた傘マークが点灯いている・・・なかなか気持ちのいい週末は訪れない。それでもトレーニングだけは欠かさずやっておかなければ!そこで3週連続で隠居岳にやって来た。今日は最終調整のつもりなのだが昨日の疲れが少し残っているようだ。片道1キロ標高差200メートル、12往復の予定だがやれるだけやってみよう。

8:50 いつもの里美農村公園 雲が低く霧雨が降っているがこれぐらいなら問題ない 
a0206345_16275091.jpg

9:00 準備運動をすませ1本目のスタート!少し登ったところで地図を持った数人の登山者とすれ違う。もう少し登るとDとかHとか木の枝に下げてある。何があってるのかな?
a0206345_16315722.jpg

このコース一番の急登部分 写真で見るよりかなり急です
a0206345_12305331.jpg

9:15 岩場は相変わらず滑りやすいが晴れ間が見えてきたようだ
a0206345_12361917.jpg

9:18 山頂には数人の人が待機しているような感じ?挨拶をしながら四阿の周りを回って下山 
a0206345_16382136.jpg

9:29 下山途中の林道に止めてあった車の人と挨拶を交わす、やっぱ待機しているような感じ?
a0206345_1649147.jpg

すぐに引き返し林道のところまで登って行くと今度は『何をしてるんですか?』と声をかけられた。
『トレーニングです』と答え祖母傾山の話をし、今日は県民体育大会の山岳競技が開催去れているとの事。最後に自分は佐世保山岳会の者です。と言っていたがそれってもしかして勧誘?
このあと2本目を終わり3本目の山頂に登った時にはみなさん引き上げて静かな山頂になっていた。
3本目が終わり4本目の山頂に近づいた時、突然右太ももに痛みが!ヤバイ!予定の3分の1しか消化していないが大事をとってやめることにした。足よ早く治ってくれ!

1本目 登り 18分 降り 11分  
2本目     17分     11分
3本目     17分     12分
4本目     18分     12分
by ichibunn-go | 2011-11-13 17:26 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(3)

多良岳

11月12日 今日は職場の同僚と久しぶりにのんびりと山を歩くことにした。3ガクッタイの定例登山以来、多良山系に登るのは3ヶ月ぶりだ。昨年も同じ日に来たのだが季節外れの黄砂でせっかくの紅葉も霞んでみえた。今年もあまりよくないということで残念。天気もどんよりとして何となく蒸し暑い。雨が降らなければいいのだが。

9:25 八丁谷第一駐車場にスペースを見つけ準備を済ませ出発 
a0206345_18152766.jpg

9:40 林道をゆっくりと歩いて八丁谷登山口
a0206345_1819992.jpg

10:25 適時休憩を取りながらゆっくり登って西野越下のオオキツネノカミソリの群生地も寂しいかぎりです
a0206345_18231627.jpg

10:35 ~10:55 金泉寺に着くといきなり管理人のTさんから、あら10年ぶりじゃなかね!どこに行っとたとね?と言われてしまった。
a0206345_18275587.jpg

管理人のTさん 巨木の隙間からでも見守ってくださいね
a0206345_1829738.jpg

11:01 宝満山の百段ガンギとどっちがきついかな?この先つま先上がりに急になる
a0206345_18312225.jpg

11:15 国見岳山頂から五家原岳方面 雲が多く有明海も見えない
a0206345_18321817.jpg

11:20 多良権現社
a0206345_1836562.jpg

11:34 ハシゴを昇って展望岩
a0206345_18374443.jpg

展望岩で一枚パチリ 経ケ岳も雲がかかってる
a0206345_18384643.jpg

11:38 鬼の岩屋 ストックで支えてみたが・・・
a0206345_18415579.jpg

11:42~11:44 前岳(多良東峰)
a0206345_18444428.jpg

そこにいたのは、見目麗しき4人の山ガール 食事中にすみません。こちらも元気を頂きました。せめて名前でも聞けばよかった!後悔先に立たず・・・
a0206345_184875.jpg

12:13~12:46 そこから引き換えし六体地蔵へ降り再び金泉寺 ここで昼食 食事後、金泉寺上の四差路で長崎北陽台高校山岳部と出会う。友人の息子の名前を言うと顧問の先生が北陽台がインターハイで優勝したときの主将ですねと言っていた
a0206345_18515793.jpg

12:57 西岳山頂 なんか雲が出てきたなあ このあたりで同僚の足に異変が 
a0206345_18523797.jpg

13:11 笹ケ岳分岐 霞んできたなあ これはまずいぞ先を急がねば 
a0206345_1855938.jpg

13:30~13:39 中山越 同僚の足をいたわりここからウナギテ沢を下山
a0206345_18594213.jpg

14:00 薄暗く登山道のわかり難いウナギテ沢
a0206345_1953955.jpg

14:20 八丁谷登山口を通過 
a0206345_1925112.jpg

14:32 出発点の駐車場に無事到着
a0206345_1942483.jpg


今日は本当にのんびりとした山歩きを楽しんでリフレッシュできた。しかし同僚には少々きついようだったが、山は楽しい、山は面白いと満足したようだった。このあと平谷温泉につかり汗を流して帰途にといた。

さあ!明日は来週に迫った三郡往復縦走に向けた最終調整。予定では、宇土登山口から隠居岳まで12往復24キロ。目標タイムは6時間!頑張るぞー!
by ichibunn-go | 2011-11-12 19:32 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback | Comments(4)

11月6日 今日も雨・・・3ガクッタイ10月度の定例登山で行く予定だった阿蘇根子岳は雨天のため中止になった。
その代わりに今月中に三郡往復縦走に挑戦したいので、竈門神社から若杉山まで片道だけでも下見縦走がやりたと希望を出したところ、快諾してもらい今日決行することになった。しかし雨・・・
佐世保を6時前に出発し竈門神社駐車場に8時前に到着した。しかし雨が止む気配はない。今日も傘さし登山か・・・

8:15 みなさんが到着しそれぞれ準備を始める
a0206345_21125085.jpg

8:24 さあ!宝満山に向けて出発だ!まだ、この時はにこやかなてるさん
a0206345_21142969.jpg

8:28 巫女さんを発見!まっしぐらの隊長 神社にお参りするんじゃないんですか?
a0206345_2116937.jpg

9:16 三合目の水汲み場で休憩
a0206345_21192244.jpg

9:42 かの有名な百段ガンギ 個人的には、なんじゃこりゃ!こんなもんかい!でした 
a0206345_21205219.jpg

9:44 しかし百段ガンギを登りきったところでてるさんが座り込んでしまった
a0206345_21235860.jpg

10:12~10:22 宝満山山頂 お参りする隊長 賽銭はあげましたか? 
a0206345_21251791.jpg

10:46 仏頂山を通過 このあと高校山岳部数チームと出会う 大会でもあってるのかな? 
a0206345_2129323.jpg

11:06 へたり込んだ戸畑高校チームと出会う しゃきっとせんばいかんばい!
a0206345_21351156.jpg

11:20 頭巾山分岐を通過
a0206345_21373699.jpg

11:29 おそろいのウェアーが決まった小郡高校山岳部女子チームと一緒にパチリ!デレデレのじい様達 一人具合が悪くなり帰ったために残念ながら順位には関係ないようだ ちなみにみなさんの靴は私が今日履いてるのと色違いのおそろいでした
a0206345_21462171.jpg

11:34 八女工業女子チーム 優勝を確信して勝利のVサイン でも3分後ろには八幡高校チームが来てますよ!
a0206345_21493281.jpg

11:37 先行する八女工業を追う八幡女子チーム 妙にザックがでかく見えるね
a0206345_21543582.jpg

11:41 金網の脇を抜ける隊長 落ちなさんなよ
a0206345_21565176.jpg

11:42~12:13 三郡山山頂 ここでで昼食
a0206345_21584876.jpg

12:26 不思議な巨大キノコ
a0206345_220536.jpg

13:08 美しい落ち葉の中を歩くむさ苦しい隊長と副隊長
a0206345_2223294.jpg

13:16~13:22 前砥石山で休憩 まだまだ余裕の隊長
a0206345_2245335.jpg

13:31 砥石山手前の急登
a0206345_2275076.jpg

13:37 砥石山山頂を通過
a0206345_229385.jpg

13:57 鬼岩谷山を通過
a0206345_22105959.jpg

14:13 今日始めて見える景色
a0206345_22122350.jpg

14:32 ショーケ越を通過
a0206345_22133951.jpg

15:16 若杉ケ鼻
a0206345_22145470.jpg

15:30 三郡往復縦走折り返し点の若杉山山頂 思いも新たに気合も入る! 
a0206345_22171645.jpg

15:40 奥の院に下って、悪しき心を持つ者は挟まれてと通れないと言われる挟み岩 心の美しい私は無事抜けられました
a0206345_22215556.jpg

16:03 大和の大杉 写真では大きさがわかりにくいねぇ
a0206345_22262724.jpg

a0206345_22273096.jpg

17:32 この後、若杉楽園をへて延々車道を歩き篠栗の師匠宅に到着 写真では明るいのですが辺りは薄暗くなってました この後隊長の車で竈門神社に戻り佐世保に帰り着いたのは8時前だった
a0206345_22301253.jpg


三郡縦走の印象は黒髪山系に比べて宝満山の登り以外はかなりフラットであるということ。往路は竈門神社から若杉山まで4時間前後で行けそうだ。復路も4時間以内で行ければ上出来だろう。

お付き合いいただいた3ガクッタイのみなさんお疲れ様でした。また楽しい山登りに行きましょう。

今日出会った高校生諸君!これからも訓練に励み立派な岳人になってください。またどこかの山で会いましょう。その時なは声をかけてください。
by ichibunn-go | 2011-11-06 22:52 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(8)