カテゴリ:黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山( 82 )

黒髪山系縦走周回

10月9日 今年50回目を迎える今回は、いよいよ黒髪山系往復縦走にチャレンジする時がやってきた!4月に一度チャレンジしたが往路は見事に単独完全縦走を達成したが、暑さと飲料水不足で復路は断念し車道を歩いて有田ダムまで帰った。その失敗を繰り返さぬようこの半年間トレーニングをつんできた。天気予報では気温が上がりそうだし昨日の疲れが少し残っているようだが、行けるところまで行ってみよう。

ルートは有田ダム駐車場をスタートし英山~前黒髪~黒髪山~青螺御前~青螺山~牧Ⅱ峰~牧ノ山~腰岳をへて、トラピスチヌ修道院で折り返す。成功するためには往路を5時間前後で行かなければならない。スピードと持久力が必要だ。
a0206345_9493313.jpg

5:40 まだ暗い中準備運動をしていると一台の車がやってきた。なんとパトカーだった。職務質問をされたので、黒髪山系の往復縦走で伊万里のトラピスト修道院まで行ってくると言ったら驚いていた。あと、ザックとか靴はどんなのがいいのか聞かれたので、今日履く靴を見せたら興味深そうに見ていたおまわりさん。ついでなので、暗くなるまでに帰ってこなかったら遭難しているかもしれないので捜索してくれるよう頼んでおいた。これで安心だ。

6:11 夜が明けてきたので出発だ
a0206345_17472961.jpg

6:18 朝もやのかかる有田ダム 幻想的だなあ でも湿度がかなり高そうだ
a0206345_17493130.jpg

6:42 第一の岩壁に到達 朝露で濡れているので注意が必要
a0206345_17521768.jpg

6:56~7:01 英山山頂 文字に赤いテープを貼ってあるが英の方ははがれている 朝露と汗で服も体もビショビショだ
a0206345_17552263.jpg

7:13 前黒髪を通過 なんだか携帯の調子が悪い
a0206345_1757248.jpg

7:41~7:46 黒髪山山頂 すでに先着者がいました
a0206345_17585633.jpg

8:01~8:06 見返り峠 下山されるご夫婦に会った
a0206345_1834429.jpg

8:23 青螺御前を通過
a0206345_185221.jpg

8:39~8:48 青螺山山頂 隊長から激励のメールが届くが、携帯の調子が悪く返信できない
a0206345_187494.jpg

9:05 青牧峠を通過 牧Ⅱ峰までの登りが結構キツイ
a0206345_1885790.jpg

9:22~9:26 牧Ⅱ峰 今日はやけにキツイ
a0206345_18112987.jpg
 
9:36~9:44 牧ノ山山頂 腹の調子もおかしい 水分の摂りすぎかな?
a0206345_18141254.jpg

9:53 笑い坂に到着 かなり足にきてるので気をつけてゆっくり降りよう
a0206345_18162451.jpg

10:12 越ノ峠に到着 ここで勇気をもってリタイアを決断し目標を往路完全縦走に切り替えた
a0206345_18194251.jpg

10:45~11:14 腰岳山頂 ヨタヨタと登る途中で師匠から激励のメールが!
a0206345_18232823.jpg

11:31 なんとか折り返し点のトラピスチヌ修道院に到着 しかし何の喜びも達成感も感じない。
ここで副隊長から激励のメールが!携帯の調子が戻り返信できたのでリタイアを伝えた。マラソンならリタイアすれば伴走車に乗せてもらえるが、登山は自己責任、自力下山が原則なので余力を残しておかなければ出発点に戻ることはできない。 しかも、ここから車道を3時間歩かなければならない  
a0206345_18293775.jpg

12:19 林道を歩いて越ノ峠を通過するも足はパンパンだ 足の裏もおかしい
a0206345_18312824.jpg

12:45 鍋島藩牧場跡 車では見落としてしまう
a0206345_1835579.jpg

13:06 岩峰が見える やはり車では見落としてしまう
a0206345_18392150.jpg

14:05 やっと有田ダムが見えてきた 最後の力を振り絞ろう
a0206345_18403219.jpg

いつ見ても美しい。疲れも癒される
a0206345_1841281.jpg

13:13 秘色の湖の碑 車では通り過ぎてしまう
a0206345_18431515.jpg

その横の乙女像
a0206345_1844448.jpg

14:22 なんとか有田ダム駐車場に到着
a0206345_1845552.jpg


往復縦走失敗の原因。まず気温、湿度があまりにも高すぎた。夏場のトレーニングはなんだったのか?まだまだ力不足!ザックの重量?往復ということで飲料水が2倍必要。次回は何箇所かにデポすることしよう。昨日の疲れが残っていた?これが主原因かも!?いつもと同じ靴、ソックスを履いていたにもかかわらず左親指付け根にでかいマメができいた。やはり黒髪山系は甘くない!結果的には4月と同じパターンになってしまった。それほど黒髪山系往復縦走は困難なのか!?次回は気温の低い時期に挑戦してみよう。これはもはやライフワークだ!
条件が整えば来週も挑戦してみたい!

歩行距離 26キロ  累積標高 1700m  行動時間 8時間11分  歩行時間 7時間09分
登山体力レベル 5

10月16日 黒髪山系単独完全往復縦走達成!
by ichibunn-go | 2011-10-09 19:20 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)

10月8日 今日は明日予定している黒髪山系往復縦走に向けての最後の登査だ。先々週が有田ダムを基点に英山、前黒髪、黒髪山までを周回。先週が竜門ダムを基点に黒髪山、青螺山、青牧峠までを周回。49回目となる今回は、越ノ峠を基点に腰岳へ登り折り返し点のトラピスチヌ修道院までの往復と、牧ノ山まで往復して登山道を登査する。過去に2回完全縦走を達成しており、ルートも熟知しているつもりだが全ては安全と成功のために。

8:21 半年ぶりの腰岳登山口
a0206345_14504252.jpg

8:32 通常はここから左に行き山頂を目指すが今回は林道をそのまま進み弁財天登山口から山頂を目指す
a0206345_14542034.jpg

8:36 弁財天登山口
a0206345_1455630.jpg

8:44 登山道は草で覆われ、あまり人は歩いていないようだ
a0206345_14572515.jpg

8:46 弁財天
a0206345_14582220.jpg

8:50 半年ぶりの腰岳山頂
a0206345_14595426.jpg

なんだか足がチクチクするなぁと思ったら、なんじゃこりゃあ?植物の繁殖に利用されました
a0206345_1515651.jpg

9:00 トラピスチヌ修道院上登山口
a0206345_1545481.jpg

9:08 懐かしのトラピスチヌ修道院
a0206345_1561293.jpg

9:29~9:35 来た道を戻り再び腰岳山頂 伊万里方面を望む
a0206345_1582511.jpg

9:54~9:58 通常の登山道から下山して越ノ峠駐車場
a0206345_1595263.jpg

9:59 牧ノ山登山口 このあと大きなカラスヘビと遭遇 マムちゃんでなくてよかった~
a0206345_15105885.jpg

振り返れば階段が落ち葉で埋って見えない
a0206345_15131078.jpg

9:17 人があまり歩かないのらしく、道をふさいだ枯れ枝をよけながら、見上げればひっくり返りそうな笑い坂のクサリ場に到着。明日の復路ではここが第一番目の難関だ
a0206345_15191543.jpg

10:37 牧ノ山山頂 休まず折り返す
a0206345_15212687.jpg

10:48 転げ落ちそうな笑い坂の上から見下ろす 怪我をしないように猪走りはしない。ゆっくり慎重に
a0206345_1522881.jpg

11:07 牧ノ山より無事下山
a0206345_15274499.jpg

先日、有田の方から『黒髪の森温泉』が山内町にあるという情報を得て、黒髪少年自然の家方面へと向かった。その付近から見る、雄岩と雌岩
a0206345_15353031.jpg

黒髪の森温泉『天童の湯』 こんな所に温泉があるなんてぜんぜん知らんかった!灯台下暗しもよかとこばい!
a0206345_15363918.jpg

従業員の方の許可をもらい誰もいなかったので浴室を撮らせてもらいました。源泉かけ流しでぬるぬるすべすべ、今日の疲れも洗い流して気持ちよかったですよ。料金は400円。源泉温度は41度~42度だそうです
a0206345_15421920.jpg

洗い場も広くていいですね 
a0206345_15423956.jpg

無料で休める休憩所も有ります
a0206345_15464378.jpg

外には足湯もあります。入浴者は無料ですが、その他の人は100円だそうです。残念!
a0206345_15483828.jpg


温泉に入り疲れも取れたことだし、明日は頑張るぞ!明日も温泉に入りに来るぞ!

歩行距離10キロ 行動時間 2時間46分  歩行時間 2時間36分
by ichibunn-go | 2011-10-08 16:09 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(2)

黒髪山~青螺山 2周回

10月1日 今日は再び黒髪山と青螺山に登ることにした。今年48回目の登山で、いよいよ50回目が近づてきた。50回目は条件が整えば有田ダムからトラピスト修道院を往復する黒髪山系単独完全往復縦走と決めている。今回はそのシュミレーショントレーニングで竜門ダムを基点に1周目が二股 後の平 黒髪山 見返り峠 青螺山 竜門ダムと回る。2周目は同じコースを逆に回る。本番よりかなり距離が短いので(一周6キロ)極力休憩を取らないで回ることにしたい。
a0206345_10161569.jpg

また今回も素敵な出合いがあったので紹介したい。

8:39 竜門ダム駐車場を黒髪山に向けて出発
a0206345_15521337.jpg

8:51 二股を通過 序盤はゆっくり歩くことを心がける
a0206345_15535638.jpg

9:05 鬼の岩屋を通過 調子も出てきたのでスピードを上げて行こう
a0206345_15545040.jpg

9:09 後の平を通過 
a0206345_15555450.jpg

9:25 黒髪山山頂 先着者と挨拶を交わして通過
a0206345_15573383.jpg

9:39~9:43 見返り峠 青螺山の登りに備えて初めての休憩
a0206345_15585979.jpg

10:12~10:20 青螺山山頂 二度目の休憩 見返り峠から初めて30分を切った
a0206345_1633753.jpg

10:34 青牧峠を通過 この先牧ノ山分岐からはくだりになりスピードもあがる
a0206345_167148.jpg

10:57 竜門ダム駐車場 車が増えてるけど登山者1人と会っただけ みんな黒髪山に登ってるのかな?
a0206345_1674682.jpg

11:18 20分ほど休憩を取り青螺山に向けて出発
a0206345_16124850.jpg

11:52 青牧峠 さすがに2周目は足が重いが、ここが頑張りどころ
a0206345_16142089.jpg

12:16~12:27 本日2度目の青螺山山頂 山頂に近づくにつれてにぎやかな声が聞こえてくる。そこにいたのは唐津市立外町小学校の『校長先生と山を歩こう会』の総勢45名+2名のみなさん。山大好きな素晴らしい校長先生なんでしょうね。楽しいお話と元気を頂き有難うございました。
a0206345_16265689.jpg

12:48 見返り峠を通過 下山途中遅れてきた2名の方と遭遇
a0206345_16261548.jpg

13:08~13:14 再び黒髪山山頂
a0206345_162966.jpg

13:27 後の平を通過 途中の蛇焼山の標識を見落としたが特に問題はない
a0206345_1656582.jpg

鬼の岩屋と二股の中間にあるハシゴの上の木がロープをくわえ込んでいる
a0206345_16593395.jpg

13:40 二股通過 魚ちゃん達の餌付けは今回はお休み
a0206345_1723262.jpg

13:49 竜門ダム駐車場 外町小学校のみなさんはまだ下山していないようだ。
a0206345_16301462.jpg


歩行距離 6kmx2周 12km  累積標高 1800m
1周目行動時間 2時間18分 歩行時間 2時間06分
2周目行動時間 2時間31分 歩行時間 2時間13分

このコースをこの時間で回れたことで黒髪山系単独往復縦走がかなり近いものになってきた。しかし完全往復縦走となれば今日歩いた距離の2倍の24キロ以上、時間も2倍でいければいいのだが、10時間で往復できればかなり早い方だろう

さすがに明日は筋肉痛かな?


注:一般登山者の方はコースタイムを参考にしないでください。
by ichibunn-go | 2011-10-01 17:14 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)

天山

9月24日 9月の3ガクッタイ定例登山は約一年ぶりの天山だ。割と楽に登れる山という事で普段参加しないメンバーも参加している。3ガクッタイ始まって以来の大所帯のようだ。天気も素晴らしく秋を感じさせてくれ風もさわやかだ。さて、どんな花が出迎えてくれるのかな?
参加者は、y師匠 隊長 副隊長夫妻 てるさん 局長 りん隊員 イチブン夫婦の9名

ルートは七曲峠~天山~雨山~天川駐車場登山口~天山~七曲峠
a0206345_15442896.jpg

10:03 初対面の人もいるので紹介をすませ、にぎやかに七曲峠を出発
a0206345_555752.jpg

10:40 展望も開け後方に彦岳も見えてきた。花をさがしながらゆっくりと進んでいく
a0206345_602986.jpg

10:58~11:06 樹木が少ないため日陰が少ない。木陰を見つけて休憩
a0206345_633652.jpg

11:14 気持ちのいい草原
a0206345_651794.jpg

11:49~12:57 天山山頂に到着
a0206345_67122.jpg

それぞれがビール?を手に乾杯!
a0206345_610022.jpg

ゆっくりと昼食と会話を楽しみ、ぞろぞろと雨山に向けて出発
a0206345_6122156.jpg

13:10 ススキを掻き分けて雨山山頂に向かう
a0206345_6142489.jpg

13:16 雨山山頂
a0206345_6151028.jpg

山頂より天山を望む まるで女岳から涌蓋山を見ているようだ
a0206345_6191075.jpg

当初ここから往復の予定だったが、女性軍からの要望でトイレのある天川駐車場に回ることになった。その途中から天山ダムを見下ろす
a0206345_6251983.jpg

14:07~14:15 天川駐車場 警察車両が数台あり何やら物々しい雰囲気!事件発生か!?
a0206345_6272517.jpg

14:27 二度目の天山山頂へあと一息
a0206345_6301989.jpg

14:30 今日は集合写真の多い日だなあ
a0206345_6331018.jpg

14:34 七曲峠へ向けてパラパラと出発
a0206345_635167.jpg

14:44 花を探しながらちょっと寄り道
a0206345_6363665.jpg

15:42 七曲峠に到着
a0206345_6374048.jpg


時間も距離も気にしない遠足のような山登りだったが、たまにはのんびりいいもんだ。

歩行距離 10キロ 行動時間 5時間21分 歩行時間 3時間57分

今日 出会った花達
a0206345_6412534.jpg

a0206345_64222.jpg

a0206345_6422052.jpg

a0206345_6432564.jpg

a0206345_6441693.jpg

a0206345_6444187.jpg

a0206345_653369.jpg

a0206345_645530.jpg

a0206345_6464027.jpg

a0206345_6453113.jpg

a0206345_6461230.jpg

by ichibunn-go | 2011-09-25 06:53 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(8)

青螺山 黒髪山

9月17日 天気予報では午後からくずれて雨が降りそう。しかし、朝起きてみると快晴ではないか!午前中だけでも登ってこようかな。でも暑そうだ。
ルートは竜門ダムから青牧峠、青螺山、見返り峠、黒髪山、後の平、二股、竜門ダム
a0206345_1915281.jpg


8:54 天気がいい事もあり登山者も多いようだ
a0206345_1733815.jpg

9:28 青牧峠 ここまでは昨年の11月以来だ。途中で2パーティー10人ほどを追い越す しかし暑い
a0206345_177567.jpg

9:32~9:37 見返り峠分岐 2週間前に見返り峠からここまで来て青螺山に登った。あとはその時と同じだが天気がいいので滑る心配はあまりなさそうだ
a0206345_17104291.jpg

9:59~10:13 青螺山山頂 山頂直前で知り合いとばったり!数分早ければゆっくり話ができたのに残念!先着のご夫婦と話しをしていると、途中で追い越した若者4人も到着
a0206345_17173483.jpg

10:37 見返り峠を通過し展望所 だいぶ雲が増えてきたようだ
a0206345_17203890.jpg

11:00~11:14 黒髪山山頂 とにかく暑い
a0206345_17231059.jpg

11:32 鬼の岩屋 雨が降ったら雨宿りしようと思ったが降りそうにない
a0206345_17241882.jpg

11:46~11:57 二股を過ぎたあたりの沢で久しぶりの餌付け 小さいのがいるけど見えますか?
a0206345_17273185.jpg

沢蟹が3匹いるのがわかりますか?
a0206345_17295952.jpg

12:05 早々に駐車場に到着 けっこう車はいるのに登山者とはあまり会わなかった
a0206345_17325138.jpg



このルートは昨年の11月以来で、登山人生を大きく?いや、ちょびっと変えることになる出会いがあった思い出深いルートだ。それにしても暑くて暑くて歩いた距離、時間のわりにはかなりバテた
歩行距離6キロ  行動時間 3時間11分  歩行時間 2時間25分
by ichibunn-go | 2011-09-17 17:49 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(5)

青螺山 黒髪山

9月5日(月) 今日は仕事が休みだったので久しぶりに青螺山と黒髪山に登る事にした。足の調子もいいようだ。
ルートは竜門ダムから見返り峠に登り、そこから青螺山の巻き道を青牧峠に向かいそこから青螺山に登る。遠回りだが、たまにはいいだろう。あとは、見返り峠、黒髪山、後の平、二股、竜門ダムのお決まりのルートだ。
a0206345_19383585.jpg

9:00 竜門ダム駐車場を出発
a0206345_163894.jpg

9:09 かじか橋から滝を見る 雨でいつもより水量が多いようだ
a0206345_164326.jpg

9:36~9:40 見返り峠 一旦、青螺山方向に向かう
a0206345_1671635.jpg

9:52 この標識を見落とし5分ほどロスしてしまった
a0206345_1685724.jpg

10:10 エベレスト3年。富士山3日。あなたは行けますか?
a0206345_16102325.jpg

10:19~10:25 縦走路出合い
a0206345_1612415.jpg

10:49~11:00 5ケ月ぶりの青螺山
a0206345_16135663.jpg

手前に黒髪山、その向こうに前黒髪、英山
a0206345_16262831.jpg

伊万里方面
a0206345_162754100.jpg

11:27 青牧峠分岐まで戻ってきた。青螺山周回が完成
a0206345_16153720.jpg

11:36 見返り峠を通り過ぎ展望所からの眺め
a0206345_16194163.jpg

11:58~12:25 予定どおりの時間に黒髪山に到着 やっと昼飯だー!
a0206345_16215464.jpg

前黒髪、英山、遠くに多良の山々も見える
a0206345_16244237.jpg

天童岩と青螺山
a0206345_16252587.jpg

13:06 後の平、鬼の岩屋を通り二股 水量が多く魚のえさやりはできなかった
a0206345_16323967.jpg

13:18 竜門ダム駐車場に到着
a0206345_16355598.jpg

今日はやけにキノコが目に付いたので写真を撮りました。名前は分かりません
a0206345_16373471.jpg

キャッチボールができそう
a0206345_1638778.jpg

そり具合がなんともいえません
a0206345_1640132.jpg

真っ白なキノコ
a0206345_16403388.jpg

大きいですよ
a0206345_16411765.jpg

これも大きい ヒダが黄色
a0206345_164247.jpg

グレーのキノコ
a0206345_16432876.jpg

あめ色でツヤツヤ
a0206345_1644917.jpg

今度は黄色いキノコ
a0206345_16453986.jpg


キノコ観賞が目的ではなかったが、これもありかな?他にも沢山ありましたよ。

雨上がりの平日の山は誰もいない。まったくの一人旅だ。それだけに転倒、滑落には気をつけたい。全ての感覚、時には第六感も働かせながら。それだけに達成感はひとしおだ。
歩行距離 7.5キロ  行動時間 4時間18分  歩行時間 3時間30分
by ichibunn-go | 2011-09-05 16:53 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(3)

黒髪山

5月22日

昨日から天気が思わしくなく、今日こそはとテレビの天気予報とにらめっこだ
幸い徐々に明けてくるとの予報 久しぶりに黒髪山に行ってみるか
山間部はまだ雲の中だが天気予報を信じるしかない
黒髪山は今年5回目となる 1月3日妻と娘の3人で初登山 1月8日妻と2人
3月13日3ガクッタイと黒髪山系完全縦走 4月10日黒髪山系単独完全縦走 
そして今日は登山とは別の目的があってやってきた

雨上がりの竜門ダム駐車場はまだ少ない
a0206345_199163.jpg

山はまだ雲の中だ
a0206345_1995497.jpg

しっとりとしていい雰囲気
a0206345_20171068.jpg


ここが今日の目的の場所 二股の少し下の沢 小魚の餌付けです
写真では見えないかなー? 帰りにもう一度よってみよう
a0206345_19355875.jpg

見返り峠下の石畳 濡れてすべりやすい
a0206345_19341137.jpg

展望所から雌岩を見る なんにも見えましぇーん
a0206345_19265397.jpg

天童岩下のクサリ場もすべりやすいので注意
a0206345_19284470.jpg

いつもの黒髪山
a0206345_19372211.jpg

そこには4人の山ガールが!霧の中に咲いた華?
a0206345_19412041.jpg

鹿島からこられたそうです このブログ見たらコメントくださいね
a0206345_1943345.jpg

こちらもしっとりヤマツツジかな?
a0206345_19435441.jpg

たまには後黒髪まで足をのばしてみるか
a0206345_19455320.jpg

これがウロコ岩?
a0206345_19545649.jpg

おっ!後黒髪か!と思ったら有田ダム分岐の偽黒髪でした
a0206345_19511421.jpg

地図で見ると200メートルぐらい先
a0206345_19534451.jpg

とにかくコケだらけで滑りやすい 慎重に
a0206345_19571930.jpg

小魚がいるのが見えますか?餌付け成功
a0206345_2014683.jpg

もう少し下流の沢にも、いるいる!パンにつられてサワガニも出てきたよ 
a0206345_2063694.jpg

駐車場に帰ってみるとけっこう車がふえてました
a0206345_20112976.jpg


魚のエサやりもできたし、山ガールにも会えたし、大満足の黒髪山でした
by ichibunn-go | 2011-05-22 20:20 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(7)

作礼山

4月30日 今日は天川駐車場から天山に登る予定で出発したが、道の駅厳木に立ち寄り天山方向を見てみると、なにやらあやしい雲行き。そこで急遽、予定を変更しアプローチの楽な作礼山に登る事にした。妻と娘の3人での登山は1月3日の黒髪山以来だ。

曇り空の下さっそう?と出発した山ガールと山おばさん
a0206345_2142136.jpg

足並みそろえてイチニッイチニッ 親子だねぇ
a0206345_2221553.jpg

10分ほど歩いたら池とバンガローが見えてきた
a0206345_22524100.jpg

階段をヨタヨタ登る山ガールと山おばさん
a0206345_2264988.jpg

山頂手前の急な階段
a0206345_22474947.jpg

5分ほどで東峰の作礼神社に到着
a0206345_22115978.jpg

天山 雨はもう少し大丈夫かなぁ
a0206345_22135667.jpg

おそろいのウェアーの山オヤジと山おばさん
a0206345_2215588.jpg

池とバンガローが眼下に見える 昼食はあそこにしょう
a0206345_22344527.jpg

おこちゃま用の階段かな?小さすぎて怖かったー
a0206345_2217584.jpg

西峰に向かう途中のローラー滑り台
a0206345_22193594.jpg

10分ほどで作礼山西峰山頂 三角点はこちらにある
a0206345_2221302.jpg

右側の池にはまっくろなおたまじゃくしがたくさんいました 
a0206345_22235371.jpg

帰り道を急いで歩いて
a0206345_22275233.jpg

駐車場に着いたら雨がポツポツ 車に乗ったとたんザー ギリギリセーフ
a0206345_22291486.jpg


帰りに道の駅厳木に立ち寄り、地元の採れたて野菜を買い おいしくいただきました
行動時間1時間30分  歩行時間ゆっくり1時間
by ichibunn-go | 2011-04-30 22:56 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)

黒髪山系完全縦走 

昨年末の登り納めとして黒髪山系縦走をする。と3ガクッタイ副隊長に話したところ、隊員に話をしてみるとの事 どうやら忘年会で話を出し酔った勢いで決行する事になったようだ。
それならばと、ルートの再確認を入念に行い 腰岳の反対側のトラピスト修道院に下るルートも見つけることができた。これで完全縦走だ!

3月13日 トラピスト修道院に7時前に集合し車2台をデポし出発点の有田ダムへ移動した

年寄りの寄り合い的な隊長、師匠、テルさん、副隊長
a0206345_16454585.jpg


残念ながらこれから先は写真が撮れていませんでした

続きは(3ガクッタイの山日記)<黒髪山系完全縦走>でお楽しみください

その後の4月10日 英岩をはぶいた黒髪山系単独完全縦走を達成する事ができました
しかも出発点まで車道を歩いて帰るという快挙?達成 でも車道歩きはきつかです

帰る途中の有田ダム めっちゃきれかとです ここは写っていた
a0206345_21333229.jpg

a0206345_21342614.jpg

見上げれば英山
a0206345_2136249.jpg


次の目標は黒髪山系単独完全往復縦走!です 



ムリムリと言う声が聞こえてきそう
by ichibunn-go | 2011-03-13 16:58 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(1)

井原山から雷山縦走

2月26日、井原山から雷山への縦走に行く事にした。今週は気温も高く雪もかなり解けているだろうという予想のもと出発したのだが、雪のためあちこち通れず古場岳登山口までのアプローチに苦労した。やっとの思いで登山口に着くと1人の登山者が準備中だった。駐車スペースのある所まで行きUターンして駐車し、準備をすませ歩いて登山口まで戻った

ルートは駐車スペース~古場岳登山口~井原山~雷山~布巻林道~布巻登山口~駐車スペース
a0206345_13275773.jpg

a0206345_1562317.jpg

途中にある民家
a0206345_1571458.jpg

雪ののこる登山道から林道に飛び出し鉄塔の左側から取り付く
a0206345_15102389.jpg

このあたりから雪がだんだんと深くなってきた
a0206345_15115540.jpg

表面が解けて雪が重たい
a0206345_15144577.jpg

やっとの思いで井原山山頂
a0206345_1516045.jpg

これから歩く雷山方面
a0206345_151791.jpg

雷山に向かってしばらく行くと1人の登山者と会った 
聞くところによるとここから10分ぐらい行ったところで登山道がわからなくなって引き返してきたとの事 その人は登山口で準備していた人で、話し合いそこから2人で雷山をめざす事にした
a0206345_15294656.jpg

ルートも見つけることができたが ゆるんだ雪は踏ん張りがきかない
a0206345_15301536.jpg

井原山から2時間かかってやっと雷山山頂
a0206345_15323681.jpg

途中から同行した久留米の方
a0206345_15382032.jpg

山頂から古場分岐まで戻る
a0206345_15392432.jpg

木の橋の向こうに林道が見え一安心
a0206345_1547999.jpg

おしゃれな雰囲気の古場岳山荘
a0206345_1634723.jpg


今週は気温が高く雪も表面が解けて踏み跡もわかりにくく、しかもゆるんでおり膝上まで踏み込む事もたびたびで、歩いた距離のわりには非常に疲れた
by ichibunn-go | 2011-02-26 16:13 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(1)