2月12日(日) 昨年から始めた難所ケ滝と四王寺滝の二大氷瀑を同日に見る!と言う企画。今シーズン最強寒波襲来でチャンス到来!で、この両氷瀑を同じ日に見たい言う人は多いのではないだろうか? ならば!!その夢叶えましよう(^O^)/ 
 今日だけは宝満山も三郡山も英彦山の霧氷も一切関係なし!二大氷瀑に的を絞って行動する!
 難所ケ滝登山口の昭和の森に至る道路はそれ程問題ない。問題は四王寺滝登山口の別所駐車場に至る道路が問題。しゃくなげ荘付近のライブカメラで見る限り、昨日は積雪が深すぎ車高の低い愛車”ラパ蔵”では無理と判断!で、今日決行することにした。
 今日は日曜日でもあり、難所ケ滝に至る登山道は渋滞が予想される。雪がちらつく中、佐世保を5時前に出発 早朝機動力高速登山で渋滞回避!

繊細さで優る四王寺滝は美しい
a0206345_18064762.jpg
迫力満点の難所ケ滝 来たかいありました
a0206345_18085099.jpg

先ずは難所ケ滝 ルートは昭和の森から難所ケ滝への高速ピストン!な、もんで地図は無し

7:07 ノーマルタイヤでは昭和の森一番上の駐車場手前の急坂を登れず・・・この後2台が立往生
a0206345_18124024.jpg
7:15 スノーカバーを装着して昭和の森駐車場 殆どが四駆車だね
a0206345_18160202.jpg
7:25 準備運動は基山PAで済ませてきたので、難所ケ滝まで往復1時間30分の予定で出発 短距離冬山装備でザックの重量は7.5kg 何事もなければザックを下ろすことすらないだろうが、トレーニングのつもりで頑張りましょ 当然アイゼンも6本爪を一応装備
a0206345_18190125.jpg
7:34 難所ケ滝分岐 先週は左を取って”だごしゃん道”へ
a0206345_18203303.jpg
8:00 小つらら 
a0206345_18213234.jpg
手前の木が邪魔でよく見えない
a0206345_18215901.jpg
8:08~8:14 難所ケ滝 着いたよ~(^O^)/
a0206345_18262002.jpg
昨年の方が良かったかな
a0206345_18270879.jpg
a0206345_18282728.jpg
a0206345_18285853.jpg
8:16 ここからの降りはスノートレランを楽しもう 今日の登山靴はアイゼン無くても大丈夫! 後で紹介するね(^^♪ 
a0206345_18303950.jpg
8:36 続々登って来る登山者と挨拶しながら、だごしゃん道分岐まで降って来た 
a0206345_18343918.jpg
8:44 昭和の森駐車場に到着 登り43分 降り30分 スノートレラン楽しかった(^^♪m 急いで装備を解いて降って行くと下の駐車場は満車状態 ゴツイ四駆車がこれ見よがしに数台 何するんだろうね?
a0206345_18390050.jpg
10:34 小石原道の駅前 こんな感じで・・・しゃくなげ荘から先がどんなんかな?
a0206345_18493108.jpg
小石原から降る道はかなり厳しい・・・途中ノーマルタイヤの車が道を塞いでいたけど、よう登って来たな
a0206345_18521592.jpg
ここは急な下りです
a0206345_18541361.jpg
10:57 しゃくなげ荘付近の上り 前を行くベンツのSUVはしゃくなげ荘で力尽きる・・・って言うか目的地?
a0206345_18553185.jpg
11:01 しゃくなげ荘過ぎたら更にてんこ盛り この手前に立ち往生車
a0206345_18573884.jpg
11:19 昭和の森から2時間半、無事別所駐車場に到着 ルートはこちらも、四王寺滝まで高速ピストン 満車状態だったけど、一台出て行って良かった~(´▽`) ホッ 急いで準備して出発
a0206345_18595921.jpg
11:22 過去最高の積雪量かも? 鹿がいないかな~?昨年はこの辺りで会えたので、きょろきょろしながら登ったけど会えず・・・残念
a0206345_19024544.jpg
11:30~11:32 団子と
a0206345_19060363.jpg
板蒲鉾
a0206345_19064721.jpg
11:36 奉幣殿 積もっるね
a0206345_19074511.jpg
11:41 休憩所から奉幣殿 いい感じだね
a0206345_19085725.jpg
11:48 ふっと見上げると・・・青空
a0206345_19101076.jpg
11:50 鬼杉分岐 えっ?四王寺滝入口まで20分?
a0206345_19131061.jpg
11:59 衣ケ池の四王寺滝入口 登りも降りも登山者が多く譲ってもらいながら先を急ぐ
a0206345_19155548.jpg
12:04 雪山~って感じ
a0206345_19171114.jpg
12:21~12:28 四王寺滝 大勢の登山者で賑わってます
a0206345_19185044.jpg
言葉はいらない
a0206345_19374184.jpg
a0206345_19380986.jpg
a0206345_19384508.jpg
a0206345_19391775.jpg
a0206345_19394418.jpg
12:30 他の登山者の迷惑にならなようにスノートレランと行こうか
a0206345_19421506.jpg
12:40 衣ケ池分岐 登って来る登山者が多く待合に時間食いまくり
a0206345_19433426.jpg
衣ケ池って言うかただの水たまりのような?
a0206345_19450018.jpg
13:01 奉幣殿と青空
a0206345_19455486.jpg
13:07 ここにも団子って言うか?たこ焼き・・・かな?
a0206345_19474077.jpg
13:10 別所駐車場に無事到着 (´▽`) ホッ 結局、ザックは一度も下ろさず、時間が短かった為補給も無し
a0206345_19490205.jpg
 今回は個人の好みで四王寺滝の方が良かったかな?  難所ケ滝もうちょっと頑張れ~(^O^)/ただ、後何回寒波が来るかが問題だね(^-^;

難所ケ滝行動時間 1時間19分 四王寺滝行動時間 1時間51分 合わせて3時間10分
それに比べて車の運転時間約8時間・・・割が合わない様な?でも、それが登山だよね(^-^;


登山靴のおまけ 
キャラバンの雪山専用登山靴、完全防水、内側はボア張りで暖かい、靴底は軟らか目のゴムでイボイボが有り滑りにくい。 車で言えば、スタッドレスタイヤってとこかな。今日ぐらいの雪だったらアイスバーンでない限りアイゼン無しでもその気になれば降りでも走れます。(歩行技術の問題もありますが・・・)
a0206345_20282554.jpg
a0206345_20285140.jpg

by ichibunn-go | 2017-02-12 20:30 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(2)

2016 裏英彦山紅葉燃ゆ!

11月12日(土) 山々の紅葉もいよいよ終盤を迎えた。九重にしても雲仙にしても、昨年に比べて大幅な紅葉の遅れで、登るタイミングを合わせることができず(サラリーマンの悲しいところ)諦めモードにはいっていた。が!まだ英彦山があるじゃないか!? 裏英彦山を歩いたことが無いというナンちゃんに声をかけ、紅葉を求めて彷徨うことにした。
 メンバーは、いつものナンちゃんと、その友人で今回お初の呑気さん、イチブンのオヤジ3名

裏英彦山の紅葉が頭上を覆う
a0206345_753877.jpg

青空に黄葉
a0206345_8135184.jpg

青空に赤黄緑
a0206345_815545.jpg

燃えてる~
a0206345_828895.jpg

ルートは、高住神社~薬師峠~ケルンの谷~垂水の壺~籠水峠~鹿の角~鬼の舌~南岳~中岳~北西尾根~バードライン~九州自然歩道~高住神社の周回コース
a0206345_7503133.jpg


9:20 高住神社駐車場を出発 
a0206345_7581245.jpg

9:28 林道分岐 あれ?舗装してある
a0206345_863260.jpg

9:35 裏英彦山登山口
a0206345_871027.jpg

9:49 裏英彦山は基本的にはトラバースだが、時には急登も
a0206345_883188.jpg

9:54 展望が開け北岳が目の前に
a0206345_8102171.jpg

遠望すれば九重連山が朝霞に浮かぶ
a0206345_8114110.jpg

景色を楽しんだ後は左側に気を付けて登ろう
a0206345_18112949.jpg

10:01 雰囲気のいい裏英彦山
a0206345_8164940.jpg

頭上には黄葉
a0206345_8183468.jpg

10:06 裏英彦山らしくなってきた
a0206345_8194937.jpg

時間を忘れて紅葉を楽しもう
a0206345_8211922.jpg

a0206345_821479.jpg

a0206345_822658.jpg

a0206345_8222511.jpg

a0206345_823461.jpg

a0206345_8232878.jpg

a0206345_8235373.jpg

a0206345_8241972.jpg

a0206345_8244770.jpg

a0206345_826518.jpg

a0206345_8264443.jpg

a0206345_8271797.jpg

a0206345_8275069.jpg

a0206345_828895.jpg

10:30 唯一中岳が見えるポイント
a0206345_8322632.jpg

10:38~10:45 ケルンの谷
a0206345_833371.jpg

辺りはケルンだらけです
a0206345_834205.jpg

10:52 垂水の壺 最近雨が少ないので垂れてません
a0206345_836487.jpg

a0206345_8395380.jpg

a0206345_8401838.jpg

a0206345_8403885.jpg

10:59 枯れ沢を渡って
a0206345_8413868.jpg

紅葉を楽しもう
a0206345_8424476.jpg

a0206345_8431664.jpg

a0206345_8433690.jpg

a0206345_844865.jpg

a0206345_8443193.jpg

11:04 苔で滑りやすい岩場の難所
a0206345_8455693.jpg

a0206345_8465038.jpg

a0206345_847626.jpg

11:09 ロープの難所?
a0206345_8481367.jpg

11:26~11:30 籠水峠
a0206345_849423.jpg

鹿の角の大岩壁 この上で昼食にしよう
a0206345_8504035.jpg

11:31 この標識のある所が鹿の角取りつき
a0206345_8515844.jpg

急登をよじ登る
a0206345_8523466.jpg

登り上がったところで、ほっ・・・
a0206345_854276.jpg

a0206345_8542066.jpg

11:40 このヤセ尾根を渡れば大岩壁上
a0206345_9153792.jpg

11:42 ビビりながらも先端へ
a0206345_9171878.jpg

大展望を楽しみながら昼食です
a0206345_9182471.jpg

噴煙流れる阿蘇山
a0206345_9192851.jpg

九重連山の手前に万年山 雲仙や多良の山々も見えていた
a0206345_9201495.jpg

空中に浮くような紅葉
a0206345_9221738.jpg

見下ろせばいい感じの紅葉
a0206345_9233318.jpg

真下に籠水峠で休む人達が
a0206345_925647.jpg

12:10 鹿の角
a0206345_925455.jpg

12:13 次は南岳 こちらから見ると急峻
a0206345_927537.jpg

何の実?
a0206345_9274842.jpg

紅葉も
a0206345_9292944.jpg

a0206345_9295844.jpg

a0206345_9301692.jpg

12:22 岩場を登りながら紅葉も楽しもう
a0206345_9313559.jpg

a0206345_9315521.jpg

a0206345_9321033.jpg

12:30 鬼の舌取りつき
a0206345_9341275.jpg

振り返れば幽かに由布岳
a0206345_9344429.jpg

いい感じ
a0206345_9385839.jpg

a0206345_937622.jpg

12:37 鬼の舌を登り上がる
a0206345_9383777.jpg

12:45 南側の難所
a0206345_9411665.jpg

12:49~12:52 南岳 3人のおやじ
a0206345_9431039.jpg

12:54 中岳上宮
a0206345_944721.jpg

鞍部の紅葉
a0206345_9452272.jpg

a0206345_9455295.jpg

a0206345_9463620.jpg

13:00~13:15 中岳 暫く休んで北西尾根へ
a0206345_9471021.jpg

a0206345_9481285.jpg

13:19 荒涼感漂う北西尾根
a0206345_9492313.jpg

13:27 北西尾根の難所
a0206345_950010.jpg

13:50 バードライン出合い 休んでいた登山者に道を聞かれスキー場まで先導することに
a0206345_950441.jpg

14:00 スキー場のススキ原
a0206345_9533457.jpg

a0206345_9535087.jpg

14:12 種田山頭火
a0206345_9543620.jpg

14:14 哀愁漂うおやじが二人
a0206345_955503.jpg

14:24 高住神社駐車場に無事到着
a0206345_9564250.jpg


出発前 朝日で紅葉が燃え出す
a0206345_101880.jpg

a0206345_1013134.jpg

a0206345_1014566.jpg

a0206345_1021221.jpg

a0206345_1023649.jpg


 結果から言うと一般的に!? 一番綺麗だったのは駐車場の紅葉だったかも? しか~し!人の手で植えられたり作られたりした物が、裏英彦山に限らず自然が織りなす紅葉や造形美に勝ることは決してありえない!

歩行距離 9km 累積標高 800m 行動時間 5時間04分 歩行時間 4時間10分
by ichibunn-go | 2016-11-13 19:30 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(8)

1月22日(金) 天気予報によると明日夜半から月曜日にかけて10年に一度の大寒波が来るらしい。予定では明日山友を誘い四王寺滝を見に行く予定だった。のだが、誘いが急であったため行きたい気持ちはありながらも仕事や所要の為皆さん撃沈(T_T)
 そこで以前から考えていた二大氷瀑、難所ケ滝と四王寺滝を同日に見れないものか?と言う山馬鹿な計画!大寒波の襲来に備え、急遽前倒しして登山者の少ない平日の今日実行することにした。

思えば3年ぶりの難所ケ滝 見事に成長してます
a0206345_8553.jpg

ガスってるのが残念だけど、いつ見ても美しい四王寺滝
a0206345_8232286.jpg

 計画では5:30自宅を出発~7:30昭和の森到着~8:00出発~9:00難所ケ滝到着~10:00昭和の森帰着~12:00別所駐車場到着~13:30四王寺滝到着~14:30別所駐車場帰着~17:30帰宅(18:00から水泳指導のため) 以上時間にシビアにいかないと達成できない

8:10 途中平日ならではの渋滞に引っかかり予定より40分遅れて到着。着いた時は他に一台だけだったけど準備してる間にズラリと並びました
a0206345_2246243.jpg

8:22 遅れた分は機動力登山で取り返そう さあ!気合を入れて出発だ!
a0206345_225848.jpg

8:55 おろっ?椿とハート ほのぼのとした気持ちになるね
a0206345_2305244.jpg

9:02 小つらら この分なら大つららも期待できるね
a0206345_23181313.jpg

9:10 難所ケ滝直下の登山道 氷の道です アイゼン無しで登って来たけど降りはアイゼン着けよう
a0206345_2353428.jpg

9:11~9:23 久々の難所ケ滝がド~ン! 
a0206345_881919.jpg

写真撮影していた人にモデルをお願いしました 後姿も凛々しいです
a0206345_23113033.jpg

a0206345_23143247.jpg

a0206345_2315538.jpg

a0206345_23161764.jpg

a0206345_23164370.jpg

9:55 急いで降って予定時間に追いついた ここから別所駐車場まで2時間の移動
a0206345_23233369.jpg

12:05 途中雪の為難儀したけどほぼ予定通り別所駐車場到着
a0206345_2330229.jpg

12:11 急いで準備し四王寺滝に向けて出発 時間節約の為参道の階段回避
a0206345_2332769.jpg

12:16 おっ!鹿がこっちを見ている 昼間でも民家の近くにいるんだね
a0206345_23352140.jpg

12:27~12:33 奉幣殿 一応アイゼンを着けて行こう
a0206345_2339729.jpg

できればこの階段登りたくないよね
a0206345_031045.jpg

お参りをして登山の安全をお願いしました
a0206345_23401726.jpg

12:38 奉幣殿の見える休憩所 ガスってるけど四王寺滝綺麗に見えるかな?
a0206345_23421070.jpg

12:44 ふかふかの雪がいい雰囲気
a0206345_2347146.jpg

12:47 鬼杉分岐 四王寺滝入口まで20分 こんな標識を見ると燃えます
a0206345_23474980.jpg

12:58 四王寺滝入口 頑張ったけど半分では行けなかった
a0206345_2350942.jpg

13:18~13:30 四王寺滝 ガスった感じがより荘厳な感じを醸し出し・・・幻想的
a0206345_8112258.jpg

a0206345_2353994.jpg

a0206345_23551510.jpg

a0206345_812276.jpg

a0206345_8124235.jpg

a0206345_23554128.jpg

a0206345_23561259.jpg

a0206345_23564310.jpg

a0206345_0145758.jpg

条件さえ良ければ、こんな美しすぎる四王寺滝が見れたのにね・・・残念 2014年2月撮影
a0206345_9132884.jpg

14:03 奉幣殿 ここから見ると大っきいよね
a0206345_23581179.jpg

14:15 別所駐車場に到着 良かった予定時間に追いついた
a0206345_021440.jpg


 難所ケ滝も四王寺滝も甲乙付けがたい。個人の好みも含めて強いて言うならば、大きさ迫力では難所ケ滝。繊細さ美しさでは四王寺滝・・・やっぱり甲乙付けがたい・・・

5時半頃帰宅 スイミングクラブの練習時間に間に合い、元気な子供たちに無事会えました(^-^;
by ichibunn-go | 2016-01-22 20:51 | 英彦山系 四王寺の滝 | Comments(2)

霧氷の華咲く英彦山

1月9日(土) 冬山シーズンに入り、雲仙、くじゅう、由布岳に続いて四ヶ所目の霧氷登山は天気予報を検討した結果、今シーズンまだ未踏の英彦山に登ることにした。
 今回は久々にアユママと登ることにしよう。前回アユママと英彦山に来たのは、一昨年”美しく氷結した四王寺滝”を見に来た時以来。しかし、今回程度の寒波では四王寺滝は氷結していないだろうから、以前から連れて行きたかった北西尾根と望雲台を入れた比較的楽なコースを考えてみた。

思わぬサプライズの鹿との遭遇
a0206345_0124691.jpg

霧氷に浮かぶ英彦山神社
a0206345_0195752.jpg

ルートは、野営場駐車場~北西尾根~中岳~南岳~中岳~北岳~望雲台~高住神社~野営場駐車場の周回コース
a0206345_2273539.jpg


9:20 野営場駐車場を出発
a0206345_2213811.jpg

9:24 バンガロー脇の階段から北西尾根に取付きます
a0206345_22151316.jpg

9:41~9:44 観察路交差点でレイヤード調整して北西尾根の急登を登る
a0206345_2218074.jpg

9:56 急登も終わり薄っすら雪の積もった雰囲気のいい登山道
a0206345_22204724.jpg

10:09 薄く霧氷が付きだした 山頂付近は期待できるかも!
a0206345_22221496.jpg

10:15~10:20 北西尾根唯一の難所を越えた所で景色を楽しもう
a0206345_22255334.jpg

a0206345_22261852.jpg

10:25 英彦山神社が見えてきた この雰囲気がいいんだよね
a0206345_22272962.jpg

この辺りの霧氷も素晴らしい
a0206345_22382620.jpg

a0206345_22384334.jpg

10:28 ところがアッ!という間にガスと粉雪で見えなくなった
a0206345_22404310.jpg

10:34~10:47 中岳 思ったよりも早く着いたね
a0206345_22444816.jpg

気温はこんな感じです
a0206345_22452443.jpg

結婚33年目 まだまだ・・・です
a0206345_22471851.jpg

昼食には早いので南岳まで往復して来ます
a0206345_22504367.jpg

10:49 中岳~南岳鞍部に降る辺りもなかなかいい霧氷がついてるね
a0206345_22561588.jpg

a0206345_22584267.jpg

a0206345_2259242.jpg

10:52 鞍部は霧氷のトンネル
a0206345_230917.jpg

南岳山頂手前から左を取って、ぐるりと巻いて反対側から山頂を目指します
a0206345_2323450.jpg

10:57 おおっ!いい霧氷!
a0206345_2344351.jpg

11:09 雪が無ければ何でもないけど一応難所です
a0206345_2375427.jpg

11:11 粉雪舞い幻想的な霧氷
a0206345_2394226.jpg

a0206345_2395839.jpg

11:12~11:15 南岳 
a0206345_23111542.jpg

一昨年来た時、山頂標識は雪に埋もれてました
a0206345_2313537.jpg

11:17 定番だけど、いいねっ!
a0206345_2315795.jpg

10:20 モノクロ写真?違うかも・・・
a0206345_23174266.jpg

a0206345_23191012.jpg

11:25 再び英彦山神社
a0206345_23201380.jpg

11:30~11:55 避難所空いてるかな~?
a0206345_23221912.jpg

運よく席が空いてたので昼食です
a0206345_23231582.jpg

12:16 北岳山頂に近づくにつれて霧氷が濃くなってきた
a0206345_23251454.jpg

a0206345_23254165.jpg

12:18 これは綺麗な霧氷だ!
a0206345_2330496.jpg

12:22 南岳と中岳がやっと見えた!
a0206345_23331587.jpg

12:24 言葉はいらないね
a0206345_23345913.jpg

a0206345_23352555.jpg

a0206345_2336142.jpg

a0206345_2336268.jpg

a0206345_2337429.jpg

12:30~12:42 北岳 
a0206345_2343374.jpg

a0206345_23433097.jpg

a0206345_23453652.jpg

やっと青空が!
a0206345_23442559.jpg

a0206345_23444492.jpg

a0206345_2345475.jpg

13:00 この木段滑りそう
a0206345_23465071.jpg

13:07 溶岩の壁
a0206345_23472813.jpg

13:32 望雲台分岐
a0206345_23485982.jpg

13:34 望雲台への第一関門
a0206345_23501893.jpg

13:38 正面に見える手すりが望雲台
a0206345_23515185.jpg

13:41 第二関門
a0206345_23524470.jpg

13:42 望雲台 足が竦んで立てません
a0206345_2354351.jpg

鷹巣山が正面に見えます
a0206345_23574897.jpg

意を決して下を覗いて見たら・・・
a0206345_22101563.jpg

ぞわ~崖下まで130m だからこそここに連れて来たかったんだよね!
a0206345_23595243.jpg

降りも難所です
a0206345_005358.jpg

14:03 鉾立岩 よく立ってるね
a0206345_012999.jpg

14:11~14:23 高住神社
a0206345_033472.jpg

いい雰囲気です
a0206345_054670.jpg

14:29 参道を野営場駐車場まで歩きます
a0206345_045351.jpg

14:34 杉林が時代を感じさせるね
a0206345_065142.jpg

14:50 スキー場?
a0206345_093579.jpg

14:53~14:56 そこでサプライズ!鹿の群れに遭遇!五頭いるね
a0206345_0105226.jpg

a0206345_0114964.jpg

a0206345_012643.jpg

a0206345_0122649.jpg

a0206345_0124691.jpg

14:59 野営場登山口まで戻って来た
a0206345_0142345.jpg

15:01 無事野営場駐車場までかえって来たね めでたしめでたし
a0206345_016687.jpg


今回は霧氷に加えて至近距離での鹿との遭遇。思わぬサプライズに嬉しいの一言!さてさて今度は何処の山に登ろうかな。

歩行距離 7.5km 累積標高 800m 行動時間 5時間01分 歩行時間 4時間20分 
by ichibunn-go | 2016-01-10 00:37 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

11月1日(日) 今回は、4月11日の『レジェンド!浜口兄弟と黒髪山系を歩く』以来、半年ぶりにY師匠、九州登山界のカリスマ浜口兄弟、イチブンの四名で景色を楽しみながらのんびりと(本当です)裏英彦山を歩くことになった。 
 このメンバーでパーティーを組むのも今回で2回目。三人集れば文殊の知恵とか?立派な山岳会とか?昔から言われている。今後も不定期だがこのメンバーで登山予定。
 そこで、チーム名をつけることになった。意図も簡単に決まったチーム名は『YH2ー1Spirit
Y師匠のY、浜口のHと兄弟の2、その3人にロープで引っ張られるイチブンの1。同様の精神、魂を持つ者としてSpirit(時には酒の場合もあり) 平均年令64歳だけど、カッコいい(^o^;)

鹿の角にて 途中出会った皆さんと 今日は朝人さんがやけに苦み走ってます(^_-)-☆
a0206345_1883139.jpg

ルートは、高住神社~薬師峠~ケルンの谷~垂水の壺~籠水峠~鹿の角~鬼の舌~南岳~中岳~北岳~望雲台~高住神社の裏英彦山周回コース 季刊誌”のぼろ”でも紹介されたので登山者が多いのではないだろうか?
a0206345_1815361.jpg

8:37 高住神社を出発 予定では9時集合だったが、年寄りは絶対朝が早いよな?と思い8時過ぎに着いたところ、Y師匠は勿論、浜口兄弟のお二人は既に準備完了。前日から泊まっていたそうだ
a0206345_18201044.jpg

8:46 鷹ノ巣山を左に見ながら
a0206345_18222055.jpg

8:48 車道から分かれて林道へ
a0206345_1825754.jpg

8:57 裏英彦山登山口 うっかりしてると見落としそう
a0206345_1824746.jpg

9:12 師匠は、平地のトラバースですよ!と、言ってたけど何箇所かは急登もあります
a0206345_1829762.jpg

9:16 展望が開け九重連山が幻想的に見える
a0206345_1831489.jpg

9:21 いい雰囲気のの登山道
a0206345_18325662.jpg

9:33 いったいここには幾つ目印があるんだ?目印が少ない、或は無いからこそ裏であって、これでは裏を歩く楽しみがないじゃないか!
a0206345_18364027.jpg

9:42 いい色の紅葉
a0206345_18424487.jpg

9:48 ここまでも何ヶ所かあったけど、出来れば無いほうが、より裏の雰囲気を味わえる案内板
a0206345_1841473.jpg

9:49 木々の間から中岳が間近に見えてきた
a0206345_20385825.jpg

9:57~10:14 ケルンの谷 賑やかな声が聴こえるなあ~と思っていたら先着のパーティーだった
a0206345_18491991.jpg

ここでY師匠の本領発揮 女性、特に若い女性には超~親切です(^-^; のぼろを見ながらルートを丁寧に教えます
a0206345_18553786.jpg

浜口兄弟を知ってた人もいたけど、今ではレジェンド・・・最近登山を始めた人や、グリーンウォークの読者以外は知らないかもね 
a0206345_18541421.jpg

ここから南岳に登るそうなので記念に一枚
a0206345_1905844.jpg

10:21 垂水の壺 最近雨が降らないせいか垂水が少ないです(T_T)
a0206345_1924183.jpg

10:26 大きな倒木の下を潜る 当然期待するのは・・・だよね 
a0206345_194461.jpg

10:32 あれ?さっき別れたパーティーに追いついた!南岳ルート分からなかったかな~?急ぐ山行ではないのでサポートしながら同行することにした
a0206345_1991930.jpg

10:36 人によっては難所かも やっぱり師匠は女性には親切です(^=^; 男だったら知らんぷりのはず・・・
a0206345_1911253.jpg

10:49 こんな大勢で山行することはないので、ジグザグ行列でいい感じ
a0206345_19123870.jpg

10:57~11:03 籠水峠 鹿の角の大岩壁
a0206345_19153473.jpg

休憩の後は少し戻って鹿の角へ
a0206345_19181222.jpg

11:07 鹿の角への急登
a0206345_1919639.jpg

11:15 先ほど見上げた岩壁を見逃す手はない!と言う事で、浜口兄弟とイチブンはヤセ尾根から岩壁上へ
a0206345_1922184.jpg

11:18 何とも言えない大展望 指さす先にはいったい何が? 法螺貝が聞こえる方向かな?ほんとに?
a0206345_1924780.jpg

真上から見下ろす感じがいいね
a0206345_19245819.jpg

11:22~11:24 鹿の角 今日は朝人さんがやけに苦み走ってます(^_-)-☆ それに引き換え敏行さんはいつも控えめです(^=^;
a0206345_1883139.jpg

11:26 南岳へ
a0206345_19534141.jpg

11:37 みんなこんな所が大好きです
a0206345_1955462.jpg

11:44 鬼の舌の急登 手掛かり、足掛かりがしっかりしてるので不安はない
a0206345_1956686.jpg

a0206345_19562859.jpg

11:54 一旦南岳を巻いて中岳が見える
a0206345_2022376.jpg

下を見ればケルンの谷から続々登って来ます
a0206345_2024758.jpg

11:57 同行した皆さんとはここでお別れです 通常他人とは山行しない浜口兄弟と同行出来たことは、宝くじに当たった様なもの、大いに自慢しよう(*^^)v またどこかの山で会いましょう
a0206345_2041740.jpg

12:01~12:26 南岳 ジャスト12時に着きたかったなぁ~と敏行さんが悔しがってました 本当は山行時間にシビアな四人です 
a0206345_2061092.jpg

12:30 昼食を終えて中岳に向かう 真冬になるとここは別世界
a0206345_20145119.jpg

12:34 中岳 英彦山神社
a0206345_20174630.jpg

避難小屋前の広場は登山者でいっぱい!早々に退散しよう
a0206345_2042247.jpg

12:42 辺りは冬枯れの様相
a0206345_20431614.jpg

12:53~12:56 北岳 静かな山頂で集合写真
a0206345_20491716.jpg

13:05 登山は安全第一 浜口兄弟なればこそ三点支持で基本に忠実です
a0206345_20522179.jpg

13:07 木段 人工物であっても周りの雰囲気に馴染んでいるような
a0206345_20561138.jpg

13:21 望雲台分岐
a0206345_20565894.jpg

13:23 スーパー爺様が三人クサリ場を登る
a0206345_20593391.jpg

13:26 望雲台への登り
a0206345_2124797.jpg

13:27~13:36 望雲台 この手摺を設置した人達に敬意を表します
a0206345_215288.jpg

a0206345_216157.jpg

スパッと切れ落ちた望雲台にて 手前から浜口兄弟朝人さん、敏行さん、Y師匠
a0206345_20383076.jpg

a0206345_2173899.jpg

登りよりも降りが怖いんだよね もし、浜口兄弟が女性だったら・・・次の手掛かり、足掛かりの指示がくるはずだけど、男には知らんぷりです(T^T)
a0206345_218621.jpg

13:39 滑らないように慎重に降ろう やっぱり知らんぷりです(T^T) 本当のところは信頼しきってるから見る必要すら無いんです
a0206345_21113135.jpg

13:44 逆鉾の岩 皆んな若いころを思い出したようだ
a0206345_21122140.jpg

13:53~14:00 高住神社
a0206345_21152481.jpg

a0206345_21154653.jpg

14:07 ゆっくり時間をかけて駐車場に到着
a0206345_21171974.jpg

駐車場の紅葉が一番綺麗だったかな?
a0206345_21192349.jpg


 登山スタイルはY師匠のトレイルダッシュ、浜口兄弟のスーパー大縦走、それには遠く及ばないイチブンとそれぞれだが、各人がリスペクトしていることには間違いない。
 目指すのは飽くまでも安全登山。年齢的にも体力を衰えさせない為の妥協を赦さない不断のトレーニング、知識、経験を積むことが必要だ。
 登山をしていれば誰でも滑ったり、つまずいたり、ヒヤリ・ハットとしたことの二度や三度はあるだろう。
 安全登山の目安としてハインリッヒの法則 
 一件の大きな事故・災害の裏には、29件の軽微な事故・災害、そして300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったもののヒヤリとした、ハッとした事例)があるとされる。重大災害の防止のためには、事故や災害の発生が予測されたヒヤリ・ハットの段階で対処していくことが必要。危険を予知する訓練も勿論必要だ。
 登山のみならず普段の生活にも役立つので是非実践しよう。

歩行距離 8km 累積標高 850m 行動時間 5時間30分 歩行時間 4時間21分

『YH2ー1Spirit』の構成 リーダー Y師匠 平メンバー 浜口兄弟、イチブン(広報、連絡担当)
by ichibunn-go | 2015-11-01 22:33 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

2015年2月7日(土) 先週に引き続き英彦山に登る!と言えばカッコイイけど、本当は難所ヶ滝に行く予定だった。
 昨日Y師匠に三郡山系と難所ヶ滝の様子を訪ねたところ、上の方に白いのは見えるけど、難所ヶ滝は期待できそうにない!とのことだった。 ならば!もう一度英彦山に行ってみよう。
 昨日の朝、ライブカメラでしゃくなげ荘付近を見たら10cm以上積もっていたようだ!が、気温が高いため四王寺滝も期待できないかな・・・でも雪と霧氷?という楽しみがある。
 しかし、今日は午後から雨の予報!一緒に登る予定だったアユママは体調不良で脱落・・・単独でもあるし
飛ばして行くことにしよう。

北岳から南岳~中岳を望む
a0206345_18572355.jpg

一瞬!青空が!
a0206345_21263166.jpg

今日のルートは、別所駐車場~奉幣殿~鬼杉分岐~衣ケ池~南岳分岐~南岳~中岳~北岳~中岳~北西尾根~キャンプ場~九州自然歩道~別所駐車場を急ぎ足で歩く
a0206345_18582053.jpg

駐車場はほぼ満車
a0206345_1921487.jpg

8:53 急いで準備してしゅっぱ~つ!でも、こっちじゃなくて左から
a0206345_19221322.jpg

こっちから行けば参道の石段登らなくていいもんね
a0206345_1924546.jpg

ここから右へ ゆるやかな登りで奉幣殿の裏側に出る
a0206345_19263547.jpg

9:00 石段登るよりはこっちがいい
a0206345_1928334.jpg

9:04 英彦山修験道館
a0206345_19324527.jpg

9:07~9:10 奉幣殿の裏
a0206345_19344063.jpg

登山の安全をお参りして再出発
a0206345_19354032.jpg

右を取ってここからが本番
a0206345_19361691.jpg

9:15 展望所 いい感じに雪が積もってるけど、黄砂かPM2.5の影響なのか、何となく灰色ぽく見えるのは私だけ?
a0206345_19455219.jpg

取りあえず奉幣殿
a0206345_19463125.jpg

9:25 鬼杉分岐を左へ
a0206345_19472733.jpg

9:37 衣ケ池 途中出会った登山者から四王寺滝の情報を得る やっぱり無い・・・そうだ・・・と、いう事で直進して振り返る
a0206345_19513097.jpg

先行者は一人だけ
a0206345_222131.jpg

9:54 南岳分岐 
a0206345_19593269.jpg

9:56 上の分岐
a0206345_2003297.jpg

a0206345_201098.jpg

10:05 材木岩 小規模柱状節理のようだ
a0206345_2044899.jpg

10:12 展望が開けて道標があった 何となく安心するね
a0206345_2082966.jpg

たぶん・・・障子ヶ岳かな?
a0206345_2071359.jpg

10:20 いたるところに鹿のフンと足跡
a0206345_20183433.jpg

10:37 最後の難所
a0206345_20190100.jpg
 
10:43~10:46 南岳 やっと着いた~って感じ 残念ながら霧氷はないね
a0206345_20554660.jpg

a0206345_2056678.jpg

10:48 霧氷?かな?と言うよりも霧氷だった・・・
a0206345_2057628.jpg

10:51 北岳には霧氷があるように見えるけど・・・
a0206345_20595867.jpg

10:56~11:20 中岳 英彦山神宮
a0206345_2105559.jpg

南岳 霧氷のように見えるけど、雪と霧氷の残骸
a0206345_213659.jpg

まだ、登山者は少ないけどベンチは空いてるかな?飛ばして来たから腹減っった
a0206345_2145836.jpg

ここにも霧氷はありません
a0206345_2155488.jpg

11:30 北岳側は雪が深い 踏み跡から外れれば腿のあたりまで沈むこともある
a0206345_21101391.jpg

11:33 北西尾根
a0206345_2111435.jpg

11:36 霧氷の様にも見えるけど、雪が積もって溶けて凍った樹氷かな?
a0206345_21121857.jpg

11:40~11:44 北岳
a0206345_21182268.jpg

a0206345_21213584.jpg

a0206345_21184483.jpg

11:46 一瞬の青空!霧氷じゃなくても綺麗
a0206345_21243766.jpg

a0206345_2124596.jpg

a0206345_21254196.jpg

a0206345_21272653.jpg

12:02 再び中岳 ちょうどお昼で登山者でいっぱい
a0206345_2130411.jpg

12:05 北西尾根 今日は足を止める様な景色は・・・ないし、雪は灰色・・・
a0206345_21305479.jpg

北岳もこんな感じ
a0206345_21314691.jpg

12:23 野鳥観察舎入口分岐 尾根をまっすぐ降る
a0206345_21341410.jpg

12:29 キャンプ場脇を降って
a0206345_21351017.jpg

12:33 あっ!プールが凍ってる
a0206345_21355514.jpg

12:45 九州自然歩道を通って朝登った奉幣殿への道まで帰って来た
a0206345_21365176.jpg

12:48 無事到着 小さな雨が!ポツポツ・・・間に合って良かったε-(´∀`*)ホッ
a0206345_21381344.jpg


今年は昨年に比べて明らかに暖かい。これからの寒波に期待はするものの、今シーズンは四王寺滝も難所ヶ滝も難しいかな?今日は霧氷も無かったし、先週来ていて本当に良かったε-(´∀`*)ホッ

歩行距離 9km  累積標高 1100m  行動時間 3時間55分  歩行時間 3時間21分
by ichibunn-go | 2015-02-07 22:09 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(4)

2015年1月31日(土) 昨年末から年始にかけて寒波が来たものの、その後比較的暖かい日が続き、四王寺滝が完成しそうな寒い日はなかなか続かない。今年は昨年に比べて暖かいようだ。
 1月中旬から2月中旬に期間を限定しての寒波待ちだったのだが、弱いけど、やっと寒波が来た・・・四王寺滝は?正直待ちきれなくなってしまった!と、言ったところ・・・かな!?
 今回の参加者は、アマちゃん、イケちゃんと、初めてご一緒する猫好きさんとイチブンの四名 さてさてどうなることやら・・・

生まれたての瓜坊の如き四王寺滝
a0206345_857113.jpg

北西尾根から見た英彦山神宮
a0206345_10253561.jpg

ルートは、別所駐車場~奉幣殿~鬼杉分岐~衣ケ池~四王寺滝?~南岳~中岳~北西尾根~野鳥観察路~ボッカ道~奉幣殿~別所駐車場
a0206345_7484429.jpg

8:45 別所駐車場に到着
a0206345_7513456.jpg

9:03 期待に胸膨らませシュッパ~ツ!
a0206345_7534961.jpg

9:17 最初の難所 奉幣殿に登る石段
a0206345_7542327.jpg

9:24 奉幣殿まであと少し 頑張れ~!
a0206345_7573627.jpg

9:25~9:29 奉幣殿 お参りして登山の安全をお願いしました
a0206345_759648.jpg

9:30 玉屋神社・鬼杉方面へ
a0206345_834827.jpg

9:36 展望所からお決まりの一枚
a0206345_83116.jpg

9:49 鬼杉分岐 ここから左へ
a0206345_84734.jpg

10:02 杉林の中の階段 流れる水が凍っていて滑りやすい
a0206345_863767.jpg

10:07~10:09 衣ケ池 ここが四王寺滝への登り口
a0206345_810167.jpg

10:13 大岩の横を通る
a0206345_8183192.jpg

10:18 大きな倒木を仲良くよっこらしょ
a0206345_8201772.jpg

10:28 落し物のマフラーがバリバリに凍っている
a0206345_8233224.jpg

10:33 先行者の足跡を追いながら登るのだが、何か変?四王寺滝はこんなに急じゃないはず
a0206345_8264764.jpg

10:38~10:50 あ~っ!やっぱり間違えてた 西側の小滝でした 途中で会った人を含めてここを四王寺滝と勘違いしてる人が結構いるかも? ここは”行者滝”です
a0206345_8322151.jpg

間違えた所まで降って四王寺滝へ登り返す為にアイゼンを装着してると、上の方から”自分の足跡を辿ってトラバースすれば四王寺の滝へ行けるよ”と男性の声が聞こえてきた 
a0206345_8444896.jpg

お助けマンの声に従って東へトラバース
a0206345_8471392.jpg

10:56 崖の下をトラバース この向こうに四王寺滝がある
a0206345_8481644.jpg

10:59~11:09 来たー!四王寺滝 予想はしてたけどストライプのシャーベット四王寺滝
a0206345_8564164.jpg

これから成長するんだね。と、それなりに満足  また、おいでってことさ
a0206345_857113.jpg

a0206345_902158.jpg

a0206345_905472.jpg

a0206345_911754.jpg

急な斜面を南岳へ登りだす
a0206345_955420.jpg

10:13 両手両足総動員の急斜面 
a0206345_98477.jpg

11:17 更に登る
a0206345_991547.jpg

11:25 尾根に登り上がって、ガラリと雰囲気が変わった
a0206345_9145188.jpg

そこには鹿の足跡
a0206345_910917.jpg

11:27 まだまだ急坂は続く 新雪に足を取られて大変だ
a0206345_917655.jpg

11:32 ガスが出てきた 霧氷が成長するかも
a0206345_9201034.jpg

11:40 手を使わなければ登れない こんなフカフカの雪ではアイゼンも効き目なし
a0206345_9293428.jpg

11:45 山頂が近づき霧氷が濃くなってきた
a0206345_9303215.jpg

11:47 尾根には霧氷の華が咲く
a0206345_9321580.jpg

a0206345_9323468.jpg

a0206345_9413072.jpg

11:53~11:59 南岳にとおちゃこ!
a0206345_9425724.jpg

やったー!
a0206345_9434493.jpg

12:01 鞍部への急な降り
a0206345_9512937.jpg

南岳と中岳の鞍部 ここは別世界
a0206345_9484622.jpg

a0206345_9494236.jpg

a0206345_9503150.jpg

a0206345_9524692.jpg

12:09~12:48 中岳にとおちゃこ!
a0206345_9535622.jpg

a0206345_9543142.jpg

避難小屋 ベンチ空いてるかな?
a0206345_9554761.jpg

よかった~ちょうど空きました ホッと一息 昼食にしよう
a0206345_9564139.jpg

英彦山巨大標柱
a0206345_10013100.jpg

a0206345_9591072.jpg

東側の風景
a0206345_1043775.jpg

12:48 降りは北西尾根から
a0206345_1053192.jpg

北西尾根のこの雰囲気いいよね
a0206345_10172758.jpg

a0206345_1018353.jpg

a0206345_10182393.jpg

a0206345_10213124.jpg

a0206345_1021579.jpg

a0206345_10224119.jpg

a0206345_1023296.jpg

北岳も霧氷に染まる
a0206345_10245061.jpg

振り返れば英彦山神社
a0206345_10253561.jpg

a0206345_742521.jpg

a0206345_10271450.jpg

13:02 見晴らしのいい尾根からブナ林に入り久しぶりの風景
a0206345_10433860.jpg

13:28 4差路交差点 左を取って野鳥観察路へ
a0206345_10431772.jpg

13:37 所々に標識があり迷うことはない
a0206345_10492213.jpg

13:39 野鳥観察路入口からボッカ道へ この道を使って荷揚げしたのかな?
a0206345_10494369.jpg

13:41 見上げれば北西尾根に霧氷が見える
a0206345_1051833.jpg

13:44 三人並んで
a0206345_105245100.jpg

13:56 奉幣殿裏に飛び出した 
a0206345_1053388.jpg

13:57~14:03 奉幣殿 無事下山したことを報告しよう
a0206345_10574817.jpg

14:16 九州自然歩道の標識 別所駐車場はすぐそこだね
a0206345_10593751.jpg

14:21 別所駐車場に無事到着
a0206345_11159.jpg

皆さんお疲れ様でした
a0206345_112175.jpg

しゃくなげ荘の温泉で疲れを癒し玄関から出たところ、中岳、南岳が白く輝いている 電柱と電線がジャマ!
a0206345_116032.jpg

a0206345_116523.jpg


残念ながら今回は幻で終わった四王寺滝。来シーズンこそは皆んなに、こんな美しすぎる四王寺滝を見せてあげたいと思う。 2014年2月16日撮影
a0206345_9132884.jpg


歩行距離 8km  累積標高 900m  行動時間 5時間18分  歩行時間 3時間59分
by ichibunn-go | 2015-02-01 10:48 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(6)

12月18日(木) 今週は日本中を爆弾低気圧が吹き荒れた!九州でも例外ではない。しかし、前後の状況から氷瀑を見るには今日がベストと判断!一期一会な景色を求め仕事を休んで山に登る山馬鹿イチブン
 一昨日思いついた計画は、まず昭和の森から難所ケ滝まで往復し、速攻で英彦山別所駐車場に移動。四王寺滝から南岳、中岳を周回し、二つの氷瀑を同日に見る!と、いうものものだったが、篠栗のy師匠に宝満山の様子を問合わせたところ、積雪無し、難所ケ滝もどうだろうか?と、いうものだった。しかし、日曜日に耶馬溪の中摩殿畑山から釣鐘山を縦走した時40cmぐらい積もっていたので、四王寺滝はかなり期待できますよ!との事。ならば、四王寺滝一本に絞り、ゆっくりと出発することにした。が、途中でメインのカメラを忘れたことに気付いた・・・予備のコンデジで撮るしかないのか・・・でも寒さに弱いんだよね・・・

 
思わず、あったー!と声が出てしまった
a0206345_1832569.jpg

英彦山の霧氷も美しい
a0206345_1836917.jpg

ルートは別所駐車場~奉幣殿~衣ケ池~四王寺滝~南岳~中岳~表参道~行者堂~奉幣殿~別所駐車場
a0206345_9301960.jpg

9:20 小石原から下る前にスノーカバーを装着
a0206345_19532352.jpg

9:22 長~い急な下り 着けてて良かった~(´▽`)
a0206345_19543510.jpg

9:36 しゃくなげ荘のライブカメラを過ぎたあたりから道路はつるんつるん カメラの画像ではこんなに雪は無かったけど・・・
a0206345_18425482.jpg

9:45 別所駐車場 平日なので車は少ない
a0206345_18433389.jpg

10:00 ((o(´∀`)o))ワクワクしながら出発
a0206345_18484442.jpg

10:10 参道 思ったよりも雪が少ないかな?
a0206345_1953141.jpg

上から見るとこんな感じ
a0206345_19583071.jpg

10:15~10:25 奉幣殿 登山の安全を祈願しよう
a0206345_19575675.jpg

a0206345_2002260.jpg

鳥居をくぐり石段を登った所から右へ
a0206345_2014675.jpg

この道標に従い玉屋神社、鬼杉方面へ
a0206345_2021214.jpg

10:29 展望が開けて奉幣殿を遠望
a0206345_2061145.jpg

10:39 鬼杉分岐 ここは左へ
a0206345_207345.jpg

10:50 衣ケ池 池と言うか水たまりと言うか?
a0206345_2082171.jpg

池の手前が四王寺滝入口
a0206345_2084434.jpg

10:59 目印はあるけど・・・踏み跡が無ければどこが登山道か分り難い
a0206345_2011485.jpg

11:03 この先危険!と言われても・・・ここまでも十分危険
a0206345_20123020.jpg

11:13~11:31 あったー!四王寺滝だー!
a0206345_20153194.jpg

ん?なんだか少し黄ばんでいるような・・・
a0206345_20174040.jpg

a0206345_2018093.jpg

上の方が溶けかかっているので、明日は崩落してるかな・・・
a0206345_20162418.jpg

a0206345_20195755.jpg

左下に人がいるので比べてみよう
a0206345_20204946.jpg

11:42 急な尾根を登って展望が開け、辺は霧氷の華が咲く
a0206345_20233583.jpg

a0206345_20285242.jpg

標高が上がるにつれて霧氷が濃くなってきた
a0206345_20301184.jpg

a0206345_20312060.jpg

a0206345_20355483.jpg

a0206345_20331986.jpg

11:58~12:00 南岳 気温はー5.5℃
a0206345_20365270.jpg

a0206345_2037993.jpg

定番ショット
a0206345_20372373.jpg

a0206345_20375563.jpg

a0206345_20381825.jpg

a0206345_20383897.jpg

a0206345_2039058.jpg

a0206345_20392044.jpg

12:09~12:41 中岳 上宮
a0206345_20411023.jpg

南岳
a0206345_2043482.jpg

若者二人にシャッターを押してもらった
a0206345_2043559.jpg

ここの霧氷も素晴らしい
a0206345_20455061.jpg

a0206345_20464997.jpg

いつの間にか小屋がきれいになっている 風だけでも避けられるので昼食にしよう ここの温度計はー8℃になってるけど、そこまで低くない。3℃ほど誤差があるようだ
a0206345_10241871.jpg

あとはここから降るだけ
a0206345_20503614.jpg

12:43 この雰囲気がいいね
a0206345_2053384.jpg

a0206345_2053228.jpg

a0206345_20534381.jpg

a0206345_2054244.jpg

12:47 行者堂
a0206345_20553069.jpg

a0206345_20551417.jpg

13:35 奉幣殿前を通り別所駐車場に到着 
a0206345_2112943.jpg


今日この時この時間でなければ見られない一期一会な景色を十分楽しめた。四王寺滝も気温次第ではあるが、恐らく明日は上半分ぐらいは崩壊してるんじゃないかな?もし、そうなれば仕事を休んでまで来たかいがあったというもんんだ。来年、寒波の頃合を見てもう一度来ることにしよう。

歩行距離 7.5km  累積標高 800m  行動時間 3時間35分  歩行時間 2時間33分

今年2月16日の美しすぎる四王寺滝
a0206345_9132884.jpg



雪山もいいけど、海もいいよね(o^^o)♪ 海に潜りたくなったらダイビングショップアクアフェイス”まで
by ichibunn-go | 2014-12-18 21:24 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(2)

5月10日(土) TTI 48 5月定例登山 英彦山系の山でも綺麗なシャクナゲが咲きそろう頃。岳減鬼山から石楠花ノ頭では毎年登山道を包むように色濃い花をつける。年によって花の咲き方に差はあるようだが、人が植えたシャクナゲより自然の中に咲いたシャクナゲの方が美しいと思う。
今月は皆さん何かと忙しいようで参加者は、イケちゃん、アユママ、イチブンの3名。ちょっと寂しいかも・・・ね(´・ω・`)ガッカリ…

登山道は美しいシャクナゲに包まれる
a0206345_6483531.jpg

a0206345_945932.jpg

a0206345_96589.jpg

ルートは、英彦山大権現~渡渉点~黒岩山分岐~大南林道~岳減鬼峠~岳減鬼岳~岳減鬼山~岳減鬼峠~上塚山分岐~石楠花ノ頭~最低鞍部~大南林道出合い~英彦山大権現を周回する
a0206345_10181662.jpg

9:30 英彦山大権現を出発
a0206345_703716.jpg

9:36 沢沿いに出たところを渡渉して対岸へ
a0206345_744029.jpg

9:57~10:00 黒岩山分岐 緩やかな杉林の中を歩く
a0206345_763691.jpg

10:14~10:18 大南林道出合い 岳減鬼山登山口
a0206345_79463.jpg

林道脇に藤の花が咲いていた
a0206345_7105814.jpg

10:27 案内板に従って進もう
a0206345_7115656.jpg

10:42 岳減鬼峠が近づくにつれて新緑が目にしみる
a0206345_7152247.jpg

10:44~10:48 岳減鬼峠 右を取って岳減鬼山まで往復
a0206345_722221.jpg

10:57 今日初めてのシャクナゲに出会ったもののまだ蕾だ
a0206345_7293739.jpg

10:59 最初の岩場
a0206345_7263186.jpg

11:00 展望岩 
a0206345_730493.jpg

恐る恐る下を覗いて見る あっ!下の方にシャクナゲが咲いてる
a0206345_733383.jpg

11:03 ぼちぼちシャクナゲが見られるようになってきた 
a0206345_735265.jpg

a0206345_7382282.jpg

a0206345_7373419.jpg

11:10 ロープ場 岩がもろくて崩れやすい
a0206345_7394545.jpg

11:15 このコース一番の難所かも
a0206345_74231.jpg

難所を越えればシャクナゲが!
a0206345_7441745.jpg

11:22 岳減鬼岳 岳減鬼山ではありません
a0206345_7465816.jpg

そこに咲くシャクナゲ
a0206345_753221.jpg

a0206345_7564386.jpg

11:28 岳減鬼山は目の前
a0206345_758211.jpg

シャクナゲとミツバツツジのコラボレーション
a0206345_803110.jpg

11:34~12:04 岳減鬼山 山頂は暑くもなく寒くもなく昼食には丁度よかった
a0206345_8145753.jpg

この伐採跡 見晴らしはいいけど、何だかな~って感じ
a0206345_8184696.jpg

往路とは違った感じにシャクナゲが見える
a0206345_8222426.jpg

a0206345_8224491.jpg

12:23 難所のロープ場を降る
a0206345_8233878.jpg

12:32 往路では気づかなかったシャクナゲ
a0206345_8261962.jpg

a0206345_8263722.jpg

12:47 岳減鬼峠 ここまでもけっこう楽しめたが、ここからもまた楽しみ
a0206345_8293344.jpg

12:59 998mピーク
a0206345_8334274.jpg

ここには花はないけど緑がきれいです
a0206345_8344082.jpg

13:05 いよいよシャクナゲのトンネル本番
a0206345_837585.jpg

a0206345_8381780.jpg

a0206345_839182.jpg

a0206345_8395123.jpg

a0206345_842813.jpg

a0206345_8424982.jpg

a0206345_8433334.jpg

a0206345_843553.jpg

13:21 垂直岩壁の難所
a0206345_8444350.jpg

a0206345_848104.jpg

13:27~13:34 上塚山分岐
a0206345_8474629.jpg

このあたりはミツバツツジが花ざかり
a0206345_8513663.jpg

a0206345_852241.jpg

a0206345_8525311.jpg

このあたりから更にシャクナゲのトンネル大本番
a0206345_856668.jpg

a0206345_8563018.jpg

a0206345_857143.jpg

a0206345_902717.jpg

a0206345_953159.jpg

13:45 岩尾根を登る
a0206345_97620.jpg

13:52~13:56 石楠花ノ頭 山頂標識がないので知らない間に通り過ぎてしまいそう
a0206345_991193.jpg

14:15 猫ノ丸尾が見える
a0206345_995326.jpg

14:16~14:23 最低鞍部 ここからエスケープルートを林道へ向けて降る
a0206345_9121337.jpg

14:43 かなり荒れている いたる所に倒木が!
a0206345_9132114.jpg

14:58~15:01 大南林道出合い
a0206345_915356.jpg

15:29 渡渉地点まで戻ってきた
a0206345_9181323.jpg

15:30~15:42 駐車場はすぐそこだけど英彦山大権現で一休み
a0206345_9205021.jpg

15:44 ぼちぼち歩いて駐車場に到着
a0206345_9235711.jpg


綺麗なシャクナゲだけではなく、岳減鬼山までの往復の行程も、岩場の登り降りでスリルもあり結構楽しめたと思う。この季節、秋の紅葉の時期には度々訪れたい山の一つだ。

歩行距離 10km  累積標高 800m  行動時間 6時間14分  歩行時間 5時間
by ichibunn-go | 2014-05-11 09:32 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(0)

 2月16日(日) 本来なら昨日はTTI 48第1班の2月定例登山で『由布岳』に登る予定だった。しかし強烈な低気圧の接近により強風大雪の予報、来月に延期を余儀なくされた。
 翌日は低気圧も東方に去り風はあるものの晴れ間の出る予報となった。急ぎメンバーに連絡するものの皆さん既に予定が入り参加できないとのこと。
 ならば久しぶりに一人で登ってみるか。しかし待てよ!この分なら由布岳まで行かなくても、英彦山あたりで雪山に出会えるのではないだろうか?そうだ!『幻の滝』と言われる『四王寺滝』に行ってみよう。
 急ぎ四王寺滝の状況、駐車場まで至る道路状況、登山ルートを調べ、久しぶりにカミさんと二人で登ることにした。

2017年難所ケ滝&四王寺滝最新情報
     ⇩

見事に氷結した美しき四王寺滝 常連さんの話では今シーズン最高との事
a0206345_9163224.jpg
美しすぎる・・・
a0206345_9132884.jpg

英彦山の霧氷も見事としか言い様がない
a0206345_9531634.jpg

ルートは別所駐車場~奉幣殿~衣ケ池~四王寺滝~南岳~中岳~表参道~行者堂~奉幣殿~別所駐車場
a0206345_9262499.jpg

8:55 別所駐車場 車道は除雪してあったけど駐車場は結構な積雪 ワクワクしながら出発だ!
a0206345_8455497.jpg

9:10 奉幣殿に登る石段も雪で埋まっている
a0206345_848272.jpg

9:17~9:25 奉幣殿休憩所 ここでアイゼン装着
a0206345_8491071.jpg

お参りをして再び石段を登る
a0206345_8505257.jpg

9:26 石段を登り切った所の分岐を玉屋神社、鬼杉方面へ
a0206345_8524087.jpg

9:32 展望が開け奉幣殿が見える
a0206345_8545313.jpg

9:44 この分岐は左を取って鬼杉方面へ
a0206345_901829.jpg

10:00 衣ケ池 池って言うほどでもないかな?
a0206345_925695.jpg

池の手前が四王寺滝への登り口
a0206345_93583.jpg

10:19 雪は深いが踏み跡がしっかりしているので間違えることはない。けど、一番最初に来たら迷うだろうな・・・
a0206345_1153052.jpg

10:24~10:42 四王寺滝 話し声が聞こえてきて、やったー見えてキタ━(゚∀゚)━!
a0206345_912526.jpg

個人的には『難所ケ滝』より繊細で美しいと思う
a0206345_9132884.jpg

a0206345_9163224.jpg

a0206345_10505782.jpg

a0206345_917118.jpg

a0206345_9141162.jpg

滝の右側から急な登山道を南岳へ登る
a0206345_9231429.jpg

10:54 木の根を掴みながら必死に登る。掴まる木がなかったら登れないかも!?
a0206345_930249.jpg

11:00 やっと稜線に出て、ガラリと雰囲気が変わった
a0206345_9382370.jpg

踏み跡から一歩外れれば腿までズッポリ
a0206345_9335724.jpg

11:03 ここはいい雰囲気
a0206345_9424258.jpg

11:14 深い雪に足を取られながら急斜面を必死に登る
a0206345_9435546.jpg

11:21~11:26 南岳山頂 ふ~って感じ
a0206345_9462280.jpg

三角点も雪に埋もれている
a0206345_9474365.jpg

11:27 樹氷、霧氷の間に中岳の英彦山神社見えてきた
a0206345_9531634.jpg

a0206345_1031813.jpg

11:30~ 南岳と中岳の鞍部 ここは別世界
a0206345_107060.jpg

a0206345_1074862.jpg

a0206345_1081644.jpg

a0206345_1010294.jpg

振り返って南岳を見る
a0206345_10112697.jpg

11:38~12:27 中岳山頂 英彦山神社
a0206345_10124455.jpg

a0206345_10163379.jpg

吹きだまりはズッポリ
a0206345_10153749.jpg

巨大な山頂標識 誰も踏んでいないため、そこまで行くことが憚られたので手前からパチリ
a0206345_10324753.jpg

休憩所が空いていたので昼食としたが外の方が暖かかったかも
a0206345_10343371.jpg

昼食後、北岳が見えるところまで行ってみよう
a0206345_10415797.jpg

自然が作り出した巨大なモニュメント
a0206345_10451992.jpg

a0206345_1056067.jpg

北岳が見えた!いい雰囲気
a0206345_10455743.jpg

引き返して表参道を奉幣殿へ降る
a0206345_10552535.jpg

12:29 荒涼とした雰囲気 何とも言えないね
a0206345_114099.jpg

12:30 霧氷のトンネル
a0206345_1154267.jpg

12:34 登山道から外れ景色を楽しもう
a0206345_1164236.jpg

これからラッセルを楽しむつもりが・・・
a0206345_1113876.jpg

あ・足が抜けない・・・
a0206345_11202195.jpg

ふ~!やっと抜けた~!あとには巨大な穴が・・・
a0206345_11241890.jpg

12:39~12:46 行者堂 ムスビ神社? ムスビとは縁結びのことかな?
a0206345_11254372.jpg

a0206345_11263687.jpg

水場 飲んだら温かかった
a0206345_11281590.jpg

12:50 表面が凍りついた木
a0206345_1131377.jpg

13:28 奉幣殿まで降ってきた
a0206345_11325715.jpg

13:33 まだアイゼンは外さない方がいいかも
a0206345_1136752.jpg

13:50 別所駐車場に無事到着
a0206345_1137768.jpg


 今回は急な思いつきで英彦山に登ることにしたのだが、ジャストタイミングで四王寺滝はなんとも言えない美しさだった。思いのほか深い雪山歩きも楽しかった。TTI 48のメンバーにも四王寺滝は見てもらたいし、雪山歩きも経験してもらいたい。九州の冬山はタイミング、チャンスを逃さずこちらが自然に合せることが大切かな。

歩行距離 7.5km 累積標高 800m 行動時間 4時間55分 歩行時間 3時間23分

 今日(17日)の情報として、昨日午後から気温が上がったため、あれほど美しかった氷瀑の上半分は崩落していたそうだ (´・ω・`)ガッカリ… そう言った意味でも『幻の滝』なんですね・・・

 今回感じたことは、キンキンに凍り付いた真っ白な氷瀑よりも、溶けだした氷瀑の方が透明感があってより美しいのでは?ということ。 今年の運を使い果たしたかも・・・TTI 48 の皆さんゴメンなさいm(_ _)m
 来週はTTI 48 2班定例登山で九重連山雪山登山に挑む!

雪山もいいけど、海もいいよね(o^^o)♪ 海に潜りたくなったらダイビングショップアクアフェイス”まで
by ichibunn-go | 2014-02-17 12:04 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback(2) | Comments(4)