2017年 08月 17日 ( 1 )

島原の精霊流し

8月15日(火) 長崎県~島原地方の風物詩。初盆を迎える家々では故人の御霊を精霊船に乗せて西方浄土に流す為、勇壮華麗?に精霊流しを行う。『生きちょる間は辛く苦しかことばかりやったろうけん、死んだ時ぐらい精霊船は賑やかに送り出さにゃんと!』と、子供の頃祖母から聞いた事がある。
 私が子供の頃には、本当に海に流していた。沖を流れる精霊船の提灯のロウソクが燃え尽きるにつれて一つ二つと消えてゆき最後には元の真っ暗な海に戻る。その光景はとても幻想的だったのを覚えている。翌朝海岸に行くと何艘もの精霊船が流れ着いていた。いつの頃からかそれがゴミ問題となり今は海に流す事はなくなったが、精霊船を担ぐ者、送る人の気持ちは今も昔も変わらない。


精霊船は藁と竹と茣蓙で作られ、切子灯篭が隙間なく飾り付けられる この地区では初盆を迎える数家族共同で精霊船を出す 精霊船の名前は極楽丸か、西方丸 今回は極楽丸
a0206345_08150600.jpg


a0206345_09370406.jpg

灯篭は15日まで仏間に供える
a0206345_10375566.jpg

15日の朝にお墓に供え、夕方精霊船に
a0206345_10404047.jpg

四月に亡くなった岳父(義父)の御霊をこの精霊船に乗せて西方浄土の極楽へと流す
a0206345_08164606.jpg

幻想的な事この上なし
a0206345_09374253.jpg

故人を思う人々の気持ちが切子灯篭一つ一つに込められている
a0206345_08233195.jpg


a0206345_09381611.jpg

ナマ~イド、ナマ~イド(南無阿弥陀仏)の掛け声と共に精霊船は町内を練り歩き流し場の公園へと向かう
a0206345_08302605.jpg

練り歩く足元でけたたましい爆竹の音が辺りへ鳴り響く
a0206345_09431774.jpg

これだけの数の切子灯篭を載せた精霊船はかなり重たい
a0206345_08283535.jpg

時にはぐるぐると提灯が千切れんばかりに舞う
a0206345_08405098.jpg


a0206345_09400890.jpg


a0206345_08434523.jpg


a0206345_09462851.jpg

公園には二艘の精霊船が到着していた
a0206345_08451157.jpg


a0206345_09471650.jpg

暫く休憩 消えたロウソクに火をつけ線香を供える
a0206345_08481743.jpg


a0206345_09492115.jpg

担ぎ手達は故人への思いを込めて最後の力を振り絞って激しく舞う
a0206345_08513941.jpg

提灯は千切れそう
a0206345_09552201.jpg


a0206345_08550489.jpg


a0206345_09553816.jpg


a0206345_08572532.jpg


a0206345_10000421.jpg

そして・・・静かに海へと向かう
a0206345_10005440.jpg

故人、送る者全ての思いをのせて静かに海へ
a0206345_09014831.jpg

幻想的に海に浮かぶ精霊船
a0206345_10021061.jpg


a0206345_10023019.jpg

昔はこのまま西方浄土へ流していた
a0206345_10024416.jpg

 以前、私も父と祖母の精霊船を造った事がある。盆の入りの13日からの3日間をかけてそれまでに見聞した知識をフル動員し、設計図も何もない精霊船を母の手伝いを受けながら創り上げていく。仕事の都合で兄、叔父、従兄が応援が来るのは15日になってからで、アドバイスを受けながら補強する。まず浮くこと、激しい動きに耐える為、頑丈に造らなければならない。それでも時折、バキッ!ボキッ!ミシ!ミシッ!と精霊船は悲鳴をあげたものだ。
 これまでに祖母、父、母、兄、叔父の精霊船を担いだ。その時の気持ちは・・・祭りで神輿を担ぐ?のと似たような?但しそれほど神聖なものではないかもしれないが・・・
 『生きちょる間は辛く苦しかことばかりやったろうけん、死んだ時ぐらい精霊船は賑やかに送り出さにゃんと!』の気持ちで賑やかに故人を送りたい。最初は静かに担ごう!と思っていても、担ぎ手みんなが次第にエスカレートしてとり止めのないお祭り騒ぎになってくる。それを楽しんでいたような?気がしないでもない。酔いと、集団心理に任せてアドレナリン噴き出しまくりの魂の叫び!のトランンス状態?だったのかな?
 
 でも、これが本当の精霊船であり、精霊流しの真の姿だとの思いは今も昔も変わらない。




by ichibunn-go | 2017-08-17 10:23 | その他


登山と車いじりと水泳と我が家の(=^・・^=)の記録と思い出です


by ichibunn-go

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
車いじり
りえちゃん登山記
くじゅう連山
黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山
雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳
三郡縦走 宝満山
英彦山系 四王寺の滝
多良山系 経ヶ岳
大分 熊本 宮崎の山
佐世保周辺の山
ネコ
佐世保スイミングクラブ
その他
未分類

記事ランキング

最新の記事

国見山スノートレッキング
at 2018-01-14 17:08
なんて月だ!?
at 2017-12-31 07:13
久々の黒髪山系
at 2017-12-02 20:28
昨日のルイとアメ蔵
at 2017-11-28 22:55
ラパ蔵(ラパンSS)冬山仕様に
at 2017-11-27 19:02
雲仙に霧氷の華咲く冬が来た!
at 2017-11-19 15:34
2017 裏英彦山の紅葉
at 2017-11-12 10:43
ラパンSS フォグランプ取り換え
at 2017-10-29 17:23
今月は愛車リフレッシュ月間 ..
at 2017-10-27 17:44
今日は車いじり ”ekスポー..
at 2017-10-21 18:03
2017 秋の花咲く天山
at 2017-10-01 22:56
2017 天山の花下見
at 2017-09-24 17:08
大船山が初登山 あっぱれ!!..
at 2017-09-04 11:58
島原の精霊流し
at 2017-08-17 10:23
山の日は宝満山から三郡縦走
at 2017-08-12 11:00
2017 オオキツネノカミソ..
at 2017-08-05 15:46
山ガールズ!黒髪山デビュー!
at 2017-07-17 11:46
2017 夏期水泳教室練習開..
at 2017-07-03 21:21
梅雨真っ只中なれど黒髪山へ!
at 2017-07-02 19:27
平成新山ネイチャーセンターへ
at 2017-06-25 23:01

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

最新のコメント

心配かけて申し訳ありませ..
by ichibunn-go at 22:08
冬山のアップがなかなかさ..
by nan at 22:55
ありがとうございます。早..
by ジャパンアクアテック馬場 at 15:16
コメント有り難うございま..
by ichibunn-go at 22:47
はじめまして、株式会社ジ..
by ジャパンアクアテック馬場 at 09:48
たーちゃんお疲れさまでし..
by ichibunn-go at 20:32
とっとこさんお疲れさまで..
by ichibunn-go at 20:23
師匠、昨日はお疲れ様でし..
by たーちゃん at 16:06
昨日は大変お世話になりま..
by とっとこ at 11:53
そうなんですね 次回は..
by いけちゃん at 22:12

ブログジャンル

登山
九州

画像一覧