2016年 12月 25日 ( 1 )

霧氷の華咲く雲仙

12月24日(土) 先週の由布岳に続いて今週は雲仙の霧氷を楽しむことにする。天気予報では午後から晴れるものの気温が高めで霧氷がつくかどうかが問題。
 家庭の事情で一旦島原に寄り、第二吹越登山口へ向かうことにしたが、登山開始は早くても11時。今日も午前中勝負!急がねば!

南北で霧氷の着きがはっきり分かれた国見岳支峰
a0206345_2154419.jpg

幻想的に雲上に浮かぶ平成新山
a0206345_20134932.jpg

第二吹越から国見岳を見上げる 霧氷で真っ白でいい感じだが、全然寒くないのが逆に心配
a0206345_2017364.jpg

11:16 妙見尾根までの標高差400m 目標タイム40分で霧氷が溶けだす前に登らねば!!
a0206345_20192817.jpg

11:25 国見岳と妙見尾根がぐっと近づいてきた
a0206345_20194911.jpg

a0206345_202007.jpg

11:31 標高1000m辺りで霧氷がつきだした
a0206345_20201563.jpg

11:35 登山道にも雪がうっすらと 
a0206345_20203284.jpg

11:46 辺りは霧氷で真っ白に!でも、気温高すぎ(1~2℃ぐらいかな)で汗びっしょり
a0206345_20234183.jpg

a0206345_20223116.jpg

a0206345_20235933.jpg

a0206345_20241964.jpg

a0206345_20243859.jpg

青空が少しだけのぞいた
a0206345_20252140.jpg

11:52 吹越し分れ ここまで36分 時々日差しが差していたみたいだが、この辺りはまだ大丈夫 
a0206345_20254062.jpg

尾根だというのに風もなく全然寒くない 日が差したら一気に溶けだすだろう
a0206345_2032990.jpg

手前の方は少し溶けてるかな
a0206345_2031537.jpg

数メートル歩いたところにいい感じの霧氷 でも帰る頃には・・・?
a0206345_20373177.jpg

a0206345_20375392.jpg

11:56 しばらく歩くと日が差した東側は溶けてるところが 
a0206345_20381327.jpg

12:00 国見分れ 普賢岳に行くことはまったく考えていない
a0206345_20392117.jpg

12:02 いい感じに成長してるね
a0206345_2041367.jpg

霧氷が目も前をふさぐ しゃがんで下をくぐる時気を付けないと首から入ってきて冷たいんだよね
a0206345_20422490.jpg

国見岳南壁は既に溶けだしたか?
a0206345_20442645.jpg

国見岳南壁と平成新山、普賢岳
a0206345_2048546.jpg

尾根北側の霧氷は素晴らしい
a0206345_20492597.jpg

12:07 岩場周辺は既に溶けてる
a0206345_20502026.jpg

12:12 ここから見る霧氷は実に美しい
a0206345_205307.jpg
吹越側の霧氷はいつ見ても素晴らしい
a0206345_2053189.jpg

山頂側も・・・青空もう少し頑張れ~!
a0206345_20541793.jpg

a0206345_20543260.jpg

12:14~12:20 国見岳 溶けちゃってるね
a0206345_20555647.jpg

何となくマチュピチュのようでもあり幻想的
a0206345_214118.jpg
しばらくすると鮮明に高度感もいいね
a0206345_2154419.jpg

平成新山と普賢岳がはっきりと
a0206345_2165293.jpg

今日山頂を踏んだのは私だけではありません
a0206345_2182168.jpg

12:29 やっと青空が!でも溶けだしてパラパラと霧氷が降ってくる
a0206345_21102031.jpg

12:32 登山道に積もっているのは、雪ではなく霧氷の名残り
a0206345_21135829.jpg

これが落ちたもの
a0206345_21145783.jpg

まるで羽毛みたい
a0206345_21154290.jpg

この場所では時にこんな霧氷を見ることができる。強風と重量に耐え切れず登山道に落ちていた巨大な霧氷 大きなものは20cmぐらいありそう⇒こちら(2012年12月9日)
a0206345_05820100.jpg


12:35 日の当たらない妙見岳北壁は真っ白だが、時間の問題
a0206345_21162919.jpg

a0206345_21164632.jpg

振り返ればわずか30分ぐらいの間に霧氷が溶けてしまい哀れな姿の国見岳
a0206345_2117298.jpg

12:37 吹越し分れ もう少し気温が低ければ妙見岳も考えたが、取りあえず満足したので降ることに
a0206345_21172928.jpg

最後にもやっとした青空に霧氷
a0206345_2119034.jpg

a0206345_21191571.jpg

そして羽毛の様な霧氷 時には下も見てみよう
a0206345_2120274.jpg

12:52 すっかり溶けてしまっている
a0206345_21204811.jpg

13:02 第二吹越し登山口
a0206345_21222249.jpg

見上げれば、青空に霧氷が映えて見える
a0206345_21225267.jpg


 先週の由布岳は紺碧の空に霧氷で実に素晴らしかったが、やはり午後から気温が上がりあっという間に溶けてしまった。今回の雲仙でもいい感じの霧氷がついていたにもかかわらず、気温が高めであっという間に溶けだした。 
 気温と日差しと青空の兼ね合いが難しい。まだ、シーズンは始まったばかりなので『青空に霧氷』は次の機会に期待しよう。

歩行距離 4km  累積標高 550m 行動時間 1時間48分 歩行時間 1時間42分
by ichibunn-go | 2016-12-25 13:55 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)