11月24日(木) 先週挙式を済ませた山弟子、りえちゃん&ゆうくんに三郡往復縦走を通じてメッセージを贈る。 
 人生や結婚はよく登山に例えられるけど、登山すらしたことがない人がいくら言ったところで説得力に欠ける。しかも!あまりにも抽象的で漠然としていてわかりにくい。そこで、急な思い付きだが彼らの師匠として実際に三郡往復縦走を行い、このブログから何かを感じてもらい、それをメッセージとしたい。

 実はこの三郡往復縦走。過去4回チャレンジしたが成功したのは私の山師匠であるY師匠のサポートを受けた2回だけ。昨夜の雨と寒気(雲仙では初霧氷)で決して条件は良くないが、今回は誰のサポートも受けず単独背水の陣で挑む。
 
ルートは、竈門神社~一の鳥居~宝満山~仏頂山~三郡山~前砥石山~砥石山~鬼岩谷山~しょうけ越~若杉山を往復する
a0206345_20381595.jpg



8:30 竈門神社の境内がスタート&ゴール地点 参拝して今日の安全を祈り出発
a0206345_20553965.jpg


8:46 一の鳥居 あまり寒さは感じないが稜線に出れば強風だろうな
a0206345_20573354.jpg


8:53 三合目水汲み場 宝満山頂までノンストップ
a0206345_2059485.jpg


9:04 展望所 福岡市内一望
a0206345_2112519.jpg


9:07 百段ガンギ 怖ろしげな名前が付いてるけど、石段が揃っているのでかえって登りやすい
a0206345_2123515.jpg


9:12 中宮跡 ここまで来ればもう一息
a0206345_2133886.jpg


9:23 宝満山 ここまで53分 写真だけ撮って休まず先へ
a0206345_2145288.jpg


折り返し地点の若杉山は見ないことにしよう
a0206345_21568.jpg


9:31 仏頂山 稜線上は冷たい風が吹き抜ける 宝満山の登りで暖まっていた体もすっかり冷えてしまった
a0206345_2174092.jpg


9:49 頭巾山分岐 気温が低く体がうまく動かない 故郷の山雲仙では今シーズン初めての霧氷を観測したとの事だが、ここまでの登りがかなりきつかった事
a0206345_2191836.jpg


10:00~10:02 三郡山 ここまでジャスト1時間30分 写真を撮り、水分栄養補給
a0206345_2112974.jpg


だ~れもいません 三郡山独り占め 左足くるぶしに違和感が・・・靴擦れの前兆か?ここで引き返せば楽・・・引き返そうか?一瞬迷う・・・
a0206345_2114083.jpg


10:35 前砥石山 ここまで2時間05分 登りが苦しかったけど、休まず砥石山へ
a0206345_21174833.jpg


歩いて来た宝満山から三郡山の稜線 
a0206345_21184079.jpg


10:45 砥石山 登ったり降ったり 人生楽ありゃ苦もあるさ!くじけりゃ誰かが先に行く
a0206345_21192951.jpg


10:54 鬼岩谷山 止まらずに歩き続けるのも人生だ 腕を振って足をあげて休まないで歩け~!
a0206345_21222175.jpg


11:08 しょうけ越 休めば楽だが休まない 若杉山まで頑張ろう
a0206345_21254856.jpg


11:35 若杉ケ鼻 歩いて来た宝満山~三郡山~砥石山~鬼岩谷山
a0206345_21282633.jpg


11:39~11:48 若杉山 ここまで3時間09分 急いで昼食をとろう
a0206345_21302584.jpg


ここで半分 復路の事を考えると憂鬱だが、ここで諦める訳にはいかない 足が痛かろうが何だろうが帰らなければならない!絶対帰るんだ!
a0206345_213626.jpg


12:09 しょうけ越 往路もそうだったけど、復路もやけに長く感じた
a0206345_21383378.jpg


下は車道
a0206345_2139261.jpg


12:27 鬼岩谷山への登り 何でもない登り坂がまるで壁の様に見えてしまう
a0206345_21405855.jpg


12:37~12:41 鬼岩谷山 しょうけ越からの登りがもの凄く急で長く感じた こんなことは初めて 相当疲れてるみたい((+_+))
a0206345_21442199.jpg


12:53 砥石山 左足くるぶしに痛みがあるけど、まだまだ歩ける!
a0206345_2152452.jpg


13:03 前砥石山 左足は相変わらずだけど歩き続ければいつかはゴールにたどり着く
a0206345_21525977.jpg


これから歩く三郡山~宝満山の稜線 まだまだあるね~
a0206345_21554642.jpg


13:07 紅葉に(´▽`) ホッ
a0206345_21565358.jpg


13:48~13:53 三郡山 またしても誰もいない
a0206345_2235126.jpg


よっしゃー!ここまで来れば残り4分の1 足が痛いとか言ってられない
a0206345_2201391.jpg


景色を楽しんでリフレッシュ 二週間前に登った英彦山が見えてる
a0206345_221867.jpg


ちょっと邪魔なレーダードーム
a0206345_2221144.jpg


眺めはいいけど、ここにも邪魔者が!
a0206345_2252439.jpg


後はこの稜線を歩くのみ
a0206345_2261959.jpg


14:23 仏頂山 もう足はよれよれ
a0206345_2274136.jpg


14:29 この岩を登れば宝満山
a0206345_2282714.jpg


14:31~14:34 宝満山 とうとうここまで帰って来た!時間は6時間O1分 
a0206345_229540.jpg


アンテナの立つ若杉山を初めて振り返る
a0206345_229578.jpg


残り全ての力をここからの降りに!
a0206345_22114568.jpg


14:43 百段ガンギ リズムよく降れば大丈夫 足よ!膝よもってくれ!
a0206345_22123619.jpg


14:51 三合目水汲み場 足はまだ大丈夫!
a0206345_22141760.jpg


14:57 一の鳥居 もう少し頑張れ!
a0206345_22151994.jpg


15:10 竈門神社に到着 全ての力を使い果たして足が震えてしばらく動けなかった
a0206345_22172552.jpg



 5年ぶりに三郡往復縦走を完走することができた。記録6時間40分。5年前の記録、6時間22分を切る事。あわよくば6時間突破を目標に歩いたが、所条件、年齢、体力不足。ホームマウンテン黒髪山系から1ヶ月以上離れ、満足のいくトレーニングが出来ていない現状では、十分満足のいく記録(初完走時より8分早い)だと思う。

 三郡往復縦走は正に人生そのもの。途中何度もやめてしまいたい、ここから引き返そうか。何でこんな苦しいことやってるんだ?と、何度も自問自答した。そんな時は山に有り難う!自然に有り難う!自分を生み育ててくれた父母に有り難う!そして、身の回りのすべての事にありがとう!と、感謝の気持ちを込めて『有り難う!』叫ぶ。すると、スーっと気持ちも体も楽になった。
 大切な事は幸せをつかむため、目標を達成するためにチャレンジすること。やり続けること。やりとげること。

歩行距離 26km 累積標高 2100m 行動時間 6時間40分 歩行時間 6時間17分


 

by ichibunn-go | 2016-11-24 22:45 | 三郡縦走 宝満山 | Trackback | Comments(2)