2016年 08月 17日 ( 1 )

8月11日(木) 山の日の今日、ホームマウンテンのホームコースを歩きながらその必要性を考えてみたい。しかし今日の予想最高気温37℃!厳しい登山となることは間違いない。
 ハイキング的な登山を楽しむだけならホームマウンテンもホームコースも必要ない。そこから一歩踏み出して長距離縦走等にチャレンジしようとした時のトレーニングの場として、ホームマウンテン、ホームコースが必要となり、同じ登山道を歩くことで日々の体調の違いがわかるようになる。
 季節や気温で違いはあるものの、調子の良い時はゆっくり登ったつもりでも時間がかからない。逆に調子の悪い時は一生懸命登ったつもりなのに、意外と時間がかかっていたりするものだ。
 自分でも気付かない調子の良し悪しは、時間を見れば一目瞭然!したがって時間管理も重要となる。猛暑の中での登山ではあるが、区間タイムにも気を配り目標タイム3時間。熱中症に注意しながら今の自分の力を出し切ってみたい。

ルートは、竜門ダム駐車場~二俣~鬼ノ岩屋~後ノ平~黒髪山(天童岩)~見返り峠~青螺御前~青螺山~青牧峠~牧Ⅱ峰~牧ノ山~かじか橋登山口~竜門ダム駐車場のホームコースを周回する。
a0206345_16302735.jpg

流石、山の日!私も含めて他県ナンバー車でいっぱい 後方は牧Ⅱ峰 2時間ほど後には通過予定
a0206345_15344334.jpg

9:10 一旦9時に出発したものの、車のロック忘れに気づいて10分遅れて再スタート
a0206345_15372825.jpg

9:14 猛暑に負けて滝も縮小
a0206345_1539041.jpg

9:19 二俣 ホームコースは右へ
a0206345_1541037.jpg

9:34 後ノ平 滴る汗も拭かずに通過
a0206345_15524238.jpg

9:48 天童岩前
a0206345_1557516.jpg
 
9:49~9:51 黒髪山山頂 ここまで39分!思ったより早いけど調子がいいのかな? たぶんオーバーペース・・・?答えは後で出るだろう
a0206345_1622827.jpg

正面に次鋒の青螺山 左側に牧Ⅱ峰と牧ノ山
a0206345_1664294.jpg

9:53 二連梯子 落ちない様に注意しよう
a0206345_167516.jpg

10:02 見返り峠 あれっ?誰もいない・・・ここまで数人とすれ違ったけど思ったより登山者少ないのかな? ここから青螺山まで35分が目標
a0206345_16103771.jpg

10:06 鎖場から見るこの景色はお気に入り
a0206345_1613821.jpg

10:20 青螺御前 ふくらはぎが攣りそうになってきた 塩分と水分補給をもっとこまめに
a0206345_16185573.jpg

10:35~10:38 青螺山山頂 降ってくる登山者と出会ったが意外と誰もいない ここまで1時間25分 見返り峠から33分
a0206345_1620464.jpg

10:53 青牧峠 途中登ってくる登山者4名とすれ違う
a0206345_1633974.jpg

10:55 竜門ダム分岐だがここは直進
a0206345_1635120.jpg

11:03 倒木が増えてる様な・・・
a0206345_16364597.jpg

11:07 この辺りは登山者が少なく落ち葉が積もって登山道がわかりにくい
a0206345_16391789.jpg

11:10 牧Ⅱ峰 いるのはアブとコバエの様な虫だけ
a0206345_1643104.jpg

11:19~11:25 牧ノ山山頂 ここまで2時間09分 もうヘロヘロです・・・
a0206345_16452587.jpg

11:39 展望岩分岐 ここまでの急降下で結構足にきているが、途中マムシとの闘いに勝利!
a0206345_16502445.jpg

11:53 かじか橋登山口 梅雨の大雨で登山道が結構荒れてるし、牧ノ山は登山者が少ない為か落ち葉で踏み跡が見えにくい 初めての人は道間違いに要注意 青牧峠からここまで誰とも会わなかった
a0206345_16512611.jpg

12:01 竜門ダム駐車場 うわ~満車だね 沢遊びの人達が多いのかも
a0206345_1714368.jpg


 4ヶ月ぶりのホームコースだったが、この時期の低山歩きは熱中症ギリギリでとにかくハード!
途中、足が攣りそうになり68番を服用しようかと思ったけど、塩分、水分の補給量を増やして事なきを得たが、飲んだ水は僅かに500cc。体重はなんと!2.5kgも減少していたのには驚いた!せっかくの山の日だけど九州の低山登山は厳しいです(+o+)
 歩きながら思ったことは、登山の計画から登山口までのアプローチ、登山中の苦しみや辛さ等全ての現象、下山後の温泉から帰宅までの道中の全てを楽しい!楽しかった!と思えるようになること。筋肉痛すらも筋肉の超回復に期待して喜ぶこと。一番大事なことは山や自然への感謝の気持ちを決して忘れないこと。

歩行距離 9km 累積標高 1100m 行動時間 2時間51分 歩行時間 2時間40分


 
by ichibunn-go | 2016-08-17 22:08 | Trackback | Comments(0)