2016 裏英彦山紅葉燃ゆ!

11月12日(土) 山々の紅葉もいよいよ終盤を迎えた。九重にしても雲仙にしても、昨年に比べて大幅な紅葉の遅れで、登るタイミングを合わせることができず(サラリーマンの悲しいところ)諦めモードにはいっていた。が!まだ英彦山があるじゃないか!? 裏英彦山を歩いたことが無いというナンちゃんに声をかけ、紅葉を求めて彷徨うことにした。
 メンバーは、いつものナンちゃんと、その友人で今回お初の呑気さん、イチブンのオヤジ3名

裏英彦山の紅葉が頭上を覆う
a0206345_753877.jpg

青空に黄葉
a0206345_8135184.jpg

青空に赤黄緑
a0206345_815545.jpg

燃えてる~
a0206345_828895.jpg

ルートは、高住神社~薬師峠~ケルンの谷~垂水の壺~籠水峠~鹿の角~鬼の舌~南岳~中岳~北西尾根~バードライン~九州自然歩道~高住神社の周回コース
a0206345_7503133.jpg


9:20 高住神社駐車場を出発 
a0206345_7581245.jpg

9:28 林道分岐 あれ?舗装してある
a0206345_863260.jpg

9:35 裏英彦山登山口
a0206345_871027.jpg

9:49 裏英彦山は基本的にはトラバースだが、時には急登も
a0206345_883188.jpg

9:54 展望が開け北岳が目の前に
a0206345_8102171.jpg

遠望すれば九重連山が朝霞に浮かぶ
a0206345_8114110.jpg

景色を楽しんだ後は左側に気を付けて登ろう
a0206345_18112949.jpg

10:01 雰囲気のいい裏英彦山
a0206345_8164940.jpg

頭上には黄葉
a0206345_8183468.jpg

10:06 裏英彦山らしくなってきた
a0206345_8194937.jpg

時間を忘れて紅葉を楽しもう
a0206345_8211922.jpg

a0206345_821479.jpg

a0206345_822658.jpg

a0206345_8222511.jpg

a0206345_823461.jpg

a0206345_8232878.jpg

a0206345_8235373.jpg

a0206345_8241972.jpg

a0206345_8244770.jpg

a0206345_826518.jpg

a0206345_8264443.jpg

a0206345_8271797.jpg

a0206345_8275069.jpg

a0206345_828895.jpg

10:30 唯一中岳が見えるポイント
a0206345_8322632.jpg

10:38~10:45 ケルンの谷
a0206345_833371.jpg

辺りはケルンだらけです
a0206345_834205.jpg

10:52 垂水の壺 最近雨が少ないので垂れてません
a0206345_836487.jpg

a0206345_8395380.jpg

a0206345_8401838.jpg

a0206345_8403885.jpg

10:59 枯れ沢を渡って
a0206345_8413868.jpg

紅葉を楽しもう
a0206345_8424476.jpg

a0206345_8431664.jpg

a0206345_8433690.jpg

a0206345_844865.jpg

a0206345_8443193.jpg

11:04 苔で滑りやすい岩場の難所
a0206345_8455693.jpg

a0206345_8465038.jpg

a0206345_847626.jpg

11:09 ロープの難所?
a0206345_8481367.jpg

11:26~11:30 籠水峠
a0206345_849423.jpg

鹿の角の大岩壁 この上で昼食にしよう
a0206345_8504035.jpg

11:31 この標識のある所が鹿の角取りつき
a0206345_8515844.jpg

急登をよじ登る
a0206345_8523466.jpg

登り上がったところで、ほっ・・・
a0206345_854276.jpg

a0206345_8542066.jpg

11:40 このヤセ尾根を渡れば大岩壁上
a0206345_9153792.jpg

11:42 ビビりながらも先端へ
a0206345_9171878.jpg

大展望を楽しみながら昼食です
a0206345_9182471.jpg

噴煙流れる阿蘇山
a0206345_9192851.jpg

九重連山の手前に万年山 雲仙や多良の山々も見えていた
a0206345_9201495.jpg

空中に浮くような紅葉
a0206345_9221738.jpg

見下ろせばいい感じの紅葉
a0206345_9233318.jpg

真下に籠水峠で休む人達が
a0206345_925647.jpg

12:10 鹿の角
a0206345_925455.jpg

12:13 次は南岳 こちらから見ると急峻
a0206345_927537.jpg

何の実?
a0206345_9274842.jpg

紅葉も
a0206345_9292944.jpg

a0206345_9295844.jpg

a0206345_9301692.jpg

12:22 岩場を登りながら紅葉も楽しもう
a0206345_9313559.jpg

a0206345_9315521.jpg

a0206345_9321033.jpg

12:30 鬼の舌取りつき
a0206345_9341275.jpg

振り返れば幽かに由布岳
a0206345_9344429.jpg

いい感じ
a0206345_9385839.jpg

a0206345_937622.jpg

12:37 鬼の舌を登り上がる
a0206345_9383777.jpg

12:45 南側の難所
a0206345_9411665.jpg

12:49~12:52 南岳 3人のおやじ
a0206345_9431039.jpg

12:54 中岳上宮
a0206345_944721.jpg

鞍部の紅葉
a0206345_9452272.jpg

a0206345_9455295.jpg

a0206345_9463620.jpg

13:00~13:15 中岳 暫く休んで北西尾根へ
a0206345_9471021.jpg

a0206345_9481285.jpg

13:19 荒涼感漂う北西尾根
a0206345_9492313.jpg

13:27 北西尾根の難所
a0206345_950010.jpg

13:50 バードライン出合い 休んでいた登山者に道を聞かれスキー場まで先導することに
a0206345_950441.jpg

14:00 スキー場のススキ原
a0206345_9533457.jpg

a0206345_9535087.jpg

14:12 種田山頭火
a0206345_9543620.jpg

14:14 哀愁漂うおやじが二人
a0206345_955503.jpg

14:24 高住神社駐車場に無事到着
a0206345_9564250.jpg


出発前 朝日で紅葉が燃え出す
a0206345_101880.jpg

a0206345_1013134.jpg

a0206345_1014566.jpg

a0206345_1021221.jpg

a0206345_1023649.jpg


 結果から言うと一般的に!? 一番綺麗だったのは駐車場の紅葉だったかも? しか~し!人の手で植えられたり作られたりした物が、裏英彦山に限らず自然が織りなす紅葉や造形美に勝ることは決してありえない!

歩行距離 9km 累積標高 800m 行動時間 5時間04分 歩行時間 4時間10分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/23360756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2016-11-13 18:17
ichibunn様、こんばんは。
いい天気に登られて、紅葉もまだいい感じで残っていましたね。私は、家族サービスで深耶馬渓~英彦山へ紅葉ドライブでした(笑
途中、英彦山のヤマメの塩焼きを販売されている所へ寄りましたが、南岳付近で事故がありスーパーレスキューの方まで来てありました。前日にも、事故があったと聞きました。おそらく通過されたコース当たりではないでしょうか。
安全第一で楽しみたいものです。
Commented by ichibunn-go at 2016-11-13 19:27
休日登山日記さんこんばんは。
家族サービスいいですね。耶馬渓は若い頃・・・まだ登山を始める前に行ったっきりだと思います。
でも、紅葉には少し早かったのでは?
南岳付近で連日の事故?知りませんでした。
急ぐ時もセーフティーマージンを残して急ぐ!をモットーにしてます。もしもの時家族の負担を少しでも減らすため、遭難保険にも加入してます(^-^;
次回、皆と登るのは12月17日(土)由布岳の予定ですが、良かったら娘さんも一緒に参加しませんか?
Commented by nan at 2016-11-13 20:33 x
昨日はありがとうございました。
おかげで楽しい山行となり、呑気さんも大変喜んでいました。また一緒に登りたいと言ってます。
事故ですか?今後とも安全第一で楽しく行きましょう。
Commented by kyuujitunituki at 2016-11-13 20:50
ichibunn様。
お誘い頂き、ありがとうございます。
申し訳ありませんが、私の休みは日曜と祝祭日のみ
娘は、不定期なので申し訳ありません。
本日の事故は、おそらく滑落事故だろうと言われていました。
ドクターヘリも来ていましたよ。
今後チャンスがあるときは宜しくお願い致します。
Commented by ichibunn-go at 2016-11-13 21:14
nanちゃんお疲れさまでした。明日あたり筋肉痛では?
やっとまともな紅葉を見ることができました。思い付きの登山も捨てたもんじゃないですね。
次回の由布岳、霧氷が見れたらいいね(^^♪
バイエーションが少ない由布岳だけど、皆が満足できるようなルートを考えときます。
呑気さんにも宜しく(^O^)/
Commented by ichibunn-go at 2016-11-13 21:22
そうですか!残念ですね~(T_T)
娘さんも不定期休暇とは・・・計画を立てるのが難しいですね。
日曜日に登山計画した時は、ブログ上に予告を出すのでコメントください。
いつかお会いできる日を楽しみにしてます。
娘さんにも宜しくお伝えください。
Commented by 呑気オヤジ at 2016-11-14 01:11 x
こんばんは、イチブンさん、お世話になりました。
お2人にお誘いいただいたおかげで、今年は諦めていた紅葉を満喫できました。
また、英彦山の未踏のルートを教えていただき、ありがとうございます。
1人で行ったら、おそらく2、3回はルートを外して、もっと時間がかかっていたと思われます。
的確なご指導ありがとうございます。
久々にしっかり歩けて、紅葉も見られて、楽しかったです。
また、よろしくおねがいします。
Commented by ichibunn-go at 2016-11-14 17:41
こんばんは、呑気さん。裏英彦山登山お疲れさまでした。
九重みたいにドカッ!と、てんこ盛りの紅葉はありませんが、青空に紅葉と黄葉と緑のコントラストが綺麗でしたね。
裏英彦山、思いついて良かったです(^^♪
また、お誘いしますので、レアなルートを楽しみましょう。
by ichibunn-go | 2016-11-13 19:30 | 英彦山系 四王寺の滝 | Trackback | Comments(8)