霧氷の華咲き誇る雲仙 妙見岳~国見岳~普賢岳

11月27日(金) 待ち望んでいた寒波がやって来た!しかも、今日は仕事が休み!ウズウズ!
 2週間前に黒髪山系で傷めた左手は痛みもなく落ち着いてきた。要は左手を使わなければいいのさ!と自分を納得させ登る事にした。
 天気予報によると、朝は冷え込むが次第に気温が上がる予報。まともな霧氷を見るためには午前中勝負と見極め、昨夜はカミさんの実家に泊めてもらい午前7時に出発。北側の国見~雲仙線は積雪で交通規制の可能性があるので島原経由で雲仙を目指すことにした。

国見分れ付近の霧氷の素晴らしさ
a0206345_18363552.jpg

ルートは、野岳駐車場~仁田峠~妙見神社~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠~野岳駐車場 当初、妙見駐車場を予定していたが、ノーマルタイヤで登れるギリギリの野岳駐車場から出発することにした
a0206345_16532454.jpg

出発前、二階の窓から見上げると雲仙岳は真っ白!これは期待出来るぞ!
a0206345_1701052.jpg

雲仙に向かう途中 運良く黄金に輝く平成新山のモルゲンロートに出会う
a0206345_1648114.jpg

妙見駐車場まではあと少しだけど、無理はせず真ん中の野岳駐車場に駐車
a0206345_16583298.jpg

7:54 野岳駐車場を出発
a0206345_170493.jpg

7:57 妙見駐車場までは歩いて3分ほど 駐車場を見ると1台も無し。第二吹越からの登山道は通行禁止、仁田循環線は通行止め、今日の一番乗り決定!
a0206345_1784100.jpg

雲仙独り占めの予感にルンルン気分で雪を踏みしめる
a0206345_179679.jpg

8:19~8:23 仁田峠 当然車は一台もいません
a0206345_17103527.jpg

a0206345_17112215.jpg

8:25 妙見岳登山口 普賢岳から登ろうか?と、暫し迷うが気温が上がって霧氷が溶け出すことを考えれば妙見岳からかな
a0206345_17123265.jpg

8:27 今日最初の霧氷のトンネル バージンスノーを踏みしめながら登る気分は男冥利に尽きる
a0206345_17404249.jpg

8:39 霧氷ごしに真っ白なゴルフ場
a0206345_17414747.jpg

今、自分だけが目にすることが出来るこの景色!何とも言えないね!
a0206345_17432029.jpg

8:40 先月は紅葉で燃えていた妙見岳も白銀に染まる
a0206345_17485119.jpg

a0206345_17545485.jpg

8:48~8:50 妙見岳ロープウェイ駅
a0206345_17572375.jpg

昨夜の強風で吹きつけられた霧氷
a0206345_17565052.jpg

見下ろせば白銀の世界 でも、午前中だけで午後からは見ることは出来ないだろうな
a0206345_17592437.jpg

無垢な雪の上に足跡を残して、まんぞく、まんぞく(*^^*)
a0206345_180139.jpg

8:52 いい感じの霧氷
a0206345_1854219.jpg

8:54~8:59 妙見神社
a0206345_1865148.jpg

賽銭箱もこの通り 賽銭入れたけど下まで落ちたかな?
a0206345_1874723.jpg

一番乗りの特権!振り返れば自分の足跡だけ 
a0206345_1884742.jpg

9:01 妙見神社の左脇から霧氷のトンネルが始まる
a0206345_1811821.jpg

9:11 雲の合間から国見岳がやっと顔を出してくれた
a0206345_1813184.jpg

9:13 待ち望んだ青空に霧氷
a0206345_18141040.jpg

a0206345_18144151.jpg

a0206345_1815485.jpg

雲の流れが早く青空はあっという間に消え去る
a0206345_18171067.jpg

a0206345_1817303.jpg

9:17 国見分れ 雪まみれ覚悟で国見岳へ
a0206345_1818112.jpg

9:19 国見岳を見上げる 左手は使えないので慎重に登ることにしよう
a0206345_1819185.jpg

9:22 ロープもクサリも凍りついていた
a0206345_18202787.jpg

9:27~9:38 国見岳 ガスで何にも見えず
a0206345_18253531.jpg

ここの霧氷は他の所のとはちょっと違う。通常霧氷は風上側、枝の片側に着くんだけど、ここでは枝に満遍なく着いている。より清楚で優しい感じがして、正にこれこそ『花ぼうろ』!個人的には国見岳の霧氷が一番好きです(*´∀`*)
a0206345_18271251.jpg

a0206345_18273547.jpg

a0206345_18275543.jpg

a0206345_18282740.jpg

a0206345_18285027.jpg

a0206345_18291467.jpg

ガスが飛ばされてやっと景色が見えるようになった
a0206345_18293474.jpg

今日初めての平成新山
a0206345_18304698.jpg

a0206345_18313811.jpg

9:43 普賢岳がひょっこり顔を出す感じがいいよね
a0206345_18335243.jpg

妙見岳もはっきりくっきり
a0206345_1836349.jpg

この霧氷の素晴らしさ
a0206345_18363552.jpg

9:47 国見分れ 左を取って紅葉茶屋へ
a0206345_18382712.jpg

9:48 雲たなびく平成新山
a0206345_18392210.jpg

9:55 紅葉茶屋 よかった~まだ誰の足跡もない
a0206345_18412181.jpg

10:12~10:33 普賢岳 当然一番乗り
a0206345_1842461.jpg

強風でまともに立ってられない
a0206345_18443059.jpg

強風でブレるのはしょうがない
a0206345_18453899.jpg

しかし、こいつはブレないぞ! なんだかマントヒヒに見えるのは私だけ?
a0206345_18465130.jpg

ここからは独り占めの景色を楽しもう
a0206345_18531249.jpg

a0206345_18533314.jpg

a0206345_18535577.jpg

a0206345_18571667.jpg

a0206345_18582780.jpg

a0206345_18584789.jpg

a0206345_1859578.jpg

a0206345_1859432.jpg

a0206345_190486.jpg

a0206345_1902293.jpg

a0206345_1904451.jpg

a0206345_191321.jpg

10:45 紅葉茶屋 途中で二人の登山者と出会う
a0206345_1921418.jpg

11:06 仁田峠ロープウェイ駅 青空は見えたけど霧氷も溶けた感じがするね
a0206345_1933711.jpg

普賢岳はまだいいかもしれないけど、途中の雪も霧氷もかなり溶けてた
a0206345_193169.jpg

11:09~11:14 仁田峠駐車場 すっかり溶けてしまったね
a0206345_19151294.jpg

11:29 妙見駐車場の階段 溶けまくりです(ToT)
a0206345_19162787.jpg

駐車場も・・・
a0206345_19172886.jpg

11:31 野岳駐車場 ここもすっかり
a0206345_19191548.jpg


 今年は暖冬の予想らしいが雲仙にも早めの寒波が訪れた。冬の美しい自然現象はタイミングが全て、逃さないようにしないと。その点今日は本当にジャストタイミング!明日は気温が上がる予報なので、本当に美しい霧氷は?
 しかも、平日なので出会った登山者は三人だけ。妙見岳~国見岳~普賢岳の殆どを独り占めした上に、最初の一歩を印したことに、まんぞく、まんぞく大満足\(^o^)/でした。

歩行距離 7km 累積標高 800m 行動時間 3時間37分 歩行時間 2時間53分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/21874165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichibunn-go | 2015-11-27 19:07 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(0)