梅雨だからこそ低山高温多湿トレーニング

7月12日(日) 今日の黒髪山は午後から雨の予報。予定行動時間は3時間。雨が降りだす前に十分間に合うはずだ!ならば、登るべし!
 登山時のザックの重量は出来るだけ軽くしたい。誰もが思うことではないだろうか?一番の重量物は飲料水であり、それを如何に少なくするか!? 発汗量を抑え飲料水を減らす!昨年から取り組んでいたテーマだった。その為のトレーニングとして自宅の北東にある標高481mの石盛山まで登る。登山道は無いので面白くもない車道林道歩き。標高差420m、往復18kmを3時間以内を目標に往復した。持って行くのは真夏でも500ccのペットボトル1本。如何に発汗を抑え効率良く給水するか・・・最初は足りずに途中の自動販売機で補給していたが、最終的には200ccのペットボトルでも余るようになった。
 最初にその効果を実感したのが、6月4日の九重連山 ミヤマキリシマ咲く平治岳~北大船山~大船山~三俣山で、歩行距離24km、累積標高1900m、行動時間9時間45分だが、消費した飲料水は1リットルにも満たなかった。
 そして今日、高温多湿の黒髪山系を如何に少量の飲料水で歩き切るか?

ひたすら登れば、そのうち山頂に着く、と思う・・・何時見てもいいねぇ~(^=^;
a0206345_15372229.jpg


ルートは、竜門ダム駐車場~かじか橋登山口~牧ノ山~牧Ⅱ峰~青牧峠~青螺山~見返り峠~黒髪山~後ノ平~竜門ダム駐車場の周回コースを3時間以内のハイペースで歩く
a0206345_1524303.jpg

9:09 竜門ダム駐車場を出発 何時雨が降り出すかわからない空模様
a0206345_15284513.jpg

9:17 かじか橋登山口 標準タイムは60分らしい
a0206345_15302245.jpg

9:37 展望岩分岐 最近この標識より下方に分岐が移動している
a0206345_1538015.jpg

ちなみに、青螺山巻き道に以前こんなのもあったけど、今もあるのかな?
エベレスト3年?歩いて?費用が貯められるだろうか・・・富士山3日?歩いては・・・どちらも無理かな?
a0206345_16102325.jpg

9:56 牧ノ山山頂 休まず通過 竜門ダムから47分 登山口から39分
a0206345_1551458.jpg

10:06 牧Ⅱ峰 ここも休まず通過
a0206345_15523738.jpg

10:14 竜門ダム分岐 振り返って
a0206345_15543620.jpg

10:16 青牧峠
a0206345_15532581.jpg

10:30 岩壁にはオレンジのオニユリかな?
a0206345_15585896.jpg

10:38~10:42 青螺山山頂 竜門ダムから1時間29分 牧ノ山から42分
a0206345_1556535.jpg

目立たないけどこれも山頂標識
a0206345_1557494.jpg

伊万里方面の展望が良い
a0206345_161157.jpg

これから向かう黒髪山
a0206345_160982.jpg

10:52 青螺御前
a0206345_1615549.jpg

11:05 見返り峠 そのまま通過
a0206345_1635946.jpg

11:24~11:27 黒髪山山頂 竜門ダムから2時間15分 青螺山から42分
a0206345_1651720.jpg

正面に青螺山、左側に牧Ⅱ峰~牧ノ山
a0206345_166641.jpg

右下方には雄岩、雌岩
a0206345_1681195.jpg

11:37 後ノ平
a0206345_167351.jpg

12:00 予定通り3時間以内で到着 黒髪山から33分
a0206345_1616212.jpg


高温多湿の梅雨ならではの厳しい登山だった。しかし、目標タイムも達成できたし、消費した飲料水も僅か400ccに抑えることができた。真夏に向けての準備は整った!と言ったところかな?

歩行距離 9km 累積標高 1100m 行動時間 2時間51分 歩行時間 2時間44分

500ccで十分と思ったけど、念の為に1リットル持って行った。消費したのは、400cc程度
a0206345_162654100.jpg

トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/21439567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichibunn-go | 2015-07-12 16:44 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(0)