多良山系 シャクナゲ咲いてるかな?

5月2日(土) 世間ではGWで大賑わいの様相。途中通って来た波佐見町でも陶器市目的の県外ナンバー車を多数見かけた。
 今回はシャクナゲを見ることに焦点を絞って多良山系を歩く。おそらく、黒木から登ったのでは駐車するのも大変だろうし、各ルート団体さんで渋滞気味ではないだろうか?そこで今回は登山としての面白みには欠けるが、駐車が楽で、最短最速最楽で舞岳に行ける中山キャンプ場を発着点とし、山頂がシャクナゲ林の笹ヶ岳の様子も見ることにする。

笹ケ岳山頂のシャクナゲの蕾
a0206345_8185630.jpg

今年は裏年だろうか?数少ない舞岳のシャクナゲ
a0206345_7123080.jpg

ルートは、中山キャンプ場~中山越~舞岳~中山越~笹ヶ岳~笹南峰~役の行者~多良権現峰~前岳~役の行者~太良川源流~中山キャンプ場の比較的フラットなコースとなる。
a0206345_734382.jpg

9:35 予定より30分ほど遅れて中山キャンプ場を出発 流石にGW駐車場は満車状態
a0206345_7192041.jpg

9:43 登山口 ここまでのコンクリート道は照りつけるお日様が暑いこと
a0206345_7243043.jpg

日陰の登山道には爽やかな風が吹き抜ける
a0206345_7294196.jpg

9:49 一旦林道に出る
a0206345_7305155.jpg

林道の向かい側が再び登山口
a0206345_7322713.jpg

9:58 いい雰囲気の登山道 涼しい風が吹き抜ける
a0206345_7334946.jpg

10:12 緩やかな登山道をトコトコ歩いてアッという間に中山越
a0206345_7363100.jpg

10:14 舞岳分岐 緩やかに登って行く
a0206345_7373978.jpg

10:20 舞岳へのトラバース 落ち葉で滑りやすいので注意しよう
a0206345_73936100.jpg

あちらこちらにギンリョウソウが顔を出す
a0206345_7412240.jpg

a0206345_7414453.jpg

10:28 木々の間から経ケ岳 出会った人から、イチブンさん?いつもブログ見てます!と声をかけられ嬉しかった
a0206345_954255.jpg

10:33 20名ほどの団体さんと出会う
a0206345_7464078.jpg

この辺りからシャクナゲが見られるようになってきた
a0206345_7481148.jpg

10:36 舞岳西側の巻道を通り反対側から登り返すことにする
a0206345_7511395.jpg

10:41 展望岩 ここで引き返す
a0206345_752388.jpg

辺にはシャクナゲの蕾
a0206345_753181.jpg

僅かに咲いたシャクナゲとミツバツツジ
a0206345_754254.jpg

10:47~10:52 舞岳 木々が伸びて展望がなくなってしまった。でも、これが自然
a0206345_7574749.jpg

舞岳周辺のシャクナゲ
a0206345_810684.jpg

a0206345_8104912.jpg

a0206345_811982.jpg

a0206345_8113156.jpg

a0206345_812269.jpg

a0206345_8122067.jpg

11:09 中山越まで引き返して、そのまま直進
a0206345_813522.jpg

11:32 笹峠 左側の笹ヶ岳に登って昼食にしよう
a0206345_14183196.jpg

11:33 笹ケ岳取り付き
a0206345_8151989.jpg

11:37~12:14 笹ヶ岳 山頂には蕾が数個
a0206345_8171831.jpg

a0206345_938835.jpg

笹ヶ岳山頂にはシャクナゲが群生している。しかし花が咲いているのは数本だけ
a0206345_93958100.jpg

a0206345_823769.jpg

a0206345_8243633.jpg

a0206345_8275380.jpg

ここのシャクナゲが満開になったら凄いだろうね。そんな会話をしながら昼食タイム
a0206345_827131.jpg

12:22 笹南峰の急登 木の根、枝につかまりながら登る
a0206345_8345425.jpg

12:24~12:35 笹南峰 シャクナゲあるかな?
a0206345_8395291.jpg

辺りを探すとありました!
a0206345_8412783.jpg

a0206345_8415227.jpg

a0206345_8422547.jpg

a0206345_8424714.jpg

12:41 笹峠まで戻って縦走路を金泉寺方面へ
a0206345_14171462.jpg

13:04 金泉寺上の西岳出合い
a0206345_9304810.jpg

13:07 中山キャンプ場分岐
a0206345_8453150.jpg

役の行者
a0206345_8461848.jpg

13:23~13:28 多良権現
a0206345_8471972.jpg

13:33 罪人落とし岩
a0206345_8484085.jpg

13:35 多良岳には大岩が沢山 これがまた面白い
a0206345_8512013.jpg

a0206345_8515694.jpg

梯子がなくても問題なし
a0206345_8523194.jpg

a0206345_8525446.jpg

この岩の上からの展望 有明海を挟んで雲仙が見える
a0206345_8545556.jpg

13:44 鬼の岩屋 おりゃ~と持ち上げよう
a0206345_8561810.jpg

13:53~13:58 前岳山頂
a0206345_8575298.jpg

シャクナゲは無いがミツバツツジは結構咲いてる
a0206345_90162.jpg

14:24 ツバキの絨毯
a0206345_8584314.jpg

14:26 役の行者下から中山キャンプ場へ
a0206345_913411.jpg

14:33~14:38 太良川水源地 湧水が冷たくて美味しい
a0206345_923797.jpg

15:13 中山キャンプ場に無事到着
a0206345_983258.jpg


途中出会った常連らしき人も、今年は裏年かな?花が少ない・・・と言っていた。確かに満足のいく花の量ではなかった。なんとなく不完全燃焼・・・やはりあの山に行くしかないのか・・・

歩行距離 9km 累積標高 900m 行動時間 5時間38分 歩行時間 4時間30分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/21186779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-05-04 16:46
タイトル : 信越国境の秘峰
佐武流山 Mount Sables  佐武流山は、苗場山から白砂山へ延びる信越国境尾根の稜線上にあり、そのどちらよりも高い標高は2,191.5mの高いヤブに閉ざされた秘峰です。白砂から渋沢をへだてて眺める緩やかな頂稜の山容は美しく、日本二百名山に選ばれています。 Mount Sables is a secret peak in the Shin-Etsu border ridge on the ridge line extending from Mount Naeba to Mount ...... more
Commented at 2015-05-04 12:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ichibunn-go | 2015-05-03 09:29 | 多良山系 経ヶ岳 | Trackback(1) | Comments(1)