雲仙霧氷リベンジ登山 妙見岳~国見岳~普賢岳~矢岳

2014年1月19日(日) 昨年の12月15日霧氷目当てで雲仙を訪れたのだが、気温が高めで国見岳山頂と、立岩の峰周辺に薄っすらとあったのみだった。
 今回は、とっとこさん、アマちゃん、カネちゃんの三人にとっては霧氷リベンジ登山となる。しかし、相手は自然。こちらの思いどおりにはいかない。
 霧氷がつくための三つの条件。①氷点下であること、山頂付近(1300m)の予想気温はー5℃でクリアー ②風があること、予報では山頂付近は5m前後の風でクリアー ③雲(水蒸気)があること、しかし天気予報ではピーカンの晴れマークで・・・?今日問題となるのは③のみ、後は登ってみるしかない。

 しか~し!仁田循環道路入り口で係りの人に霧氷ついてますか?と聞いてみた。すると、あっさり今日は霧氷ついてません!と、はっきりした答えが返ってきた・・・しか~し、これは仁田峠から見た妙見岳周辺のことであって、経験から言えば、国見岳の山頂付近、水蒸気が噴出している立岩の峰周辺には十分可能性がある。そこに期待して登ってみよう。

わぁ~きれいだな~! 国見岳山頂は霧氷の花畑!しかも青空! 
a0206345_1257571.jpg

ルートは、仁田峠駐車場~妙見神社~妙見岳~国見岳~鬼人谷口~西の風穴~北の風穴~展望所~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠駐車場~車移動~矢岳登山口~矢岳~矢岳登山口 時間に余裕があったので、手ぶらで登れる矢岳にも登ることにした。
a0206345_13565643.jpg

妙見岳には白いものは見えない・・・
a0206345_1404560.jpg

8:50 駐車場からすぐの登山口から登りにかかる
a0206345_1425329.jpg

9:10 先行者に追いついて渋滞だ~
a0206345_14142136.jpg

9:19~9:24 妙見神社 お参りをして小休止 先着のグループはアイゼンを装着してたけど、もう少しそのまま進むことにする
a0206345_14155075.jpg

9:26~9:28 妙見岳山頂 あっ!こっちに霧氷があるよ!と覗く霧氷初心者の三人
a0206345_14293699.jpg

残念ながら霧氷の成れの果ての樹氷の残骸でした・・・
a0206345_1431528.jpg

9:39~9:38 妙見尾根の陽の当たらない登山道はカッチカチ アイゼン装着で安全確保
a0206345_1438020.jpg

9:45 あっ!国見岳山頂が白い!霧氷がついてる!
a0206345_1440627.jpg

9:50 国見分れ 霧氷のトンネルはあるかな?
a0206345_14405623.jpg

9:54 急な岩場を登る 焦る気持ちを抑えて安全に!
a0206345_14434164.jpg

9:59~10:06 国見岳山頂 辺りは霧氷の花畑
a0206345_1573668.jpg

気づいている人もいると思うが、山頂標柱の後ろ辺りから温かい空気が出ている 従って国見岳は妙見岳より霧氷がつきやすい!と、思う
a0206345_14551661.jpg

a0206345_14553821.jpg

a0206345_14564735.jpg

a0206345_14571431.jpg

a0206345_14591182.jpg
a0206345_1501077.jpg

初めての霧氷に大満足のお二人さん
a0206345_1511792.jpg

10:14 すれ違った女の子たちが元気に岩場を登っていく
a0206345_15171881.jpg

10:23 鬼人谷口 ここから先はアイスバーンでアイゼン大活躍
a0206345_15182128.jpg

10:25 大きなつららの残骸で遊んでみた
a0206345_1524991.jpg

10:33 西の風穴 大勢の人が休んでいた
a0206345_15254451.jpg

10:40 陽の当らない鬼人谷はアイスバーン 氷を踏みしめる音がザクザクとうるさい 気温はー4.5℃
a0206345_1529595.jpg

10:45~10:49 北の風穴 ハンドパワー!
a0206345_15322544.jpg

雲の上には雪を頂いた九重連山
a0206345_15345167.jpg

10:52~10:55 展望所 今日最低気温のー4.7℃ 案内板も凍てついている
a0206345_15372871.jpg

ここからは火砕流の流れた跡が間近に見える
a0206345_15392867.jpg

11:03 薄っすらだけど霧氷のトンネル
a0206345_15424084.jpg

11:08~11:48 立岩の峰 このあたりからは水蒸気が出ており霧氷が濃い
a0206345_15453156.jpg

平成新山前の水蒸気が出ている周辺は真っ白
a0206345_15475375.jpg

満足満足
a0206345_15485338.jpg

この辺りは風も無く暖かいので昼食とした
a0206345_15512842.jpg

11:55 うわ~樹氷がキラキラ光ってる 
a0206345_15534318.jpg

a0206345_15562929.jpg

11:58~12:01 霧氷沢 全ての物が凍てついている 風が冷たくみるみる体温が奪われていく、あっ!という間に指先が痛くなった ー4.7℃の展望所より遥かに寒い
a0206345_15583354.jpg

a0206345_165015.jpg
a0206345_1652897.jpg

12:03 樹氷がキラキラと美しい
a0206345_167938.jpg

12:09~12:19 普賢岳山頂 大勢の登山者で賑わっていた
a0206345_16122063.jpg

ここには霧氷はないけど大満足
a0206345_16125550.jpg

12:34 紅葉茶屋 ここでも大勢の登山者が休憩中
a0206345_1616478.jpg

12:46~12:54 薊谷 小休止しよう
a0206345_16215798.jpg

水を飲もうとしたら出が悪い、覗いてみたら凍っていた
a0206345_16242068.jpg

13:08 ロープウェイ駅展望所 雲ひとつない素晴らしい天気
a0206345_1626109.jpg

13:12 仁田峠駐車場に無事到着 みんな満足してくれたかな?
a0206345_16331021.jpg


青空と霧氷を同時に見ることができた、霧氷初心者の三人には満足してもらえたと思う。一面真っ白な霧氷はこの次の楽しみに取っておこう。いつかは出会えるさ。

歩行距離 6.5km  累積標高 700m  行動時間 4時間32分  歩行時間 2時間52分


時間と体力に余裕があるので、矢岳にも登ってみよう。

13:30 矢岳登山口に移動 手ぶらで登ろう アマちゃんはその昔ここから登った記憶があるそうだ
a0206345_16351274.jpg

13:34 整備された長い階段 結構こたえるよ
a0206345_1638555.jpg

13:46~13:50 展望所 ここまで結構な登り
a0206345_16402834.jpg

雲仙の山々を一望
a0206345_16412016.jpg

13:56~14:16 矢岳山頂(971m)
a0206345_1644413.jpg

展望所より更に素晴らしい眺め
a0206345_16453299.jpg

天気良すぎて眩しい~!
a0206345_16461277.jpg

14:29 駆け下るように山頂から13分
a0206345_1648071.jpg


歩行距離 2km  累積標高 220m  行動時間 58分  歩行時間 34分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/19365679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とっとこ at 2014-01-20 21:49 x
こんばんは!青い空に白い霧氷を見ることができて良かったですね!あっという間に指先が凍って、人間は末端から固まっていくのだということがわかりました。
次の雲仙は春かな?
Commented by イチブン at 2014-01-21 05:51 x
青空に霧氷を見せることができてよかった。ホッ!髪の毛に霧氷がつくような寒さを経験してもらいたかったけど、なかなかそういうことまないしね。次に来るとしたらミヤマキリシマの頃かな?
by ichibunn-go | 2014-01-20 17:16 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)