将冠岳 はなちゃんと共に

3月30日(土) 今週悲しい出来事があった。我が家の家族の一員 愛猫のはなちゃんが突然死んでしまったのだ・・・はなちゃんは家猫で外に出たことがない。草の匂い、土の感触さえも知らない。
生前、二階の部屋の窓から見ていたであろう 将冠岳にはなちゃんの写真を持って登り、山頂から住んでいた町や家、広い世界を見せてあげたい

在りし日のはなちゃん エレガント&ゴージャス この瞳で見つめられればメロメロです
a0206345_18235325.jpg


ルートは自宅~将冠岳登山口~金比羅神社~朝ノ気岳~高筈岳~将冠岳~無名ピーク~朝ノ気岳~自宅
a0206345_18222867.jpg


10:10 将冠岳に向けて自宅を出発 右奥が将冠岳
a0206345_18292750.jpg

10:36 将冠岳登山口 誰か登っているみたいです
a0206345_18313998.jpg

10:52~10:55 金比羅神社 ここの桜は少し散り気味 
a0206345_18323899.jpg

11:05 大きな岩を乗り越えながら登っていく
a0206345_18341337.jpg

11:12 中吉越 ここから左へ急な尾根を登る
a0206345_18375379.jpg

11:15 登山道にあったぐるっと回った木の根
a0206345_19135074.jpg

11:18~11:21 朝ノ気岳
a0206345_183942.jpg

ここからの景色をはなちゃんに見せよう
a0206345_18401281.jpg

11:30~11:35 高筈岳 はなちゃん家が見えてるよ
a0206345_18425616.jpg

11:41 巻き道を通らず直接将冠岳山頂を目指す
a0206345_18443436.jpg

この岩の上が山頂
a0206345_18463280.jpg

11:44~11:49 はなちゃんと共に これからはどこの山に行く時も一緒だよ
a0206345_18492195.jpg

この岩の上は家からも見えるんだよ
a0206345_2094949.jpg

11:55~12:41 将冠岳 ゆっくり景色とお日様を楽しもう
a0206345_18523170.jpg

12:53 降りは高筈岳から尾根を真っすぐ降り無名ピーク経由で帰ることにした 下が崩壊しても頑張っている木
a0206345_18575198.jpg

12:55~13:00 無名ピークの木の間から自宅が見える
a0206345_190189.jpg

13:10 ここから先は目印も人の踏み跡もない あるのは猪の踏み跡だけ コンパスをセットして朝ノ気岳と高筈岳の鞍部にあるヌタ場を目指すが当然藪漕ぎ 
a0206345_1934337.jpg

13:13 どんぴしゃヌタ場に出た 右が朝ノ気岳 左が高筈岳
a0206345_1953735.jpg

14:00 自宅に戻りもう一度将冠岳を見上げる
a0206345_191326.jpg


これからのイチブンは、はなちゃんと共に山に登る。いつでも一緒だ。同じ部屋で寝起きして世話をした6年間。死期が近いことを悟っていたのか、一週間ほど前から寄り添うように枕元で寝るようになった。そして、出来るだけ傍にいたかったのかよく抱っこされにきた。

運命の日は3月25日。その日は私の誕生日だった・・・


歩行距離 7.3km  累積標高 550m  行動時間 3時間50分  歩行時間 2時間44分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/17542397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by omi at 2013-04-03 21:29 x
(TT)

もしかしたらずっと忘れないでいてほしくて、

イチブンさんの誕生日まで頑張っていきたのかもですね!

はなちゃんが天国で安らかに暮らせますように。
Commented by ichibunn-go at 2013-04-04 18:56
omiさんありがとうがざいます。はなちゃんも喜んでくれてると思います。

私達にとっては突然だったのですが、はなちゃんにとっては予め定められた必然の死だったのかもしれませんね。
はなちゃんのことは一生忘れません。生きてるなかぎり一緒に山に登ります。
by ichibunn-go | 2013-03-31 19:28 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(2)