国見山周回

2013年1月5日(土) 今年2回目の登山は地元の国見山に登ってみよう。連日気温も低く雪が残っているかもしれない。天気予報では午後3時頃雨となっていたがそれまでに帰って来ればいいかな?


アカガシの林の中で霜柱の川に出合った
a0206345_19144673.jpg

ルートは国見湖畔公園~大日の杉登山口~栗ノ木峠~国見山~西有田登山口~国見湖畔公園を周回するが、このコースには半分以上が車道歩きという大きな欠点がある
a0206345_192120100.jpg

9:49 国見湖畔公園を栗ノ木峠に向けて出発 廃道になった旧国道を歩く
a0206345_19304111.jpg

10:06 大日の杉登山口
a0206345_1932333.jpg

大日の杉に抱きつくアユママ 登山道は左側にある
a0206345_19333066.jpg

10:17 栗ノ木峠下の北斜面には雪が残っていた
a0206345_19371174.jpg

10:18~10:23 栗ノ木峠 水汲みの人はいません
a0206345_19381179.jpg

ホームグラウンドとする黒髪山系を望む
a0206345_19393580.jpg

腰岳から八幡岳が前後に並び、その左後方に雪を頂いた天山が見える
a0206345_19395992.jpg

10:26 大きな霜柱 長い物は10cmほどもある
a0206345_1945334.jpg

10:37 霜柱の川をザクザクと踏みながら歩く 一番乗りの特権だ
a0206345_1946970.jpg

10:47 大きなアカガシ
a0206345_19483636.jpg

10:53~11:01 車道出合いトイレのある広場
a0206345_19504758.jpg

ここから残念坂を登り切れば山頂まであと少し
a0206345_19512945.jpg

11:09~11:44 国見山山頂 一等三角点と777mの山頂標識 気温は-1度の氷点下
a0206345_2042242.jpg

南側には多良岳から中岳、五家原岳 その間には雲仙が見える
a0206345_2085479.jpg

西側には九十九島 弓張岳から将冠岳 更に愛宕山が見える
a0206345_2044416.jpg

北側には伊万里 海を挟んで鷹島や馬渡島 遥か彼方に壱岐の島が見えている
a0206345_2058348.jpg

いつも明るいウェアーで山では目立とう精神のイチブン夫婦 景色がいいので食事も格別だ
a0206345_205420100.jpg

11:46 山頂東側の分岐を西有田、世知原方面へ
a0206345_2131093.jpg

11:49 北側斜面には雪が残る 
a0206345_215547.jpg

11:55 道標は錆びて分かりにくいが左は世知原 右を取って西有田へ
a0206345_2171074.jpg

12:07 転げ落ちそうな急斜面を降ったり、トラバースしたり色んなパターンの登山道だ
a0206345_219169.jpg

12:17 凍りついた林道を横切る
a0206345_21131191.jpg

12:28 植林地帯まで降ってきた
a0206345_21144232.jpg

12:37 旧国道に出合い右へ
a0206345_21154450.jpg

50mほど左にこの道標があるが人が歩いた形跡は無い
a0206345_2116434.jpg

13:06 現国道と旧国道の段違い並走路
a0206345_2120548.jpg

13:23 ここから見れば黒髪山系の嶮しさが分かる
a0206345_2124388.jpg

13:30 国見湖畔公園 2.7kmの車道歩きもやっと終わりだ
a0206345_21264742.jpg


風は無かったものの、2日に登った雲仙よりも体感的には寒かった。これから来月に掛けて気温の低い日が増えてくる。それだけ冬の楽しみも増えるということだ。

歩行距離 7.5km  累積標高 550m  行動時間 3時間41分  歩行時間 2時間48分

イチブン登山レベル 2     
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/17103216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichibunn-go | 2013-01-05 21:49 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(0)