雲仙霧氷初登山 国見岳~妙見岳の霧氷と青空

2013年1月2日(水) 今年の初登山はカミさんの実家からスタートする。
起床して二階の窓から雲仙の山を見て見ると雲一つ無い青空。その中に聳える真っ白に染まった平成新山。こりゃ新年から縁起がいいや!初登山から青空に映える霧氷に出会えるなんて!

青空の下 霧氷のトンネルを歩く
a0206345_8334328.jpg

ルートは第二吹き越~吹き越し別れ~国見別れ~国見岳~国見別れ~妙見神社~ロープウェイ駅~吹き越し別れ~第二吹き越へ戻る。時間に制約があるためT字型往復縦走のショートコースとする
a0206345_885972.jpg

8:48 麓から見上げる平成新山は真っ白に染まっている
a0206345_895949.jpg

9:40 第二吹き越登山口 思ったよりも気温が高い 昨年の12月9日にはこのあたりでも霧氷が付いていたのだが・・・
a0206345_8123889.jpg

9:49 雪の上に残る動物の足跡はよく見かけるが、鳥の足跡は初めて見た!カミさんの足跡と比べてもかなり大きい鳥のようだ。その足跡は標高差で100mほど続いていた 鳥と動物(たぬき?)と人間の足跡3種揃い踏み
a0206345_8215535.jpg

10:29 振り返れば霧氷の上に九千部岳が浮かぶ
a0206345_8234375.jpg

10:36 日に照らされた霧氷が美しい
a0206345_826553.jpg

10:41 吹き越し別れ 左を取って国見別れへ向かう ここからが霧氷の本番だ
a0206345_829668.jpg

10:42 これから登る国見岳 
a0206345_8315651.jpg

ほぼ同じ場所から平成新山を望む
a0206345_8354296.jpg

10:51 青空に純白の霧氷が映える
a0206345_83719100.jpg

a0206345_8394271.jpg

10:54 国見分れ 昨年12月9日は強風と低温のため登頂を断念したが今日は穏やかだ
a0206345_84374.jpg

10:57 国見岳に登るにつれ言葉は要らない美しさが広がる
a0206345_846537.jpg

10:58 国見岳の急斜面
a0206345_8481561.jpg

国見岳の急斜面と普賢岳
a0206345_8492633.jpg

10:59 妙見岳と霧氷に染まる妙見尾根西側斜面
a0206345_851546.jpg

11:02 更に高度を上げた地点から
a0206345_922311.jpg

11:04 白い中でカミさんのウェアーはよく目立つ
a0206345_858491.jpg

11:06~11:17 国見岳山頂 日差しがあり気温が高いため雪も霧氷も溶け始めている
a0206345_962381.jpg

a0206345_9102448.jpg

a0206345_911560.jpg

国見岳から平成新山を望む
a0206345_825512.jpg
11:21 橘湾の方から徐々に雲が湧き上がって来るのが見える
a0206345_9134938.jpg

11:25 とうとう妙見岳に雲がかかってきた 平成新山、普賢岳もアッ!という間に雲に隠れて見えなくなった
a0206345_916023.jpg

11:27 しかし雲がかかって気温が下がり風が出れば霧氷が成長する可能性があるのでそこに期待!
a0206345_917460.jpg

11:30 国見別れ あたりはガスで真っ白
a0206345_9193523.jpg

11:38 妙見尾根の霧氷は健在だ
a0206345_9212337.jpg

11:43 ガスは濃くなり粉雪が舞い出す
a0206345_9235420.jpg

11:45 妙見神社 初詣を済ませてロープウェイ駅に向かう
a0206345_9254392.jpg

11:50~12:30 ロープウェイ駅上
a0206345_928252.jpg

四阿で昼食とした
a0206345_9291781.jpg

ロープウェイは休業のようだ
a0206345_930824.jpg

出発する頃には更にガスは濃くなった
a0206345_9312126.jpg

12:35 妙見岳山頂 もう景色は見えません 
a0206345_933655.jpg

12:42 もやった中の霧氷もまた美しい
a0206345_9345436.jpg

12:47 吹き越し別れ 降りは結構急に感じるんだよね
a0206345_938191.jpg

13:17 鳥の足跡はここから始まっていた 奥に巣があるのかな? 
a0206345_939408.jpg

13:22 第二吹き越登山口 ほぼ予定通りの時間に到着 雪もすっかり解けてしまっている
a0206345_9412342.jpg



後半ガスに覆われたのはちょっぴり残念だったが、青空に映える霧氷を見られて大満足の初登山だった。
今日は2時頃から始まる高校サッカーを見るため時間を合わせてショートコースとした。長崎県代表の総科大附属高校を応援するためだ。数年前まで母校の国見高校がこの時期テレビを賑せていたが、率いる監督が小嶺さんとなれば話は別。国見だろうが総科大だろうが関係ない。全国制覇目指して頑張ってもらいたい

歩行距離 5km  累積標高 650m  行動時間 3時間42分  歩行時間 2時間51分
イチブン登山レベル 2   
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/17089727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山の石 at 2013-01-04 20:06 x
イチブンさんこんばんは
素晴らしい霧氷と青空!
二つ揃って言うことなしですね
ますますの御活躍期待しています。
Commented by イチブン at 2013-01-05 16:31 x
山の石さんこんにちは。コメント有り難うございます。
本来、青空と霧氷は相反するものなので実にラッキーでした。
夜明け前に雲がはれたんでしょうね。
これからも山の魅力を伝えていきたいと思います。
by ichibunn-go | 2013-01-03 10:03 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(2)