大崩山 岩峰群とアケボノツツジ


5月12日(土) 3ガクッタイ定例登山 先ほど行縢山に登ってきた。いよいよ本番の大崩山に向かう。今まで幾度となく雑誌の写真で見てきた大崩山の岩峰群!しかし佐世保からは長すぎるアプローチ・・・登山口まで直接来たとしても7時間前後!四国までも行けそうな時間。しかし、それだけの価値があるはずだ。
a0206345_17312729.jpg


ルートは登山口に車をデポし今夜は大崩山荘に泊る。、明日6時に大崩山へ向けて出発し湧塚コースから、大崩山へ至り、復路は坊主尾根コースから降る
a0206345_8262218.jpg

16:10 駐車スペースに車を止め、準備を進める 16:27 登山口を出発
a0206345_8295314.jpg

16:48 各自15キロ前後の重たいザックを担いで大崩山荘へ歩を進める
a0206345_8345825.jpg

行縢山で準備運動は済んでいるので足は快調そのもの
a0206345_8374864.jpg

16:57 大崩山荘に到着
a0206345_8411454.jpg

他には誰もおらず貸切の山荘 
a0206345_8413811.jpg

17:40~21:40頃までなが~い宴会の始まり 持ち上げたアルコール類は酒2リットル、焼酎2リットル、ウイスキーボトル1本、ビール10本。何考えてるのかな?目的は何?
a0206345_8452275.jpg

刺身とキムチ鍋に舌鼓を打つ この後 テルさんはあえなく撃沈!明日は大丈夫かな?
a0206345_847107.jpg



5月13日(日) 4時起床 案の定テルさんだけが起きない 5時過ぎに外で人の気配 10人ほどの人が休んでいた

5:54 大崩山荘を出発 最後の人は戸を閉めて
a0206345_943284.jpg

6:19 一本橋の上に岩峰が見える
a0206345_973613.jpg

ここで落ちたらどうしようもないね
a0206345_993967.jpg

6:48 急な登りの連続で座り込む二日酔いぎみのテルさん
a0206345_914336.jpg

7:33~7:45 袖ダキに到着 憧れていた岩峰群がこれでもかと迫ってくる!
a0206345_9192031.jpg

真に山水画の世界がここにある
a0206345_9175327.jpg

ここまでの登りが楽しくってしょうがなかった大満足のイチブン
a0206345_9233959.jpg

疲れ果てて座り込む隊長
a0206345_9185084.jpg

周りは断崖絶壁 何百メートルあるんだろうか?
a0206345_9205631.jpg

小積ダキも凄い高さだ
a0206345_9253735.jpg

ここで大分から来た妖しいカップルに出会う この後も度々出会うこととなる
a0206345_9273661.jpg

8:04 連続する梯子を余裕で登る副隊長
a0206345_934283.jpg
 
8:08~8:16 下ワク塚 座り込む隊長とのびてしまったテルさん
a0206345_9355885.jpg

テルさんに復活の時はくるのか!?
a0206345_9372452.jpg

この高度感 たまんねぇ~!
a0206345_9391458.jpg

絵になるねぇ~?でも目の前の岩は何かに似てませんか?
a0206345_9412564.jpg

8:19 ヤッター! 終わっていたと思っていたアケボノツツジが残っていた
a0206345_94439100.jpg

8:20 中ワク塚 これも凄そう!
a0206345_9455798.jpg

8:24 この岩登りは面白そうだね
a0206345_9465771.jpg

8:31 中ワク塚からの下ワク塚を見る
a0206345_9513861.jpg

ここまで登って来たものだけが見ることのできる絶景 中ワク塚より上ワク塚を望む
a0206345_9531311.jpg

8:56~9:05 反対側から見る上ワク塚 登ってみたいけど今回は回避
a0206345_955824.jpg

9:29 アケボノツツジが出迎えてくれた
a0206345_959145.jpg

9:42 ミツバツツジも出迎えてくれた
a0206345_1015392.jpg

9:46 石塚から見えるお花畑
a0206345_1041512.jpg

9:51~9:59 大崩山山頂 大満足のみなさん でも展望はありません
a0206345_103245.jpg

10:02~10:37 石塚に戻って早めの昼食とする
a0206345_1075653.jpg

11:17~11:41 ワク塚の見えるテラスでコーヒータイム
a0206345_1094946.jpg

奇特なことを始めた大分のカップル  ここで大分のバカップル!に昇進
a0206345_1011391.jpg

人と比べるとその雄大さがわかります
a0206345_10143429.jpg

11:55 象岩のトラバース
a0206345_10173153.jpg

小積ダキを見上げるとまたまた大分のカップル  ここで大分の大バカップル!に昇進
a0206345_10202693.jpg

12:06 連続するハシゴとロープをつたいどんどん高度を下げていく
a0206345_10221671.jpg

12:24 坊主岩 イルカ岩、米粒など色んな呼び方があるようです
a0206345_10281695.jpg

12:30 巨大な坊主岩を見上げる
a0206345_10293067.jpg

13:14 最後の沢を渉れば山小屋はすぐそこだ 
a0206345_10311914.jpg

13:18~13:39 無事山小屋に到着 
a0206345_10334015.jpg

小屋の掃除を済ませて登山口へと降る
a0206345_1048838.jpg

14:06 大崩山登山達成を祝い副隊長とタッチをしているが顔わかんね・・・
a0206345_10485727.jpg

この後 大崩の茶屋に移動 美人の湯でゆっくりと汗を流しつかれを癒した 
同宿の茨城から来た青年?(左手前)でもないか・・・と話が弾み?といっても一方的にこちらがしゃべっていたのだが!しかし、多くは語らない彼のその飄々たる風貌からは想像できぬ行動力の持ち主であることが伺えた。 また、何処かの山で再会できればと思う。
この後、部屋に戻り彼を交えて10時近くまで飲んでいた。最後まで付き合ってくれてありがとう。当然、テルさんが酔いつぶれたことは言うまでもない
a0206345_10532128.jpg


自分にとってこれほど素晴らしい登山は今までなかった。祖母山、傾山も素晴らしいが遥かに上回る。できることなら季節折々毎月にでも来て見たい!その岩峰の雄大さを一度でも目の当たりにしたら、間違いなく虜になるだろう。

歩行距離 11km 累積標高 1300m 行動時間 8時間42分 歩行時間 6時間45分
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/15308646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 副隊長 at 2012-05-15 19:19 x
イチブンさんこんばんは
大作お疲れ様でした
これだけ好いと、なかなかまとめるのが難しいですよねー。
私は今夜から頑張ります!
Commented by イチブン at 2012-05-15 20:38 x
副隊長こんばんは
本当は撮った写真全部載せたいんですが、選ぶのも大変だし、急いで撮るせいかピンボケ多くて残念です。特に動いている人を撮ったときが多いですね。もっと性能のいいカメラを買おうかな。
Commented by y師匠 at 2012-05-15 22:37 x
イチブンさんこんばんは、初めて登る大崩の感動が伝わってきます。私も思いは同じでしたが、何せ遠い~~
豊富に残された自然林と渓谷、三里河原は又違った素晴しさがあります。夏木山、五葉岳、鹿納山、鬼目山、廻りには良い山が沢山あり元気な内に行けるかな~!
Commented by 隊長 at 2012-05-16 09:19 x
イチブンさんこんにちは
大崩登山お疲れ様でした。
それにしてもすばらしい山でしたね。(大満足)
近くに有れば毎週でもいけるのに、そこがいいのかもね。
アルコールには酔わなかったのですが乗り物酔いで大変でした。(これもいい思い出かな?)
Commented by イチブン at 2012-05-16 19:09 x
お師匠さまこんにちは
とにかく素晴らしいの一言!こんなに素晴らしい登山ができる3ガクッタイのみなさんに感謝します。
ただ、コース的には距離が短かくゆっくりだったせいか比較的楽で、運動量が少なかったせいか帰ってきたら体重が増えてました。
また、師匠お勧めの素晴らしいところへ連れていってください。
Commented by イチブン at 2012-05-16 19:18 x
隊長こんばんは
大崩山登山お疲れ様でした。良かったですねぇ~!
来月も素晴らしい計画 期待してます。
確かに山登りよりも車酔いの方がきつかったですね・・・
by ichibunn-go | 2012-05-15 11:31 | 大分 熊本 宮崎の山 | Trackback | Comments(6)