雲仙 国見岳~普賢岳の霧氷

2月18日(土) カミさんが島原の両親の様子を見に行きたいと言うので、これは願ってもないチャンス!運がよければ雲仙の霧氷が見れるかもしれない。一週間ほど前から天気予報とにらめっこで雲仙の予想最低気温もマイナス6度。こりゃよかバイ!

素晴らしい・・・国見尾根の霧氷
a0206345_237509.jpg

ルートは出発時間が遅いため第二吹越~妙見尾根~国見岳~普賢岳間を往復する超ショートコース
a0206345_2244209.jpg

10:21 カミさんの実家を出発し百花台から雲仙を眺める 雲がかかっているので期待できるぞ!
a0206345_22475049.jpg

10:46 第二吹き越登山口 下山してきた単独の若者から霧氷の情報を聞き、予定通りのコースで行くことを決定し準備を済ませ出発
a0206345_2253921.jpg

11:04 標高1000mを越えたあたりから霧氷が見られるようになってきた。こりゃあ期待できるぞ!
a0206345_2255952.jpg

11:14 このあたりでこれやったら尾根は凄かやろ!
a0206345_2256560.jpg

11:19 う~ん!言葉が出ない・・・
a0206345_22584943.jpg

11:26 妙見尾根分岐 来て良かった~!
a0206345_2312566.jpg

11:28 ・・・言葉がない・・・
a0206345_2332620.jpg

11:33 国見岳分岐 積雪はそれほどでもないのでアイゼン無しで行ける所まで行ってみよう
a0206345_2364495.jpg

11:42~11:52 国見岳山頂 温度計はマイナス8度を指している
a0206345_2313523.jpg

寒すぎ ニット帽の汗が凍り付いてバリバリ ここでアイゼンを装着して安全第一
a0206345_23133211.jpg

国見岳の霧氷
a0206345_2314218.jpg

a0206345_189113.jpg

a0206345_1810228.jpg

11:55 20センチ以上ある霜柱
a0206345_23201633.jpg

11:57 妙見岳は雲に隠れているが素晴らしい 
a0206345_23213920.jpg

11:58 雲の切れ間から第二吹越登山口がかすかに見える
a0206345_23253699.jpg

12:03 国見岳分岐 左を取って紅葉茶屋に降る
a0206345_1811516.jpg

12:05 雲の切れ間から南島原が見えてきた
a0206345_23313567.jpg

12:11 鬼人谷分岐 柵も新しくなり後は開通を待つばかりかな?
a0206345_23422933.jpg

12:27~12:40 紅葉茶屋をへて普賢岳山頂 ハイドレーションシステムはカチカチに凍結してまったく役に立たず たぶん気温はマイナス10度以下
a0206345_23471197.jpg
 
ここで諫早から来た二人の山ガールと出会う 第二吹越に降ったことがないという事なので帰り道でもあるし同行して案内することにした
a0206345_23494845.jpg

むひょう~って感じ
a0206345_23553031.jpg

a0206345_23582285.jpg

12:58~13:20 紅葉茶屋まで降り他の登山者もいたが空いたスペースで昼食とする
a0206345_17432174.jpg

13:25 急な登山道を妙見尾根に向けて喘ぎながら登る
a0206345_0175440.jpg

13:29 普賢岳の後ろに平成新山
a0206345_18223532.jpg

13:32 霧氷の向こうに妙見岳
a0206345_18241962.jpg

13:34 妙見岳をバックにご満悦です
a0206345_0123829.jpg

a0206345_0143166.jpg

13:39 霧氷の中を歩く
a0206345_0152785.jpg

絵になるねえ~?
a0206345_0194222.jpg

13:41 第二吹き越分岐 一気に450mを降ります
a0206345_021439.jpg

14:16 第二吹き越登山口に到着 山ガール二人は車を駐車している池ノ原まで歩きたいということなのでここで別れて、いつもの湯の里温泉に向かった
a0206345_0233490.jpg

15:25 島原へ向かう途中 雲仙の山を見上げる
a0206345_0302883.jpg


今日は素晴らしい霧氷を見ることができた。個人的には先月見た雲仙の霧氷、青空が見えていれば先週の由布岳より素晴らしいと思う。
山ガールとも出会い充実した楽しい山行となった。昨年から始めたとの事ですが安全に登山するための知識、装備の充実と、これからの成長を期待します。
またハイドレーションシステムの凍結には驚いた。マイナス5度程度までは大丈夫だったが、マイナス8度でシャーベット、それ以下では凍結するのがわかった。厳寒の山では考え物だ。

歩行距離 5キロ  行動時間 3時間55分  歩行時間 3時間07分
体力レベル 2
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/14698789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 副隊長 at 2012-02-20 21:31 x
イチブンさんこんばんは
またいきんしゃった!
今度は霧氷の密度もすごくなってますね。
それにしても寒そうですね。
こちらの週末は、雪で全く動けませんでした。残念!
冬場の天気は本当に気難しいいもんです
師匠の「女神がほほ笑んだ!」という状況がいつもあればいいのに!と思う今日この頃です。笑
Commented by イチブン at 2012-02-20 22:05 x
副隊長こんばんは
車で動けないほど雪が積もったのなら逆に羨ましいです。
ラッセルしながら歩いて行ってください。
雪も今シーズン最後でしょうね。
Commented by y師匠 at 2012-02-22 22:55 x
イチブンさん今晩は、バリバリ寒そうですね、そして霧氷が素晴しい山ガールも羨ましい限りです。こちらは英彦山の四王寺ノ滝への予定が雨で中止になり残念、何処も行けずに冬眠しています。
by ichibunn-go | 2012-02-19 00:46 | 雲仙 普賢岳 国見岳 妙見岳 | Trackback | Comments(3)