由布岳お鉢巡り 豊後富士~飯盛ヶ城

2月11日(土) 今回は先月の3ガクッタイ定例登山から2週間しかたっていないが、諸事情により昨年6月に登るはずだったが雨のため中止になっていた由布岳(私の希望)に登ることになった。天気予報では晴れマーク!
どんな景色が見えるのか期待に胸を膨らませ5時40分に佐世保を出発。いつものように、武雄のめん勝でうどんと稲荷寿司を食べ、一路集合場所の基山PAに向かった。

今日の参加者は、隊長、副隊長夫妻、y師匠、てるさん、イチブンの山の大馬鹿野郎5名と山ガール?1名

上部は真っ白 こりゃあ期待できるばい!
a0206345_0204949.jpg

ルートは正面登山口~合野越~マタエ~由布岳西峰~お鉢めぐり~由布岳東峰~マタエ~合野越~飯盛ヶ城~正面登山口
a0206345_22391210.jpg

9:04 登山口に到着し由布岳を見上げる
a0206345_0183234.jpg

9:22 準備運動を済ませ、装備を整え、いざ出発
a0206345_020471.jpg

9:38 日向岳と東登山口方面との分岐の案内板
a0206345_0231176.jpg

10:03 合野越を通過 普通の登山者はここで休むらしいが3ガクッタイは普通じゃなかけん休みません
a0206345_0252176.jpg

10:31 これは霧氷・・・凄い
a0206345_0275875.jpg

10:41 松の木にびっしりと着いた霧氷
a0206345_0292253.jpg

11:05 ここは何処?まるで別世界
a0206345_0303290.jpg

11:13~11:30 マタエに到着 ここでアイゼンを装着
a0206345_0324065.jpg

東峰に登る登山者
a0206345_18574314.jpg

さあ!西峰へ向けて出発だ!
a0206345_17512244.jpg

11:34 隊長を先頭に障子戸に挑む
a0206345_192313.jpg

11:38 障子戸の岩壁に悪戦苦闘!でもないか
a0206345_0372418.jpg

11:45 障子戸を登り東峰を望む 九州の山かいな?
a0206345_0381484.jpg

11:50~12:23 今日の一番乗りで由布岳西峰に到着
a0206345_127497.jpg

360度の大展望 空を飛んでいるみたいだ
a0206345_0404634.jpg

5人の大馬鹿野郎と山ガール?1名
a0206345_041928.jpg

風もなく温かいのでここで昼食とする
a0206345_043667.jpg

昼食を食べていると単独の女性が登ってきた。今回が5年の月日をかけて由布岳100回目の登頂とのこと。しかも昨年は100回以上山に登られたとか。私の64回はどこかに飛んで行きました・・・横断幕を見ると三郡往復縦走の時、y師匠が作ってくれた横断幕を思い出しますねえ
a0206345_043392.jpg

剣ヶ峰と鶴見岳 素晴らしい
a0206345_22164741.jpg

山頂から東峰を望む  
a0206345_058386.jpg

九重の山々も一望
a0206345_0583171.jpg

12:23 樹氷と霧氷の中をお鉢巡りに出発
a0206345_0552042.jpg

12:32 樹氷のモンスター この直後y師匠が5メートルほど登山道を滑り落ちた!雪まみれになっただけで何事も無かったのでホッとした。まさに弘法も筆の誤り
a0206345_0562383.jpg

12:48 ほぼ垂直の岩場を降る
a0206345_18473287.jpg

12:53 樹氷に霧氷がついたモンスター
a0206345_22321284.jpg

12:55 しばし西峰を望む
a0206345_11118.jpg

13:05 雪まみれになりながら剣ヶ峰に到着
a0206345_141097.jpg

13:08 鶴見岳と高崎山
a0206345_152370.jpg

13:10 東峰はもうすぐだ
a0206345_161710.jpg

13:23~13:45 東峰に到着 まさに空の上
a0206345_183481.jpg

山頂で飲むコーヒーは最高ですね でも、なんでこがん所に灰皿のあると?
a0206345_16385924.jpg

13:48~14:00 マタエ ここでアイゼンを外す 大勢の登山者が休んでます
a0206345_110881.jpg

14:43~14:51 合野越 いち早くベンチに座る隊長
a0206345_114434.jpg

14:53 飯盛ヶ城登山部隊と下山部隊に別れ鞍部の西登山口分岐
a0206345_1154369.jpg

14:58~15:01 飯盛ヶ城山頂
a0206345_117474.jpg

15:02 ジグザグの登山道
a0206345_1183949.jpg

15:10 振り返って飯盛ヶ城を見上げる 
a0206345_1191768.jpg

15:20 下山部隊の3人 遅いよ~
a0206345_1211319.jpg

15:21 無事登山口に到着
a0206345_1222655.jpg


雲仙の霧氷の繊細な美しさとは違い、樹氷の迫力ある美しさ。まさに自然の成せる冬の芸術。天気にも恵まれ大満足の一日でした。

歩行距離 8.5キロ  累積標高 1000m  行動時間 5時間59分  歩行時間 4時間24分
体力レベル 3     
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/14649682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3gakuttai at 2012-02-12 12:27
イチブンさんこんにちは
素晴らしい登山でしたね。
私もかれこれ500回ほど由布岳意登っておりますが(大嘘)最高のコンディションでした。まさに、ウヒョー!的気分でした。
次回の仰烏帽子も期待しましょう。
Commented by y師匠 at 2012-02-12 12:31 x
イチブンさんこんにちは、良かったですね・・!イチブンさんも写真取り捲りですね、お鉢廻りの難しさが良く取れてます。滑落の時はご心配お掛けしましたブログのアップは、真夜中ですか山と同じで頑張りますね、私も同類ですが・・・!!
Commented by イチブン at 2012-02-12 18:18 x
副隊長こんばんは
ほんと良かったです!季節を変え今度は家族を連れて登りたいと思います。
来月の仰烏帽子山も期待してま~す!
Commented by イチブン at 2012-02-12 18:23 x
お師匠さまこんばんは
言葉にできないような素晴らしい登山でした。
ブログは早い時間に出来上がっていたのですが、アップ直前に操作ミスで全消去してしまい、やり直していたらあの時間になってしまいました・・・おかげで今日は眠たかったです。
Commented by 隊長 at 2012-02-14 13:01 x
イチブンさんこんにちは
素晴らしいと言うしか仕方ない登山でしたね。
毎回こんなにいい条件で登山が出来たらいいのにな~と思いました。
Commented by イチブン at 2012-02-14 18:45 x
隊長こんばんは
本当に素晴らしい!以外の言葉は要らないような登山でしたね。
次回の仰烏帽子山も雪の間から顔をだす福寿草が見られると言うことありませんね。
by ichibunn-go | 2012-02-12 01:40 | 大分 熊本 宮崎の山 | Trackback | Comments(6)