将冠岳~但馬岳~弓張岳 往復縦走

12月29日(木) 年頭に目標として挙げた年間登山、山歩き回数60回。目標も達成し今回が64回目となる。カミさんからは、『あなたはいったい何をめざしているの?何処に行こうとしてるの?』と言われたものだが最近は諦め気味だ。余程の用事が無い限りは山行を最優先に考え、休暇も充ててきたが先立つものは追いつかない・・・ので遠くの山には行けない・・・

今年最後の登山は超地元の山、家から歩いて朝ノ気岳~高筈岳~将冠岳~但馬神社~但馬岳~八天岳~弓張岳まで往復縦走する
a0206345_2265487.jpg


8:40 将冠岳を正面に見ながら家を出発
a0206345_22384791.jpg

9:00 住宅地を抜け将冠岳が目前に迫ってきた
a0206345_22422381.jpg

9:05 将冠岳第一登山口(仮) ここは駐車可能です 右の林道を登るのだがここでトラブル発生!何てこったい!デジカメのバッテリー切れ!初歩的ミス!そうだ携帯があった! ここからは携帯の画像です
a0206345_22413666.jpg

9:14 将冠岳第二登山口 ここまで車で登って駐車できるが、坂が極端に急で雨の後はスリップして登れないことがある。また途中に倒木が道を塞いでいる事もある。それにしてもどんな登り方をしたら1時間20分もかかるんやろか?余裕ありすぎ
a0206345_22493410.jpg

9:16 金比羅神社 お参りしてここからの安全をお願いした
a0206345_22513482.jpg

9:17 神社の裏に回るとかわいいカエルさんの道標が設置されていた
a0206345_22532068.jpg

9:18 今度はカメさんだ。ここは分かりにくかったんだよねぇ。ここからが本当の山歩き それにしても赤テープ多すぎない?
a0206345_2255388.jpg

9:23 林道に出たら少し進んで左側の急な岩場を登る
a0206345_2257265.jpg

9:28 ここは赤テープを頼りに登ろう
a0206345_22573030.jpg

9:30 尾根に上りあがって中吉越 将冠岳は左だが、右に気になるピークがあるので行ってみる
a0206345_2305711.jpg

9:37 行き止まりまで行ってみたが展望も無いので戻ってきた。左下にパイプが見えますか?赤テープを見失った時はパイプから付かず離れず登ってくればここまでこれます。降りも同じです
a0206345_2311962.jpg

9:39 なんだか踏み跡が濃くなったような?登山者が増えたのかな?
a0206345_237366.jpg

9:43 朝ノ気岳山頂 私標によると標高400m
a0206345_238524.jpg

朝ノ気岳からの展望 愛宕山と相浦の町
a0206345_2393435.jpg

9:45 高筈岳との最低鞍部のぬた場 帰りには足跡が増えていた ここからは踏み跡が薄く分かりにくいので要注意
a0206345_23114622.jpg

9:49 高筈岳山頂 私標によると420m
a0206345_23135224.jpg

中央やや左に我が家が見える この写真では分からない・・・
a0206345_23141339.jpg

9:52 このロープを登れば将冠岳まであと少し
a0206345_2316129.jpg

9:56 将冠岳山頂を通過 今回は南登山口へ降る
a0206345_23231938.jpg

10:16 以前、猪親子に遭遇したことがあるので時々笛を吹きながら車道に出合う、目印もなく分かりにくいがすぐ右横の但馬神社取り付き
a0206345_23235611.jpg

10:20 反射板の脇を通過
a0206345_23272293.jpg

10:24 但馬神社手前の岩場 結構急です
a0206345_2328428.jpg

10:26 但馬神社 遠藤但馬守が祀られている 反対側の降りもめちゃめちゃ急です
a0206345_2330295.jpg

10:28 但馬越 カーブミラーの左が但馬岳取り付き 
a0206345_2331514.jpg

10:32 かなり急でズルズル滑るので木の枝につかまりながらよじ登る
a0206345_23321652.jpg

10:36 但馬岳山頂 公園になっていてちょっとねぇ・・・ここから弓張岳までは遊歩道歩き
a0206345_23355150.jpg

10:44 弓張岳山頂にある戦時中の砲台跡
a0206345_23384695.jpg

10:46~11:00 弓張岳展望台 鶴をイメージしているらしい
a0206345_2340726.jpg

軍港佐世保も年末で静かなたたずまいだ
a0206345_23411443.jpg

九十九島も美しい
a0206345_23415980.jpg

11:10 但馬岳からの下山は公園の一番奥にある柵の間から
a0206345_23552076.jpg

11:32 南登山口から参道登山口まで車道を歩く 九州自然歩道の道標が見える
a0206345_23452365.jpg

11:36 参道登山口
a0206345_23472992.jpg

11:43 結構急な登山道を登り、途中から右の尾根に分かれて八天岳
a0206345_23494025.jpg

11:55~12:18 八天岳から100m登り将冠岳に戻ってきた 丁度昼になったので昼食にする
a0206345_23525187.jpg

13:06 将冠岳からは来た道を戻り無事に家に帰り着く

佐世保には将冠岳より標高の高い山は幾つかあるが、自然林の多さではここがNo.1だろう。特に吉岡ルートは距離は短いが、岩場あり、ロープ場あり、登り降りありで変化に富んで面白い。また、但馬神社の登り、但馬岳の登りも面白く、地元の山もいいもんだ。
もっと沢山の人達が登ってもいいのではないだろうか?今回も登山者とは誰とも会わなかった

歩行距離 約14キロ  行動時間 4時間26分  歩行時間 3時間49分

携帯の画像も結構つかえるね!
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/14282600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3ガクッタイ at 2011-12-30 17:51 x
イチブンさんこんばんは
64回目ですか?スゴイ回数ですね。
サラリーマン登山としては驚異的な回数だと思います
やっぱ弓張岳からの九十九島の眺めは最高ですバイ。
今年はいろんな楽しい思い出ができた良い年でした。
来年もよい山歩きが出来ますように!
Commented by イチブン at 2011-12-31 19:31 x
『福隊長』こんばんは
今年は色々と有難うございました。
実り多き一年となり、よき思い出沢山できました。
来年も一緒に多くの山に登れることを楽しみにしています。
それでは良いお年をお迎えください。
Commented by y師匠 at 2011-12-31 22:54 x
イチブンさんこんばんは、近くに良い山があるんですね、九州自然歩道も通っているのですか、変化あり展望もありなかなかですね。
グリーンウオークで宮本利徳さんが長崎の自然歩道が一番良かったと誉めてありましたよ。来年もよろしく願います。よいお年を
お迎えください。
Commented by イチブン at 2011-12-31 23:11 x
お師匠さまこんばんは
長崎の自然歩道がそんなにいいとは思いませんでした。
結構舗装道路になっている所が多いんですよ。
何はともあれ来年も宜しくお願いします。
良いお年をお迎えください。
by ichibunn-go | 2011-12-30 00:27 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(4)