国見山~八天岳~隠居岳~烏帽子岳 往復縦走36キロ

12月18日(日) 国見山から烏帽子岳までの九州自然歩道の縦走。以前から考えていたのだが踏み切れないでいたのは、このコースの半分は車道歩きになるからだ。
登山靴を履いての車道歩きは結構きついものがある。最近トレーニングに取り入れたトレイルランニング。そのシューズだったら舗装道路も歩きやすいのではないか!?実際、雲仙大縦走、三郡往復縦走はトレランシューズによるものだった。しかし、普通の乾燥した登山道ならまだしも、ぬかるんだ悪路(三郡往復縦走では苦戦した)では登山靴の方が勝るようだ。
 昨日家族と鳥栖のアウトレットモールに行った。adidasのショップでトレランシューズを見ていると、全商品30%offのタイムセールが始まった!スタッフのKさんのすすめもあり、登山靴以上にブロックパターンの大きい物を購入することにした。今日はその性能を試すのに最高のステージだ。

ルートは宇土越の里美農村公園に駐車し、前半は北上しオサイ峠~八天岳~栗ノ木峠~国見山を往復する。後半は隠居岳~大山口越~満場越~烏帽子岳を往復する。全行程36キロ(道標に記入してある距離で計算)の長丁場だ。果たして踏破できるのか!?

a0206345_22152154.jpg

9:00 準備運動をすませ里美農村公園を出発
a0206345_20235582.jpg

9:09 車道を歩いて焼山池横のオサイ峠登山口
a0206345_20254075.jpg

9:24 いつ歩いても気持ちのいい縦走路
a0206345_20272360.jpg

9:34 オサイ峠のオサイ観音を通過 ちらほら雪が残っている
a0206345_20285013.jpg

9:55~10:00 八天岳山頂 初めて知ったのだがこの道標の後ろが戦時中の砲台跡のようだ。ここから栗ノ木峠まで2キロ強の林道歩きになる
a0206345_20313154.jpg

10:14 栗ノ木峠分岐を通過 
a0206345_2035482.jpg

10:19 栗ノ木峠を通過 右奥の階段が登山口
a0206345_20373393.jpg

水汲み場 よく手入れがされ大事にされていることがうかがえる
a0206345_20381951.jpg

10:33 段々と雪が増えてきて、こんな所に公衆電話が!?
a0206345_20405454.jpg

10:37 更に雪が増えて寒いけどザクザクと雪を踏むのが気持ちいい 滑ることも無く登り降りを突破して行く
a0206345_20422586.jpg

10:40 林道行き止まりと合流し国見山登山口 ここからの登り坂を『残念坂』という
a0206345_20443348.jpg

10:46~10:51 国見山山頂展望台
a0206345_20455670.jpg

展望台の上には雪が残っていて気持ちいい
a0206345_20475326.jpg

11:05 復路は来た道を戻り何箇所かで車道に出合う これがなければねえ
a0206345_20495422.jpg

11:13 山道を楽しみながら戻って栗ノ木峠 こんなに寒い時でも水を汲みに来る人がいるんだなあ
a0206345_20521250.jpg

11:38 再び八天岳を通過 まだ登山者とは出会わない
a0206345_2055391.jpg

11:54 オサイ峠を通過
a0206345_2056242.jpg

12:11 焼山池登山口を通過 隠居岳登山口まで車道歩き
a0206345_20575857.jpg

12:17 隠居岳登山口 今日はトレーニングではないのでゆっくり登ろう
a0206345_2111011.jpg

12:34 隠居岳山頂を通過 進行方向を90度西へ方向転換
a0206345_2164369.jpg
 
12:45 大山口越 ここから烏帽子岳山頂下まで長い車道歩きが始まるが足は快調そのもの
a0206345_2183368.jpg

13:03~13:05 木場展望台 ノルディックウォーキングも冴えてるねえ
a0206345_2194985.jpg

靄ってなければなかなかの展望です
a0206345_21105177.jpg

13:15 満場越を通過
a0206345_21125473.jpg

13:20 烏帽子分校 どうやら閉校のようだな
a0206345_2114128.jpg

13:22 烏帽子スポーツの里を通過 寒くても遊びに来る人達はいるんだねえ
a0206345_21145415.jpg

13:35 青少年の天地前を通過 どうやら烏帽子岳へ向かう道標を見落としたようだ。このまま車道を行こう
a0206345_21191175.jpg

13:41~13:47 星と風の広場 長女がよちよち歩きの時遊びに来て以来だ。向こうは隠居岳
a0206345_21214280.jpg

13:52~13:56 烏帽子岳山頂 こんなに見晴らし良かったっけ?感動してしまった!
a0206345_21231862.jpg

a0206345_212455.jpg

a0206345_21254695.jpg

14:35 来た道を戻り木場山分岐 荒れているようだが行ってみようか
a0206345_21275389.jpg

14:44 こんな所に立派な道標が
a0206345_21295486.jpg

14:46 あらら・・・車道出合い 木場山は何処?巻いてきただけ?
a0206345_21314831.jpg

15:05 再び大山口越 隠居岳まで最後の登りだ
a0206345_21342929.jpg

15:14~15:23 隠居岳山頂 後ろは黒髪山系
a0206345_21372640.jpg

これから最後の降りだ!ここまで35キロを踏破してきた足とシューズだが最後の力を見せてもらおうか!
a0206345_2151760.jpg

15:26 岩稜帯を走って通過 快調快調とても30キロ以上踏破して来たとは思えない
a0206345_21573023.jpg

15:32 登山口まで降りてきた。距離1キロ、標高差200メートルを一気に降ってタイムは9分!トレーニング時でも早くて11分じゃなかったっけ?
a0206345_21595722.jpg

15:35 長かった往復縦走も終わり無事出発点の里美農村公園に到着 とうとう登山者とは1人も会わなかった
a0206345_2231411.jpg


今回は距離が長いために完走することを第一に考えて挑んだ。ペースは全体的に抑え気味だったので足へのダメージも少なく、隠居岳からはかつて経験したことの無いスピードで下山する事ができた。力がついたからなのか?今回使用したシューズはかなり走破性が高く、このシューズによるところも大きいようだ。
なお、今回飲んだ水は僅かに250ccだった。

歩行距離 36キロ?  行動時間 6時間35分  歩行時間 6時間04分

最後に昨日お世話になったadidasショップのKさん、いいシューズをお世話いただき有難うございました。靴紐の結び方などは目から鱗でした。次回行った時には声をかけますのでよろしくお願いしますね。
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/14199199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3gakuttai at 2011-12-18 23:17
イチブンさんこんばんは
烏帽子岳懐かしかです。
若いころ野球部のトレーニングで走って登ったことや、子供のころから遠足といえば烏帽子岳だったんですよ!
でも36キロメートルを6時間は早すぎとちゃいまっか!?
あきれてものが言えまへんわ!(・・;)
Commented by イチブン at 2011-12-19 17:37 x
副隊長こんにちは。
烏帽子岳懐かしかでしょう。今登ればまた違うと思いますよ。
距離は道標に書いてある距離を足したものですが、実際には33キロ前後だと思います。
Commented by ysisyou at 2011-12-20 17:49
イチブンさんこんばんは、山道を時速6キロですか何とも凄い
誰も着いていけません、トレランシューズで九州の山が殆ど
登れますよ、軽くて良いですね、私も買い換えます。
Commented by イチブン at 2011-12-20 18:36 x
お師匠さまこんばんは。
山道といっても半分は車道ですから。でも長距離トレーニング(特に前半17キロ)をするには足への負担も軽くいいコースだと思います。
これからの季節トレランシューズは防水、防寒に問題があると思います。
Commented by 隊長 at 2011-12-20 20:23 x
イチブンさんこんばんは
それにしても凄いひょっとしてフルマラソン走れるんじゃないですか
25日は着いて行けないので最後尾で着てください。
私もトレラン始めよう(イメージトレーニングで)
Commented by イチブン at 2011-12-20 21:05 x
隊長こんばんは。
トレランといっても殆ど走ってないんですよ。主に高速ノルディックウォーキングです。ただし上り坂でもできるだけスピードは落としません。
イメージトレーニングでは隊長にはかないません。
by ichibunn-go | 2011-12-18 22:33 | 佐世保周辺の山 | Trackback | Comments(6)