黒髪山系完全往復縦走!! 英山~前黒髪~黒髪山~青螺山~牧Ⅱ峰~牧ノ山~腰岳往復

10月16日 黒髪山系単独完全往復縦走。ホームマウンテン完全攻略!それは果てしない夢なのか?4月と先週、過去2回挑戦したが予想以上の気温の上昇に見舞われ見事に失敗した。その他の原因を洗い出すと共に、y師匠からのアドバイスを確実に実行する事にした。さらに隊長、副隊長からのアドバイス、激励。これは3ガクッタイを代表しての挑戦だ。3度目の正直!失敗するわけにはいかない。幸いにも今日の天候は見方をしてくれそうだ。
 完全往復縦走とするために自ら厳しいルールを設定。同じピークを必ず2度踏む事とする。したがって腰岳で折り返したのでは完全とはならない。完全とするためにはトラピスチヌ修道院まで一旦降り折り返す必要がある。僅か400m~600m余りの山々の連なりでありながら、往復25km!その累積標高は2800m!にも達する。その黒髪山系をどう攻略するかが問題だ。
 例えば九重連山の牧ノ戸峠~星生山~久住山~天狗ケ城~中岳~稲星山~白口岳~大船山~北大船~三俣山南峰~本峰~牧ノ戸峠を周回して、1700m級10峰を踏破した場合、歩行距離23km 累積標高2200mより数字の上ではかなり厳しい!
 また、福岡県の代表的な縦走路。竈門神社~宝満山~三郡山~砥石山~若杉山間を往復した場合、歩行距離26km 累積標高は2100m程度だ。数字の上からも黒髪山系が低山でありながら如何に険しい山脈であるかがわかるだろう。
 ルートは有田ダム駐車場をスタート、英山~前黒髪~黒髪山~青螺山~牧Ⅱ峰~牧ノ山~越ノ峠~腰岳をへてトラピスチヌ修道院で折り返し、復路は往路を忠実に辿る事とする。

a0206345_1855311.jpg

6:07 まだ暗い中ヘッドライトを点灯してスタート
a0206345_189531.jpg

6:31 英山の横から朝日が昇ってきた 序盤はゆっくりと自分に言い聞かせる
a0206345_18112960.jpg

6:43 第一岩壁の上部に到達
a0206345_18124620.jpg

6:53 英山を通過 ここまで46分 朝日が目の前に見える 
a0206345_18154979.jpg

7:06 稜線上はスピードを上げて前黒髪を通過 ここまで59分
a0206345_1818169.jpg

朝日に映えるこれから向かう黒髪山、青螺山、牧ノ山
a0206345_18192420.jpg

7:30 黒髪山を通過 ここまで1時間23分 英山から37分 いいペースだ 先は長い抑えて行こう
a0206345_18221249.jpg

7:46~7:51 見返り峠 青螺山の急登に備えて今日初めて5分間の小休止
a0206345_18242050.jpg

8:23~8:29 青螺山山頂 ここまで2時間16分 黒髪山から53分 疲れはない なかなかいいぞ!
a0206345_1826917.jpg

8:46 青牧峠を通過 まだ誰とも会わない 
a0206345_18305620.jpg

9:01 牧Ⅱ峰を通過 ここまでの登りはダラダラと結構キツイ
a0206345_1832145.jpg

9:10~9:21 牧ノ山山頂 ここまで3時間03分 青螺山から41分 小休止で稲荷寿司2個を食べて栄養補給 もちろん水分、糖分、塩分もこまめにとります
a0206345_18344928.jpg

9:29 誰が名づけたか笑い坂?と、いうよりも苦笑い坂?の上部に到達 鎖を設置された方に敬意を表します
a0206345_18375067.jpg

9:46 越ノ峠を通過 ここまで3時間39分 ここからしばらくは車道歩き 過去2回はここで心が折れてしまって往路完全縦走に切り替えた
a0206345_1839578.jpg

9:52 林道横の湧き水 左側に沢蟹がいます この水は飲料可能ですが、自己責任でどうぞ ちなみに私はなんともありませんでした 
a0206345_18395280.jpg

10:11~10:16 腰岳山頂 ここまで4時間04分 牧ノ山から50分 とうとうここまで誰とも会わなかった 黒髪山系独り占め! 
a0206345_18452791.jpg

しばし伊万里方面を眺める
a0206345_22553693.jpg

10:31~10:36 折り返し地点のトラピスチヌ修道院 スタートから4時間24分 歩行時間は4時間を切っているが余裕のガッツポーズ  なんだか今日は行けそうな気がする~ 
a0206345_18493013.jpg

修道院向かい側の千畳敷 きれいに整備されてます 先週はここを見る余裕さえなかった
a0206345_22503170.jpg

10:56~11:24 再び腰岳山頂 ここまで4時間49分 ショートスパッツに交換し足元スッキリ 放熱効果アップ! これから先の事を考えて長めに休憩を取り稲荷寿司を2個と菓子等を食べて栄養補給  
a0206345_1851255.jpg

12:22~12:31 牧ノ山山頂 ここまで6時間15分 腰岳から58分 越ノ峠、苦笑い坂の鎖場を乗り越えてここまで戻ってきた しかし、まだ誰とも会わない 
a0206345_1953336.jpg

12:41~12:46 牧Ⅱ峰山頂 今日、初めて会った登山者 おいしそうなご飯が炊き上がったようですね。名前も聞かずにすみません。このブログを見られたらコメントでも入れてください
a0206345_191267.jpg

13:21~13:27 青螺山山頂 ここまで7時間14分 牧ノ山から50分 3人の登山者が食事中 最後の稲荷寿司を2個食べて栄養補給
a0206345_19161155.jpg

13:53 見返り峠を通過し展望所から雄岩,雌岩 いつもは楽々の黒髪山の登りがきつい!低血糖のハンガーノック?
a0206345_191827100.jpg

14:13~14:22 黒髪山山頂 ここまで8時間06分 青螺山から46分 とうとうここまで戻ってきた!往復してきた牧ノ山、牧Ⅱ峰、青螺山、中央彼方に腰岳を望む ここでチョコレートを多めに食べて栄養補給 持ち直してくれよ!
a0206345_19202557.jpg

14:50 足の疲れも持ち直し、スイスイ登って前黒髪手前の岩尾根から黒髪山、青螺山、牧ノ山を望む 実に感慨深い 
a0206345_19232738.jpg

14:52 前黒髪を通過 ここから英山までしばし尾根道を楽しもう 
a0206345_19263763.jpg

15:05 英山を通過 ここまで8時間58分 黒髪山から43分 ここからは急な下りが続くので要注意
a0206345_1930272.jpg

15:11 岩壁の上部に到達 ここを乗り切ればあと少し
a0206345_19322019.jpg

15:35 遠くに牧ノ山が見える あと少し 岩壁を降り終えたらこみ上げるものが後から後から押し寄せてくる・・・そのつど まだ終わりではないと自分に言い聞かせた
a0206345_19335082.jpg

15:41 スタートから9時間34分 英山から36分 声に出せない歓喜のゴール!かつて経験したことのない達成感!帰りの車でもとめどなくこみ上げてきた
a0206345_1941198.jpg



今回の黒髪山系単独完全往復縦走の成功は、歩いたのは一人だけど一人の力ではなく『3ガクッタイ』みんなの力で勝ち取ったものだ!3ガクッタイのみなさん有難う!

往復距離 26キロ 
往路行動時間  4時間24分    歩行時間  3時間57分  累積標高 1450m
復路行動時間  5時間10分    歩行時間  4時間13分  累積標高 1350m
総行動時間     9時間34分   総歩行時間  8時間10分  累積標高 2800m   


2014年11月 再び黒髪山系完全往復縦走達成


トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/13821821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3gakuttai at 2011-10-16 21:47
とうとうやりましたね!
これもひとえに副隊長のおかげです(ウソウソ)(笑)
今夜はゆっくりと体を休めてください。
おめでとうございます。
Commented by y師匠 at 2011-10-16 22:24 x
見事に達成おめでとう御座います。楽勝のようでしたね、
前回の失敗は何だったのでしょうか?
朝日に輝く山並みがきれいですね、さぞかしビールが美味かったでしょう。
Commented by 隊長 at 2011-10-17 18:17 x
黒髪山往復完全縦走達成おめでとう御座います。
達成感は格別だったでしょう。
これで黒髪山の主ですね。
Commented by イチブン at 2011-10-17 21:01 x
副隊長、師匠、隊長こんばんは
不思議と今日は筋肉痛はありません。足に少し疲労感があるぐらいです。でも明日はどうかな?
師匠のアドバイスは完璧です!これで本当に弟子になれたと思います。
隊長にもご応援いただき感謝しております。今度、三郡山の往復縦走にチャレンジしてくださいね!
みなさんいろいろと有難うございました。
また楽しい山登りをしましょう。
by ichibunn-go | 2011-10-16 20:32 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)