黒髪山系縦走周回

10月9日 今年50回目を迎える今回は、いよいよ黒髪山系往復縦走にチャレンジする時がやってきた!4月に一度チャレンジしたが往路は見事に単独完全縦走を達成したが、暑さと飲料水不足で復路は断念し車道を歩いて有田ダムまで帰った。その失敗を繰り返さぬようこの半年間トレーニングをつんできた。天気予報では気温が上がりそうだし昨日の疲れが少し残っているようだが、行けるところまで行ってみよう。

ルートは有田ダム駐車場をスタートし英山~前黒髪~黒髪山~青螺御前~青螺山~牧Ⅱ峰~牧ノ山~腰岳をへて、トラピスチヌ修道院で折り返す。成功するためには往路を5時間前後で行かなければならない。スピードと持久力が必要だ。
a0206345_9493313.jpg

5:40 まだ暗い中準備運動をしていると一台の車がやってきた。なんとパトカーだった。職務質問をされたので、黒髪山系の往復縦走で伊万里のトラピスト修道院まで行ってくると言ったら驚いていた。あと、ザックとか靴はどんなのがいいのか聞かれたので、今日履く靴を見せたら興味深そうに見ていたおまわりさん。ついでなので、暗くなるまでに帰ってこなかったら遭難しているかもしれないので捜索してくれるよう頼んでおいた。これで安心だ。

6:11 夜が明けてきたので出発だ
a0206345_17472961.jpg

6:18 朝もやのかかる有田ダム 幻想的だなあ でも湿度がかなり高そうだ
a0206345_17493130.jpg

6:42 第一の岩壁に到達 朝露で濡れているので注意が必要
a0206345_17521768.jpg

6:56~7:01 英山山頂 文字に赤いテープを貼ってあるが英の方ははがれている 朝露と汗で服も体もビショビショだ
a0206345_17552263.jpg

7:13 前黒髪を通過 なんだか携帯の調子が悪い
a0206345_1757248.jpg

7:41~7:46 黒髪山山頂 すでに先着者がいました
a0206345_17585633.jpg

8:01~8:06 見返り峠 下山されるご夫婦に会った
a0206345_1834429.jpg

8:23 青螺御前を通過
a0206345_185221.jpg

8:39~8:48 青螺山山頂 隊長から激励のメールが届くが、携帯の調子が悪く返信できない
a0206345_187494.jpg

9:05 青牧峠を通過 牧Ⅱ峰までの登りが結構キツイ
a0206345_1885790.jpg

9:22~9:26 牧Ⅱ峰 今日はやけにキツイ
a0206345_18112987.jpg
 
9:36~9:44 牧ノ山山頂 腹の調子もおかしい 水分の摂りすぎかな?
a0206345_18141254.jpg

9:53 笑い坂に到着 かなり足にきてるので気をつけてゆっくり降りよう
a0206345_18162451.jpg

10:12 越ノ峠に到着 ここで勇気をもってリタイアを決断し目標を往路完全縦走に切り替えた
a0206345_18194251.jpg

10:45~11:14 腰岳山頂 ヨタヨタと登る途中で師匠から激励のメールが!
a0206345_18232823.jpg

11:31 なんとか折り返し点のトラピスチヌ修道院に到着 しかし何の喜びも達成感も感じない。
ここで副隊長から激励のメールが!携帯の調子が戻り返信できたのでリタイアを伝えた。マラソンならリタイアすれば伴走車に乗せてもらえるが、登山は自己責任、自力下山が原則なので余力を残しておかなければ出発点に戻ることはできない。 しかも、ここから車道を3時間歩かなければならない  
a0206345_18293775.jpg

12:19 林道を歩いて越ノ峠を通過するも足はパンパンだ 足の裏もおかしい
a0206345_18312824.jpg

12:45 鍋島藩牧場跡 車では見落としてしまう
a0206345_1835579.jpg

13:06 岩峰が見える やはり車では見落としてしまう
a0206345_18392150.jpg

14:05 やっと有田ダムが見えてきた 最後の力を振り絞ろう
a0206345_18403219.jpg

いつ見ても美しい。疲れも癒される
a0206345_1841281.jpg

13:13 秘色の湖の碑 車では通り過ぎてしまう
a0206345_18431515.jpg

その横の乙女像
a0206345_1844448.jpg

14:22 なんとか有田ダム駐車場に到着
a0206345_1845552.jpg


往復縦走失敗の原因。まず気温、湿度があまりにも高すぎた。夏場のトレーニングはなんだったのか?まだまだ力不足!ザックの重量?往復ということで飲料水が2倍必要。次回は何箇所かにデポすることしよう。昨日の疲れが残っていた?これが主原因かも!?いつもと同じ靴、ソックスを履いていたにもかかわらず左親指付け根にでかいマメができいた。やはり黒髪山系は甘くない!結果的には4月と同じパターンになってしまった。それほど黒髪山系往復縦走は困難なのか!?次回は気温の低い時期に挑戦してみよう。これはもはやライフワークだ!
条件が整えば来週も挑戦してみたい!

歩行距離 26キロ  累積標高 1700m  行動時間 8時間11分  歩行時間 7時間09分
登山体力レベル 5

10月16日 黒髪山系単独完全往復縦走達成!
トラックバックURL : http://ichibunn.exblog.jp/tb/13777423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y師匠 at 2011-10-10 20:28 x
イチブンさんこんばんは、成功間違いないと思っていました、それだけに疲れが残っていると思いますがゆっくりチャージして下さい
経験上のアドバイスを2・3・参考になれば、
もう少し寒い時期が良い。天気が良ければ荷物は弁当と水と甘いお菓子ミカンの柑橘類が疲れに良い(荷物は最小限)登りはゆっくり、実行2~3日まえは肉食を避けスパゲティ等の麺類に変える(カーボローティング)ハードな運動を避け散歩程度にする。訓練としては週1回時速8Kぐらいのジョギングを2時間走る練習を取り入れるとベストです。〈祖母~傾山32Kを17時間で歩く 55歳の時)
Commented by イチブン at 2011-10-10 21:40 x
師匠こんばんは
ご指摘有難うございます。水泳でも大会前には同じような事をやります。しかし、今回は無理やり50回に合わせるために焦りがありませた。次回挑戦する時は気負わずにやりたいと思います。
不思議と今日はほとんど疲れを感じません。
Commented by 3gakuttai at 2011-10-11 21:05
イチブンさんこんばんは
やっぱ条件悪すぎやったみたいですね。
平尾台も暑くて暑くてたまらんやったですモン
あしーたがあるーさあすがある~♫
Commented by イチブン at 2011-10-12 19:04 x
副隊長こんばんは
予想以上の高温で、腰岳の登りでは吐き気がしてました。熱中症の一歩手前だったと思います。そのためか有田ダムが見えた時は感無量でした。
チャンスがあれば近いうちにもう一度挑戦してみたいとおもいます。
今度の土曜日は3ガクッタイ佐世保支部の第1回登山で再び天山に登る予定です。参加者は、ベテランのべにこさん、この前英山、黒髪山縦走でつぶれたカネちゃん、イチブンの3人ですが天気が心配です。
by ichibunn-go | 2011-10-09 19:20 | 黒髪山 青螺山 牧ノ山 天山 | Trackback | Comments(4)